Vol.7 , No.2(1959)047山崎 次彦「NIRALAMBANA-SUNYA-ABHAVA」

Loading....

Loading....

Loading....

Loading....

Loading....

全文

(1)

N IRALAMBANA-SUNYA-AHAVA

niralambana が 唯 識 無 境 の ﹁ 無 境 ﹄ に 當 る、 唯 烈識 読 に と つ て の 中 心 概 念 の 一 つ で あ る こ と、aunya が い わ ゆ る ﹁ 室 ﹂ の 原 語 で あ る こ と、abhava が ﹁ 非 存 在 ﹂ ﹁ 無 ﹂ を 意 味 し、 量 の 一 つ と し て の ﹁ 無 膿 量 ﹂ を 指 す 揚 合 の あ る こ と、 こ れ ら は 改 め て 断 る ま で も な い。 し か し、 こ の そ れ ぞ れ 否 定 的 な 内 容 を 持 つ 三 つ の 概 念 が 互 に ど の よ う な 蓮 關 を 持 つ か、 と い う こ と に な れ ば、 問 題 は 自 ら 別 で あ る。 こ ゝ で、 ク マ ー リ ラ の ミ ー マ ー ン サ ー ・ シ ュ ロ ー カ ・ ブ ァ ー ル ッ テ ィ カ に し た 漁か つ て、 こ の 間 一題 を 取 り 上 げ て み る。 シ ュ ロ ー カ ・ ブ ァ ー ル ッ テ ィ カ は 周 知 の よ う に、 ミ ー マ ー ン サ ー ・ ブ ハ ー シ ャ に 封 す る 評 繹 で あ る が、 こ ﹄ で は こ の 三 つ の 概 念 に 關 し て、 そ れ ぞ れ Niralamba-vada ( 無 境 読 )、 sunya-vada (塞 の 読 )、Abhava-vada ( 無 の 読 ) な る 論 項 を 設 け て、 そ の 下 に こ れ ら を 詳 読 し て い る。 ク マ ー リ ラ は、 ま ず 佛 教 読 一 般 に つ い て、 ﹁ 喩 伽 行 者 達 は 封 象 の 室 な る 認 識、 arthasunyam vijnanam を 根 糠 と す る 人 々 で あ り、 そ の 認 識さえも存在しないことを希む-tayapyabhavamichanti 人 々 が 中 観 論 者 達 で あ る ﹂ (Nira.K.14 ) と 述 べ て い る。 こ れ は ﹁ 認 識 ﹂vijnana の 存 在 を 許 す か、 許 さ な い か、 に よ つ て 中 観 ・ 喩 伽 の 二 大 乗 を 分 類 し よ う と す る も の で あ る が、 い ま、 こ の 分 類 に 依 つ て、 當 面 のNiralambana-vada と sunya-vada と を 見 る と、 前 者 は 勿 論、 後 者 も 凝 封 象 の 室 な る 認 識 ﹂ を 根 嫉 と す る も の と し て、 と も に 鍮 伽 行 派 の 範 疇 に 包 括 せ ら る べ き も の と い わ ね ば な ら ぬ。 ク マ ー リ ラ の 理 解 に よ る と、Niralambanada の 内 容 は、 こ れ を 概 括 す れ ば、 二 諦 議説 に よ つ て 虚 無 論 へ の 階 諏落 を 防 ぎ つ ゝ、 直 接 知 薦寛prat-yaksa に 醤 ナ る 吟 味 と、 推 論 式 に よ る 論 謎 と に よ つ て、 ﹁ 外 在 的 封 象 の 室 ﹂bahya-arthya を 論 定 し よ う と す る も の で あ り、aumya-vada の 方 は 封 象 の 外 在 性 を 否 定 し て、 認 識 現 象 が ﹁ 観 念 の み ﹂jnana-matra で 成 立 し う る こ と を 圭 張 す る た め に、 こ の ﹁ 観 念 ﹂ が 把 捉 す る も の grahaka で あ る と 同 時 に、 ま た 把 捉 せ ら れ る 竜 の grahya で も あ る こ と を 謹 N I R A L A M BA N A-S U N Y A-A B H A V A ( 山 崎 ) 二 三 三

(2)

-628-N I R A L A M B A N A S U N Y A -A B H A V A ( 山 崎 ) 二 三 四 ( 1 ) 明 し よ う と す る 立 場 を 取 る も の で あ る。 つ ま り、 二 つ の 立 場 は と も に、 ﹁ 封 象 の 室 な る 認 識 ﹂ を 読 き は す る け れ ど も、 そ の 何 れ の 立 揚 に お い て も、 認 識 そ の も の ま で 否 定 し よ う と は し て い な い。 と す れ ば、 こ ゝ で 言 わ れ るsunya-vada と は、 い わ ゆ る 中 観 論 で も 室 観 論 で も あ り え な い。 む し ろ、 こ れ は ﹁ 無 境 ﹂ を 前 提 と し、 そ れ と の 關 蓮 に お い て ﹁ 唯 識 ﹂jnava-matra を 読 く も の と し な け れ ば な ら ぬ。 こ の よ う に 考 え れ ば、 ク マ ー リ ラ は 佛 教 読 を 代 表 し て 喩 伽 行 派 を 取 り 上 げ、 そ の 唯 識 無 境 読 を 二 分 し て、 唯 識 読 の 方 にaunya-vada を 當 て、 無 境 読 に は Niralanbana-vada の 語 を 當 て た、 と 見 徹 す こ と も で き る。 一 つ の 論、 一 つ の 圭 張 と し て の Niralambana-vada, aun-ya-vada の 具 髄 的 内 容 を、 ク マ ー リ ラ が 以 上 の よ う に 理 ﹂解 し て い る と す れ ば、 概 念 と し て の niralambna, sunya そ の も の も、 こ の 線 に 滑 つ て 把 握 せ ら れ て い る で あ ろ う こ と は、 充 分 豫 想 す る こ と が で き る。 niralambana が 認 識 或 は 観 念 に お け る 外 在 的 な 封 象 的 基 腱 を 拒 否 す る 意 味 を 持 つ こ と は 間 違 ひ な い。 こ の 概 念 そ の も の に 封 す る 明 確 な 定 義 は こ ゝ に は 見 出 さ れ な い が、 ブ ハ ー シ ャ の 引 用 す る ﹁ 全 て の 観 念 -pratya は niranbana で あ る ﹂ と い う こ の 立 場 の 主 張 命 題 が、 ブ ァ ー ル ッ テ ィ カ で は、 ﹁ 全 て の 観 念 は mithya-虚 構 で あ る ﹂ と い う 形 に 書 き 代 え ら れ、 こ のmithya” の 語 が さ ら に viparyyaya” -顛 倒 に 置 き 代 え ら れ て い る 揚 合 が あ る こ と は 畔興 味 あ る 黙 で あ る。niralambana は も と も と 認 識 封 象 そ の も の に 關 す る 一 つ の 提 言 を 意 味 す る の に 反 し て、mithya, vipayyya の 方 は 認 識 内 容 或 は 結 果、 し た が つ て 主 観 的 な 観 念 内 容 に 封 す る 債 値 的 批 到 を 含 ん だ 概 念 で あ る。 と す れ ば、 こ の 爾 者 を、 共 通 の ﹁ 全 て の 観 念 ﹂ な る 圭 辮 に 樹 す る 賓 僻 と し て、 無 條 件 に 直 接 的 に 等 置 す る と い う こ と は 許 さ れ な い。 爾 者 の 間 に、 推 理 的 過 程 を 設 定 し て 理 解 し な け れ ば な ら ぬ。 全 て の 観 念 に と つ て、 外 在 的 な 封 象 的 基 髄 を 認 め る こ と は で き な い。 ゆ え に、 全 て の 観 念 は 主 観 的 に 構 成 せ ら れ た も の と し て 虚 構 顛 倒 で あ る、 と。 こ の よ う な 補 足 的 解 繹 を 附 加 す る こ と に よ つ て、 ﹁ 全 ての観念﹂に封して與えられた賓辮としての mithya,vipary-y a y a は nirambana を 前 提 と し、 後 者 は ま た 前 者 を 結 果 と し て 豫 想 す る こ と に ょ つ て、nitalambana は 本 來 認 識 封 象 に 關 わ る 概 念 で あ り な が ら、 観 念 内 容 に 封 す る 債 値 的 批 到 を 含 ん だ 内 容 を 持 つ こ と が で き る。 つ ぎ に、sunya は 軍 猫 で 用 い ら れ る 場 合 も あ る が、 多 く の 揚 合、artha-sunya-野 象 の 室、bahya-artha-sunya -外 在 的 封 象 の 室、 と い う 形 で 用 い ら れ て い る。 そ し て、 輩 猫 で 用 い ら れ る と き に も、 そ の 内 容 は い わ ゆ る 室 観 的 な ﹁ 塞 ﹂ を 意 味 す る よ り は、 む し ろ 襯 念 の 鞠 象 の 外 在 性 の 否 定 を 意 味 し て い

(3)

-629-る よ う で あ る。 し た が つ て、niralambana も suya も、 と も に 観 念 の 外 的 封 象 の 否 定 を 意 味 す る も の と し て は、 内 容 的 に 何 等 の 相 一違 も な い。 た 貸 sunya の 揚 合、niralambana に お け る ご と き 観 念 内 容 に 封 す る 贋 値 的 批 到 は 全 く 含 ま れ ず、 純 粋 に 外 在 的 封 象 そ の も の に 關 わ る も の で あ る。 し か る に、 ブ ハ ー シ ャ で は、 こ の 二 つ の 概 念 の 間 に 論 理 的 な 基 礎 附 け の 關 係 が 見 出 さ れ る。 つ ま り、 全 て の 観 念 が niralamsana で あ り う る の は、 一 切 が sunya で あ る か ら だ、 と い う 意 味 の ( 2 ) 丈 脈 が 讃 み 取 れ る。 こ の 論 理 的 關 係 は ブ ァ ー ル ッ テ ィ カ で は 、 認 め え ず、 以 上 の ご と く 基 本 的 に は 同 じ 概 念 内 容 を 持 つ も の と し て 並 列 的 に 把 え ら れ て い る。 と こ ろ が、 sunya と abhava と の 關 連 が ブ ァ ー ル ッ テ ィ ヵ に 見 出 さ れ る。 す な わ ち、 ﹁ 室 性 の 定 立 は abhava の 把 捉 に あ る ﹂ (sunya., K.261 ) と。sunya=abhava の 等 式 が 成 立 し う る と す れ ば、bahya-artha-sunya はbahya-artha-abhava と な り、 こ れ は niralambana に 他 な ら な い こ と と な る が、 こ の 場 合、sunya は 輩 純 に 非 存 在 を 意 味 す る こ と に な る。 以 上 に よ れ ば、 認 識 封 象 に 關 す る 提 言 と し て は、niralam-bana, sunya の 間 に は 基 本 的 に ぱ そ の 内 容 に 相 違 は 認 め ら れ な い。 そ し て、sunya は こ の 揚 合、 語 の 囎早 純 な 意 味 と し て は、abhava と 等 置 さ れ う る も の で あ る。 と こ ろ が、 前 二 者 と abhava と の 關 係 が、 佛 教 的 立 揚 と ク マ ー リ ラ 自 身 と の 封 論 を 通 じ て、 さ ら に 展 開 さ れ て い る。 ク マ ー リ ラ の コ niral-mbana-vada に 封 す る 論 難 へ の 佛 教 徒 か ら の 反 論 と し て、 ま ず ﹁ わ れ わ れ は niralambana と 名 ず け る い か な る 實 在 vastu を も 認 め る の で は な い ﹂ こ と を 論 擦 と し て、 實 在 論 的 立 揚 か ら す る 論 難 の 成 立 し え な い こ と を 辮 じ さ せ (Nira.,K. 38 )、 こ の 反 論 に 封 し て、 さ ら に、 も し そ れ が 實 在 で な け れ ば、 汝 等 自 身 そ れ を 認 識 す る こ と も、 ま た そ れ を 他 の 人 々 に 読 き 示 す こ と も で き な い で は な い か、 と こ れ を 破 し て い る (nira., K.39 )。 認 識 の 野 象 は 全 て 實 在 で な け れ ば な ら ぬ、 と い う 考 え 方 が、 こ 玉 に 含 董 田 さ れ て い る が、 こ れ に つ い て、 ﹁ で は、 汝 等 が abhava に 謝 象 性 を 許 す の は ど う か ﹂ (Nira., K.9 ) と、 再 び 佛 教 徒 か ら の 論 駁 を 出 し て い る。 こ の 論 駁 は ク マ ー リ ラ が い わ ゆ る ﹁ 無 髄 量 ﹂ を 一 つ の 凋 立 の 認 識 根 擦 と 認 め て い る 黙 を 把 え て、 そ う な ら ば、 否 定 的 到 断 の 封 象 と し て の 非 存 在 簿 abhava を 許 し た こ と に な る が、 そ の よ う に abhava に 封 象 性 を 許 す の な ら ば、 非 實 在 avastu で あ つ て も、niralambana に も 樹 象 性 を 許 す べ き で あ る、 と い う の で あ る。 こ の 佛 教 徒 の 論 駁 は、vastu と bhava と の 等 贋 關 係 を 前 提 と し た も の で あ る が、 ク マ ー リ ラ は こ の 前 提 そ の も の を 否 定 す る。 か れ は、 こ の 二 つ の 概 念 の 混 同 を 許 さ な い。 か れ に よ れ ば、abhava と は、 た と え ば 牛 等 の ご と き 實 在 vastu で あ つ て、 非 實 在 で あ る の で は な い ( Abha., K.9 )。 N IR A L A M BA N A-S U N Y A-A BH A V A ( 山 崎 ) 二 三 五

(4)

-630-N I R A L A M BA N A-S U N Y A -A B H A V A ( 山 崎 ) 二 三 六 し た が つ て、abhava に 封 象 性 を 認 め て も、 そ の ゆ え に 直 ち に nirakambana に も そ れ を 認 め ね ば な ら ぬ、 と は い え な い の で あ る。 で は、 ク マ ー リ ラ に お け る vastu と は、 い か な る 内 容 を 持 つ 概 念 で あ る の か。 そ れ は ま ず、 一 切 の 外 在 的 封 象 を 包 括 す る 概 念 で あ る と い、 え る。 し か し、 こ れ は 軍 に 存 在 に の み 關 わ る も の で は な く、 非 存 在 を も 包 み 込 む 概 念 で あ る。 こ の 存 在 abhava と 非 存 在-abhava と が、 實 は vastu の 屡 性 dharma で あ り、 こ の 屡 性 に 封 す る 實 膿 dharmin が さ ら に 立 て ら れ る。 し た が つ て、vastu は dharmin と dharma と を 持 ち、dharma が さ ら に bhava と abhava と に 分 た れ る の で あ る。 ゆ え に、abhava は vastu の dharma の 一 つ に す ぎ な い こ と に な る。 こ の 際、abhava と abhava と を 分 つ ( 3 ) 原 理 は 感 官 と の 結 合 關 係 indriya-samyga の 有 無 で あ る。 abhava は 感 官 と の 結 合 關 係 を 噺 た れ た も の と し て、 非 存 在 で は あ る が、 こ の 揚 合 の 感 官 と の 結 合 關 係 の 歓 除 は 絶 封 的 意 味 に お け る も の で は な く て、 時 間 的、 室 間 的 な 限 定 の 下 に お け る も の で あ る。 し た が つ て、 こ の 非 存 在 は 他 の 時 所 に お い て は 感 官 と の 結 合 の 可 能 性 を 持 つ-し た が つ て 存 在 で あ り う る 可 能 性 を 確 保 し て い る の で あ る。 こ の ゆ え に、abhava に 認 識 の 封 象 性 が 許 さ れ、abhava の 観 念 は 封 象 的 基 膿 に 裏 附 け ら れ え た の で あ る。 こ れ に 反 し て、niralambana を avastu と 規 定 し た と き、 こ れ は 認 識 の 封 象 領 域 か ら 除 外 さ れ、 niralambana な る 観 念 そ の も の が 丈 字 通 り 封 象 的 基 膿 を 喪 失 し、 輩 な る 虚 構 の 観 念 と な ら ざ る を え な い。 全 て の 観 念 が niralambana で あ り、 minthya で あ る の で は な く て、 か え つ て niralambana な る 観 念 そ の も の が mithya で あ つ た の で あ る。 niralambana を vastu と し て 把 え、 こ れ を bahyartha- sunya-外 在 的 封 象 の 室 と 規 定 し た と き、 こ れ は 認 識 論 的 問 題 領 域 に お い て、 abhava と 直 接 的 に 蓮 關 づ け ら れ た が、 こ れ を vastu の 領 域 か ら 除 外 し た と き、 認 識 の 封 象 性 を 有 す る abhava と の 蓮 關 は き び し く 断 ち 切 ら れ、 封 象 的 領 域 の 外 に 投 げ 出 さ れ ね ば な ら な か つ た。 し た が つ て、 佛 教 の 立 揚 と し て、niralambana, sunya を ク マ ー リ ラ の vastu の 領 域 か ら 除 外 し た と き、 こ れ が い か に し て 把 捉 認 識 さ れ う る か、 と い う こ と が、 答 え る べ き 重 要 な 課 題 と な る。 1 拙 論 ﹁SLOKAVARTTIKA に お け る MIRALAMBAN-A NA-VA-D A へ の 批 剣 ﹂ ( 三 重 榊縣 大 研 究 年 報 一 の 三 )、 ﹁SLOKAVART-TIKA に お け るSUNYAVADA へ の 批 到 ﹂ ( 同 前、 一 の 二 ) 参 照。 2 M IM A M S A-D A R S A N A, kalikata, 1883, p.10. 3 SLOKAVARTTIKA,ABHAVA-, K.19. な お、 拙 論 ﹁SLO-K A V A R T T IK A に お け るABHAVA の 概 念 ﹂ ( 印 度 學 佛 教 學 研 究 四 の 一 ) 参 照。

Updating...

参照

Updating...

関連した話題 :