下 島 健 弘

Download (0)

Full text

(1)

縄 文時代早期清水柳E類 土器 に 関す る研 究

下 島 健 弘

今 回 の修 十 論 文 で は縄 文 時代 早期 の 条痕 文 期 に お い て 静 岡 県 東 部 か ら神 奈 川 県 に 分 布 し、絡 条 体 圧 痕 文 を主 文 様 とす る清 水柳E類 と呼 ばれ て い る土 器 につ い て研 究 を お こ な っ た。 研 究 内容 は 主 に土 器 に よ る型 式 編 年 に つ い て で あ る が 、 関東 に お い て 清 水 柳E類 に 伴 う と考 え られ て い る子 母 口 式 、野 島 式 につ い て そ の編 年 的 指 標 を提 示 し、清 水 柳E類 につ い て類 似 性 に基 づ き並 行 関 係 につ い て せ ま って い った 。

まず 第1章 に て研 究 史 を概 観 し、 な ぜ 清 水 柳E類 とい う よ うな 類 別 しか さ れ ず に現 在 に 至 って い るの か とい う こ とや 、 子母 口 式 に伴 う とい う考 え と野 島式 に伴 う とい う考 え の 二つ の考 えが成 立 した の か とい う こ とに つ い て概 観 した 。 また研 究 が進 ん だ現 在 に お い て どの よ うな こ とが 問題 視 され て い るの か と い うこ と につ いて ま とめ た。

第2章 で は 、 清 水 柳E類 につ い て こ れ か ら研 究 して い く基 準 と な る分 類 作 業 を お こ な っ た 。 分 類 は文 様 要 素 別 に お こ な っ た 。清 水 柳E類 に施 文 され る 文 様 要 素 は 絡 条 体 圧 痕 文 、 隆 帯 、 沈 線 、 凹 線 が あ り絡 条 体 圧 跡 文 はす べ て に 施 され て い る。 隆 帯 と沈 線 は 組 み 合 わ され て 施 文 して い る もの も あ り類 別 と して は 違 うグ ル ー プ に す るべ き と考 えた 。 類 別 と して は1類 に絡 条 体 圧 痕 文 の み を施 す もの 、H類 は 絡 条 体 圧 痕 文 と隆 帯 を 組 み 合 わ せ て施 文 す る もの 、 皿類 は絡 条体 圧 痕 文 と沈 線 を組 み 合 わ せ て 施 文 す る もの 、IV類 は絡 条 体 圧 痕 文 と隆 帯 と沈 線 を組 み 合 わせ て施 文 す る もの 、V類 は絡 条 体圧 痕 文 と凹 線 を 組 み 合 わせ て施 文す る もの と した 。 こ の よ うに 大 別 した 後 に 類別 ご とに 、 施

(2)

150

文位 置 、施 文 方向 に よ り細 別 を お こな っ た 。

1類 で は横 位 に絡 条 体 圧 痕 文 を施 文 す る もの をaと し、 左 下 か ら右 上 に も し くは 左 下 か ら右 上 へ 斜位 に 絡 条 体 圧 痕 文 を施 文 す る もの をb、 二 方 向 や乱 方 向 に絡 条 体 圧 痕 文 を施 文 す る もの をc、 原 体 を 半置 半転 しな が ら絡 条 体 圧 痕 文 を施 す 十 器 をdと した 。H類 で は横 位 の 隆 帯 と絡 条 体圧 痕 文 の み で施 文 した せ の をa、bに 横 位 の 隆 帯 に 加 え て縦 位 の 隆 帯 を組 み 合 わ せ た もの と絡 条 体 圧 痕 文 を施 した もの をc、dと し、 さ ら に隆 帯 以 上 に絡 条 体 圧 痕 文 が 施 され る もの と隆 帯 以 下 に絡 条 体 圧 痕 文 を施 され る もの につ い て細 分 をお こな いa、b、c、dの4細 分 をお こ な った 。 皿類 は絡 条 体 圧 痕 文 に加 えて 沈 線 を 施 す 土 器 群 で あ る が 、 ほ ど ん ど の 土器 が 文様 帯 と して 区画 す るた め の横 位 の 沈 線 を引 き、 文様 帯 に は格 子 目状 や鋸 歯 状 の モ チ ー フ を もっ た沈 線 に よ り充 填 され て い る。 こ の類 は一一様 性 が 高 く分類 し難 い の で細 分 は お こな わ な か っ た 。IV類はH類 と同 様 に縦 位 の 隆 帯 が あ るか ない か に よ り細 分 を お こ な っ た。

この縦 位 の 区画 の あ る な しに よ り口縁 部 文 様 帯 の広 さに か か わ っ て く るよ う で あ る 。V類 は 出 土量 が少 な く細 分 の可 能 性 につ い て断 言 しに くい た め細 分 を お こ な わ な か っ た。

この よ うに 分 類 、細 分 を お こな い 清 水 柳E類 の範 疇 内 で どの よ う に変 化 し て い るの か と い うこ とにつ い て絡 条 体 圧 痕 文 以 外 の 文様 を施 文 す るか しな い か に てひ と グル ー プ と し、文 様 帯 の 区 画 の 広 さや絡 条 体 圧 痕 文 を施 文 す る位 置 関 係 、粗 製 的 様 相 の 強 さに よ りH類a、c、d、 ㎜類 、IV類a、V類 とH類b、

IV類bの 二 つ の グル ー プ に 分 け る こ と が可 能 で あ る た め 、 合 計 三 つ の グル ー プ に分 類 が 可能 で あ る と 考 え る。 それ で は どの よ うに この 三 つ の グル ー プ が 清 水 柳E類 の範 囲 の 中で 存 在 して い るの で あ ろ う。 関 東 系 の 土 器 群 か らの ア

プ ロ ーチ に よ り調 べ て い くこ と とす る。

第3章 で は子 母 口式 と野 島 式 と い う関 東 系 の 土 器 群 につ い て 、 その 型 式 自 体 の 観 察 を しな が ら清 水 柳E類 の 存 在 に つ い て 考 察 を加 え て い く こ とに す

る。

(3)

まず は子 母 口式 で あ るが 、 そ もそ も清 水 柳E類 が子 母 口式 並 行 の 土 器 群 で あ る とい う こ とは絡 条 体圧 痕 文 とい う文 様 要 素 の 共 通 とい うこ とか らきて い る よ うで あ る。 そ こ で絡 条 体 圧 痕 文 を 中心 に 考 察 して い く。 まず 清 水 柳E類 は前 述 した よ うに すべ て の土 器 が絡 条 体圧 痕 文 を施 文 して い る。 しか し子 母 口式 は絡 条 体 圧 痕 文 以 外 に隆 帯 、沈 線 、刺 突 、細 隆 起 線 、 貝殻 な どに よ り施 文 して い る もの も あ る。 子 母 口 式 の 前 型 式 に お い て隆 帯 、沈 線 、刺 突 、細 隆 起 線 、 貝 殻 な ど に よ る施 文 が み られ る ため 系 統 的 に繋 が っ て きた様 相 で あ ろ う と考 え られ る。 そ れ で は 子 母 口 式 は ど こか ら絡 条 体 圧 痕 文 と い う要 素 を持 ち込 ん で きた の で あ ろ うか 。 そ の 出 自に つ い て は 東 北 南 部 に分 布 す る常 世 式 か ら とい うの が 有 力 な よ うで あ る。 それ で は清 水柳E類 の 絡 条 体 圧 痕 文 も同 様 の ル ー トを辿 っ て き た もの で あ るの だ ろ うか 。

筆 者 は絡 条 体圧 痕 文 を観 察 す る うち に 子 母 口式 と清 水 柳E類 の 絡 条 体 圧 痕 文 は施 文 の 方 法 に茎 異 が あ るの で は と考 え た。 子 母 口式 は器 面 に対 して平 行 に押 付 け るの で あ るが 、 清 水 柳E類 は絡 条 体 圧 痕 文 の 粒 の右 側 に 粘 土 の 盛 り 上 が りが で きて い るた め 、 原 体 の 左端 を まず 器 面 に付 け、 原 体 を器 面 に対 し て転 が す よ うに して施 文 して い る の で あ る。この よ うな施 文 方 法 の差 に よ り、

清 水 柳E類 と子 母 口 式 は異 な る系統 の も と に発 生 した 土 器 群 で は な い か と考 え られ る。

次 に野 島 式 で あ るが 、 子 母 口 式 が 清 水 柳E類 と伴 っ て 出十 す る事 例 は少 な い の に対 して野 島 式 は 静 岡 県 東 部 に て 多 くが 清 水 柳E類 と共 伴 す る こ と が知 られ て い る。 そ こで 焼 場 遺 跡A地 点 、B地 点 、徳 倉B遺 跡 、小 池 遺 跡 の 両 土 器 群 の 出 十 位 置 に よ って 差 が み られ な い か調 べ て み た。 しか し出 土 位 置 は 、 各遺 跡 の 分布 域 に は 多少 の違 い が み られ るが 、概 して は 同 じ よ うに 出 土 して い る よ うで あ り茎 はみ られ な か った 。 次 に清 水 柳E類 と伴 に出 土 して い る野 島 式 土 器 につ い て観 察 を試 み た 。 焼 場 遺 跡A地 点 で は 清 水 柳E類 が 出 土 して い な い の に対 しB地 点 で は出 土 して い るの で 単純 に 引 き算 して その 存 在 域 に つ い て考 え て み た わ け で あ る。 しか し徳 倉B遺 跡 、小池遺跡 の様相 をみ てみ

(4)

152

る とそ う単 純 に結 果 は 山 な い よ うで あ る。 そ こで まず野 島式 に つ い て 型 式 内 に お け る変 遷 を作 っ て み る こ とに した。 清 水 柳E類 と と も に出 土 して い る野 島式 は隆 帯 、 沈線 、 凹線 な どに よ り施 文 され て い るが 筆 者 は 施 文 工具 に注 目 して 分類 をお こな い3段 階 に 変遷 させ る こ とが 可能 で あ る と考 え る にい た っ た 。 なぜ な ら沈線 に 関 して い えば 、箆 状1二具 を用 い た もの や 半 載 竹 管 状 工 具 の外 側 を用 い た もの もあ り1二具 に よ り太 さな どに 視覚 的 な 違 い が み られ た た め で あ る。

まず1段 階 は 隆 帯(隆 起 線)の み で 施 文す る もの や 隆 帯 と沈 線 を組 み 合 わ せ て 施 文 す る もの 。続 く2段 階 で は 各 種 一1具を用 い て 沈 線 の み に よ り施 文 を お こな う もの 。3段 階 で は隆 帯(細 隆 起 線)と 沈 線 に よ り施 文 す る もの と い う こ とで あ る。

そ れ で は この 野 島 式 の ス トー リーの うち清 水 柳E類 は どの 部 分 に 並 行 す る の か 。 また 子 母口 式 と は 異 な る と した起 源 は ど こに あ るの だ ろ うか 。 第4章 に て 清 水柳E類 の編 年 的 位 置 付 け をお こな う こ とに す る。

清 水 柳E類 の 発 生段 階 の 様 相 は静 岡 県富 士宮 市 に 所 在 す る黒 田 向 林 遺 跡 に て 観 察 す る こ とが で き る。 黒 田 向 林 遺 跡 で は高 山 寺式 、高 山 寺 式 に伴 う関 東 系 の 上器 で あ る川 戸 上 層 式 、 田 戸L層 式 終 末 も しく は子 母口 式 初 頭 と い われ る粗 製 的 要 素 の強 い 土器 群 、 清 水 柳E類 、 そ して 高 山 寺式 に伴 う と考 え られ て い る撚 り糸 が 出 土 して い る。 筆 者 は この撚 り糸 に関 して清 水柳E類 の 起 源 を求 め た 。撚 り糸 を高 山 寺 式 に伴 う と考 え られ る格 子 目 を描 い た撚 り糸 と横 位 に無 文 帯 を持 つ よ う に縦 位 や 横 位 に密 接 に施 文 され る粗 製 的 要 素 の 強 い 土 器 群 を分 離 し、 後 者 を田 戸L層 式 終 末 ・子母rI式 初 頭 に位 置 付 け よ うと考 え たわ け で あ る 。 また この 土器 群 に は 半 置 半 転 す る 上器 群 も あ り1類dに 関 連 を持 つ と考 え られ る。 そ こか ら清 水 柳E類 が 発 生 した の で は な い だ ろ うか 。 ま た黒 田 向 林 遺 跡 で は1類 の 土器 の み が 出 上 して い る ため 発 生 時 に は1類 が 主 に な って い た よ うで あ る。

この 段 階 につ い て 最 近 で は判 ノ木 山 西 遺 跡 例 や 相 木 式 の 編 年 的 位 置 付 け に

(5)

つ い て 問 題 に され て い る よ うで あ る。 この こ と につ い て は黒 田 向林 遺 跡 と同 じく富 士 宮 市 所 在 の 石 敷 遺 跡 にて その 様 相 が探 れ る よ うで あ る。 筆 者 は高 山 寺 式 に 伴 う撚 り糸 か ら密接 な撚 り糸 へ の 変 化 を述 べ た が 、同 時 に判 ノ木 山 西 遺跡 例 の よ うに 巨 大 化 した格 子 目 を描 くモ チ ー フへ と も変 化 して い っ たの で は な い か と考 えて い る。 また相 木式 は 全 く別 系 統 で 押 型 文 期 終 末 と して 扱 え

るの で は な い だ ろ うか 。

清 水柳E類 の終 末 期 の 様 相 と して は 文様 要 素 の 共 通 性 や 野 島 式3段 階 と し て設 定 した細 隆起 線 が み られ な い こ とか ら2段 階 まで 清 水 柳E類 は 伴 うの で は な い だ ろ うか と考 えた 。 その 様 相 と して は野 島 式 の 影 響 を受 けH類a、c、

d、IV類aの よ うな 隆 帯 が 発 生 し、 野 島 式 に 伴 うよ う に 皿類 の 沈 線 やV類 の 凹 線 が発 生 した と考 え られ る。 ま た野 島 式 に て屈 曲 が発 生 しは じめ る2段 階 の 頃 に 粗 製 的 な1類 の 十 器 群 か らH類bやIV類bの よ うな 太 い隆 帯 を も ち屈 曲 の き っか け に した よ う な土 器 群 が 発 生 したの で は な い か と考 え て い る。

この よ うに清 水柳E類 の 編 年 的 位 置 付 け につ い て検 討 を加 えて き た わ け で あ るが 、 第5章 の 結 語 に て ど うや ら清 水柳E類 は 子母 口 式 か ら野 島 式 の2段 階 まで 並 行 す る よ うで 、1類 か らH類 、 皿類 、IV類 、V類 が野 島 式 の 影 響 を 多 く受 け な が ら発 生 した よ うで あ る。

Figure

Updating...

References

Related subjects :