教員養成系修士課程の英語科教育分野における学びを求めて : 新卒大学院生の学びと現職大学院生の学び

14 

全文

(1)

教 員 養 成 系 修 士 課 程 の 英 語 科 教 育 分 野 に お け る 学 び を 求 め て

一 新 卒 大 学 院 生 の 学 び と 現 職 大 学 院 生 の 学 び 一

l

山森 直 人

1.はじめにー問題の所在 2013年 10月 , 文 部 科 学 省 は 報 告 書 『 大 学 院 段 階 の 教員養 成 の 改 革 と 充 実 等に つ い て』 のな か で こ れ ま で の 教 員 養 成 の 主 な 課 題Jと し て , 次 の よ う に 述 べ て い る。 大 学 院 段 階 に つ い て は,国 立 の 教 員 養 成 系 修士 課 程 に お い て , 現 職 教 員 の 再 教 育 と 実 践 的 指 導 力 の 養 成 を 目 的 に 掲 げ て き た に も か か わ ら ず,こ れ ま で と も す れ ば 個 別 分 野 の学問 的 知 識 ・能 力 が 過 度 に 重 視 さ れる一方,学 校 現 場 で の実践 力 ・応用 力 な ど 教 職 と し て の高度 の 専 門 性 の育成 が お ろ そ か に な っ て お り ,学 校 現 場 で 活 躍 す る 中 核 的 な 教 員 を 養 成 す る 体 系 的 な プ ロ グ ラ ム を 必 ず し も 提 供 し て こ な か っ た。 (下線筆者) ま た 国 立 の 教 員 養 成 系 修 士 課 程 の 改 善」の 方 向 性 と し て , 次 の よ う に 述 べ て い る。 国立の 教 員 養 成 系 修 士 課 程 の 教育課 程 に つ い て は , 教 職 大 学 院 へ の 段 階 的 な 移 行 期 を 見 据 え て , 学 習 科 学 等 を 踏 ま え た 教 科 内 容 構 成 や 教 育 実 践 の 研 究 の 推 進 及 び そ の 成 果 の 活 用 , 経 験 知 ・ 暗 黙 知 の 一 般 化 に よ る 理 論 や 方 法 の 開 発 な ど , 教 職 大学院 の 教育課 程 に 準 じ た 実 践 的 な 教 室 血 五 と な る よ う 現 行 の 教 育 課 程 を 改 革 す る。 (下線筆 者) そ の 一 方 で , 文 部 科学省 は 2013年 12月 に 「グ ロ ー パ ル 化 に 対 応 し た 英 語 教 育 改 革 実 施 計 画」を公表し, 2020年 の 東 京 オ リ ン ピ ッ ク 開 催 を 見 据 え た 学校 英 語 教 育 の 具 体 的 な 改 革 案 を 示 し た。具 体 的 に は , 小学校においては, 学級 担 任 を 中 心 と す る 外 国 語 活 動 の 開 始 を 中 学 年 時 に早期化し , コ ミ ュ ニ ケ ー シ ョ ン 能 力 の 素 地 を 養 う。また, 高学 年時 に 活 動 型 の 英 語 教育 を 導 入 し , 英 語 指 導 力 を 備 え た学級 担 任 に 加 え て 専 科 教 員 を 積 極 的 に 活 用 し て , 可1 ム つ / “ 司 ﹄ ム

(2)

初 歩 的 な 英 語 の 運 用 能 力 を 養 う。 ま た,中 学 校 に お い て は,授 業 を 英 語 で 行 う こ と が 基 本 と さ れ,身 近 な 話 題 に 関 す る 理 解 や 簡 単 な 情 報 交 換 お よ び 表 現 が で き る 能 力 を 養 う 。 そ し て,高 等 学校 に お い て は,英 語 で 授 業 を 行 う と 同 時 に よ り 高 度 な 言 語活 動 ( 発 表,討 論,交 渉 な ど ) を実施 し , 幅 広 い 話 題 に 関 し て抽象 的 な 内 容 を 理 解 で き る , 英 語 話 者 と あ る 程 度 流 暢 に や り と り が で き る 能 力 を 養 う と さ れ て い る。 以 上 の よ う な 「国 立 の 教員養 成 系 修士課 程 の 改善」と 「グ ロ ー パ ル 化 に 対 応 し た 英 語 教 育 改 革実施 計 画」という 2つ の 流 れ を 考 慮 し た 場 合 , 修士課 程 に お け る 英 語 科 教員の 養 成 や 現 職 英 語 科 教員の 再 教 育 を ど の よ う に 行 う こ と が 求 め ら れ る の で あ ろ う か 。 本 稿 で は , 特 に 前 者 ( 国 立 の 教 員 養 成 系 修士課 程 の 改 善 ) の 流 れ へ の 対 応 に 焦 点 を あ て,教 師 教 育 研 究 の 最 近 の 動向や 鳴門 教 育 大 学 大 学 院 ・言 語系 コ ー ス ( 英 語 ) に お け る 事 例 を ふ ま え , 教員 養成 系 修士課 程 に お け る 英 語 科 教員の 養 成 と 再 教 育 の 方 向 性 に つ い て 検 討 す る。 2.教 員 養 成 系 修 士 課 程 に お け る 教師教 育 の 現 状 ま ず , 教 員 養 成 系 修 士 課 程 に お い て 学 ぶ 学 生 の 背 景 の 概 略 を , 鳴 門 教 育 大 学 大 学 院 学 校 教 育 研 究 科 の 修 士 課 程 を 例 に 示 し た い 。 表 lは , 縦 軸 に 学 校 で の 教 育 経 験 , す な わ ち学級 経 営 の 経 験 が あ る か ど う か,横 軸 に 英 語 を 指 導 し た 経 験 が あ る か ど う か を お き , 両 者 を 組 み 合 わ せ ること で , 大 学 院 生 の 背 景 を4つ に 類 型化し た も の で あ る。 表 l 大 学院 生の 背 景 英 語 指 導 経 験 有 無 A づ!t: 有 中 学 校・高 校 の 現 職 英 語 教 員 小学 校 の 現 職 教 員 校 小 学 校 の 現 職 教 員 教 =同t 小学 校・中学 校・高 校 の 学 部 新 卒 進 学 者 経 E非 常 勤 英 語 教 員 教 育 外業 経 験 者 一概 に 英 語 科 教員の 教 育 と い っ て も,表 lに 示 さ れ る 通 り 学 生 の 背 景 は 様 々 で あ り , 就 学 の 目 的 も 多 様 で あ る。こ の よ う な 状 況 の 中 で ど の よ う な 方 向 性で 英 語 科 教員と し て の 力量を 養 う べ き な の で あ ろ う か。

(3)

3.教 師 教 育 研 究 に 関 す る 最 近 の 動 向 上 教 師 の 学 び と 成 長 2 教 員 養 成 系 修士課 程 に お け る 学 び の あ り 方 を 検 討 す る た め に , こ こ で は先 行研究 を も と に 教師の 学 び つ い て 考 察 す る。教師教 育 に お け る 教 師 の 学 び や 成 長 の あ り 方 は さ ま ざ ま に 認 識 さ れ て き た。例えば, Wallace (1991)は 専門職 教 育 を 職 能 成 長 の 特 質 の 観 点 か ら 「 技 能 モ テ 、 ル(thecraft model)J 応 用 科 学 モ デ ル(theappliedsciencemodel)J 省 察 モ デ ル(thereflective model)Jに分 類

している。また,Diaz Maggioli (2012)は,教 師 教 育 の 伝 統 を 「 見 て 学 ぶ(Look and learn)J 読 ん で 学 ぶ(Readand learn)J 考 え て 学 ぶ(Thinkand learn)J 参 加 し て 学 ぶ(Participateand learn)Jに分 類 し て い る。さらに, Richards & Farrell (2005)は 教 師 教 育 に み ら れ る 教 師 の 学 び を 「 技 能 学 習 と し て の 教 師 の 学 び (teacherlearning asskilllearning) J 認 知 過 程 と し て の 教 師 の 学 び(teacher learning as a cognitive process)J

r

個 人 構成 と し て の 教師の 学 び(teacherlearning as personal construction)J 反 省 的 実 践 と し て の 教 師 の 学 び(teacherlearning as reflective practice)Jの4つ に 概 念化している (c.f.Kumaravadivelu (2003):

r

受 動 的 な 技 術 者 と し て の 教 師(Teachersas passive technicians)J 反 省的実 践 家 と し て の 教 師(Teachersas reflective practitioners)J 変革 を も たら す 知 識 人 と し て の 教 師(Teachersas transformative intellectuals)J ) 0 教 師 の 学 び の あ り 方 に 関 す る 以 上 の 分 類 は異 な る 部 分 も あ る が,概 念 的 に共通 性 が あ る 部 分 を も と に 整 理 す る と 表2の よ う に ま と め る こ と が で き るO 表2 教 師 の 学 び の 認 識 論

よ手土

技 能 的 学 び 応 用 科 学 的 学 び 省 察 的 学 び 社 会 文 化 的 学 び Diaz Maggioli 見 て 学 ぶ 読 ん で 学 ぶ 考 え て 学 ぶ 参 加 し て 学 ぶ (2012) Wallace 技 能モデル 応用科学モデノレ 省 察 モ デ ル

~

(1991 ) Richards&Farrell 技能学習としての学び 反省、的実践としての学び (2005) (認知過程としての学び,個人構成としての学び) Kurnaravadivelu

I

~

受 動 的 (2003) としての教師 としての教師 識人としての教 *括弧内の項目 は 本 表 の 枠 組 み に 位 置 づ け が難しいものである。 特 に,Diaz Maggioli (2012)に よ る 分 類 が 最 も 詳細に 教 師 の 学 び の 特 質 を捉 えていると考えられ, ここで はこの 分 類 を そ の 背 後 に あ る 概 念 を も と に 「 技 能 的 学 び 応 用 科 学 的 学 び 省 察 的 学 び 社 会 文化 的学 び 」 と 再命名 した。以 下,お も に DiazMaggioliの 説 明 に も と づ き , そ れ ぞ れ の 学 び に つ い て 簡 潔 に 説 明 す るO q J q / “ 司﹄ ム

(4)

ま ず 技 能 的 学 び 」 で は,子 ど も の ニー ズ や 背 景 , 学 習 状 況 に 関 係 な く , ど の よ う な 状 況 に も 適 応可能 と さ れ る 教 育 の手 順や 知 識 の 総 体 と し て の 「 教 授 法」の 学 習 が 強 調 さ れ る。こ こ で 教 師 教 育 者 は モ デ ル と し て の 教 授 法 を 見 習 い 教 師 に 伝 達 す る 役 割 を 担 い , 見 習 い 教 師 は 教 授 法 を 正 確 に 再 現 す る こ と が 求 め ら れ る。 次 に 応 用 科 学 的 学 び」で は,理 論 的 裏 づ け の な い 技 能 と し て の 教 授 法 の 限 界 を 補 う た め に , 見 習 い 教 師 は,教 育 実 践 に お い て 適 用 可 能 な,言 語や 言 語学 習 に 関 す る 調 査 研 究 の 成 果 に 裏 づ け ら れ た 理 論 に 習 熟 す る こ と が 求 め ら れ る 。 こ こ で 教 師 教 育 者 は 見 習 い 教 師 に 対 し,調 査 研 究 に 関 す る 文 献 情 報 を 選 択 ・提 供 す る 役 割lを担う。 「技能的学 びj と 「 応 用 科 学的学 びj は, 教 授 法 や 教育 理 論 と い っ た 既 存 の ル ー ル を 獲 得 ・適用する こ と が そ の 特 徴 で あ る こ と を 考 慮 す れ ば 受 動 的 な 学びと捉 え ら れ る。 こ れ に対 し て 「省察的学 びjで は , 見 習い 教 師 は , 教育 に 関 す る 理 論 と 実 践 の ギ ャ ッ プ を 埋 め る た め に 自 分 自 身 の 実 践 つ い て 省 察 す る 調 査 研 究 者 と な ること が 期 待 さ れ る。実 践 の 場 に お い て 調 査 研 究 者 と し て 自 ら 思 考 し 状 況 に 応 じ た 最 適 解 を 追 究 す る と い う 意 味 で は 積 極 的 な 学 び と 見 な すことができるO こ こ で は Schon(1983)が 提 唱 す る 「 省 察 的 実 践(reflective practice)Jや そ の 考 え を 中 核 に 据 え る 実 践 的 研 究 「 ア ク シ ョ ン・リサーチ(action research)Jが 学 び の 軸 と な る。こ こ で 教 師 教育 者 は 教 授 法 や 教 育 理 論 に関 す る 情 報 提 供 者 と い う よ り も 見 習 い 教 師 の 専 門 家 と し て の 思 考 す な わ ち 省 察 を 促 す フ ァ シ リ テ ー タ ー と し て の 役 割 を 担 う こ と に な る。 こ こ ま で で 3つ の 教 師 の学 び の あ り 方 を 説明 し て き た が , い ず れ も 前 者 ( 一 つ 前 の 学 び ) の 欠 点 を 補 う 志 向 性 を も っ と い う 点 で は 相 互 に 排 他 的 な 学 び と 見 な す こ と が で き る。こ れ ら の学 び に 対 し て 最 後 の 「 社 会 文化 的学 び 」 は 前 者 3つ の 学 び を 総 合 的 に 取 り 込 む 学 び で あ る。こ こ で 学 び は 実 践 共 同 体 (communities of practice:Lave and Wenger, (991)と し て の 学 校 組 織 や 教 師 集 団 が 行 う 教 育 実 践 へ の 「参 加」と 見 な さ れ る。よ り 具 体 的 に は , 実 践 共 同 体 と し て の 教 師 集 団 に お け る 新 参 者 ( 見 習 い 教 師 ) が , 教 師 集 団 が 行 う 教 育 実 践 に お い て 中 心 的 役 割 を 担 う 十 全 な 参 加 者 ( ベ テ ラ ン 教 師 ) と の 協 働 作 業 を 通 じ て , 周 辺 的 な 役 割 か ら よ り 中心 的な 役 割 を 担 っ て い く 過 程 が 学 び と 捉 え ら れる。そ の 過 程 で は , 専 門 職 と し て の 知 識 ( 技 能 的 学 び と 応 用 科 学 的 学 び の 所産), 個 人の 経 験 に 基 づ く 知 識 ( 省 察 的 学 び の 所 産 ) , そ し て 共 同 体 の 日 常 に お い て 共 有 さ れ る 知 識 が 総 動 員 さ れ , 教 育 実 践 へ の 参 加 を 通 じ て 教 師 個 々 人 の 教 育 実 践 に 関 す る 理 解 と と も に 教 師 集 団 の 教 育 実 践 に 関 す る 理 解 が 相 互 に 構 築・再 構 築 さ れ る。こ こ で 見 習 い 教 師 の 学 び は 個 人 的 な も の で は な く , 集 団 的 な 取 り 組 み と し て の 学 び と 見 な す こ と が で き る。ま た 教 師 教 育 者 は 学

(5)

校 組 織 の 先 輩 教 員 と し て 見 習 い 教 師 と 協 働 し て 教 育実践 を 追 究 す る 存 在 と な る。以 上 の よ う に 社 会 文 化 的 学 び」 はこ れ ま で 述 べ て き た す べ て の 学 び を , 個 人 と 集 団 と の 相 互 作 用 を 通 じ て 構 成 さ れ る 教 育実践 の な か に 総 合 的 に 実現するのである。 4.教 員 養 成 系 修 士 課 程 に お け る 教 師 教 育 の 方 向 性 に 関 す る 批 判 的 考 察 教 職 大 学 院 が 開 設 さ れ , よ り実践 志 向 の 教 師 教 育 が 叫 ば れ る 今 日 技 能 的 学 びjや 「応用科学 的 学 びJよ り も む し ろ 「 省 察的学 びJや 「 社 会 文 化 的 学 びJを 理 論 的 な 裏 づ け と し , 学 校 現 場 に お け る 授 業 や 教員組 織 の 教 育 的 営 み の 中 で 省 察 的 か っ 協 働 的 に 課 題 解 決 に 向 か う こ と が 教 師 教 育 に お け る 相 応 し い 学 び で あ る と 捉 え ら れ る 向 き が あ る。そ の よ う に 考 え た 場 合 , 修 士 課 程 に お け る学び は , 学 生 の 学 校 現 場 へ の 直 接 的 な 参 加 な し に は実現 し 得 な い で あ ろ う し,あ る 程 度 の 長期 期 間 に わ た る 教育 実 践 へ の 参 画 な し に は 不 可 能 で あ ろう。 確 か に 教 育 実 践 の 問 題 は 教 育 が 行 わ れ て い る 現 場 に 存 す る も の で あ る が , そ の 問 題 の 解 決 は , 学 校 現 場 以 外 の 環 境 で は 実 現 不 可 能 な の で あ ろ う か。ま た , 教 職 の専門 家 と し て の 教 師 の 成 長 は , 学校 に お け る 教 育 実 践 へ の 参 画 な く し て は 実 現 不 可 能 な の で あ ろ う か。 も ち ろ ん 「 省 察的学 び 」 や 「 社 会 文化 的学び」の 教 師 教 育 に お け る 意 義 ( 特 に 今 日 的 な 意 味 合 い ) に つ い て は ,

r

応 用 科 学 的学び」に 偏 っ た こ れ ま で の 教 師 教 育 の 限 界 を 見 直 す と い う 意 味 に お い て 理 解 で き る。が , 学 校 に 勤 務 し て 日々の学校業務 に 従 事 す る 教 員 と 同 じ よ う な 形 で , つ ま り 学 校業務 に お け る 役割と責任 を も っ て 教 育 実 践 に 参 画 す る こ と が 可 能 な の で あ ろ う か。他国の 教 員 と 比 較 し て , 日 本 の 教 員 の 多 忙 さ の 問 題 が 取 り 沙 汰 さ れ る 今 日 , 学 校 業 務 に 参 画 す れ ば そ の 多 忙 さ の 中 で 教 育 研 究 ど こ ろ で は な く な る で あ ろ う し , また, 役 割 や責任 の な い 「部 分 的 参 加」で あ れ ば,真 の 意 味 で の 現 場 教 員 と し て の 成 長 は 望 め な い の で は な い で あ ろ う か。 本 稿 で は , 学 校 現 場 か ら 距 離 を お く 教 員 養 成 系 修 士 課 程 で あ る か ら こ そ 可 能 な 学 び を 再 評 価 し た い。そ れ は , 教 育 現 場 か ら 離 れ て い る か ら こ そ , 実 践 上 の 問 題 を 冷 静 に 見 つ め る こと が で き る と 考 え ら れ る か ら で あ る 。 ま た,個 々 の 学 校 が も っ 学 校 文 化 の 外 で 思 考 す る か ら こ そ,学 校 内 の 現 実 に 関 わ る 問 題 を 日 常 の 視 点 や 角 度 と は 異 な る 視 点 や 角 度 か ら 捉 え 直 す こ と が で き る は ず である。 つま り , 教 育 の 専 門 家 と し て の 成 長 を 促 す 学 び の あ り 方 と し て , 学 校現 場 か ら 離れ た学 び の 利 点 を 積 極的 に 活 か す方 向 で,教 員 養 成 系 修 士 課 程 の 教 師 教 育 に お け る 学 び を 再 構 築 す べ き で は な い で あ ろ う か。 に - u q / “ 司 ﹄ ム

(6)

5.教 師 教 育 研 究 に 関 す る 最 近 の 動 向 上 教 師 の 認 知 研 究 教 員 養 成 ・教 師 教 育 に 携 わ る 者 と し て,そ の 職 務 に 従 事 す る 中 で 頻 繁 に耳 に す る 用 語 に 「 理 論 」 と 「 実 践Jが あ る。こ れ ら の 用 語 は 「 難 し い 理 論 よ り も む し ろ 明 日 か ら使え る 茎 堕 方 法 を 学 び た い」や 「 自 分 自 身 の 教 育 室 監 の 里 論 的 な 裏 づ け が 知 り た い」な ど と い っ た 教 員 養 成 系 修士課 程 に お い て 学 ぶ 学 生 の 発言 に う か が え る よ う に, 対置 的 に 使 用 さ れ る こ と が 多 い。そ れ で は, 「理論」と「実践 Jとの関 係 は ど の よ う に 捉 え る こ と が で き る の で あ ろ う か。 佐 藤(1998)は,理論と実 践 の 関 係 を 3つに分類している。lつ め はTheoryinto practiceで あ り , こ れ は 「 教 育実践 を 科 学 的 な 原 理 や 技 術 の 適 用 と し て 認 識 す る 立 場jの こ と を い う。こ の 立 場 は , 我 々 が よ く 「 理 論 を 実 践 す るj という こと ば で 表 現 す る こ と に 該 当 す る 。 2つ め は Theorythrough practiceであり, 教 育 実 践 の 典 型 化 を 通 し て 理 論 を 構 築 し て い く 立 場 の こ と で あ る 。 ベ テ ラ ン 教 師 や 優 れ た 教 師 の 教 育 実 践 に は 一 定 の 法 則 性 が あ る と 考 え , そ の 法 則 を抽 出 し て 理 論 化 す る と い う立場である。 以 上 の 2つの立 場 は 「 理 論 か ら 実 践 へJI実 践 か ら 理 論 へ 」 とい う 方 向 性 に は 違 い が あ る が,教 育 に 関 す る 理 論 は 教 育 実 践 者 の 外 側 に 外 在 し て い る と い う 意 味 で 同 じ 前 提 を 共 有 し て い る 。 そ れ に 対 し て,3つ め の Theoryin practice は 「教 育 実 践 を 創 造 す る 教 師 と 子 ど も の 活 動 に お い て内在 的 に 機 能 し て い る 理 論 を 研 究 対 象 と す る 立 場 」 で あ るO 教 師 の 教 育 実 践 は,教師 個 々 人の 授 業 や 指 導 法 ・教 材 ・子ど も 等 に 関 す る 見 方 ・考 え 方 の 表 れ で あ り , 同 時 に 教 育 制 度 や 勤 務 校 の 慣 行 や 規 範 に 規 定 さ れもする。 こ の よ う に 教 師 の 教 育 実 践 の 内側に 機 能 す る 「 実 践 の 中 の 理 論」を 研 究 対 象 と す る 立 場 で あ る 。 以上,佐藤(1998)を も と に 理 論 と 実 践 の関 係 に つ い て 整 理 し た が,近 年 の 教 師 教育 や 教 育 実 践 に お い て は 「 省 察 」 や 「ア ク シ ョ ン ・リサ ー チ 」 と い っ た 用 語 や 概 念 を も と に , 理 論 と 実 践 の , 特 に 第 3の関係、である 「実 践 の 中 の 理 論」に 焦 点 が あ て ら れ る 傾 向 が あ る。同 様に 英 語 教 育研究 に お い て も, 研究 の 焦 点 を 教 師 の 活 動 ・行 為 か ら 思 考 法 に 移 す べ き と の 考 え か ら , 研 究 の 焦 点 、 を 英 語 教師の 活 動 や 行 為 な ど目に 見 え る 部 分 か ら , 授 業 内 外 で の 教 師 の 見 方, 考 え 方 とい っ た 思 考 法 な ど 目 に は 見 え に く い 部 分 に焦 点 が 当 て ら れ る よ う に な っ て き た。 Itis critical that we shiftthe focus of discussions of teaching from behavior and activity to the thinkingand reasoning which organize and motivate these externalpractices. (Freeman & Richards, 1993, p.213)

(7)

ま た 実践 の中の理論」に 近似す る 用 語 と し て 「信 念 (belieη」を は じ め, さ ま ざ ま な 用 語 が 使用されている(例 belief(Johnson, 1994) images (Johnston, 1992) maxims (Richards, 1998), BAK (Woods, 1996), etc.)0 Richards (1998)で

は,教 師 の 信 念 (Teachers'belief system)に つ い て,先 行研究 に も と づ き,教 師 が 参 考 と す る も の で あ り , 時間 を か け て 徐 々 に つ く ら れ,教 師 の,言語 に 関す る 理 論,言 語教 育 の 特 質,教 師 の 役 割,効 果 的 な 指 導実践 , 教 師 と生徒 の関係 に 関 す る 理 論,と 説 明 さ れ て い る。

Teachers' belief systems are stable sources of reference, are built up gradually over time, and relate to such dimensions of teaching as the teachers' theory of language, the nature of language teaching, the role of the teacher, effective teaching practices, and teacher-student relations. (Richards, 1998, pp.5ト52) ま た Johnson(1994, p.439)は,信 念(belief)の 3つ の 基 本 的 前 提 (3 basic assumptions)に つ い て 述 べ て い る。 ① 教 師 の 知 覚 や判断 に 影 響 し , さ ら に 彼 ・彼 女 の 教 室 に お け る言動 を も 左 右 す る。 ② 教 師 に よ る 指 導 や学習 に 関 す る 新 し い 情 報 の 解 釈 や 授 業 実 践 へ の 応 用 の 仕 方 に 関 し て 決 定的な 役 割 を果た す。 ③ 指 導 実 践 や 専 門 職 教師養 成 プ ロ グ ラ ム を 改 善 す る に は 不可欠 で あ る。 「実 践 の 中 の 理 論」に 近 似 し た 概 念 ・用 語 は 使 用 者 に よ り そ の 強 調 点 が 異 な る よ う に も 恩 わ れ る が,そ れ は お お よ そ,

r

教室に お け る 教師の 意 思 決 定 や 発 話 ・行 動 , 児童 ・生徒 の学習 や 指 導 方 法 , 教 科書教 材 や 教 具 の 解 釈 や 使 用 に 影 響 を 及 ぼ す 教 師 の信念 ・信条,知 識 ・見 識,思 考様式」と い っ た 概 念 で あ り,こ れ ま で は 広 く teachercognition(教師認知 ) に 関 す る 研 究 に お い て 扱 わ れ て き た。こ の 研 究 領 域 に は,第二言 語 教師に 特 化 し た 研 究 の 実 績 が あ り(e.g. Woods, 1996; Borg, 2006, etc.),現 職 教 員 だ け で な く 教 員 養 成 段 階 に あ る学生 も研究 の 対 象 と さ れ る。教 職 経 験 の な い 学生も,自 ら の 学 習 経 験 に も と づ き 教 育 実 践 に 対 す る認知 を 構 成 し て い る(Borg,2009)。こ の 教 師 の認知 の 側 面 の 育 成 は,教 職 経 験 が あ る か な し、か に 関 係 な く ,ま た , 学 校 現 場 の 教 育 実 践 へ の 参 画 が あ る な し に か か わ ら ず 可 能 と 考 え ら れ,教 育 実 践 と 教 育 理 論 と を 結 び つ け る 教 員 養 成 系 修士課 程 に お け る学び の 中 心 に 位 置 づ け る こ と が で き る の で は な い で あ ろ う か。 ηj q / “ 司﹄ ム

(8)

6. 教 員 養 成 系 修 士 課 程 に お け る 学 生 の 学 び の 再 検 討 前章 で は,教 員 養 成 系 修士課 程 に お い て,英 語 教 師 の 認 知,す な わ ち 英 語 教 育 実 践 に 対 す る 見 方 ・考 え 方 に 焦 点 を あ て る こ と の 意 義 に つ い て 述 べ た。 こ こ で は 教 員 養 成 系 修士課 程 に お い て 新 卒大学 院生お よ び 現 職 大 学 院 生 の 英 語 教師 と し て の 認 知 を 育 成 し て い く 方向性 を 検 討 す る。なお,一般 に 「 新 卒J とは,学 校 を 卒 業 し た ば か り の 者 のことを指すが,ここでは, 学 部 卒 業 後 す ぐに大学院 へ 進 学 し た 学 生 だ け で は な く , 学 部卒 業 後 に 教 職以 外 の 職 業 歴 を 経 て 大 学 院 へ 進 学 し て き た 学 生 も 含 め て 「 新 卒 大 学 院 生j と呼ぶ。 6.1教 員 養 成 系 修 士 課 程 に お け る 学 び の 類 型 英 語 教 師 と し て の 認 知 つ ま り 見 方・考 え 方 の 育 成 の 方 向 性 を 検 討 す る 前 に , 教 員 養 成 系 修士課 程 に お け る 大 学 院 生 の 学 び の 特 徴 に つ い て 理 論 と実践 と の 観 点 から整理 し た い。そ こ で,こ こ で は そ の た め の2つ の 視 点 を 提 示 す る。 ま ず,大 学 院 生 の 「思 考 」 の 仕 方 が 実 践 的」か 「論 理 的」か,と い う 視 点 で あ る。両 思 考 を 対 比 的 に 扱 っ て い る が,実 践 的 な 思 考 は 非 論理 的 で あ る と 述 べ て い る の で は な い。む し ろ , 熟 練 教 師 の 教 育 実 践 の 場 に お け る 思 考 法 は, 初任 教 師 に 比 較 し 質的に豊かで深いことは想像に難くなし、。稲 垣 ・ 佐 藤 (1996, pp.IOO-114)は,熟 練 教 師 と 新 任 教 師 と を 対 象 に 授 業 ビ デ オ を 視 聴 さ せ, 視 聴 中 と 視 聴 後 の 発 話 記 録 や レ ポ ー トを 分 析 し , 熟 練 教 師 の 「実 践的思 考 様 式 」 を 抽 出 し た 研 究 ( 佐 藤他,199 J)の 概 要 を 報 告 し て い る。具 体 的 に は 創 造 的 な 熟 練 教 師 の 特 徴 と し て 即興 的 思 考J

r

状 況 的 思 考J

r

多 次 元的思 考」 「文脈化 さ れ た 思 考J

r

思 考 の再 情 成」 を 提 示 し て い る 。 こ こ で はこ れ ら 一 つ 一 つ の 特 徴 に つ い て 述 べ る こ と は し な い が,実 践 的 思 考 は,教室で 刻 々 と 生 起 ・変化す る 事 態 に , 柔 軟 な 姿 勢 と 多 角 的 な 視 野 を も っ て , 教室に あ る 状 況 に 身 を 投 げ 込 み,そこに あ る 文脈に 則 し て 事 態 を 理 解 す る 思 考 で あ る。その 思 考 は 固 定 的 で は な く 時 に は 事 態 を 理 解 す る た め に 思 考 を 編 み 直 す よ う に 柔 軟 性 と 弾 力 性 を 備 え た 思考 で あ る (c.f.行 為 の 中 の 省 察(Schon,1983)3)。一 方 の 論 理 的 思 考 は,問 題 解 決 の た め に,法 則 や 規 則 に 則 り 合 理 的 ・効 率 的 に 機 能 す る 思 考 で あ る。具 体 的 に は,演 緯・帰納法, 一般化・ 具 体 化,仮 説 検 証, 推 論 , 応 用 な ど と い っ た , 一般 に 研 究 の 方 法 と し て 求 め ら れ る 思 考 法 の こ と である。 次 に,教 員 が 授 業 を 実 践 す る た め に も っ て い る,あ る い は,も つ べ き 知 見 を 理 論 的 知 識」と 「 実 践 的 見 識」に 分 け る。こ こ で は 両 知 見 を 整 理 す る た

めに Freeman& Richards (1993)の 考 え を 援 用 す る。Freeman& Richardsは

(9)

(instruction)の 概 念 (conception)を 科 学 的 概 念 (Scientifically Based conceptions)j I理 論 ・価 値 的 概 念(Theory-and Values-Based conceptions)jI技

術 的 概 念(Art/Craftconceptions)jに 分 類 し て い る。ま ず 「 科 学 的 概 念 」 は 科 学 的 な 調 査 や実験 を 通 し て 得 ら れ た実証 的 根 拠 に支持された教授法概念、である。 ま た 理 論 ・価 値 的 概 念Jは,原 理 的 な 考 察 に 基 づ く 理 論 的 規 範 や 教 育 の 理 性 的 ・人 間 関 係 的 性 質 を 前 提 と す る 価 値 観 に 基 づ く 教 授 法 概 念 で あ る。こ れ ら に 対 し 技 術 的 概 念Jは,教師の 個 人 的 な 技 能 に も と づ く 教 授 法 概 念 、 で あ る。教 師 は 教 室 状 況 を 分 析 し,そ の 状 況 に 応 じ て 可 能 な 選 択 肢 を 認 識 し , そ の 中 か ら 最 も 効 果 的 な も の を 選 択 す る。そ こ に は 教 師 の 経 験 か ら 生 ま れ た 見 識や知恵、が機能し,そ れ は一般 化 不 可 能 で あ り,個 々 の 教 師 に よ り 異 な る と 想 定 さ れ る も の で あ る 4。以 上 を ふ ま え る と , 科学的 概 念 と 理 論・価 値 的 概 念 で捉え ら れ る 知 は 普 遍 的 ・一 般 的 で あ る の に 対 し , 技 術 的 概 念 で 捉 え ら れ る 知 は 状 況 的 ・個 別 的 で あ る と い う 点 で 区 別 す る こ と が で き る。こ こ で は 前 者 を 「理 論 的 知 識j, 後 者 を 「経 験 的 見 識」と 呼 ぶ。 以 上 の 2つ の 視 点 を 組 み合わ せ る と , 図 lの よ う な 4つ の 象 限 か ら 構 成 さ れ る 2次 元 図 が 浮 か び 上 が る。この2次 元 図 の 4つ の 象 限 は 教員養 成 系 修士 課 程 の 英 語 コ ー ス に お け る 大学院 生 の学び の 4類 型 と し て 解 釈 す ること が で きる。ま ず , 左上の 「① 科学的学び」は,英 語 教 育 に 関 す る 理 論 に も と づ き 論 理 的 に 思 考 す る学び を 表 す。次 に , 右上の 「② 批 判 的学び」は 英 語 教育に 関 す る 理 論 に つ い て , 現 場 状 況 を 踏 ま え て 思 考 す る学び を 表 す。右下の 「③ 省察的学び」は 自 身 の 現 場 経 験 に基づ く 見 識 に つ い て , 現 場 状 況 を 踏 ま え て 思 考 す る学び を 表 す。そ し て最後 の 「④ 回 顧 的 学 び」は 自 身 の現場 経 験 に も と づ く 教育実 践 に 関 す る 見 識 に つ い て 論 理的に 思 考 す る学び を 表 す。 理 論 的 知 識 実践的思考 ② 批 判 的 学 び ① 科 学 的 学 び 論理的思考 ③ 省 察 的 学 び 実践 的 見 識 大 学 院 生 の学び の4類 型

1

2

9

④ 回 顧 的 学 び 図 1

(10)

教 員 養 成 系 修 土 課 程 に お け る 学 び は 以 上 の よ う に 類 型 化 す る こ と が で き , 現 実 に は 大 学 院 生 は こ ら の う ち の す べ て , あ る い は一部 を 通 し て 英 語 教 育 と い う 現 象 に 対 す る 見 方 ・考 え 方 , す な わ ち 英 語 教 師 と し て の 認 知 を 構 成 ・再 構 成 し て い る と 考 え ら れ る。 6.2学 び の 類 型 と 教 師 教 育 前 節 の 学 び の 4類 型 に も と づ く な ら ば,こ れ ま で の 教 員 養 成 系 修士課 程 に お け る 学 び の 特 徴 は ど の よ う な も の で あ ろ う か 。 本 稿 の 官 頭 に お い て も 提 示 し た 報 告 書 に お け る 「 こ れ ま で と も す れ ば 個 別 分 野 の 学 問 的 知 識 ・能 力 が 過 度 に 重 視 さ れ る 一 方 , 学 校 現 場 で の 実 践 力 ・応 用 力 な ど 教 職 と し て の 高 度 の 専門 性 の 育 成 が お ろ そ か に な っ て お り ,'"Jとい う 文言からは, I科 学的 学 び」 へ の 偏 り と , そ の よ う な 教 師 教 育 に 対 す る 否 定 的 な 意 味 合 い を 読 み 取 る こ と が で き る。そ の 一 方 で , 近 年 で は 教 員 養 成 系 大 学 に お け る 「 省 察 的 学 び 」 を 実 現 す る た め の カ リ キ ュ ラ ム が 模 索 あ る い は 開 発 ・ 実 施 さ れ る 傾 向 に あ るO い ず れ に せ よ , 論 理 的 思 考 に 軸 を 置 く 学 び か , 実 践 的 思 考 に 軸 を 置 く 学 び か の 両 極 に 位 置 す る 学 び と 考 え ら れ る 。 教 員 養 成 系 修 士 課 程 に お け る 学 び が , 真 に 教 育 の 専 門 家 の 育 成 で あ る な ら ば , 教 育 事 象 を 理 解 ・分 析 ・創 造 す る た め に , 理 論 的 知 識 と 実 践 的 見 識 は と も に 必 須 の 知 見 で あ り , 実 践 的 思 考 と 同 時 に 論 理 的 思 考 を 相 補 的 に 働 か せ る こ と が で き る 思 考 力 が 求 め ら れ る。 し た が っ て, 理 論 的 知 識 と 論 理 的 思 考 に も と づ く 「 科 学 的 学 び」や , 実 践 的 見 識 と 実 践 的 思 考 に も と づ く 「 省 察 的 学 び」だ け が 強 調 さ れ る 教 師 教 育 は 不 十 分 で あ る と 言 わ ざ る を 得 な い 。 そ れ で は , 教 員 養 成 系 修 士 課 程 に お い て は ど の よ う な 学 び が 求 め ら れ る の で あ ろ う カ冶。 6.3 教員養 成 系 大 学 院 生 に求め ら れ る 学 び (1)新卒大 学 院 生 に 求 め ら れ る 学 び 教 師 と し て の 実 践 経 験 の な い 新 卒 大 学 院 生 は , 教 師 と し て の 経 験 的 知 見 や 実 践 的 思 考 法 を も ち え な い 。 た と え , 学 部 時 代 に 数 週 間 の 教 育 実 習 を 経 験 し て い た と し て も , 同 じ 現 場 で 子 ど も の 教 育 に 責 任 あ る 立 場 に 立 っ て 長 期 的 に 子 ど も と 関 わ る 教師 と は , そ の 学 校 現 場 へ の 関与 の 度 合いという意味では, 大 き な 差 が あ る と 言 わ ざ る を 得 な い ( も ち ろ ん,教 育 実 習 期 聞 が 数 週 間 で あ っ て も , 新 卒 大 学 院 生 の 教 育 観 に 与 え る 影 響 は 多 大 で あ り , 教 育 実 習 が 大 き な意義をもつことは疑い得なし、)。し た が っ て,教 職 の 即 戦 力 が 求 め ら れ る 今 日 , 新 卒 大 学 院 生 に 省 察 的 思 考 や 実 践 的 見 識 を 養 う べ く ,比 較 的 長 期 の 教 育

(11)

実 習 を 通 し て 教 育 実 践 の 経 験 を 与 え る 教師 教育 へ 向 か う と い う見 解 も 分 から な く は な い。し か し , 現 場 教 員 よ り も 実 践 的 裁 量 の 権 限 や 責 任 が 与 え ら れ て い な い 状 況 下 で は 教 師 と し て の 成 長 と い う 意 味 で は 限 界 が あ る の では な い で あ ろ う か。む し ろ , 来 た る 日 に そ な え , 教 育 に 関 す る 理 論 的 知 識 を 獲 得 し , 論 理 的 に 考 え る こ と が で き る 思 考 力 を 養 う べ き で あ る と 考 え る。すなわち, 新 卒 大 学 院 生 に 求 め ら れ る 学 び は 「 科 学 的 学 び 」 が 基 本 と 考 え る。そ れ で は 従 来 の 教 師 教 育 に お け る 学 び と 同 じ で は な い か と い う 批 判 も あ ろ う が , 学 生 の 教 師 と し て の 認 知 ( 見 方・考 え 方 ) を 育 て る た め の 「 科 学 的 学 び 」 で あ る こ と を 強 制 し た い 。 来 た る べ き 将 来 の 教 職実践 に 備 え た 論 理 的 思 考 を 養 う た め に も , 興 味 ・関 心の あ る 分 野 の 文 献 を 徹 底 的 に 読 ん で , 書 い て,議 論 す る こ と を 進 め た い。 英 語 教 育 の 理 論 や 専門用語 を 用 い て , 自 身 の 興 味 関心 に 応 じ て 研 究 課 題 を設 定 し , 論 理 的 に考 え ら れ る よ う に な る こ と が 必 要 で あ る。 (2)現 職 大 学 院 生 に 求 め ら れ る 学 び 現 職 大 学 院 生 の 起 点 と な る 学 び は 「 省 察 的 学 び」で あ る。大 学 院 に 就 学 以 前 に 複 数 年 間 学 校 現 場 に お い て 英 語 教 育 実 践 を 行 い , そ の な か で 実 践 的 思 考 を 通 し て 自 分 自 身 の 実 践 的 見 識 を 再 構 成 し つ づ け る 学 び を 体 験 し て き て い るO 実践 的思考 理論的知識 ① 科学的学_<. 論 理 的 思 考 ④ 回顧的学び 実践的見識 現職大学院生の学び 大 学 院 授 業 に お け る, 教 育 理 論に 関 す る 議 論 の 過 程 で時 に 現 職大 学 院 生 が 教 職 経 験 を も と に 培 わ れ た 実 践 的 思 考 の お も む く ま ま に 「 そ れ は 不 可 能 で す」 な ど と 教 育 理 論 に つ い て 批 判 的 な 意 見 を 述 べ る 場 面 が あ る こ と は 容 易 に 想 像 で き る。実 践 的 思 考 を 非 難 す る 訳 で は な い が, 大学 院 で は そ の 教 育 的 強 み で あ る 論 理 的 思 考 法 を 身 に つ け る こ と が 重 要 で あ る と 考 え る。特 に 論 理 的 思 考 を 通 し て , 自 分 自 身 が 培 っ た 実 践 的見識 を 相 対 化 す る こ と が 可 能 と な る。教 育 現 場 に お い て 絶 対 視 し て い た 自 分 自 身 の 思 考 や 見 識 を,教 育 現 場 に お け る 131 図2

(12)

状 況 や 文 脈 か ら 離 れ,客 観 的 に ふ り 返 る こ と で,自 分 自 身 の 問 題 は 何 か を 再 確 認 す る こ と が で き る の で は な い で あ ろ う か。こ れ が 「 回 顧 的 学 び」である。 そ し て , 再 認 識 し た 問 題 を も と に,英 語 教 育 に 関 す る 理 論 的 知 識 を 活 用 す る こ と で , 問 題 は 「 課 題」へ と 枠 づ け ら れ , 他 者 と 共 有 す る こ と が 可 能 と な る。 また,過 去 に 同 じ よ う な 問 題 ・課 題 に 対l時 し た 他 者 の 課 題 解 決 の 取 り 組 み を 自 分 の 課 題 解 決 の た め に 利 用 す る こ と も 可 能 で あ る。 その よ う な 取 り 組 み の 共 有 が 可 能 と な る の も,英 語 教 育 に 関 す る 理 論 や そ れ を 表 現 す る た め の 専門 用 語 と い っ た 理 論 的 知 識 が 媒 体 と な る か ら で あ る。こ こ に 現 職 大 学 院 生 に と っ て の 「 科 学 的 学 びj の 意 義 が あ る の で は な い だ ろ う か 。 そ し て , 最 終 的 に は, 科学 的 学 び を 通 し て 培 っ た 英 語 教 育 に 対 す る 見 方 ・考 え 方 , す な わ ち 理 論 的 知 識 を 用 い た 実 践 的 思 考 を 行 え る よ う に な る の で は な い か と 考 え ら れ る。 そ れ は 建 設 的 な 意 味 で の 「 批 判 的 学 び」である。 以 上 の よ う に 現 職 大学 院 生 の 学 び は 「省 察 的 学 び → 回 顧 的 学 び → 科 学 的 学 び → 批判的 学 び」と い う 順 番 で 特 徴 の 異 な る 学 び を 展 開 す る こ と で , 実 践 的 思 考 と 論 理 的 思 考,お よ び 実 践 的 見 識 と 理 論 的 知 識 が 往 還 し,英 語 教 育 に 関 す る 見 方 ・考 え 方 が 発 展 的 に 成 長 す る と 考 え ら れ る。 7.さ い ご に 本 稿 で は , 近 年 の 教 員 養 成 系 修 士 課 程 の 改 善 と い う 流 れ に 対 応 す べ く , 教 員 養 成 系 修 士 課 程 に お け る 英 語 科 教 員 の 養 成 と 再 教 育 の 方 向性 に つ い て 検 討 してきたO 特 に,教 職 経 験 を も た な い 新 卒 大 学 院 生 は 教 師 と し て の 認 知 ( 見 方 ・考 え 方 ) を 養 う こ と を目的と し た 「 科 学 的 学 び 」 を,また, 現 職大 学 院 生 は 「 省 察的学 び →回顧的学 び →科学的学 び →批 判 的学 び 」 と い う 順序 で 特 徴 の 異 な る 学 び を 展 開 す る こ と で , 英 語 教 育 実 践 に 関 す る 見 方 ・考 え 方 を 発 展 的 に 成 長 さ せ る ( 再 構 成 す る ) こ と が で き る の で は な い か と い う 方 向 性 を 提 示 し た 。 今 後 の 課 題 と し て は,そ の 具 体 的 な 方 向 性 を , 近 年 の 「 グ ロ ー パ ル化に 対 応 し た 英 語 教 育 改 革 実 施 計 画」に 対 応 し た 英 語 教 師 の 養 成 ・再教 育 の あ り 方 を も 含 め て 検 討 し て い く こ と で あ る。 注 1.本稿は四 国 英 語 教 育 学 会 第 18回香川│研究大会(平成 17年6月,香川大学) に お け る 自 由 研 究 会 発 表 ( 題 目 ・英 語 教 員 の 英 語 教 育 観 の 育 成 に つ い て ) の 内 容 に 加 筆 ・修 正 を加え た も の で あ る。 2. ~平成 26 年度文部科学省特別経費事業専修免許状の実質化を図った修土

(13)

課 程 実 践 型 カ リ キ ュ ラ ム の 開 発 資 料 集 j ] (鳴門教育大学 ・修 士 課 程 教 員 養 成 カ リ キ ュ ラ ム 研 究 開 発委 員 会 ) の 「 資 料 8教 師 教 育 と 教 師 の 学 び 第三 言語 教 育 分 野 を 中心に 一J (pp.221-227) の 記 載 に 基 づ く 内 容 で あ る。 3.

r

行 為 の 中 の 省 察 (reflectionin action) J と は シ ョ ー ン(2001: Schon, 1983) に よ り 提 唱 さ れ た 概 念 で あ り,実 践 の 中 で 状況 と 対 話 す る こ と で 問 題 を 暗 黙 裡 に 読 み 取 り ,問題 に 対 処 す る 思 考 の こ と を い う 。 英 語 教 師 も 同 様 に, 授 業 実 践 と い う 行 為 の 中 で 省 察 し,次 々 と 生 起 ・変 転 す る 状 況 ( 生 徒 の言 動 や 学 級 の 雰 囲 気 な ど ) と 対 話 し,そ の 状 況 を 意 味 づ け , 問 題 を 読 み 取 り , 自 ら の 授 業 実 践 行 為 に判断 を 加 え て い る と 考 え ら れ る (山森 (2014)を参考)。 4 山森(1999)を 参 考 に し て い る。 参 考 文 献 稲 垣 忠彦 ・佐藤 学 (1996).W授 業 研 究 入門』 東 京 ・ 岩 波 書庖 ヴ ィ ゴ ツ キ ー(著,) 柴 田 義 松(訳).(2001).W新 訳 版・思 考 と 言 語 』 東 京 新 読 書 社 ヴ ィ ゴ ツ キ ー(著,)柴 田 義 松(訳). (2005).W文化的ー歴 史 的 精神発 達 の 理 論 』 東 京 学 文 社 佐 藤 学 (1998).

r

教 師 の 実 践的 思 考 の 中 の 心 理学」 佐 伯 仲 ・宮崎 清孝 ・佐 藤 学 ・石 黒 広 昭 『心理 学 と 教 育 実 践 の間でj](pp.9-55)東 京 東 京 大 学 出 版 会 佐 藤 学・岩川直 樹 ・秋 田 喜 代 美 (1991).

r

教 師 の 実 践 的 思 考 様 式 に 関 す る 研 究 (1)一 熟 練 教 師 と初 任 教 師 の モ ニ タ リ ン グ の 比 較 を 中 心 にーJ

W

東 京 大 学 教 育 学 部 紀 要 』 第 30巻, pp.I77-198 ショーン, D. A. (著),佐藤学 ・秋 田 喜 代 美(訳).(2001).W専 門 家 の 知 恵 一 反 省 的 実 践 家 は 行 為 し な が ら 考 え る 』 東 京 ゆ み る 出 版 文 部科学 省.(2013). W大 学 院 段 階 の 教 員 養 成 の 改 革 と 充 実 等 に つ い て 』 Retreaved from http://www.mext.go.jp/b _ menu/sh i ngi/chousa/shotou/0931

houkoku/attach/1340445.htm (2015年 9月 16日)

文 部 科 学 省 .(2013).

r

グ ロ ー バ ル 化に 対 応 し た 英 語 教 育 改 革 実 施 計 画 」 Retreaved from http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/25112/一一icsFilesl afieldfile/20131l2/17/1342458_01_l.pdf (2015年 9月 16日)

山 森 直 人 (1999)

r

Communicative Languag巴Teaching再 考 国 際比較 の 枠 組 み

を 求 め て ーJ

W

広 島 大 学 教 育 学 部研究紀要j] (第 2部)第 47号,pp. 43-52 山 森 直 人 (2014)

r

英 語 教師の 資 質 と 能 力 」 深 津 清 治 編 著 『 教 師 教 育 講 座 第 16

巻 中等英語教育j] (東京 協 同出版)第7章 第 l節,pp.245-257. Borg, S. (2006). Teacher cognitionand language education: Research and practice

q J q J 司﹄ ム

(14)

London: Continuum

Borg, S. (2009). Language teacher cognition (Chapter 16). In Burns, A. & Richards, J.C.eds. The Cambridge guide tosecond language teachereducation.

(pp.163-171) New York: Cambridge UniversityPress

Diaz Maggioli, G. (2012).Teaching language teachers:Scaffoldingprofessional learning. United Kingdom: Rowman & LittlefieldEducation

Freeman, D. & Richards, J.C.(1993).Conceptions of Teaching and Education of

Second Language Teachers. TESOL Quarterly.27(2), 193-216

Johnson, K. E. (1994). The emerging beliefs and instructional practices of preserviceEnglish as a second language teachers.Teaching & Teacher

Education, 10(4), 439-452

Johnson, K. E. (2009).Second language teachereducation: A sociological

perspectlνe. New York and London: Routledge

Johnston, D. (1992). Images: A way of understanding the practical knowledge of

studentteachers.Teaching & Teacher Education. 8 (2), 123-136

Kumaravadivelu, B. (2003).Beyond methods: Macrostrategies for language teaching.N巴wHaven and London: Yal巴UniversityPress.

Lave, J. & Wenger, E. (1991). Situated learning: Legitimate peripheral

participation.N巴wYork: Cambridge UniversityPress

Richards, J.C.(1998). Beyond trai川 昭 Cambridge:Cambridge UniversityPr巳ss Richards, J.C.

&

Farrell, T. S.C.(2005). Professional development for language

teachers:Strategies for teacher learning.New York: Cambridge University

Press.

Schon, D. A. (1983). The Reflectiνe practitioner:How professionals thinkinaction

USA: Basic Books, Inc.

Wallace, M. J.(1991). Training foreign language teachers: A rejZective approach Cambridge: Cambridge UniversityPress.

Wenger, E., McDermott, R.& Snyder, W. M. (2002).Cultivating communities of practice.Boston, Massachusetts: Harvard Business School Press.

Woods, D. (1996).Teacher cognitionin language teaching:8eliefs, decision -making and classroom practice.Cambridge: Cambridge University Press. Zahorik, J.A. (1986).Acquiring Teaching Skills.Journal of Teacher Education

Updating...

参照

Updating...

関連した話題 :