51380N93.indd

44 

Loading....

Loading....

Loading....

Loading....

Loading....

全文

(1)

SDA

家 庭 用 自 動 車 保 険

契約のしおり

(2)

自賠責保険

自動車の保険について

自動車に関する保険は法律で加入が義務付けられている強制保険(自動車損害賠償責任保険。以下「自

賠責保険」といいます。)と任意にご加入いただく任意保険(自動車保険)の大きく2種類に分かれ

ています。

強制保険

法律で加入が義務付けられています。

任意保険

任意にご加入いただく保険です。 自賠責保険は、自動車事故の被害者救済が目的の保 険であり、補償される範囲は対人事故の賠償損害の みになります。 支払限度額は、被害にあわれた方1人につき、次の とおりとなります。  死亡による損害の場合は最高で   3,000 万円  後遺障害による損害の場合は最高で 4,000 万円  傷害による損害の場合は最高で     120 万円

自動車保険

自動車保険は、対人事故の賠償損害につき、自賠責 保険 だけでは足りない部分を上 乗せで補償します。 対物事故の賠 償損害、自動車を運転する人のケガ、 および自動車自体の損害等は、自賠責保険では補償 されず自動車保険で補償されます。 ※ なお、上記の各補償をお選びいただいた場合のみ適用とな ります。

家庭用自動車保険(SDA)

記名被保険者*1が個人であるノンフリート契約* 2 が対象です。 *1 記名被保険者とは、主に運転される方をいいます。 *2 ノンフリート契 約(者)とは、総付保台 数 9 台以下 の契約者の方をいいます。 ※記名被保険者が個人事業主である場合を含みます。

一般用自動車保険(GUP)

自動車の保険

相手方への賠償【人】

自賠責保険+自動車保険

相手方への賠償【物】

自動車保険

ご自身のおケガ、お車

自動車保険

(3)

目  次

契約のしおり

保険約款とは

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

4 頁

ご契約の概要

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

5 頁

対人賠償保険

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

8 頁

対物賠償保険

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

9 頁

人身傷害補償保険

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

10 頁

搭乗者傷害保険

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

12 頁

車両保険

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

14 頁

家族運転者年齢条件

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

16 頁

主な特約

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

18 頁

保険金をお支払いできない主な場合(抜粋)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

20 頁

ご契約時にご注意いただきたいこと

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

22 頁

ご契約後にご注意いただきたいこと

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

24 頁

等級別料率制度について

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

26 頁

その他の制度について

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

28 頁

お手続きについて

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

29 頁

保険金支払時期

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

31 頁

その他のお取扱い

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

32 頁

保険用語のご説明

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

33 頁

(4)

普通保険約款

対人賠償保険

人身傷害補償保険

搭乗者傷害保険

車両保険

特約

第 1 章 賠償条項

第 2 章 人身傷害補償条項

第 3 章 搭乗者傷害条項

第 4 章 車両条項

第5章 基本条項

保険約款とは

1. 普通保険約款

保険約款とはお客様と保険会社のそれぞれの権利・義務など保険契約の内容を詳しく定めたもので、

「普通保険約款」と「特約」から構成されています。

普通保険約款は、基本的な補償内容を定めた「第1章」から「第4章」の補償条項と、これらの補償

条項に共通に適用され保険契約の成立 ・ 終了 ・ 管理や事故時の対応等に関する権利 ・ 義務を定めた「第

5章」の基本条項より構成されています。

2.特約

特約は、普通保険約款の内容変更(条件の縮小または拡大)等をするもので、ご契約の内容により自

動的に付帯される特約とお客様のご希望により付帯することができる特約があります。

対物賠償保険

自動的に付帯される特約

ご希望により付帯する特約

※ 主な特約についての説明は、18 頁、19 頁をご参照ください。

(5)

ご契約の概要

対象となる自動車

●自家用(普通・小型・軽四輪)乗用車 ●自家用(小型・軽四輪)貨物車

●自家用普通貨物車(最大積載量 0.5t 以下)●自家用普通貨物車(最大積載量 0.5t 超 2t 以下)

●特種用途自動車(キャンピング車)●自家用二輪自動車 ●原動機付自転車

対象となる契約

記名被保険者が個人であるノンフリート契約が対象です。

※記名被保険者(主に運転される方)が個人事業主である場合を含みます。

対人賠償保険、対物賠償保険、人身傷害補償保険、搭乗者傷害保険および車両保険を自由に組み合わせて

ご契約できます。なお、人身傷害補償保険は対人賠償保険に付帯して、搭乗者傷害保険は対人賠償保険、

対物賠償保険および車両保険のいずれかに付帯してご契約いただきます。

相手方への賠償

対人賠償保険

自動車事故により他人を死傷させ、法

律上の損害賠償責任を負った場合に、

保険金をお支払いします。

※ 他の自動車に搭乗中や歩行中の自動車事故による補償の対象は、記名被保険者、その配偶者、そのいずれかの同居の親族・別居の未婚* の子です。詳しくは 10 頁、11 頁をご覧ください。 *未婚とは、これまでに婚姻歴がないことをいいます。

対物賠償保険

自動車事故により他人の財物に損害

を与え、法律上の損害賠償責任を負っ

た場合に、保険金をお支払いします。

おケガの補償

人身傷害補償保険

ご契約の自動車または他の自動車に搭乗中や歩

行中

に自動車事故により死傷された場合に、

過失割合に関係なく保険金をお支払いします。

搭乗者傷害保険

ご契約の自動車に搭乗中の方が自動車事故によ

り死傷された場合に、保険金をお支払いします。

車両保険

ご契約の自動車が損傷したり盗難等にあった場

合に、保険金をお支払いします。

お車の

補償

基本補償

(6)

ご契約の自動車の主な使用目的により、下記の3つの区分を設定しています。 業務使用     通勤・通学使用     日常・レジャー使用 主に運転される方の保険始期日における免許証の色により、「ゴールド」と「ブルー・グリーン」 の2つの区分を設定しています。 ゴールド免許      ブルー免許・グリーン免許

主に「3 つのリスクファクター」によって保険料を算出します。

3 つのリスクファクター

主に運転される方の年齢と、自動車を運転される「同居のご家族」*3のうち、最も若い方の年 齢を基に設定する家族運転者年齢条件の組合せで区分を設定しています。 なお、家族運転者年齢条件では、下記の 4 つの区分を設定しています。 30 歳以上補償    26 歳以上補償    21 歳以上補償    年齢を問わず補償 *1 「年齢」とは、保険始期日における満年齢をいいます。(契約日時点ではありません。) *2 家族運転者年齢条件とは、「同居のご家族」の運転者年齢条件を規定した「家族運転者の年齢条件特約」 により、適用される年齢条件をいいます。「同居のご家族」以外の方が運転される場合には、年齢によ る制限なく補償します。 *3 記名被保険者(主に運転される方)、その配偶者、そのいずれかの同居の親族をいいます。

1

主に運転される方の年齢

*1

、および家族運転者年齢条件

*2

2

主に運転される方の免許証の色

3

ご契約の自動車の主な使用目的

ご契約の概要

業務使用 自動車を定期的に、かつ、継続して業務(仕事)に使用される場合 通勤・通学使用 「 業務使用 」 に該当せず、自動車を定期的に、かつ、継続して通勤・通学(最寄の駅などへの送 迎を含みません。)に使用される場合 日常・レジャ−使用 「 業務使用 」、「 通勤 ・ 通学使用 」 のいずれにも該当しない場合 【自動車の主な使用目的】 ※「定期的に、かつ、継続して」とは、年間を通じ週5日以上または月15日以上の使用頻度をいいます。 なお、下記(1)および(2)の条件をいずれも満たす場合は、「ゴールド」とみなして取扱います。 (1) 保険始期日が運転免許証更新期間(誕生日の前後1ヶ月間)内にあること (2) 更新前後の運転免許証の色のいずれかが、ゴールド免許証であること

(7)

<参考>

保険始期日時点までゴールド免許証が有効であるにもかかわらず、早期に更新する例 ケース 1 保険始期日時点までにゴールド免許証を所持できるにもかかわらず、未更新である例 ケース 2 運転免許証更新連絡書 〈ハガキ〉発送 〈誕生日の 40 日前〉 免許証更新期間開始 (誕生日の 1 ヶ月前) 免許証更新期間終了 (誕生日の 1 ヶ月後)

ゴールド免許証

ゴールド免許証の有効期間

ブルー免許証

免許更新

この期間内に保険始期日があれば免許証更新日 にかかわらず、ゴールド免許とみなします。 運転免許証更新連絡書 〈ハガキ〉発送 〈誕生日の 40 日前〉 免許証更新期間開始 (誕生日の 1 ヶ月前) 免許証更新期間終了 (誕生日の 1 ヶ月後)

ゴールド免許証みなし期間

免許更新

始期日

この期間内に保険始期日があれば免許証更新日 にかかわらず、ゴールド免許とみなします。

ブルー免許証

ゴールド免許証

始期日

(8)

対人賠償保険

事故による相手方のケガや死亡の

賠償責任を補償します。

歩行者を死傷させた場合

他の自動車の搭乗者を死傷させた場合

自動車事故により歩行者や他の自動車の搭乗者等を死傷させて、法律上の損害賠償責任

を負った場合に、自賠責保険等で支払われる金額を超える部分に対して保険金をお支払い

します。

被害者 1 名あたりの損害賠償額を保険金額(ご契約金額)を限度としてお支

払いします。

複数の自動車を巻き込んでしまい、複数の被害者を出し

てしまっても、1 事故の支払限度額がないため、全ての被

害者に保険金額を限度に賠償金をお支払いします。

保険金をお支払いできない主な場合

保険契約者・被保険者等の故

意によって生じた損害

父母・配偶者・子に対する損害賠償

地震・噴火・津波に

よって生じた損害

台風・洪水・高潮に

よって生じた損害

(9)

対物賠償保険

事故による他人の財物への

賠償責任を補償します。

他の自動車に損害を与えた場合

他人の家屋等に損害を与えた場合

自動車事故により他の自動車や建物、電柱等、他人の財物に損害を与えて、法律上の損害

賠償責任を負った場合に、保険金をお支払いします。

1 事故あた

の損害賠償額を保険金額(ご契約金額)を限度としてお支払い

します。

ご契約時に免責金額(自己負担額)を設定されている場合は、賠償額から免

責金額を差し引いた金額をお支払いします。

示 談 交 渉 サービス

対人賠償保険、対物賠償保険には「示談交渉サービス」が付帯され

ていますので、原則として相手方との示談交渉は弊社が行ないます。

※ 相手方の過失割合が 100%でご自身に過失がない場合等は、示談交渉サービスは受け られません。

保険金をお支払いできない主な場合

保険契約者・被保険者等の故

意によって生じた損害

父母・配偶者・子に対する損害賠償

地震・噴火・津波に

よって生じた損害

台風・洪水・高潮に

よって生じた損害

(10)

人身傷害補償保険

自動車事故によりご契約の自動車に乗っていた方が死傷され

た場合等、過失割合に関係なく補償します。

自動車事故により死傷された場合

示談交渉を待たずに、弊社がお客様にまとめて保険金をお支払いします。

お客様の過失分も補償します。

[人身傷害補償保険がない場合]

[人身傷害補償保険付の場合]

[たとえば]

事故での過失割合→相手方 60:お客様 40

お客様のおケガによる損害額→ 5,000 万円

人身傷害補償保険金額→ 5,000 万円の場合

自動車事故によりご契約の自動車に乗っていた方が死傷された場合等、相手から補償され

ない自己過失分も含めて、過失割合に関係なく、弊社がご契約金額の範囲内で損害額

補償します。

※損害額の認定は、普通保険約款第 2 章人身傷害補償条項に定められた基準に従います。 お客様 エース保険 相手方

保険金を請求

示談前でも保険金を

お支払い

あとは

エース保険が請求

(11)

被保険者の故意または重大な

過失によって生じた損害

無免許運転または酒気帯び、

麻 薬 等により正常な 運 転 が

できないおそれがある状 態

でその本人に生じた損害

地 震・噴 火・津 波 に

よって生じた損害

ご契約の自動車または他の自動車の使用につ

いて、正当な権利を有する者の承諾を得ない

でその自動車に搭乗中に生じた損害

ご本人・ご家族

* 1

については、ご契約の自動車に搭乗中はもちろん、歩行中・

自転車搭乗中や他の自動車

* 2

に搭乗中の自動車事故も補償の対象となります。

* 1 ご家族とは、配偶者、ご本人または配偶者の同居の親族・別居の未婚の子をいいます。 * 2 他の自動車には、下記の自動車を含みません。   ・ 二輪自動車・原動機付自転車   ・ ご本人、ご家族が所有、または主に使用する自動車   なお、他の自動車のうち、事業用の自動車を運転中の事故等は補償されません。

ご契約の自動車に搭乗中の事故

他の自動車に搭乗中の事故

保険金をお支払いできない主な場合

この特約を付帯された場合は、補償の対象となる事故を「ご契約の自動車に搭乗中の事故」

「他の自

動車に搭乗中の事故」等に限定します。

■ 搭乗中のみ補償特約

歩行中(自転車搭乗中を含む)等

車外での自動車事故

バス・タクシー等に乗客として

搭乗中の事故

※ご本人・ご家族以外の方は、ご契約の自動車に搭乗中の事故の場合のみ、補償されます。 ※同居のご家族で 2 台以上ご契約の場合、補償範囲が重複することがありますので、2 台目以降のご契約にはこの特約の付帯をおすす めします。

(12)

搭乗者傷害保険

ご本人やご家族、友人、知人等、ご契約の自動車に乗っていた方が

事故によって死傷された場合に補償します。

自動車事故により死傷された場合

自動車事故によりご契約の自動車に乗っていた方が死傷された場合、医療保険金、死亡保

険金、後遺障害保険金等をご契約時に設定いただいた保険金額に応じてお支払いします。

お支払いする保険金

死亡保険金

事故日を含めて 180 日以内にお亡くなりになられた場合にお支払いします。

後遺障害保険金

事故日を含めて 180 日以内に弊社が定める後遺障害または重度の後遺障害を 負われた場合に障害の程度に合わせて「後遺障害保険金」をお支払いします。 ※重度の後遺障害で介護が必要となる場合は、状況に応じて重度後遺障害特別保険金・  重度後遺障害介護費用保険金を上乗せしてお支払いします。

医療保険金

自動車事故により傷害をこうむり、その直接の結果として生活機能または業務能力 の滅失または減少をきたし、かつ、医師の治療を要した場合は、平常の生活または 平常の業務に従事することができる程度に治った日までの治療日数 1 日につき、入 院の場合は「入院保険金日額」を、通院の場合は「通院保険金日額」をお支払いします。 ※医療保険金は事故発生の日からその日を含めて 180 日を経過した後の期間に対しては支払われません。

(13)

この特約を付帯された場合は、前頁

医療保険金に代え、入通院の日数に関係なく傷害の部位および

症状に応じて次の保険金を定額でお支払いします。なお、入通院日数が 4 日以内の場合、一律 1 万

円をお支払いします。

被保険者の故意または重大な

過失によって生じた傷害

無免許運転または酒気帯び、

麻薬等により正常な運転が

できないおそれがある状態

でその本人に生じた傷害

地震・噴火・津波に

よって生じた傷害

ご契約の自動車の使用について、正当な権利

を有する者の承諾を得ないでその自動車に搭

乗中に生じた傷害

保険金をお支払いできない主な場合

部位・症状別入通院給付金

手術給付金

部位・症状別入通院給付金が支払われる場合で、手術を受けた場合、5 万円をお支払いします。

救命救急医療給付金

部位・症状別入通院給付金が支払われる場合で、2 日以上ICU(集中治療室)等で救命救急医療を

受けた場合、20 万円をお支払いします。

症状 部位 骨折・ 脱臼 打撲・捻挫・挫傷 ・ 擦過傷および 腱 ・ 筋の損傷 熱傷 欠損・切断 挫創・挫滅 創・切創 腱・筋の 断裂 頭部 60 5 5 ― 15 ― 顔面部(眼・歯牙を除く) 30 5 5 15 10 ― 眼 ― ― ― ― ― ― 歯牙 ― ― ― 10 ― ― 頚部 60 5 5 ― 10 ― 胸部・腹部 30 5 10 ― 15 55 背部 ・ 腰部 ・ 臀部 60 5 10 ― 15 55 上肢(手指除く) 40 5 5 100 10 40 手指 15 5 5 20 5 30 下肢(足指除く) 50 5 5 100 10 40 足指 20 5 5 30 5 30 全身 ― 10 35 ― 35 ― 神経(脊髄を 除く)の損傷 または断裂 脊髄の損傷 または断裂 頭蓋内または眼球 の内出血・血腫(い ずれも皮下を除く) 臓器の破裂 ・ 損傷および 眼球の破裂 その他 90 ― 80 ― 5 20 ― ― ― 5 40 ― 25 60 5 ― ― ― ― 5 40 85 ― ― 5 ― ― ― 85 5 55 85 ― ― 5 40 ― ― ― 5 20 ― ― ― 5 40 ― ― ― 5 20 ― ― ― 5 ― ― ― ― 5 ※ 表の複数の項目に該当する場合、それぞれの項目により支払われるべき保険金のうち、最も高い方の金額をお支払いします。 (単位 : 万円)

入通院日数が 5 日以上の場合

傷害の部位・症状に応じて下表の金額をお支払いします。

部位・症状別払

[搭乗者傷害保険の医療保険金部位・症状別払特約]

(14)

車両保険

自動車が衝突、接触、火災、盗難、台風等により

損傷した場合に補償します。

ご契約は「一般車両保険」または「車対車

* 1

+限定A

*2

」等からお選び

いただけます。

ご契約時に車両保険の保険金額を弊社とお客様の間で協定する特約です。ご契約の自動車と同一の用

途車種、車名、型式、形状、仕様および初度登録年月の自動車の市場販売価格相当額をご契約の自動

車の価額として協定し、その価額(協定保険価額といいます。)を保険金額として定めます。付帯で

きる用途車種は次の自家用 8 車種です。

●自家用(普通・小型・軽四輪)乗用車 ●自家用(小型・軽四輪)貨物車

●自家用普通貨物車(最大積載量 0.5 t以下)●自家用普通貨物車(最大積載量 0.5t 超 2t 以下)

●特種用途自動車(キャンピング車)

■ 車両価額協定保険特約

[●=保険金をお支払いする場合 ×=保険金をお支払いできない場合] 事故例 一般 車両保険 車対車+ 限定A

他の自動車との衝突

(原動機付自転車を含む)

(注 1)

火災・盗難・いたずら・

落書・飛来物との衝突

(注2)

(注2)

台風・洪水・高潮

墜落・転覆

×

電柱・自転車等

自動車以外の物との

衝突・接触

×

あて逃げ

×

地震・噴火・津波

×

×

(注1)相手の自動車およびその運転者または所有者が確認された場合に限り保険金をお支払いします。 (注2)二輪自動車・原動機付自転車の場合は盗難による損害は補償されません。 * 1 車対車の正式名称は、車対車事故限定補償特約です。 * 2 限定 A の正式名称は、車両危険限定補償特約(A)です。

(15)

全損時のお支払い

保険 契 約者・被保険 者等

の故意または重大な過失

によって生じた損害

保 険 契 約 者・被 保 険 者 等

が 無 免 許 運 転または 酒 気

帯び、麻薬等により正常な

運 転 が で きな いおそ れが

ある状態で生じた損害

地 震・噴 火・津 波 に

よって生じた損害

保険金をお支払いできない主な場合

タイヤ(チューブを含みます)

の単独損害(パンクをしただ

け等)

※火 災や盗 難による損害を

除きます。

「全損」とは、事故によって下記の状態になった場合をいいます。

○自動車の損傷を修理できない場合(盗難、水没等)

○修理費が協定保険価額を超える場合

全損時には協定保険価額(保険金額)を損害保険金としてお支払いします。

※ 「車両価額協定保険特約」が付帯されていない場合、事故時の時価額が限度となります。

分損時のお支払い

「分損」とは、事故によって自動車が損害を受けたとき、その修理費が協定保険価額に達

しない場合をいいます。分損時には修理費に応じて損害額を決定し、その金額からご契約

時に定めた免責金額(自己負担額)を差し引いた額をお支払いします。

※ 「車両価額協定保険特約」が付帯されていない場合、上 記と異なります。 ※ 損害防止に必要であった費用等がある場合は、修 理費 と合わせてお支払いします。 ※ 修理に伴って残存物(スクラップ)がある場合は、その 価額を修理費から控除します。

(16)

自動車を運転される方 

 家族運転者年齢条件

同居のご家族

父     母     子

20 歳以下

21 ∼ 25 歳

26 ∼ 29 歳

30 歳以上

運転者の年齢を問わず補償

運転者年齢 21 歳以上補償

×

運転者年齢 26 歳以上補償

×

×

運転者年齢 30 歳以上補償

×

×

×

家族運転者年齢条件

家族運転者年齢条件は、「同居のご家族」

* 1

のうち、ご契約の

次のいずれかに決定します。

運転者の年齢を問わず補償

運転者年齢 21 歳以上補償

* 1 記名被保険者(主に運転される方)、その配偶者、またそのいずれかの同居の親族をいいます。 * 2 「年齢」とは、保険始期日における満年齢をいいます。(契約日時点ではありません。)

「同居のご家族」以外の方(別居の未婚の子を含みます)が運転される

[たとえば]

ゴルフの帰り道に年下の知人に運転を任せる場合や、帰省してきた未婚の子供が運転をする場合でも、

(家族運転者)年齢条件にかかわらず補償の対象となります。

(17)

別居の未婚の子

別居の未婚の子

友人・知人・使用人

知人         使用人

年齢に関係なく

年齢に関係なく

年齢に関係なく

年齢に関係なく

年齢に関係なく

年齢に関係なく

年齢に関係なく

年齢に関係なく

運転者年齢 26 歳以上補償

運転者年齢 30 歳以上補償

運転する方を記名被保険者、その配偶者、そのいずれかの同居の親族・別居の未婚の子に限定する

特約です。

※限定された運転者以外の方が運転中の事故は補償されません。

運転する方を記名被保険者およびその配偶者に限定する特約です。

※限定された運転者以外の方が運転中の事故は補償されません。

■ 運転者家族限定特約

■ 運転者本人・配偶者限定特約

[●=保険金をお支払いする場合 ×=保険金をお支払いできない場合]

お車を運転する最も若い方の年齢

* 2

により、

場合は、年齢による制限なく補償の対象となります。

(18)

自動車事故で死亡または後遺障害を負い、相手の自動車が保険を付けていない等の理由で十

分な補償を受けられない場合に、保険金をお支払いします。

※対人賠償責任保険にご加入されている場合に自動付帯されます。 ※ この特約は、人身傷害補償保険により保険金が支払われない場合、または人身傷害補償保険により支払 われる場合には、その金額がこの特約により支払われる金額及び自賠責保険等で支払われる金額の合計 額を下回る場合にのみ適用されます。

無保険車傷害補償特約

友人・知人の自動車等(借用車)を運転中に起こした対人・対物・自損・車両事故についても、

ご契約の自動車保険から優先して保険金をお支払いできます。

[対象となる方] 記名被保険者(主に運転される方)、その配偶者、そのいずれかの同居の親族・別居の未婚の子 ※ 自家用 8 車種とは、自家用(普通・小型・軽四輪)乗用車、自家用(小型・軽四輪)貨物車、自家用普通 貨物車(最大積載量 0.5t 以下・0.5t 超 2t 以下)、特種用途自動車(キャンピング車)をいいます。 ※ご契約の自動車の所有者および記名被保険者が個人である場合に限り適用されます。 ※借用車の車種は自家用 8 車種に限ります。 ※借用車の車両損害については、ご契約の車両保険の条件でお支払いできる事故の場合に限ります。

他車運転補償特約 

自家用 8 車種に自動付帯

弁護士費用補償特約

記名被保険者、その配偶者、そのいずれかの同居の家族・別居の未婚の子が、原動機付自転

車(総排気量 125cc 以下の二輪車を含みます。ただし、総排気量 50cc 超 125cc 以下の側車

付二輪を除きます。)を所有・使用・管理中に生じた賠償事故、または原動機付自転車に乗車

中に生じた自損傷害事故について、保険金をお支払いします。なお、借用された原動機付自

転車も本特約の対象となります。

※ 同居のご家族で 2 台以上ご契約の場合、1 台に付帯すればご家族全員が補償されますので補償範囲等を ご確認の上、意図しない重複契約にご注意ください。

ファミリーバイク特約

自動車事故や日常生活(日本国内)において生じた被害事故によって損害を受けた場合に、

弁護士報酬等の損害賠償請求費用および法律相談費用について、1 回の事故につき 500 万

円を限度にお支払いします。

[対象となる方] 記名被保険者、その配偶者、そのいずれかの同居の親族・別居の未婚の子 ※ 同居のご家族で 2 台以上ご契約の場合、それぞれの自動車に共通の被保険者には、保険金額が合算されます ので補償範囲等ご確認の上、意図しない重複契約にご注意ください。 ※司法書士・行政書士に要した費用も支払の対象となる場合があります。 ※法律相談費用については、1 回の事故につき 10 万円を限度とします。

主な特約

自動付帯

ご自身の運転ミスで、電柱に衝突したり家屋に飛び込んだりして運転者等が死傷し、自賠責

保険等で補償されない場合に、保険金をお支払いします。

※対人賠償責任保険にご加入されている場合に自動付帯されます。 ※ 人身傷害補償保険にご加入されている場合には、この特約は自動付帯されず、自損事故は人身傷害補償 保険で補償されます。

自損事故傷害補償特約

オプション

(19)

衝突・接触・火災・盗難等の偶然な事故により、車内やトランク内に収容またはキャリアに固

定されたスポーツ用品、カメラ等個人所有の身の回り品に損害が生じた場合に、保険金をお

支払いします。

※キャリアに固定された身の回り品の盗難については補償の対象外となります。

身の回り品補償特約

対物事故で相手の自動車の修理費が時価額を上回った場合に、対物賠償保険で補償されな

い修理費と時価額との差額について、50 万円を限度に過失割合に応じて保険金をお支払い

します。

対物超過修理費用補償特約

車両事故による修理等のために、自動車が使用できなくなった場合、レンタカー代等の実際

に負担した代車費用をお支払いします。

※支払対象日数は事故日から 30 日以内、かつ 1 日につき保険証券記載の支払い限度日額を限度とします。 ※ ご契約時に免責金額(自己負担額)を設定されている場合は、代車費用の額から免責金額を差し引いた 金額をお支払いします。

代車費用補償特約

車両事故により自動車が自力走行不能になった場合に、宿泊・帰宅等で生じた費用をお支

払いします。

事故付随費用補償特約

車両事故により自動車が全損になった場合に、車両保険金額の 10%(20 万円限度)を保

険金としてお支払いします。

全損時諸費用補償特約

車対車事故免責金額ゼロ特約

他の自動車との衝突事故で、相手の自動車およびその運転者または所有者が確認された場合に、免責金額(自

己負担額)5万円のところを免責金額ゼロとします。

地震 ・ 噴火 ・ 津波危険「車両損害」補償特約

通常の車両保険で補償されない地震 ・ 噴火 ・ 津波危険による損害でも保険金をお支払いします。

(20)

補償項目

主な免責事由

対人賠償保険

無免許運転・酒気帯び等による運転者本人の傷害

および車両損害

(注 1)

父母・配偶者・子に対する損害賠償

×

受託物に対する損害賠償

地震・噴火・津波による損害・傷害

×

台風・洪水・高潮による損害・傷害

×

ご契約の自動車

* 1

の使用について、正当な権利を有する者の承

諾を得ないでその自動車に搭乗中に生じた損害・傷害

自動車に存在する欠陥・摩滅・腐しょく・さび・その他の自然消耗

によって生じた損害

危険物

* 2

を業務

* 3

として積載、または危険物を業務として積載

した被けん引自動車をけん引することによって生じた損害・傷害

×

競技・曲技

* 4

もしくは試験のために使用すること、または、競技・

曲技もしくは試験を行うことを目的とする場所において使用する

*5

ことによって生じた損害・傷害

×

保険金をお支払いできない主な場合 (抜粋)

* 1  人身傷害補償保険の場合は、他の自動車を含みます。 * 2 危険物の詳細については、33 頁をご覧ください。 * 3 家事を除きます。 * 4 競技または曲技のための練習を含みます。 * 5 救急・消防・事故処理・補修・清掃等のために使用する場合を除きます。 (注1)  無免許運転・酒気帯び等により、他人を死傷させた場合や他人の財物に損害を与えた場合は、対人賠償保険・対物賠償保険 の補償の対象となります。 (注2) 本人以外の他の搭乗者の方については補償の対象となります。 (注3) 地震・噴火・津波危険「車両損害」補償特約が付帯されている場合は補償の対象となります。 ※以上は保険金をお支払いできない場合の概要を説明したものです。詳細につきましては普通保険約款および特約をご覧ください。 ※ご不明な点等がございましたら取扱代理店または弊社までお問い合わせください。

(21)

対物賠償保険

人身傷害補償保険

搭乗者傷害保険

車両保険

(注 1)

×

(注 2)

×

(注 2)

×

×

×

×

×

×

×

(注 3)

×

×

×

×

×

×

×

×

×

×

×

×

×

[●=保険金をお支払いする場合 ×=保険金をお支払いできない場合]

(22)

記名被保険者(主に運転される方)の生年月日 自動車の型式 ※ 自動車検査証等で必ずご確認ください。 車両所有者 運転免許証の色 ※ゴールド、ブルーまたはグリーン

ご契約時にご注意いただきたいこと

ご契約の締結に際し、弊社が重要な事項として告知を求めた事項

(告知事項)にご回答いただく義務

(告

知義務)があります。告知事項について事実と異なる場合には、ご契約が解除されたり、保険金のお

支払ができない場合がありますのでご注意ください。申込書に★が付された項目が告知事項です。ま

た◆は後述の通知事項ですが、同時に告知事項でもあります。

主な告知(通知)事項

(23)

前契約の事故の有無・件数等 他の保険契約の有無 ※共済契約を含みます。 使用目的 ※ 日常・レジャー使用、通勤・通学使用または業務使用 その他の告知事項 ※ 申込書に★が付されたものが告知いただく事項となり ます。

(24)

ご契約後にご注意いただきたいこと

ご契約時にご回答いただいた告知事項の中には、内容に変更があった場合、遅滞なく弊社にご通知いただく事項

(通知事項)があります。

ご契約者には、それらの事項の内容に変更があった場合、遅滞なくご通知いただく義務(通知義務)があります。

ご通知がない場合には、ご契約が解除されたり、保険金をお支払できない場合がありますのでご注意ください。

事故が発生した場合も取扱代理店または弊社にご通知ください。ご通知いただかないと、保険金を全額お支払 できない場合がありますのでご注意ください。なお、ご契約者のご住所を変更される場合も、取扱代理店また は弊社にご通知ください。ご通知いただかないと重要なお知らせができないことになります。

ご注意

あらかじめご通知ください

遅滞なくご通知ください

以下のようなご契約内容の変更にあたっては、あらかじめ取扱代理店または弊社までご通知ください。万が

一手続き前に事故が発生したときには、保険金のお支払ができない場合がありますのでご注意ください。

用途車種または登録番号※の変更 ※軽自動車の場合は車両番号 使用目的の変更 (例) 「日常・レジャー使用」にしていたが、 職場が変わり通勤に使用することとな り「通勤・通学使用」に変更する場合 左記以外の通知事項 ※ 保険証券に◆が付されたものがご 通知いただく事項となります。 年齢条件の変更 (例) ご契約の自動車を新たに娘さんが使用す るようになるため、「30 歳以上補償」か ら「年齢を問わず補償」に変更する場合 ご契約の自動車を譲渡すること、 または他の自動車と入替えること 車両の改造、高額な付属品※の装 着 または取りはずし等により、車両価 額が著しく増加または減少すること ※カーナビゲーションシステム等 その 他 保険 証券記 載事項に変 更が ある場合

(25)

自動車の入替をするための条件 下記の(1)・(2)の条件をともに満たしていることが条件となります。 (1)入替後の自動車の所有者が以下のいずれかの方に該当すること    ①入替前の自動車の所有者 ②入替前の記名被保険者(主に運転される方)   ③入替前の記名被保険者の配偶者 ④入替前の記名被保険者またはその配偶者の同居の親族 (2)ご契約の自動車の入替が同一の用途車種*で行われること *入替が可能な用途車種については、36 頁の別表にてご確認ください。

自動車の入替

 ご契約の自動車と同一範囲の用途車種の自動車を新たに取得した場合には、

直ちに取扱代理店または弊社にご通知願います。新たに取得した自動車で生じ

た事故を補償するには、次の①または②のいずれかの手続きが必要です。

 ①取得した自動車に新たな自動車保険をご契約いただく

 ② ご契約の自動車との車両入替手続きにより、ご契約を有効に存続させる

 この手続きをされるまでの間に、新たに取得した自動車で生じた事故は補償

できない場合がありますのでご注意ください。

被保険自動車入替時の自動補償特約

ご契約の自動車と同一範囲の用途車種の自動車を新たに取得し、廃車、譲渡またはリース業者へ返還されたご 契約の自動車と入替をする場合は、自動車を新たに取得した日の翌日から 30 日以内に入替手続きを行うこと により、取得した日から入替のお申出日までの期間は新たに取得した自動車をご契約の自動車と同様に補償し ます。  ※お申出日とは、自動車の入替について弊社が通知を受けた日をいいます。  ※自家用二輪自動車および原動機付自転車は、この特約が適用されません。 [たとえば]1月1日に新たに自動車を取得したが、1 月 19 日に事故が発生し、お申し出が1月20日となった場合 ご契約時の自動車

ご契約の自動車の入替手続きを忘れてしまった場合

自動車の譲渡

ご契約の期間の中途で、ご契約の自動車を譲渡された場合、この保険契約に適

用される普通保険約款、特約に関する権利および義務は譲受人には移りません。

 保険契約に適用される普通保険約款、特約に関する権利および義務を譲渡さ

れる場合は、直ちに取扱代理店または弊社にご通知のうえ、手続きをおとりく

ださい。手続きをおとりになるまでの間に生じた損害または傷害に対しては、

保険金をお支払いできませんのでご注意ください。

新たに取得した自動車 廃車、譲渡またはリース 業者への返還 ご契約時の条件で補償します。 ※ 車両損害については入替自動車の取得時 の価額を限度に保険金が支払われます。 変更後の条件で 補償します。 1月1日 1月20日 1月31日 入替自動車 の取得日 お申出日 自動補償有効 期間終了日 1月 19 日 事故 発生日

(26)

ノンフリート等級別割引・割増制度について

●初めてご契約される場合

初めて自動車保険をご契約される場合のノンフリート等級は 6 等級からスタートします。 なお、下記の条件をすべて満たすことにより、7 等級からスタートできる「複数所有新規」があります。 【複数所有新規の適用条件】 ●他のご契約の自動車(以下「他のご契約」といいます。)の等級が 11 等級以上であること ● 他のご契約および2台目以降の新契約の自動車の用途車種が、自家用(普通・小型・軽四輪)乗用車、自家用(小型・軽四輪)貨 物車、自家用普通貨物車(最大積載量 0.5 t以下・0.5 t超 2 t以下)または特種用途自動車(キャンピングカー)のいずれか であること ● 2台目以降の新契約の記名被保険者(主に運転される方)が個人であり、他のご契約の記名被保険者、その配偶者、またはそのい ずれかの同居の親族であること ● 2台目以降の新契約の所有者が個人であり、他のご契約の自動車の所有者と同一であること(他のご契約の自動車の所有者が、記 名被保険者、その配偶者、またはそのいずれかの同居の親族である場合を含みます。)

●継続してご契約される場合

(他の保険会社等から継続してご契約される場合を含みます。) 前契約が1年間無事故の場合、前契約の等級に「1」を加えた等級が継続契約の等級となります。 事故があった場合には、事故1件につき「3」を引いた等級が継続契約の等級となります。 なお、1等級ダウン事故に該当する場合、「1」を引き、ノーカウント事故に該当する場合、無事故として取り扱います。 1等級ダウン事故 ノーカウント事故 保険の種類(特約を含む) 原因 保険の種類(特約を含む) ●車両保険 ●全損時諸費用補償特約 ●身の回り品補償特約 ●自動車積載中の事業用  動産補償特約 火災・爆発 盗難 いたずら ※ ・落書・ 窓ガラスの破損 人身傷害 補償保険 搭乗者傷害保険 無保険車傷害 補償特約 飛来物、 落下物との衝突 台風・竜巻・ 洪水・高潮 騒じょう・労働争議に伴う 暴力行為または破壊行為 弁護士費用補償 特約 ファミリーバイク 特約 地震・噴火・津波危険 「車両損害」補償特約 ※「ボディーが蹴られてへこんだ」等を指します。

ノンフリート等級(1 等級∼ 20 等級)

ノンフリート等級別割引・割増制度とは、ご契約台数が9台以下の契約者(ノンフリート契約者)の皆様の自動車 保険契約において、自動車1台ごとの事故歴(事故の件数および内容)にもとづき、継続契約の「等級」および「事 故有係数適用期間」を決定し、それに応じた割引・割増を適用する制度です。

●初めてご契約される場合

初めて自動車保険をご契約される場合の事故有係数適用期間は 0 年からスタートします。

●継続してご契約される場合

(他の保険会社等から継続してご契約される場合を含みます。) 事故があったご契約については、翌年以降の一定期間が、事故有係数適用期間(1 年∼ 6 年)となります。事故有係数適用期間(1 年∼ 6 年)においては、事故がないご契約と比べて同一等級であっても低い割引率が適用されます。 事故有係数適用期間は、前契約の事故1件につき「3年」が加算されます。なお、事故が1等級ダウン事故に該当する場合は、事故 1件につき「1年」が加算されます。 前契約に事故有係数適用期間が1年以上ある場合は、1年経過する毎に「1年」減算します。※ ※ 保険期間1年未満の短期契約の場合、減算されません。

事故有係数適用期間(0 年∼ 6 年)

満期日または解約日の翌日から起算して 7 日以内を保険始期とする新たな保険を契約されない場合

●原則として、7 等級以上の等級を引き継ぐことはできませんのでご注意ください。

(27)

● 6 等級からスタートする場合

運転者の年齢条件 年齢を問わず補償 21 歳以上補償 26 歳以上補償 30 歳以上 補償(SDA) 割引・割増率 自家用(普通・小型・軽四輪)乗用車 自家用二輪自動車 28%割増 3%割増 9%割引 原動機付自転車 28%割増 3%割増 上記以外の用途車種 4%割増

● 7 等級からスタートする場合【複数所有新規】

運転者の年齢条件 年齢を問わず補償 21 歳以上補償 26 歳以上補償 30 歳以上 補償(SDA) 割引・割増率 自家用(普通・小型・軽四輪)乗用車 11%割増 11%割引 40%割引 上記以外の用途車種 39%割引

初めてのご契約に適用するノンフリート等級別割引・割増率表

[たとえば]前契約の等級が 13 等級の場合

無事故: 1等級上がり 14 等級になります。事故有係数適用期間 がある場合、1 年減算されます。 事故 1 件: 3 等級下がり、10 等級になります。      (1 等級ダウン事故の場合は 12 等級になります。)

継続でご契約される場合の等級

無事故係数(割引率) 事故有係数(割引率)

(28)

その他の制度について

中断制度

ご契約を一旦中断

*1

しても、一定の条件を満たす場合に「中断証明書」を発行しておけば、次回新

しくご契約される際に中断前のご契約の等級および事故有係数適用期間を継承できる制度です。

ただし、ご契約の中断日

* 2

から 13 ヶ月以内にお申出がない場合には、この制度を適用できません

のでご注意ください。

[「中断証明書」発行の主な条件 ] ●中断されるご契約の等級が7等級以上であること ●中断日時点でご契約の自動車が以下のいずれかの状態になっていること(例)  ① 廃車、譲渡、リース業者への返還 ② 車検切れ ●上記の状態を確認できる資料のご提出 「中断証明書」の発行や、新たなご契約へ「中断制度」を適用する際の詳細な条件につきましては、 取扱代理店または弊社までお問い合わせください。 海外赴任等によりご契約を中断される場合でも、「中断制度」が適用できる場合がありますので、 取扱代理店または弊社までお問い合わせください。 *1 中断とは、ご契約の解約または満期切れをいいます。 * 2 中断日とは、ご契約の解約日または満期日をいいます。 ※ 中断されるご契約の保険期間中に事故がある場合は、事故件数に応じた等級および事故有係数適用期間を継承します。

型式別料率クラス制度とは

型式別料率クラス制度は、自家用(普通 ・ 小型)乗用車の保険料について、ご契約の自動車の型式ご

との事故発生状況等に基づき決定された料率クラスを適用する制度です。料率クラスは、1∼9クラ

スの9段階で、補償の種類ごとに決定されます。

※料率クラスは、数値が大きいほど保険料が高くなります。 ※補償の種類とは、対人賠償保険、対物賠償保険、人身傷害補償 ・ 搭乗者傷害保険および車両保険をいいます。

型式別料率クラス制度

型式別料率クラスの見直し

成績対象期間の事故発生状況を反映し、より適正かつ公平な保険料負担とするために、毎年1回、1

月1日付けで型式別料率クラスの見直しを行います。

[ 具体的には ] ●事故の少ない型式:1ランク低いクラスへ変更 ●事故の多い型式 :1ランク高いクラスへ変更

従って、クラスが変更された型式の自動車の継続契約では、ご契約の事故の有無に係わらず保険料が

変更となります。クラスが変更になると補償の内容により異なりますが、保険料のアップまたはダウ

ンとなります。

中断制度とは

(29)

お手続きについて

ご契約の解約と返還保険料について

ご契約を解約される場合には、取扱代理店または弊社までお申し出ください。

所定の計算式によって算出した保険料を返還します。ただし、未払込保険料がある場合は、その額を

返還する保険料から差し引かせていただきます。この場合、保険料を請求させていただくこともござ

います。

※解約される場合は、書面でお申し出いただく必要があります。また、解約の効力はお申し出いただいた日以降に生じます。 解約返還保険料の計算方法(例:年払の場合) 解約返還 保険料 = 領収した保険料 ×

(

1 − 既経過期間に対応 する短期率(注)

)

※ 中途更改(保険契約を解約した日を保険始期日として新たに保険契約を締結する手続きをいいます。)に伴いご契約を解約する場合、 一定の条件を満たせば未経過期間に対して日割をもって計算した保険料を返還します。 ※ 既経過期間が 1 日未満の場合は、短期率を 0/12 とします。

保険期間が1年を超えるご契約の場合、ご契約のお申込み後であっても次のとおり、ご契約のお申込

みの撤回または解除(クーリングオフ)を行うことができる制度があります。

弊社ではクーリングオフの対象となる 1 年を超える保険期間の自動車保険を販売しておりません。

したがって、自動車保険においてはクーリングオフの取扱いをしておりません。

(注) 短期率表 既経過 期 間 1ヶ月 まで 2ヶ月 まで 3ヶ月 まで 4ヶ月 まで 5ヶ月 まで 6ヶ月 まで 7ヶ月 まで 8ヶ月 まで 9ヶ月 まで 10 ヶ月 まで 11 ヶ月 まで 12 ヶ月 まで 月割 1/12 2/12 3/12 4/12 5/12 6/12 7/12 8/12 9/12 10/12 11/12 12/12

クーリングオフ(申込みの撤回等)

(30)

事故の際の手続き

1.まず、ご連絡を

(1) 事故が発生した場合には、まず

被害者の救護措置

をとり、もよりの

警察署への届出

をするととも

に事故発生の日時、場所および事故の概要について、取扱代理店または弊社に直ちにご連絡く

ださい。なお、人身事故の場合には、警察署への届出にあたり、人身事故である旨正しく届出

をしていただくようお願いいたします。

(2)その後、遅滞なく書面により次の項目をお知らせください。

①事故の状況

②被害者の住所・氏名

③目撃者のある場合は、その住所・氏名

④損害賠償の請求を受けた場合は、その内容

上記のご通知がないと、保険金をお支払いできないことがありますのでくれぐれもご注意ください。

2.必ずご相談を

次の場合は弊社にご相談ください。

(1)事故にあった自動車を修理される場合

   修理に着手される前に必ず弊社の承認を得てください。なお、部分品(バンパー等)の損傷など

自動車が補修可能な場合は、原則として補修していただきます。弊社が承認をする前に修理に着

手された場合、または修理可能な場合に部品交換による修理をされたときには、保険金の一部

または全部が支払われないことがあります。

(2)被害者と示談される場合

   被害者から損害賠償の請求を受けた場合には、必ず弊社の承認を得てください。弊社が承認し

ないうちにご契約者(被保険者)ご自身で被害者と示談された場合には、保険金の一部または全

部が支払われないことがあります。

(3)損害賠償責任に関する訴訟を提起される場合、または提訴された場合

   必ず弊社にご通知のうえご相談ください。ご通知がないと保険金をお支払いできないことがあり

ます。

3.交通事故証明書を忘れずに

自動車事故による保険金の請求に当たっては、原則として自動車安全運転センターの発行する交通

事故証明書(人身事故の場合は必ず人身事故扱いの交通事故証明書)を提出していただくことにな

ります。

この交通事故証明書は事故発生時に警察署への届出がありませんと発行されませんので、事故が発

生した場合にはまず事故届けをすることが大切です。

(31)

保険金支払時期

保険金の支払時期

弊社は、請求完了日からその日を含めて 30 日以内に、弊社が保険金を支払うために必要な所定の事

項を確認のうえ保険金をお支払いします。ただし、以下の特別な確認が必要な場合、その日数を経過

するまでに保険金をお支払いします。

通常の確認 ①事故の原因、事故発生の状況、傷害発生の有無、被保険者に該当する事実 ②保険金をお支払いできない事由に該当する事実の有無 ③傷害の程度、事故と傷害の関係、治療の経過・内容 ④契約上の解除・無効・失効・取消の事由に該当する事実の有無 特別な確認 警察、検察、消防その他公の機関による捜査・調査結果に対する照会 180 日 医療機関、検査機関その他専門機関による診断・鑑定等の結果に対する照会 90 日 後遺障害の内容や程度を確認するための医療機関の診断結果、後遺障害の認定に係る専門機関による審査等の 結果に対する照会 120 日 災害救助法が適用された災害の被災地域における確認 60 日 上記事項について日本国内に代替的な手段がない場合の日本国外における調査 180 日 ●『特別な確認』が複数行われる場合、そのうちの最長の日数とします。 ● 確認にあたり、保険契約者、被保険者または保険金受取人が正当な理由なく、その確認を妨げるまたは応じな い、必要な協力を行わないことにより遅延した期間は、確認期間に含まれません。

ご注意

(32)

その他のお取扱い

弊社は、保険契約申込書等から得たお客様に関する情報(保険業の適切な業務運営を確保するために

必要な範囲で取得した医療情報等のセンシティブ情報を含みます。)の取扱いについて以下の通りと

させていただきます。

なお、詳細については、弊社ホームページ(http://www.ace-insurance.co.jp)をご覧ください。

お客様に関する情報の取扱いについて

1.主な利用目的について  (1)弊社または弊社のグループ会社が取扱う損害保険の案内、募集および販売  (2)上記(1)に付帯、関連するサービスまたは各種イベント等の案内、提供および管理  (3)損害保険契約の引受審査、引受、履行および管理  (4)適正な保険金・給付金の支払  (5)新たな商品・サービス開発、問い合わせ・依頼等への対応  (6)その他、お客様とのお取引を適切かつ円滑に履行するための業務 2.第三者への情報提供について  (1)法令に基づく場合  (2)弊社の業務遂行上必要な範囲内で、代理店を含む委託先に提供する場合  (3) 弊社のグループ会社、損害保険会社等および国土交通省との間で共同利用を行う場合

保険契約を引き受けている損害保険会社の経営が破綻した場合に備えた仕組みとして、「損害保険契

約者保護機構」がありますが、支払われる保険金や解約返れい金が下記割合に削減されることがあり

ます。

詳細については、弊社ホームページ(http://www.ace-insurance.co.jp)をご覧頂くか、弊社まで

お問い合わせください。

保険会社破綻時の取扱い

保険金支払

解約返れい金

破綻後3ヶ月間    補償割合 100%(全額支払)

破綻後3ヶ月経過後  補償割合 80%

補償割合 80%

(33)

保険用語のご説明

保険用語のご説明

用語 説明 あ 医学的他覚所見 理学的検査、神経学的検査、臨床検査、画像検査等により認められる異常所見をいいます。 か 既経過期間 保険期間の初日から、変更承認日、解約日、解除日または失効日までの期間をいいます。 危険物 道路運送車両の保安基準(昭和 26 年運輸省令第 67 号)第1条(用語の定義)に定める 高圧ガス、火薬類もしくは危険物、道路運送車両の保安基準の細目を定める告示(平成 14 年国土交通省告示第 619 号)第2号(定義)に定める可燃物、または毒物及び劇物取 締法(昭和 25 年法律第 303 号)第2条(定義)に定める毒物もしくは劇物をいいます。 基本条項 普通保険約款のうち、ご契約の手続きや保険料の払込方法等について定めた条項をいい ます。 記名被保険者 ご契約の自動車を主に運転される方で、保険証券の「賠償被保険者」欄に記載されてい る方をいいます。また、「賠償被保険者」欄に記載がない場合は、ご契約者本人を記名被 保険者と設定されたものとして取扱います。 急激かつ偶然な 外来の事故 突発的に発生する予知されない出来事であり、ケガ等の原因が身体の外部からの作用に よるものをいいます。例えば、交通事故による打撲 ・ 骨折、火災 ・ 爆発事故等が挙げられ ます。 競技、曲技または 試験の為に使用す ること、または競 技、曲技または試 験を行うことを目 的としてする場所 において使用する こと 競技とは、ロードレース(山岳ラリー、タイムラリー)やサーキットレース等をいい、これ らのレースに出場するための練習も含まれます。曲技とは、サーカス、スタントカー等を いい、これらのための練習も含まれます。試験とは自動車メーカー等が行う自動車の性能 テスト等をいいます。また、競技、曲技または試験を行うことを目的とする場所(サーキ ットコース、テストコース等)での走行会なども含まれます。 協定保険価額 契約者または被保険者と保険会社が、ご契約の自動車の価額として保険契約締結時に協 定した価額をいい、保険契約締結時におけるご契約の自動車と同一の用途、車種、車名、 型式、仕様および初年度登録年月または初度検査年月の自動車の市場販売価格相当額よ り定めます。 契約者(保険契約者) ご契約の当事者として、保険契約の締結や保険料のお支払など、保険契約上のいろいろな 権利 ・ 義務を持たれている方で、保険証券の「保険契約者」欄に記載されている方をいいます。 さ 失効 ご契約の全部または一部の効力を、将来にむかって失うことをいいます。 自動車取扱業者 自動車修理業、駐車場業、給油業、洗車業、自動車販売業、陸送業、運転代行業等自動 車を取扱うことを業としている者をいい、これらの者の使用人、およびこれらの者が法人 である場合はその理事、取締役または法人の業務を執行するその他の機関を含みます。 所有権留保条項付 売買契約 自動車販売店等が顧客に自動車を販売する際に、自動車販売店、金融業者等が、販売代 金の全額を領収するまでの間、販売された自動車の所有者を顧客に移さず、留保する事 を契約内容に含んだ自動車販売契約をいいます。

(34)

保険用語のご説明

用語 説明 さ 所有者(車両所有者) 自動車を所有されている方で、保険証券の「車両所有者」欄に記載されている方をいいます。 また、「車両所有者」欄に記載がない場合は、ご契約者本人を車両所有者として設定され たものと取扱います。なお、原則として車両所有者は自動車検査証等の所有者欄に記載 されている方となります。 親族 記名被保険者の6親等内の血族、配偶者および3親等内の姻族のことをいいます。 た 代位 権利を有する方に代わってその方の権利を取得することをいいます。保険契約においては、 保険会社が補償を受けられる方に保険金を支払った場合に、補償を受けられる方が保険 の目的について有する権利または補償を受けられる方あるいは契約者が第三者に対して 有する権利を保険会社が取得することをいいます。 同居 同一家屋に居住している状態をいい、同一生計や扶養関係の有無または住民票記載の有 無は問いません。また、同一家屋とは、建物の主要構造部のうち、外壁、柱、小屋組、はり、 屋根のいずれも独立して具備したものをいいます。だたし、台所等の生活用設備を有さな い「離れ」、「勉強部屋」等は同一家屋として取扱います。 【別居として取扱う例】 ・ マンション等の集合住宅で、各戸室の区分が明確な場合(賃貸・区分所有の別を問いま せん。) ・同一敷地内であるが、別家屋で居住している場合(生計の同一性を問いません。) ・単身赴任の場合 ・就学のために下宿している子 取扱代理店 取扱代理店は、保険会社との委託契約に基づき、保険契約の締結・保険料の領収・保険 料領収証の交付・契約の管理業務等の代理業務を行っています。従って、取扱代理店にお 申し込みいただき、有効に成立した契約は、保険会社と直接契約されたものとなります。 は 配偶者 法律上の婚姻の相手方をいい、原則として内縁*を含みます。 * 内縁とは、婚姻の届出をしていない為に、法律上の夫婦と認められないものの、婚姻 の意思を持ち、社会的に事実上の夫婦共同体として婚姻状態にある関係をいいます。 なお、婚約は内縁と異なりますので、婚約者は配偶者に含みません。 被保険者 賠償責任保険や人身傷害補償保険等の補償を受けられる方をいいます。 被保険自動車 ご契約の自動車のことをいいます。 付属品 自動車の付属品とは、自動車に定着(ボルト、ナット、ねじ等で固定されており、工具等 を使用しなければ容易に取りはずせない状態をいいます。)または装備(自動車の機能を 十分に発揮させるために備品として備え付けられている状態をいいます。)されている物(自 動車等に固定されているカーナビゲーションシステムおよび ETC 車載器を含みます。)を いいます。 【付属品として取扱う例】 ・自動車に定着されているステレオ等 ・自動車に装備されているスペアタイヤ(1本)、装備工具等 ・法令等により自動車に定着または装備されている消化器、座席ベルト等 ・オイル類のうち、潤滑油、バッテリ―の電解液等 【付属品として取扱わない例】 ※自動車に定着または装備されたものであっても車両保険の対象となりません。 ・ 燃料 / ガソリン、軽油、プロパンガス(LPG)等

Updating...

参照

Updating...

関連した話題 :