• 検索結果がありません。

Vol.22 , No.2(1974)038松村 壽巌「日蓮聖人における追善供養の動向と展開」

N/A
N/A
Protected

Academic year: 2021

シェア "Vol.22 , No.2(1974)038松村 壽巌「日蓮聖人における追善供養の動向と展開」"

Copied!
6
0
0

読み込み中.... (全文を見る)

全文

(1)

一 鎌 倉 時 代 に 興 つ て き た 新 仏 教 の 成 立 に は、 旧 仏 教 と 対 比 す る に 多 く の 特 徴 を 有 し て い た が、 そ の 中 で 特 に 銘 記 す べ き 事 は ﹁ 在 家 成 仏 ﹂ の 容 認 と、 そ の 基 盤 と な る ﹁ 平 等 の 理 念 ﹂ で あ ろ う。 な お 鎌 倉 仏 教 が 克 服 し よ う と し た ﹁ 専 修 ﹂ ﹁ 易 行 ﹂ ﹁ 悪 人 正 機 ﹂ ﹁ 信 心 為 本 ﹂ 等 の 問 題 点 は 在 家 成 仏 の 理 念 か ら ( 1) 発 生 し た も の と い う 見 解 が 先 学 の 研 究 で 指 摘 さ れ て い る。 こ の 在 家 成 仏 の 理 念 は、 法 然 の 場 合 ﹁ 南 無 阿 弥 陀 仏 南 無 阿 弥 陀 仏 と 申 せ は 善 人 も 悪 人 も、 男 子 も 女 人 も、 十 人 は 十 人 な か ら 百 人 は 百 人 な か ら、 み な 往 生 を と く る 也 ﹂ と い う ﹃ 念 仏 往 生 要 義 抄 ﹄ の 中 に 説 か れ て い る。 そ し て こ の 法 然 の 教 え を ひ き 継 ぎ そ れ を 高 揚 し て い つ た の が 親 鷺 で あ つ た。 親 鷲 の 弟 子 唯 円 が ﹃ 歎 異 抄 ﹄ の 中 で 彼 の 言 葉 と し て ﹁ 善 人 な お も ち て 往 生 を と ぐ。 い は ん や 悪 人 を や ﹂ と 書 き し る し た。 こ の 言 葉 こ そ 在 家 成 仏 容 認 の 理 念 が 最 も 高 揚 さ れ た も の で あ つ た。 さ ら に 日 蓮 聖 人 の 場 合、 悪 人 が 救 済 の 正 機 と は い わ な い ま で も 悪 人 ・ 女 人 の 成 仏 を 是 認 し て い る こ と な ど が 挙 げ ら れ る だ ろ う。 反 面 に お い て 道 元 の よ う に 出 家 の 修 行 が 絶 対 で あ る と い う 在 家 成 仏 を 否 定 す る 立 場 を と っ た も の も あ つ た。 で は こ こ で テ ー マ と す る 日 蓮 聖 人 に お け る 追 善 供 養 は、 在 家 成 仏 の 中 に い か な る 影 を 落 し て い る か と い う こ と で あ る。 と い う の は 聖 人 の 場 合、 追 善 供 養 は 民 衆 の 要 望 に よ つ て な さ れ て い る と い う こ と、 ま た、 こ の 機 に 女 人 を も 含 め て 救 済 11 成 仏 の 確 信 を 与 え て い る こ と で あ る。 こ の 追 善 供 養 は こ の 鎌 倉 仏 教 展 開 上 の 特 質、 在 家 成 仏 を 解 明 す る 上 で の 重 要 な 要 素 を 含 ん で い る の で は な い か と い う 視 野 に 立 つ て 考 察 し て み た い。 二 日 蓮 聖 人 に お け る 追 善 供 養 を 識 る 前 提 と し て、 鎌 倉 諸 聖 が こ の 供 養 に 対 し て い か な る 姿 勢 を も つ て い た か に つ い て ま ず 日 蓮 聖 人 に お け る 追 善 供 養 の 動 向 と 展 開 ( 松 村) 二 四 三

(2)

日 蓮 聖 人 に お け る 追 善 供 養 の 動 向 と 展 開 ( 松 村) 二 四 四 検 討 し て み よ う。 浄 土 宗 の 法 然 は、 自 己 の 臨 終 近 き こ と を 悟 つ た 時、 ﹁ 孝 養 ( 2) の た め に 精 舎 建 立 の い と な み を な す こ と な か れ ﹂ さ ら に ﹁ 図 ( 3) 仏、 写 経、 檀 施 等 の 善 を 修 す る こ と な か れ ﹂ ( 原 漢 文) と 遺 言 し て い る。 そ の 系 譜 を 受 け 継 ぐ 親 鷺 は、 他 力 往 生 を 遂 ぐ る う え は、 自 カ 所 修 の 追 善 を 要 せ ず と い う 観 点 か ら、 ﹁ 父 母 の 孝 養 の た め と て、 一 返 に て も 念 仏 ま ふ し た る こ と い ま だ さ ふ ら ( 4) は ず ﹂ と 返 べ て い る。 こ れ は、 弥 陀 へ の 絶 対 的 信 を 確 立 し た と こ ろ か ら 導 き 出 さ れ た も の で あ ろ う と 思 わ れ る が、 共 に 死 者 追 善 の 儀 を 否 定 し て い る よ う に 察 せ ら れ る。 さ ら に 道 元 に お い て も、 建 長 元 年 十 月 十 八 日 付 の 永 平 寺 制 誠 第 八 条 に ﹁ 当 寺 住 侶 は 諸 方 墓 堂 供 養 三 昧 僧 に 補 す 可 か ら ざ ( 5) る 事 ﹂ ( 原 漢 文) と い い、 弟 子 懐 舞 に よ り 編 さ れ た ﹃ 正 法 眼 蔵 随 聞 記 ﹄ に は、 ﹁ 孝 順 に 在 家 出 家 の 別 あ り。 在 家 の は、 孝 経 等 の 説 を 守 つ て 生 に つ か え 死 に つ か ふ こ と せ ん み な 知 れ り。 ⋮ ⋮ 忌 日 の 追 善、 中 陰 の 作 善 な ん ど は、 皆 在 家 に 用 ふ る 所 な ( 6) り。 ﹂ と 僧 俗 両 者 の 葬 法 を 別 け、 追 善 行 な ど は 在 家 の も の と 規 定 し て い る。 や は り ﹃ 禅 苑 清 規 ﹄ 等 に み ら れ る 僧 中 心 の 葬 ' 法 で あ り、 前 述 の 出 家 禅 の ワ ク の 中 で 展 開 し て い る。 し か し な が ら、 こ こ で 考 え た い の は 諸 聖 の 高 次 な 宗 教 意 識 が そ の ま ま 一 般 民 衆 に 受 け 容 れ ら れ た か と い う こ と で あ る。 鎌 倉 仏 教 が 正 客 と し て 迎 え た 中 世 の 民 衆 の そ の 蒙 昧 さ を 吟 味 し て み る と 弱 干 の 危 惧 の 念 が あ る。 換 言 す れ ば 常 に そ の 生 活 感 情 と 無 関 係 に 受 容 さ れ る も の で な い と す る 側 面 が 挟 り 出 さ れ る。 例 え ば 法 然 の 弟 子 達 は、 先 に 掲 げ た 師 の 遺 言 に も か か わ ら ず 法 然 の た め ﹁ 世 間 の 風 儀 に 順 じ て、 念 仏 の ほ か の、 七 日 七 日 の 仏 事 ﹂ を 営 な ん で い る。 具 体 的 に は、 初 七 日 の 法 要 に は 檀 那 (施 主) と し て 大 宮 入 道 大 臣 実 宗、 導 師 と し て は 信 蓮 房 が、 二 七 日 に は 別 当 入 道 孫 が 檀 那 と し て 求 仙 房 が 導 師 を ( 7) 勤 め、 順 次 七 七 日 ま で 追 善 の た め の 供 養 が 行 な わ れ て い る。 ま た 親 鷺 の 妻 の 恵 信 尼 で さ え も、 自 己 の 生 命 の 終 極 を 悟 つ た 時、 ﹁ い き て 候 時 そ と ば を た て て み 候 は ば や と て、 五 ぢ う ( 8) に 候 い し の た う を、 た け 七 さ く に あ つ ら へ て 候、 ﹂ と 夫 親 攣 の 立 場 か ら す れ ば 当 然 否 定 さ れ る べ き 卒 塔 婆 の 造 立 を 試 み て い る こ と で あ る。 こ う し た 事 例 に 即 し て も、 仏 教 に よ る 死 者 追 善 は、 当 時 の 人 々 に と つ て ﹁ 世 間 の 風 儀 ﹂ で あ つ て、 仏 教 と 死 者 の 追 善 供 養 は 切 つ て も 切 れ な い 関 連 性 を も つ も の と し て、 当 時 民 衆 に 受 け と め ら れ て い た も の と 理 解 さ れ る だ ろ う。 三 旦 連 聖 人 に お い て は、 他 の 鎌 倉 祖 師 達 が 否 定 し て い る 追 善 供 養 を 自 己 の 宗 義 の 中 に と り 入 れ て い る。 で は こ こ で 究 明 し た い の は、 聖 人 は な ぜ 死 者 追 善 行 を と り 入 れ て い つ た か と い

(3)

う こ と で あ ろ う。 そ れ に は ま ず 時 代 背 景 を 考 慮 す る こ と も 必 要 と な ろ う。 こ の 時 代 と は、 末 法 意 識 に よ る 民 衆 の 不 安 感 の 増 長 と い う こ と が あ る。 況 ん や、 相 次 ぐ 天 災 地 変、 さ ら に は 蒙 古 襲 来 等 の 内 憂 外 患 の 連 続 す る 世 相 が、 大 き く 影 響 し て い つ た こ と は 拭 い 切 れ な い こ と で あ つ た ろ う。 と い う こ と は 民 衆 の 緊 迫 し た 直 向 な 救 済 の 要 望 と い う 線 上 で 展 開 し て い る と 思 わ れ る の で あ る。 こ こ で 安 房 国 天 津 の 武 士 で あ つ た 弥 四 郎 の 場 合 を み て み た い。 弥 四 郎 は 説 法 を 聴 聞 し た 後、 日 蓮 聖 人 に あ い、 世 間 無 常 な り、 い つ と 申 事 を し ら ず。 其 上、 武 士 に 身 を ま か せ た る 身 な り、 又、 ち か く 申 か け ら れ て 候 事、 の が れ が た し。 さ る に て は 後 生 こ そ を そ ろ し く 候 へ、 た す け さ せ 給 へ ( 光 日 房 御 書、 曾、 昭 和 定 本 日 蓮 聖 人 遺 文 一 一 五 七 頁、 以 下 定 遺 と 略 す) と 訴 え て い る。 こ こ に は 武 士 と し て の 心 境 が よ く 滲 み 出 て い る。 武 士 に と つ て 戦 い と は、 常 に 人 を 殺 す か 自 分 が 死 ぬ か で あ る。 い ず れ に し て も 殺 生 を こ と と す る 武 士 に と つ て 堕 地 獄 は 必 定 の 姿 で あ つ た。 そ の 弥 四 郎 が 母 に 先 立 つ た 時、 母 光 日 尼 は、 (弥 四 郎 は) 人 を も こ ろ し た り し 者 な れ ば、 い か や う な る と こ ろ に か 生 て 候 ら ん、 を ほ せ を か ほ り 候 は ん ( 同 一 一 五 八 頁) と 歎 願 し て い る。 こ こ に は 武 士 と し て 犯 さ ざ る を 得 な い 罪 業 と、 そ の 業 因 に よ る 来 世 へ の 不 安 の 念 が 如 実 に 照 し 出 さ れ て い る。 聖 人 は こ れ に 応 え て, 故 弥 四 郎 殿 は、 設 悪 人 な り と も、 う め る 母、 釈 迦 仏 の 御 宝 前 に し て 昼 夜 な げ き と ぶ ら は ば、 争 か 彼 人 う か ば ざ る べ き。 い か に い わ う や、 彼 人 は 法 華 経 を 信 じ た り し か ば、 を や を み ち び く 身 と そ な ら れ て 候 ら ん。 ( 同 一 一 六 〇 1 一 頁) と 書 き 送 つ て い る。 し か も 聖 人 は そ の 母 に 対 し て は、 ﹁ 釈 迦 仏 の 御 宝 前 に し て 昼 夜 な げ き と ぶ ら ﹂ う と い う 追 善 行 の 受 容 に 基 く 行 為 に よ つ て、 武 士 の 罪 業 感 に 対 す る 救 済、 弥 四 郎 に と つ て は、 法 華 経 の 信 仰 に よ り そ の 母 も ﹁ み ち び く 身 ﹂ と な る と し、 両 者 の 救 済 の 確 信 を 与 え て い る の で あ る。 こ の よ う な 絶 対 的 な 証 言 を 求 め る 人 々 に 応 え る の に、 聖 人 は 説 話 を も つ て 応 答 し て い る 例 が 多 く あ る。 そ の 一 例 と し て ﹃ 妙 心 尼 御 前 御 返 事 ﹄ に よ れ ば, ﹁ あ の 蘇 武 が 胡 国 に 十 九 年、 ふ る さ と の 妻 と 子 と の こ ひ し さ に、 雁 に つ け し ふ み ﹂ と 書 し て い る。 こ の 蘇 武 説 話 を す ず ( 種 々) の も の 給 て 候 ⋮ ⋮ こ れ も ひ と へ に 故 入 道 殿 の 御 わ か れ の し の び が た き に、 後 生 の 御 た め に て こ そ 候 ら ん め。 ね ん ご ろ に ご せ ( 後 生) を と ぶ ら は せ 給 候 へ ば、 い く そ ば く う れ し く お は し ま す ら ん。 ( 興、 一 七 四 七 頁) と、 生 別 し た も の の つ ら さ を 語 る も の と し て 転 用 し て、 亡 き 夫 へ の 供 養 を 称 揚 し て い る の で あ る。 な お こ の よ う な 追 善 供 養 を 機 た る 消 息 に は 必 ず と い つ て い い ほ ど ﹁ 考 養 ﹂ の 語 が 含 日 蓮 聖 人 に お け る 追 善 供 養 の 動 向 と 展 開 ( 松 村) 二 四 五

(4)

日 蓮 聖 人 に お け る 追 善 供 養 の 動 向 と 展 開 ( 松 村) 二 四 六 ま れ て い る こ と で あ る。 こ の 孝 養 と は 現 世 の 倫 理 観 で, あ る が、 聖 人 に と つ て は、 (親) 二 切 は を や に 随 べ き に て こ そ 候 へ ど も、 仏 に な る 道 は 随 ぬ ( 9) が 孝 養 の 本 に て 候 ﹂ と、 そ こ か ら 自 ら も 仏 に な り、 親 を も 救 う の が 誠 の 報 恩 と い う 聖 人 一 流 の、 世 俗 的 孝 養 と は 趣 の 異 な (10) つ た 宗 教 的 孝 養 を 導 き 出 し て い る の で あ る。 で は こ の 孝 養 と 追 善 供 養 と は い か に 結 び つ き 展 開 し て い る も の か つ き に 検 討 し て み よ う。 ま ず 南 条 氏 の 動 向 を 例 に 挙 げ て み た い。 南 条 兵 衛 七 郎 は 聖 人 に 帰 依 し て い た が、 な お 家 人 は 念 仏 を 捨 て て い な い と い う 状 況 で あ つ た。 し か し 兵 衛 七 郎 の 没 後、 子 息 時 光 は 身 延 の 聖 人 へ ﹁ か た び ら 一 ・ し を い ち だ ・ あ ぶ ら 五 そ う ( 升) ﹂ を 供 養 し て い る。 聖 人 は そ れ に 応 え て 説 話 ( 鎌 倉 孝 子 の 謳) を 詳 記 し 説 い て い る の で あ る。 今 の 御 心 ざ し み 候 へ ば、 故 な ん で う ど の は た だ 子 な れ ば、 い と を し と わ を ぼ し め し け る ら め ど も、 か く 法 華 経 を も て 我 が け う や う ( 孝 養) を す べ し と は よ も を ぼ し た ら じ。 た と ひ つ み あ り て、 い か な る と こ ろ に を は す と も、 こ の 御 け う や う の 心 ざ し を ぱ、 え ん ま ほ う わ う ( 閻 魔 法 皇) ・ ぼ ん で ん ( 梵 天) ・ た ひ し ゃ く ( 帝 釈) ま で も し ろ し め し ぬ ら ん。 ( 南 条 殿 御 返 事、 真、 定 遺 一 一 七 六 頁) と、 故 父 の 後 生 を 弔 う 行 為 を ﹁ 孝 養 ﹂ と し て 意 味 づ け て い る。 す な わ ち 法 華 経 の 信 仰 に 基 く 追 善 行 を 称 え て い る と 考 え ら れ る の で あ る。 ま た 建 治 四 年 二 月、 下 総 の 富 木 氏 は 母 の 第 三 回 忌 に あ た つ て、 青 髭 七 結 を 身 延 の 日 蓮 聖 人 の 許 に 送 つ て い る。 聖 人 は こ の 供 養 を 喜 び、 さ ら に こ の 消 息 の 末 尾 に ﹁ 末 代 凡 夫 聞 二 此 法 門 ↓ 唯 我 一 人 非 二 成 仏 ↓ 父 母 又 即 身 成 仏。 此 第 (11) 一 孝 養 也。 ﹂ と 書 き 送 つ て い る。 こ こ に は、 追 善 行 に よ つ て 自 分 と 親 と の 成 仏 を 確 信 さ せ る に 至 つ て い る。 そ れ が ﹁ 孝 養 ﹂ で あ り、 法 華 経 の 信 仰 を 通 じ て ﹁ 孝 養 ﹂ が 自 己 の 来 世 に ま で 及 ぼ さ れ て い る こ と を 示 し て い る。 つ ぎ に ﹃ 法 蓮 砂 ﹄ に よ る と 法 蓮 は 弘 長 三 年 父 の 死 に 遭 う や、 そ れ 以 来 十 三 回 忌 に 至 る ま で 毎 日 自 我 偶 一 巻 を 読 諦 回 向 す る 生 活 を 営 な ん で い る。 さ ら に 父 の 十 三 回 忌 に あ た つ て、 法 華 経 五 部 を 転 読 し た と と に (12) 対 し て こ の 消 息 は 書 か れ た も の で あ る。 そ し て、 こ の 仏 事 を い そ し ん だ 法 蓮 を ﹁ 孝 養 ﹂ な る も の と し て 称 え て い る の で あ る。 こ れ ら の こ と か ら、 法 華 経 に よ る 追 善 供 養 は ﹁ 説 話 ﹂ を 媒 介 と し、 中 で も ﹁ 孝 養 ﹂ と い う 不 離 不 可 欠 な 要 素 を 伴 な い な が ら、 現 世 と 来 世 と の 紐 帯 の 宗 教 的 契 機 と し て 発 展 し て い く、 重 要 な 意 味 を も つ て い た と 読 み と れ る だ ろ う。 四 つ ぎ に 追 善 法 要 儀 式 の 具 体 的 な 例 を 挙 げ て み た い。 こ れ に は ﹁ 墓 前 供 養 ﹂ と ﹁ 塔 婆 供 養 ﹂ と が あ る。 ま ず 墓 前 供 養 に つ

(5)

い て み る と、 文 永 十 二 年 南 条 時 光 宛 の ﹃ 春 之 祝 御 書 ﹄ に、 此 御 房 は 正 月 の 内 に つ か わ し て、 御 は か に て 自 我 偶 一 巻 よ ま せ ん と を も ひ て ま い ら せ 候。 ( 真、 定 遺 八 五 九 頁) と あ り、 此 御 房 は 誰 で あ る か 不 明 だ が、 前 後 の 関 係 か ら 日 興 と す る 通 説 に 従 え ば、 自 興 を し て 南 条 兵 衛 七 郎 の 墓 前 に 追 善 の た め の 自 我 偶 を 読 諦 せ し め て い る。 さ ら に 同 年、 大 進 阿 闇 梨 を し て 高 橋 六 郎 入 道 へ の 供 養 の た め 自 我 偶 を 読 諦 さ せ て い る。こ の 時 聖 人 身 延 在 住 の 時 で も あ り、 関 東 の 内 な ら ば、 我 と ゆ き て 其 は か に 自 我 偶 よ み 候 は ん と 存 て 候。 し か れ ど も、 当 時 の あ り さ ま は 日 蓮 か し こ へ ゆ く な ら ば、 其 日 に 一 国 に き こ へ、 又 か ま く ら ま で も さ わ ぎ 候 は ん か。 心 ざ し あ る 人 な り と も、 ゆ き た ら ん と こ ろ の 人 人 め ( 目) を を そ れ ぬ べ し。 い ま ま で と ぶ ら い 候 は ね ば、 聖 霊 い か に ご ひ し く を は す ら ん と を も へ ば、 あ る や う も あ り な ん。 そ の ほ ど ま つ 弟 子 を つ か わ し て 御 は か に 自 我 偶 を よ ま せ ま い ら せ し な り。 ( 智 慧 亡 国 御 書、 真、 定 遺 一 一 三 一 頁) と い う 状 況 を か ん が み て、 弟 子 を 遣 わ す と い う の で あ る。 か つ こ の こ と は 聖 人 自 身 に て も 墓 前 供 養 を 行 つ て い た こ と を 提 示 す る も の で あ ろ う。 さ ら に 墓 前 供 養 に は ﹁ 自 我 偶 ﹂ の 読 諦 と い う 一 つ の パ タ ー ン が 決 ま つ て い た よ う で あ る。 ま た 弘 安 元 年 七 月、 阿 仏 房 の 妻 千 日 尼 に 与 え た 消 息 の 中 に (13) ﹁学 乗 房 を も つ て は か に つ ね つ ね 法 華 経 を よ ま せ 給 へ ﹂ と、 一 谷 入 道 へ の 供 養 を 学 乗 房 に 伝 言 し て い る。 こ れ に よ つ て も 地 方 の 信 者 へ は、 自 分 の 弟 子 を も つ て 墓 前 供 養 を さ せ る と と も に、 彼 等 を 教 導 し て い つ た こ と も う か が え る だ ろ う。 つ き に ﹁ 塔 婆 供 養 ﹂ を み て み よ う。 弘 安 二 年 十 一 月、 中 興 入 道 夫 妻 が む す め の 十 三 回 忌 に 丈 六 の 卒 塔 婆 を た て、 其 の 面 に 南 無 妙 法 蓮 華 経 の 七 字 を 書 し た こ と を 聞 い た 聖 人 は つ ぎ の よ う に 述 べ て い る。 南 無 妙 法 蓮 華 経 の 七 字 を 顕 し て を は し ま せ ば、 ・⋮ -過 去 の 父 母 も 彼 そ と ば の 功 徳 に よ り て、 天 の 日 月 の 如 く 浄 士 を て ら し、 孝 養 の い の ち 人 虹 に 妻 子 は 現 世 に は 寿 を 百 二 十 年 持 ち て、 後 生 に は 父 母 と と も に 霊 山 浄 士 に ま い り 給 は ん ( 中 興 入 道 御 消 息、 内、 定 遺 一 七 一 八 -九 頁) こ れ に よ る と、 む す め の み な ら ず 亡 父 母 の 追 善 と 造 立 者 の 現 当 二 世 の 功 徳 が 説 か れ て い る。 さ ら に そ の 末 尾 に は ﹁ 此 よ り 後 々 の 御 そ と ば に も 法 華 経 の 題 目 を 顕 し 給 へ ﹂ と 塔 婆 形 式 を 規 定 し て い る の で あ る。 塔 婆 供 養 自 体 先 に 掲 げ た 恵 信 尼 も、 た け 七 尺 の 塔 婆 造 立 を 試 み た こ と な ど、 当 時 一 般 的 に 流 布 し て い た 供 養 形 態 で も あ つ た。 な お 塔 婆 供 養 に つ い て は す で に 法 華 経、 如 来 神 力 品 に ﹁ 塔 を 起 て て 供 養 す べ し。 所 以 は (14) 何 ん。 当 に 知 る べ し、 こ の 処 は 即 ち こ れ 道 場 ﹂ 云 々 と 塔 を 立 て て 供 養 す る こ と が 説 か れ て い る。 聖 人 が 塔 婆 供 養 を 肯 定 し て も 何 ら 不 思 議 は な い も の と 指 摘 で き よ う。 日 蓮 聖 人 に お け る 追 善 供 養 の 動 向 と 展 欄 ( 松 村) 二 四 七

(6)

日 蓮 聖 人 に お け る 追 善 供 養 の 動 向 と 展 開 ( 松 村) 二 四 八 五 以 上 日 蓮 聖 人 に お け る 追 善 供 養 を み て き た わ け で あ る が、 そ こ に は 日 蓮 宗 独 自 の 葬 法 は な く、 そ こ に あ る も の は、 普 遍 的 に 流 れ て き た 葬 法 を そ の ま ま 踏 襲 し 運 用 し て い る に 他 な ら な い。 な お 聖 人 と 檀 越 と の 師 檀 関 係 は か か る 追 善 供 養 を、 最 初 の 機 縁 た る も の と し て で は な く、 師 檀 関 係 の 伸 張 と い う 意 味 に お い, て 営 な ん だ も の と い う こ と も で き よ う。 そ れ ゆ え こ (15) れ が 聖 人 の 宗 教 を 個 人 よ り 家 へ と す る 一 端 と も な ろ う。 な お か つ 聖 人 が 自 己 の 宗 教 の 中 に と り 入 れ た 死 者 追 善 の 行 儀 は、 民 衆 の 不 安 感 か ら く る 救 済 の 声 に 絶 対 的 証 言 を 与 え る 場 と し て 重 要 な も の で あ つ た。 さ ら に い え ば 何 よ り も 現 実 に 対 す る 鋭 い 洞 察 と 真 摯 な 対 応 に よ つ て 生 じ て き た も の で あ つ た。 民 衆 の 生 活 化 さ れ た 信 仰 を 把 握 し、 そ の 中 に あ つ て 現 実 に 即 し た 宗 教 を 打 出 し た 点 な ど、 鎌 倉 仏 教 の 一 つ の 典 型 を 見 出 せ る も の と 思 わ れ る。 ( 書 目 略 真 は 真 蹟 存、 曾 は 真 蹟 曾 存、 興 は 日 興 の 写 本、 内 は 録 内) 1 こ こ で は 藤 井 学 氏 ﹁ 中 世 宗 教 の 成 立 ﹂ 三 一 書 房 ﹃ 講 座 日 本 文 化 史 ﹄ に よ る。 2 恵 谷 隆 戒 氏 編 ﹃ 法 然 上 人 行 状 絵 図 ﹄ 第 三 十 九。 3 没 後 遺 誠 文 ﹃ 浄 土 宗 全 書 ﹄ 第 九 巻 四 四 五 頁。 4 歎 異 抄 金 子 大 栄 氏 編 ﹃ 親 鷺 著 作 全 集 ﹄ 六 七 六 頁。 5 建 捌 記 ﹃ 大 日 本 仏 教 全 書 ﹄ 遊 方 伝 叢 書 第 三。 6 ﹃ 曹 洞 宗 全 書 ﹄ 宗 源 下 二 一 四 ー 五 頁。 7 註 2 に 同 じ。 8 全 子 前 掲 書 六 六 五 頁。 9 兄 弟 砂 真 定 遺 九 二 八 頁。 10 高 木 豊 氏 ﹃ 日 蓮 と そ の 門 弟 ﹄ 二 二 九 頁 参 照。 11 始 聞 仏 乗 義 真 定 遺 一 四 五 二 -四 頁。 12 法 蓮 砂 真 定 遺 九 四 三 i 五 頁。 13 千 日 尼 御 前 御 返 事 真 定 遺 一 五 四 七 頁。 14 坂 本 幸 男 ・ 岩 本 裕 氏 訳 註 ﹃ 法 華 経 ﹄ ( 岩 波 文 庫)。 15 高 木 豊 氏 ﹃ 日 蓮 ﹄ ( 評 論 社) 二 三 〇 頁 参 照、 な お 同 書 で は、 中 世 に お け る 貞 節 と 孝 養 を 追 求 し 論 理 的 裏 付 け を も つ て、 こ の 貞 節 と 孝 養 を 媒 介 と し て 日 蓮 聖 人 の 宗 教 を 家 の 宗 教 と す る 意 義 付 け が な さ れ て い る。 ( 詳 し く は 立 正 大 学 日 蓮 数 学 研 究 所 紀 要 に 報 告 の 予 定。)

参照

関連したドキュメント

III.2 Polynomial majorants and minorants for the Heaviside indicator function 78 III.3 Polynomial majorants and minorants for the stop-loss function 79 III.4 The

191 IV.5.1 Analytical structure of the stop-loss ordered minimal distribution 191 IV.5.2 Comparisons with the Chebyshev-Markov extremal random variables 194 IV.5.3 Small

Surveillance and Conversations in Plain View: Admitting Intercepted Communications Relating to Crimes Not Specified in the Surveillance Order. Id., at

HW松本の外国 人専門官と社会 保険労務士のA Dが、外国人の 雇用管理の適正 性を確認するた め、事業所を同

実施日 6 月 8、22 日 慶野松原海水浴場 93 人(内 21 人が

[r]

小・中学校における環境教育を通して、子供 たちに省エネなど環境に配慮した行動の実践 をさせることにより、CO 2

小学校における環境教育の中で、子供たちに家庭 における省エネなど環境に配慮した行動の実践を させることにより、CO 2