「御〜様」表現の史的考察 : 「ねぎらい」表現の変 遷から

全文

(1)九州大学学術情報リポジトリ Kyushu University Institutional Repository. 「御〜様」表現の史的考察 : 「ねぎらい」表現の変 遷から 宅間, 弘太郎 九州大学大学院博士後期課程. https://doi.org/10.15017/9375 出版情報:語文研究. 88, pp.45-58, 1999-12-25. 九州大学国語国文学会 バージョン: 権利関係:.

(2) ﹁ねぎ ら い﹂ 表 現 の変 遷 か ら. ﹁御 〜 様 ﹂ 表 現 の史 的 考 察. はじめ に ね ぎ ら い や 気 遣 い の 表 現 と し て︑ 現 代 日本 語 に お い て は. 宅. 間. 弘 太 郎. ﹁御 〜 様 ﹂ 表 現 に つい て. お い て︑﹁ね ぎ ら い﹂表 現 を 中 心 と し た気 遣 い表 現 が いか に変. 文 で は ﹁ねぎ ら い﹂表 現 に注 目 し ︑﹁御 〜 様 ﹂形 出 現 の前 後 に. にお い て︑ い つご ろ︑ ど の よう に現 れ た の であ ろう か . 本 論. の表 現 が 頻 繁 に用 いら れ て い る︒ こ の表 現 形 は︑ 日本 語 史 上. よ って︑ も と も と は ﹁様態 ﹂ ﹁様 子 ﹂ の意 を持 ってい た ﹁様 ﹂. 遇 者 を 直 接 言 語 表 現 す る の を避 け ると いう 敬 語 表 現 の原 理 に. い時 代 か ら 用 いら れ てき た も の であ る︒ ま た後 者 も ︑ 上 位 待. を 高 め た り ︑ 丁 寧 な言 い方 を実 現 す るも の であ り ︑ か な り 古. であ る ︒ 前 者 は 種 々 の語 に接 し︑ そ の語 の指 す 人 物 や 所 有 者. ﹁御 ﹂﹁様 ﹂はど ち ら も ︑日本 語 の中 でも 代 表 的 な 敬 語 接 辞. 二. 化 し たか ︑ そ の境 と な る近 世 期 の資 料 を 用 い て明 ら か にし ︑. が ︑ 主 に人 物 を 指 す 語 の後 に接 し︑ 敬 意 を 表 す る用 法 を 持 っ. ﹁御 〜 様 ﹂ 表 現 と は. ﹁御 〜 様 ﹂ 表 現 の出 現 の様 相 に つい て考 察 を 行 う ︒ ま た上 述. 二︑ 一. し た ﹁御 〜 様 ﹂ 用 法 自 体 の性 質 ︑ お よび 変 遷 に つい ても ︑ 近. た も のと み ら れ る ︒故 に︑﹁御 〜様 ﹂と いう 表 現 形 は︑基 本 的. ﹁御 疲 れ 様 ﹂ ﹁御 苦 労様 ﹂ ﹁御 気 の毒 様 ﹂ な ど の ﹁御 〜 様 ﹂ 形. 世 か ら近 現 代 の用 法 を た ど る こ と に よ って考 察 を 行 い た い︒. に は人 物 (あ る いは 人 格 を持 つも の) を き わ め て高 く 待 遇 す. る敬 語 表 現 であ る と いう こと が でき る︒. 「45う.

(3) そ の中 で︑ や や異 な った 用 法 と も いう べき ﹁御 〜 様 ﹂ の用 法 が 見 ら れ る︒ 聞 き 手 へ︑ ねぎ ら い︑ 気 遣 い の意 を 表 す 用 法 の ﹁御 疲 れ 様 ﹂ ﹁御苦 労 様﹂ ﹁御 気 の毒 様 ﹂ な ど の ﹁御 〜 様 ﹂ であ る︒ こ こ で は こ の用 法 を 仮 に ﹁特 殊 用 法 ﹂ と 呼 ぶ こと に す る︒ ま た︑ 人 物 を 高 め る用 法 を ﹁基 本 的 用 法 ﹂ と し ︑ 以 下 具体的な語例を示す︒. 特 殊 用法. ﹁御〜 様 ﹂ 用法 の基 本 的 用 法 と 考 え て よ い︒. 一﹁ ︑ 三. 特 殊 用法 と は︑ 最 初 に示 し た よう に︑ ね ぎ ら い ・気遣 いを. これ ら の表 現 は︑ い う ま でも な く 先 述 し た ﹁基 本 的 用法 ﹂ の. 聞 き 手 に表 現 す る た め に特 化 し た ﹁御 〜 様 ﹂ 形 表 現 であ る︒. て用 いら れ る も の が︑ 人 格 を 保 持 し 動 作 主 と し て用 いら れ る. よ う に︑人 物 を高 あ る意 味 を 担 う こと はな い︒ 基本 的 用法 に. の に対 し︑ 特 殊 用法 の ﹁御 〜 様 ﹂ は︑ 動 作 主 と し て用 いら れ. 基本的用法. る こと が な い の も︑ そ れ ら の違 いを 物 語 るも の であ る︒ す な. 二︑ 二. (i) ﹁お 父 様 ﹂ ﹁お 母 様 ﹂ ﹁お姫 様 ﹂ ﹁お 侍 様 ﹂ ⁝. ると い う用 法 であ る︒ 人 物 待 遇 の敬 語 表 現 と し て︑ いわ ゆ る. 辞 を 用 い る こ と に よ って︑ 当 該 の人 物 を 言 語 的 に高 く 待 遇 す. い るも の であ る︒ それ ら の語 に ﹁御 ﹂ ・ ﹁様 ﹂ と いう 敬 語 接. 蔭 様 ]︑ お は も じ さ ま. 気 の毒 様 ]︑お あ い に く さ ま [ 御 生 憎 様 ]︑お か げ さ ま [ 御. 様 ]︑ お ま ち ど お さ ま. こ し ゅう し ょう さ ま [ 御 愁 傷 様 ]︑ご く ろ う さ ま [ 御苦労. お た が いさ ま. 応 答 語 と し て︑ 独 立 的 に 用 い られ る の であ る︒. わ ち ︑特 殊 用法 の ﹁御 〜 様 ﹂ は︑ 何 ら か の応 対 ・挨拶 専 用 の. (h) ﹁御 内 裏 様 ﹂ ﹁御 出 居 様 ﹂ ﹁御 部 屋様 ﹂ ⁝ (i) に示 し た 用 例 に つい て見 る と︑﹁御 〜 様 ﹂の付 され た. 尊 敬 語 的 用 法 と し て ポ ピ ュラ ーな 用 法 であ り ︑ これ が ﹁御 〜. 粗 末 様 ]︑ は ば か り さ ま. [ 御. [ 御. [ 御世話. 以 上 は ﹃逆 引 き広 辞 苑 ﹄ か ら︑ 特 殊 用 法 と し て認 め ら れ る. [揮 り 様 ]︑ お せ わ さ ま. 口御 は 文 字 様 ]︑ お そ ま つさ ま. [御 待 遠 様 ]︑ お き の ど く さ ま. [ 御 馳 走 様 ]︑. 様 ﹂ の基 本 的 な 用 法 であ る︒ (= 皿)に示 し た 用 例 に つい て見 る. [ 御 互 い 様 ]︑ ご ち そ う さ ま. と ︑ ﹁内 裏 ﹂ ﹁出 居 ﹂﹁部 屋 ﹂ な ど の語 に ﹁御 〜 様 ﹂が 付 し て い. 様]. 語 は︑ ﹁父 ﹂﹁母 ﹂ ﹁姫 ﹂な ど ︑直 接 に人 物 を 示 す 意 味 を 持 って. る︒ こ れ ら の語 は第 一義 的 に は人 物 を 指 し 示 す 意 味 は持 た な い が︑ いず れも 当 該 の場 所 に存 在 ・居 住 す る人 物 を 間 接 的 に 示 し︑ 結 局 は そ の人 物 を 高 く 待 遇 し て い る︒ よ って これ ら も. 「46「.

(4) ﹁御 面 倒 様 ﹂ ﹁御 邪 魔 様 ﹂ ﹁御 親 切 様 ﹂ ⁝な ど が ︑ 現 代 語 で使. ﹁御 〜 様 ﹂ 用 法 を 抽 出 し たも の であ る︒ 他 にも ﹁御 疲 れ 様 ﹂. と には いく つか の要 因 が 考 え ら れ ると 思 わ れ る ︒. 認 め ら れ る も の は多 く 見 つけ る こと は でき な か った ︒ こ の こ. る︒ 現在 調査 す る こと が 可 能 な ︑ 文 字 によ って書 き 残 さ れ た. ま ず 考 え ら れ る の は︑ 資 料 性 そ のも の の性 質 の問 題 で あ. 特 殊 用 法 の発 生 は近 世 期 以 降 ︑ お お ま か に は近 世 期 後 半 ・. が期 待 さ れ る 口語 資 料 を 調 査 し た ︒ 結 果 ︑ そ こ では 予想 以上. 資 料 のう ち︑ 今 回 は上 記 のよ う に対 話 形 式 が 多 く 現 れ る こと. 用 され う るも のと 考 えら れ る︒. 十 八 世 紀 末 以 降 と 考 え ら れ る︒ そ の発 生 の前 後 の ﹁ね ぎ ら い. る こと が でき る ︒ 自 分 よ り 目下 の人 物 に対 し て用 い る こと は. 折 り行 為 に対 し て︑ ね ぎ ら い の言 葉 を い ろ い ろな 場 面 で用 い. 現 代 語 にお い ては ︑ 我 々 は 最初 に述 べた よ う に︑ 相 手 の骨. 保 持 の度 合 を 考 え てみ る と ︑充 分 予想 さ れ る こ と であ る︒. こ の こと は敬 語 史 お よ び 敬 語 生 活史 ︑ ま た実 社 会 の身 分 制 度. 行 われ にく か った 状 況 と いう も のも︑ 考 え ら れ る の であ る︒. ただ し 一方 で︑ 実 際 に ﹁ね ぎ ら い﹂表 現 そ の も の が比 較 的. 考 え ら れ る︒. い﹂ の場 面 が 単 に残 さ れ る こと が な か った︑ と い う可 能 性 も. い︒我 々が 現 在 見 る こと の でき る 日本 語 の資 料 上 に︑﹁ね ぎ ら. ら い﹂ 表 現 が行 わ れ て いな か った と いう こと は や や考 え に く. か し︑ 当 時 の実 際 の言 語 生 活 を 考 え てみ る と︑ 本 当 に ﹁ね ぎ. に ﹁ね ぎ ら い﹂ 表 現 を 見 出 す こと が 難 し か った の であ る︒ し. 表 現 ﹂ の様 相 を 調 査 す る こと に よ って︑ 特 殊 用 法 ﹁御 〜 様 ﹂. ﹁御 〜様 ﹂ 表 現 以前 の ねぎ ら い表 現. の発 生 に つい て考 察 を 行 いた い︒ 三. 特 殊 用 法 の ﹁御 〜 様 ﹂ 表 現 が 登 場 す る のは ︑ 後 に見 る よ う に近 世 期 後 半 にな ってか ら であ る ︒ こ こ では ﹁御苦 労﹂ な ど の語 彙 を 中 心 と し て︑ そ れ 以 前 の ﹁ね ぎ ら い﹂ の表 現 は ど の. 調査上 の問題. よ う な も の であ った か に つい て述 べる ︒. 三 ︑. 資 料 を 調 査 し てみ て感 じ た こと は ︑予想 以上 に ﹁ねぎ ら い﹂ 表 現 と お ぼ し き も のが 見 つけ にく か った と いう こと であ る︒. に障 る 感 も あ り ︑ 規 範 的 な 用 法 と は言 え な いか も し れ な い. が ︑ 目 上 の人 物 に対 し ても︑ あ る種 の ねぎ ら い表 現 を 行 う こ. も ち ろ ん可 能 であ る ︒ 上位 者 への言 語 表 現 と し て は︑ や や耳. と は 可 能 ︑ も し く は か な り の 度 合 で許 容 さ れ て い る と 言 え. 今 回 の調 査 では ︑対 話 形式 が 多 く 現 れ る こと が 予想 さ れ る︑. 歌 舞 伎 脚 本 を 調査 資 料 と し て中 心 に 用 い た (一覧 を末 尾 に掲. 中 世 ・近世 の口 語資 料 と し て狂 言台 本 ︑ お よ び浄 瑠 璃 台 本 ・. 載 し てい る)︒し か し ︑予想 し て いた よ り ﹁ね ぎ ら い﹂表 現 と. 一47一.

(5) る︒ これ は︑ 社 会 的 に厳 格 な身 分 関 係 が薄 れ てき た こと と ︑ 同時 に 待 遇表 現 に お い ても絶 対 的 な待 遇表 現 運 用 が相 対 的 な し か し ︑ や は り 近世 以前 の当 時 の社 会 構 造 ・身 分 制 度 を 考. 待 遇表 現 運 用 に変 化 し た こと に よ る も の と思 わ れ る︒ え てみ る と ︑未 だ に強 い身 分 意 識 が存 在 し︑ そ し て そ の こと は 待 遇 表 現 の運 用 にも 色濃 く残 ってい る と言 え る︒ こ の こと によ り ︑ 現 代 のよ う な ﹁ね ぎ ら い﹂ 表 現 は行 わ れ に く か った. / に存 じ 奉 る ﹂ な ど のよ う に使 用 され る のが 多 か った ︒. と︒ ﹁ホ. ヲ ・い つも な が ら 与勘 平 大 儀 ﹂ と計 と く 紐 も ︒ ⁝. 文 と聞 く よ り飛 た てど人 目 のあ れば し とく. (﹃芦 屋 道 満 大 内 鑑 ﹄享 保 十 九 (一七 三 四 ) ( 竹 田 ・並 木 )). ず ︒ 却 て御 め ん ど う と そ ろ く. 照 綱殿御 同道 と存 じた れ共老 足 のはか 行か. と は申 な が ら 遠 所 の所御 苦 労 千 万 ︒ 是 は保 憲 が 後 家 御 存. ﹁是 は く. 者 に対 し てね ぎ ら い の言 葉 を か け る こと は考 え ら れ な い で あ. の通 拙 者 が 妹 ︒次 は榊 お見 知 な され て下 さ れ ふ ﹂(榊 乾 平. と いう こと が 考 え ら れ る の であ る︒ 少 な く と も自 分 よ り上 位 ろ う (現 代 語 に て︑ 先 述 のよ う にや や 規範 的 でな い と考 え ら. 馬←左近太郎照綱). お先 へ参 つた︒ 親 王 の仰. れ る こと か ら も 充 分 推 測 でき る )︒ま た ︑上 位者 か ら下 位 者 に. 木 )). お 久 し や 薬 師寺 様 ︒ ひ よ んな 事 が 出 来 いた. (﹃芦 屋 道 満 大 内 鑑 ﹄ 享 保 十 九 (一七 三 四 ) ( 竹 田 ・並. 対 し ても ︑ 現 代 語 と 同 じ よ う な 意 識 で のね ぎ ら いと い う も の が あ った か ど う か は 一考 す る べき であ る ︒ 三 ︑ ﹁一 近 世 期 前 半 のね ぎ ら い 表 現. ﹁これ はく. し ︑お ま へにも 御 く ら う︒拐 き のど く な は私 ︒ ・: ・﹂(た. ( ﹃狭 夜衣 鴛 鴛 剣 翅 ﹄ 元 文 四 (一七 三 九 ) ( 竹 田 ・並 木 )). へま ご ぜ ん← 薬 師 寺 次 郎 左衛 門 公 義 ). 以 上 のよ う な 状 況 であ った こと を 考 慮 し ︑ こ こ では 近 世期 前 半 の ﹁ね ぎ ら い﹂ 表 現 を 見 てみ た い︒ 以 下 に用 例 を 掲 げ る. ( ﹃新 う す ゆ き物 語 ﹄ 寛 保 元 (一七 四 一) ( 竹 田 ・並 木 )). 水寺住僧←園辺左衛門). ﹁先 以 今 日 の御 参 詣 私 な ら ぬ 公 用︒近 此 御 苦 労 千 万 ﹂(清. が ︑ 口語 の世 界 では ね ぎ ら い表 現 と し て ﹁御 苦 労 ﹂﹁大 儀 ﹂な に︑ そし て広 く 用 いら れ て いた と 思 わ れ る のが ﹁御 苦 労 ﹂ で. ど の 語 が 中 心 と し て 用 い ら れ て い た よ う であ る︒ よ り頻 繁. は丁 寧 さ に不 十 分 であ った ら し く ︑ 以 下 の通 り ﹁御 苦 労 千 万. あ るが ︑﹁御 ﹂が つき な が らも ︑単 独 では ね ぎ ら い表 現 と し て. 一48一.

(6) ﹁此 度 娘 薄 雪 と︒ 園 辺 の 左 衛 門 に御 せ ん ぎ 有 て︒ 只 今 皆 々来 ら れ つ ゝし ん で承 れ ︒ 民 部 殿 大膳 殿御 苦 労 ざ ふ︒ いざ 先 づ 是 へ﹂ ( 伊 賀 守 ← 民 部 大 膳 ) (﹃新 う す ゆ き 物 語 ﹄ 寛 保 元 (一七 四 一) ( 竹 田 ・並 木 )) ﹁御 上 使 様 に は御 苦 労 千 万 に存 じ 奉 り升 る ﹂ (佐 々木 丹. ( ﹃伊 賀 越 乗掛 合 羽﹄ 安 永 五 (一七 七 六 ) (半 二 ・江 戸 )). 右 衛 門 ← 管 領 細 川 斎 政 元 の妻 ・浜 町 ). 関 連 す るも のと し て︑ ﹁御 蔭 ﹂ ﹁御 世 話 ﹂ な ど の用 例 も 掲 げ て お く︒. ﹂ (与 勘 平 ← 葛 の葉 ). ﹁ヤ ア さ 扱 々 嬉 し や 恭 や︒ 是 も ひ と え にあ な た の お か げ﹁ ︒ お礼 く. (﹃芦 屋 道 満 大 内 鑑﹄ 享 保 十 九 (一七 三 四) ( 竹 田 ・並 木 )) ﹁さ や う でご ざ り ま す共 ︒ ち いさ ま やば ゴ様 のお かげ で 大 き う も な り ︒ き り や う も あ が る︒ 十 一のと し よ は で︒. (﹃狭 夜 衣 鴛 鴛 剣 翅 ﹄ 元文 四 (一七 三九 ) ( 竹 田 ・並 木 )). わ た し が せ ほど にな り ま し た﹂. ﹁お な じ みと て捨 置 か れ ず ︒ 段 々 の御 せ わ お礼 は詞 に つ. く さ れ ず ︒ 此 上 な が ら 御 前 の首 尾 よ ろ し う 頼 み 上 ま す. ( ﹃芦 屋 道 満 大 内 鑑 ﹄ 享 保 十 九 (一七 三 四) ( 竹 田 ・並. る﹂ (照 綱← 好 古 ) 木 )). ﹁お前 の いか ひお 世 話 に成 ま し てご ざ り升 る︒ そ れ ゆ へ. ﹁御 〜 様 ﹂ 発 生 以降. (﹃伊 賀 越 乗 掛 合 羽 ﹄安 永 五 (一七 七 六 ) ( 半 二 ・江 戸 )). 今 日 ま で渡 世 仕 りま し た ﹂ ( 唐木政右衛門←薬屋). 四. 先 に述 べた よ う に︑特 殊 用 法 の ﹁御 〜 様 ﹂が発 生 し た の は︑. 近 世 期 後 半 以降 と 思 わ れ る︒ 以 下 で は そ の用 例 に つい て検 討 し た い︒. 四 ︑ 一 接 続 語彙 一覧. ま ず ︑ 今 回 調 査 し た資 料 の範 囲 で︑ ど の よう な 語 に ﹁御 〜. ﹁蔭 ﹂﹁苦 労﹂ ﹁世 話 ﹂ ﹁生 憎 ﹂﹁気 の毒 ﹂ ﹁待. し ﹂ ﹁は ば か り ﹂. ﹁苦 労 ﹂﹁世 話 ﹂ ﹁か げ ﹂﹁機 嫌 ﹂﹁退 屈 ﹂ ﹁嬉. 様 ﹂ が 接 し た 例 が 見 ら れ た か︑ そ の語 彙 一覧 を 掲 げ る︒ 近世後半ー 明治時代=. 一49一.

(7) 大正時代ー. は じめ てじ やが ︑ マアく. 茂. 京. お れ も 今 ま で挨 拶 ご と も いろ く. 菱屋孫兵衛等板). ﹁退 屈 ﹂ ﹁勿 々﹂ ﹁粗 末 ﹂ ﹁楽 し み﹂ ﹁愁 傷 ﹂ ﹁草 臥 (く た び れ )﹂. 御 く ろう さま でご ざ り 升 ト 口を 明 け れ バ︑ 茂 助 ハう ハば. ち 遠 ﹂﹁邪 魔 ﹂﹁迷 惑 ﹂﹁馳 走 ﹂﹁尤 も ( 道 理)﹂. ﹁蔭 ﹂﹁苦 労 ﹂﹁世 話 ﹂ ﹁生 憎 ﹂﹁気 の毒 ﹂﹁待. 近 世 期 後 半 の状 況. 乍 揮 口上 ︑ 寛 政 七 (一七 九 五 ). 助 ( 仲 裁 役 を 頼 ま れ る)). そ れ ハ大 キ に. 天 保 十 二 (一八 四 一) 花 枝房 円馬 作 ・大 坂. ( ﹃落 噺 千 里薮 ﹄ 出 雲 の手 帳 は つ れ 兵衛板). 大 き に御 苦 労. ︑ そ ふ でな い︒ 此様 に風 が吹 ば ︑ 此 方 も 随 分. 池内八兵衛等板) ︽御 世 話 様 ︾. 浪速. (﹃慶 山 新 製 曲 雑話 ﹄ 二. 旦 那様 ︒ お勝 な さ れ ぬ に御 苦 労. 用心 蔵. 寛 政 十 二 (一八 〇 0 ). 二な さ り ま せ︒ (丁代 ・五助 ← 旦 那 ). 様 ︒ 只 今 私 が廻 りま し てご ざ り 升︒ も ふ あ な た ハ御 無 用. 五介 飛 で出 ︑ コ レ ハく. 様 ︒ イ ヤ申 ︑ 五 介 さ ん ︒ 旦 那 様 が御 出 な さ れ た︒ 0 丁 代. 精 に入 て廻 ら ね バ な ら ぬ ︒ ○ コ レ ハく. ○ イ ヤく. 播磨屋新. んざ ら知 ら ぬ顔 でも な く ︑ 引 わ け て︑ ⁝ (う はば み← 茂. ミ の 口 の中 へと び こ ミ︑ 腹 の内 へ行 ︑ 両 方 を ミ れ バ︑ ま. 口を あ か ん せ. う ハば ミ の は ら の 中 へ︑ あ い さ つ に は 入 た 事 ハ︑ こ ん ど. 頼 ま れ た けれ ど ︑. ち 遠 ﹂ ﹁退 屈 ﹂ ﹁馳 走 ﹂ ﹁粗 末 ﹂ ﹁互﹂. 四︑ 二 特 殊 用 法 の ﹁御 〜 様 ﹂ が 登 場 し は じ め る のは ︑ 十 八 世紀 後 半 の時 代 か ら であ る︒ 今 回 調 査 し た 資 料 の中 で︑ 特 にそ の用 法 が 多 く 見 ら れ た の は︑ 町 人 の 日 常 会 話 を な ま の 形 で と り 扱 って い ると 考 え ら れ る ﹁噺 本 ﹂ であ る ︒ こ こ では そ の様 子 を 中 心 に概 観 し た い︒. 若 ひと き 聞 て. の無 間 の鐘 でも 語 り ま せ う け れ ど ︑ と. : : ぶが ん にな い時 でさ へ文 盲 な 私 ︑ 顔 見 世 の 口上 な ら. ︽御 苦 労 様 ︾ バ︑ チ ・チ ンく. んと 何 にも 才 か く が 出 き ま せ ぬが ︑ 漸 く. 置 ま し た ゑら い ゑ い噺 を ︑ 一つ思 ひ出 し ま し た ︒ お 御 苦 口上 ) 大尾. 労 様 な が ら︑夫 な と 書 て置 し や つて下 さ り ま せ︒(大 尾 の ( ﹃鳩 潅 雑 話 ﹄ 四. 一50「.

(8) そ ん な ら 幸 ︑ け ふ ハ日 も よ し ︑ 早 掃 除 も し て あ れ バ は い. 大に. い ふ て悦 び ︑時 に︑連 も の事 に︑. る ば か り と︑ 宿 ば いり や ら家 わ た り粥 や ら︒ 掬 く 御 世 話 さ ま と︑ コトく 今 夜 仲 間内 二 三人 よ び た ふ ム り升 と い ヘバ︑ 貴 さま ︑ よ (﹃新 噺 庚 申 講 ﹄間 に合 小 祠. 寛 政九 (一七 九 七 )慶 山 等. う合 点 し て ミや︒ (( 息 子 にと り ついた) 狸 ← 父 親 ). 浅 田清 兵 衛 板 ). が け に︑. ヲ ・大 七 ど の ︒ は や 御 と り か た づ け か な. イ. 文 政 九 (一八 二 六 )和 来. ︒ (隠 居 ← 大 七 ). ヤ モ︑ お か げ さ ま で ︑ さ つ そ く 引 こ し て ご ざ り 升 マ ア. め でた いく. 山 城 屋 佐 兵衛 等 板 ). (﹃落 噺 願 掛 鎖 ﹄五 ・これ は尤. く. 山 人 ・京. 以 上 のよ う に︑現 代 語 と ほと ん ど 同 様 の︑﹁ね ぎ ら い﹂の意. を 表 す ﹁御 〜 様 ﹂表 現 が見 ら れ る よ う にな る︒﹁噺 本 ﹂ に お い. て は上 方 資 料 に出 現 す る 偏 り が 見 ら れ る よ う で あ る が︑ 江 戸. 合 作 ・浪華. に お い て ま った く 見 ら れ な い と い う わ け でも な い よ う であ. こ れ ハく. ⁝ 是 を き ゝ つけ ︑ 村 の老 分 来 た り ︑ お や ち. る︒ 後 に考 察 す る 次 の明 治 時 代 にお い ても︑ 地 域 に よ る偏 り. 浪 花 の御 客 さ ん ︒ お ゝけ い御 世 話 さ ん でござ り ます ︒ モ. は それ ほど 見 る こと は でき な い︒. ぢやく. 見 され る︒ 以 下 の用 例 を 参 照 さ れ た い︒ ︽御 機 嫌 様 ︾. ミ︑ 是 を さげ て門 口よ り ︑. うば. は いく. ︑ 旦 那 さま ︒. 中 ︑ 在 へ帰 て居 る乳 母 ︑ 重 箱 よ ふ のも の風 呂 し き 二 つゝ. し や べ る 口 の軽 ひも の は︑ あ ま ざ け のご と し と 教 訓 最. 実 語 教 にも ︑ 詞 多 き ハ品 す く な し と 有 て︑ 其 べり く. と. ま た︑ 現 代 語 では ほ と ん ど 見 ら れ な い ﹁御 〜 様 ﹂ 表 現 が散. ウ此 間 か ら ︑ あ の若 い者 等 が よ つて︑ 毎 夜 く. 文 政 六 (一八 二三 )独. と いふ ば か り で︑と ん と煮 る と いふ こと がな い︒( 村 の老 分←作者) 河内屋平七板). (﹃小 倉 百 首 類 題 話 ﹄中 納 言 行 平 酔 序 ・浪 華. 久 作 ﹁何 か と お 前 様 ︑ いか いお 世 話 様 でご ざ り ま す﹂ (歌 舞 伎 ﹃お 染 久 松 色 讃 販 ﹄ 文 化 十 (一八 = 二) 江戸 森 田屋上演) ︽御 蔭 様 ︾. れ ま し た ナ ア (乳 母 ← 旦 那 ). と 一度 のさ ハぎ ︒. 御 機 げ ん さ ん にご ざ り 升 か ︒ ぼ ん 様 も 大 き う お な り な さ ど さく. それ. 両 どな り ハ︑ ば たく. 隠 居 ハ妾 と さ ゝやき 合 て大 に悦 び ︑ やが て隠 居 ハか へり. 「51「.

(9) 文 政 五 (一八 二 二)桂 文 来 作 ・. 吉文字屋荘助等板). (﹃春 興 噺 万 歳 ﹄早 合 点 大阪. ︽御 退 屈 様 ︾. わた. ︒ 時 に今. つい て此 頃 ハ芝 居 通 が︑ は ま ら ね へ役 を悪 日 だ と い ひ や す が ︑ そ こら か ら でた 通言 だ ら う ね さ や う く の高 嶋 や の役 ハ︑ チ ト は ま ら ね へぢ や アな い か. 慶 応 元 (一八 六 五 )). ヘイ︑御 た いく つさ ま (若 者. し も さ う 思 ひや し た︒ 大 キ に悪 日 だ ね ト咄 し のき つか け に︑中 ぎ く のわ か いも の︑ (﹃追 善 落 語 梅 屋 集 ﹄ 芝 居. ← 見物 人 ). (﹃一 二四郎 ﹄ 夏 目 漱 石 ︑ 一九 〇 八 ). 女 が 二人 つづ いた ︒ ( 野 々宮 ← 広 田先 生 ). ﹁成 程 ︑ いや ︑ お 茶 も 差 上 げ ま せ ん で失 礼 です が︑ 手 間. が 取 れ ち ゃ又 お 首 尾 が 悪 いと 不 可 ま せ ん︒ 直 ぐ に︑ 是 か ら ︑﹂. ﹁何 う そ 然 う な す って下 さ いま し︑ 貴 下 ︑ 御 苦 労 様 でご ざ いま す ね え ︒﹂. ﹁御 苦 労 処 じ ゃあ り ま せ ん︒ さ あ ︑ お 供 い た し ま し ょ. (﹃婦 系 図 ﹄ 泉 鏡 花 ︑ 一九 〇 七 ). う ︒﹂ (道 子 ← 早 瀬 ). ︽御 陰 様 ︾. を し て︑﹁そ う さ ︑姉様 に成 代 って飛 んだ お 世 話 を し てく. 明治 ・大 正期 の状 況. れ た のさ ︒ 私 は ね︑ お礼 を言 う よ︒ お 蔭 様 で亭 主 一人 形. 四︑ 三. 明 治 ・大 正 時 代 にな る と︑﹁御 〜 様 ﹂表 現 に つい ては ︑用 例. な し にし て了 いま し た﹂ と間 を 置 い て︑ 口惜 し そう に︑. : :私 は 姉 様 に成 代 ってお世 話 を し た の です ﹂ と 口真 似 の頻 度 や︑ 接 続 す る語 彙 の幅 広 さ な ど︑ ほ ぼ現 代 と同 じ様 相. ︽御 気 の毒 様 ︾. (﹃其 面 影 ﹄ 二葉 亭 四迷 ︑ 一九 〇 六). ま え ! ﹂ (時 子 ← 小 夜 子 ). な に欲 し き ゃ︑ く れ て や る か ら︑ 何 処 へな と 連 れ て ッち. ﹁な ん の︑ あ ん な人 に些 とも 未 練 は有 り ゃし な い︒ そ ん. と いう こと が出 来 そ う であ る︒. 主 人 は雑 誌 を拠 げ 出 し た︒. ︽御 苦 労 様 ︾ ﹁では行 く か な︒ と う と う引 張 出 され た﹂ ﹁御 苦 労 様 ﹂ と野 々宮 さ ん が言 った︒ 女 は 二人 で顔 を 見 合 せ て︑他 に知 れ な い様 な 笑 を 洩 ら し た ︒庭 を出 る と き︑. 「52「.

(10) る︒﹁へえ 御 待 遠 さ ま ︑た んと 御 覧 遊 ば せ ﹂と細 君 が鋏 を. 夏目漱石). 女 が 帰 って行 く と き ︑ お島 は い き な り帳 場 の方 か ら顔 を. ︽御 退 屈 様 ︾. の で はな いか と 感 じ ら れ る用 例 も 見 ら れ る︒. ただ し 以 下 の よう に︑ 現 代 語 にお い ては︑ 用 いら れ に く い. (﹃吾 輩 は猫 であ る﹄ ・六. 主 人 に渡 す 時 に︑ ⁝ (細 君 ← 主 人 ). ﹁お 気 毒 さ ま です が ね ︑宅 は お花 な ん か習 って い る隙 は. 出 し て行 った ︒. な いん です か ら ︑ 今 日 き り私 か ら お断 り い た し ます ﹂ お 島 は 硬 ば った 神 経 を ︑ 強 い てお さ え る よ う に し て︑ そ う 言 いな が ら 謝 礼 金 の包 を 前 にお い た︒ (お 島 ← 女 ) (﹃あ ら く れ﹄ 徳 田秋 声 ︑ 一九 一五 ). が ら︑ 頻 り に細 君 に話 し か け る ︒細 君 は迷 惑 そ う に針 仕. 草 双紙 にあ る猫 又 に似 て いま す よ ﹂ と勝 手 な事 を 言 いな. : :奥 さ ん こ の猫 は油 断 のな ら な い相 好 です ぜ︒ 昔 し の. ⁝ 源 さ ︑ お 入 り や ︒ な ん だ って障 子 の外 か ら な ん ぞ 覗 く. 事 の手 を やめ て座 敷 へ出 てく る ︒. ︽御 生 憎 様 ︾ んだえ﹂. 亭) (﹃吾 輩 は猫 であ る﹄ ・三. が そ ん な事 は な いと 言 って るじ ゃな いか ︒ そ ん な 乱倫 な. 哲 也 は眉 を 墾 あ て︑﹁君 も 余 程 邪 推 深 い ねえ ︒あ れ 程 僕. ︽御 道 理様 ︾. 夏目漱石). す が︑ 大 方 御 医 者 へでも 行 った ん でし ょう ﹂ ( 細 君← 迷. 参 る にも 断 わ って行 った 事 の無 い男 です か ら分 り か ね ま. て迷 亭 の前 へ出 す ︒ ﹁ど こ へ行 った ん です か ね ﹂ ﹁ど こ へ. ﹁ど うも 御 退 屈 様 ︑ も う 帰 り ま し ょう ﹂ と茶 を注 ぎ易 え. と 声 を 掛 け ま し た のは 鹿 の湯 の女 亭 主 です︒ 源 は煤 け た. 御 生 憎 さ ま﹂ (女 亭 主 ←. 障 子 を 開 け て︑ ぬ っと 蒼 ざ め た 顔 だ け 顕 し な が ら︑ ﹁私 は女 衆 ば か り か と 思 って﹂ ﹁女 衆 ば か り か と 思 った ら1. (﹃藁 草 履﹄ 島 崎 藤 村 ︑ 一九 〇 二). 源). ︽御 待 ち 遠 様 ︾ ﹁まあ 待 って いら っし ゃい よ︒ 美 く し い髪 です ね ︒ 腰 ま. ー. であ り ます よ︒ 少 し 仰 向 い て恐 ろし い脊 の高 い女 だ 事 ︑ 然 し美 人 です ね﹂﹁お い御 見 せ と 云 った ら︑大 抵 にし て見. 大 抵 考 え ても 分 り そう な も んだ ﹂. せ る が い い﹂ と 主 人 は大 に急 き 込 ん で細 君 に食 って 掛. 「53う.

(11) ﹁へい へい︑ 御 道 理 様 (ご も っと も さ ま ) でご ざ い ま す. 特 殊 用法 の ﹁御 〜 様 ﹂ の成 立 のき っか け ︑ お よ び 変 遷 に つい. ﹁御 〜様 ﹂ 表 現 発 生 の要 因. て の考 察 を 行 い た い︒. 二葉 亭 四迷 ︑ 一九 〇 六 ). が考 え られ る︒ ( 一) 敬 意 逓 減. ち 得 な く な った の で はな か ろ う か︒. 被 待 遇 者 (こ の場 合 に は聞 き 手 ) への言 語的 な待 遇価 値 を 持. 逓 減 の法 則 に より ︑ 従 来 の ﹁御 〜 ﹂ のみ の形 式 では︑ 充 分 に. れ る︒﹁御 〜 ﹂ で表 現 さ れ てい た ねぎ ら い表 現 そ の他 は︑敬 意. い た語 彙 に限 定 し て︑ さ ら に ﹁様 ﹂ を付 加 し た も のと考 え ら. こ れ は︑﹁御 〜 ﹂と し て︑尊 敬 ・丁寧 用法 と し て用 いら れ て. が冠 し て成 立 し たと いう も のは 見 ら れ な い︒. 限 ら れ て い る︒ そ の逆 の ﹁〜 様 ﹂が 先 に成 立 し ︑そ れ に ﹁御 ﹂. が尊 敬 語 ︑ あ る い は丁 重 語 と し て充 分 に熟 合 し て いる も のに. 特 殊 用 法 ﹁御 〜 様 ﹂ を 実 現 す る 語彙 は ︑ す で に ﹁御 〜 ﹂ の語. 表 現 であ る ﹁御 苦 労 ﹂﹁御 蔭 ﹂﹁御 世 話 ﹂な ど を 先 に掲 げ た が ︑. 特 殊 用 法 ﹁御 〜 様 ﹂ 発 生 以 前 の用 例 と し て︑ 主 にね ぎ ら い. の人 称 指 示 効 果. に よ る︑ 敬 語 接 辞 の添 加︑ な ら び に ﹁様 ﹂. 特 殊 用 法 ﹁御 〜 様 ﹂ の発 生 の要 因 と し て︑次 の二 つの要 因. 五︑. ⁝ ⁝君 も 余 程 捌 け ね え 男 だ ︒ こ れ 程 此 方 が 砕 け て出 た ら ︑ も う 好 加 減 に暴 露 し て言 っち ゃ っても 好 さ そ う な も. (﹃其 面 影﹄ 二十 九. のだ ︑ ⁝ ﹂ ( 葉村←哲也). ︽お 楽 し み 様 ︾ お 待 ち か ね です よ ﹂ と 鐵 硬 れ た声 が す る︒. 手 探 で 二足 ば か り 進 む と ︑ 誰 や ら の骨 ば った手 が私 の. ﹁此 方 へ!. ﹁貴 女 は フラ ウ ・ルイ ゼ です か ? ﹂. 手を把る︒. と 尋 ね る と ︑ そ のし わ か れ た 声 が ︑. 二葉 亭 四迷 ︑ 一八 九 八 ). ﹁はあ ︑ そう です よ︒お 楽 し み さま ︑ へ︑ へ︑ へ﹂ ( 老婆 ←私) (﹃く さ れ縁 ﹄ 十 五. まとめと考察. な お 現 代 の用 例 に つい ては ︑ 第 二節 第 三項 に掲 げ た 一覧 を 参 照 さ れ た い︒ 五. 特 殊 用 法 ﹁御 〜 様 ﹂ の語 彙 や 用 例 に つい ては これ ま で に挙 げ た 通 り であ る︒ 発 生 前 後 の様 相 を 検討 す る こと に よ って︑. 一54一.

(12) ﹁御 苦 労. (で あ った )﹂ 11. ( 尊大). こ のよ う に︑ 例 えば ﹁御 苦 労 ﹂ あ る い は ﹁御 蔭 ﹂ な ど のみ. ﹁御 気 の毒 で し た ね﹂ (気 の毒 な事 態 そ の も の の言 及 ). ﹁お蔭 で﹂ ← ﹁お蔭 様 で﹂. ﹁お生 憎 です ﹂ ← ﹁お生 憎 様 です ﹂. (気 の毒 な 事 態 に陥 った相 手 を主 眼 とす る言 及 ). ﹁御 気 の毒 様 で し た ね﹂. れ る︒ 特 に ﹁御 苦 労 ﹂ な ど は︑ 従 来 上 位 者 か ら 下 位 者 への伝. ﹁お邪 魔 で し た﹂ ← ﹁お 邪 魔 様 でし た ﹂. では︑ 十 分 な 丁寧 さ が得 られ な か った の で はな いか と 考 え ら. ま ま では や や尊 大 な語 感 が ぬぐ えな か った の では な いだ ろ う. (二)﹁様 ﹂添加 に よ る︑言 いき り 表 現 と し て の効 果 ( 手軽. 統 的 な ね ぎ ら い言 葉 と し て使 用 され た 言 葉 であ る の で︑ そ の か︒. さ). ね ぎ ら い ・気 遣 い表 現 に は︑﹁ご 苦 労 様 ︒﹂﹁お 疲 れ 様 ︒﹂﹁お. ﹁御 苦 労 で御 座 い ます ﹂ ← ﹁御 苦 労 様 で御 座 いま す ﹂. こ のよ う に単 純 に ﹁様 ﹂ の添 加 のみ 行 わ れ た よ う な 形 にも. 気 の毒 様 ︒﹂ な ど の ﹁言 いき り﹂ の形 ( 主 に応 答 の語 と し て). 労 に存 じ ます ﹂﹁御 苦 労 でご ざ い ます ﹂な ど の形 の用例 が多 く. 先 に掲 げ た ﹁御 〜 様 ﹂発 生 以 前 の用 例 を検 討 す る と︑﹁御 苦. が多 用 さ れ る︒ こ の理 由 に つい ても 考 え てみ た い︒. 見受 け ら れ る と ころも あ る︒ 単 純 に︑ 敬 意 や 丁 寧 さ の付 加 と で に冠 し て いる の で︑ さ ら に語 頭 に何 か を 冠 す る こと は出 来. み ら れ る︒ ﹁存 じ ま す ﹂ ﹁ご ざ いま す ﹂ な ど︑ ど ち ら も聞 き手. し ては︑ ﹁様 ﹂ の選 択 さ れ る 必 然性 は な い (ただ ︑ ﹁御 ﹂ が す. な か った と も考 え ら れ る)︒ こ のと き︑ ﹁様 ﹂ の用 法 と し て︑. に 対 す る 謙 譲 ・丁 寧 表 現 で あ り ︑ か な り 聞 き 手 へ の配 慮 を. 伴 った表 現 であ ると いう こと が でき る︒ こ の点 では後 の ﹁御. が普 及 し て いた︒ そ し て ﹁様 ﹂ を 付 し た言 葉 は︑ こ の敬 語 接. 〜 様 ﹂ と同 じ性 質 を 持 って い る︒ と いう こと は︑ ﹁存 じ ま す ﹂. 敬 語接 辞 と し て人 物 に準 ず るも の に付 く 用 法 (基 本 的 用 法 ). び る こと にな り︑ そ れ は ねぎ ら い ・気 遣 い表 現 と し てよ り ふ. ﹁ご ざ い ます ﹂ の部 分 が ︑﹁〜 様 ﹂ に取 って代 わ ら れ た︑ と考. 辞 の用法 の ﹁様 ﹂ に し た が い︑ 強 い人 物 (人 格 ) 指 示 性 を 帯. さ わ し い︑ 聞 き手 (=相 手 ) と いう 対 人 に︑ よ り 焦 点 を 当 て. え る こ と が出 来 る の で はな いだ ろ う か︒. も ち ろ ん︑ ただ 単 純 に双 方 が 交 替 し た と いう のは そ の ま ま. る表 現 にな った と考 え られ る の であ る︒. 一55一.

(13) に︑ ﹁様 ﹂ 付 加 によ って必要 十 分 な 丁寧 さを 帯 び る こと にな. で掲 げ た 理由 によ り ﹁様 ﹂ 付 加 の契 機 が生 じ た︒ し か し 同 時. な る意 味 ・機能 を持 つ言 葉 だ か ら であ る︒ 基 本 的 に は (一). で は受 け 入 れ ら れ る も の では な い︒ そ れ ぞ れ根 本 的 に は︑ 異. いら れ る の であ り︑ 目 の前 に い な い第 三者 への尊 称 用 法 と し. 用 法 ﹁御 〜 様 ﹂ は︑ 主 に目 の前 に存 在 す る聞 き 手 に対 し て用. 示 し ︑ 高 く 待 遇 す る こと がも ち ろ ん可 能 であ る︒ し か し 特 殊. 的 用 法 (尊 称 用法 ) の ﹁御 〜 様 ﹂ は︑ 聞 き 手 以 外 の第 三 者 を. 表 現 の本 領 であ る︒ あ る人 物 を 言 語 的 に高 く 待 遇 す る︑ 基 本. ︒﹂. る︒た だ し︑﹁御 〜 で御 座 いま し た ﹂形 な ど の表 現 も 後 ま で根. 新 し く 生 じ た 用 法 であ り︑ 生 産 性 を持 って い たも のと 思 わ れ. た ︒ 先 に見 た 通 り ︑ ﹁御 疲 れ 様 ﹂ ﹁御 互 い様 ﹂ な ど は︑ 比 較 的. へのね ぎ ら い ・気 遣 い を表 す表 現 と し て 日本 語 に定 着 し てき. 登 場 以 来 現 代 に いた る ま で︑ 特 殊 用 法 ﹁御 〜 様 ﹂ は︑ 相 手. る︒. り ︑それ によ り ﹁存 じ ま す ﹂﹁ご ざ い ます ﹂の単 な る ﹁み と め﹂. ↑. さま. ﹁御 〜 様 ﹂ 表 現 の定 着. ては 解 釈 でき な い こと か ら も︑ こ の こと が認 め ら れ る の であ. ﹁ご ざ いま す ﹂ と い った︑ 従 来 の堅 苦 し い表 現 を 用 い る こと. ﹁御 苦 労. 五︑ 二. 表 現 部 分 の 省 略 が 可 能 にな った の では な い か ︒ ﹁存 じ ま す ﹂ な く ︑﹁御 苦 労 様 ︒﹂な ど のよ う に︑ ﹁様 ﹂を 付 す こと で︑言 い き り と い う 形 で簡 便 に︑ し か も 十 分 に礼 を 欠 か な い ね ぎ ら い ・気 遣 い表 現 を実 現 す る こと が出 来 た と考 え ら れ る の であ る︒. ︒﹂. 旧表現 ﹁御 苦 労 に存 じ ま す﹂ ﹁御 苦 労 で御 座 いま す ﹂ ↑. さま. い︒﹁御 〜 様 ﹂表 現 は 話 し手 に よ って恣 意 的 に選 ば れ る表 現 形. ﹁御 苦 労. 式 であ り ︑ そ の選 択 理由 と し ては︑ 上 記 の よ う に︑ 聞 き 手 へ. 新表現. いず れ にし ても特 殊 用法 ﹁御 〜 様 ﹂ は︑ 特 に言 いき り の形. の気 づ か い表 現 を 人 称指 示性 の強 い ﹁様 ﹂ を 用 い て行 う︑ も. 強 く 残 ってお り ︑ ﹁御 〜 様 ﹂ 表 現 が完 全 に交 替 し た の で はな は︑ 話 し 手 と 聞 き 手 の間 に極 端 に身 分 の格 差 が あ る場 合 に は. し く は身 近 な も の に︑ よ り簡 便 に気 づ か う気 持 ち を 伝 え られ. る形 式 と し て ﹁御 〜様 ﹂ を 選択 す る︑ の いず れ か の意 識 が 働. で︑ 聞 き 手 であ る 相手 へのね ぎ ら い ・気 遣 い ・丁寧 さを 表 現. く も のと 考 え ら れ る の であ る︒ そ う で な い場 合 も も ち ろ ん想. 使 用 さ れ な い︒ あ る 程度 対 等 ・近 い関係 に あ る両 者 の談 話 内 す る た め の 手 軽 な 格 好 の表 現 法 で あ る ︑ と 言 え な い だ ろ う. 定 でき る︒ す な わ ち ︑言 語的 お よ び社 会 的 に話 し手 ・聞 き 手. か︒ こ の ﹁聞 き 手 への気 遣 い﹂ と いう のが特 殊 表 現 ﹁御 〜 様 ﹂. 「56「.

(14) い ・気 遣 い表 現 では 間 に合 わ ず︑ 依 然 ﹁御 〜 ( 様 ) に存 じま. 高 い敬 語 待 遇 が 求 あ ら れ る 状 況 に お い て は︑ 簡 便 な ね ぎ ら. の格 差 が 大 き いと意 識 さ れ る よ う な場 合 であ る︒ こ の よ う に. 表 現 が 出 現 し ︑ そ し て現 代 にわ た って広 く 用 いら れ てい る こ. が 出 現 し た の は︑近 世 期 後 半 であ った︒ こ の時 期 に ﹁御 〜 様 ﹂. か と 思 わ れ る︒ す で に述 べた よ う に︑ 特 殊 用法 の ﹁御 〜 様 ﹂. 史 ︑言 語生 活 史 ︑社 会 言 語 学 史 にか か わ る 問題 と し て︑﹁御 〜. て︑ 敬 語 史 論 を 含 め た ︑ 日本 語 にお け る コミ ュ ニケ ー シ ョン. と の意 味 も 考 え て いく 必 要 が あ る か と 思 う︒ こ の こと に つい. な ど の︑ か つては 文 献 に てそ の用例 が確 認 が でき るも の の︑. の課 題 と す るも の であ る︒. 様 ﹂ 表 現 の位 置 付 け を 捉 え な お す べき と考 え︑ こち らも 今 後. ﹁御 機 嫌 さ ま ﹂ ﹁御 退 屈 様 ﹂ ﹁お楽 し み様 ﹂ ﹁御 も っと も 様 ﹂. す / でご ざ いま す ﹂ の形 が使 用 さ れ る であ ろ う︒. に︑聞 き手 の負 担 (そ れ に対 す る気 遣 い)を 述 べる 語 彙 (﹁疲. ま でも ね ぎ ら い ・気 づ か い ・挨 拶 のた め の 一つの ﹁ 特殊な﹂. 敬 語 接 辞 用 法 と し てそ の体 系 を継 承 し た も の で はな く︑ あ く. ﹁基 本 的 用 法 ﹂ を 参 照 し て発生 し た も の と は考 え ら れ る が︑. の敬 語 接 辞 用 法 と は 趣 の異 な る性 格 の も の だ か ら で あ る︒. く 述 べる よ う に︑も と も と の ﹁ 基 本 的 用法 ﹂で あ る ﹁ 御〜様﹂. こ こ で ﹁特 殊 用 法 ﹂ と いう 語 を 用 い る の は︑ 第 五節 で も詳 し. 現 代 では 耳 慣 れ な く な ってし ま った 用法 も あ る︒ よ り直 接 的 れ ﹂﹁苦 労 ﹂ ﹁気 の毒 ﹂﹁愁 傷 ﹂な ど) に偏 って 用 い ら れ る よ う にな る ︑ と いう 様 相 を 次 第 に見 せ て いる よ う に見 受 け ら れ る. おわりに. が ︑ 今 回 は 明 ら か に でき な か った︒ 今 後 の 課題 と し た い︒. 六. こ こ で取 り 扱 った 特 殊 用 法 ﹁御 〜 様 ﹂ は︑ ﹁御 ﹂ ﹁様 ﹂ と い. いわ ゆ る ﹁女 房 詞 ﹂ の 一種 であ る ︒い ろ い ろ な 語 に ﹁ 〜 も じ﹂. 用 法 であ る と 見 る べき であ ろ う ︒. り扱 わ な い︒. を 付 け て︑ そ のも のを 娩 曲 的 に表 す 用 法 であ り︑ こ こ で は取. う 日本 語 の代 表 的 な 敬 語 接 辞 を 用 いた 表 現 であ り な が ら︑ 堅 苦 し く な く 簡 便 に相 手 にね ぎ ら い ・気 遣 い の気 持 ち を伝 え る. 内 儀 はあ っと 譲 葉 に穂 長 折 敷 く 榿 柑 子 ︒ 蜜柑 や何 や か や 勝. ﹁ お 嬉 し さま ﹂ と し て︑ 次 の用 例 が あ る︒. と自 体 が ︑ 失 礼 にあ た る と も 考 え ら れ る の であ る︒. ﹁お 疲 れ ﹂ であ る状 態 を 把 握 し ︑ そ れ を言 語上 で表 現 す る こ. 可 能 か ど う か ︑ 意 見 が 分 か れ る と ころ であ ろ う︒ 目 上 の人 が. 例 え ば ︑ 目 上 の人 に対 し て ﹁お 疲 れ 様 でし た﹂ と い う こ と が. も のと し て機 能 し て いる ︒ 特 に現 代 語 にお い ては ︑ 挨拶 語 と し て の機 能 も 含 め て︑ こ の傾 向 が 強 いと 思 わ れ る ︒ 日本 語 に 十 分 浸 透 し た 敬 語 接 辞 用 法 か ら 発 生 し た ︑ 一つの用 法 と し て 考 え た い︒ こ の堅 苦 し く な く ︑ 簡 便 に相 手 を ね ぎ ら い︑ 気 遣 う 表 現 が 出 現 し てき た 背 景 に つい ても ︑ 考 え を め ぐ ら せ る 必 要 が あ る. 「57「.

(15) 菊 地 康 人 (一九 九 四) ﹃敬 語 ﹄ 角 川 書 店. 文化 六〜 九 (一八 ○ 九 ー 一. あ いさ つこ. ・調査資料 は︑以下 のとおり である︒ ﹃天草版平家物語﹄勉強社文庫 ﹃天草版伊曽保物語﹄井上章編 風間書房 ﹃大蔵 虎 明本狂 言 集 の研究 本文 編﹄池 田廣司 ・北 原保 雄著 表現社 ﹃近松浄瑠璃集 ・上下﹄﹃歌舞伎脚本集 ・上 下﹄( 岩波 日本古典 文学大系) ﹃上方歌舞伎集﹄﹃江戸歌舞 伎集 ﹄﹃ 竹 田出雲 ・並木宗輔 浄瑠璃 集﹄﹃近松半二 ・江戸作者 浄瑠璃集﹄ ( 岩波 新 日本古典文学大 系) ﹃噺本大系﹄ ( 東京堂出版) ﹃CD‑RO 版M 明治 の文豪﹄(新潮社) ﹃CD‑RO 版M 大正 の文豪﹄(新潮社). と ば と コミ ュニケ ー シ ョン). 解 釈 と 教 材 の研 究 ﹄ 一九 九 九 年 五 月 号 ( 特集. ﹃国 文 学. 正徳 二 (一七 = 一 )). ︒ ひさ し ぶ り で御 無事 な お顔 お嬉 し さ ま 近松門左衛門. 栗おゆかしやく ( ﹃夕 霧 阿 波 鳴 渡 ﹄ 上. や と 出 でけ れ ば ︑ 伊 左 衛 門 と か う の挨拶 涙 ぐ み︒ こ の用 例 は そ の他 の特 殊 用法 の ﹁御 〜様 ﹂ と は︑ さ ら に趣 ﹁御 〜 様 ﹂ 発 生 の大体 の時 期 は ︑ 近世 後 半 ︑ 十 八 世 紀 末 であ. が 異 な る 用 法 であ る ︒ 本 文 中 で述 べた よ う に︑ 特 殊 用 法 の る と 考 え ら れ ︑ そ の点 か ら考 え ても︑ こ の近 松 の用 例 は︑ 本 こと にす る ︒ し か し ︑ こ の表 現 の発 生 に つい て︑ 考 慮 す べき. 稿 で取 り扱 う 特 殊 用法 の ﹁御〜 様 ﹂表 現 の範 疇 に は入 れな い 用 例 では あ る ︒ ﹁御 ﹂ の つか な い ﹁は ば か り様 ﹂ と い う用 例 が見 られ る︒. ︒ 此 方 へお這 入 な さ い まし ﹂. ﹁お か み さ ん エ︒ 此 お 子 さ ん に は お あ つう ご ざ い ま せ う か ら. 式亭 三馬. は ゴか り 様︒ お手 を い た ゞ き ます ﹂. 水 を う め て上 ま せ う︒ サ アく ﹁これ は く ( ﹃浮世 風 呂﹄ 三 ・下. こ れ は ﹁御 ﹂ は 冠 し な い も の の︑相 手 の気 遣 い に対 し て の. 二 )). ※ 本 稿 は ︑ 平 成 十 一年 九 月 二十 六 日 に行 わ れ た︑ 第 四十 九 回 西 日. 礼 ・あ る い は恐 縮 の言 葉 で あ り︑ 特 殊 用法 の ﹁ 御〜様﹂表現 に. 本 国 語 国 文 学 会 に て発表 し た も の をも と に ま とめ たも の であ る︒. (た く ま. こう た ろ う. 九州大学大学院博士後期課程). 教 示 を 賜 わ った ︒ 記 し て感謝 申 し上 げ る︒. 席 上 ︑ 関 一雄 先生 を は じ め と し て︑ 談 話 の中 でも 多 く の先 生 にご. 通 じ る も の が あ る︒ こ の ﹁は ば か り様 ﹂ は︑ 明 治 時 代 にお い て. ー 用法 と意味﹁﹂ ( ﹃国語学﹄五八). も散 見 さ れ る︒. ︽参 考 文 献 ︾ 大岩 正仲 (一九 六 四 )﹁ 御. 敬語史﹄大修館書店. 辻 村 敏樹 (一九 六 八) ﹃ 敬語 の史的研究﹄東京堂出版 辻 村 ほ か (一九 七 一)﹃ 講座国語史五. 森 田 良行 (一九 八九 )﹃ 基礎 日本語辞典﹄角川書店. 一58う.

(16)

Updating...

参照

Updating...

関連した話題 :

Scan and read on 1LIB APP