• 検索結果がありません。

ヤ デ ザ ズ ヒ

N/A
N/A
Protected

Academic year: 2021

シェア "ヤ デ ザ ズ ヒ"

Copied!
20
0
0

読み込み中.... (全文を見る)

全文

(1)
(2)

 

イラスト・デザイン

  

(3)

4 5 プロローグ 神は無慈悲な淫都の王   湿 っ た 空 気 が 漂 う 岩 がんくつ 窟 内 で 、 乏 とぼ し い 燐 りんこう 光 が 揺 ら め き を 作 る 。   う っ す ら と し た 光 に よ っ て 地 面 に 伸 び る の は 怪 モンスター 物 の 影 だ っ た 。 火 炎 を 吐 き 出 す 黒 ヘルハウンド 犬 が 唸 うな り な が ら 鼻 を 鳴 ら し 、 白 い 毛 並 み の 一 アルミラージ 角 兎 の 群 れ は き ょ ろ き ょ ろ と 愛 ら し い 顔 を 振 っ て 、 時 折 そ の 長 い 耳 を ぴ く り と 動 か す 。 鋭 い 嗅 覚 と 聴 覚 が 探 し 出 そ う と し て い る の は 、 こ の 迷 宮 に 足 を 踏 み 入 れ て く る 、 酔 狂 か つ 命 いのち 知 し ら ず な 侵 入 者 達 の 気 配 だ 。   無 数 の 道 が 錯 さくそう 綜 す る 洞 窟 然 と し た 迷 路 内 を 、 獲 物 を 求 め る モ ン ス タ ー が 徘 はいかい 徊 し て い る 。   そ ん な 中 、 奥 ま っ た 通 路 の 先 か ら ─ ─ ガ ツ ッ 、 ガ ツ ッ 、 と 。   岩 を 抉 えぐ り 、 砕 く 音 が 響 い て い た 。 「 お い … … 本 当 に こ こ で 採 さいくつ 掘 で き る の か ? 」 「 あ っ 、 リ リ を 疑 う ん で す か ?   下 調 べ は し て き ま し た 、 上 級 冒 険 者 達 は 、 こ の 地 エ リ ア 帯 か ら 例 の 鉱 石 を 沢 たくさん 山 持 ち 帰 っ て い ま す っ 」   少 女 の 持 つ 携 行 用 の 魔 石 灯 の も と 、 青 年 が 小 マ ト ッ ク 型 鶴 嘴 で 岩 壁 を 突 い て は 、 削 り 出 し て い く 。   薄 暗 い 迷 宮 の 一 角 を 光 で 照 ら し な が ら 、 ヴ ェ ル フ と リ リ は ひ そ め た 話 し 声 を 交 わ す 。 「 ヴ ェ ル フ 殿 っ 、 リ リ 殿 っ … … ま だ で す か っ ? 」 「 モ 、 モ ン ス タ ー が 出 て き そ う で 、 ど き ど き す る … … 」   小 声 で 言 い 合 い を し て い る そ ん な 二 人 に 、 同 じ く 囁 ささや き 声 で 呼 び か け る の は 命 ミコト と ベ ル だ 。   屈 かが み な が ら 岩 壁 を 掘 り 起 こ し て い る ヴ ェ ル フ 達 の 傍 そば で 、 身 を 低 く す る ベ ル 達 は 警 戒 に 当 た っ て い た 。 無 論 、 モ ン ス タ ー 達 の 襲 撃 を だ 。   場 所 は 細 い 一 本 道 を 進 ん だ 袋 小 路 。 広 ル ー ム 間 の 広 さ に は 届 か な い 半 円 形 の 空 間 で 、 四 人 の パ ー テ ィ は 採 掘 作 業 を 行 っ て い る 。 一 つ し か な い 道 か ら モ ン ス タ ー が 押 し 寄 せ る 、 あ る い は 周 囲 の 壁 面 か ら モ ン ス タ ー が 産 ま れ 落 ち た な ら 、 も う 逃 げ 場 は な い 。 一 向 に 作 業 終 了 の 目 め ど 処 が つ か な い 状 況 に 、 見 張 り 役 の ヒ ュ ー マ ン の 少 年 と 少 女 は 冷 や 冷 や と し て い る 。   ヴ ェ ル フ と リ リ が 向 き 合 う 壁 一 面 は 散 さんざん 々 掘 り 起 こ し た 跡 が あ り 、 足 も と に は 岩 の 破 片 が 無 数 に 転 が っ て い た 。 未 いま だ 『 当 あ た り 』 を 見 つ け ら れ ず 不 毛 な 言 い 争 い を 続 け る 彼 等 を 何 と も 言 え な い 表 情 で 窺 うかが う ベ ル は 、 ヴ ェ ル フ の 足 も と に 置 か れ た 予 ス ペ ア 備 の 小 マ ト ッ ク 型 鶴 嘴 を 何 なん と な し に 拾 う 。   冒 険 者 の 武 装 と 同 じ 素 材 で で き た 、 少 々 お 高 い 金 属 製 の 採 掘 工 具 を 、 試 し に 二 度 三 度 と 壁 へ 打 ち 込 ん で み た 。   す る と 、 崩 れ た 壁 面 か ら 、 ぼ ろ ぼ ろ っ 、 と 。 「 あ 」 「「 「 あ 」」 」   音 を 立 て て 、 光 沢 を 帯 び た 滑 ら か な 鉱 石 が 、 地 面 に 転 が り 落 ち た 。 「 や 、 や り ま し た 、『 紅 ブラッド・オニキス 縞瑪瑙 』 で す ⁉」 「 で か し た 、 ベ ル ! 」 「 流 さ す が 石 で す ‼」

(4)

6 7 プロローグ 神は無慈悲な淫都の王   パ ー テ ィ 一 同 が 歓 喜 し 、 す か さ ず 発 見 し た 三 つ の 鉱 石 を 収 拾 、 ぱ っ ぱ っ と 荷 物 を ま と め そ の 場 か ら 撤 退 す る 。   袋 小 路 か ら 幅 広 の 正 規 ル ー ト ま で 移 動 し 、 ベ ル 達 は よ う や く 息 を つ い た 。 「 依 頼 通 り 、 二 つ 以 上 の 『 紅 ブラッド・オニキス 縞瑪瑙 』 を 入 手 … … こ れ で 冒 ク エ ス ト 険 者 依 頼 は 完 了 で す ね 」   歩 み な が ら 、 血 の 色 に も 似 た 紅 と 黒 の 縞 しまじょう 状 模 様 の 玉 ぎょくずい 髄 ─ ─ 『 紅 ブラッド・オニキス 縞 瑪 瑙 』 を 小 袋 か ら 取 り 出 し 、 美 し い 輝 き に う っ と り と し た 眼 ま な ざ 差 し を 向 け る リ リ 。 サ ポ ー タ ー で あ る 彼 女 を 守 る よ う に 隊 列 を 組 む 命 ミコト と ヴ ェ ル フ も 、 釣 ら れ て 笑 み を 交 わ し た 。 「 も う 一 つ の 冒 ク エ ス ト 険 者 依 頼 の 、『 ア ル ミ ラ ー ジ の 毛 皮 』 も 先 程 の 戦 闘 で 手 に 入 れ て い ま す し … … 」 「 あ あ 、 ど っ ち も 早 く 片 付 い た 。 … … パ ー テ ィ を 組 ん だ 時 か ら 思 っ て い た が 、 お 前 と い る と 怪 ドロップアイテム 物 の 宝 と い い 鉱 石 と い い 、 何 だ っ て ぽ ん ぽ ん と 出 て く る な 、 ベ ル ?   運 うん が い い の か ? 」 「 あ 、 あ は は は … … 」   男 アポロン 神 が 開 い た 『 神 の 宴 』 以 前 に エ イ ナ か ら 直 接 受 じゅたく 託 し て い た 二 つ の 冒 エ ス ト 険 者 依 頼 。 依 頼 期 限 が 差 し 迫 っ て い た そ れ ら を こ な す た め 、 ベ ル 達 は ダ ン ジ ョ ン 『 中 層 』 の 13階 層 に 赴 い て い た 。   ヴ ェ ル フ に 話 を 振 ら れ ベ ル は 空 笑 い す る 。 約 一 ヶ 月 前 、 昇 ランクアップ 格 時 に 発 現 し た 『 幸 アビリティ 運 』 の 効 果 ─ ─ ギ ル ド 本 部 で エ イ ナ が 口 に し て い た 仮 定 ─ ─ が 脳 裏 を 過 よ ぎ っ た 。   確 か に 昇 ランクアップ 格 前 よ り 『 ド ロ ッ プ ア イ テ ム 』 に お 目 に か か る 回 数 が 増 え た よ う な … … と 記 憶 を 掘 り 返 す ベ ル は 、 そ こ で ふ と 、 思 い 出 し た よ う に 呟 つぶや く 。 「 で も 、 良 か っ た の か な ?   冒 エ ス ト 険 者 依 頼 の 期 限 は あ っ た け ど … … 本 ホ ー ム 拠 の 引 っ 越 し の 仕 事 、 放 り 出 し て き て 」 「 い つ だ っ て 先 立 つ も の は 必 要 で す よ 、 ベ ル 様 ?   【 フ ァ ミ リ ア 】 が 大 き く な っ た と こ ろ で 、 そ れ は 変 わ り ま せ ん 」   依 然 と し て ご 機 嫌 で あ る リ リ の 声 に 続 き 、 ヴ ェ ル フ も 笑 み を 投 げ か け て く る 。 「 そ れ に お 前 も 『 戦 ウ ォ ー ゲ ー ム 争 遊 戯 』 が 終 わ っ て 、 今 の 能 ち か ら 力 を 早 く 試 し て み た か っ た だ ろ ? 」   大 刀 を 肩 に 担 ぐ 兄 貴 分 の 鋭 い 指 摘 に 、 ベ ル は 言 葉 に 詰 ま っ た 後 、「 う 、 う ん … … 」 と 恥 ず か し そ う に 頷 うなず い た 。 『 戦 ウ ォ ー ゲ ー ム 争 遊 戯 』 と い う 激 戦 を 乗 り 越 え 、 深 ま っ た 絆 きずな 、 手 に 入 れ た 力 、 そ し て 結 成 さ れ た 派 閥 。   今 日 が 新 生 【 ヘ ス テ ィ ア ・ フ ァ ミ リ ア 】 の 、 ダ ン ジ ョ ン 初 探 索 だ 。 「 ─ ─ み な さ ん 、 来 ま す 」   前 方 を 見 据 え た 命 ミコト の 声 が パ ー テ ィ の 間 に 響 く 。   言 う が 早 い か 身 構 え る 彼 女 に 遅 れ ず 、 そ れ ぞ れ の 武 器 を 構 え る ベ ル 達 。 通 路 の 暗 が り の 奥 に 浮 か び 上 が る の は 、 ギ ラ ギ ラ と 輝 く 無 数 の 眼 光 だ 。   迫 り く る 激 し い 足 音 に 、 ヴ ェ ル フ と ベ ル が 先 陣 を 切 っ た 。 「 正 面 は 任 せ た ぞ ! 」 「 う ん ! 」

(5)

8 9 プロローグ 神は無慈悲な淫都の王   隊 列 か ら 飛 び 出 し 、 十 に 上 る モ ン ス タ ー の 群 れ に 斬 り か か る 。   火 炎 放 射 を 行 う 黒 ヘルハウンド 犬 を い の 一 番 に 狙 ねら う 二 振 り の ナ イ フ と 大 刀 。 高 速 の 斬 閃 が 複 数 の モ ン ス タ ー を ま と め て 解 体 し 、 鉄 てっつい 鎚 の ご と き 大 斬 撃 が 一 ひときわ 際 大 柄 な 個 体 を 木 っ 端 微 塵 に す る 。 「 リ リ 殿 、 槍 を ! 」   戦 端 を 開 い た ベ ル 達 に 対 し 、 後 か ら 続 く 命 ミコト が 黒 髪 を な び か せ た 。   す か さ ず リ リ の バ ッ ク パ ッ ク か ら 取 り 出 さ れ た の は 、 先 に 刃 が 取 り 付 け ら れ た 短 剣 ほ ど の 金 ス テ ィ ッ ク 属 棒 だ っ た 。 サ ポ ー タ ー か ら 投 げ 渡 さ れ た そ れ を 勢 い よ く 真 横 に 振 る と 、 瞬 く 間 に 伸 しんちょう 長 し 、 二 M メドル を 超 す 長 柄 武 器 に 様 変 わ り す る 。   伸 縮 式 の 銀 シ ルバーランス 槍 。 武 タケミカヅチ 神 の 眷 けんぞく 族 で あ っ た 命 ミコト は 中 衛 用 の 武 装 を 難 な く 使 い こ な し 、 前 衛 の 二 人 を 援 護 し た 。 繰 り 出 さ れ る 突 き が 素 早 い 一 アルミラージ 角 兎 達 を 的 確 に 打 ち 抜 き 、 再 起 不 能 、 あ る い は 灰 の 塊 に 変 え て の け る 。   苦 し 紛 れ に ベ ル 達 へ 投 とうてき 擲 さ れ た 天 ネイチャーウェポン 然武器 の 石 トマホーク 斧 も 、 槍 の 薙 ぎ 払 い で ま と め て 吹 き 飛 ば す 。 「 う ~ ん 、 リ リ は す っ か り 要 ら な い 子 に な っ て し ま い ま し た ね ぇ 」   後 衛 の 位 置 で 待 機 し て い た リ リ は 、 一 分 も か け ず 敵 の 群 れ を 全 滅 さ せ た 仲 間 に 目 を 細 め る 。   一 人 突 とっしゅつ 出 し た 力 を 持 つ 攻 ス コ ア ラ ー 伐 特 化 の ベ ル 、 そ ん な 彼 と の 連 携 に 益 ますます 々 磨 き を か け る ヴ ェ ル フ 、 そ し て 前 衛 の 攻 サ ポ ー ト 守 支 援 を こ な す 中 衛 の 命 ミコト 。 彼 女 の 増 員 が ベ ル を 前 ア タ ッ カ ー 衛 攻 役 に 押 し 上 げ た こ と で パ ー テ ィ の 力 バランス 量 は 一 回 り も 二 回 り も 大 き く な っ て い る 。 上 級 冒 険 者 と 上 ハ イ ・ ス ミ ス 級 鍛 冶 師 で 編 成 さ れ た 前 衛 と 中 衛 は 非 常 に 強 力 で あ り 、 こ の 層 域 の モ ン ス タ ー に 後 れ を 取 る こ と は な い 。 「 13階 層 で は も う 敵 な し で す ! 」 と 自 分 の 出 る 幕 が な い こ と を む し ろ 喜 ぶ リ リ は 、 モ ン ス タ ー の 死 骸 に 近 付 き 、 鼻 歌 交 じ り に サ ポ ー タ ー の 本 ほんぎょう 業 で あ る 戦 利 品 の 収 拾 を 行 お う と す る 。   し か し 、 そ の 時 だ っ た 。   や か ま し い 野 太 い 大 声 と 、 モ ン ス タ ー の 雄 お た け 叫 び が 鳴 り 響 い て き た の は 。 「 こ れ っ て 、 悲 鳴 ? 」 「 こ ち ら に 近 付 い て き ま す … … ま 、 ま さ か 」   ド ド ド ド ド ド ド ド ッ 、 と 段 々 と 大 き く な る 音 と 振 動 に 、 ベ ル と 命 ミコト は 硬 直 す る 。   そ し て 、 間 も な く 。   彼 等 の 予 想 を 裏 切 ら ず 、 通 路 の 奥 か ら 冒 険 者 の 一 パーティ 団 と 大 量 の モ ン ス タ ー が 姿 を 現 し た 。 「 リ リ 達 の も と へ 真 ま っ 直 す ぐ や っ て 来 ま す … … ⁉」 「 ち ょ っ と 待 て っ 、 前 に も こ ん な こ と が な か っ た か ⁉」   死 に 物 狂 い で 走 っ て く る 冒 険 者 達 、 そ し て ベ ル 達 を 見 て 歓 喜 に 歪 ゆが む 血 走 っ た 瞳 ひとみ 。   何 か を 思 い 出 し た よ う な ヴ ェ ル フ の 悲 痛 な 叫 び に 対 し 「 ご め ん な さ い ご め ん な さ い … … ⁉」 と 命 ミコト が 必 死 に 謝 っ た 。 『 て め え 等 ら 、【 ヘ ス テ ィ ア ・ フ ァ ミ リ ア 】 だ な ⁉   喜 べ 、 俺 おれ 達 の 獲 物 を く れ て や る ぞ ぉ ぉ ‼』 「 ふ ざ け ろ ‼   要 い る か ⁉」

(6)

10 11 プロローグ 神は無慈悲な淫都の王 「 に 、 逃 げ よ う ⁉」   モ ン ス タ ー の な す り 付 け ─ ─ 『 怪 パ ス ・ パ レ ー ド 物 進 呈 』 に 、 ヴ ェ ル フ の 怒 声 と ベ ル の 悲 鳴 が 重 な る 。   三 十 を 軽 く 超 す 怪 モンスター 物 を 引 き 連 れ た 同 業 者 達 に 、 ベ ル 達 は 背 を 向 け て 、 逃 げ 出 し た 。 「 誰 だれ だ 、 こ の 階 層 で も う 敵 な し だ と か 言 っ た や つ ⁉」 「 時 と 場 合 に も よ り ま す ‼   あ あ も う っ 、『 魔 石 』 も 何 も 拾 っ て な い の に ぃ … … ! 」 「 リ リ 殿 っ 、 早 く 荷 バックパック 物 を こ ち ら に ⁉」 「 で 、 出 口 っ て ど っ ち ⁉」   大 刀 を 担 ぎ な が ら 悪 態 を つ く ヴ ェ ル フ 、 慌 あわ て て 大 型 の 荷 バックパック 物 を 背 負 う 命 ミコト 、 そ し て 嘆 く 非 リ リ 戦 闘 員 を 抱 え 猛 走 す る ベ ル 。   興 奮 し た モ ン ス タ ー の 大 群 と 冒 険 者 達 に 追 わ れ な が ら 。   新 生 【 ヘ ス テ ィ ア ・ フ ァ ミ リ ア 】 は 、 全 力 で ダ ン ジ ョ ン か ら 脱 出 す る の だ っ た 。                           夜 。   闇 やみ に 包 ま れ 、 弦 げんげつ 月 が 浮 か ぶ 空 の 下 、 無 数 の 魔 石 灯 の 光 が 迷 オ ラ リ オ 宮 都 市 に は 満 ち て い た 。   荘 厳 な 万 パ ン テ オ ン 神 殿 ─ ─ ギ ル ド 本 部 を 中 心 に し て 栄 え る 冒 険 者 通 り 、 鉄 と 鉄 が 弾 はじ け る 音 が 重 な り 合 う 工 業 区 、 大 シ ア タ ー 劇 場 や 賭 カ ジ ノ 博 場 を 中 心 に 万 雷 の 拍 手 と 歓 声 が 響 き 渡 る 繁 華 街 。 ダ ン ジ ョ ン の 恩 恵 を 受 け て 今 日 も 盛 る 都 市 か ら は 喧 けんそう 騒 が 絶 え る こ と は な い 。   繁 栄 を 象 徴 す る か の よ う に 賑 にぎ わ う 広 大 な 都 市 、 そ の と あ る 一 角 で は 。   並 ん だ 建 物 の 間 か ら 、 様 々 な 快 楽 が 混 ざ り 合 う 嬌 きょうせい 声 が 漏 も れ て い た 。   時 に 激 し く 、 時 に ひ そ や か に 交 わ さ れ る の は 、 享 きょうらく 楽 を 貪 むさぼ る 男 と 女 の 声 で あ る 。 揺 れ る 灯 り に よ っ て 窓 や 壁 に う っ す ら と 浮 か ぶ 二 つ の 影 絵 が 、 寝 台 の 上 で 絡 から み 合 っ て い た 。   あ ら ゆ る 情 欲 を 金 へ と 換 え る 、 無 数 の 娼 しょうかん 館 。   都 市 の ど の 場 所 と も 毛 色 が 異 な る 『 夜 の 街 』 は 、 ま る で 他 ほか の 通 り や 区 画 か ら 切 り 離 さ れ た か の よ う に 灯 り を 抑 え 、 妖 あや し げ な 雰 囲 気 を 漂 わ せ て い た 。 「 … … ク ソ ッ タ レ め 」   人 々 が 欲 望 に 耽 ふけ る 娼 館 街 。   そ の 中 で も 、 最 も 高 い 宮 殿 の 最 上 階 に 、 彼 女 は い た 。   金 銀 を 使 っ た 冠 サークル 、 耳 飾 り 、 首 飾 り 、 胸 飾 り 、 腕 輪 と 足 輪 。   衣 料 と 呼 べ る も の は 腰 帯 と 腰 布 、 そ し て 豊 満 な 乳 房 を 隠 す 僅 わず か な 帯 し か な い 。 瑞 みずみず 々 し い 肢 体 に く び れ た 腰 を 始 め 、 男 を 誘 惑 す る 褐 色 の 肌 を 惜 し み な く 晒 さら す 姿 は 、 国 を 滅 ぼ す と さ れ る 傾 国 の 美 女 ─ ─ そ れ を も 上 回 る 神 の 美 貌 を 誇 っ て い た 。 事 実 、 異 性 だ け で な く 万 ばんにん 人 を 虜 とりこ に す る そ の 体 か ら は 、 む せ 返 る よ う な 甘 い 香 り が 漂 っ て い る 。

(7)

12 13 プロローグ 神は無慈悲な淫都の王   四 し ほ う 方 全 すべ て が 開 け 放 た れ 、 涼 や か な 夜 風 が 流 れ る 薄 暗 い 部 屋 で 、 彼 女 は 都 市 中 央 の 方 角 を 見 上 げ て い た 。 あ た か も 仇 かたき を 見 据 え る か の よ う に 。   彼 女 が 今 い る 場 所 は 、『 夜 の 街 』 の ど こ よ り も 高 か っ た 。   し か し そ れ で も 、 彼 女 は 満 足 で き な か っ た 。   な ぜ な ら ば 、 そ ん な 自 分 を あ ざ 笑 う か の よ う に 、 都 市 の 中 心 に は 天 を 衝 つ く 白 亜 の 巨 塔 が そ び え て い た か ら だ 。   彼 女 は 巨 塔 の 最 上 階 を 睨 ね め 付 け る 。   そ こ に 今 も い る だ ろ う 、 己 おのれ と 同 じ 『 美 の 神 』 ─ ─ 銀 髪 の 女 神 を 憎 ん で 。 「 何 な ぜ 故 お 前 が そ こ に い る ?   ど う し て 私 で は な く 、 お 前 が 王 を 気 取 っ て い る ? 」   気 に 食 わ な い 、 気 に 食 わ な い 。   あ の 女 お ん な 神 は 一 番 高 い 場 所 か ら い つ も 自 分 を 見 み お 下 ろ し て い る 。   有 象 無 象 の 一 つ と し て 、 こ の 地 の 最 も 高 い 場 所 か ら 。   都 オラリオ 市 で 、 い や 世 界 で 最 も 美 し い と い う 讃 美 を 全 て 我 が も の に し て 、 こ の 自 分 を 見 み く だ 下 し て い る の だ 。   ふ ざ け る な 、 あ り え な い 。   下 こ ど も た ち 界 の 者 の 目 も 、 神 々 の 目 も 節 穴 か 。   こ の 自 分 を 差 し 置 い て 、 美 し い な ど と 、 絶 対 に あ り え な い こ と だ 。   呪 じ ゅ そ 詛 め い た 思 い を 抱 く 彼 女 ─ ─ 女 神 イ シ ュ タ ル の 美 貌 が 、 歪 ん だ 。 「 つ け 上 が る な よ 、 フ レ イ ヤ ァ … … 」   布 ふ は く 帛 を 全 開 に 上 げ た 大 窓 か ら 月 の 光 が 差 し 込 み 、 イ シ ュ タ ル の 横 顔 を 照 ら す 。   腹 立 た し い こ と に 、 相 手 は 女 神 と し て の 名 声 だ け で な く 、 派 ファミリア 閥 と し て の 力 も イ シ ュ タ ル よ り 上 だ っ た 。 後 者 に 関 し て は 追 随 を 許 さ ぬ ほ ど の も の だ 。   そ の 美 貌 と 、 都 市 最 強 派 閥 と い う 地 位 を も っ て 、 女 神 は オ ラ リ オ の 頂 点 に 君 臨 し て い る 。   摩 ベ ル 天 楼 施 設 を 睨 にら み 続 け て い た イ シ ュ タ ル は そ こ で 、 ク ッ 、 と 笑 み を 漏 ら す 。   見 る 者 を 『 魅 了 』 す る 美 神 の 一 笑 で あ り 、 同 時 に 黒 い 感 情 を 帯 び た 、 女 おんな の 笑 み だ っ た 。   も う す ぐ だ 、 と 。   も う す ぐ そ こ か ら 引 き ず り 下 ろ し て や る 、 と 。   イ シ ュ タ ル は 、 禍 まがまが 々 し く 唇 を 吊 り 上 げ た 。 「 今 に 見 て い ろ 」   最 後 に そ う 呟 き 、 彼 女 は 腰 か け て い た 長 ソ フ ァ ー 椅 子 か ら 立 ち 上 が る 。   果 物 籠 かご の 隣 に 置 か れ た 煙 キ セ ル 管 を 手 に 取 っ て 最 上 階 の 部 屋 を 出 た 。 入 り 口 の 前 で 控 え て い た 美 青 年 の 従 者 が 流 れ る よ う な 所 作 で 後 に 続 き 、 彼 と と も に 宮 殿 の 中 を 下 り て い く 。   そ の 深 い 色 合 い か ら 紫 に も 見 え る 編 み 込 ん だ 黒 髪 を 揺 ら し 、 煙 キ セ ル 管 を く わ え た 唇 か ら 煙 を 吐 き な が ら 、 イ シ ュ タ ル は 長 い 階 段 を 経 て 大 広 間 の 上 階 部 分 に 出 る 。

(8)

14 15 プロローグ 神は無慈悲な淫都の王   階 下 に い る 大 勢 の 団 員 ─ ─ 娼 しょうふ 婦 達 に 向 か っ て 、 手 す り の 位 置 か ら 声 を 張 っ た 。 「 さ ぁ お 前 達 、 客 を も て な せ !   今 夜 も ま た 、 愛 あい を 好 き な だ け 貪 むさぼ る が い い ‼」   愛 ら し い 少 女 か ら 肉 惑 的 な 女 性 ま で 、 悍 アマ ゾ ネス 婦 を 中 心 と し た 団 員 か ら 盛 ん な 叫 声 が 上 が る 。 妖 ようえん 艶 か つ 情 欲 を そ そ る 娼 婦 達 を 眼 下 に 、 イ シ ュ タ ル は 笑 み を 浮 か べ た 。   女 神 の 号 令 の も と 娼 婦 達 は 一 斉 に 動 き 出 し た 。 そ の 色 香 を も っ て 男 を 招 き 、 誘 い 出 し 、 目 に か な う 雄 おす を 好 き な だ け あ さ る 。 男 達 は 己 が 獲 物 で あ る こ と に 気 付 け な い 。 快 楽 に 酔 い し れ る ま ま 多 く の 金 貨 、 多 く の 情 報 、 多 く の 代 償 、 そ し て 愛 さ え も 支 払 い 、 彼 女 達 に 貪 り 食 わ れ て い く 。   退 廃 と 淫 いんとう 蕩 を 象 徴 し た 古 いにしえ の 都 みやこ の よ う に 、 至 る 場 所 で 享 楽 の 宴 うたげ が 開 か れ た 。 「 ア イ シ ャ 、 早 く い こ う ぜ ー ?   め ぼ し い 男 やつ 、 み ん な 取 ら れ ち ま う よ 」 「 あ あ 、 今 い く よ 」   同 族 に 声 を 返 す ア マ ゾ ネ ス の 女 は 、 そ の 長 い 脚 を 月 の 光 に 濡 ぬ ら し な が ら 、 路 上 か ら あ る 場 所 を 振 り 返 っ た 。   オ ラ リ オ で は 珍 し い 異 国 情 緒 に 溢 あふ れ た 遊 ゆうかく 郭 。   島 国 の 造 り に 倣 なら っ た 赤 い 柱 と 赤 い 壁 の 妓 ぎ ろ う 楼 の 数 々 は 華 々 し く 、 見 る 者 を 引 き 付 け る 。 ア マ ゾ ネ ス の 女 は 灯 り に 照 ら し 出 さ れ た 豪 奢 な 屋 敷 の 一 つ を し ば ら く 見 つ め た 後 、 惻 そくいん 隠 の 情 を 伏 せ る が ご と く 瞳 を 細 め 、 長 い 黒 髪 と と も に 体 を 翻 ひるがえ し た 。   仲 間 の も と へ 向 か う 彼 女 が 見 つ め て い た 先 、 遊 郭 の 中 で は 、 張 は り み せ 見 世 が 並 ん で い た 。   通 り に 面 し た 格 こ う し 子 付 き の 大 部 屋 に 多 く の 娼 婦 が 集 ま り 、 道 を 行 ゆ く 者 達 に 声 を か け 、 あ る い は 艶 あで や か に 微 ほ ほ え 笑 み 、 手 招 い て い る 。 「 … … 」   し な を 作 る 娼 婦 達 の 中 で 、 一 人 、 部 屋 の 隅 で 粛 しゅくぜん 然 と 座 ざ す 少 女 が い た 。   周 囲 の 女 と は 異 な り 、 膝 ひざ を 揃 そろ え て 折 り た た み 、 唇 を 開 か ず 、 た だ そ の 可 憐 な 容 姿 と 雰 囲 気 だ け で 客 の 視 線 を 引 き 寄 せ る 。 着 物 、 と 俗 ぞく に 言 わ れ る 島 国 の 民 族 衣 装 ─ ─ 鮮 や か な 紅 の 打 うちかけ 掛 が 、 細 身 の 体 に よ く 映 え て い た 。   金 の 長 髪 に 翠 みどり の 瞳 、 そ し て 髪 の 色 と 同 じ 毛 並 み の 尾 お 。   長 い 獣 の 耳 を 持 つ 、 美 し い 少 女 だ っ た 。   首 に 黒 輪 を は め る 彼 女 は 張 は り み せ 見 世 ─ ─ 己 を 閉 じ 込 め る 座 ざ し き ろ う 敷 牢 の 奥 か ら 。   闇 夜 に 浮 か ぶ 上 弦 の 月 を 見 上 げ 、 静 か に 呟 い た 。 「 あ と 、 七 日 … … 」

(9)
(10)

18 19 一章 順風満帆 ?   都 市 は ざ わ め い て い た 。 「 … … 一 ヶ 月 ? 」 「 本 当 か よ … … 」   冒 険 者 達 は 、 ギ ル ド 本 ほ ん ぶ 部 巨 大 掲 示 板 に 貼 は り 出 さ れ た 、 と あ る 羊 し ら せ 皮 紙 を 唖 あ ぜ ん 然 と 見 上 げ る 。 「 あ の 野 郎 ッ … … ‼」 「 ち ょ っ と ベ ー ト 、 早 く 見 せ て よ ー ⁉」   と あ る 第 一 級 冒 険 者 は 、 仲 間 の 催 促 の 横 で 、 あ る 記 事 が 書 か れ た 情 報 紙 を 握 り 潰 つぶ す 。 「 ひ ひ ひ っ 、 本 物 0 0 だ ぁ ~ 」   そ し て 神 々 は 、 と あ る 冒 険 者 の 公 式 昇 ランクアップ 格 の 報 せ に 、 盛 大 に ニ ヤ け 、 は し ゃ ぎ 回 る 。   戦 ウ ォ ー ゲ ー ム 争 遊 戯 の 興 奮 が 醒 さ め や ら な い 中 、 多 く の 者 達 を 騒 が せ る 情 報 が 都 市 中 を 駆 け 巡 っ た 。   ─ ─ 所 要 期 間 、 一 ヶ 月 。   ─ ─ ベ ル ・ ク ラ ネ ル 、 L v .3 到 達 。                         「 ─ ─ く し ゅ ん っ ⁉」   僕 は 、 大 き な く し ゃ み を し た 。   両 手 で 抱 え て い る 木 箱 を 反 動 で 落 と し そ う に な る の を 何 と か 堪 こら え 、 か と 思 う と 、 す ぐ に 二 度 目 と な る 呼 気 の 爆 発 を 「 へ っ く し ゅ っ ⁉」 と 繰 り 返 す 。 「 何 だ い 、 ベ ル 君 。 風 か ぜ 邪 か い ? 」 「 い や 、 そ ん な 筈 はず は … … 」   瞬 き を 繰 り 返 す 僕 に 、 前 を 歩 い て い た 神 様 が 振 り 返 っ た 。   僕 と 同 じ よ う に 荷 物 を 両 手 で 持 つ ヘ ス テ ィ ア 様 は「 誰 だれ か が 君 の こ と を 噂 うわさ し て い る の か も ね ? 」 と 微 ほ ほ え 笑 み か け て く る 。 ま さ か 、 と 僕 は 苦 笑 を 返 し た 。 「 そ れ よ り ベ ル 君 、 ほ ら 、 見 ろ よ ! 」   テ テ テ テ ー 、 と 勢 い よ く 走 り 出 し た 神 様 の 後 を 追 い 、 そ れ ま で 歩 い て い た 建 物 の 影 か ら 正 面 に 回 り 込 む 。   す る と 、 完 成 し た 新 し い ホ ー ム の 姿 が 、 僕 達 の 視 界 一 杯 を 打 っ た 。 「 わ ぁ … … ! 」 「 ど う だ い 、 今 日 か ら こ こ に ボ ク 達 が 住 む ん だ ぜ ⁉」   朝 の う ら ら か な 日 差 し を 浴 び る 美 し い 前 庭 の 中 で 、 抱 え て い た 引 っ 越 し 用 の 荷 物 を 下 ろ し 、 僕 は 目 の 前 の 屋 敷 を ま じ ま じ と 眺 め て し ま う 。 【 ア ポ ロ ン ・ フ ァ ミ リ ア 】 の 館 を 改 装 し て ─ ─ と い う か 乗 っ 取 っ て ─ ─ で き あ が っ た 新 し い 本 ホ ー ム 拠 。 神 様 曰 いわ く 趣 味 の 悪 い 外 観 か ら 質 素 に 、 け れ ど 品 が 良 く 、 そ し て 新 築 同 然 の 邸 宅 と な っ て

(11)

20 21 一章 順風満帆 ? い る 。 三 階 建 て の 建 物 は 石 造 り で 、 奥 行 き も あ り 、 豪 邸 と 言 っ て 差 し 支 え な い 。   正 面 の 玄 関 口 に は 【 ヘ ス テ ィ ア ・ フ ァ ミ リ ア 】 を 示 す 炎 と 鐘 の エ ン ブ レ ム が 飾 ら れ て い る 。   自 慢 げ に 胸 を 張 る 神 様 の 隣 で 、 僕 は 頬 ほお を 興 奮 で 染 め て し ま っ た 。 「 神 ヘファイストス 友 に ボ ロ い 地 下 室 を 押 し 付 け ら れ て か ら 、 よ く ぞ こ こ ま で … … ! 」   念 願 か つ 立 派 な 新 居 に 、 く ぅ っ 、 と 目 も と を 腕 で 押 さ え 男 泣 き ( 女 泣 き ? ) す る 神 様 。   僕 は 苦 笑 を 浮 か べ つ つ 、 あ の 教 会 の 隠 し 部 屋 も 住 み 心 地 は 良 か っ た け ど な 、 と 神 様 と 二 人 だ け の 生 活 を 振 り 返 っ た 。   確 か に 不 便 な こ と は 沢 山 あ っ た け れ ど 、 壊 れ て し ま っ た こ と を 悲 し ん で し ま う く ら い … … あ そ こ に は 神 様 と の 思 い 出 と 、 優 し い 時 間 が あ っ た 。 ( で も 、 ま ぁ … … )   仲 間 が 、 家 族 が 増 え て 。   み ん な と 一 緒 に 生 活 で き る 広 い ホ ー ム を 得 て 、 僕 も や っ ぱ り 、 嬉 うれ し い の か も し れ な い 。   首 の 後 ろ に 手 を 回 し な が ら 、 こ そ ば ゆ い 笑 み が こ ぼ れ て し ま っ た 。 「 ヘ ス テ ィ ア 、 注 文 通 り に 済 ま せ た ぞ 」 「 あ あ 、 サ ン キ ュ ー 。 ゴ ブ ニ ュ 」   僕 が 大 き な 屋 敷 を 感 慨 深 く 見 上 げ て い る と 、 改 装 を 終 え た 作 業 衣 姿 の 職 人 達 ─ ─ 【 ゴ ブ ニ ュ ・ フ ァ ミ リ ア 】 の 面 々 が ぞ ろ ぞ ろ と 帰 っ て い く 。 声 を か け て き た 主 神 、 ゴ ブ ニ ュ 様 に 、 ヘ ス テ ィ ア 様 は 笑 っ て 感 謝 を 告 げ た 。   僕 達 は ホ ー ム の 改 修 を こ の 【 ゴ ブ ニ ュ ・ フ ァ ミ リ ア 】 に 頼 ん で い た 。 鍛 冶 と 建 築 を 司 つかさど る 主 ゴ ブ ニ ュ 神 様 が 率 い る こ の 派 閥 は 、 依 頼 が あ れ ば 建 設 作 業 も 受 け 持 つ 都 市 で も 珍 し い 【 フ ァ ミ リ ア 】 だ 。 多 く の 鍛 ス ミ ス 冶 師 を 抱 え 一 部 の 冒 険 者 か ら 熱 く 支 持 さ れ て い る ら し く 、 あ の 鍛 ヘファイストス・ファミリア 冶 大 派 閥 に 知 名 度 こ そ 劣 る と は 言 え 、 質 実 剛 健 の 武 具 は 探 ダンジョン 索 系 の 上 位 派 閥 が い く つ も 求 め る ほ ど 。 実 は 、 リ リ も 小 パ ル ゥ ム 人 族 専 用 の 装 ハンドボウガン 備 品 作 製 を 依 頼 し た こ と が あ る ら し い 。   改 装 の 依 頼 を し て か ら 四 日 目 、 あ の 13階 層 の 冒 ク エ ス ト 険 者 依 頼 か ら は 二 日 後 。   素 晴 ら し い 館 の 外 観 か ら わ か る 通 り 、 仕 事 が 早 く 、 腕 も 一 流 の 彼 等 に 驚 嘆 す る 思 い だ っ た 。   や や あ っ て お 金 の 支 払 い 先 や 屋 敷 の 説 明 を 終 え た の か 、 引 き 締 ま っ た 体 を 持 つ ど こ か ド ワ ー フ 然 と し た ゴ ブ ニ ュ 様 は 、 ヘ ス テ ィ ア 様 の 前 か ら 踵 きびす を 返 す 。   去 り 際 、 僕 を じ っ と 見 つ め て き た 男 神 様 は 、 団 員 達 の 後 を 追 っ て 帰 路 に つ い て い っ た 。 「 さ す が ゴ ブ ニ ュ 、 し っ か り や っ て く れ た み た い だ 」 「 あ 、 本 当 で す か ? 」 「 う ん 。 み ん な の 要 望 通 り 、 館 の 中 や 、 外 に も 色 ん な 部 屋 や 設 備 を 作 っ て く れ た っ て 」   へ ぇ 、 と 言 い な が ら 、 僕 は 神 様 と 並 ん で あ ら た め て ホ ー ム を 見 上 げ た 。   こ の 引 っ 越 し の 作 業 が 終 わ っ た ら 、 し っ か り 見 て お か な き ゃ な ぁ 。

(12)

22 23 一章 順風満帆 ?                         「 お お っ … … ⁉」   両 膝 ひざ と 両 手 を 床 に つ き 、 四 つ ん 這 ば い に な っ た 命 ミコト は 、 湯 が 張 ら れ た 浴 槽 を 覗 のぞ き 込 ん だ 。   改 装 を 終 え た 屋 ホ ー ム 敷 、 そ の 三 階 。 己 おのれ の 要 望 通 り 設 け ら れ た 『 お 風 ふ ろ 呂 』 の 存 在 に 、 彼 女 は 引 っ 越 し の た め の 仕 事 を 中 断 し て し ま っ て い た 。   も と も と あ っ た ア ポ ロ ン 派 の 浴 室 を 利 用 し 、 改 良 さ れ た 広 い 浴 場 。 風 呂 の 導 入 を 願 っ た 命 ミコト に 合 わ せ て か 、 十 人 は 軽 く 入 れ そ う な 大 浴 槽 は 極 きょくとう 東 式 の 檜 ひ の き ぶ ろ 風 呂 だ 。 新 品 の 木 ヒ ノ キ 材 の 香 り が ほ の か に 漂 っ て く る 中 、 じ ゃ ~ 、 と い う 音 を 立 て て 湯 口 か ら 温 か な お 湯 が 流 れ 込 ん で く る 。 揺 れ る 湯 の 表 面 に 、 檜 風 呂 を 覗 き 込 む 興 奮 し た 少 女 の 顔 が う っ す ら と 映 っ て い た 。   四 つ ん 這 い の 姿 勢 の ま ま 、 湯 を 凝 視 し て い た 命 ミコト は バ ッ と 顔 を 上 げ た 。 壁 か ら 天 井 、 床 、 柱 や 桶 おけ に 至 る ま で 全 すべ て が 木 造 り ─ ─ 蓮 シ ャワーヘッド 口 が 備 わ っ て い る の は ご 愛 嬌 と い っ た と こ ろ か ─ ─ 。   極 きょくとう 東 の 風 ふ ぜ い 情 を 感 じ さ せ る お 風 呂 の 内 装 に 、 命 ミコト は 感 動 で 打 ち 震 え て し ま う 。   同 時 に 、 目 の 前 で 立 ち 上 る 湯 気 に ─ ─ ご く り 、 と 細 い 喉 のど が 鳴 っ た 。 「 う 、 う う っ … … ⁉」   命 ミコト の 中 で 葛 かっとう 藤 が 生 じ る 。   未 いま だ 転 居 の 作 業 中 だ 、 他 ほか の 場 所 で は ベ ル 達 が せ っ せ と 荷 物 を 運 び 込 ん で い る こ と だ ろ う 。 こ ん な と こ ろ で 油 を 売 っ て い る 暇 は … … と 床 に 置 い た 荷 物 を 見 や る 。   だ が 、 し か し ─ ─ 白 い 湯 気 は ま る で 魔 法 の よ う に こ ち ら を 誘 惑 し て き た 。   今 ま で 封 印 さ れ て い た 欲 求 に と う と う 抗 え ず 、「 す 、 少 し だ け っ 」 と 命 ミコト は 浅 ま し い 言 い 訳 を 口 に し 脱 衣 場 ま で 戻 っ た 。 通 路 に 面 し て い る 出 入 り 口 か ら 顔 を 出 し 、 通 り か か る 者 が い な い こ と を き ょ ろ き ょ ろ と 確 認 し て か ら 、 扉 を 閉 め る 。   服 の 帯 おび に 手 を 回 し 、 し ゅ る 、 と 衣 き ぬ ず 擦 れ の 音 を 立 て た 。   ち ゃ ぽ 、 と 滑 ら か な 足 の 指 先 が 水 面 を 震 わ せ る 。   細 い ふ く ら は ぎ 、 腿 もも が 湯 を く ぐ り 、 そ し て 一 気 に 全 身 ま で 湯 船 に 浸 か っ た 。 「 く ぅ ~ ~ っ … … ⁉」   肩 ま で 湯 に 沈 め た 命 ミコト は 、 幸 福 の 吐 息 を つ い た 。   体 を 抱 き し め て く る 熱 い 湯 の 感 触 。 両 の 目 を ぎ ゅ っ と 瞑 つむ り 、 全 身 と い う 全 身 を 弛 緩 さ せ る 。 「 申 し 訳 あ り ま せ ん っ 、 タ ケ ミ カ ヅ チ 様 、 み な さ ん … … ! 」   風 呂 好 き で あ る 同 郷 の 家 族 に 謝 罪 し つ つ 、 命 ミコト は 顔 を 一 杯 に と ろ け さ せ た 。   男 タケミカヅチ 神 達 と オ ラ リ オ に 渡 っ て か ら は 寂 れ た ホ ー ム で の 生 活 を 余 儀 な く さ れ 、 風 呂 な ど は な く 、 シ ャ ワ ー の み だ っ た 。 無 論 我 が ま ん 慢 で き た し 、 贅 ぜいたく 沢 す る 気 な ど こ れ っ ぽ っ ち も な か っ た が … … こ こ に き て 秘 め て い た 渇 望 が 爆 発 し て し ま っ た 。

(13)

25 一章 順風満帆 ?   思 い 出 す の は 極 東 で よ く 浸 か っ て い た 天 然 温 泉 だ 。   故 郷 の 情 景 を 一 つ 一 つ 思 い 浮 か べ な が ら 、 そ の 肌 を 桜 色 に 染 め る 。   大 の お 風 呂 好 き で あ る 命 ミコト は 、 こ の 世 の 至 福 を 堪 能 し た 。   ち な み に 、 朝 風 呂 で あ っ た 。 「 流 さ す が 石 【 ゴ ブ ニ ュ ・ フ ァ ミ リ ア 】、 仕 事 が 早 い 」   館 の 裏 庭 、 そ の 一 角 に 建 て ら れ た 石 造 り の 小 屋 。   扉 を 開 け て 入 り 口 に 立 つ ヴ ェ ル フ の 口 か ら 、 思 わ ず と い っ た 笑 み が 漏 も れ る 。   屋 敷 の 離 れ の 位 置 に で き あ が っ た の は 『 工 房 』 ─ ─ 鍛 ス ミ ス 冶 師 の 聖 域 で あ る 鍛 冶 場 だ っ た 。 【 ヘ フ ァ イ ス ト ス ・ フ ァ ミ リ ア 】 か ら 与 え ら れ て い た 個 別 の 工 房 と 比 べ れ ば 狭 い も の の 、 設 備 は 負 け な い ほ ど 充 実 し て い る 。 積 み 上 げ ら れ た 薪 まき に 、 樽 たる 、 鉄 製 の 作 り 付 け さ れ た 棚 、 お ま け に 地 下 室 。 小 屋 全 体 の 強 度 と い い 、 ど れ を と っ て も 本 格 的 だ 。   細 く 長 い 煙 突 が 伸 び る 特 製 の 大 型 炉 に 関 し て は 、 文 句 の 付 け よ う が な か っ た 。 「 同 じ 鍛 冶 派 閥 だ け あ っ て 、 わ か っ て る な 」   入 り 口 の 位 置 か ら 工 房 内 を 見 回 し 、 満 足 げ に 頷 うなず く ヴ ェ ル フ 。 子 供 の よ う な 活 き 活 き と し た 表 情 を 浮 か べ 、 元 ヘファイストス・ファミリア 所 属 派 閥 か ら 持 っ て き た 大 量 の 私 物 を 運 び 始 め る 。   早 速 、 工 房 を 自 分 だ け の 城 に 変 え て い く 。

(14)

26 27 一章 順風満帆 ?   大 小 複 数 の 鎚 つち 、 鋏 はさみ 、 鉄 アンビル 床 な ど 、 鍛 冶 道 具 を 工 房 の 随 所 に 配 置 し て い く 。 今 ま で 作 り 上 げ て き た 武 うれのこり 器 も 地 下 室 に 飾 り 、 な け な し の 貯 金 で 買 い 取 っ て い た 精 イ ン ゴ ッ ト 製 金 属 も こ こ へ 保 管 す る 。 武 器 を 始 め と し た 大 幅 で 重 量 の あ る 物 品 の 数 々 を た っ た 一 人 で ─ ─ そ の 身 ス テ イ タ ス 体 能 力 に よ っ て ─ ─ 労 ろう せ ず 運 び 込 ん で し ま っ た 。   最 後 に 、 ヴ ェ ル フ は 女 ヘファイストス 神 か ら 譲 り 受 け た 金 ハンマー 槌 を 手 に 、 破 顔 し た 。 「 こ こ か ら … … ま た や っ て や る 」   工 房 の 中 心 で 、 心 意 気 を 新 た に す る 。   己 の 鍛 冶 場 を も う 一 度 見 回 し た 上 ハ イ ・ ス ミ ス 級 鍛 冶 師 の 青 年 は 、 紅 の 鎚 を ぎ ゅ っ と 握 り 締 め た 。 「 倉 庫 な ど を 除 い て も あ ま っ て い る 部 屋 が 二 十 以 上 、 地 下 室 に 屋 根 裏 部 屋 ま で … … 」   館 ホ ー ム 内 の 間 取 り 図 、 地 図 を 両 手 に 、 リ リ は 屋 敷 の 中 を 歩 き 回 っ て い た 。   部 屋 を 見 つ け て は 扉 を 開 け て 中 を 覗 き 込 み 、 内 装 や 特 筆 事 項 を メ モ し て い く 。   屋 敷 を 調 査 、 も と い 確 認 す れ ば す る ほ ど 彼 女 は 困 り 顔 に な っ て い っ た 。 「 う ~ ん 、 リ リ 達 だ け に は 広 過 ぎ ま す ~ 」   上 質 な 石 材 を も っ て 築 き 上 げ ら れ た ホ ー ム は 三 階 建 て 。 建 物 の 広 さ は 言 う に 及 ば ず 、 前 庭 や 裏 庭 も 備 わ っ て お り 、 周 囲 は 鉄 柵 で 囲 ま れ て い る 。 も と も と こ の 館 は 【 ア ポ ロ ン ・ フ ァ ミ リ ア 】 ─ ─ 百 名 以 上 も の 団 員 が 生 活 を 送 っ て い た 物 件 だ 。 主 神 を 入 れ て も 五 人 し か い な い 【 ヘ ス テ ィ ア ・ フ ァ ミ リ ア 】 に は 、 は っ き り 言 っ て 全 く 釣 り 合 い が 取 れ て い な い 。 「 リ リ 達 だ け で は と て も で は な い で す が 、 掃 除 や 点 検 な ど で き ま せ ん 。 … … こ う な っ た ら 家 メ イ ド 政 婦 を 募 集 し て 雇 っ て し ま い ま し ょ う か ? 」   お 金 は あ ま り 使 い た く な い が 、 と こ ぼ し な が ら リ リ は 思 い 悩 む 。   無 フ リ ー 所 属 の ま ま 、 あ る い は 派 閥 の 非 戦 闘 員 ─ ─ 『 恩 恵 』 を 与 え な い 臨 時 構 成 員 ─ ─ と し て 所 属 さ せ る 。 売 り 子 確 か く ほ 保 の た め 商 業 系 【 フ ァ ミ リ ア 】 が よ く 行 う 手 だ 。   主 か み 神 で あ り な が ら 鍛 ヘファイストス・ファミリア 冶 派 閥 の バ イ ト を し て い る ヘ ス テ ィ ア も こ れ に 当 た り 、 働 き 手 を 募 集 す る 派 閥 は 都 市 の 雇 用 に 貢 献 す る 仕 組 み で あ る ─ ─ 無 む ろ ん 論 派 閥 の 機 密 情 報 と は 離 れ た 場 所 で 働 か せ る の が 常 識 だ ─ ─ 。   専 門 の 執 バトラー 事 に な っ て く る と ギ ル ド 職 員 ま た は 下 級 冒 険 者 並 み の 高 給 取 り だ 。 や は り こ こ は 、 魔 石 製 品 製 造 な ど オ ラ リ オ が 誇 る 都 市 工 業 に 従 事 で き な い 女 性 、 常 に 働 き 口 を 求 め て い て 安 価 で も 済 む 彼 女 達 に 依 頼 し た 方 が ─ ─ と そ こ ま で 思 案 し た リ リ は 、 不 意 に 動 き を 止 め る 。 「 … … ベ ル 様 が 目 移 り す る か ら い け ま せ ん 」   異 性 を 目 に し て は よ く 赤 く な っ て い る 少 年 の こ と を 危 ぶ む リ リ 。 年 ねんぱい 配 の 家 メ イ ド 政 婦 で あ っ て も 信 用 な ら な い と 、 融 通 の 利 き か な い 危 機 感 を 発 揮 す る 。   脳 裏 に は 清 すがすが 々 し く 微 笑 む 街 シ ル 娘 の 姿 が 思 い 浮 か び 、 ぶ ん ぶ ん っ と 頭 を 左 右 に 振 っ た 。 「 で も 、 う ー ん 、 し か し … … 」

(15)

28 29 一章 順風満帆 ?   屋 敷 一 階 の 回 廊 で 足 を 止 め る と 、 視 界 に は 手 入 れ も 必 須 で あ ろ う 植 しょくさい 栽 豊 か な 中 庭 が 広 が る 。 直 面 し て い る 現 状 と 乙 お と め 女 心 を 秤 はかり に か け 、 リ リ は 懊 おうのう 悩 し た 。   と も あ れ ホ ー ム の 中 で は 、 団 員 達 が 新 し い 環 境 に 浮 き 立 つ の だ っ た 。                         「 本 当 に 立 派 だ な ぁ … … 」   引 き 続 き 引 っ 越 し の 作 業 に 精 を 出 し な が ら 、 館 を 仰 あお ぐ 僕 は 感 嘆 し た 。   改 装 さ れ た 外 壁 が 日 の 光 を 反 射 し て 心 な し 輝 い て 見 え る 。 新 居 に 対 し て 心 が 弾 はず ん で い る 感 情 を 抜 き に し て も 、 ち ょ っ と 贔 ひ い き 屓 目 め が 入 っ て い る か も し れ な い け れ ど 。 ( … … こ の ま ま 、 ホ ー ム だ け じ ゃ な く て 【 フ ァ ミ リ ア 】 も 大 き く な っ て い け れ ば い い な )   ホ ー ム で 動 き 回 る リ リ 達 を ち ょ い ち ょ い 見 か け つ つ 、 独 り 言 を こ ぼ す 。   自 然 と 笑 み を 浮 か べ 、 僕 は 運 ん で い る 荷 物 を 「 よ っ 」 と 抱 え 直 し た 。 『 こ の っ … … い い 加 減 に っ … … ! 』 『 い ~ や ~ っ … … ‼』 「 ん っ ? 」   館 の 外 壁 に 沿 っ て 、 裏 庭 へ 回 ろ う と し て い た 時 だ っ た 。   ホ ー ム の 敷 地 の 外 、 沿 道 で 何 か 言 い 合 い を し て い る 二 人 組 の 少 女 を 見 つ け る 。   い や 、 あ れ は 言 い 合 っ て い る と い う よ り … … 一 人 が ホ ー ム を 囲 む 鉄 柵 に 抱 き 着 き 、 も う 一 人 は 服 を 引 っ 張 っ て 引 き 剥 は が そ う と し て い る 。 前 者 は 駄 々 を こ ね る 子 供 の よ う に 半 はんぶん 分 泣 き 散 ら し て 、 後 者 は 苛 い ら だ 立 ち を 隠 せ な い よ う に 怒 っ て い る よ う だ 。 「 っ て 、 あ れ っ て … … カ サ ン ド ラ さ ん と 、 ダ フ ネ さ ん ? 」   見 覚 え の あ る 長 髪 と 短 シ ョートヘアー 髪 、 そ し て 両 極 端 の 性 格 の 二 人 の 正 体 を 、 僕 は 戦 ウ ォ ー ゲ ー ム 争 遊 戯 で 戦 っ た 少 女 達 ─ ─ 元 【 ア ポ ロ ン ・ フ ァ ミ リ ア 】 の 女 性 団 員 で あ る と 察 し た 。   流 石 に 見 な か っ た こ と に す る の は … … で き な い よ な ぁ 。 「 あ っ … … 【 リ ト ル ・ ル ー キ ー 】」   一 度 木 き ば こ 箱 を 下 ろ し て 小 走 り で 近 付 い て き た 僕 に 、 ま ず ダ フ ネ さ ん が 気 付 い た 。   彼 女 に 服 を 引 っ 張 ら れ て い る カ サ ン ド ラ さ ん も 、 特 徴 的 な 垂 れ 目 を こ ち ら に 向 け る 。 「 あ の … … そ の … … 」   何 か あ っ た ん で す か 、 と 尋 ね た い の だ け れ ど … … 上 う ま 手 く 言 葉 が 出 せ な い 。   彼 女 達 の 居 ホ ー ム 場 所 を 奪 っ て 浮 か れ て い る 自 分 に 、 罪 悪 感 を 覚 え て し ま っ た か ら だ 。   気 後 れ す る そ ん な 僕 の 内 心 を 見 抜 い て か 、 ダ フ ネ さ ん は 肩 を 竦 すく め る 素 振 り を し た 。 「 勝 っ た の は 君 達 な ん だ か ら 、 後 ろ め た く な ん て 思 わ な い で い い よ 。 戦 争 を 先 に 吹 っ か け た の は こ っ ち な ん だ し 」

(16)

30 31 一章 順風満帆 ?   て ん で 気 に し た 様 子 も な く 告 げ て く る ダ フ ネ さ ん 。   そ う 言 っ て も ら え る と 気 分 も 楽 に な る け れ ど … … ま だ 僕 が 負 い 目 を 捨 て 切 れ な い で い る と 、 ダ フ ネ さ ん は 「 本 当 に 大 丈 夫 だ っ て 」 と 苦 笑 を 投 げ か け て く る 。 「 ウ チ 等 ら は も と も と 強 制 的 に 入 団 さ せ ら れ た よ う な も の だ か ら 、 む し ろ こ う な っ て 良 か っ た か も っ て 思 っ て る よ 。 次 こ そ は ま と も な 主 か み 神 の 【 フ ァ ミ リ ア 】 に 入 ろ う 、 っ て さ 」 「 う ~ 、 う ~ っ 」 と 依 い ぜ ん 然 鉄 柵 に 縋 すが り 付 く カ サ ン ド ラ さ ん の 服 を グ イ グ イ 引 っ 張 り 続 け な が ら 、 ダ フ ネ さ ん は 気 軽 に 近 況 を 教 え て く れ た 。   何 で も 、 今 は カ サ ン ド ラ さ ん と 二 人 で 何 を し よ う か 考 え て い る 最 中 ら し い 。 上 級 冒 険 者 と い う こ と も あ っ て 他 派 閥 の 勧 スカウト 誘 も 引 っ 切 り な し だ け ど 、 ど こ も 胡 う さ ん 散 臭 い 神 様 ば か り で 入 り た く な い の だ と か 。   上 位 派 閥 に も な れ ば 勧 誘 は 来 な い の で 高 望 み も で き な い 、 そ し て 売 り 込 む 気 も な い 。 取 り あ え ず 今 度 は 常 識 的 で 神 じんかくしゃ 格 者 の 【 フ ァ ミ リ ア 】 に 入 り た い と 、 ダ フ ネ さ ん は そ う 続 け た 。   だ か ら 恨 ん で な い し 、 他 の 団 員 達 が 恨 ん で く る の も お 門 違 い 。 む し ろ 自 分 達 に 勝 っ た の だ か ら 胸 を 張 っ て く れ … … 彼 女 に そ こ ま で 言 っ て も ら っ て 、 僕 も よ う や く 思 い 直 す こ と が で き た 。   黒 い 鉄 柵 を 挟 み な が ら 、 笑 み を 交 わ し 合 う 。 「 そ れ で 、 え ー と 、 今 は 何 を … … ? 」   よ う や く 本 題 に 移 る と 、 ダ フ ネ さ ん は そ の 短 シ ョートヘアー 髪 を 揺 ら し な が ら 溜 ためいき 息 を つ い た 。   ぎ ゅ う う っ 、 と 鉄 柵 に 抱 き 着 い て い る カ サ ン ド ラ さ ん の こ と を 見 下 ろ す 。 「 こ の 子 が ね 、 今 ま で 使 っ て い た 枕 まくら を な く し た ら し い の よ 」 「 枕 ? 」 「 そ う 。 新 し い も の を 買 え ば い い っ て 言 っ て る の に … … 」 「 あ 、 あ の 枕 じ ゃ な い と 駄 目 な の ぉ ~ 。 あ れ が な い と 、 私 、 寝 付 け な く て … … 」   と 、 こ こ で 初 め て カ サ ン ド ラ さ ん が 口 を 開 く 。   涙 目 と 涙 声 で 、 自 分 を 引 っ 張 っ て い る ダ フ ネ さ ん に 振 り 返 っ た 。   え ー と 、 つ ま り … … 。 「 カ サ ン ド ラ さ ん は 、 こ の 館 に 枕 を 置 き 忘 れ た っ て こ と で す か ? 」   館 を 改 装 す る 際 に 、【 ア ポ ロ ン ・ フ ァ ミ リ ア 】 の 置 き 忘 れ の 荷 物 は 全 て 出 し た 筈 な ん だ け ど 、 枕 な ん て あ っ た か な ?   僕 が 尋 ね て み る と 、 カ サ ン ド ラ さ ん は 鉄 柵 越 し に 顔 を 赤 ら め 、 お ず お ず と 口 を 開 い た 。 「 そ の 、 覚 え て は い な い ん で す け ど … … 『 予 め 知 夢 』 で こ こ に あ る っ て 、 お 告 げ を … … 」 「 へ っ ? 」   ゆ 、 夢 … … ? 「 だ か ら ぁ !   そ ん な 馬 ば か 鹿 げ た 話 を 言 う の 、 止 め な さ い っ て ば ‼」 「 お 願 い だ か ら 信 じ て よ ぉ ~ ~ ~ ~ っ 」

(17)

32 33 一章 順風満帆 ?   枕 が こ こ に あ る と い う 『 予 め 知 夢 』 を 見 た 、 と 言 っ て は ば か ら ら な い カ サ ン ド ラ さ ん を 、 ダ フ ネ さ ん は 叱 り つ け る 。   大 体 わ か っ て き た 。 つ ま り 突 拍 子 も な い こ と を 言 っ て 他 派 閥 の ホ ー ム を 尋 ね よ う と し て い る カ サ ン ド ラ さ ん を 、 ダ フ ネ さ ん は 恥 ず か し い 真 ま ね 似 は 止 せ と ば か り に 制 止 し て い る の だ ろ う 。   文 字 通 り の 夢 ゆめがた 語 り を 彼 女 は ち っ と も 信 じ て お ら ず 、 お 冠 かんむり の よ う だ 。   い や 、 ま ぁ 、 僕 も 『 予 め 知 夢 』 が ど う た ら っ て い う の は 正 しょうじき 直 信 じ る 気 に な れ な い け ど … … 。   瞳 ひとみ に 涙 を 溜 め て 訴 え る カ サ ン ド ラ さ ん を 見 て 、 流 石 に か わ い そ う か と 、 そ う 思 っ た 。 「 え っ と 、 じ ゃ あ 、 探 し て き ま す よ 」 「「 え っ ? 」」   枕 を 、 と 僕 が そ う 発 言 す る と 、 ダ フ ネ さ ん と カ サ ン ド ラ さ ん は 同 時 に 動 き を 止 め た 。   ダ フ ネ さ ん は 唖 然 と し た 表 情 で 、 カ サ ン ド ラ さ ん は 目 に 涙 を 溜 め た ま ま き ょ と ん と す る 。 「 し ょ 、 正 気 … … ?   夢 よ 、 夢 っ 、 こ の 子 の 妄 想 な の よ っ ? 」 「 も 、 妄 想 … … ん ー と 、 で も 、 こ こ に あ る と 思 う ん で す よ ね ? 」   う ろ た え る ダ フ ネ さ ん か ら カ サ ン ド ラ さ ん に 視 線 を 移 す と 、 固 ま っ て い た 彼 女 は は っ と な っ て 何 度 も 頷 く 。 そ れ な ら 、 と 僕 は 枕 探 し を 引 き 受 け た 。   具 体 的 な 場 所 を 聞 い て み る と 、 彼 女 は 夢 で 見 た と い う 内 容 を 慌 あわ て な が ら 教 え て く れ る 。 「 し 、 信 じ て く れ る ん で す か … … ? 」   最 後 の 最 後 に 、 カ サ ン ド ラ さ ん は 恐 る 恐 る そ う 言 っ て き た 。   僕 は 思 わ ず 苦 笑 す る 。 「 大 丈 夫 で す 、 信 じ ま す 。 ち ゃ ん と 探 し て き ま す か ら 」   す る と ─ ─ カ サ ン ド ラ さ ん は 感 極 ま っ た よ う に 、 瞳 を 潤 うる ま せ て 僕 を 見 つ め て き た 。   そ の う る う る と し た 眼 ま な ざ 差 し に 、 少 し 大 げ さ で は な い か と 汗 を 感 じ つ つ 「 行 っ て き ま す 」 と 場 を 離 れ る 。 ダ フ ネ さ ん の 呼 び 止 め る 声 が 聞 こ え て き た け ど 、 大 丈 夫 だ と 手 を 振 り 返 し た 。   ダ フ ネ さ ん も 、 そ ん な に 頑 かたく な に な ら な く て も い い と 思 う け ど 。   夢 で 見 た 、 っ て く ら い な ん だ か ら 、 カ サ ン ド ラ さ ん は 少 し 覚 え が あ る ん じ ゃ な い か な ?   … … 確 か に 、『 予 め 知 夢 』 の 内 容 を 信 じ た く な い 『 呪 まりょく 力 』 み た い な も の が 、 あ の 人 か ら は ひ し ひ し と 伝 わ っ て く る け ど 。 ( そ れ に し て も … … 背 中 が ち ょ っ と 熱 く な っ た よ う な ? )   背 中 ─ ─ 刻 ま れ て い る 【 ス テ イ タ ス 】 が 、 一 瞬 だ け 熱 を 帯 び た 気 が し た 。   熱 く な っ た 箇 所 を 、 確 か め る よ う に 指 で な ぞ っ て み る 。 「 … … 『 幸 運 』 ? 」   指 の 触 れ た 場 所 が 、 ア ビ リ テ ィ の ス ロ ッ ト 付 近 で あ る と 、 何 と な し に 感 じ た 。   鏡 越 し に 見 た こ と の あ る 背 中 の 【 神 ヒ エ ロ グ リ フ 聖 文 字 】 を 思 い 浮 か べ 、 何 だ ろ う 、 と 首 を 傾 かし げ な が ら 。   僕 は 枕 を 探 し に 、 走 っ て 館 の 中 へ 向 か っ た 。

(18)

34 35 一章 順風満帆 ? 「 こ れ で す か ? 」 「 ─ ─ こ れ で す っ ‼」   館 へ 駆 け 込 ん で か ら 間 も な く 。   枕 を 見 事 に 発 見 し て 僕 が 急 い で 戻 っ て く る と 、 カ サ ン ド ラ さ ん は 歓 声 を 上 げ た 。   差 し 出 し た 薄 紅 色 の 枕 を 受 け 取 り 、 ぎ ゅ ー っ 、 と 両 手 で 抱 き し め る 。 目 を 瞑 つむ っ て 喜 び の 笑 み を 浮 か べ る 彼 女 の 姿 に 、 僕 も つ い 嬉 し く な っ て し ま う 。 ち な み に 、 枕 は 彼 女 が 夢 で 見 た と い う 内 容 通 り 、 見 え に く い 柱 の 隙 す き ま 間 に 何 な ぜ 故 か 挟 ま っ て い た 。   あ た か も 子 犬 の よ う に 枕 へ 頬 ず り す る カ サ ン ド ラ さ ん の 隣 で は 、「 本 当 に あ っ た … … 」 と ダ フ ネ さ ん が 信 じ ら れ な い よ う な 表 情 を 浮 か べ て い る 。 「 あ の っ 、 本 当 に あ り が と う ご ざ い ま し た !   私 を 信 じ て く れ て 、 本 当 に 、 本 当 に … … ‼」 「 い 、 い え っ 、 そ こ ま で 感 謝 さ れ る こ と じ ゃ な い よ う な … … ? 」   枕 を 抱 き し め な が ら ぺ こ ぺ こ と 頭 を 下 げ る カ サ ン ド ラ さ ん に 、 僕 は 流 石 に 引 き つ っ た 笑 み を 浮 か べ る 。 過 剰 な 反 応 に 体 が 軽 く 仰 の け 反 ぞ っ て し ま っ た 。   ホ ー ム の 敷 地 を 一 度 出 で て 、 彼 女 達 の い る 沿 道 で 向 き 合 う こ と 数 分 。 目 の 前 で 何 度 も 頭 を 下 げ て い た カ サ ン ド ラ さ ん は 、 や が て 、 胸 に 抱 い た 枕 に 顔 の 半 分 を 埋 うず め る 。   そ し て 頬 を ほ ん の り と 染 め 、 上 目 づ か い で 、 僕 の こ と を 見 つ め て き た 。   何 だ か 熱 の こ も っ た 視 線 に 、 え っ 、 と 狼 ろうばい 狽 し 反 射 的 に 赤 く な っ て い る と 。   カ サ ン ド ラ さ ん は 、 ま だ 疑 わ し い 目 付 き を し て い た ダ フ ネ さ ん に 身 を 寄 せ る 。   枕 を 抱 き し め た ま ま 、 こ そ っ 、 と 耳 打 ち を し た 。 「 え っ … … 本 気 ?   そ れ で い い の ? 」 「 う ん う ん っ … … ! 」   驚 き な が ら 確 認 し て く る ダ フ ネ さ ん に 、 カ サ ン ド ラ さ ん は 赤 く な っ て こ く こ く 頷 い た 。   置 い て き ぼ り を 食 ら っ て そ の や り 取 り を 見 て い る と 、 ダ フ ネ さ ん は 嘆 息 し て 僕 に 向 き 直 る 。 「【 リ ト ル ・ ル ー キ ー 】、 一 い ち ど 度 出 直 す わ 。 … … ま た ね 」   こ の 娘 こ の 探 し 物 を 見 つ け て く れ て あ り が と う 、 と 言 っ て ダ フ ネ さ ん は 背 を 向 け た 。   カ サ ン ド ラ さ ん は 、 は に か み な が ら 僕 に 微 笑 み か け 、 ぺ こ り と も う 一 度 お 辞 儀 を す る 。   す ぐ に ダ フ ネ さ ん の 後 を 追 っ て 、 彼 女 達 は 沿 道 か ら 去 っ て い っ た 。 「 ま た 0 0 … … ? 」   ど う い う こ と だ ろ う 、 と ダ フ ネ さ ん が 言 い 残 し た 言 葉 に 疑 問 を 覚 え る 。   ひ と ま ず 、 作 業 を 終 わ ら せ よ う と ホ ー ム に 戻 り 、 庭 に 置 き っ ぱ な し の 木 箱 を 抱 え た 。   先 程 ま で の や り 取 り を 考 え な が ら 、 僕 は 屋 敷 の 中 に 荷 物 を 運 び 入 れ る 。 「 あ っ 、 ベ ル 君 !   そ れ が 終 わ っ た ら 、 作 業 を 一 いったん 旦 切 り 上 げ て く れ ! 」 「 え っ ?   い い ん で す か ? 」

(19)

36 37 一章 順風満帆 ?   二 階 の 広 間 の 前 を 通 り か か る と 、 部 屋 の 中 に い た 神 様 に 呼 び か け ら れ た 。   運 び 込 ん だ 荷 物 は ま だ 碌 ろく に 整 理 し て な い で す け ど 、 と い う 僕 の 言 葉 を 遮 さえぎ っ て 、 鼻 高 々 な 表 情 を し て 手 招 い て く る 。 「 ふ ふ っ 、 君 が い な い と 格 好 が つ か な い か ら ね !   ま ず は コ レ を 見 る ん だ ‼」   広 間 の 窓 辺 に い る 神 様 の も と ま で 足 を 運 ぶ と 、 一 枚 の 紙 を 見 せ つ け ら れ る 。   説 明 も な し に 突 き 付 け ら れ る そ の 紙 を 、 手 に 取 っ て 読 ん で み る と … … 。 「 … … 『【 ヘ ス テ ィ ア ・ フ ァ ミ リ ア 】、 入 団 希 望 者 募 集 !   来 きた れ 、 子 供 達 ‼』」   共 コ イ ネ ー 通 語 で 記 さ れ て い る の は 、 派 閥 の 入 団 希 望 者 を 一 斉 に 募 る 会 かいごう 合 に つ い て だ っ た 。 炎 と 鐘 の エ ン ブ レ ム と 一 緒 に 詳 細 と 日 時 が 書 か れ て い る 。   そ し て 肝 心 の 日 付 け は … … 今 日 だ 。   ば っ 、 と 驚 き な が ら 顔 を 振 り 上 げ る と 、 神 様 は 会 心 の 笑 み を 見 せ る 。 「 こ れ と 同 じ 広 み 告 紙 を ギ ル ド 本 部 の 掲 示 板 や 、 お ば ち ゃ ん 達 に 頼 ん で バ イ ト 先 に 貼 り 出 し て も ら っ た ん だ !   紙 に 書 い て あ る 時 間 ま で あ と ち ょ っ と … … 入 団 を 希 望 す る 子 供 達 が 、 そ ろ そ ろ 集 ま っ て く る 頃 ころ だ ぜ ! 」   そ う 言 っ て 、 神 様 は 窓 の 外 に 視 線 を 飛 ば し た 。   僕 も 慌 て て 窓 辺 に 駆 け 寄 り 、 神 様 の 視 線 を 追 う と ─ ─ 。 「 う 、 う そ っ … … ⁉」   屋 敷 の 正 面 、 鉄 柵 で 造 ら れ た 巨 大 な 正 門 の 前 に は 。   様 々 な 種 族 の 亜 デミ・ヒューマン 人 が 、 人 ひとがき 垣 と な っ て 集 ま り 出 し て い た 。                         「 お い 、 募 集 し た 入 団 希 望 者 を こ れ か ら 見 る ら し い ぞ 。 前 庭 に 集 合 だ 」   山 積 み に し た 木 箱 を 持 ち 運 ん で い た 命 ミコト は 、 廊 下 を 歩 い て き た ヴ ェ ル フ に 声 を か け ら れ た 。   命 ミコト が 立 ち 止 ま っ て 振 り 向 く と 、 彼 は 何 か に 気 付 い た よ う に 苦 笑 す る 。 「 お 前 … … 朝 っ ぱ ら か ら 風 呂 に 入 っ て い た の か ? 」 「 あ っ 、 い や っ 、 こ れ は 、 そ の … … ⁉」   ほ の か に 立 ち 上 る 湯 気 、 短 シ ャ ツ 衣 一 枚 か ら 覗 く 上 気 し た 肌 、 そ し て 湿 っ て い る 美 し い 黒 髪 。 一 目 で 風 呂 上 が り だ と わ か る 格 好 の 命 ミコト は 、 盛 大 に 赤 面 し た 。   素 早 く 湯 か ら 上 が っ た と は い え 、 本 能 に 屈 し て 作 業 を 放 り 出 し て い た 醜 態 は 誤 ご ま か 魔 化 せ な い 。 普 段 は 結 わ え て い る 髪 を 下 し た 彼 女 は 、 悪 いたずら 戯 が 見 つ か っ た 子 供 の よ う に 体 を 縮 め 、 抱 え て い る 木 箱 の 陰 に 隠 れ る 。   そ ん な 少 女 の 姿 に 、 ヴ ェ ル フ は 苦 笑 を 深 め た 。 「 ベ ル 達 に は 黙 っ て て や る か ら 、 後 あと か ら 来 い よ 」

(20)

38 「 こ 、 こ れ を 運 ん だ ら す ぐ に 参 り ま す ⁉」   こ ち ら の 心 中 を 汲 く ん で く れ る 年 上 の 鍛 ス ミ ス 冶 師 に 、 命 ミコト は 感 謝 や ら 羞 しゅうち 恥 や ら で 真 ま っ 赤 か に な り な が ら 叫 ん だ 。 足 早 に そ の 場 か ら 動 き 、 ヴ ェ ル フ と 別 れ る 。 「 う ぅ 、 精 進 が 足 り ま せ ん … … 」   恥 ず か し さ の あ ま り 耳 を 赤 く し て 猛 省 す る 。   急 い で 空 部 屋 に 荷 物 を 運 び 込 も う と 、 命 ミコト は 木 箱 を ガ タ ガ タ と 揺 ら し な が ら 小 走 り し た 。 「 お っ と 」   上 下 に 揺 れ る 木 箱 の 中 か ら 、 一 枚 の 紙 が こ ぼ れ る 。   し ま っ た 、 と 口 に し な が ら 命 ミコト は 一 い ち ど 度 木 箱 の 山 を 床 に 置 い た 。 ハ ラ リ と 音 を 立 て て 廊 下 の 真 ん 中 に 落 ち た 紙 の も と ま で 赴 おもむ き 、 拾 い 上 げ る 。   そ し て 、 手 触 り だ け で わ か る そ の 高 級 紙 に 不 思 議 そ う な 顔 を し 、 中 身 に 目 を 通 し た 。 「 こ れ は … … ? 」

 

試し読み版はここまで!

  

続きは本編にてお楽しみ下さい!

GA 文庫 発 行    2015年4月30日  初版第一刷発行 著 者 大森藤ノ 発行人 小川 淳 発行所 SBクリエイティブ株式会社  〒106−0032  東京都港区六本木2−4−5  電話 03−5549−1201     03−5549−1167(編集) 装 丁 ヤスダスズヒト       株式会社ケイズ(大橋勉/菅田玲子) 印刷・製本 中央精版印刷株式会社

ダンジョンに出会いを求めるのは

間違っているだろうか 7

乱丁本、落丁本はお取り替えいたします。 本書の内容を無断で複製・複写・放送・データ配信などをす ることは、かたくお断りいたします。 定価はカバーに表示してあります。 ©Fujino Omori Printed in Japan

試し読み版

参照

関連したドキュメント

Table 3 Measurement results of breaking mode 60W, Maximum feed rate.. and table

ニシテ棲敷デ増加スルニ從ヒ漸次老熟セルモノトナシ,之レガ各種疾病二際シテ移動テ來ス

り最:近欧米殊にアメリカを二心として発達した

PowerSever ( PB Edition ) は、 Appeon PowerBuilder 2017 R2 日本語版 Universal Edition で提供される PowerServer を示しており、 .NET IIS

Appeon and other Appeon products and services mentioned herein as well as their respective logos are trademarks or registered trademarks of Appeon Limited.. SAP and other SAP

There is a bijection between left cosets of S n in the affine group and certain types of partitions (see Bjorner and Brenti (1996) and Eriksson and Eriksson (1998)).. In B-B,

“Breuil-M´ezard conjecture and modularity lifting for potentially semistable deformations after

また、同法第 13 条第 2 項の規定に基づく、本計画は、 「北区一般廃棄物処理基本計画 2020」や「北区食育推進計画」、