本資料について 本資料は LOT-440: IBM WebSphere Portal and Portal Products Fundamentals を前提とした 技術者向けの学習資料です 本資料をヒントに次ページ情報源の情報を学習いただき 試験に臨んでください 2

50 

Loading....

Loading....

Loading....

Loading....

Loading....

全文

(1)

1 IBM WebSphere Portal and Portal Products Fundamentals

ICS認定試験 事前学習資料

• IBM WebSphere Portal

IBM Web Content Manager IBM Web Experience Factory IBM Forms

(2)

2

本資料について

• 本資料は

「LOT-440:

IBM WebSphere Portal and Portal Products Fundamentals」 を前提とした、技術者向けの学習資料です。

• 本資料をヒントに次ページ情報源の情報を学習いただき、試験に臨んで ください。

(3)

3

WebSphere Portal and IBM Web Content Manager - Product documentation

http://www.ibm.com/developerworks/websphere/zones/portal/proddoc/index.html

WebSphere Application Server information center

http://pic.dhe.ibm.com/infocenter/wasinfo/v8r0/index.jsp

IBM WebSphere Portal V 8.0 Performance Tuning Guide

http://www-10.lotus.com/ldd/portalwiki.nsf/dx/IBM_WebSphere_Portal_V_8.0_Performance_Tuning_Guide

developerWorks(日本語)

http://www.ibm.com/developerworks/jp/lotus/

(4)

4

(5)

5

サーバーの構成

IBM WebSphere Portal 8.0 をスタンドアロン環境にインストールするの は、統合されてクラスター化されていない実動サーバーの作成と

(6)

6

サーバーの構成

企業が WebSphere Portal クラスタリングではなく IBM WebSphere Portal ファームの使用を検討するのは、負荷の変化に対応するために WebSphere Portal ハードウェア・リソースのスケジューリングにおいて 柔軟性を必要とするときです。

(7)

7

サーバーの構成

クラスタリング済みトポロジーの最初の層は Web サーバーです。Web サーバーのプラグインはサーバー間でのロード・バランシングのために必 要です。

(8)

8

サーバーの構成

Derby データベースから実動データベースにデータを転送している間、そ のコンテンツを複数のデータベース・ドメインに移動できます。データが これらの異なるドメインに分割される場合、IBM WebSphere Portal の静 的サイト構成を含むドメインはReleaseです。

(9)

9

サーバーの構成

管理者が IBM WebSphere Portal サーバーで ConfigEngine コマンドを実 行するのは、WebSphere Portal の構成パラメーターを変更するためです。

(10)

10

サーバーの構成

WSRP プロデューサーがオンラインのときとオフラインのときの両方で、 プロデューサー定義をセットアップするために使用できるのは、XML 構成 インターフェースです。

(11)

11

サーバーの構成

portlet.xml の定義ごとにポートレットが JVM にロードするインスタンス は1つです。

(12)

12

サーバー管理

新しいページを作成するために使用できるのは、管理対象ページ、XML 構 成インターフェース、ページの管理 ポートレットです。

(13)

13

サーバー管理

管理者が IBM WebSphere Portal サーバーで ConfigEngine コマンドを実 行するのはWebSphere Portal の構成パラメーターを変更するためです。

(14)

14

サーバー管理

AJAX プロキシー はGET、POST、PUT、DELETE、および HEAD という HTTP メソッドを構成できます。

(15)

15

サーバー管理

XML 構成インターフェースをコマンド行から実行する前提条件は、 WebSphere Portal が実行されている必要があります。

(16)

16

サーバー管理

XML 構成インターフェースで修正プログラムのインストールは、実行出来 ません。

(17)

17

サーバー管理

あるアドミニストレーターはページを作成し、匿名ユーザーでのアクセス を拒否しています。このページのフレンドリー URL

は .../wps/myportal/page1 です。J2EE 認証用の Remember me cookie は有効化されています。以前にログインしたときに「コンピュー ター上に記憶」を選択したユーザーには、.../wps/myportal/page1 要求 時に資格情報を求めるプロンプトが表示されないようにするために、この ページに関連付けることができるデフォルトの認証レベルは識別済みです。

(18)

18

テーマおよびスキン

カスタム・テーマの開発を開始する前に、開発環境でキャッシング・オプ ションをオフにすればテスト時間を短縮できます。

(19)

19

テーマおよびスキン

テーマ内の静的エレメントに対する要求を減らすために構成できるのはリ モート・キャッシュ・ポリシーです。

(20)

20

ユーザーとグループの管理

デフォルトでは、WebDAV ファイル・ストアを更新できるユーザーは、ア ドミニストレーターです。

(21)

21

ユーザーとグループの管理

アドミニストレーターがページ上のユーザー/グループに特権ユーザーの役 割を割り当てるとページ・レイアウトをカスタマイズして、子ページをカ スタマイズできるようになります。

(22)

22

ユーザーとグループの管理

Virtual Member Manager (VMM) は、LDAP サーバーのメンバーシップ 属性を活用するように構成されています。LDAP サーバーのメンバーシッ プ属性には、直接グループのみが含まれます。IBM WebSphere Portal リ ソースへのアクセスは、ネスト化されたグループ・メンバーシップに基づ いて割り当てられています。変更または検証する必要のある構成オプショ ンは、VMM メンバーシップ属性を、直接グループが対象となったままにし ておく。WebSphere Portal のネストされたグループを有効にします。

(23)

23

セキュリティ

IBM WebSphere Portal サーバーと OpenID 認証のアイデンティティー・ プロバイダーとの間の適切な通信機能を実現するために、IBM

WebSphere Integrated Solutions Console で行うべき手動の手順は、構 成済みアイデンティティー・プロバイダーに関する SSL 証明書を追加しま す。

(24)

24

セキュリティ

複数の IBM WebSphere Portal サーバー間のシングル・サインオンを構成 する際に、確認しなければならない前提条件はドメイン名、LTPA 鍵交換、 一致するレルムです。

(25)

25 セキュリティ シングル・サインオンは Java 認証・承認サービス (JAAS) の認証部分の みを使用します。WebSphere Portal は、ログオンしているユーザーごと に JAAS サブジェクトを作成します。サブジェクトは、プリンシパルと資 格情報(クリデンシャル)で構成されています。資格情報(クリデンシャ ル)とは資格情報(クリデンシャル)は、サブジェクトを認証するために 使用できる、パスワードや CORBA 資格情報などの 1 つのデータです。

(26)

26

セキュリティ

あるアドミニストレーターはページを作成し、匿名ユーザーでのアクセス を拒否しています。このページのフレンドリー URL

は .../wps/myportal/page1 です。J2EE 認証用の Remember me

cookie は有効化されています。以前にログインしたときにコンピューター 上に記憶を選択したユーザーには、.../wps/myportal/page1 要求時に資 格情報を求めるプロンプトが表示されないようにするために、このページ に関連付けることができるデフォルトの認証レベルは識別済みです。

(27)

27

セキュリティ

IBM Lotus Domino データベースは、それらが常駐する Lotus Domino Directory を使用して認証しなければなりません。IBM WebSphere Portal が Lotus Domino 以外の別の LDAP サーバーを使用してそのユーザーを認 証する場合、Lotus Domino と WebSphere Portal との SSO 操作を実現 する方法は、Lotus Domino ディレクトリー内のユーザー名とパスワード を、WebSphere Portal がユーザーの認証に使用する名前と同期します。

(28)

28

セキュリティ

IBM WebSphere Portal を複数のサーバー SSO で使用して IBM Lotus Domino Directory 上で動作させる場合、Lotus Domino サーバー名に下 線またはその他の特殊文字は、使用できません。

(29)

29

(30)

30

Web Contents Manager

Web コンテンツ・サービスに関する初期コンテキスト検索で使用される JNDI 名は「portal:service/wcm/WebContentService」です。

(31)

31

Web Contents Manager

ワークフロー・ステージでのみ定義できる IBM Web Content Manager のセキュリティー・レベルは承認者です。

(32)

32

Web Contents Manager

IBM Web Content Manager API へのデータ・アクセスを提供し、それに よって Web Content Manager コンテンツの CRUD 機能を有効にする IBM Web Experience Factory ビルダーはWeb Content Manager

(33)

33

Web Contents Manager

Web コンテンツ項目の状況として有効なものはドラフト、期限切れ、公開 済みです。

(34)

34

Web Contents Manager

IBM Web Content Manager ライブラリーを作成するために使用される ポートレットはWeb コンテンツ・ライブラリー管理ポートレットです。

(35)

35

Web Contents Manager

IBM Web Content Manager の高度なトレース設定の例となるオプション はIdentityControlTransformerです。

(36)

36

Web Contents Manager

IBM Web Content Manager で REST サービスを使用するために、WCM REST SERVICE 仮想リソースに最低でも適用しなければならない役割は ユーザーです。

(37)

37

Web Contents Manager

Web ページ固有のコンテンツをエレメント形式で保存するためにコンテン ツ項目を使用したいと考えています。コンテンツ項目を使用すると Web ページ固有のコンテンツをエレメント形式で保存できます。

(38)

38

Web Contents Manager

テーマにおける IBM Web Content Manager 呼び出しのパフォーマンス を向上させる時にWeb Content Manager に関するユーザー固有の情報を キャッシュするためにできることはWeb Content Manager ワークスペー スをセッションにキャッシュします。

(39)

39

(40)

40

Web Experience Factory

IBM Web Experience Factory を使用するとアプリケーション・コードは サーバー上で再生成できません。

(41)

41

Web Experience Factory

bowstreet プロパティーを変更する場合、override.propertiesファイルを 変更することが推奨されます。

(42)

42

Web Experience Factory

ユーザーがパラメーターを微調整して単一のアプリケーションの別のバー ジョンを作成できる IBM Web Experience Factory の機能はプロファイル です。

(43)

43

Web Experience Factory

(44)

44

Web Experience Factory

friendly.pathinfo.enabled プロパティーをenabledに設定することで影響 を受ける公開レンダリング・パラメータはPATH_INFOです。

(45)

45

(46)

46

Forms Server

Web ブラウザーのみでユーザーがフォームの開発、ワークフローの追加、 およびフォームへのアクセスを行える IBM Forms 環境はIBM Forms

(47)

47 Forms Server メインフレーム上のアプリケーションと対話する一連のフォームを開発し、 データベースからコンテンツを取り出そうとしたところ処理が失敗しまし た。トラブルシューティングをするために IBM Forms パイプに追加する 必要のある設定はdebugInfoです。

(48)

48

Forms Server

IBM Forms Experience Builder には、Forms Experience Builder で作成 したフォームを IBM WebSphere Portal 8.0 と簡単に統合できるポート レットが用意されています。このポートレットが動作するために

WebSphere Portal サーバーWebSphere Portal AJAX プロキシーを構成 します。

(49)

49

Forms Server

一部の文書を最長99年間保管するように法律で義務付けられていて、長期 保管のためにIBM FileNet を利用しています。そのために使用する IBM Forms の拡張機能はIBM Forms Server - P8 Integratorです。

(50)

50

Forms Server

IBM Forms サーバーのインストール・エラーのトラブルシューティングを 行うためのデータを含むファイルはFormsServerInstall-80.logです。

Updating...

参照

Updating...

関連した話題 :