全文

(1)

and acyclovir-resistant HSV type 1 in vitro and in vivo. J. Traditional Med. 12 : 187陣194 1995.

7 ) Tsuchie H., Saraswathy T.S. , Sinniah M . , Vijayamalar B . , Maniar J.K., Monzon O.T.,

Santana R.T., Paladin F.J.E. , Wasi C.,

Thongch aroen P. , Hossian M.M., Yamada 0 . , Kageyama S. , Kitamura T. , Kurimura T. : HIV- 1 vari-ants in south and south-east Asia. Interna-tional. J. STD AIDS. 6 : 1 1 7 - 120, 1995.

8) Hayashi K . , Kamiya M. , Virucidal effects of the steam

from Houttuyniα cordαtα and its components on HSV- 1 , influenza virus, and HIV. Planta Medica 61 : 237-241 1995 .

9 ) Kogure K . , Itoh M., Hayashi K., Ueno M. : Spontaneous transfer of viral protein from membrane of influenza virus-infected cells to liposomes is dependent on the diameter of receiver. Biol. Pharm. Bull. 18 : 1 168・ 1 170, 1995.

10 ) Hayashi K. : Role of tight junctions of polarized epithelial MDCK cells in the replication of herpes simplex virus type 1 . J. Med. Virol. 47 : 323-329 . 1995.

1 1 ) 景山誠二, サ ミ ー ル ・ イ ス マ イ ル, 笹尾芙蓉 子, 高 明 , 若宮伸隆, 土江秀 明 , 栗村 敬,

新免友次, 勝本哲央, 谷 口 克 己, 戸谷治雅, 上 田 重晴 : HIV のMatrix Protein ( P 17 ) を タ ーゲ ッ ト と す る ヒ ト 抗体 の 中 和能. 臨 床 と ウ イ ル ス , 23 : 155“ 159, 1995.

1 2 ) 黒川 昌彦, 粂田 ・ ク リ ス チ ー ナ ・ 愛子 , 白 木 公康 : 葛根湯 の新規解熱機序 ー ア ス ピ リ ン と の 比較 和漢医薬学雑誌, 12, 390嶋39 1 1995.

13 ) 湯川倫代, 黒川 昌彦, 長谷川 と も み, 氷見 由 起 夫 , 難波恒雄, 穂積豊治 , 松井祥子 , 白 木公康 : 和漢生薬 に よ る サ イ ト メ ガ ロ ウ イ ルス 感染症 に対 す る 予防的治療効果. 和漢医薬学雑誌 , 1 2 , 424・

425 1995.

14 ) Kishimoto C. , Takada, H., Hiraoka, Y. , Shiraki, K. : Effects of naloxone, an opiate receptor an tagonist, on coxsackievirus B 3 myocarditis in the mouse. Cardiovascular Res . 29 : 80・84, 1995.

15 ) Balachandra K. , Thawaranantha D . , Ayuthaya P.I. , Bhumisawasdi J . , Shiraki K. ,

A込・テ

康 二 子 彦 博

士一仙

公 誠 京 日日 与

木 山

川 田

白 景 林 黒 吉

助 教 授

文 部 技 官

Hayashi T. : distillate

⑥ 著 書

1 ) 白 木公康 : ウ イ ルス 感染症 の診断 、 ウ イ ル ス 感 染症 の感染経路 と 予防 、 ト ガ ウ イ ルス 微生物学 ・ 免疫学. 緒方幸雄他編 医学教育 出 版社 , 東京 , 1995 .

⑩ 原 著

1 ) Kurokawa M . , Nagasaka K. , Hirabayashi T. , Uyama S., Sato H., Kageyama T. , Kadota S . , Ohyama H . , Hozumi T. , Namba T. , Shiraki K . : Efficacy of traditional herbal medicines in combination with acyclovir against herpes simplex virus type 1 infection in vitro and in vivo. Antiviral Res. 27 : 1 9 司 37, 1995.

2 ) Nagasaka K . , Kurokawa M. , Imakita M. , Terasawa K . , Shiraki K. : Efficacy of Kakkon-to, a traditional herb medicine, in herpes simplex virus type 1 infection in mice. J. Med . Virol . 46 : 28聞34.1995.

3) Hasegawa T., Kurokawa J\ι, Yukawa T.

A., Horii M . , Shiraki,K. : Comparison of inhibitory action of varicella-zoster virus between acyclovir and penciclovir. Antiviral Res. 27 : 271 -279, 1995 .

4 ) Andoh T. , Shiraki K . , Kurokawa M . , Kuraishi Y. : Paraesthesia induced b y cuta­

neous infection with herpes simplex virus in rats. Neuroscience Lett. 190 : 101- 104, 1995.

5 ) Hattori M . , Nakabayashi T. , Lim Y.-A. , Miyashiro H., Kurnkawa M. , Shiraki K. , Gupta M . P . , Correa M . , Pilapitiya U. : Inhibitory effects of various Ayurvedic and Panamanian medicinal plants on the infection of herpes sim plex virus- 1 in vi tro and in vivo. Phytother. Res . 9 : 270-276, 1995.

6) Kurokawa M . , Sato H., Ohyama H . , Hozumi T., Namba T. , Kawana T. , Shiraki K. : Effects of traditional herbal medicines against herpes simplex virus ( HSV ) type 2

。。円/じ】

(2)

Yamanishi K . : Effects of human alpha, beta and gamma interferons on varicella zoster virus in vitro. Southeast Asian Journal of Tropical Medicine

&

Public Health. 25 : 2 5 , 1995.

⑩ 総 説

1 ) 白 木公康, 黒川 昌 彦 : 天然物 由 来物質の抗 ウ イ

ルス 作用 Molecular Medicine ( こ れか ら の抗 ウ イ ルス 薬特集号 ) 32 : 1092- 1099, 1995 .

⑩ 学会報告

1 ) Kurokawa M . , Okuda T. , O hyama H . , Hozumi T. , Namba T. , and Shiraki K. : Effect of traditional herb medicines on the replication of herpes simplex virus type 1 and 2 . The 20 th International Herpesvirus W orkshop, 1995, 7, Groningen.

2 ) Shiraki K . , Matsui S., Hasegawa T. , Sato H . ,Yamamura J . , Yukawa T.A . , Kurokawa M . , Yoshida Y . , Yamamoto H . , and Kageyama S. : Effect of immunosuppressants , FK 5 0 6 and cyclosporine, in mice infected with cytomegalovirus. The 2 0 th International Herpesvirus Workshop, 1995, 7, Groningen.

3 ) 黒川 昌 彦, 久米 田 ・ ク リ ス チ ー ナ ・ 愛子 , 白 木公 康 : イ ン フ ルエ ン ザ ウ イ ルス 感染 に よ る 発熱機序 と 葛根湯 に よ る 解熱作用 の解析. 第29回富山県公 衆衛生学会総会, 1995, 2, 富山 .

4 ) 小暮健太朗, 伊藤満理恵, 上野雅晴, 林 京子 : タ ンパ ク 質 の 脂質膜問移行 を応用 し た人工膜 ワ ク チ ン の作製. 日 本薬学会第1 15年回, 1995 , 3 , 仙 台 .

5 ) 吉 田 与志博 , 佐藤仁志 , 山 村 淳 一 , 小 原 恵 彦 , 白木公康 : カ フ ェ イ ン軟膏 の ア シ ク ロ ビル耐性単 純ヘ ル ペ ス ウ イ ル ス 皮膚感染の治療効果. 第 10回 ヘルペス ウ イ ルス 研究会, 1995, 6, 静岡.

6 ) 景 山誠二, 松井祥子 , 長谷川 と も み , 佐藤仁志 , 山村淳一, 吉 田 与志博 , 黒川 昌 彦, 山 本 博 , 白 木公康 : 免疫抑制剤 サ イ ク ロ ス ポ リ ン と FK506 に よ る 免疫抑制 と サ イ ト メ ガ ロ ウ イ ルス 感受性. 第 10 回 ヘルペス ウ イ ルス 研究会, 1 995, 6, 静岡 . 7 ) 白 木公康 : 水痘 ウ イ ル ス 糖蛋 白 . 第10回ヘルペ

ス ウ イ ル ス 研究会, 1995, 6, 静岡 .

8 ) 黒川 昌 彦, 奥 田 智 子 , 中野道夫 , 白 木公康 , 難 波恒雄, 大山晴生, 穂積豊治 : ヘ ル ペ ス ウ イ ル ス 薬剤耐性株感染症の治療 と 回帰発症予 防 に有効な 伝統医薬. 第10回 ヘ ルペス ウ イ ルス 研究会, 1995,

6, 静岡 .

9 ) 林 利光 , 林 京 子 , 上野雅晴, 小 島一 郎 : 藍藻ス ピル リ ナか ら単離さ れた硫酸化多糖calcium spirulan の物性 と 抗 ウ イ ルス 活性. 第17回糖質 シ

ン ポ ジ ウ ム , 1995, 7, 京都.

10 ) 湯川 倫代 , 黒川 昌 彦, 長谷川 と も み , 氷見 由 起 夫 , 難波恒雄, 穂積豊治 , 松 井祥 子 , 白 木公康 : 和漢生薬 に よ る サ イ ト メ ガ ロ ウ イ ルス 感染症 に対 す る 予防的治療効果 . 第 1 2 回 和 漢 医 薬 学 会 大 会 , 1995, 8, 東京

1 1 ) 黒川 昌彦, 粂 田 ・ ク リ ス チ ー ナ ・ 愛子 , 白 木公 康 : 葛根湯 の新規解熱機序 、 ー ア ス ピ リ ン と の対 比 一. 第12 回和漢医薬学会大会, 1995, 8, 東京.

1 2 ) 林 京子 : 藻類の抗 ウ イ ルス 活性検索. 第 1 0 回 天然薬物 の開発 と 応用 シ ンポ ジ ウ ム , 1995, 8, 千 葉.

13 ) 林 利光 , 竹脇典 子 , 宮原 龍郎, 竹 口 紀晃,

林 京 子 : 熱帯性 薬 用 植物Scoparia dulcis か ら 単離 さ れたscopadulciol の構造 と 生物活性.

第10回天然薬物の開発 と 応用 シ ン ポ ジ ウ ム , 1995,

8, 千葉.

14 ) 小暮健太朗, 中村智春 林 京子, 上野雅晴 : タ ン パ ク 質の膜問移行 に お け る 脂質膜表面構造の 関与. 第68回 日 本生化学会大会, 1995, 9 , 仙 台 . 15 ) 佐藤仁志, 黒川 昌彦, 白 木公康, 高原照美 : グ

リ チ ル リ チ ン関連化合物 に よ る HBs 抗 原 分泌抑 制 の構造活性相関. 第43 回 日 本 ウ イ ルス学会総会,

1995 , 10, 岡 山 .

1 6 ) 景山誠二, 松井祥子, 長 谷川 と も み , 佐藤仁志,

吉 田 与志博, 黒川 昌 彦, 山本 博, 白 木公康 : NK 活性の賦活 に よ る 免疫抑制剤FK506の サ イ ト メ ガ

ロ ウ イ ルス 感染症軽減効果. 第43回 日 本 ウ イ ルス 学会総会, 1995, 10, 岡山 .

17 ) 白木公康, 佐藤仁志, 黒川 昌 彦, 景山誠二 : 水 痘 ウ イ ルス糖蛋 白 g B (gpII) の解析. 第43 回 日 本

ウ イ ルス 学会総会, 1995, 10, 岡 山

18 ) 吉 田与志博, 佐藤仁志 , 黒 川 昌 彦 , 白 木公康 , 小原恵彦, 川 名 尚 : カ フ ェ イ ン軟膏 の 単純 ヘ ル ペ ス ウ イ ルス 皮膚感染 の治療効果. 第43回 日 本 ウ イ ルス 学会総会, 1995, 10 , 岡 山

1 9 ) 黒川 昌彦, 中野道夫, 大山春夫, 穂積豊治 , 諸 橋正昭, 難波恒雄, 川 名 白 木公康 : ヘ ル ペ ス ウ イ ルス 薬剤耐性株感染症 の治療 と 回帰発症予 防 に 有効 な伝統医薬. 第43回 日 本 ウ イ ルス 学会総 会, 1995, 10, 岡 山

20 ) 林 京 子 , 林 利 光 , 小 島 一 郎 : Calcium spirulan の抗 ウ イ ル ス 活性 に 及 ぼす カ ル シ ウ ム の役割. 第43 回 日 本 ウ イ ルス 学会総会, 1995, 10,

od 円ノ“

(3)

岡山.

2 1 ) 井 田 充, 諸橋正昭, 佐藤仁志, 景 山 誠二 , 白 木公康 : Penciclovir ( PCV ) と acyclovir ( ACV )

の抗水痘 ウ イ ルス 作用 と 耐性獲得 に 関 す る 検 討.

第43回 日 本 ウ イ ル ス 学会総会, 1995, 10, 岡 山.

22 ) 中野道 夫 , 黒 川 昌 彦, 白 木公康, 難波恒雄,

大山晴生, 穂積豊治, 諸橋正昭 : 伝統医薬 に よ る 単純ヘルペ ス ウ イ ルス 2 型回 帰発症予防効果. 第 46回 日 本皮膚科学会中部支部総会, 199 5 , 1 0 , 奈

良.

23 ) 山本 博, 松井祥子 , 長 谷川 と も み, 佐藤仁志,

吉 田 与志博, 景 山誠二, 白 木公康 : サ イ ト メ ガ ロ ウ イ ルス 感染モ デル マ ウ ス の免疫抑制剤投与 に対 す る 反応. 第 1 20 回 日 本獣医学会, 1995, 1 1 , 鳥取.

24 ) 景山誠二, 佐藤仁志, 黒 川 昌 彦, 難波恒雄,

穂積豊治, 土江秀 明 , 栗村敬, 白木公康 : HIV と 日 和見感染の原因 ウ イ ルス に対す る和漢薬の効果 第 9 回 日 本 エ イ ズ学会総会, 1995, 1 1 , 豊 中 . 25 ) 白木公康, 黒川 昌 彦 : 抗 ウ イ ル ス 剤 の 培養細

胞 に よ る 評価. 第 9 回 日 本 動物実験代替法学会,

1995, 1 1 , 京都

26 ) 中村智春, 小暮健太朗, 林 京子, 上野雅晴 : リ ポ ソ ー ム の移 行膜 タ ン パ ク 質受容現象 に お け る 膜表面構造の関与 . 日 本薬学会北陸支部第93 回例 会, 1995, 12, 金沢.

27 ) Anderson B . , Kageyama S., Ueno T.,

Shirasaka T.. Liu B. . Gulnick S.. Erickson J, Mitsuya H. : In vitro induction of HIV・ 1 with red uced sensitivity to HIV p rotease inhibitors. KNI-227 and KNI-272. 2nd national conference on human retroviruses and related infections, 1995, 1 , Washington DC.

28 ) 栃倉明 子 , 坂 本隆志, 景 山 誠二, 若 宮 仲 隆 , 土江秀明, 栗村敬 : 薬剤耐性HIV・1 の臨床検体か

ら の検 出 . 第43回 日 本 ウ イ ルス 学会総会, 10, 岡 山.

29 ) 山 田 明 , Anderson B . , 景 山誠二, 上野貴将,

白 阪琢磨, Erickson J . , 林秀也, 満屋裕 明 : プ ロ テ ア ー ゼ阻害剤KNI-272 に対す る 耐性 HIV- 1 変 異株の誘導 と 選択的PCR を 用 い た 変 異 株 の 検 出 . 第 9 回 日 本 エ イ ズ学会総会, 1 995, 1 1 , 豊中.

30 ) 張脊, Maniar, J.K. , Saple D.G., 土江秀明,

景山誠二, 若 宮伸 隆 , 栗村敬 : イ ン ド に お け る HIV- 1 型 と HIV-2型の混合感染 に つ い て. 第 9 回

日 本 エ イ ズ学会総会, 1995, 1 1, 豊中.

⑮ そ の 他

1 ) 白 木公康, 吉 田与志博, 小 原 恵 彦 , 黒 川 昌 彦 :

水痘生 ワ ク チ ン を ベ ク タ ー と した HIV ワ ク チ ン の 開発. 厚生省平成 6 年度HIV感染者発症予防 ・ 治 療 に関す る研究班研究報告書.

2 ) 園 田 孝夫 , 岡 田 仲 太郎 , 佐川 史郎 , 山 西 弘 一 , 白木公康, 高原史郎 : 移植後 の感染症 コ ン ト ロ ー ル に 関す る 研究 厚生省平成 6 年度臓器技術臨床 研究開発事業研究報告書.

3 ) 白 木公康 : B型肝炎治療和漢薬 の 作 用 機 序 の 解 析. 平成 6 年度受託研究 和漢薬 ・ バ イ オ テ ク ノ

ロ ジ -研究研究成果報告書.

4) 黒川 昌彦 : B型肝炎治療和漢薬 の 細 胞傷害性へ の影響. 平成 6 年度受託研究和漢薬 ・ バ イ オ テ ク ノ ロ ジ -研究研究成果報告書.

5 ) 白 木公康 : グ リ チル リ チ ン の抗 B 型肝炎作用 に 関す る 生化学的 ・ 形東鮮的検討. MINOPAHGEN MEDICAL REVIEW 40 : 62-64. 1995.

6) 黒川 昌彦, 白木公康 : イ ン フ ルエ ン ザ ウ イ ルス 感染 に対す る 葛根湯の治療効果 一 葛根湯 と ア ス ピ リ ンの対比 一 . 漢方医学, Vo119, No.2, P67,

1995.

7) 加地正郎, 柏木征三郎, 白木公康, 本間行彦 : 感 冒 、 イ ン フ ルエ ンザの治療. 漢方医学19 : 34 1 - 349. 1995.

8 ) 白木公康 : なぜ葛根湯は風邪に効 く のか.

平 成 7 年度富 山 県 リ カ レ ン ト 教育学習 コ ー ス 1995, 10, 富山 .

9 ) 白木公康, 松井祥子, 長谷川 と も み, 佐藤仁志 , 山村淳一, 吉 田 与志博 , 黒川 昌 彦 , 山 本 博 , 景 山 誠二 : CMV感 染 に よ り 誘 導 さ れ る NK活性 の FK506に よ る 増強作用. 古川 宣教授退官記念 シ ン ポ ジ ウ ム ・ サ イ ト メ ガ ロ ウ イ ルス と そ の関連疾 患. 1995, 1 1 , 東京.

10 ) 白木公康 : なぜ感冒 に葛根湯が効 く のか ー そ の 作用 メ カ ニ ズ ム と ア ス ピ リ ン と の対比一. 第一回 阪大和漢薬研究会. 12, 1995.

1 1 ) 白木公康, 黒川 昌彦, 小原恵彦, 林 京子, 佐 藤仁志 : イ ン フ ルエ ン ザ ウ イ ルス 感染症に対す る 葛根湯作用 の解析. 平成 6 年度乳酸菌研究会 に関 す る報告書

ハU円、U

Updating...

参照

Updating...

関連した話題 :