― 個 人 蔵 本 の 翻 刻 と 釈 文 ―

27  Download (0)

Full text

(1)

「大 織冠

」は 舞の 本の 一つ であ る。 舞の 本と は、 室町 時代 後期 から 江戸 時代 初期 にか けて 流行 した 幸若 舞( 曲舞

)と いう 芸能 の台 本を 読 物に 転用 した もの のこ とで ある

。写 本が 伝存 する だけ でな く、 慶長 年

間に は古 活字 本が

、さ らに 寛永 年間 には 製版 本が 刊行 され てい るこ と など から

、か なり 需要 があ った もの と思 われ る。 その 後も 寛文 頃ま で 版行 が続 くが

、最 も広 く流 布し たの は絵 入の 寛永 製版 本で あっ たと い う。 また

、奈 良絵 本や 絵巻 とし ても 制作 され てい るが

、奈 良絵 本は

「や や稚 拙な 感じ の大 和絵 風の 挿絵 をも つ冊 子」 であ るの に対 し、 絵 巻は

「一 流の 土佐 派の 絵師 によ って 描か れた と思 われ る豪 華絢 爛た る 逸品 で、 おそ らく 棚飾 り用 の大 名献 上本 とし て制 作さ れた もの

」と 推 定さ れて いる

さて

、本 稿で 紹介 する 奈良 絵本

「大 織冠

」は

、平 成二 十七 年夏 に奈 良大 学図 書館 で開 催さ れた

「奈 良絵 本「 花鳥 風月

」と

「文 正草 子」 付、

― 個 人 蔵 本 の 翻 刻 と 釈 文 ―

塩 出

貴 美 子

「大 織冠

」は

、幸 若舞 の語 り台 本を 読物 に転 用し た舞 の本 の一 つで ある

。 大織 冠す なわ ち藤 原鎌 足の 次女 紅白 女は

、唐 の太 宗皇 帝の 后と なり

、興 福 寺金 堂の 釈迦 如来 のた めに 宝物 を贈 る。 とこ ろが

、一 番の 重宝 であ る宝 珠 を海 底の 竜王 に奪 われ てし まい

、大 織冠 がそ れを 取り 返す とい う壮 大な 物 語で ある

。 写本 のほ か、 版本

、奈 良絵 本、 絵巻 など が多 数伝 存す るが

、本 稿で 紹介 する のは

、三 冊本 の奈 良絵 本の 上冊 のみ の端 本で ある

。ま ず、 その 本文 の 翻刻 と釈 文を 作成 し、 版本 二種

(古 活字 版と 寛永 丹緑 本)

、お よび 奈良 絵 本三 種と 校合 する

。次 に、 これ ら五 件の うち 挿絵 を伴 う四 件と

、挿 絵の 挿 入箇 所お よび 描か れて いる 場面 の内 容を 比較 する

。そ の結 果、 本文 は古 活 字版 と大 差な いが

、挿 絵に は他 本と 同じ もの があ る一 方、 本作 品だ けに 見 られ る独 自の 場面 もあ るこ とが 明ら かに なっ た。 キー ワー : 大織 冠 舞の 本 奈良 絵本 挿絵

古活 字版

平成29年9月20日受理 文学研究科文化財史料学専攻 教授

(2)

「大 織冠

」」 展に 参考 作品 とし て出 陳し たも ので ある

。現 状は 巻子 に

改め られ てい るが

、元 は冊 子で あり

、恐 らく 三冊 本の 上冊 にあ たる 部 分と 思わ れる

。結 論か ら言 えば

、本 文は 古活 字版 や寛 永整 版本 と大 差 ない が、 挿絵 には 寛永 製版 本で は絵 画化 され なか った 場面 も描 かれ て おり

、こ の点 に本 作品 の独 自性 が窺 われ る。 本稿 では

、本 誌前 々号 お よび 前号 で紹 介し た「 花鳥 風月

」と

「文 正草 子」 に引 き続 き、 この

「大 織冠

」の 翻刻 と釈 文を 公刊 し、 若干 の考 察を 加え るこ とに した い。

(一

)書 誌 本稿 で取 り上 げる 奈良 絵本

「大 織冠

」( 以下

、個 人蔵 本と 称す る。 図 1) の書 誌は 次の 通り であ る。 現状 は巻 子一 巻で ある が、 絵の 料紙 に綴 じ穴 の痕 跡が 五ヶ 所ず つあ るこ とか ら、 元来 は四 目綴 じの 冊子 本で あっ たこ とが わか る。 料紙 は 三十 四枚 を数 える が、 冒頭 と末 尾の 白紙 は他 の料 紙と は紙 質が 異な る ので

、巻 子に 改装 する 際に 加え られ たも のと 思わ れる

。残 る三 十二 枚 は袋 綴じ の料 紙十 六丁 分に あた り、 それ ぞれ を表 と裏 に切 り離 し、 余 白を 切り 落と して 繋い だも ので ある

。以 下で は、 その 一枚 目を 第一 丁 表と し、 冊子 に戻 した 状態 の丁 数で 表記 する

。な お、 第一 丁表 の左 下 は著 しく 汚れ てい るが

、こ れは 冊子 を捲 る際 につ いた 手垢 であ り、 程 度は 減少 する が、 第二 丁以 降に も同 様の 汚れ が見 られ る。

法量 は縦 が十 六・

〇セ ンチ

、各 料紙 の横 は表 1の 通り であ り、 横の 総長 は六 七五

・四 セン チに なる

。詞 の料 紙に 長短 があ るの は、 行間 を 揃え るた めに 左右 の余 白お よび 綴じ 代を 切り 落と した から であ り、 特 に各 段の 最終 紙は 短く なっ てい る場 合が ある

。一 方、 絵の 料紙 は綴 じ 代の 部分 にも 絵が 描か れて いる ため

、切 り詰 めら れる こと がな かっ た よう であ り、 詞の 料紙 より も二 セン チ前 後長 くな って いる

。こ れに 巻 子に 仕立 てる ため の糊 代分 を足 した 数値 が元 来の 冊子 の横 幅に なる が、 ちょ うど 二十 三セ ンチ くら いで あり

、縦 横と もに 横本 の奈 良絵 本の 標 準的 な大 きさ であ る。 表紙 は茶 地亀 甲文 の金 襴で あり

、金 地の 題箋 に墨 の跡 が見 える が、 文字 は判 読で きな い。 見返 しは 金箔 布目 押で ある

。た だし

、こ れら は 改装 の際 に付 され たも ので ある

。 絵は 六図 あり

、第 六図 のみ 見開 きで ある

。第 六図 の後 にも 半丁 分の 本文 があ るの で、 絵巻 の構 成と して は詞 七段

、絵 六段 にな る。

(二

)内 容 大織 冠の 語は

、元 来は 大化 三年

(六 四七

)に 制定 され た七 色十 三階 冠の 最上 位の 名称 であ るが

、こ れを 授け られ たの は藤 原鎌 足だ けで あ るこ とか ら、 大織 冠と 言え ば鎌 足を 指す こと にな る。 ただ し、 舞の 本 の「 大織 冠」 では

、鎌 足と 不比 等が 同一 視さ れて おり

、主 人公 の名 前 は鎌 足で ある が、 興福 寺を 建立 し、 その 長女 は聖 武天 皇の 后に なっ て いる

。話 の鍵 を握 るの は大 織冠 の次 女の 紅白 女で ある が、 勿論

、こ れ

(3)

は架 空の 人物 であ る。 各段 の概 略は 以下 の通 りで ある

【第 一段

】大 織冠 は春 日社 に参 籠し

、興 福寺 の建 立を 発願 する

。公 達 があ また おり

、長 女は 聖武 天皇 の后 であ る。 次女 の紅 白女 は三 国一 の 美人 であ る。

【第 二段

】紅 白女 の噂 をき いた 唐の 太宗 皇帝 は見 ぬ恋 に憧 れる

。皇 帝 の様 子を 案じ た臣 下た ちは

、事 の次 第を 聞き

、勅 使を たて て迎 え取 る よう に進 言す る。

【第 三段

】太 宗は 日本 に勅 使を 送る が、 大織 冠は 辞退 する

。二 度目 の 勅使 を送 ると

、そ れを 聞い た聖 武天 皇が 承諾 する

。唐 から 迎え の船 団 が出 帆す る。 后の 船は

「龍 頭鷁 首」 と名 付け られ

、舳 には 鸚鵡 の頭 を

象り

、艫 には 孔雀 の尾 を垂 らし てい る。

【第 四段

】迎 えの 船団 が難 波の 浦に 着き

、勅 使は 奈良 の京 に着 く。 大 織冠 は一 行を 半年 余り にわ たっ て饗 応す る。 翌年 四月 の吉 日に 出帆 し、 大唐 の明 州に 着く と、 内裏 から 多数 の迎 えが やっ て来 る。 諸国 から も 貢ぎ 物が 届き

、后 の姿 を拝 した 人々 は貧 苦を 逃れ

、富 貴の 家と なる

【第 五段

】紅 白女 は、 大織 冠が 建立 する 興福 寺金 堂に 施入 する ため の 仏具

、法 具を 用意 する

。そ の中 で最 も重 宝で ある のは

、金 堂の 釈迦 像 の眉 間に 彫り 嵌め るた めの 無価 宝珠 であ る。 宝物 の守 護に は万 戸将 軍 が選 ばれ

、明 州か ら出 帆す る。

【第 六段

】海 底の 竜王 は宝 珠を 奪い 取ろ うと 画策 し、 阿修 羅た ちに 襲 わせ る。 阿修 羅た ちは ちく らが 沖と いう 所で 万戸 将軍 の船 を待 ち伏 せ し、 合戦 が始 まる

【第 七段

】阿 修羅 たち は火 炎の 雨を 降 らす など の神 通力 を発 揮し

、唐 人は 劣 勢に なる

。 個人 蔵本 はこ こで 終わ るが

、そ の後

、 万戸 将軍 は阿 修羅 たち との 合戦 には 勝 利す るも のの

、竜 王が 差し 向け た美 女 に謀 られ て宝 珠を 奪わ れて しま う。 そ れを 聞い た大 織冠 は海 女と 契り を結 び、 竜宮 城か ら宝 珠を 取り 返し てく る よう に命 じる

。海 女は 決死 の覚 悟で 竜

横(㎝)

詞の行数 内容

元装 料紙

18.7

- 見返し 別紙

14.3

- 白紙 別紙

1

20.6 16

詞1 第1丁表 2

19.8 16

第1丁裏 3

19.1 15

第2丁表 4

22.6

- 絵1 第2丁裏 5

19.9 詞2 16

第3丁表 6

13.7 9

第3丁裏 7

21.9

- 絵2 第4丁表 8

19.9 16

詞3 第4丁裏 9

19.5 16

第5丁表 10

20.9 17

第5丁裏 11

22.3

- 絵3 第6丁表 12

20.0 16

詞4 第6丁裏 13

19.7 16

第7丁表 14

20.9 16

第7丁裏 15

22.5

- 絵4 第8丁表 16

19.6 16

詞5 第8丁裏 17

19.6 16

第9丁表 18

20.1 16

第9丁裏 19

12.3 7

第10丁表 20

22.4

- 絵6 第10丁裏 21

19.3 16

詞6 第11丁表 22

19.7 16

第11丁裏 23

20.0 16

第12丁表 24

19.8 16

第12丁裏 25

19.6 16

第13丁表 26

19.9 16

第13丁裏 27

20.0 16

第14丁表 28

21.2 16

第14丁裏 29

19.3 8

第15丁表 30

22.3 絵6 -

第15丁裏 31

22.2

- 第16丁表

32

17.2 13

詞7 第16丁裏 33

23.3

- 白紙 別紙

34

表1 「大織冠」の料紙寸法

・縦 16.0㎝

(4)

宮に 赴き

、宝 珠を 取り 返す が、 最後 は竜 に追 われ て絶 命す る。 しか し、 その 直前 に宝 珠を 胸の 中に 隠し 納め てい たの で、 宝珠 は大 織冠 の手 に 渡り

、興 福寺 の本 尊釈 迦如 来の 眉間 に彫 り嵌 めら れた とい う。

「大 織冠

」の 伝本 は極 めて 多く

、絵 を伴 うも のに 限っ ても 多数 の作 品が 伝存 する

。例 えば

、小 林健 二氏 の「 舞曲 の絵 入り 本一 覧稿

」に は 版本 三種 のほ か、 四十 五件 の絵 本や 絵巻 が列 挙さ れて いる

。ま た、 恋

田町 子氏 は薄 雲御 所慈 受院 門跡 所蔵

「大 織冠 絵巻

」の 紹介 に際 し、 絵 巻・ 奈良 絵本 二十 五件

、丹 緑本 四件

、お よび 参考 作品 とし て「 大織 冠 屏風

」七 件を 挙げ てい る。 筆者 は、 その うち の極 一部 しか 見て いな い

が、 本稿 では 個人 蔵本 の本 文を 次の 五件 と校 合し た( 以下

、① 東洋 文 庫本

、② 国会 丹緑 本、

③國 學院 大本

、④ 龍谷 大本

、⑤ 国会 奈良 絵本 と 称す る)

。な お、 恋田 氏が 紹介 した 薄雲 御所 慈受 院門 跡本 は、 個人 蔵 本と は詞

、絵 とも に異 なる とこ ろが 多く

、か なり 離れ た位 置に ある と 思わ れる ので 校合 の対 象か らは 除外 した

①東 洋文 庫所 蔵「 日本 紀 大織 冠」

②国 会図 書館 蔵「 大織 冠」

(寛 永丹 緑本

③國 學院 大學 図書 館蔵

「た いし よく わん

④龍 谷大 学図 書館 蔵「 大し よく わ

⑤国 会図 書館 蔵「 たい しよ くわ

」( 奈良 絵本

10

11

五件 のう ち①

②は 版本

、③

④⑤ は挿 絵入 りの 写本

、所 謂奈 良絵 本で ある

。① 東洋 文庫 本は 岩崎 文庫 収蔵 の古 活字 版「 舞の 本十 五種

」の 中 の一 つで ある

。「 日本 紀」 と一 冊に まと めら れて おり

、個 人蔵 本に 該 当す るの は第 四丁 表一 行目 から 第十 七丁 裏十 行目 まで であ る。 慶長 元 和( 一五 九六-

一六 二四

)頃 の刊 と見 られ てお り、 五件 の中 では 最も 古

。挿 絵は ない が、 挿絵 入の 古活 字版 を入 手で きな かっ たの で、 そ の代 わり に加 えた

。縦 は二 六・ 三セ ンチ

、横 は一 八・ 三セ ンチ であ る。

②国 会丹 緑本 は慶 長( 一五 九六-

一六 一五

)の 古活 字版 を元 にし た寛 永( 一六 二四-

四四

)の 整版 本で あり

、挿 絵に は簡 略な 手彩 色が 加え られ てい る。 一冊 本で あり

、冒 頭か ら第 十七 丁表 七行 目ま でが 個人 蔵 本に 該当 する

。縦 は二 四・ 三セ ンチ

、横 は一 七・

〇セ ンチ であ り、

① 東洋 文庫 本よ りも 若干 小さ い。

③國 學院 大本 は二 冊か らな る奈 良絵 本で あり

、上 冊の 冒頭 から 第十 七丁 表八 行目 まで が個 人蔵 本に 該当 する

。縦 は一 七・ 二セ ンチ

、横 は 二五

・五 セン チの 横本 であ る。

④龍 谷大 本も 横本 の奈 良絵 本で ある が、 こち らは 三冊 から なり

、上 冊の 冒頭 から 末尾 まで が個 人蔵 本に 該当 す る。 縦は 一五

・五 セン チ、 横は 二三

・〇 セン チで あり

、③ 國學 院大 本 より も若 干小 さ

。形 式的 には

、こ の二 本が 個人 蔵本 に最 も近 い。

⑤ 国会 奈良 絵本 は、

④龍 谷大 本と 同じ く三 冊か らな り、 やは り上 冊の 冒 頭か ら末 尾ま でが 個人 蔵本 に該 当す る。 ただ し、 こち らは 縦が 三十 三・ 四セ ンチ

、横 が二 四・

〇セ ンチ の大 型縦 本で ある

。本 文の 料紙 す べて に金 泥の 下絵 を施 し、 丁寧 な筆 致で 細密 に描 かれ た挿 絵に も金 泥

12

13

(5)

や金 砂子 を多 用す るな ど、 贅を 尽く した 豪華 本で ある

。 以上 三件 の奈 良絵 本の うち

、③ 國學 院大 本と

④龍 谷台 本は

「は じめ に」 で述 べた

「や や稚 拙な 感じ の大 和絵 風の 挿絵 をも つ冊 子」 に当 た るが

、⑤ 国会 奈良 絵本 はそ れら とは 一線 を画 し、 むし ろ「 豪華 絢爛 た る逸 品」 で「 棚飾 り用 の大 名献 上本

」と 推定 され る絵 巻と 同種 の趣 が ある

。な お、 個人 蔵本 を三 冊本 の上 冊に あた るも のと 判断 した のは

、 同じ く三 冊本 であ る④ 龍谷 大本 およ び⑤ 国会 奈良 絵本 の上 冊と 内容 が 一致 する から であ る。 さて

、個 人蔵 本と 右の 五件 を校 合し た結 果は 本稿 末尾 に掲 載し た通 りで ある

。異 同の 数は

、第 一段 から 順に 二十 一、 十六

、四 十、 三十 九、 四十 六、 九十 一、 八で あり

、合 計二 六一 ヶ所 であ る。 この うち 個人 蔵 本だ けが 異な り、 他の 五本 は同 じで ある もの

、す なわ ち個 人蔵 本単 独 の異 同は

、第 一段 から 順に 七、 十、 二十 一、 十八

、二 十五

、四 十二

、 四で あり

、合 計一 二七 ヶ所 であ る。 全体 の約 半数 であ るが

、そ の大 部 分 は「 え」 と「 ゑ」

、「 お」 と「 を」

、「 う」 と「 ふ」

、「 は」 と「 わ」

「し やう

」と

「せ う」 など の仮 名表 記の 相違

、あ るい は一 字程 度の 脱 字な どで ある

。一 方、 語句 の異 同は 少な いが

、第 三段 34( 数字 は各 段 の異 同番 号、 以下 同) では

、個 人蔵 本の

「た うど

」を 他五 本は

「も ろ こし

」と する

。こ れは

「唐 土」 を音 読み と訓 読み にし たも ので ある

。 同様 の例 には

「さ う」 と「 ひだ りみ ぎ」

(第 四段 15)

、「 こほ り」 と「 く ん」

(同 21)

、「 のち な」 と「 こう めい

」( 第五 段7

)な どが ある

。そ れ ぞれ

「左 右」

「郡

」「 後名

」で あり

、漢 字で 書か れた 先行 本を 書写 する

際に 生じ た異 同と 見ら れる

。ま た、 第一 段4 は個 人蔵 本は

「し やう 〴 〵」 であ るの で「 生々

」を 宛て たが

、他 五本 は「 しや うち やう

」で あ り、

「生 長」 が宛 てら れて い

。こ のほ か「 すき 行た まひ し」 と「 う ちゆ くほ と」

(第 五段 1・ 2)

、「 やら ん」 と「 へき そと

」( 第六 段40

)、

「は なち らん ひや うし

」と

「は なし みた れひ やう し」

(第 六段 89) な どが ある

。先 の二 例は 語句 の相 違で ある が、 三つ 目は

「放 ち、 乱拍 子」 と「 放し

、乱 れ拍 子」 であ る。 これ らは 個人 蔵本 の誤 記と 見て よい だ ろう 次 。 に、 個人 蔵本 単独 の異 同以 外の もの につ いて は、 個人 蔵本 との 一 致率 を見 てお く。 一三 四ヶ 所の うち

、① 東洋 文庫 本と 一致 する のは 八 十二

、同 じく

②国 会丹 緑本 とは 八十 三、

③國 學院 大本 とは 六十

、④ 龍 谷大 本と は七 十七

、⑤ 国会 奈良 絵本 とは 五十 九で あり

、そ れぞ れ六 一・ 二%

、六 一・ 九%

、四 四・ 八%

、五 七・ 五%

、四 四・

〇% であ る。

①東 洋文 庫本 と② 国会 丹緑 本は 謂わ ば親 子関 係に ある もの であ り、 ほ ぼ同 文で ある が、 右の 数字 から 見る と、 個人 蔵本 の本 文は この 二本 に 最も 近い

。総 じて 言え ば、 特に 大き な異 同は なく

、古 活字 版系 統の 本 文を 取り 入れ たも のと 見て よい だろ う。

個人

蔵本 の挿 絵は 六図 あり

、第 六図 は見 開き であ る( 図1

)。 各図 の場 面内 容は 左記 の通 りで ある

14

(6)

【挿 絵1

】画 面左 上の 御簾 の中 に女 性が 二人 いる

。正 面を 向い てい る のが 紅白 女で あり

、左 手前 は侍 女で あろ う。 御簾 の前 には 大織 冠が 座 し、 その 前に は盃 を載 せた 三宝 など が置 かれ てい る。 大織 冠の 正面 に は銚 子を もっ た稚 児が おり

、そ の左 右に 衣冠 を付 けた 男が 三人

、烏 帽 子を 被っ た男 が一 人い る。 大織 冠の 邸内 を描 いた もの であ るが

、本 文 には これ に対 応す る場 面は ない

。強 いて 宛て れば

、「 二女 にあ たり 給 ふを 紅白 女と 名づ けて

、三 国一 の美 人た り」

(本 文は 釈文 で表 記す る。 以下 同) から 始ま る紅 白女 の様 子を 表し たも ので ある

。な お、 画面 左 下の 屋根 は建 物の 構造 とし ては 不自 然で ある が、 檜皮 葺の 屋根 を描 く こと によ り、 ここ が寝 殿の 内部 であ るこ とを 示し てい る。

【挿 絵2

】本 文の

「臣 下卿 相一 同に 奏し 申さ れけ るや うは

」以 下の 会 話の 場面 を描 いた もの であ る。 玉座 に座 るの が唐 の太 宗皇 帝で あり

、 正面 に臣 下が 三人

、脇 に侍 臣が 一人 描か れて いる

。い ずれ も衣 服や 拱 手す る姿 で唐 人で ある こと を示 して いる

。玉 座の 背後 には 水墨 で雲 を 描い た衝 立屏 風が 立て られ てい る。 第一 段と 同様 に画 面左 下に 屋根 が 描か れて いる が、 ここ では 瓦葺 きに なっ てい る。 この 瓦葺 きの 屋根 や、 文様 入り の磚 を敷 き並 べた 床、 朱塗 りの 桟戸 など も異 国表 現の 通例 で ある

【挿 絵3

】本 文の

「吉 日選 び、 早々 に迎 ひ船 をぞ

、こ され ける

」の 場 面を 描い たも ので

、唐 から の迎 えの 船が 数千 万里 の海 路を 行く とこ ろ であ る。 屋形 船が 二艘 あり

、奥 の船 は本 文の

「舳 には 鸚鵡 の頭 をま な び」 の通 りに 舳先 を鳥 の頭 の形 にし てい る。 これ が紅 白女 のた めに 用

意さ れた 船で ある

。両 船と も窓 の中 には

「船 中の 御介 錯の ため

」に 選 ばれ た女 官や 侍女 たち が描 かれ てお り、

「飾 り船

」ら しく

、船 体に は 花や 文様 が描 かれ てい る。

【挿 絵4

】唐 に到 着し た紅 白女 が太 宗皇 帝と 並ん で座 って いる とこ ろ が描 かれ てい る。 二人 の前 には 大き な卓 があ り、 食籠 や水 瓶、 食物 を 盛り つけ た鉢 や椀 など が所 狭し と並 べら れて いる

。背 後に は水 墨で 山 水を 描い た衝 立屏 風が 立て られ

。周 囲に は五 人の 侍女 が立 って いる

。 これ も本 文に は対 応す る場 面が ない が、 強い て宛 てれ ば、

「皇 帝、 龍 顔に 親し み、 馴れ 近づ かせ 給へ ば」 とい う様 子を 表し たも ので ある

【挿 絵5

】本 文の

「一 葉の 船に 棹を さし

、追 手の 風に 帆を 上げ て数 千 万里 を送 りけ り」 とい う場 面を 描い たも ので

、紅 白女 が父 大織 冠に 送 る無 価宝 珠な どの 重宝 を、 万戸 将軍 が護 送す ると ころ であ る。 ただ し 船は

「鸚 鵡の 頭」 では ない こと 以外 は挿 絵3 の船 とよ く似 てい る。 屋 根の 下の 右側 にい るの が万 戸将 軍で あろ う。

【挿 絵6

】無 価宝 珠を 奪い 取る こと を、 海底 の竜 王か ら依 頼さ れた 阿 修羅 たち は、 ちく らが 沖に 陣を とり

、万 戸将 軍を 待ち 受け る。 画面 は 合戦 が始 まる とこ ろで あり

、右 には 鎧兜 を身 につ けた 万戸 将軍 が「 船 の舳 板に つゝ 立ち 上が る」 とこ ろを 描い てい る。 左に は波 の上 に立 つ 阿修 羅た ちが 描か れる が、 その 姿は それ より 少し 前の

「鉄 杖、 乱刃 の 剣を 引っ さげ

、雲 霞の 如く 攻め かか る」 とこ ろの よう であ る。 また

、 右の 船上 には 空か ら石 や刀

、鉾 が落 ちて くる とこ ろが 描か れて いる が、 これ は挿 絵6 の後 で述 べら れる

「盤 石を 降ら す事 は雪 の花 の散 る如 く、

(7)

剣を 飛ば せ、 鉾を 投げ

」を 表し たも ので ある

。 六図 の場 面内 容は 以上 の通 りで ある

。い ずれ も画 面の 上下 にす やり 霞を 描い てい るが

、こ れは 奈良 絵本 の定 型的 表現 であ る。 ただ し、 弧 線の 部分 を二 重に した り、 段数 を重 ねて 長短 をつ ける など

、基 本形 よ りも 複雑 化し た形 にな って いる

。人 物は 丁寧 な筆 致で 描か れ、 目鼻 の はっ きり した 顔立 ちで ある

。装 束に も金 泥で 細や かな 文様 が描 き込 ま れて いる

。挿 絵3

・5

・6 には 船が 描か れる が、

「鸚 鵡の 頭」 以外 は 構造 も装 飾も 似通 って おり

、パ ター ン化 が著 しい

。し かし

、波 は表 情 豊か であ り、 画面 上方 に行 くに つれ て次 第に 小さ くな り、 遂に は消 え てい くと いう よう に遠 近感 も巧 く表 され てい る。 また

、挿 絵3

・5 の 海は 穏や かで ある が、 挿絵 6の 海は 波間 から 黒雲 が湧 き上 がり

、戦 い の場 面に ふさ わし い異 様な 状況 を呈 して いる

。奈 良絵 本の 挿絵 は、 概 して

「稚 拙」 であ ると 言わ れる が、 実際 には 本当 に稚 拙な もの から

⑤国 会奈 良絵 本の よう に美 麗な もの まで

、そ の表 現は 多様 であ る。 個 人蔵 本は

⑤国 会奈 良絵 本と は比 べよ うも ない が、 人物 も事 物も 丁寧 な 描写 で的 確に 表さ れて おり

、稚 拙と は言 い難 い作 品で ある

。 さて

、挿 絵の ない

①東 洋文 庫本 はさ てお き、 他の 四本 と個 人蔵 本の 挿絵 を比 較し てみ よう

。た だし

、同 じ場 面で あっ ても 図様 は大 きく 異 なる ので

、こ こで は挿 絵の 位置 と場 面内 容を 見る こと にす る。 個人 蔵 本に 該当 する 部分 にお ける 各本 の挿 絵の 数は

、② 国会 丹緑 本、

③國 學 院大 本、

④龍 谷大 本は 各四 図、

⑤国 会奈 良絵 本は 五図 であ る。 その う ち④ 龍谷 大本 の第 四図 と⑤ 国会 奈良 絵本 の第 五図 は見 開き であ る。 表

2は

、こ れら 四本 と個 人蔵 本の 挿絵 の挿 入箇 所を 一覧 でき るよ うに し たも ので ある

。合 計十 二ヶ 所あ り、 ロー マ数 字で 通し 番号 を付 した

。挿 絵の 位置 は個 人蔵 本に おけ る位 置と し、 例え ばⅠ の1 裏9 は第 一丁 裏 九行 目に あた ると ころ にあ るこ とを 示し てい る。 直前 の本 文の 欄に は 挿絵 の前 の本 文の 末尾 を記 した

。各 本の 欄の 数字 は各 本ご とに 挿絵 に 付し た通 し番 号で あり

、見 開き は丸 数字 で示 した

。 これ を見 ると

、個 人蔵 本は

Ⅰに ある 他四 本の 第一 図に 相当 する 場面 を描 いて いな いこ とが わか る。 これ は大 織冠 の春 日社 参詣 の場 面で あ り、 他四 本は いず れも 春日 社の 門と 本殿 を描 いて いる

。一 方、

Ⅱの 大 織冠 邸の 様子 を描 く図 とⅢ の唐 の太 宗皇 帝と 臣下 の様 子を 描く 図は 個 人蔵 本だ けの 場面 であ り、

Ⅳの 唐の 勅使 が日 本の 皇帝 に見 える 図は

⑤ 国会 奈良 絵本 だけ の場 面で ある

。次 のⅤ の図 も個 人蔵 本だ けの 場面 の よう に見 える が、 その 直前 の「 妻越 し船 の帆 をあ げた り」 とい う本 文 は、 その まま

Ⅵの 直前 の本 文に 続く ので

、Ⅴ はⅥ より も一 文だ け前 に 位置 する に過 ぎな い。 その 一文 には 迎え の一 行が 難波 に着 き、 勅使 が 奈良 に至 るこ とが 語ら れて いる が、 挿絵 はと もに 二艘 の船 が航 行す る とこ ろを 描い てい るの で、

Ⅴの 図と

Ⅵの 図は 実質 的に は同 じ場 面で あ り、 五本 全て に共 通す る。 ただ し、 妃の 船を 本文 通り に「 鸚鵡 の頭

」 に描 くの は個 人蔵 本だ けで あり

、他 は龍 の頭 を描 いて いる

。こ れは 本 文の

「妃 の御 船を ば龍 頭鷁 首と 名付 けて

」か ら「 龍頭

」を 描き 出し た ため に起 こっ た誤 りで ある が、 元来

、龍 頭鷁 首の 船は 二艘 で一 組の も ので ある から

、本 文の 記述 が誤 解を 招い たと 言え なく もな い。

(8)

次の

Ⅶは 五本 の挿 入箇 所が 完全 に一 致す る唯 一の 例で ある

。た だし

、 個人 蔵本 は太 宗皇 帝と 后が 並ん でい るだ けで ある が、 他四 本は 朝貢 者 も描 いて いる

。Ⅷ の図 は個 人蔵 本だ けの 場面 で、 万戸 将軍 が宝 物を 船 で運 ぶと ころ を描 いて いる

。Ⅸ から

Ⅻは 挿入 箇所 は異 なる が、 いず れ も船 上の 万戸 将軍 と海 上の 阿修 羅軍 が対 峙す ると ころ であ り、 一連 の 出来 事を 描い てい ると いう 点で 同じ 場面 と見 てお きた い。 以上 のこ とか ら、 五本 全て に描 かれ てい るの はⅤ

Ⅵ、

Ⅶ、

Ⅸ~

Ⅻ、 以上 三場 面の みで ある こと がわ かる

。一 方、

Ⅱ、

Ⅲ、

Ⅷの 三場 面、 す

なわ ち個 人蔵 本第 一図

・第 二図

・第 六図

、お よび

Ⅳ、 すな わち

⑤国 会 奈良 絵本 第二 図は

、他 本に は描 かれ てい ない 場面 であ る。 この よう に 個人 蔵本 は六 図の うち 三図 まで が独 自の 場面 であ り、 また

、Ⅴ

(第 三 図) では 個人 蔵本 のみ が后 の船 に「 鸚鵡 の頭

」を 描い てい るこ とな ど から

、極 めて 独自 性の 強い 作品 であ ると 言え るだ ろう

番号

挿絵 の位 置 1裏 9 4表 4表 5表 3 6表 6裏 3 8表 10裏 12表 9 12裏 3 12裏 12 15 16裏

・ 16 17表

直前 の本 文 あま たの 願を 立て させ た給 ふ 情け は天 下に 並び もな し 叡覧 あれ との 宣旨 にて 忝く も皇 帝の 印判 をな され けれ ば 妻越 し船 の帆 を上 げた り 勅使 は奈 良の 京に 着く 民の 竈も 豊か なり 数千 万里 を送 りけ り 万戸 が船 を待 ち居 たり さら ぬ体 にて 吹か せ行 く さら すは 一人 も通 すま しひ 昔も 今も 例し なし

場面 内容 大織 冠の 春日 社参 詣 大織 冠邸 の様 子 唐の 太宗 皇帝 と臣 下 日本 の皇 帝と 唐の 勅使 迎え 船の 航行 唐の 太宗 皇帝 と紅 白女 万戸 将軍 の護 送 万戸 将軍 と阿 修羅 の戦 い

個人 蔵本 1 2 3 4 5

②国 会丹 緑本 1 2

3 4

③國 學院 大本 1 2

3 4

④龍 谷大 本 1 2

⑤国 会奈 良絵 本 1 2

3 4

表2

「大 織冠

」の 挿絵 の位 置

・場 面の 欄に は五 本の 場面 の通 し番 号を ロー マ数 字で 記し た。

・挿 絵の 位置 の欄 には 個人 蔵本 にお ける 位置 を記 した

。1 裏9 は第 一丁 裏九 行目 の略 であ る。 以下 同。

・直 前の 本文 の欄 には 挿絵 の直 前の 本文 の末 尾を 記し た。

・個 人蔵 本以 下の 欄に は各 本の 挿絵 の通 し番 号を 記し た。 丸数 字は 見開 きで ある

・場 面番 号が 異な って いて も、 同じ 場面 を描 いて いる もの は太 線で 囲っ た。

(9)

本稿

では

、三 冊本 のう ち上 冊だ けが 残る 奈良 絵本

「大 織冠

」を 紹介 した

。本 文は 古活 字本 系統 に連 なり

、大 きな 異同 はな い。 しか し、 挿 絵は 六図 のう ち三 図は 他に は描 かれ てい ない 独自 の場 面を 描い てお り、 その 点で 貴重 な作 例で ある と思 われ る。 まだ 多く の作 品を 見て いな い ので

、類 例が ある こと を期 待し なが ら、 ひと まず 資料 紹介 を終 える こ とに した い。

(1

)舞 の本 につ いて は、 麻原 美子 校注

『舞 の本

(新 日本 古典 文学 大系 59)

(岩 波書 店、 一九 九四 年) の解 説を 参考 にし た。

(2

)注 1掲 載書

、六

〇〇 頁。

(3

)「 奈良 絵本

「花 鳥風 月」 と「 文正 草子

」 付、

「大 織冠

」」 展は

、平 成二 十 七年 八月 一日 から 九月 二十 日ま で開 催さ れた

。同 展の 企画 は筆 者が 担当 し、 奈良 絵本 の一 例と して 架蔵 の「 大織 冠」 を展 示し た。

(4

)塩 出貴 美子

・槙 坂祐 美・ 太田 均・ 渡邊 将隼

・中 尾優 司「 奈良 絵本

「花 鳥 風月

」に つい て― 奈良 大学 図書 館本 の翻 刻と 釈文

―」

『奈 良大 学大 学院 研究 年報

』第 二十 一号

、二

〇一 六年 三月

。塩 出貴 美子

・望 月香 穂「 奈良 絵本

「文 正草 子」 につ いて

―奈 良大 学図 書館 本の 翻刻 と釈 文―

」『 奈良 大学 大学 院研 究年 報』 第二 十二 号、 二〇 一七 年三 月。

(5

)小 林健 二「 舞曲 の絵 入り 本一 覧稿

」『 中世 劇文 学の 研究

―能 と幸 若舞 曲―

』 三祢 井書 店、 二〇

〇一 年、 五五 二― 五五 四頁

(6

)恋 田知 子『 薄雲 御所 慈受 院門 跡所 蔵大 織冠 絵巻

』勉 誠出 版、 二〇 一〇 年、 九二

―九 三頁

(7

)① 東洋 文庫 本は 東洋 文庫 監修

・編 集『 岩崎 文庫 貴重 本叢 刊〈 近世 編〉 第 一巻

幸若 舞曲

御伽 草子

』( 貴重 本刊 行会

、一 九七 四年

)に 影印 が掲 載さ れて いる

(8

)② 国会 丹緑 本は 国会 図書 館デ ジタ ルコ レク ショ ンで 公開 され てい る

htt p:/ /d l.n dl.g o.jp /in fo:n dlj p/ pid /1 28 83 78

)。 また

、東 京大 学総 合図 書 館霞 亭文 庫所 蔵の 同版 が注 1掲 載書 に収 録さ れて いる

(9

)③ 國學 院大 本は

、國 學院 大學 デジ タル

・ミ ュー ジア ムで 公開 され てい る

a_ id = 15 89 3 htt p: // k-a m c.k ok ug ak

htt p:/ /k -am c.k ok ug ak uin .ac .jp /D M /d eta il.d o? cla ss_ na m e= co l_ld l& da t

uin .ac .jp /D M /d eta il.d o? cla ss_ na m e = co l_ld l& da ta _id = 15 89 4

)。 また

、翻 刻と 解題 が公 刊さ れて いる

。針 本正 行・ 太田 敦子

「國 學院 大學 所蔵

『大 織冠

』の 解題 と翻 刻」

『國 學院 大學 校史

・学 術資 産研 究』 第九 号、 二〇 一七 年三 月。

(10

)④ 龍谷 大学 本は

、龍 谷大 学図 書館 貴重 資料 画像 デー タベ ース で公 開さ れ てい

nu /0 30 9.h tm l?l= 1,5 & c= 01 & q= 11

る(

htt p:/ /w w w .afc .ry uk ok u.a c.jp /k ich o/ co nt_ 03 /p ag es _0 3/ v_ m e

)。

(11

)⑤ 国会 奈良 絵本 は、 国会 図書 館デ ジタ ルコ レク ショ ンで 公開 され てい る

htt p:/ /d l.n dl.g o.jp /in fo:n dlj p/ pid /1 28 68 25 ?to cO pe ne d= 1

)。

(12

)注 掲7 載書 の解 題に よる

。五 三六 頁。

(13

)注 13

10掲 載の 画像 デー タベ ース の画 像か ら測 定し た数 値で ある

(14

)注 1掲 載書 の翻 刻は

「生 長」 とす る。

[付 記]

②国 会丹 禄本 およ び⑤ 国会 奈良 絵本 の閲 覧に 際し ては

、国 立国 会図 書館 古典 籍資 料室 に、 また

、③ 國學 院大 本の 閲覧 に際 して は、 國學 院 大學 図書 館に 御高 配を いた だい た。 記し て謝 意を 表す る。

(10)

【第 一段

(1 オ) それ わか てう と申 はあ まつ こや ねの みこ との あま のい はと をお しひ らき てる ひの ひか りも ろと もに かす かの みや とあ らは れて こつ かを まほ り たま ふな りさ れは にや かす かを

・春 の

日と かく 事は なつ の日 はご くね つす 秋の 日は みし かく 冬の 日は さむ ふ し春 のひ はの とか にし てよ くは ん ぶつ をし やう 〴〵 す四 きに こと さら す くれ めい 日な るに より つゝ 春の 日 とか きた てま つて かす かと なづ け 申な りか のみ やの うぢ こは ふち はら うぢ にて おは しま すふ ちは らの そ の中 にた いし よく わん と申 はか また り のし んの 御事 なり はし めは もん せう しや うに て御 さあ りけ るか いる かの

(1 ウ) しん をた いら け大 しよ くわ んに なさ れ させ たま ふ10

そも 此く わ

10

11

と申 は上 代 にた めし なし さて まつ たい にあ り かた きめ てた きく わん と12

なり けり これ によ つて 此き みを はふ ひ13

とう とも 申し い14

つも かま をも ちた まへ は かま たり のし んと も申 なり かす かの みや にさ んろ うあ つて あま たの ぐわ ん15

をた てさ せ給 ふ

②③

④⑤ 絵1

中 にも こう ふく し のこ んた うを さい しよ に御 こん りう ある へし とて しや うご ん七 ほう をち り はめ しや こん たう をた てさ せた まふ くわ ほ16

うは てん より あま くた りく にの

【第 一段

それ 我朝 と申 すは

、天 津児 屋根 命の

、天 の岩 戸を 押し 開き

、 照る 日の 光も ろと もに

、春 日の 宮と 現れ て、 国家 を守 り 給ふ なり

。さ れば にや

、か すが を春 の

日と 書く 事は

、夏 の日 は極 熱す

。 秋の 日は 短く

、冬 の日 は寒 ふ し。 春の 日は のど かに して

、能 く万 物を 生々 す。 四季 に殊 更す ぐれ

、明 日な るに より つゝ

、春 の日 と書 き奉 て、 春日 と名 付け 申な り。 かの 宮の 氏子 は藤 原 氏に てお はし ます

。藤 原の そ の中 に、 大織 冠と 申す は、 鎌足 の臣 の御 事な り。 始め は文 章 生に て御 座あ りけ るが

、入 鹿の 臣を 平ら げ、 大織 冠に なさ れ させ 給ふ

。そ も此 の官 と申 すは

、上 代 に例 しな し。 さて

、末 代に 有り 難き

、目 出度 き官 途な りけ り。 これ によ つて

、此 君を ば、 不比 等 とも 申し

、い つも 鎌を 持ち 給へ ば、 鎌足 の臣 とも 申す なり

。春 日の 宮に 参籠 あつ て、 数多 の願 を立 てさ せ給 ふ。 中に も「 興福 寺 の金 堂を 最初 に御 建立 ある べし

」と て、 荘厳 七宝 を鏤 め、 しや こん 堂を 建て 給ふ

。 果報 は天 より 天降 り、 国の

【凡 例】

・上 段に 翻刻 を、 下段 に釈 文を 掲載 した

・翻 刻に あた って は、 改行 は原 文通 りと し、 改頁 は各 頁の 冒頭 に 1オ

(1 ウ) のよ うに 示し た。

(1 オ) は第 一丁 表、

(1 ウ) は第 一丁 裏の 略で あり

、以 下、 これ に準 じる

・翻 刻は

①東 洋文 庫本

、② 国会 丹緑 本、

③國 學院 大本

、④ 龍谷 大本

、お よび

⑤国 会奈 良絵 本と 校合 した

。異 同の ある 箇所 に傍 線を 引き

、段 ごと に通 し 番号 を付 して

、末 尾に 各本 の字 句を 示し た。

①か ら⑤ の丸 数字 は、 右の 五 本に 対応 する

。た だし

、① から

⑤の すべ てに 同じ 異同 が生 じて いる 場合 は 丸数 字を 省略 した

。「 ナシ

」は 本作 品の 字句 が他 本に ない こと を示 し、 逆 に他 本の 字句 が本 作品 にな い場 合は

、本 作品 に「

・」 を挿 入し た。

・濁 点の 有無

、漢 字と 仮名 の異 同は 無視 した

。た だし

、本 作品 の濁 点は 原文 の通 りと した

・他 本の 挿図 は翻 刻の 中に

(① 絵) のよ うに 示し た。

・釈 文の 作成 のあ たっ ては

、適 宜、 仮名 を漢 字に 改め

、句 読点 を加 えた

。ま た、 科白 には 鉤括 弧を 付し た。

(11)

なひ きし たか ふ事 はふ る雨 のこ くと をう るほ ふし たゝ さう よう の17

かせ にな ひく かこ とし きん たち あま たお

(2 オ) はし ます ちや く女 を18

はく わう みや う くわ うく うと 申た てま つて し19

やう むく わう てい の20

きさ きに たゝ せ給 ふ 二女 にあ たり 給ふ をこ うは く女 とな つけ て三 こく 一の ひし んた りし かる に

21

ひめ きみ のゆ うに やさ しき 御か たち たと へを とる にた めし なし かつ らの ま ゆは あを ふし てゑ んさ んに にほ ふか す に み にも ゝの こび ある まな さき はせ き やう のき りの まに ゆみ はり 月の いる ふぜ いひ すい のか んざ しは くろ ふし て なが けれ はや なき のい とを 春風 の けつ るふ せひ にこ とな らす すか たは 三十 二さ うに しな さけ はて んか にな ら ひも なし

(2 絵1

【第 二段

(3 オ) かゝ るゆ ふな る御 かた ちの いこ くま て き も こえ のあ り・ 七み かと のそ うわ う たい そう くわ うて いは つた へき こし め れ さ て見 ぬこ ひに あく かれ 雲の うへ もか きく もり 月の とも ゝを のつ から ひか りを うし なひ 給ひ けり しん かけ い しや う一 どう にそ ふし 申さ れけ るや う き は よく たい の御 ふせ いよ のつ ねな らす おか み申 て候 なに をか つゝ ませ 給ふ へき おほ しめ さる ゝ事 のさ うは せん し の ん 中へ せん しあ れと そふ し申 され たり けれ はみ かと ゑい らん まし 〳〵 てあ ら はつ かし やつ ゝむ にた えぬ 花の かの もれ ても 人の さと りけ るか いま は なに をか つゝ むへ きこ れよ りと うか い10

すせ ん里 日ほ んな らの みや こに すむ

(3 ウ)

靡き 従ふ 事は

、降 る雨 の国 土 を潤 ふし

、た だ草 葉の 風に 靡 くが 如し

。公 達あ また お はし ます

。嫡 女を ば、 光明 皇后 と申 し奉 て、 聖 武皇 帝の 后に 立た せ給 ふ。 二女 にあ たり 給ふ を、 紅白 女と 名 付け て、 三国 一の 美人 たり

。然 るに

、 姫君 の優 にや さし き御 かた ち、 例へ をと るに 例し なし

。桂 の眉 は青 ふし て、 遠山 に匂 ふ霞 に似

、百 の媚 びあ る眼 先は

、夕 陽の 霧の 間に

、弓 張月 の入 る 風情

。翡 翠の 簪は 黒ふ して

、 長け れば

、柳 の糸 を春 風の 梳る 風情 に異 なら ず。 姿は 三十 二相 にし

、情 けは 天下 に並 びも なし

(絵 1)

かゝ る優 なる 御か たち の、 異国 まで も 聞こ えの あり

。七 帝の 総王

、 太宗 皇帝 は、 伝へ 聞こ し召 さ れて

、見 ぬ恋 にあ くが れ、 雲の 上 もか き曇 り、 月の 友も 自ず から 光を 失ひ 給ひ けり

。臣 下卿 相、 一同 に奏 し申 され ける やう は、

「玉 体の 御風 情、 世の 常な らず 拝み 申し て候

。何 をか 包ま せ給 ふ べき

。思 し召 めさ るゝ 事の 候ば

、せ ん の 臣 中へ 宣旨 あれ

」と 奏し 申さ れた り けれ ば、 帝、 叡覧 まし 〳〵 て、

「あ ら、 はづ かし や、 包む に堪 えぬ 花の 香の

、 漏れ ても 人の 悟り ける か。 今は 何を か包 むべ き。 これ より 東海 数千 里、 日本 奈良 の都 に住 む

1 を 2③ は 3け

4 しや うち やう 5①

②⑤ 奉て

、③

④た てま つり て 6

③⑤ は 7 もん しや うせ う 8

①② む 9

③ナ シ、

④た いし よく はん に 10

⑤ナ シ 10

11③ は 10

11

12

③は ん、

⑤わ む 10

11 12

13③ い 10

11 12

13

14

⑤也 10

11 12

13 14

15①

②⑤ 願、

③く

はん 16

③は 16

17

①⑤ 草葉

、② 草葉

、③

④く さは 16 17

18 ナシ 16 17

18

19

①② 奉て

、③

⑤た てま つり て 20せ うむ てん わう 20

21 かの

(12)

たい しよ くわ んか お11

とひ めを 風の た より にき くか らに 見ぬ おも かけ の たち そひ てわ すれ もや らて い かゝ せん しん かけ いし やう ゝけ たま はつ て12

これ はな によ り・

12

13

てた き御 し よま うに て候 もの かな ちよ くし を たて ゝり んげ んに てむ かへ と14

らせ た まひ て15

1516

らん あれ との せん きに

4オ

絵2

【第 三段

(4 ウ) うん かと 申つ わ物 をち よく しに たて させ たま ふう んか すて にた いそ う のき んさ つを たま はり すせ んは んり のか いろ をす き日 本な らの みや こ につ きた いし よく わん の御 もと にて てう さつ をさ ゝく 大し よく はん は御 らん して われ はこ れし ちい きと て せう こく のわ うの しん かと しい かん と して いこ くの 大わ うを さう なく むこ

には とる へき と一 どは ちよ くし を した いあ るち よく した ちも とつ て この むね をそ うも んす たい そう いと ゝあ く10

かれ 二と のち よく しを たて させ 給ふ しや う11

むく わ

11

12

てい き こし めし なさ けは 上下 によ るへ から す せう こく のし んか のこ なり とも その

(5 オ) へた て13

ある へか らす まる へん てう

13

14

いた すと てか たし けな くも くわ うて い のい ん15

ばん をな され けれ は

⑤絵 2) ち よく し めん ほく ほと こし てい そき たち もと つて へん てう をさ ゝく れは たい そう 大き にゑ いら んな り16

きち 日ゑ

16

17

ひさ う 〳〵 にむ かひ ふね をそ こさ れけ る こん との むか ひの ちよ くし には た ち花 のあ

18

そん にう たい しん ほう けん なり そも ほん てう と申

19

はせ

19

20

こく なり とは 申せ とも ちゑ たい 一の く にな りみ れん のい てた ちか なふ まし けつ こ21

うあ れと のせ んじ

21

22

にて むね との 大せ ん三 百そ うき さ きの 御ふ ねを はれ うど うげ きし う とな つけ てし ゆ・23

たん をも つて かさ

23

24

(5 ウ)

大織 冠が 弟姫 を、 風の 便 りに 聞く から に、 見ぬ 面影 の 立ち 添ひ て、 忘れ もや らで

、如 何せ ん」

。臣 下卿 相、 承 て、

「こ れは 何よ り目 出度 き御 所 望に て候 もの かな

。勅 使を 立て ゝ、 綸言 にて 迎へ 取ら せ給 ひて

、叡 覧あ れ」 との 詮議 に

絵2

運賀

と申 す兵 を勅 使に 立て させ 給ふ

。運 賀、 既に 太宗 の金 札を 給は り、 数千 万里 の海 路を 過ぎ

、日 本奈 良の 都 に着 き、 大織 冠の 御も とに て、 朝札 を捧 ぐ。 大織 冠は 御 覧じ て、

「我 は、 これ 日域 とて

、 小国 の王 の臣 下と し、 如何 と して 異国 の大 王を

、左 右な く婿

には 取る べき

」と

、一 度は 勅使 を 辞退 ある

。勅 使、 立ち 戻つ て、 この 旨を 奏聞 す。 太宗

、 いと どあ くが れ、 二度 の勅 使を 立て させ 給ふ

。聖 武皇 帝、 聞 こし めし

、「 情け は上 下に よる べか らず

。 小国 の臣 下の 子な りと も、 その 隔て ある べか らず

。丸 返諜 いた す」 とて

、忝 くも 皇帝 の印 判を なさ れけ れば

、勅 使、 面目 施し て、 急ぎ 立ち 戻 つて 返諜 を捧 ぐれ ば、 太宗

、 大き に叡 覧な り。 吉日 選び

、早 々に 迎ひ 船を ぞ、 こさ れけ る。 今度 の迎 ひの 勅使 には

、橘 の朝 臣に

、右 大臣 法眼 なり

。「 そも

、本 朝と 申す は、 小国 なり とは 申せ ども

、智 恵第 一の 国 なり

。未 練の 出で 立ち 叶う まじ

。結 構あ れ」 との 宣旨 にて

、宗 徒の 大船 三百 一艘

、后 の御 船を ば、 龍頭 鷁首 と名 付け て、 朱丹 を以 て飾 り、

1

①②

④⑤ う て2

3

③は 4 こ

5 う ち6

7 う

①8

②④

⑤え 9

①②

④⑤ へ 10③ ナシ

、④ たう かい 10

11 を 10

11

12③

⑤り 10

11 12

13 もつ て 10

11 12

13

14ひ 15 ナシ 15 16え

(13)

へに はあ ふむ のか しら をま なひ と もに

25

くし やく のお

25

26

たれ たり ふね のう ちに は27

にし きを しき ぢん だん を まし へく わう よう らん けい みか きた て たま のは たは 風に なひ きこ かね の かわ ら28

はひ にひ かり ぐぜ いの ふね とも いつ つ29

へし はつ ひて んく わん たま をた み れ をか さつ たる 女く わ30

ん二 女

30

31

百人 す つ く てこ れは せん ち32

うの 御か いし やく の め た にと てか さり ふね にそ の33

せら れた り ける じち いき より もた うど ま34

てす せん はん 里の かい しや うの 御な くさ ひ35

の その ため にを ん36

かの まひ ある へと し

36

37

てち こ百 人す くつ てみ をか さつ て38

そ のせ られ たる す39

てに 文月 のす ゑつ かた とも つな とひ てを しい たす あま のか は せに あら ねと もつ まこ しふ ねの ほを あけ た り40

(6 絵3

【第 四段

(6 ウ) かく てな み風 しつ かに てふ ねは ほん てう つの くに やな んは のう らに つき しか はち よく しは なら のき やう につ く

(②

③④ 絵2

、⑤ 絵3

たい しよ くわ んは うけ とつ て一 はい こ の く きこ えと いひ 又一 つは ほん てう の いく わう のた めそ とお ほし めし めさ れ さん かい のち んく わを 山と つみ 五千 人 の上 下を こぞ の八 月な かは より あ くる う月 はし めま ても てな し給 ふ たい しよ くわ んく わほ うの ほと のめ て たさ よう 月も やう 〳〵 すゑ にな り ゆき けれ はき ち日

・ゑ らひ たま のみ こし をた てま つる なん はの うら へ御 い てあ りそ れよ り・10

れう

10

11

うげ きし ゆ

10

11

12

うに めさ れし ゆん ふう にほ をあ けけ れ ふ は ねは ほと なく たい たう のみ やう じう

13

舳に は鸚 鵡の 頭を まな び、 艫 に孔 雀の 尾を 垂れ たり

。船 の内 には 錦を 敷き

、沈 檀を まじ へ、 光耀 鸞鏡 磨き 立て

、 玉の 幡は 風に 靡き

、黄 金の 瓦は 日に 光り

、弘 誓の 船と も 言つ つべ し。 法被 天冠 玉を 垂れ

、 身を 飾つ たる 女官

、侍 女三 百人 すぐ つて

、こ れは 船中 の御 介錯 の為 にと て、 飾り 船に ぞ、 乗せ られ たり ける

。日 域よ りも 唐土 まで

、数 千万 里の 海上 の御 慰ひ の その ため に、 御賀 の舞 ある べと し て、 稚児 百人 すぐ つて

、身 を飾 つて ぞ、 乗せ られ たる

。既 に文 月の 末つ かた

、 纜解 ひて 押し 出す

。天 の川 瀬に あら ねど も、 妻越 船の 帆を 上げ たり

(絵 3)

かく て波 風静 かに て、 船は 本 朝津 の国 や、 難波 の浦 に着 き しか ば、 勅使 は奈 良の 京に 着く

。 大織 冠は 請け 取つ て、 一つ は異 国 聞こ えと いひ

、又 一つ は本 朝の 威光 のた めぞ と思 し召 され

、 山海 の珍 菓を 山と 積み

、五 千人 の上 下を 去年 の八 月半 ばよ り、 明 くる 卯月 初め まで

、も てな し給 ふ。 大織 冠、 果報 のど の目 出 度さ よ。 卯月 もや う〳 〵末 にな り ゆき けれ ば、 吉日 選び

、玉 の御 輿を 奉る

。難 波の 浦へ 御出 あり

。そ れよ り龍 頭鷁 首 に召 され

、順 風に 帆を 上げ けれ ば、 船は 程な く大 唐の 明州

1 は 2⑤ ナシ 3④ は 4 わ 5② ゆ 6④ を 7 に 8ナ シ 9①

④⑤ ち 10こ 10 11 せ 10 11

12

③は 10 11 12

13 はゝ かり は 10 11 12 13

14を 10 11 12 13

14 15

①②

③⑤ ゐ 10 11 12 13

14 15

16①

④⑤ えい りよ あり

、③ ゑい りよ あり 17 え 17 18つ 17 18 19

⑤に 17 18 19

20

⑤ナ シ 17 18 19 20

21 か 22き 22 23

①②

③⑤ つ 22 23

24た と 22 23

24 25は 22 23

24

25 26

④を

、⑤ 尾 22 23

24

25 26

27 ナシ 22 23

24

25 26

27 28は 22 23

24

25 26

27

28 29 云 30③ は 30

31

①②

③⑤ 侍女

、④ さふ らひ 30 31

32⑤ む 30 31

32

33⑤ ナシ 30 31

32 33

34も ろこ し 30 31

32 33

34

35 み 36①

②④ お 36

37 しと 36

37

38

⑤り 36

37 38 39り 36

37 38

39 40

③て

Figure

Updating...

References

Related subjects :