完 了 過 去は 完 了 的 な過 去 か

全文

(1)

(87)

完 了 過 去は 完 了 的 な過 去 か

ス ペ イ ソ語 の完 了過 去 と不 定 過 去

寺 崎 英 樹

1.は じ め に

ス ペ イ ソ 語 の 時 制 体 系 に つ い て,あ らた め て 考 え る 直 接 の 契 機 とな っ た の は,最 近 刊 行 さ れ たRealAcademiaEsPafiola(1973)を 読 む 機 会 を 得 た こ とで あ っ た 。 同 書 は,そ こで 述 べ られ て い る と こ ろ に よ る と,ア カ デ ミア (以 下RAEと 記 す)の 文 法 委 員 会 が 将 来 の 文 法 の 基 礎 とす る た め 総 会 提 出 用 に 作 成 した 素 材 で あ っ て,ま だ 規 範 性 を 有 す る も の で は な い 。 した が っ て,そ こ で 「素 描 」 さ れ た 文 法 は,何 らRAEの 公 式 見 解 を 代 表 す る も の で は な く,ま た 将 来 の ア カ デ ミア 文 法 が,こ れ に 準 じた も の と な る こ とが 約 束 さ れ て い る わ け で も な い 。 た だ,公 式 性 ・規 範 性 と い っ た こ とは 別 と して, と も か く従 来 の ア カ デ ミア 文 法(RAE,1959)は,陳 腐 化 した 部 分 も 少 く な い の で あ るか ら,新 しい ア カ デ ミア文 法 が 刊 行 さ れ て い な い 現 在,本 書 の 出 現 は 歓 迎 され る と こ ろ で あ る 。

と こ ろ で,同 書 で は,従 来 の ア カ デ ミア 文 法(RAE,1959)と 比 較 して, 動 詞 の 叙 法 ・時 制 に つ い て 注 目す べ き修 正 が 加 え られ て い る。 これ らを 要 約 す る と,ま ず 叙 法 に つ い て は,

(1)人 称 ・数 の 形 態 素 の 有 無 に よ っ て,動 詞 形 式 をformaspersonales

(人 称 形)とformasimpersonalesま た はnopersonales(非 人 称 形)に 二 分 し た 。 後 者 に は,不 定 詞,par七icipio(過 去 分 詞)お よ び9erundio(現 在

*本 稿は ,第21回 日本イ スパニア語学 会(1974年10月13日)で 「スペ イン語

の時制組織 について」 と題 して発表 した草稿 の前半部 に大 幅 な加筆 ・修正を行 っ

た もので あ る.

(2)

分 詞)軋が ふ くまれ る。 こ の 結 果,従 来 のmodoinfinitivo(不 定 法)は,叙 法 か ら は ず され た 。

(2)人 称 形 は,直 説 法 ・接 続 法 ・命 令 法 の 三 つ の 叙 法 に 分 け ら れ た 。 modopotencial(可 能 法)は,独 立 の 叙 法 た る 資 格 を 失 い,直 説 法 中 の 時 制

と さ れ る に 至 っ た 。

次 に,時 制 に つ い て 見 る と,

(1)直 説 法 のpret6ritoindefinido(不 定 過 去)と い う 名 称 がpret6rito PerfectosimPle(単 純 完 了過 去)と い う名 称 に,従 来 のpret6ritoperfecto (完 了 過 去)がpret6ritoperfectocompuesto(複 合 完 了 過 去)と い う 名 称 に そ れ ぞ れ 改 称 され た 。

(2)可 能 法 が 削 られ た の に と も な っ て,可 能 法 単 純 形 はcondicional,同 複 合 形 はcondicionalperfectoと い う名 称 で,直 説 法 の 中 に 編 入 さ れ た 。

こ の 外,接 続 法 に 関 して は 変 更 が な い が,命 令 法 は,接 続 法 現 在 と 同 一 の 1人 称 と3人 称 の 形 式 が は ず さ れ,2人 称 の 単 複2形 式 の み に 整 理 され た 。 以 上 の 修 正 点 に つ い て 若 干 の 検 討 を 加 え る と,ま ず 叙 法 は,叙 述 の 内 容 dic七umに 対 す る 話 し手 の 心 的 態 度modusに か か わ る 文 法 範 ち ゅ う と見 る 限 り,文(oraci6n)の 中 核 と な る 動 詞 形 式(人 称 形)の み に 与 え る の が 妥 当 で あ る。 こ の 意 味 で,人 称 形 ・非 人 称 形 の 区 別 を 導 入 す る こ とは,叙 法 の 概 念 を 明 確 化 す る こ とに な り,改 善 で あ る と言 え る。 次 に,可 能 法 を 解 体 して 直 説 法 の 中 に 還 元 す る こ とに つ い て は,周 知 の と お り,す で にBello(1964), Lenz(1944)を は じめ,こ れ を 提 唱 す る 文 法 家 が 少 くな い 。 可 能 法 は,形 式 上 か ら も 意 味 上 か ら も,直 説 法 未 来 時 制 と密 接 な 関 係 を 有 す るか ら,同 じ叙 法 の 範 ち ゅ う内 で 扱 うの が 適 当 と考 え られ る 。 した が っ て,こ れ を 直 説 法 に 編 入 す る こ とに 特 別 の 問 題 は な い 。 も っ と も,未 来 時 制 と可 能 法 を 直 説 法 の 他 の 時 制 と 同一 の 平 面 で 取 り扱 っ て 良 い か ど うか は 問 題 で あ るが,今 は,こ れ 以 上 触 れ な い で お く。

問 題 な の は,時 制 体 系 の 中 に お け る 「完 了 過 去 」 と 「不 定 過 去 」 の 扱 い で

あ る 。 本 稿 で は,「 完 了 過 去 」 時 制 を 中 心 と して,こ れ が 動 詞 の 時 制 体 系 の

(3)

完 了過去 は完了的 な過去 か(寺 崎) (89)

中 で 占 め るべ き 位 置 に つ い て 考 察 を す す め た い と思 う。

本 論 に 入 る 前 に,次 の こ と を こ とわ っ て お く。 時 制 の 名 称 に つ い て,従 来 のRAE(1959)に 従 う慣 用 に は 必 ず しも 賛 成 し難 い 。 しか し,新 奇 な 用 語 を 持 ち 出 して 混 乱 を ひ き 起 す こ とは 避 け た い と思 う。 そ こで,時 制 の 名 称 は,従 来 の 一 般 の 慣 用 に 従 う。 「過 去 」 と名 の 付 く時 制 に つ い て は,し た が っ て,「 完 了 過 去 」(pret6ritoperfecto),「 未 完 了 過 去 」(pret6ritoimper一

く の

fecto),「 不 定 過 去 」(pre七6ri七 〇indefinido),「 大 過 去 」(pre七6ritopluscuam‑

perfec七 〇),お よ び 「直 前 過 去 」(pret6ri七 〇anterior)を 用 い る 。RAE(1973) の 新 名 称 は,必 要 に 応 じ て 引 用 す る こ と に し た い 。 ま た,こ こ で の 考 察 は, 直 説 法 の 時 制 に 限 ら れ る 。

2.二 つ の 「完 了 過 去 」

RAE(1973)よ り 前 に,RAEの 辞 書 新 版(RAE,1970)で は,す で にpret6ritoperfectosimpleとpre七6ritoperfectocompuestoと い う 名 称 が そ れ ぞ れpret6ritoindefinidoとpret6ritoperfectoに 代 っ て 公 認 さ れ て い る 。RAE(1973)の 用 語 は,こ の 修 正 に そ っ て い る わ け で あ る 。

こ れ ら 新 名 称 か ら 直 ち に 連 想 さ れ る の は,フ ラ ン ス 語 のPasse'simPle(単

ノ ノ

純 過 去)お よびPassecomPose(複 合過 去)と い う用 語 で あ る。 上 記 の新 名 称 は,た ぶ ん,こ れ の影 響 を 受 け た の で は な いか と想 像 され る。現 代 フ ラ ソ ス 語 に 目を 向け る と,一 部 の 方 言 は別 と して,口 語 で は,単 純 過 去 は用 い ら れ ず,も っぱ ら複 合 過 去 が使 用 され る。 元 来,両 時 制 に は用 法上 の差 異 が 存 在 した ので あ るが,口 語 で は,複 合過 去 が 単純 過 去 の ほ とん ど完全 な代 役 を つ とめ て い る。 した が って,単 純 過 去 ・複 合過 去 とい う名称 に特 に不 都 合 は

く ラ

な く,む しろわ か り易 い用 語 で あ る と言 え るか も しれ な い。

と ころが,ス ペ イ ン語 の場 合,不 定 過 去 と完 了過 去 は,完 全 に代 替 可 能 な

(1}日 本の スペ イ ン語界で は,不 完 了過去 とい う訳語が 普通であ るが,不 完了 よ り 未 完 了 の 方 が 一 般 的 な 用 語 と 思 う の で,未 完 了 過 去 と す る.

(2)た だ し,規 範 文 法 は 別 と し て も,フ ラ ソ ス 語 の 表 面 上 の 現 状 は ど うあ れ,両 時

制 の 構 造 上 の 価 値 を は っ き り区 別 す る論 者 は 依 然 多 い.

(4)

時 制 で は な く,一 方 が 他 方 よ りも特 に 頻 繁 に 使 用 さ れ る とい う こ と も な い 。 も っ と も,あ る地 方 で は,一 方 の 形 式 が 多 用 され る とい う 傾 向 は 存 す る。

RAE(1973,p.466)の 指 摘 に よ る と,ガ リシ ア,ア ス トゥ ー リア ス お よ び イ ス パ ノ ア メ リ カ の 大 部 分 で ほ,heeantaaoの 代 りにoα 初6の 形 式 が 優 勢 で あ り,逆 に マ ド リー ドの 俗 語 や ア ル ゼ ン チ ン の ア ン デ ス 地 方 で は,乃 θ cantaaoの 形 式 が 好 まれ る と い う こ とで あ る 。 しか し,こ こ で 考 察 の 対 象 と す る の は,標 準 的 なcastellanoで あ っ て,地 方 的,社 会 的 な 変 異 は 度 外 視

しな け れ ば な らな い 。

本 国castellanoの 場 合 に も,あ る地 域 の 個 人 を 対 象 とす れ ば,ど ち らか の 時 制 に 偏 よ る傾 向 が 存 在 す る場 合 も 考 え られ る。 しか し,こ の よ うな あ る 個 人 ま た は 地 域 のusage(慣 用)は 別 と して,langueま た はnormeと して

(3)

の ス ペ イ ン 語 に は,な お 両 形 式 の 共 存 と 区 別 が あ る と見 て 差 支 え な い 。 な ぜ な ら,さ ま ざ ま の 現 代 の 資 料 か ら判 断 して,両 時 制 は 一 定 の 使 用 範 囲 を 保 っ て お り,決 して 相 互 に 排 除 し合 う も の で な い こ と は 明 らか で あ る か らで あ る。 一 例 を あ げ る と,CriadodeVa1(1968)に よれ ば,マ ド リー ド出 身 の 劇 作 家Benaventeの 作 品 で は,そ れ らが 会 話 を 主 とす る 戯 曲 で あ る に もか か わ らず,完 了過 去 と不 定 過 去 の 頻 度 に つ い て 特 別 の 傾 向 は 認 め られ な い 。 ま た,同 氏 に よ る と,並 の 教 養 あ る ス ペ イ ン人 に と っ て,両 時 制 の 使 い 分 け に は 何 ら 困 難 は な く,そ の 相 違 は,一 般 大 衆 に も は っ き り と意 識 さ れ て い る

と言 う。

以 上 の よ うな こ とか ら,RAE(1970,1973)の 新 名 称 「単 純 完 了 過 去 」 お よ び 「複 合 完 了 過 去 」 は,誤 解 を 招 き易 い 表 現 で は な い か と思 う。 両 時 制 は と も に 「完 了 過 去 」 で あ り,単 に 形 式 上 の 相 違(単 純 か 複 合 か)が あ る だ け の よ う な 印 象 を 受 け る か ら で あ る 。 事 実,RAE(1970)に お け るpre‑

t6ritoperfectoの 項 の 説 明 は,次 の よ うで あ る。

Tiempoquedenotaseryapasadalasignificaci6ndelverbo,y

(3)usageの 概 念 は,Hjelmslevに よ る(cf・Ducrot・Todorov,1972).

(5)

完 了 過 去 は 完 了 的 な 過 去 か(寺 崎)(91)

sedivideensimpleycompues七 〇.(P.1063)

し か し,こ の よ う に 形 式 上 の 差 異 の み で あ る か の よ う な 説 明 は,適 当 と は 考 え ら れ な い 。 名 称 は 同 じ で も,RAE(1973)の 定 義 は,こ れ と 類 を 異 に す る 。 そ れ で も 名 称 は 約 束 事(convenci6n)に す ぎ な い と は い え,こ の 改 称 が ひ き 起 す さ ま ざ ま ρ 効 果 は 無 視 で き な い も の が あ ろ う 。

こ のRAE(1973)に お け る 時 制 名 称 の 変 更 は,体 系 の 修 正 を 反 映 し て い る 。 従 来 のRAE(1959)で は,単 純 時 制 は す べ て

《Tiemposqueexpresanlaacci6ncomonoterminada.》(P.266).

と さ れ て い た 。 不 定 過 去 は,

《nodefinelacualidaddelaacci6n,omejor,laexpresacomo acabadaycomonoacabada.》(ib.)

と 考 え ら れ て,indefinido(不 定)の 名 が 与 え ら れ,こ の 中 に ふ く ま れ る 。 一 方 ,複 合 時 制 は,

の ノ

《Tiemposqueexpresanlaaccloncomotermina4a.》(ib.)

と な っ て い た 。

こ れ に 対 し,RAE(1973)で は,時 制 の 体 系 をimperfecto(未 完 了)と

perfecto(完 了)の2範 ち ゅ う に 分 け る 。 未 完 了 時 制 に つ い て は,次 の よ う に 述 べ ら れ て い る 。

Enlostiemposimperfectos,Iaatenci6ndelquehablasefija eneltranscursoocontinuidaddelaacci6n,sinquelein七eresenel comienzooelfindelamisma.(p.462)

ま た,完 了 時 制 に つ い て は 次 の よ う に 述 べ る 。

Enlosperfectos,resaltaladelimitaci6ntemporal,(ib.)

し た が っ て,oantabaが 未 完 了 の 行 為 で あ る の に 対 し,hecantadoは,

(6)

《ullactoacabadooperfectoenelmomentoenquehablo.》(ib.)

と され る。 完 了 時 制 に は,す べ て の 複 合 時 制 と単 純 完 了 過 去 す な わ ち 不 定 過 去 が ふ くま れ る。 そ こ で,そ れ な りに は 筋 の 通 った 単 純 完 了 過 去 と複 合 完 了 過 去 とい う新 名 称 が 登 場 す る こ とに な る わ け で あ る。 こ こで は,従 来 の RAE(1959)が 単 純 時 制 と複 合 時 制 の 差 異 を 重 視 して い た の に 対 し,そ れ よ りも 完 了 とい う特 徴 の 共 通 性 が 重 視 さ れ て い る 。

次 に,二 つ の 「完 了 過 去 」 の 機 能 の 問 題 に 移 る が,RAE(1973)は,前

記 の 未 完 了,完 了 時 制 の 区 分 を ふ くめ,時 制 に つ い て,ほ ぼ 全 面 的 にGili Gaya(1961)の 見 解 を 採 用 し て い る よ うで あ る。 た だ し,GiliGayaで は, 不 定 過 去 に はpret6ritoperfectoabsoluto,完 了過 去 に はPret6ritoPer‑

'f ectoactualと い う名 称 が 与 え られ る 。RAE(1973)に よ る と,単 純 完 了 過 去 は 次 の よ うに 規 定 さ れ る。

Esuntiempopasado,absolutoyperfecto.Converbosdesi‑

nentesporsus三gnificado,expresalaanterioridaddetodalaacci6n;

conlospermanentes,1aanterioridaddelaperfecci6n.(P.468)

一一 方

,複 合 完 了 過 去 の 規 定 は,次 の と お りで あ る。

Significaenlalenguamodernalaacci6npasadaypertectaque

guardarelaci6nconelpresente.Estarelaci6npuedeserreal,o simplementepensadaopercibidaporelhablante.(P.465)

これ ら の 説 明 は,GiliGayaと ほ とん ど 完 全 に 同 じで あ る 。 と も か く,こ こ で,'両 時 制 に 共 通 して い る 点 は,ど ち ら もperfecto(完 了)で あ り,pasado (過 去)の 時 制 で あ る とみ な され て い る こ とで あ る。 一 方,相 違 点 は,単 純 完 了 過 去(不 定 過 去)が 絶 対 的 な 過 去 時 制 で あ る の に 対 し,複 合 完 了 過 去

(完 了 過 去)は 現 在 と何 らか の 関 係 を 有 す る と い う こ とで あ る。 しか し,共 通 点 の 方 が よ り重 視 さ れ て い る こ と は 言 うま で も な い 。

以 上 の こ とか ら,二 つ の 問 題 点 が 見 出 だ せ る 。

(7)

完了過去は完了的な過去か(寺 崎) (93)

(1)不 定 過 去 と完 了過 去 は,等 し くperfecto(完 了)と い う特 徴 を 共 有 す る と見 るべ き な の で あ ろ うか 。

(2)両 者 は,と も にpret6rito(過 去)時 制 に ふ くめ る の が 適 当 な の で あ ろ うか 。 以 上 の2項 を 主 要 な 問 題 点 と して 議 論 を す す め て 行 く。

3.ア ス ペ ク ト

完 了,未 完 了 な ど動 作 の 様 態 ・性 質 を 示 すaspecto(相)と い う用 語 は, そ の 使 わ れ る場 合 に よ っ て,必 ず し も 指 す 内 容 が 一 様 で な い 。 ス ラ ヴ諸 語 に お け る よ うに 明 示 的 な 文 法 形 式 と して 体 系 づ け られ て い る の で な い 限 り,こ れ を あ る言 語 の 中 で,ど の よ うに と らえ るか は,見 方 に よ っ て 異 る か らで あ

る 。

ス ペ イ ン 語 の場 合,aspectoと い う用 語 は,一 般 に,(1)動 詞 自体 の 意 味 に よ る ア ス ペ ク ト,お よび(2)動 詞 の 屈 折 や 交 法 的 接 辞 の 付 加 な ど 文 法 的 手 段 に よ っ て 示 さ れ る ア ス ペ ク トの 二 つ の 場 合 に 用 い られ る よ うで あ る 。Carreter (1968,p・63)の 言 う 「客 観 的 観 点 」 か ら見 た ア ス ペ ク トは(1)に,「 主 観 的 観 点 」 か ら見 た ア ス ペ ク トは(2)に 対 応 す る と考 え られ る 。Bello(§625)は,

動 詞 を そ の 意 味 に よ っ て,desinenteお よびpermanenteの2類 に 分 け た が,そ れ は(1)の 意 味 の ア ス ペ ク トに 該 当 す る。(2)は,ス ペ イ ン語 の場 合, 動 詞 の 語 形 変 化 に よ っ て 表 現 さ れ る も の,再 帰 動 詞(ま た はverboprono‑

(4)

minal)に よ っ て 表 現 さ れ る も の,お よ び 動 詞 迂 言 形(perifrasisverbal)に

(5)

よ っ て 表 現 さ れ る も の,に 分 類 で き よ う 。

と こ ろ で,(1)は,ド イ ツ 語 でAhtionsartと 言 わ れ る も の に 相 当 し, Carreterお よ びRAE(1973)は,clasedeacci6nverba1(仮 に 動 作 態 と

し て お く)と 呼 び,(2)の み をaspectoと 名 づ け て 区 別 し て い る 。 こ の 区 別 は 重 要 で あ る 。 以 下,ア ス ペ ク ト と い う 用 語 は,② の 場 合 に つ い て の み 用

(4)た と え ば,dormir/dormirseの 対 立.

(5)た と え ば,estaescribiendo,vaaescribir,acabadeescribirな ど の 形 式

に よ る.

(8)

い る こ と に した い 。

(2)の うち,今 考 察 の 対 象 とな る の は,単 純 時 制 お よび 《haber+partici‑

pio》 とい う動 詞 迂 言 形 つ ま り複 合 時 制 に よ っ て 表 現 さ れ る ア ス ペ ク トで あ る。(1)の 動 作 態 を 時 制 の 意 味 の 考 察 に 持 ち込 む と,問 題 は 複 雑 化 し,混 乱 す る。GiliGayaと 同 じ く,RAE(1973)は,不 定 過 去 の 記 述 にdesinente (瞬 時)お よびpermanente(持 続)と い う二 つ の 動 作 態 を 関 与 さ せ て い る。

こ の 考 え 方 は,す で にBelloに 見 られ る。 こ の よ うに,動 詞 固 有 の 意 味 に 注 意 を 払 う こ と は,不 定 過 去 の 個 々 の 用 法 を 説 明す る上 で は 有 用 で あ る が, 時 制 の 一 般 的 な 意 味(significado)を 分 析 す る上 で は,そ れ を 考 慮 の 外 に 置

く こ とが 必 要 だ と 考 え られ る。 た だ し,前 記 二 つ の 動 作 態 の 概 念 そ れ 自体 は,統 語 構 造 を 考 え る 上 で 大 い に 役 に 立 つ 。

4.完 了 過 去 の 用 法 と意 味

次 に,完 了過 去 と不 定 過 去 の機 能 を対 比 す るに 先 立 って,完 了過 去 の用 法 を まず 検 討 してみ よ う。 一般 に,そ の用 法 は,次 の よ うに 分類 で き よ う。

(6)

(1)現 在 の 直 前 に 行 わ れ た 事 行(proceso)を 表 す 。 i.Hedecididomarcharmecuantoantes.(Moliner,1967)

ii.】 ヨ[ecomidomuybien.

iii.'Hedicho.(Seco,1967)

(2)現 在 ま で を ふ く む 時 間 単 位 内 に 起 き た 事 行 を 表 す 。 i.Estamafianamehelevantadoalasocho.(GiliGaya)

ii.Esteafiohahabidobuenacosecha.(RAE,1973)

iii.Hernostenidomuchasenfermedadesesteinvierno.(Moliner)

(3)情 緒 的 に 現 在 に 関 連 し て い る 過 去 の 事 行 を 表 す 。 i.Mimadrehamuertohacetresafios.(GiliGaya)

(4)そ の 結 果 が 現 在 に 及 ん で い る 過 去 の 事 行 を 表 す 。

(6)動 詞 の 表 す 一 般 的 な 意 味 をproceso(事 行)と 考 え る.procesoに つ い て は,

Carreter参 照 。

(9)

完 了過去は完了的 な過去か(寺 崎) (95)

i.Laguerrahadejadosinhogaramuchasfamilias.(Moliner)

ii,Heguardadomuchodinero.(GiliGaya)

⑤ 現 在 ま で に 経 験 し た 事 行 を 表 す 。

iHasescritovariascomedias.(GiliGaya)

ii.HeestadoenlosEstadosUnidos.

iii.Teheenviadomasdeunavez.(高 橋,1967)

(6》 現 在 ま で 継 続 し て い る 事 行 を 表 す 。 i.Cervanteshasidouniversalmenteadmirado.(Bello) ii.Yoheestado(yestar6)siempreenBuenosAires.(RAE,1973) iii.Hepensadomuchoenello.(Rioja,1965)

(7)未 来 の あ る 時 ま で に 行 わ れ る 事 行 を 表 す 。

i.Mafianaquizahacambiadonuestrasuerte.(P.Baroja:高 橋)

ii.Sialcabodeseisrnesesnohevenido,serゑsefialdequehe muerto.(P。A.deAlarc6n:ib.)

iii.Sino'hapagadoenlafechasefialada,1ellevaranaljuzgado.

(Moliner)

以 上 の 用 法 は,よ り 少 数 の 項 目 に ま と め る こ と が 可 能 で あ る 。 た と え ば, (3)の 用 例 は,下 記 の 文

Mimadremuri6hacetresafios.

と対 照 を な す も の で あ っ て,こ れ が 客 観 的 に 事 実 を 述 べ た に す ぎ な い の に 対

し,先 の 文 は,客 観 的 な 時 間 の 経 過 に は 係 わ りな く,そ の 事 行 の 現 在 と の つ

な が りが 話 し手 に 強 く意 識 さ れ て い る。 こ の 関 連 は,Lenz(p.451s.)の 言

う よ うにsubjetivo(主 観 的),あ る い はGiliGaya(p.159s.)の 言 う よ う

にafectlvo(情 緒 的)な も の と 言 っ て 良 い 。 こ の 用 法 は,(2)の 「心 理 的 現

在(presentepsicol6gico)」 と 呼 ば れ る 用 法 と密 接 な 関 係 が あ る。(2)の 場

合,現 在 を ふ くむ 時 間 的 単 位 を 表 わ す 副 詞(句)が 共 起 す る の が 原 則 で あ

る 。 こ の 場 合 も重 要 な こ とは,客 観 的 な 時 間 の 経 過 に は 係 わ りな く,話 し手

(10)

に そ の 事 行 と現 在 と の つ な が りが 意 識 さ れ て い る こ とで あ る。 実 際,②iが 示 す の と 同 じ事 実 が,現 在 と の 関 連 が 断 ち切 られ て 考 え られ た 場 合 に は,

Estamafianamelevant6alasocho.

の よ うに も表 現 さ れ 得 る の で あ る。 した が っ て,(2)と(3)は,と も に 「心 理 的 現 在 」 の 中 に 取 り込 む こ とが 可 能 で あ る。 後 に,再 び 考 察 す る よ うに,そ

も そ も 現 在 と い う 時 間 の 観 念 自体 が 心 理 的 な も の で あ る 以 上,(1)一(3)は, お しな べ て 現 在 と の 関 連 性 とい う点 で,と らえ る こ と が で き よ う。 一 方,(4)

と(6)の 意 味 は,持 続 動 詞 の 場 合 に 生 じ る の で あ っ て,こ の 動 作 態 を 捨 象 し て 考 え れ ば,(5)と 特 に 区 別 す る根 拠 は な い とみ られ る。 や は り,事 行 の 現 在 と の 関 連 とい う共 通 点 を 見 出 す こ とが で き る 。

以 上 の 用 法 か ら導 き 出 され る完 了 過 去 の 基 本 的 な 意 味 は 何 で あ ろ うか 。2 章 で 見 た と お り,RAE(1973)は,こ の 時 制 の 現 在 との 関 係 に 注 目 しな が

ら も,《(acci6n)pasadayperfecta》 す な わ ち 「過 去 」 で 「完 了 」 と い う 不 定 過 去 と共 通 の 特 徴 を 重 視 して い る。 こ こで,perfectoと い う 用 語 は,

こ の 言 葉 の 本 来 の 意 味 で 使 わ れ て い る の で あ る。 す な わ ち 次 の よ うに 規 定 さ れ て い る 。

Not6sequeperfectotieneenGram会ticaelrigurososentido etimol6gicode《comple七 〇 》o《acabado》.(p.462)

しか し,上 記 の 用 法,特 に(4)一(6)な どを 見 れ ば,そ の 事 行 を 「完 全 」 とか 「達 成 」 とか い う特 徴 で と らえ るに は 無 理 が あ る と思 う。 完 了 過 去 が ふ くむ ア ス ペ ク ト的 価 値 は,確 か にGiliGayaやRAE(1973)の 定 義 す るimperfecto の 範 ち ゅ うに は 入 らな い 。 しか し,imPerfectoで な い 時 制 を す べ てperfecto

と して 一 括 す る とす れ ば,そ こ に 存 在 す る よ り重 要 な 差 異 を 無 視 す る こ と に な る の で は な か ろ うか 。

前 記 の 用 法 か ら考 え て,完 了過 去 の 機 能 は 次 の よ うに 記 述 で き る と 考 え

る 。 「現 在 よ り前 の,現 在 と関 連 を 有 す る 事 行 を 表 す 。」 換 言 す れ ば,こ の 時

制 の 意 味 を 構 成 す る の は,「 現 在 」 と い う 時 制 的 特 徴 と,「 あ る 時 点 よ り前

(11)

完了過去は完了的な過去か(寺 崎) (97)

で,し か も そ の 時 点 と関 連 を 有 す る」 と い う ア ス ペ ク ト的 特 徴 で あ る 。 前 記 (7)の 用 法 は,ア ス ペ ク ト的 特 徴 に 関 す る限 り問 題 は な い が,未 来 に 関 す る の で,時 制 的 特 徴 を 現 在 と規 定 す る と,こ れ か ら逸 脱 す るか に み え る 。(7), ii‑iii)の よ うな 場 合 は,接 続 詞siの 持 つ 仮 定 性 の 意 味 が 影 響 して い る と考 え られ る が,(i)の よ うな 場 合 は,こ れ だ け で は と らえ 切 れ な い 。 これ ら 「未 来 の 完 了 」 と 呼 ば れ る用 法 は,周 辺 的 な も の とみ な す こ とが で き るが,例 外 と し て し ま うわ け で は な い 。 こ の 用 法 に 関 す る こ とを ふ くめ,時 制 的 価 値 の 問 題 は,後 に 触 れ る こ と に す る。

5.複 合 時 制 の ア ス ペ ク ト

完 了 過 去 で は,ア ス ペ ク ト上,事 行 が 完 了 ・終 結 し た と い う こ と よ り,あ る 基 準 と な る 時 と,そ れ よ り 前 の 時 と が 対 比 さ れ,後 者 が 前 者 と あ る 関 連 を 持 つ こ と に 話 し 手 の 関 心 が 注 が れ る 。 と こ ろ で,こ の ア ス ペ ク ト的 意 味 は, 完 了 過 去 以 外 の 複 合 時 制 に も 共 通 し て 認 め ら れ る と 思 う。

RAE(1973)の 各 複 合 時 制 の 定 義 は,次 の よ う で あ る 。 大 過 去:Significaunaacci6npasadayperfecta,anterioraotratam‑

bi6npasada.(P,468)

直 前 過 去:Denotaacci6npasadainmediatamenteanterioraotratam‑

bi6npasada.(p.470)

完 了 未 来:Esuntiempoperfectoyrelativo,quedenotaacci6nveni.

deraanterioraotratambi6nvenidera,(P.471)

こ れ ら の 定 義 は,現 代 の 他 の 文 法 家(GiliGaya,Amador,Seco,etc.)と 大 同 小 異 で あ る 。

上 記 の 規 定 で は,い ず れ も あ る 行 為 と そ れ よ り 前 の 別 の 行 為 と が 対 比 さ れ て い る 。 事 実,上 記 の 複 合 時 制 は,複 文 の 中 に 現 れ る こ と が 多 い 。 相 対 時 制

(7)

(tiemporelativo)と 呼 ば れ る 所 以 で あ る 。 た と え ば,次 の よ う に 。

(7)相 対 時 制 に つ い て は,RAE(1973,P・462s・)を 参 照.た だ し,そ こ で の 相 対

時 制 と 絶 対 時 制 の 分 け 方 に は,必 ず し も 賛 成 し 難 い.

(12)

Yahabialeidoyoelavisocuandolleg6tuhermano.(RAE, 1959) .

しか し,文 脈上,基 準 とな る時 が 自明で あれ ば,別 の事 行 を表 す 文 を 必要 と しな い。 た とえ ば,

Alasochodelamafianayasehabianentradolamadreyla hijaporlahuerta.(CriadodeVal)

した が っ て,む し ろ,あ る基 準 とな る 時 点 とそ れ よ り前 の 事 行 の 行 わ れ る 時 点 と の 対 比 の 方 が 本 質 的 な 観 点 で あ る。 そ して,こ の こ とは,先 に あ げ た 完 了 過 去 の ア ス ペ ク ト的 価 値 に 通 ず る も の で あ る こ と は 言 うま で も な い 。 この こ と に 着 目 して,Stockwell,Bowen,Martin(1965)は,複 合 時 制 の 機 能 を

《tomarkaneventasanteriortoapointintimebutcontinuing toberelevanttoeventsatthatpoint.》(P.140)

と 記 述 し て い る 。 そ し て,こ の 特 徴 をrelevanttZnteriorilyと 要 約 す る 。 も っ と も,こ の7elevantanteriorityと い う 特 徴 は,ス ペ イ ン 語 の 複 合 時 制 の 場 合,等 し く 各 時 制 に 配 分 さ れ て い る と は 考 え ら れ な い 。 特 に,《con‑

tinuingtoberelevant… 》 と い う 意 味 は,完 了 過 去,大 過 去,直 前 過 去 そ れ ぞ れ に 同 じ 比 重 を 持 っ て 現 れ て い る と は 考 え 難 い 。 こ の よ う な こ と が,

RAE(1973)な ど を し て,完 了 過 去 と 他 の 複 合 時 制 を 別 の 範 ち ゅ う に 切 り 離 さ せ る 理 由 で あ ろ う 。 し か し,少 く と も 複 合 時 制 が 表 す 事 行 のanteriori‑

dadrela七iva(相 対 的 前 時 性)と い う 特 微 に つ い て は,は っ き り と 認 め て 良 い 。Belloが 複 合 時 制 に つ い て,

《eltiemposignificadoporIaformacompuestaesanterioral tiempodelauxiliar.》(§635)

(8)

と述 べ て い るのは,こ れ を 別 の 観 点 か ら と らえた も ので あ る と考 え られ る。

(8)た だ し,Belloは,pret6rito(不 定 過 去)の 定 義 に もanterioridadと い う 語

を 用 い る(cf・ §624).

(13)

完了過去は完了的な過去か(寺 崎) (99)

先 に 「相 対 的 前 時 性 」 と い う 表 現 を 用 い た が,元 来anteriorと い う 語 は, 相 対 性 を 示 す も の(<1・anterior<ante)で あ る か ら,簡 単 に 「前 時 性(an‑

terioridad)」 と し て お く 。 す な わ ち,複 合 時 制 は,前 時 性 と い う ア ス ペ ク ト 的 特 徴 を 共 有 す る と 考 え る 。 単 純 時 制 は,こ の 特 徴 に 関 し て 無 標(nomar‑

cado)で あ る 。

こ の 複 合 時 制 の ア ス ペ ク トは,ギ リ シ ャ 語 や 英 語 で 言 うperfecto(完 了) の そ れ に 類 似 す る も の で あ る 。 ス ペ イ ン 語 で も,こ れ をperfectoと 呼 ぶ こ

と が あ る 。 一 方 で は,RAE(1973)に お け る よ う な 語 源 的 な 意 味 でper‑

fectoの 語 が 使 わ れ る 。 ま た,perfectoとperfectivoと い う 語 が 同 義 的 に 用 い ら れ る 場 合 も あ れ ば,区 別 さ れ る 場 合 も あ る(cf・Carre七er,P・318s・)。

こ の よ う な 紛 わ し さ が 生 じ た の は,歴 史 的 な 理 由 に よ る も の で あ ろ う 。 ラ テ ン 語 の 完 了 時 制(Perfectum)に は,ギ リ シ ャ 語 の 完 了 と ア オ リ ス トに ほ ぼ 対 応 す るperfectumPnesensとPeOfectumhistopticumの 両 用 法 が あ り,ギ リ シ ャ 語 に お け る 完 了 よ り 意 味 が 広 い 。 現 在 の ス ペ イ ン 語 時 制 名 称 の 複 雑 さ は,歴 史 的,伝 統 的 な 原 則 と 共 時 的 な 原 則 と の 矛 盾 に よ る と 言 え る か も 知 れ な い 。 と も か く,混 乱 を 避 け る た め,こ こ で は,perfectoあ る い はPerfec‑

tivOと い う 用 語 は 避 け て お く 。

6.不 定 過 去 の 用 法 と意 味

不 定 過 去 の 用 法 は,一 般 に 次 の よ う に 要 約 で き よ う 。 (1)過 去 の 瞬 間 的 事 行 を 表 す 。

i.Lamozaabri61aventana.(GiliGaya) ii.1」eg6eljuevesalasdiez.(Moliner)

サ ノ

iii.JesucristonacloentiempodeAugusto.(Amador)

(2)過 去 の 持 続 的 事 行 を 完 了 し た も の と し て 表 す 。 i.Laprimerasemanavivi6enunhoteL(Moliner)

ii.Losprimerosdiastedesvivisteporobsequiarlos.(Criadode

Val)

(14)

iii.Ayersupelanoticia.(GiliGaya)

(3)過 去 の あ る 時 点 の 直 前 に 完 了 し た 事 行 を 表 す 。 i.Cuandoacab6selevant6.(Moliner)

ii。Vivi6felizhastaquesecas6.(ib.)

(4)現 在 の 直 前 に 完 了 し た 事 行 を 表 す 。 i.iAh!Creiquehabiaunescal6n.(ib.)

ii.ipas6elpeligro!(ib.)

(5)現 在,完 了 せ ん と す る 事 行 を 表 す 。

i.iYallegaron!(RAE,1973)「 今 着 い た ぞ 。」

ii.iTecaiste!(Moliner)「 転 ぶ!」 ま た は 「転 ん だ!」

以 上 の 用 法 の う ち,(1)と ② の 差 異 は,動 詞 固 有 の 動 作 態 の 相 違 に よ る も の で あ っ て,不 定 過 去 自 体 の 意 味 に よ る も の で は な い 。 同 様 に,(3)の 用 法 は,直 前 過 去 の 代 用 と も 言 え る も の で あ る が,接 続 詞 を 中 心 と す る 文 脈 的 な 意 味 か ら 生 じ る の で あ る と 見 て よ い 。 し た が っ て,(1)一(3)は,「 過 去 の 完 了

し た 事 行 を 表 す 」 と 記 述 で き る 。 本 章 で,完 了 と い う 語 を 用 い て き た が,こ れ は 文 字 通 り,「 完 全 に 終 了 し た(completamenteterminado)」 と い う 意 味 で あ る 。 つ ま り,あ る 事 行 が 絶 対 的 に,つ ま り 相 対 的 な 時 間 の 前 後 関 係 と は 無 縁 に 完 結 し た こ と を 示 し て い る 。 こ の ア ス ペ ク トは,言 葉 本 来 の 意 味 に お け るperfectoと 言 っ て 良 い が,前 章 に 述 べ た 理 由 で,こ の 語 は 避 け, terminativo(完 結 的)と 呼 ん で お く 。 こ の 特 徴 は,前 記 の 用 法 す べ て に 認 め る こ と が で き る 。

一 方 ,時 制 的 に は,不 定 過 去 を 過 去 時 制 と 見 る こ と に 問 題 は な い 。 し た が

っ て,こ の 時 制 形 式 は,時 制 的 に は 過 去,ア ス ペ ク ト的 に は 完 結 性 の 特 徴 を

有 す る こ と に な る 。 と こ ろ で,前 記(4)お よ び(5)の 用 法 は,口 語 的 で き わ め

て 希 れ な 場 合 で あ る と は い え,時 制 的 価 値 に 関 す る 限 り 例 外 を な す か に 見 え

る 。 こ れ ら は,4章 で 検 討 し た 完 了 過 去 の い わ ゆ る 「未 来 の 完 了 」 と い う 用

法 と 平 行 し て 考 え な け れ ば な ら な い 。 い ず れ の 場 合 に も,ア ス ペ ク ト的 価 値

は 不 変 で あ る が,話 し 手 の 時 間 上 の 視 点 が 後(posterior)の 時 に 移 行 し て い

(15)

完了過去 は完了的な過去か(寺 崎) (101) る ので あ る。 現 在 形 が未 来 の事 行 を 表 す 場 合 が あ る こ と も,合 せ 考 え るべ き で あ る。 以上 の 事実 が 示 す の は,こ れ ら時 制 に お い て は,ア ス ペ ク ト的特 徴 の方 が 基 本 的 な価 値 を 生 み 出 し,時 制的 特 徴 は副 次 的 な もの で あ る とい うこ

とで あ ろ う。 これ は,時 制 形 式 一 般 に つ い て あ て は まる と見 られ る。

完結 性 の アスペ ク トに 関 して,対 立 が あ るの は,直 説 法 の過 去 時制 のみ で あ る。 不定 過 去 は,こ の特 徴 に つ い て無標 の 未完 了過 去 と対 立す る。

7.完 了 過 去 と不 定 過 去

今 ま で に,完 了 過 去 と 不 定 過 去 は,ア ス ペ ク ト的 価 値 と 時 制 的 価 値 を 各 々 異 に す る と 見 て 来 た 。 し か し,伝 統 文 法 で は,Belloな ど の 例 外 を 除 き,完 了 過 去 は そ の 名 の 示 す 通 り,過 去 時 制 と 考 え る の が 一 般 的 で あ る 。 不 定 過 去

と 違 っ て,そ の 現 在 へ の 関 与 を 認 め な が ら も,等 し く 過 去(pasado)の 時 制 と し て い る の で あ る 。 し か し,そ こ に は 過 去 の 把 握 の 仕 方 に 問 題 が あ る よ う に 思 う 。

2章 に 引 用 し た よ う に,RAE(1973)は,完 了 過 去 の 表 す も の を 《acci6n pasadayperfecta》 と し,別 の 個 所 で は 《actoacabadooperfectoen

elmomentoenquehablo》 と 述 べ て い る 。 そ こ で は,発 話 の 瞬 間(el momentoenquehablo)か ら 見 て,す で に 過 ぎ 去 り(pasado),そ し て 完

● ● ● ● ●

成 した(perfecto,acabado)行 為 が す べ て 包 含 さ れ る と 受 け 取 れ る 。 しか し,言 語 学 的 な,あ るい は 心 理 的 な 「過 去 」 の 概 念 は,発 話 の 瞬 間 か ら刻 々 とそ こに 移 行 して 行 く よ うな 性 質 の も の で は な い 。 過 去 時 制 は,話 し手 の 視 点 が 意 識 上 の 現 在 の 領 域 か ら 過 去 の 領 域 へ 移 行 して い る こ とを 示 す も の と考 え られ る 。 同 様 に,「 発 話 の 瞬 間 」 を 「現 在 」 と同 一 視 す る の も 妥 当 で な い 。 「現 在 」 とい う概 念 は,発 話 の 時 点 に お い て,主 観 的 な 時 間 の 拡 が り (extensi6n)と して 話 1し手 に 意 識 され て い る も の で あ ろ う。

こ の よ うな 意 味 で,完 了 過 去 は,た と え,そ れ の 表 す 事 行 が 客 観 的 に は 過 去 に 起 きた も の で あ っ て も,主 観 上 は 相 対 的 な 前 時 性 と し て 現 在 に 関 連 づ け

られ て い る の で あ っ て,現 在 時 制 に 属 す る と考 え られ る 。 こ の 点 で,RAE

(16)

(1959)が,こ の 時 制 を 《elpresentedelaacci6nterminada》(p.268)

と した の は,terminadaの 内 容 の 問 題 を 除 け ば,妥 当 と 言 え る。 これ に 対 し,不 定 過 去 は,現 在 と切 り離 され た 「絶 対 的 な 過 去 」 の 時 制 で あ る。

さ らに 付 言 しな け れ ば な らな い の は,時 制 の 呼 応(concordanciadetiem‑

pos)の 問 題 で あ る 。 ス ペ イ ン 語 で は,一 一般 に,複 文 の 直 説 法 の 時 制 間 に 呼 応 が 存 在 しな い と 言 わ れ る(cf.RAE,1973,P.518s.)。 しか し,一 定 の 傾 向 は 存 在 す る よ うで あ る 。 過 去 時 制(完 了 過 去 を ふ くむ)と 他 の 時 制 の 共 起 関 係 を 調 査 したCriadodeVal(p.29s.)に よ る と,最 も 頻 度 が 高 い の は,

「現 在 一 完 了 過 去 」 の 結 び 付 き で,「 不 定 過 去 一 未 完 了 過 去 」 が これ に 次 ぐ。

未 来 は ど の 過 去 時 制 と も 結 合 す る が,「 完 了過 去 一 未 来 」 の 組 合 せ が 非 常 に 多 い 。 総 じて,完 了 過 去 は 現 在 と最 も 親 近 性 を 持 つ と言 う。

一 方 ,主 節 の 直 説 法 の 時 制 と従 属 節 の 接 続 法 の 時 制 間 に は,ス ペ イ ン 語 で も 原 則 と して 時 制 の 呼 応 が 存 在 す る 。 主 節 が 完 了 過 去 で あ る 場 合,従 属 節 に は ど の 種 類 の 時 制 が 要 求 さ れ る か が 問 題 で あ る 。RAE(1973)は,こ の よ うな 場 合 の 用 例 を あ げ て い な い が,伝 統 文 法 で は 一 般 に,完 了 過 去 は 現 在 時 制 の グ ル ー プ に 分 類 さ れ て い る(p.ej.Seco,p.211)。 こ の こ と は,事 実 に よ っ て 支 持 さ れ そ うで あ る 。 前 記CriadodeVal(p、31s.)に よ る と,完 了 過 去 は,接 続 法 現 在 と結 合 す る こ と が 決 定 的 に 好 ま れ る。 これ に 対 し,未 完 了 過 去 と不 定 過 去 は,原 則 通 り,i接 続 法 過 去 との 結 合 が 多 い と言 う。 以 上 の よ うな 時 制 の 呼 応 上 の 傾 向 は,完 了 過 去 が 過 去 時 制 の 範 ち ゅ うに 入 らな い こ と の 一 つ の 例 証 で は な か ろ うか 。

今 ま で 述 べ て 来 た よ うな 見 地 に 立 っ て,時 制 の 体 系 全 般 を 考 え る と,前 時 性 の ア ス ペ ク ト的 特 徴 の 有 無 に よ っ て,単 純 時 制 と複 合 時 制 が 対 立 し,現 在 ・過 去 の 時 制 的 範 ち ゅ うに 従 っ て,そ れ ぞ れ の 形 式 が 配 分 さ れ て い る と見

られ る。 さ らに,過 去 時 制 に は 完 結 性 の ア ス ペ ク トの 対 立 が 加 わ る。 こ の よ うに 考 え れ ば,時 制 の 体 系 は,均 衡 の とれ た 構 成 を な す こ と に な る。 な お, 現 在 ・過 去 の 時 制 的 対 立 は,「 過 去 」 の 特 徴 の 有 無 に よ る も の で,「 現 在 」

と は,こ の 特 徴 に 関 して 無 標 の 時 制 で あ る と 考 え られ る(cf.Stockwell,

(17)

完了過去は完了的な過去か(寺 崎)

  p・135s・)。 こ の 体 系 を 図 式 化 す る と 下 記 の よ う に な る 。

(103)

per七inencia deaspecto

pertinencia temporal

一pasado

十pasado

一anterior ,

一一term

十term

escribo

escribia escribi

十anterior

一 七erm 十term

heescrito

h。bi。 。、crit。1,。bee、c,it。

この よ うに,時 制 の 体 系 上,完 了 過 去 は 前 時 性 の 現 在,不 定 過 去 は 完 結 性 の 過 去 で あ る と考 え た が,こ れ ら2時 制 間 の 差 異 は,実 際 の 慣 用(usagの 上 で は,も ち ろ ん 決 定 的 な 境 界 を な して い る わ け で は な い 。 そ の 一 つ の 現 れ は, 両 時 制 が 相 互 に 置 換 え 可 能 な 場 合 が あ る とい う事 実 で あ る。 一 般 に,あ る 時 制 と別 の 時 制 の 使 用 範 囲 が,そ の 周 辺 部 で 重 り合 うの は,め ず ら しい こ とで は な い が,特 に,完 了 過 去 と不 定 過 去 との 間 に そ の 傾 向 が 目立 つ こ と も 確 か で あ る 。 この こ とを 歴 史 的 に 見 れ ば,俗 ラテ ン 語 な い し初 期 ロ マ ン ス 語 で, 動 詞 迂 言 形 《habere+participio》 が 形 成 され た と き,そ れ が 明 確 に 持 っ て い た 「現 在 と の 関 連 」 の 意 味 が 薄 れ,「 前 時 性 」 の 意 味 に 重 点 が 移 っ て,そ れ だ け 不 定 過 去 の 領 域 に 接 近 した こ とに よ る と 言 え よ う。 ロ マ ン ス 諸 語 の い

くつ か で は,ス ペ イ ン 語 の 完 了 過 去 ・不 定 過 去 に 各 々対 応 す る2時 制 間 の 境 界 が 非 常 に 不 明 瞭 に な っ て い る。 こ の 結 果,口 語 の レ ベ ル で,フ ラ ン ス 語 で

は 複 合 形 式 プα惚6腕 が 単 純 形 式 ブ窃7伽5を 北 部 の イ タ リア 語 で はhoscritto

t

がscrissiを ル ー マ ニ ア 語 で はamscrisがscriseiを 駆 逐 す る 現 象 が 見 ら れ

   の

る。 これ と逆 に,単 純 形 式 が 複 合 形 式 を 圧 倒 す る 例 は,ポ ル トガ ル 語,プ ロ ヴ ァ ン ス 語,イ タ リア 南 部 方 言 な ど に 見 られ る と言 う(cf・Posner,1966)。

しか し,ス ペ イ ン 語 の 場 合 は,先 に 見 た 通 りで あ る 。 将 来 は,も っ ぱ ら (9)未 来 時 制 と い わ ゆ る 可 能 法 に つ い て 言 及 しな い と,こ の 時 制 の 体 系 は 完 全 な も

の と は な らな い が,今 は 触 れ な い.

⑩ これ と 平 行 的 な 現 象 は,ロ マ ン ス 系 以 外 の 印 欧 語,た と え ば ドイ ツ語 口 語 に も

存 在 す る.

(18)

heescrit・ の 形 式 を 使 うかes・ribiの 形 式 を 使 うか,ど ち らか 両 極 に 方 言 分 化 す る可 能 性 も 予 想 で き な い で は な い が,現 状 は ま だ 両 者 に 明 瞭 な 示 差 性 が あ る。Criado(P・79s・)に よ る と完 了過 去 が 不 定 過 去 よ り 口語 で 優 勢 で あ る と は 認 め られ ず,両 時 制 の 選 択 は,一 方 の 代 用 と い う よ り文 体 上,表 現 上 の 問 題 で あ る と言 う。 こ の 場 合,文 体 上 の 差 異 とい うの は 形 態 上 また は 音 韻 上 の 要 因(単 純 形 式 対 迂 言 形 式,強 勢 な ど の 差)も さ る こ とな が ら,根 本 的 に は ア ス ペ ク ト的 ・時 制 的 特 徴 の 差 異 か ら由 来 して い る と考 え られ る。 さ らに, 両 時 制 が 置 換 可 能 な 場 合 が あ る一 方,そ れ が 不 可 能 な 場 合 も 非 常 に 多 い こ と に 注 意 しな け れ ば な らな い 。 た とえ ば,4章 に あ げ た 完 了 過 去 の 用 法 の うち (5)一(7)は,一 般 に 不 定 過 去 で 代 用 す る こ とが 困 難 だ と考 え られ る。 こ の こ とは,両 時 制 が 同 じ文 に 共 起 して い る よ うな 場 合 に は 明 瞭 に 表 面 化 す る 。 た とえ ば,下 記 の 各 々 の 文

Nadieme窃6110raryahorahelloraao.

Desdequecaienfermo,s610he5刎ounacargaparati.

の 両 時 制 を 入 れ 換 え る こ とは 不 可 能 で あ る(cf・CriadodeVal,P.58)。

以 上 の よ うな 諸 事 実 は,先 に 述 べ た 完 了 過 去 の 時 制 体 系 上 の 価 値 を 支 持 す る も の と考 え られ る。

引 用 文 献

Amador,E.M.Martinez,Diccionaγio8ramaticalアdeauaas4elidioma,Barce‑

10na,1953.

Bello,A.yRJ.Cuervo,Gramtiticadelalenguacastellαna,7.aed.,Buenos Aires,1964,

Carre七er,F.Lazaro,Diccionariodet6rminosfilol6gicos,3.aed,,Madrid,1968.

CriadodeVal,M.,Elverboespa雇ol,Madrid,1968.

Ducrot,0.yT.Todorov,DictionnaireenaycloP6diguedessciences伽langage, Paris,1972,

GiliGaya,S.,CuTsosuperiordesintaxisespafiola,Barcelona,1961.

Lenz,R.,五aoraci6nッsuspar彦es,4.aed.,SantiagodeChile,1944.

(19)

完 了過去 は完 了的な過去か(寺 崎) (105)

Moliner,M.,Diccionariodeuso4elespa宛ol,Madrid,1967.

Posner,R,TheRomancelan8ua8es,GardenCity,N.Y.,1966.

RealAcademiaEspafiola,Gram擁tica4elalen8uaespafiola,nuevaedりMa‑

drid,'1959.

,Diccionario♂elalen8uaespafiola,Madrid,1970,

,Esbogo4eunanueva8ramdtieadelalenguαes汐afiola,Madrid,1973.

Rioja,J.A.P6rez・ ・,Gramdticadelalenguaespanola,6.aedりMadrid,1965・

Seco,R.,Manual4e8ptamdticaespafiola,9.aed.,Madrid,1967.

stockwel1,RP.,J.D.BowenyJ.w・Martin,Thegrammaticalstructures('f Englishan4S5anish,Chicago,1965.

高 橋 正 武,『 新 ス ペ イ ン 広 文 典 』,白 水 社,1967。

Updating...

参照

Updating...

関連した話題 :

Scan and read on 1LIB APP