平 成20年 度 情 報 処 理 セ ンタ ー 学 生 ス タ ッ フ の 活 動 に つ い て

Download (0)

Full text

(1)

皿 〈活 動 報 告 〉

(2)

平 成20年 度 情 報 処 理 セ ンタ ー 学 生 ス タ ッ フ の 活 動 に つ い て

学 生 ス タ ッ フ は 、 自 習 利 用 者 の 支 援 や 自 習 室 の 整 備 等 、 情 報 処 理 セ ン タ ー 利 用 者 へ の サ ー ビ ス 向 上 の た め 電 算 実 習 室 に 配 属 さ れ て い ま す 。 ま た 、 ユ ー ザ ー ズ ガ イ ドの 編 集 や 公 開 講 座 の サ ポ ー トな ど 学 生 の 視 点 か ら情 報 化 の 推 進 に 協 力 して い ま す 。

平 成20年 度 は 前 期36人 、 後 期36人 の 登 録 が あ り 、 情 報 処 理 技 術 や コ ミュ ニ ケ ー シ ョ ン能 力 を 高 め る た め に3グ ル ー プ(「 ユ ー ザ ー ズ ガ イ ド&公 開 講 座 班 」 「広 報 班 」 「資 料 作 成&

教 材 作 成 支 援 班 」)に 分 か れ て 作 業 を 行 い 、 ス タ ッ フ 各 自 の 課 題 に も取 り 組 み ま し た 。 各 班 の 業 務 は 次 の 通 りで す 。

○ ユ ー ザ ー ズ ガ イ ド&公 開 講 座 班

ユ ー ザ ー ズ ガ イ ド&公 開 講 座 班 の 主 な 業 務 は 、 「ユ ー ザ ー ズ ガ イ ド作 成(Web版 ・珊 子 版)」 「ス タ ー トア ッ プ ガ イ ド作 成 」 そ し て 「パ ソ コ ン 入 門 講 座 とExce1入 門 講 座 の 各 テ キ ス ト作 成 お よ び 講 座 の 補 助 業 務 」 で す 。

今 年 度 の 前 期 は8月 に 開 催 す る パ ソ コ ン入 門 講 座 の テ キ ス ト作 成 を 行 い ま し た 。 題 材 は 昨 年 度 と 同 じ 「プ ロ グ 」 が 行 わ れ る の で 、 昨 年 度 に 受 講 さ れ た 方 の 意 見 や 補 助 員 で の 経 験 を 生 か し た テ キ ス トに 修 正 し、 パ ソ コ ン入 門 講 座 の 補 助 業 務 を 行 い ま し た 。 後 期 の 前 半 は、

9月 末 か ら行 わ れ るExce1入 門 講 座 の テ キ ス トの 作 成 を 行 い ま し た 。 題 材 は 昨 年 度 と 同 じ で した が 、 講 師 の 先 生 が 交 代 さ れ た の で テ キ ス トの 内 容 を 先 生 と 調 整 し、 昨 年 度 に 受 講 さ れ た 方 の 意 見 や 補 助 員 で の 経 験 を 生 か し た テ キ ス トに 修 正 し、Excel入 門 講 座 の 補 助 業 務 を 行 い ま し た 。 後 半 は 、2009年 度 入 学 生 用 の ス タ ー トア ッ プ ガ イ ドの 作 成 を 行 い ま し た 。 パ ソ コ ン入 門 講 座 の 題 材 は 、 昨 年 度 と 同 じ プ ロ グ を 行 い ま し た 。 テ キ ス ト に パ ソ コ ンで 表 示 して い る プ ロ グ の 画 面 を 利 用 して 作 成 し て い る と 、 オ リ ン ピ ッ ク の 開 催 と も重 な り プ ロ グ の 画 面 に あ る バ ナ ー が 頻 繁 に 変 更 さ れ た の で 、 講 座 直 前 ま で テ キ ス トの 印 刷 を 遅 ら せ る 対 応 を し た こ と に よ り、 公 開 講 座 の 進 行 と テ キ ス トの 内 容 に 大 き な 問 題 は あ り ま せ ん で

し た 。

た だ 、 こ れ は 仕 方 の 無 い こ と で す が 、 受 講 さ れ る 方 の パ ソ コ ン歴 に 差 が あ る た め 、 ど う して も レ ベ ル の 差 と い う も の が 出 来 て し ま い ま す 。 受 講 さ れ る 方 の レ ベ ル に 合 わ せ て ク ラ ス 分 け を した ほ う が 良 い と い う 指 摘 も あ り ま す 。 慣 れ な い 方 に も わ か り や す い テ キ ス トを 目 指 す と 共 に 、 こ の こ と に つ い て 考 慮 し た ほ う が 良 い か も しれ ま せ ん 。

Excel入 門 講 座 の 内 容 も 昨 年 度 と 変 更 は あ り ま せ ん で し た が 、 今 年 は 講 師 の 先 生 が 交 代 さ れ た 方 が お ら れ た の で 、 担 当 さ れ る 部 分 の テ キ ス トの 内 容 を 講 師 の 方 と 調 整 し デ ー タ と 画 而 の 修 正 を 中 心 に 行 い 、 他 の 部 分 は 記 載 デ ー タ の 数 値 の 変 更 や 誤 字 脱 字 の 修 正 を 行 い ま

し た 。5[問 の 講 座 も無 事 成 功 を 収 め る こ と が 出 来 ま し た 。

(3)

Excel入 門 講 座 の 受 講 生 の 方 か ら 『職 場 や 家 庭 でExcelを 活 用 で き る 内 容 を し て ほ し い 」

『中 級 レ ベ ル の 講 義 を し て ほ し い 」 等 、 実 用 性 と よ り高 度 な 技 術 を 求 め ら れ て い る方 が 多 い よ うで す 。

2009年 度 入 学 生 版 の ス タ ー トア ッ プ ガ イ ドを 入 学 式 ま で に 作 成 し ま した 。 今 回 は 、2009 年4月 か ら新 教 育 シ ス テ ム が 導 入 さ れ る の で 、 学 生 が 利 用 す る と き の 「ロ グ オ ン ・ ロ グ オ

フ の 操 作 方 法 」 「電 算 実 習 室 の 利 用 ソ フ ト」 「各 電 算 実 習 室 の 設 備 」 を 修 正 し ま し た 。 ユ ー ザ ー ズ ガ イ ド&公 開 講 座 班 が 作 成 し た 「パ ソ コ ン入 門 講 座 テ キ ス ト」 「Excel入 門 講 座 テ キ ス ト」 お よ び 「ス タ ー トア ッ プ ガ イ ド」 の 表 紙 と 「Web版 ユ ー ザ..̲.ズガ イ ド」

の ト ッ プ ペ ー ジ を 参 考 に 掲 載 し ま す 。

以 上

「パ ソ コ ン入 門 講 座 テ キ ス ト」(表 紙)

この葡子{コホ緯ノコンが慶える情幟8慶センター鴛臓翼躍蜀瓢 、ての情鞭堅 綱隆されています廊これを挽 ゐ

二庵剰囲ゆ磯3蝕 ドあな ・夢薄 コ一ID佃 ンピ謬旧緬晒康センターを簾齢 とパxワ有効二活用してくださ眺酔㎜ ■勲蛾.

がID一 慧ゆ.

蘭曜 花L轍 ω 翻

E・画d:鵡 曜1蛤 鵬鐙 u葭L:}岬麟飯 鉱"

「ス タ ー トア ッ プ ガ イ ド」(表 紙)

平鮫20年度 蟻良大学憺報塾魂センター公鯛鶴座

Excel入 門 講 座

麟 繹屡翻

平成20俸9月279(土)陶10月258(土)ま での俸避土謬8 主催2豪良大学構報処理センター 後援:奈良富教賓委貞会

「Excel入 門 講 座 テ キ ス ト」(表 紙)

8§驕 勝,

【Mε珊 聾

弊 理    

「HTML版 ユ ー ザ ー ズ ガ イ ド」

72一

(4)

○ 広 報 班

広 報 班 の 主 な 業 務 は 、 「セ ン タ ー ニ ュ ー ス の 原 稿 作 成 」 「情 報 処 理 セ ン タ ー ホ ー ム ペ ー ジ の 作 成 ・更 新 」 そ して 「各 種 掲 示 物 の 作 成 お よ び 掲 示 」 で す 。

「セ ン タ ー ニ ュ ー ス の 原 稿 作 成 」 で は 、 年3回 発 行 の と こ ろ 今 年 度 はNo.61号 の1部 の み 発 行 す る こ と に な り ま し た 。 今 年 度 最 初 に ミー テ ィ ン グ で 記 事 を 決 め 、 そ こ か ら全 員 で 作 成 して 行 く予 定 で した が 、 事 務 室 と の 連 携 不 足 と 新 人 ス タ ッ フ が 多 か っ た こ と も あ り、 新 人 教 育 に 時 間 が か か り セ ン タ ー ニ ュ ー ス の 発 行 が で き ま せ ん で し た 。 次 年 度 は 、 年 度 始 め に 掲 載 内 容 の ミ ー テ ィ ン グ を 行 い 、 最 低 で も年3回 の セ ン タ ー ニ ュ ー ス の 原 稿 を 作 成 し最 新 ニ ュ ー ス を 発 信 で き る よ う に し て い き ま す 。

「情 報 処 理 セ ン タ ー ホ ー ム ペ ー ジ の 作 成 ・更 新 」 で は 、 新 規 ス タ ッ フ が 多 く参 入 し、 そ れ に 伴 っ て 、 ど の 班 もHTMLの ス キ ル を 必 要 と す る の で 、 前 期 はHTML講i=習 会 を 実 施 し ま し た 。 そ の 上 で 当 班 に 配 属 さ れ た 新 規 ス タ ッ フ に 慣 れ さ せ る よ う 、 「は や う ち タ イ ピ ン グ コ ン テ ス トの 結 果 」、 「自 習 利 用 に っ い て 」、 「セ ン タ ー か ら の お 知 らせ 」 の3っ の 変 更 を 頼 ん だ と こ ろ 、 し っ か り こ な し て く れ ま し た 。 ま た 、 自 主 的 に セ ン タ ー ホ ー ム ペ ー ジ の 修 正 す べ き 点(「 学 生 ス タ ッ フ の 仕 事 紹 介 」 の 背 景 の 変 更)を 挙 げ て く れ た 班 員 も居 ま し

た 。 後 期 は 、 変 更 す べ き 箇 所 を 中 心 に 加 筆 修 正 し ま し た 。 特 に 「学 生 ス タ ッ フ の 紹 介 」、

「自 習 利 用 に っ い て 」、 「は や う ち タ イ ピ ン グ コ ン テ ス トの 結 果 」、 「公 開 講 座 」、 「セ ン タ ー か ら の お 知 ら せ 」、 「学 生 ス タ ッ フ の 仕 事 紹 介 」、 「各 班 の 仕 事 紹 介 」 と 班 紹 介 の ペ ー ジ、

「設 備 」、 「研 究 業 績 一 覧 」 を 変 更 し ま し た 。

掲 示 物 の 作 成 で は 、 受 付 の 机 に 設 置 した お 知 らせ は 自 主 的 に 作 成 し、 プ リペ イ ド式 コ ピー 機 案 内 の ポ ス タ ー の 作 成 及 び 情 報 処 理 セ ン タ ー 事 務 室 カ ウ ン タ ー に 置 い て あ る 案 内 の 作 成 は 事 務 室 の 指 示 で 作 成 し ま し た 。 ま た 、 こ れ ら の 作 成 に は 他 班 の 班 員 が 協 力 して く れ ま し た 。 印 刷 許 可 願 の 見 本 を 作 成 し ま し た 。 ま た 、 情 報 処 理 セ ン タ ー 事 務 室 カ ウ ン タ ー に 置 い て あ る 案 内 と 、 ポ ス タ ー の 作 成 も行 い ま し た 。

今 期 も ほ ぼ 全 班 員 が 作 業 に 当 た っ て くれ ま し た が 、 様 々 な 支 障 が あ っ て 仕 方 が な い 面 も あ り ま す が 、 完 壁 と ま で は い き ま せ ん で し た 。 ま た 、 こ れ は 広 報 班 だ け で は な く全 ス タ ッ フ に 言 え る こ と か も しれ ま せ ん が 、HTMLが 基 本 的 な も の な ら解 か る 、 あ る い は あ ま り 解 か ら な い と い う こ と が 解 か り ま し た 。 そ こ で 、 来 年 度 も新 規 ス タ ッ フ が 増 え る と思 う の で 、 平 成21年 度 もHTML作 成 技 術 の い っ そ う の 向 上 を 目 的 と した 講 習 会 を 開 催 し、 ど の 班 も 円 滑 に 業 務 を 進 め ら れ る よ う に し、 そ れ を 下 の 世 代 へ と繋 げ て い か な い と い け な い と

感 じ ま し た 。

こ れ か ら も 円 滑 に 作 業 を 進 め ら れ る よ う に し、 か っ 「見 や す い ・読 み や す い ・わ か り や す い 」 を 続 け て い き た い と 思 い ま す 。

以 上

(5)

4吻2■毎o爵1r日 叢雌 ●湘 センウー 声鱒 ●鵬 セン9一

孕生ス,リツ 店撫 二のセンウーニュー淵陰孚呈篤,,,ム"6唾 ヒag噸 全 冒 』盤スタ,, め羊で循虞 ●脇 含し鉦。 雄力㌦ ご禽噛聾きら

o激 5.9£ 霊5舶醜盤9うs,イ ヒ7弓2,ヲ 貧←ヒ⊃ur 乙 軍禽2B輸 藍コー轟儒■●■臨=⊃Y=

i豪 噛撒 セ=ρ,釧酬圓■隆r,り τ

「'り2ン繭門●唖』監,ur 晦 ●●9刃■■』9■隅b幽陶

̀農 臨 ①r鱒監欄つ塾瘤幽劇鴨 軋 嘘1,輸9艦 皇轍,oξ

軋 轍 セ,,舶串喪識,,「 馴亀鵯,ur t.・ 強,,,

92

、=T

=

「セ ン タ ー マ ッ プ 」

1.平 雌20鰯 度 は やうも タイ ピンク コンテス トに コい て

⑳薗18の 健 閲 置

センターでほ、愴鴨詫越会 にネ可実な,リ ヲうイピンケ撤衡 の向上を 皇擾するA、6月 含06{月 〕、2sQ曙 火Dの・2日簡 に二って 「雫庇20摺 屡 鯖 1回 はやうちタイピンケコンラフL卜9セ16:30肉 愉醐 センタ・一鯖一電 馴隈 囹室(1,105}に τ禰億驚しまし琵.

勢加」百蚊̀ま̀26τ6!2311S・6!2̀31各 ⊃で、上{ユ入賓尋は以下の 避りです、

雫器 ・牟 禦 正職

畳 磨 喪孚喜1日 g.Ooo,…

鏑 セ位 家化燃 旧 盤 i,750家

箪3{2 人偶旧麟i巳 t,74臼 タ早

勢力賓

国輿孚器 旧f t,57臼 声写

国窯孚昇 旧 垂 f,署74窯

馴鵬 斜ヨf 誓。50臼 声写

粗雇孚導 旧 筆 f,505ヌ

憂質 尋 の曾 橿 、お めで ヒ う二 さい ε す.

「セ ン タ ー ニ ュ ー スNo.61」(表 紙)

○ 資 料 作 成 班

資 料 班 の 主 な 業 務 は 、 「自習 利 用 状 況 の 統 計 資 料 作 成 」 「セ ン タ ー 年 報 の デ..̲̲タベ ー ス 化 」

「シ ス テ ム 図 、 ネ ッ トワ ー ク 図 、 教 室 配 置 図 の 作 成 」 「情 報 処 理 セ ン タ ー 案 内 パ ン フ レ ッ ト の 作 成 」 そ して 「eラ ー ニ ン グ コ ン テ ン ッ の 作 成 支 援 」 で す 。

自 習 利 用 状 況 の 統 計 資 料 作 成 で は 、 シ フ ト に 入 っ た 資 料 作 成 班 の ス タ ッ フ が 、Access へ の 利 用 者 デ ー タ入 力 ・自 習 利 用 簿 の チ ェ ッ ク ・利 用 者 数 の チ ェ ッ ク 及 び 月 初 め の 利 用 統 計 表 の 作 成 を お こ な い ま し た 。

eラ ー ニ ン グ コ ン テ ン ッ の 作 成 支 援 で は 、 教 員 か ら頂 い た 授 業 用 教 材 の デ0夕 をPDF に 変 換 し 「学 習 支 援 シ ス テ ム 」 へ の ア ッ プ ロ ー ドを 行 い ま し た 。 今 年 は 新 規 ス タ ッ フ が 多 数 の た め 、HTML作 成 方 法 や ホ ー ム ペ ー ジ へ の ア ッ プ ロ ー ドす る 際 に 必 要 なFTPの 操 作 講 習 会 を 開 催 し て 、 自 作 の レ ジ ュ メ を 配 布 し プ ロ ジ ェ ク タ ー を 利 用 して 実 技 演 習 を 取 り 入 れ 、 班 業 務 の 技 術 習 得 に 取 り組 ん で い き ま し た 。

「シ ス テ ム 図 、 ネ ッ ト ワ ー ク 図 、 教 室 配 置 図 の 作 成 」 「情 報 処 理 セ ン タ ー 案 内 パ ン フ レ ッ トの 作 成 」 で は 、2009年4月 に 情 報 処 理 セ ン タ ー の 機 器 等 の 入 替 が 行 わ れ る の で 、 現 行 シ ス テ ム と新 シ ス テ ム と の 変 更 内 容 や 各 図 面 の 変 更 箇 所 の 確 認 を 行 い 、 次 年 度 の 作 成 に 向 け て 打 合 せ を 行 い ま し た 。

今 年 度 は 、 ミー テ ィ ン グ の 参 加 に つ い て は 良 好 で 、 班 業 務 の 技 術 習 得 に 熱 心 に 取 り組 ん

一74一

(6)

で いた。 さ らに今年度 は ミー テ ィ ングで ス タ ッフが作成 した マニ ュアル と実技 演習 を取 り 入 れた ことによ り、苦 労 しなが ら も班 業務 に取 り組 む とい った積 極性 が伺 えた。 この積 極 性が大 きな収穫 で あ り、 次年度 以 降 の班 業務 に多 い な る期待 を寄 せ る ことが 出来 る。

次年 度 で は、操 作 マニ ュアル を充 実 させ 実技 演習 を積 極 的 に取 り入 れ操 作能 力 の向上 に 取 り組 ん で い きた い。

また、情報 処理 セ ンターの機 器更 新 が4月 に行 われ るの で、 システ ム図、 ネ ッ トワー ク 図、教 室配 置図、 情報 処理 セ ンター案 内パ ンフ レ ッ トな どの修正 ・変 更 を行 い ます。

以 上

煽 鰯 勉 曜 娘ン クr町で 響3.撹 躍⑳ ゴリン鱈 う資鱒 、鏑 臓 の 簡 嵐躯 欧亡の 糊腱 妃 霜 す ㌻サ ービ 糞 電蒔い 汝寸L◆櫛 力し望 い2ヒだ 重ゴも兜 三凱炉 お られ 獄墾た ら煽 膿 鎗1傾

、癒

嘱 雛:.騰 頓⑳ 撮 頓嶋れ てい る・ ・6織は 獄 丁の 醐餅」マで ・ 親 》アイウ 工 跨鋼臨こ購 網幽しτい 震 「塗鵜 o鱒 毒 勢 黛

ねぱ

殿纏 ㍊謝 。'鍵 鵜辮慧

肱 」酷"噂 障n

や む の ゴぴ

,懸 臨

の オ  サ あ

○ 小艦』膿働 o瓢 識麗

「奈 良 大 学 学 習 支 援 シ ス テ ムTOPペ ー ジ 」

Figure

Updating...

References

Related subjects :