Typus 4. V-form od. r-form. Typus 5. Linksseitige Steigbugelform. Typus 6. Typus 7. W-form. Guirlandenform. Typus 8A. Komplizierte Form ohne ringformi

26 

Loading.... (view fulltext now)

Loading....

Loading....

Loading....

Loading....

全文

(1)

152.

611. 348. 3: 616-073. 755. 4

消 化器 管 ノ形 態 及 ビ運 動機 能 ニ關 スル 研 究

第2報

本 邦 婦 人 結 腸 ノ 形 態 的 研 究

第2篇 

横 行 結 腸 ニ 就 テ

倉 敷 中 央 病 院(院 長本多操博士)

岡 山 醫 科 大 學 柿 沼 内 科 教 室

副 手  本

[昭 和8年3月18日 受 稿]

Aus der Medizinischen Klinik der Okayama Medizinischen Fakultat

(Direktor:

Prof. Dr. K. Kakinuma).

Untersuchungen

der

Morphologie und

Motilitat

des Verdauungskanals.

II.

Mitteilung:

Rontgenologische Untersuchungen des Kolons bei der Japanerin.

II.

Teil. Uber das Querkolon.

Von

Minoru Honda.

Eingegangen

am 18. Marz 1933.

Aus den rontgenologischen

Untersuchungen

des Querkolons

bei 300 Japanerinnen,

deren

Verdauungskanal

keinerlei

organische

Veranderungen

gezeigt

hatte,

ergaben

sich folgende Resultate.

Das Kontrastmittel

wurde hierbei in den Dickdarm

per rectal

eingefuhrt.

Die Lage der untersuchten

war die Ruckenlage.

1)

Der Verf. will das Querkolon in die folgenden 10 Typen einteilen:

Typus 1. Rechtsseitige

Steigbugelform.

Typus 2. U-form.

(2)

消 化 器 管 ノ形 態 及 ビ運 動 機 能 ニ關 ス ル研 究(第2報) 2719

Typus 4. V-form od. r-form.

Typus 5. Linksseitige

Steigbugelform.

Typus 6. W-form.

Typus 7. Guirlandenform.

Typus 8A.

Komplizierte Form ohne ringformige

Abknickung.

Typus 8B. Komplizierte

Form mit ringformiger

Abknickung.

Typus 9. Einfachform.

Unter den oben genannten

10 Typen wird die rechtsseitige

Steigbugelform

in der

uberwiegenden

Zahl angetroffen,

wahrend

die komplizierte

Schleifenform

selbst nicht

so selten ist.

Das Querkolon ist in dem Falle ofters

sehr kurz, wo S-Romanum und

Colon descendens sich abnorm lang entwickeln.

2)

Das Querkolon

hat mit fortschreitendem

Alter

der Japanerin

eine Tendenz

zur Schleifenbiidung.

3)

Die Korperlange

selbst scheint keine Beziehung

zu der Form des Kolons zu

haben.

4)

Die schwer wiegenden

Frauen haben sehr selten die sog.

U-form oder einen

ptotiscben, absteigenden

Schenkel des Querkolons.

5)

Komplizierter

Schleifentypus

scheint eine Verstopfung

zur Folge zu haben.

6)

Man trifft den komplizierten

Schleifentypus

haufiger

bei Multipara

als bei

Primipara.

7)

Der ptotische Grad des Querkolons steht zu dem Alter , bzw. der Korperlange

in keiner Beziehung.

8)

Die abgemagerte

Frau hat einen starker ptotischen

Querkolon als die dicke .

9)

Der ptotische

Grad des Querkolons hat

keine kausale Beziehung

zur Ver

-stopfung, daher soll man eine Ptose von 4 bis 7 Querfingerbreiten

unterhalb

des Nabels

nicht als pathologisch betrachten.

10)

Die Geburtsakte,

mehr als 2 mal, scheinen eine Ptose des Querkolons

hervor

- zurufen.

11)

Verf. scheidet

die Formen

der Flexurae

hepatica

bzw . lienalis wieder in 3

Gruppen, von denen die Doppelflintenform

am haufigsten angetroffen

wird .

12)

Flexure

lienalis

liegt normalerweise

hoher

als Flexura

hepatica und

die

Hohendifferenz

zwischen beiden Flexuren

betragt

in der Mehrzahl

der Falle 1 bi

s 3

Querfingerbreiten.

13)

Nur in 66 Fallen unter 300 beobachtete

Verf . eine Abweichung , wo die beiden

Flexuren in gleicher Hohe oder die Flexura lienalis tiefer als die Flexura hepatic

a lag.

14)

Die Ptose

der Flexuren

ist ebenfalls

von der Verstopfung

selbst fast

un

abhangig.

(Autoreferat).

(3)

第1章  緒 論 第2章  檢 査 材料 竝 ニ檢 査 方法 第3章  檢 査成 績 第1節  横行 結 腸型 ニ就 テ 第1項  横 行 結 腸 型 ノ分 類 第2項  横 行 結腸 型 ト年 齡 トノ關 係 第3項  横 行 結 腸 型 ト身 長 ト ノ關 係 第4項  横 行 結 腸 型 ト體 重 トノ關 係 第5項  横 行 結 腸 型 ト便 秘 ト ノ關 係 第6項  横 行 結腸 型 ト分娩 ト ノ關 係 第2節  横行 結 腸 下垂 度 ニ就 テ 第1項  横 行 結 腸 下 垂 度 ノ分 類 第2項  横 行 結 腸 下 垂 度 ト年 齡 ト ノ關 係 第3項  横 行 結 腸 下 垂 度 ト身 長 トノ關 係 第4項  横 行 結 腸 下 垂 度 ト體 重 トノ關 係 第5項  横 行 結 腸 下 垂 度 ト便 秘 ト ノ關 係 第6項  横行 結 腸 下 垂 度 ト分 娩 トノ關 係 第3節  結 腸 肝 彎 曲 部 竝 ニ脾 彎 曲 部 ニ就 テ 第1項  肝,脾 兩 彎 曲 部 ノ形 態 分 類 第2項  肝,脾 兩彎 曲 部 ノ形 態 卜便 秘 ト ノ關 係 第3項  肝,脾 兩 彎 曲 部 ノ位 置 ニ就 テ 第4章  總 活竝 ニ考 按 第5章  結 論 主 要 文 獻

第1章 

余 ハ嘗 テ結 腸 ノ形 態 ヲ本 邦 婦 人 ニ就 キテ 「レン トゲ ン」學 的 ニ研究 シ,此 中S字

状 結 腸 ニ就 テ

ノ檢 査 成 績 ハ既 ニ第1篇

トシテ報 告 セ リ.依 テ茲 ニ第2篇

トシテ横 行結 腸 ニ就 テ ノ檢 査 成 績 ヲ

報 告 セ ン トス.

第2章 

檢査材料竝ニ檢査方法

本 章ハ 前 篇報 告 ニ於 テ 記 載 セ シ モ ノ ト全 ク重 複 ス ル モ ノナ レ ドモ,便 宜 上 改 メテ 茲 ニ記 述 ス べ シ. 即 チ余 ハ 婦人 科 患 者 中 消 化 管 ニ器 質 的 疾 患 ヲ認 メ ザ ル モ ノ300名 ヲ選 ビテ 之 ガ結 腸 ノ「レ ン トゲ ン」學 的 檢 査 ヲ施 セ リ. 由 來,結 腸 ヲ「レ ン トゲ ン」學 的 ニ檢 査 スル ニ ハ 造 影 劑 ノ注 腸 法 及 ビ其 ノ經 口的 攝 取 法 ヲ併 用 ス ル ガ 最 モ理 想的 ニ シテ,其 ノ一 方 法 ヲ缺 ク際 ニハ 殊 ニ結 腸 上 部 ニ於 ケル 病 的變 化 ヲ見 逃 ス コ ト屡 々 ア リ.而 シ テ 注 腸 法 ニ於 テ ハ短 時 間 内 ニ而 モ只1囘 ノ檢 査 ニ依 リテ 充 分 之 ガ觀 察 ヲ遂 行 シ得 ル モ,造 影 劑 ヲ壓 力 ヲ 以 テ 肛 門 ヨ リ注 入 ス ル 方法 ニ據 ル モ ノナ レバ,伸 展 性 ヲ有 ス ル腸 ノ形 態 的 變 化 ヲ多 少 ナ リ トモ招 來 ス ル 缺點 ア リ.造 影 劑 ノ經 口 的 攝取 法 ニ於 テ ハ前 法 ニ於 ケ ル 缺點 無 ク,腸 ノ常 態 ヲ觀 察 シ得 ル モ長 時 間 ニ亙 ル 檢 査 ヲ 要 シ,加 之,腸 管 内 容 ノ 排 泄 時 間 ハ 個 人 的 ニ 著 シ キ 差 違 ア ル ヲ 以 テ 數 囘 或 ハ 数 十 囘 ノ 檢 査 ヲ要 ス ル 缺 點 ア リ.余 ノ 場 合 ニ 於 テ ハ 主 ト シ テ 外 來 患 者 ヲ 以 テ 材 料 ト セ シ 關 係 上,斯 カ ル 長 時 間 ニ亙 ル 檢 査 ヲ 許 サ ザ リ シ ヲ 以 テ 全 患 者 ニ 於 テ 注 腸 法 ト經 口 的 攝 取 法 ト ヲ併 用 ス ル コ ト能 ハ ザ リ シ カ バ,注 腸 法 ニ據 リ シ 成 績 ヲ ノ ミ報 告 セ ン ト ス. 檢 査 直 前 ニ 於 テ 「グ ク セ リ ン 」排 便 浣 腸 ヲ 行 ヒ,下 記 ノ處 方 ノ 造 影 劑 ヲ ヨ ク 撹 拌 シ ツ ツ60cmノ 高 サ ヨ リ「イ ル リ ガ ー ト ル」ニ ヨ リ テ,仰 臥 位 ヲ ト レル 患 者 ニ 可 及 的 徐 々 ニ 注 腸 シ テ 檢 査 ヲ 施 セ リ. 處 方 硫 酸 「バ リ ウ ム 」(メ ル ク) 300.0 「ア ラ ビ ア ゴ ム 」末(局 方) 60 .0 水 1500.0 以 上 混 和

(4)

消 化 器 管 ノ形 態 及 ビ運 動機 能 ニ關 ス ル研 究(第2報) 2721

第3章 

第1節 

横 行 結 腸 型 ニ 就 テ

抑 々横 行 結 腸 ノ形 態 ハS字 状 結 腸 ニ於 ケル ト同 ジク,體 位 變 換 或 ハ 内 容 ノ充 盈 状 態 ノ多 少 如

何 ニ ヨ リテ往 々著 シキ相 違 ヲ來 ス コ トアル

レモ,余

ガ檢 査 ノ場 合 ニ於 テ ハ初 メ仰 臥 位 ヲ ト リシ

肛門 ヨ リ造 影 劑 ヲ注 入 シ,徒 ニ體 位 ノ變 換 ヲ行 フ コ ト無 ク,コ ノ造 影 劑 ガ盲 腸 ヲ充 満 セル 際 ニ

於 ケル状 態 ヲ觀 察 セ リ.

第1項 

横 行結 腸 型 ノ分 類

余 ハ横 行 結 腸 ニ就 キ テ肝 彎 曲 部 ヨ リ脾彎 曲 部 ニ至 ル間 ノ形 態 ヲ觀 察 シ大 別 シテ 之 ヲ次 ニ述 ブ

ル ガ如 ク略 ボ10型

ニ分類 スル ヲ得 タ リ.

尚 ホ横 行 結腸 ノ主 要 脚 ハ下 行 脚,地 平 脚 及 ビ上 行 脚 ノ3ニ シテ 即 チ 第1圖 ニ示 セ ル ガ如 シ.

第1圖

第1型(第2圖) 右 馬 鐙 形Rechtsseitige Steigbugelform 本 型 ハ 下 行 脚 上 行 結 腸 内 側 ニ 沿 ヒ テ 下 リ,地 平 脚 ト上 行 脚 トハ 略 ボ 直 線 的 ニ 左 上 方 ニ 斜 走 シ テ 脾 彎 曲 部 ニ 至 リ, Broschノ 所 謂 馬 鐙 形 ヲ呈 セ ル モ ノ ナ リ. 第2圖 第2型(第3圖) U字 形 地 平 脚 ハ下 行脚 竝 ニ上 行 脚 ト判 然 タ ル屈 曲 境 界 ヲ 形 成 セ ズ 弓 状 ニ移 行 シ且 横 行 結 腸 ハ 概 シテ 下 垂 状 ヲ 呈 ス. 第3圖 第3型(第4圖) 左 右2連 銃 形Doppelflintenform 地 平脚 ハ 下 垂 度 著 シカ ラ ズ シテ 殆 ド水 平 ニ走 リ下 行 脚 及 ビ上 行 脚 卜殆 ド直角 ノ彎 曲 ヲ以 テ 移 行 シ且 下 行 脚 ハ 上 行 結 腸 ノ,上 行 脚 ハ 下 行 結 腸 ノ夫 々 内 側 ニ 沿 ヒ テ 之 ト密 接 シテ 走 リ,肝 脾 兩 彎 曲 部 共 ニ2連 銃 形 ヲ呈 ス ル ヲ以 テ 余 ハ 假 ニ之 ヲ 左 右2連 銃 形 ト命 名 セ リ. 第4圖

(5)

第4型(第5圖 乃至 第7圖) V字 形 又 ハr字 形 ヲ呈 セ ル モ ノ.

第5圖

第6圖

第7圖

第5型(第8圖) 左 馬鐙 形Linksseitige Steigbugelform 下 行 脚 ハ地 平脚 ト殆 ド直 線 的 ニ肝 彎 曲 部 ヨ リ左 下 方 ニ斜走 シテ地 平 脚 上 行 脚 彎 曲 部 ニ至 リ,上 行 脚 ハ 下 行 結 腸 内側 ニ 沿 ヒ之 ト密 接 シテ 上 行 シ脾 彎 曲 部 ニ 至 ル モ ノ ニ シテ左 向 ノ馬 鐙 形 ヲ呈 ス.

第8圖

第6型(第9圖 及 ビ第10圖) W字 形 ヲ呈 セ ルモ ノ.

第9圖

第10圖

(6)

消 化器 管 ノ形 態 及 ビ運 動 機 能 ニ關 スル 研 究(第2報) 2723 第7型(第11圖) 所 謂 花 環 形Guirlandenformヲ 呈 セ ル モ ノ.

第11圖

第8型 複 雜 ナ ル蹄 係形 成 ヲナ セ ル モ ノヲ コ コニ分 類 シ更 ニ之 ヲ次 ノ如 ク第8A型 及 ビT8B型 ノ2型 ニ分 テ リ. 第8A型(第12圖 乃 至 第15圖) 複 雜 ナル 蹄 係 形 成 ヲ ナ ス ノ ミニ シテ 環 状 ニ 屈 曲 ス ル コ ト無 キ モ ノ.

第12圖

第13圖

第14圖

第15圖

第8B型(第16圖 乃 至 第21圖) 環状 屈 曲 ヲ有 ス ル モ ノ.

第16圖

第17圖

(7)

第18圖

第19圖

第20圖

第21圖

第9型(第22圖) 最 モ單 純 ナ ル形 状 ヲ呈 セ ル モ ノ.

第22圖

次 ニ以 上 分 類 セ ル 横 行 結 腸10型 ノ頻 度 ヲ統 計 的 ニ 觀 察 ス レバ即 チ第1表 ニ示 セル ガ如 シ.

第1表

(表 説 明)百 分 率 小 數 點 下2位 以 下4捨5入 (以 下 各 表 同 様) 之 ヲ 見 ル ニ第1型 即 チ 右 馬 鐙 形 ヲ 呈 セ ル モ ノ最 モ 多 ク全 數 ノ 略 ボ1/3ヲ 占 メ 次 デ 第2, 3, 4, 5, 6, 8A, 7, 8B 及 ビ第9型 ノ 順 序 ナ リ. 第2項  横 行 結 腸 型 ト年 齡 トノ 關 係 上 記 横 行 結 腸10型 ヲ 年 齡 的 ニ統 計 觀 察 ス ル ニ次 ニ 掲 グル 第2表 ノ如 キ成 績 ヲ得 タ リ.

(8)

消 化器 管 ノ形 態及 ビ運 動 機能 ニ關 スル研 究(第2報) 2725

第2表

(表 説 明)年 齡 ハ總 テ滿 算. 即 チ 年 齡 ヲ 満 算15乃 至20年, 21乃 至25年, 26 乃 至30年, 31乃 至35年, 36乃 至40年, 41乃 至 45年, 46乃 至50年, 51乃 至60年 及 ビ61年 以 上 ノ 9期 ニ分 チ テ 之 等 ト横 行 結 腸 各 型 ト ノ 關 係 ヲ 比 較 觀 察 ス ル ニ 第3表 ニ見 ル ガ 如 ク,各 年 齡 期 ヲ通 ジ テ 第 1型 ハ常 ニ 最 モ 多 數 ヲ 占 ム ル ヲ 認 ム.次 デ 第2型 ハ 若 年 期 ニ於 テ ハ 尠 ク,長 ズ ル ニ 從 ヒ テ 漸 次 其 ノ頻 度 ヲ 増 シ, 25乃 至35年 ノ 中 年 期 ニ ハ 第2位 ヲ 占 ム ル ニ 至 リ,ソ レ ヨ リ又 年 ヲ 經 ル ニ 從 ヒ テ 漸 次 小 率 トナ ル.第3乃 至 第5型 及 ビ第7型,第9型 ニ 於 テ ハ 年 齡 ト判 然 タ ル 關 係 ヲ 認 ム ル コ ト能 ハ ズ,最 後 ニ 第6 型,第8A型 及 ビ 第8B型 即 チ 複 雜 ナ ル 蹄 係 形 成 ヲ ナ セ ル 形 ヲ 呈 ス ル モ ノ ハ 明 カ ニ 高 年 ニ ナ ル ニ 從 ヒ テ 其 ノ發 現 率 増 加 ス ル ヲ 認 メ タ リ.

第3表

(9)

第3項  横 行 結 腸 型 ト身 長 トノ 關 係 横 行 結 腸各 型 ト身 長 ト ノ關 係 ヲ觀 察 セ シ ニ下 掲 第4表 ニ示 セ ル ガ 如 キ 成 績 ヲ得 タ リ. 第4表 即 チ 身 長 ヲ146cm以 下, 147-148cm, 149-150 cm, 151-152cm, 153-154cm, 155-156cm及 ビ 157cm以 上 ノ7簇 ニ分 チ テ 之 ガ 各 々 ト横 行 結 腸 各 型 ト ノ關 係 ヲ比 較 觀 察 ス ル ニ 凡 ユ ル 身 長 ノ場 合 ニ 於 テ 第1型 ハ 明 カ ニ 最 モ 大 多 数 ヲ 占 ム ル ヲ 認 ム.以 下 第2型 乃 至 第9型 ニ於 ケル 各 身 長 別 頻 度 ハ全 體 的 統 計 ニ於 ケ ル頻 度(第1表)ト 略 ボ併 行 シ.身 長 ノ差 ニ ヨ リテ 横 行 結腸 ノ形 態 ニ著 シ キ變 化 ヲ生 ズル コ ト ハ 認 メ得 ザ ル コ トヲ示 セ リ(第5表 參 照).

第5表

第4項 

横 行結 腸型 ト體 重 トノ關 係

横 行 結 腸 型 卜體 重 ト ノ關 係 ヲ統 計 的 ニ觀 察 セ シ ニ下 掲 第6表 ニ示 セ ル ガ如 キ成 績 ヲ得 タ リ.

(10)

消 化器 管 ノ形 態 及 ビ運 動 機 能 ニ關 ス ル研 究(第2報) 2727

第6表

即 チ檢 査 セ ル300例 ニ 就 キ テ 體 重 ヲ44kg以 下, 45-47kg, 48-50kg , 51-53kg及 ビ54kg以 上 ノ 5段 階 ニ 區 別 シ,之 等 各 々 ト横 行 結 腸 各 型 ト ノ關 係 ヲ 比 較 觀 察 ス ル ニ 凡 ユ ル 體 重 ノ場 合 ニ 於 テ 第1型 ハ 常 ニ 最 モ 大 多 數 ヲ 占 ム ル ヲ 認 ム.第2型 ハ50kg以 下 ノ場 合 ニ於 テ ハ 常 ニ 第1型 ニ 亞 デ 第2位 ヲ 占 ム ル モ51-53kgニ テ 第3位 ト ナ リ, 54kg以 上 即 チ 最 モ 體 重 大 ナ ル 場 合 ニ 至 リテ ハ 遙 ニ 小 率 トナ リテ 第9位 トナ レ リ.以 下 第3型 乃 至 第9型 ニ 於 テ ハ 之 等 各 々 ト體 重 ト ノ間 ニ特 殊 ノ關 係 ア ル ヲ 認 ム ル コ ト能 ハ ザ リ キ(第7表 參 照) .

第7表

第5項 

横 行結 腸 型 ト便 秘 トノ關 係

余 ガ檢 セ ル300例 中,便 通 毎4-5日 ニ1行 以 上 ノ 比較 的 頑 固 ナ ル便 秘 ヲ訴 フ ル患 者66例 ア リ.之 ヲ 横 行 結 腸 型 ニ ヨ リテ分 類 ス レバ 第8表 ニ示 セ ル ガ如 シ. 155

(11)

第8表

第4型,第6型,第8A型 及 ビ第8B型 即 チ 横 行 結 腸 蹄 係比 較 的 複 雜 ナ ル形 状 ヲ呈 セ ル モ ノニ於 テ 便 秘 患 者 發 現 率 大 トナ ル ヲ認 ム.而 シテ 單 純 ナ ル蹄 係 ヲ形 成 セ ル横 行 結 腸 即 チ第7型 及 ビ第9型 ニ於 テ ハ 便 秘 患 者 發 現 率 小 ナ リ. 第6項  横 行 結 腸 型 ト分 娩 ト ノ關 係 横 行 結 腸 各 型 ト患 者 既 往 分 娩 ト ノ關 係 ヲ統 計 的 觀 察 ス ル ニ第9表 ニ示 セ ル ガ如 シ.

第9表

即 チ 横 行 結 腸 各 型 別 ニ ヨル 既 往 分 娩 患 者 數 ノ檢 査 數 ニ對 ス ル比 率 ハ第9型,第1型,第4型,第3型, 第5型,第8A型,第7型,第2型,第6型 及 ビ第 8B型 ノ順 序 ニ大 トナ リ略 ボ分 娩 ニ ヨ リテ 横 行 結 腸

(12)

消 化器 管 ノ形 態 及 ビ運 動機 能 ニ關 ス ル研 究(第2報) 2729 ハ 梢 々複 雜 ナ ル 形 状 ヲ呈 ス ル ニ 至 ル 傾 向 ア ル ヲ 認 メ 得.之 ヲ 更 ニ2囘 以 上 分 娩 患 者, 3囘 以 上 分 娩 患 者, 4囘 以 上 分 娩 患 者, 5囘 以 上 分 娩 患 者 及 ビ6囘 以 上 分 娩 患 者 ト分 類 シ テ 觀 察 ス ル ニ, 9囘 以 上 分 娩 患 者 ニ 於 テ ハ 其 ノ比 率 第9型,第5型,第3型,第1型, 第4型,第6型,第2型,第7型,第8A型 及 ビ第 8B型,順 序 ト ナ リ, 3囘 以 上 分 娩 患 者 ニ 於 テ ハ 第9 型,第3型,第5型,第6型,第1型,第2型,第 4型,第7型,第8B型 及 ビ 第8A型 ノ順 序, 4囘 以 上 分 娩 患 者 ニ 於 テ ハ 第9型,第3型,第5型,第4 型,第2型,第6型,第1型,第7型,第8BA及 ビ 第8A型 ノ順 序, 5囘 以 上 分 娩 患 者 ニ於 テ ハ 第9 型,第3型,第4型,第5型,第1型,第2型,第 6型,第7型,第8B型 及 ビ 第8A型 ノ順 序, 6囘 以 上 分 娩 患 者 ニ 於 テ ハ 第9型,第3型,第4型,第9 型,第5型,第1型,第6型,第7型,第8A型 及 ビ第8B型 ノ順 序 ニ シ テ,即 チ 分 娩 囘 數 ヲ 重 ヌ ル コ ト多 キ 程 コ ノ 複 雜 ナ ル 形 状 ヲ 招 來 ス ル 傾 向 大 トナ ル コ ト ヲ 示 セ リ.殊 ニ 複 雜 蹄 係 型 即 チ 第8A及 ビB型 ニ於 テ コ ノ 傾 向 顯 著 ナ ル ヲ 認 メ タ リ.

第2節 

横 行 結 腸 下垂 度 ニ就 テ

横 行結 腸 下 垂 度 モ 亦 横 行 結 腸 型 ト同 様 ニ,「 レ ン トゲ ン」學 的 檢 査 法 ガ造 影 劑 ノ經 口 的 攝 取 法 ニ ヨル カ或 ハ 注 腸 法 ニ ヨ ル カ ニ ヨ リ,又 ハ體 位 變 換 ニ ヨ リ殊 ニ 立 位 ノ 場 合 ト仰 臥 位 ノ場 合 トニ ヨ リ著 シ キ相 違 ヲ 來 ス モ ノ ニ シテ,之 ガ 檢 査 殊 ニ 比 校 研 究 ヲ 行 ハ ン トス ル 際 ニ ハ 常 ニ 正 確 ニ 一 定 條件 ノ下 ニ 檢 査 ヲ 施 サ ザ ル カ ラ ズ.余 ノ場 合 ニ於 テ ハ前 述 ノ如 ク,仰 臥 位 ヲ ト リ シ儘 注 腸 法 ニ ヨ リ且 檢 査 中 徒 ニ體 位 變 換 テ行 フ コ ト無 シニ 横 行 結 腸 ノ下 垂 度 ヲ測 定 セ リ.

第1項 

横 行結腸 下垂度 ノ分 類

余 ハ 以 上300例 ニ 就 キ テ 夫 々 横 行 結 腸 ノ下 垂 度 ヲ測 定 ス ル ニ 乃 チ 横 行 結 腸 最 下 端 卜臍 ノ高 サ トノ距 離 ヲ以 テ シ 第10表 ニ示 セ ル ガ 如 ク最 高 臍 上8横 指 徑 ヨ リ最 低 臍 下7横 指 徑 ニ至 ル16 度 ニ 分 類 ス ル ヲ得 タ リ.而 シ テ 臍 上2横 指 徑 乃 至 臍 高 ニ位 置 ス ル モ ノ 最 モ 多 ク シ テ59例 乃 至 55例 合 計114例(38.0%)ヲ 占 メ,ソ レ ヨ リ上 下 ニ 距 ル ニ 從 ヒ テ 漸 次 其 ノ數 ヲ 減 ジ,殊 ニ 臍 上 6横 指 徑 以 上 及 ビ 臍 下3横 指 徑 以 下 ニ ナ レ バ 急 激 ニ 其 ノ數 尠 ク ナ リ,稀 ニ 見 ル モ ノ ト稱 シテ モ 差 支 へ 無 カ ル 可 キ 程 ニ ナ レ リ.

第10表

157

(13)

第2項  横 行 結 腸 下 垂 度 ト年 齡 トノ 關 係

横 行 結 腸 下 垂 各度 ニ就 キ ヲ 之 ト年 齡 ト ノ關 係 ヲ統 計 觀 察 ス ル ニ第11表 及 ビ第12表 ノ如 キ成 績 ヲ得 タ リ.

(14)

消 化 器 管 ノ形 態 及 ビ運 動 機 能 ニ關 スル 研 究(第2報) 2731 第12表 (表 説 明)上 ハ臍 上,下 ハ臍 下,指 ハ横指 徑 ノ略. 即 チ年 齡 ヲ滿 算15乃 至20年, 21乃 至30年, 31 乃至35年, 36乃 至40年, 41乃 至45年, 46乃 至50 年, 51乃 至60年 及 ビ61年 以 上 ノ9期 ニ分 チテ之 等 各期 ト横行 結 腸 下垂 各 度 トノ關 係 ヲ比 較 觀 察 ス ル ニ 各年齡 期 ヲ通 ジテ 殆 ド常 ニ臍 高 乃至 臍 上2横 指 徑 ノ 位 置 ニ 下 垂 セ ル モ ノ最 モ多 數 ヲ占 メ,ソ レ ヨ リ上 下 ニ距 ル ニ從 ツテ 其 ノ數 ヲ減 ズ ル傾 向 ア リテ第10表 ニ 於 ケル一 般 ノ發 現 率 ニ略 ボ併 行 ス ル ヲ認 メ タ リ. 由 是 觀 之,横 行 結 腸 下垂 度 ハ年 齡 卜特 殊 ノ關 係 ヲ 有 セ ザ ル モ ノ ノ如 シ. 第3項  横 行 結 腸 下 垂 度 ト身 長 トノ 關 係 横行 結 腸下垂 度 ト身 長 トノ關 係 ヲ觀 察 スル ニ下 掲 第13表 及 ビ第14表 ニ示 セ ル ガ如 キ統 計 成 績 ヲ得 タ リ

第13表

159

(15)

第14表

(表 説 明)上 ハ 臍 上,下 ハ 臍 下,指 ハ横 指 徑 ノ略. 即 チ 身 長 ハ146cm以 下, 147乃 至148cm, 149乃 至150cm, 151乃 至152cm, 153乃 至154cm, 155 乃 至156cm及 ビ157cm以 上 ノ7簇 ニ 分 チ テ 之 ガ 各 各 ト横 行 結 腸 下 垂 各 度 ト ノ關 係 ヲ比 較 觀 察 ス ル ニ 此 場 合 ニ モ亦 凡 ユル 身 長 ノ場 合 ニ 於 テ,全 般 的 統 計 ニ 於 ケル 頻 度(第10表)ト 略 ボ併 行 シ,横 行 結 腸 下 垂 度 臍 上2横 指 徑 乃至 臍 高 ノモ ノ常 ニ 最 モ多 數 ヲ 占 メ以 下 之 ト距 タル ニ從 ヒテ 其 ノ數 ヲ減 ズ ル ヲ認 メ タ リ.

(16)

消 化 器 管 ノ形 態 及 ビ運 動 機 能 ニ關 ス ル研 究(第2報) 2733

第4項 

横 行 結 腸 下 垂 度 ト體 重 トノ關 係

横 行結 腸 下 垂 度 ト體 重 トノ關 係 ヲ觀 察 ス ル ニ次 ニ 掲 グル第15表 及 ビ第16表 ニ示 セ ルガ 如 キ統 計 成 績 ヲ 得 タ リ.

第15表

(17)

第16表

(表 説 明)上 ハ 臍 上,下 ハ 臍 下,指 ハ横 指 徑 ノ略. 即 チ 檢 査 セ ル300例 ニ 就 キ テ 各 々 其 ノ 體 重 ヲ44kg 以 下, 45乃 至47kg, 48乃 至50kg, 51乃 至53kg及 ビ54kg以 上 ノ5段 階 ニ 區 別 シ,之 等 各 段 階 ト横 行 結 腸 下 垂 各 度 ト ノ關 係 ヲ比 較 觀 察 ス ル ニ 凡 ユ ル 體 重 ノ 場 合 ニ 於 テ,全 般 的 統 計(第10表)ノ 場 合 ニ 於 ケ ル ト同 様 ニ 下 垂 度 臍 上2横 指 徑 乃 至 臍 高 位 ノ モ ノ常 ニ 最 モ多 數 ヲ 占 ム ル ヲ 認 メ タ リ.然 レ ドモ 此 部 位 ヨ リ下 方 ニ在 ル モ ノ ハ 比 較 的 體 重 小 ナ ル モ ノ ニ 多 ク, 之 ニ 反 シ テ 上 方 ニ在 ル モ ノハ 比 較 的 體 重 大 ナ ル モ ノ ニ 多 キ コ ト ヲ認 メ タ リ.即 チ 體 重 輕 キ モ ノ ニ 於 テ 横 行 結 腸 ノ 下 垂 度 ヲ 増 加 ス ル 傾 向 ア ル モ ノ ノ如 シ.

第5項 

横 行 結 腸 下 垂 度 ト便 秘 トノ 關 係

余 ノ檢査 セル300例 中 ニ於 ケル 比 較 的 頑 固 ナ ル便 秘 ヲ訴 フ ル患 者66例 ヲ夫 々 横 行 結 腸 下 垂 度 ニ ヨ リ テ 分 類 ス ル ニ 第17表 ニ 示 セ ル ガ 如 シ.

第17表

(18)

消 化器 管 ノ形 態 及 ビ運 動 機 能 ニ關 ス ル研 究(第2報) 2735 即 チ便 秘 患者 ハ 横 行結 腸 下垂 度 ノ最 モ普 通 ナ ル形 即 チ臍 上2横 指 徑 乃 至臍 高位 ノモ ノニ 於 テ 最 モ多 ク 見 ラ レ,横 行 結 腸 ガ 高 位或 ハ 低 位 ヲ トル ニ從 テ 便秘 患 者 ノ發 現率 ヲ増 加 ス ル ト云 フ ガ如 キ傾 向 ハ認 ム ル 能 ハズ.即 チ余 ノ實 驗 ニ於 テ ハ便 秘 ハ横 行 結 腸 下 垂 度 ト特別 ナル 關 係 ヲ有 セ ズ.

第6項 

横 行結 腸下 垂 度 ト分 娩 トノ關 係

横 行結 腸 下垂 度 ト患 者 既往 分 娩 ト ノ關 係 ヲ觀 察 スル ニ下 掲 第18表 ニ示 セ ル ガ如 シ. 第18表 横 行 結腸 下垂 各 度 別 ニ ヨ ル既 往 分 娩 患 者 數 ノ檢 査 數 ニ對 ス ル比 率 ハ分 娩 患 者 總 數 ニ就 キ テ ト レル統 計 ニ於 テ ハ下 垂 度 臍 高 位 ノモ ノ最 高 率 ヲ示 ス ト雖 モ, 下 垂 各度 何 レ モ略 ボ近 似 セ ル率 ヲ示 シ其 ノ間 特 殊 ノ 關 係 ヲ認 ム ル コ ト能 ハザ レ ドモ, 2囘 以 上 分 娩 患 者 ニ就 キ テ ノ場 合 ニテ ハ ,下 垂度臍 上3横 指徑 乃至臍 高 位 ノモ ノ,即 チ最 モ普 通 ノ形 ノモ ノ其 ノ比 率 甚 ダ シ ク低下 スル モ,ソ レ以 下 ニ位 ス ル モ ノニ テ ハ 比 較 的 其 ノ比 率 ヲ減 ズ ル コ ト尠 シ.由 是 觀 之,分 娩1囘 ニテ ハ 横 行結 腸 下垂 度 ニ影 響 ヲ及 ボ ス コ ト尠 ケ レ ド モ, 2囘 以上 ノ分 娩 ヲ經 過 ス ル時 ハ 之 ニ稍 々 影 響 ア リ.即 チ 横行 結 腸 下 垂 度 増 強 ス ル傾 向 ア リ ト思 惟 セ ラ ル.

(19)

第3節 

結腸 肝 彎 曲部 竝 ニ脾 彎 曲部 ニ就 テ

第1項 

肝,脾 兩彎 曲部 ノ形態 分類

結 腸肝 彎 曲 部竝 ニ脾 彎 曲 部 即 チ肝 臟 下部 ニ於 テ 上 行結 腸 ガ横 行結 腸 ニ彎 曲 シテ移 行 スル 部 竝

ニ脾 臟 下 部 ニ於 テ横 行 結 腸 ガ下 行 結 腸 ニ彎 曲 シ テ移 行 ス ル 部 ノ形 態 モ亦 常 ニ必 ズ シモ ー様 ナ ラ

ズ.余 ハ之 ヲ次 ノ3型 ニ 分 類 セ リ.

第1型(第23圖 乃至 第26圖)

第23圖

第24圖

第25圖

第26圖

上 行 結 腸 ト横 行 結 腸 下行 脚,或 ハ 横 行結 腸 上 行脚 ト下 行 結 腸 トハ相 密 接 ス ル コ ト無 ク,兩 者 間 ニ相 當 ノ 間 隙 ヲ保 チテ 彎 曲 セ ル モ ノ. 第2型(第27圖 及 ビ第28圖)

第27圖

第28圖

横 行 結 腸 下 行 脚 ハ 上 行 結 腸 内側 ニ,或 ハ 下 行 結 腸 ハ 横 行 結 腸 上 行 脚 外 側 ニ沿 ヒ密 接 シテ 彎 曲 部 ヲ形 成 シ.所 謂2連 銃 形 ヲ呈 セ ル モ ノ. 第3型(第29圖 及 ビ第30圖) 第29圖 第30圖 彎 曲 部 ニ於 テ 環 状 蹄 係 ヲ形 成 セ ル モ ノ. 余 ハ檢 査 セ ル婦 人300名 ニ就 キ テ夫 々 肝,脾 兩 彎 曲 部 ノ形 態 ヲ 上記3型 ニ分 類 シ テ 次 ノ結 果 ヲ見 タ リ (第19表 及 ビ第20表 參 照). 第19表 (表 説 明)百 分 率 小 數 點2位 以 下4捨5入. 第20表 (表 説 明)百 分 率 小數 點2位 以 下4捨5入.

(20)

消 化器 管 ノ形 態 及 ビ運 動 機 能 ニ關 ス ル研 究(第2報) 2737 上掲 ノ表 ニ就 キテ 觀 ル ニ,兩 彎 曲 部 共 ニ其 ノ形 態 ハ 第2型 最 モ多 ク シテ約73乃 至75%ヲ 占 メ,次 ヂ 第1型 ハ 約15%,第3型 ハ最 モ尠 ク シテ約10乃 至 12%ヲ 占 ム.乃 チ肝,脾 兩 彎 曲 部 ノ最 モ 普 通 ナ ル形 態 トシ テハ 共 ニ第2型 ヲ以 テ ス ベ シ.

第2項 

肝,脾

兩彎 曲 部 ノ形 態 ト便 秘 トノ關 係

肝,脾 兩彎 曲 部 ノ形 態 ト便 秘 トノ間 ニ直 接 關 係 有 リヤ否 ヤ ヲ檢 セ ンガ 為 メ ニ余 ハ檢査 セル300例 中 比 較的 頑 固 ナル 便 秘 ヲ訴 フル 患 者66例 ニ就 キ テ 各 彎 曲 部 形 態別 ニ 分 類 シテ 之 ヲ觀 察 セ リ(第21表 及 ビ 第22表 參 照)

第21表

第22表

上掲 第21表 竝 ニ第22表 ニ示 スガ如 ク,肝 彎 曲部 ニ於テハ 其 ノ形 態 最 モ單 純 ニ シテ,通 過 障 碍 ヲ惹 起 セ シムル コ ト尠 カ ル可 キ形,即 チ第1型 ニ テ便 秘 患 者率 最 低 ニ シテ,第2型 ニ於 テ最 モ 高率 ヲ示 シ,第 3型 ニ 於 テ ハ 之 ヨ リ稍 々 尠 シ.然 ル ニ 脾 彎 曲 部 ニ 於 テハ 之 ニ反 シテ 單 純型(第1型)ニ 於 テ 却 ツテ便 秘 最 高 率 ヲ示 シ,第2型,次 デ第3型 ト形 態 複 雜 トナ ル ニ從 ツテ 低 率 ヲ示 セ リ.即 チ肝,脾 兩 彎 曲 部 ノ形 態 ハ便 秘 ト特 別 ノ關 係 ヲ有 セ ザ ル コ ト トナ ル.

第3項 

肝,脾 兩 彎 曲 部 ノ位 置 ニ就 テ

肝 彎曲 部 竝 ニ脾 彎 曲 部 ノ位 置 ヲ夫 々 臍 ヲ標 準 トシ テ,即 チ各彎 曲 部 頂 端 ト臍 ノ高 サ ト ノ距 離 ヲ横 指 徑 ヲ以 テ 測 定 セ ル ニ次 ニ掲 グ ル 第23表 ニ示 ス ガ如 キ 成 績 ヲ得 タ リ.

第23表

(21)

即 チ 肝 彎 曲 部 ハ 臍 上10乃 至7指 ノ高 サ ニ 位 置 ス ル モ ノ多 ク シ テ,就 中 臍 上9横 指 徑 ノ高 サ ニ 在 ル モ ノ最 モ 多 ク シ テ 檢 査 總 數 ノ1/3ヲ 占 メ タ リ.而 シ テ 尚 ホ 上 方 臍 上 ノ2横 指 徑 乃 至 下 方 臍 上5横 指 徑 ノ高 サ ニ 位 置 ス ル モ ノ ヲ 認 メ シ モ 之 等 ハ 甚 ダ 尠 カ リキ. 次 ニ 脾 彎 曲 部 ノ位 置 ニ 就 キ テ ハ,最 高 臍 上16横 指 徑 乃 至 最 低 臍 上6横 指 徑 ノ高 サ ニ 在 ル モ ノ ヲ 認 メ タ レ ドモ,全 般 的 ニ 肝 彎 曲 部 ヨ リモ 高 位 ヲ 占 メ,主 ト シ テ 臍 上12横 指 徑 乃 至 臍 上9横 指 徑 ノ高 サ ニ 在 リ. 就 中 最 モ 多 キ ハ 臍 上10横 指 徑 ノ高 サ ニ 位 ス ル モ ノ ニ シ テ,肝 彎 曲 部 ニ 於 テ 最 モ 多 數 ヲ 占 ム ル 臍 上9横 指 徑 ノ高 サ ニ 位 ス ル モ ノ ト 略 ボ 同 率 ノ頻 度 即 チ 檢 査 總 數 ノ1/3ヲ 占 ム ル ヲ 認 メ タ リ. 即 チ 余 ハ 脾 彎 曲 部 ハ衆 知 ノ如 ク 肝 彎 曲 部 ヨ リモ 高 位 ヲ 占 ム ル コ トガ 最 モ 通 常 ナ ル コ ト ヲ 茲 ニ 更 ニ 確 知 セ リ. 然 レ ド モ 余 ノ檢 査 總 數300例 中,兩 彎 曲 部 ノ位 置 異 常 ト認 ム 可 キ モ ノ即 チ 兩 彎 曲 部 ノ位 置 同 高 ノモ ノ 53例(17.7%)及 ビ 却 ツ テ 肝 彎 曲 部 ガ 脾 彎 曲 部 ヨ リモ 高 位 ヲ 占 ム ル モ ノ13例(4.3%),合 計66例(22.0%) ヲ 認 メ タ リ.而 シ テ 之 等66例 ニ 就 キ テ 便 秘 ト ノ關 係 ヲ 觀 察 セ シ ニ 下 掲 第24表 ニ 示 セ ル ガ 如 キ 成 績 ヲ 得 タ リ.

第24表

(表 説 明)肝,彎 ハ肝彎 曲 部,脾,彎 ハ脾 彎 曲 部 ノ略. 本 表 ニ 於 テ 見 ル ガ如 ク肝,脾 兩 彎 曲 部 ノ位置 異 常 例 數 ト便 秘 患 者數 トノ比 率 ハ通 常 以上 ニ決 シテ 高 カ ラ ズ,却 ツ テ低 率 ヲ示 セ ル コ トハ 兩 者 間 ニ特 別 ノ關 係 無 キ コ トヲ物 語 ル モ ノナ リ. 次 ニ 以 上 ノ66例 ヲ除 ケ ル234例 即 チ脾 彎 曲 部 ガ 肝 彎 曲 部 ヨ リモ 高 位 ヲ占 メ タル通 常型 ニ就 ヤ テ夫 々 兩 彎 曲 部 ノ高 サ ノ差 ヲ横 指 徑 ヲ以 テ 測 定 シ,之 ヲ統 計 的 ニ觀 察 セ シ ニ其 ノ結 果 第25表 ノ如 シ. 第25表 本 表 ニ ヨ リテ 脾 彎 曲 部 位 置 ガ 肝 彎 曲 部 位 置 ヨ リモ 2横 指 徑 高 位 ニ 在 ル モ ノ 最 モ 多 數 ニ シ テ34.6%,其 ノ 差1横 指 徑 ノ モ ノ 之 ニ 亞 ギ テ29.5%, 3横 指 徑 差 ノ モ ノ ハ21.8%ヲ 占 メ,ソ レ以 上 ノ 差 ヲ 有 ス ル モ ノ ハ 遙 ニ 尠 キ コ ト ヲ 證 明 シ 得 タ リ.

第4章 

總 括 竝 ニ 考 按

以 上300例

ノ比 較 的 消化 器 管 ニ 器質 的 疾 患 ヲ有 セザ ル婦 人患 者 ニ 就 キ テ,其 ノ大 腸 ノ中 横 行

.結腸 ヲ造 影 劑 注 腸 法 ニ ヨ リ仰臥 位 ニ於 テ「レ ン トゲ ン」學 的 檢 査 ヲ施 セ シ成 績 ヲ通覽 スル ニ,余

(22)

消 化器 管 ノ形 態 及 ビ運 動 機 能 ニ關 スル 研 究(第2報) 2739 ハ 先 ヅ 横 行結 腸 ノ形 態 ヲ10型 ニ 分 類 セ リ.即 チ(1)石 馬 鐙 形 ヲ呈 ス ル モ ノ, (2) U字 形 ヲ 呈 ス ル モ ノ, (3)左 右2連 銑 形 ヲ 呈 ス ル モ ノ, (4) V字 形 或 ハr字 形 ヲ 呈 ス ル モ ノ, (5)左 馬 鐙 形 ヲ 呈 ス ル モ ノ, (6) W字 形 ヲ 呈 ス ル モ ノ, (7)花 環 形 ヲ 呈 ス ル モ ノ, (8)複 雜 ナ ル 蹄 係 ヲ 形 成 ス ル モ 環 状 ニ屈 曲 ス ル コ ト無 キ モ ノ, (9)環 状 蹄 係 ヲ形 成 スル モ ノ, (10)最 モ 單 純 ナ ル 形 状 ヲ 呈 ス ル モ ノ,以 上 ノ10型 ニ シテ 且 其 ノ 發 現 率 ハ 上 記 ノ順 序(但 シ(7)ハ(8)ノ 次 位)ナ リ シ コ ト 實 證 セ リ. 抑 々横 行 結 腸 ノ解 剖 學 的 ニ 胃 大 腸 靱 帯 即 チ 大網 膜 ニ ヨ リ 胃 ト結 合 シ,之 ニ ヨ リ擧 上 セ ラ レ, 又 腸 間 膜 ニ ヨ リテ 後 腹 壁 ニ 連 絡 スル モ ノ ナ レ ド モ此 部 ニ於 ケ ル 腸 間 膜 ハ 長 キ 爲 メ ニ 甚 ダ シ ク 可 動 性 ナ リ.又 胃 大 彎 部 ト隣 接 シ テ 且 之 ト結 合 セ ル ヲ 以 テ 胃 ノ 運 動 或 ハ 胃 内 容 ノ 充 盈 状 態 ノ 如 何 ニ ヨ リテ 之 ガ形 態 ニ 變 化 ヲ起 シ 易 シ.故 ニ 横 行 結 腸 ノ形 態 研 究 ニ 際 シ テ ハ 可 及 的 一 定 條 件 ノ 下 ニ檢 査 ヲ 施 ス 可 ク 且 徒 ニ 體 位 ノ變 換 等 ヲ 行 ハ ザ ル 様 ニ注 意 セ ザ ル 可 カ ラ ズ.然 レ ドモ 上 行 結 腸 竝 ニ下 行 結 腸 ハ短 キ 腸 間 膜 ニ ヨ リ テ後 腹 壁 ニ固 定 セ ラ レ,肝 及 ビ腎 皺 襞 ニ テ ハ 最 モ 強 固 ニ 腎 臟 ノ繊 維 嚢 ト 絡 セ ル 維 帯 ニ テ 固 定 セ ラ レ,殊 ニ 腎 雛 襞 ハ横 隔 膜 ス 腸 靱 帯 ニ テ 強 固 ニ サ ル ル ヲ 以 テ,結 腸 肝 彎 曲 部 竝 ニ 脾 彎 曲 部 ハ 檢 査 條 件 ノ 異 同 ニ ヨ リテ 其 ノ位 置 ニ變 化 ヲ 來 ス コ ト尠 シ. 上述 ノ 理 由 ニ ヨ リ横 行 結 腸 ノ形 態 ハ 其 ノ食 物 或 ハ 生 活 様 式 ヲ 異 ニ ス ル 種 族 ノ別 ニ ヨ リテ モ 亦 必 ズ シモ等 シカ ラ ザ ル ハ 想 像 ニ難 カ ラ ズ.本 邦 人 横行 結 腸 形 態 ノ 「レ ン トグ ン」學 的 分 類 ニ 就 キ テ ハ 曩 ニ 小 池 氏 ノ 實 驗 報 告 ア リ.同 氏 ハ 造 影 劑 經 口的 攝 取 法,立 位 ニ テ 「レ ン トゲ ン」學 的 檢 査 ヲ ナ シ横 行 結 腸 形 態 ヲ9種 型 ニ 分 類 シ就 中U字 形 ノ モ ノ ヲ 最 モ 多 數 ニ於 テ 認 メ 之 ヲ 第1型 トナ セ リ.然 レ ド モ余 ノ成 績 ニ 於 テ ハ 右 馬 鐙 形 ノ モ ノ 最 モ 多 數 ヲ 占 メ タ リ.之 ハBroschノ 成 績 ト 一 致 セル 所 ナ リ.而 シテ 複 雜 トル 蹄 係 形 成 ヲ ナ セ ル モ ノ ハ 氏 等 ノ 稱 ヘ シ ガ 如 ク 最 モ尠 ク 出 現 ス ル モ ノ ニ非 ズ シテ 余 ノ 實 驗 ニ テ ハ30例(10.0%)ニ 於 テ 之 ヲ 認 メ タ リ.余 ハ 之 ヲ 更 ニ 環 状 ニ 屈 曲 セル 蹄 係 ヲ形 成 セ ル モ ノ ト然 ラ ザ ル モ ノ ト ノ2型 ニ 分 類 セ ル ニ其 ノ各 々 略 ボ 同 率 頻 度 ニ 現 ハ ル,即 チ 前 者 ハ14例,後 者 ハ16例 ニ 於 テ之 ヲ 見 タ リ.又 余 ノ 第9型 即 チ最 モ 單 純 ナ ル 形 状 ヲ 呈 セ ル モ ノ ハ 僅 ニ2例 ニ 於 テ 之 テ 見 シ ノ ミナ レ ドモ 先 入 ノ 分 類 中 ニ 無 キ モ ノ ニ シ テ,余 バ カ カ ル 單 純 ナ ル形 状 ヲ 呈 セ ル 横 行 結 腸 ガ稀 ナ レ ドモ 往 々 生 理 的 ニ 出 現 シ 得 ベ キ モ ノ ナ ル コ トヲ 茲 ニ 附 加 セ ン トス.而 シ テ 本 例 ハ2例 ニ於 テ 共 ニS字 状 結 腸 竝 ニ 下 行 結 腸 異 常 ニ長 ク シテ 且 多 數 ノ 屈 曲 ヲ示 セ ル コ ト ヨ リ,代 償 的 ニ 短 縮 セ シ モ ノ ナ ル コ トヲ 考 察 シ得,尚 ホ 第3型(左 右2連 銃 形 ノ モ ノ)モ 亦 小 池 氏 等 ノ記 述 中 ニ 無 キ モ ノ ニ シテ 余 ハ 之 ヲ300例 中35例,即 チU字 形 ノ モ ノ ニ次 デ 多 數 ニ於 テ 認 ノタ リ. 次 ニ之 等 横 行 結 腸 ノ形 態 ト年 齡,身 長,體 重,便 秘 及 ビ既 往 分 娩 トノ 關 係 テ 夫 々 各 腸 型 別 ニ シテ 觀 察 セ シ ニ,先 ヅ年 齡 トノ 關 係 ハ,各 年 齡期 ヲ通 ジテ第1型 ハ 常 ニ最 モ 大 多 數 ヲ 占 ム ル モ , 第6型,第8A型 及 ビ第8B型 等 即 チ複 雜 ナ ル 蹄 係 形 成 ヲ ナ セ ル 形 ヲ 呈 セ ル モ ノ ガ 高 年 ニナ ル ニ 從 ヒテ 漸 次 其 ノ發 現 率 ヲ増 加 ス ル ヲ 認 メ タ リ.即 チ横 行結 腸 形 態 ハ高 年 ニ ナ レバ其 ノ蹄 係 複 167

(23)

雜 トナ ル 傾 向 ア リ ト云 フ ヲ 得 ベ シ. 次 ニ 横 行 結 腸 形 態 ト身 長 トノ 關 係 ハ,凡 ユ ル 身 艮 ノ 場 合 ニ 於 テ 各 腸 型 略 ボ 同 率 ノ 頻 度 ヲ示 セ リ.即 チ兩 者 間 ニ ハ 特 殊 ノ 關 係 ヲ 認 ム ル コ ト能 ハ ズ. 體 重 ト ノ關 係 ハ,凡 ユ ル體 重 ノ場 合 ニ 於 テ 第1型 ハ常 ニ 最 モ 多 數 ヲ 占 メ,以 下 各 型 共 ニ殆 ド 全 般 的 發 現 率 ト併 行 ス ル モ,只 第2型 即 チU字 形 ノモ ノ ガ體 重 大 トナ ル ニ 從 ヒ テ 甚 ダ シ ク 小 率 トナ ル ヲ 認 メ タ リ.即 チ體 重 大 ナ ル 者 ニ於 テハ 横 行 結 腸 地 平 脚 ハ下 垂 シ テU字 形 ヲ 呈 ス ル コ ト 尠 ク シ テ 高 位 ヲ保 テ ル 形 状 ヲ 呈 ス ル コ ト多 シ. 次 ニ横 行 結 腸 ノ形 態 ト便 秘 トノ 關 係 ハ,比 較 的 複 雜 ナ ル 蹄 係 形 成 ヲ ナ セ ル形 ハ モ ノ 即 チ 第4, 6, 8A及 ビB型 ニ 於 テ ハ 便 秘 患 者 發 現 率 大 ニ シ テ,反 之,單 純 ナ ル 形 状 ヲ呈 セ ル 第7及 ビ9型 ニ 於 テ ハ 發 現 率 小 ナ リ.即 チ横 行 結 腸 形 態 ガ 複 雜 ナ ル 蹄 係 ヲ 形 成 ス ル モ ノ ニ 於 テ ハ便 秘 ヲ惹 起 シ易 キ 傾 向 ア ル コ トヲ 示 セ リ.由 來 便 秘 ニ 就 テ ハ 古 今,洋 ノ東 西 ニ於 テ研 究 セ ラ レ,伊 勢,齋 藤,岩 井(孝),岩 井(誠),稻 田,小 池,松 尾,岡 田,角 尾,伊 藤, Concetti, Ewald, Glenard, Hess, Kantor, Kienbock, Leichtenstern, Rieder, Rovsing, Schwarz, Stiller, Vogel, Wantoch等 其 ノ 他 枚 擧 ニ 遑 無 キ 程 多 數 ノ業 績 ア リ.即 チ便 秘 ハ消 化 器 系 統 ニ器 質 的 障 碍 アル 場 合 ヲ 除 キ テ モ,神 經 性 胃 腸 障 碍 ノ場 合,胃 酸 過 剩 或 ハ 胃 酸 減 少 乃 至 缺 乏 ノ場 合,其 ノ 他 大 腸 下 垂 症,大 腸 剩 長 症,大 腸 異 常 屈 曲 症 等 大 腸 ノ 形 態 異 常 ノ 場 合 ニ之 ヲ 惹 起 スル コ トハ 既 ニ 明 白 ナ ル 所 ナ ル モ 余 ノ 研 究 成 績 ハ之 等 事實 ヲ更 ニ 裏 書 セ リ. 次 ニ 横 行 結 腸 ノ 形 態 ト既 往 分 娩 ト ノ 關 係 ニ 就 テ 觀 察 セ シ ニ,既 往 分 娩 患 者 ニ 於 テ ハ 其 ノ 形 態 複 雜 蹄 係形 成 ス ル モ ノ多 ク,殊 ニ2囘 以 上 分 娩 ノ患 者 ニ 於 テ 此 傾 向 顯 著 ナ ル ヲ 認 メタ リ.即 チ 分 娩 囘 數 ヲ重 ヌ ル ニ從 ツ テ 横 行 結 腸 蹄 係 ハ 複 雜 ナル 形 状 ヲ 呈 ス ル ニ 至 ル モ ノ ト思 惟 セ ラ ル. 余 ハ 更 ニ 上 述 ノ檢 査 方 法 ニ 於 ケ ル ト同 一 ノ 條 件 ノ下 ニ 横 行 結 腸 ノ 下 垂 度 ヲ臍 位 ヲ 標 準 トシ テ 横 指 徑 ヲ 以 テ 測 定 セ ル ニ,最 高 臍 上8横 指 徑 乃 至 最 低 臍 下7横 指 徑 ニ ア ル ヲ 認 メ タ ル モ 就 中, 臍 上2横 指 徑 乃 至 臍 高 ニ位 置 ス ル モ ノ最 モ 多 ク シ テ38.0%ヲ 占 ム.而 シ テ ソ レ ヨ リ上 下 ニ 距 タ ル ニ 從 ツ テ 小 率 トナ レ リ.即 チ此 部 ニ 位 置 ス ル モ ノ ヲ,其 ノ 下 垂 度 最 モ 普 通 ハ モ ノ トナ ス ベ シ. 然 レ ドモ,ド ノ程 度 以 上 ノ 下 垂 ヲ 以 テ横 行 結 腸 下 垂 症 ノ 診 斷 ヲ附 ス べ キ カ ニ 就 テ ハ 大 ニ 疑 義 ヲ 存 ス.之 ニ 就 テ ハ 尚 ホ 後 述 ス ベ シ. 小 池 氏 ハ臍 位 ハ 個 人 的 ニ 甚 ダ シ ク 高 低 ノ 差 ア ル ヲ 以 テ 胃 腸 ノ位 置 的 關 係 ヲ 示 ス 標 準 ト ス ル ハ 不 當 ナ リ トノ 見 解 ヨ リ「 レ」線 的 ニ ハ 兩 腸 骨 櫛 ノ最 高 位 ヲ 結 合 ス ル 線 ガ 正 中 線 ト交 ハ ル 點 ヲ標 準 トス ル ヲ 適 當 トス.而 シテ 該 部 ハ通 常 最 モ 臍 ニ一 致 ス ル コ ト多 シ ト述 ベ タ リ.余 モ 亦 臍 位 ガ 常 ニ 個 人 的 ニ 多 少 ノ高 低 ノ 差 ヲ 有 ス ル コ トハ 認 ム ル 所 ナ ル モ,骨 盤 ノ 大 サ モ 亦 常 ニ 必 ズ シモ 一 定 不 變 ノ モ ノ ニ 非 ズ.而 シテ 余 ハ 嘗 テ 報 告 セル ガ如 ク,臍 ハ 第4腰 椎 ノ 高 サ ニ テ 小 池 氏 ノ 所 謂 兩 腸 骨 頂 結 合 水 平 線 上 約1cmノ 部 ニ 位 ス ル コ ト最 モ 多 ク,甚 ダ 高 位 或 ハ 低 位 ヲ 占 ム ル ハ 極 メ テ 少 數 ナ レバ,特 別 ナ ル 場 合 ヲ除 外 シ テ 胃 腸 ノ 「 レ」線 的 標 準 トナ ス 價 値 ア リ ト信 ジ此 檢 査 ヲ行 ヘ リ.

(24)

消 化器 管 ノ形 態 及 ビ運 動 機 能 ニ關 ス ル研 究(第2報) 2741 次 ニ 余 ハ 横 行 結 腸 ノ 下 垂 度 ト年 齡,身 長,體 重,便 秘 及 ビ分 娩 トノ 關 係 ヲ 觀 察 セ ル ニ,年 齡 竝 ニ 身 長 トノ 間 ニ ハ 特 殊 ノ 關 係 ヲ 認 ム ル コ ト能 ハ ザ リ キ. 體 重 トノ 關 係 ハ,體 重 輕 キ モ ノ ニ 於 テ横 行 結 腸 ノ下 垂 度 ヲ 増 加 ス ル 傾 向 ア リ.此 事 實 ハ上 述 ノ體 重 重 キ モ ノ ニ 於 テ横 行 結 腸 型U字 形 ヲ 呈 スル モ ノ 尠 ク ナ ル トノ 成 績 ト一 致 ス ル モ ノ ニ シ テ興 味 アル コ トナ リ. 横 行 結 腸 下 垂 度 ト便 秘 ト ノ關 係 ハ,余 ノ檢 査 ニ於 テ ハ 兩 者 間 ニ 何 等 特 別 ノ關 係 ヲ 認 ム ル コ ト 能 ハ ザ リキ.便 秘 ハ横 行 結 腸 下 垂 症 ノ 第1ニ 擧 グ 可 キ症 候 ナ ル コ トハ 既 ニ 諸 説 ノ 一 致 セ ル 所 ナ ル ニ モ拘 ラ ズ,余 ノ此 成 績 ハ何 ヲ 意 味 スル カ,蓋 シ臍 下7横 指 徑 迄 ノ横 行 結 腸 下 垂 ハ下 垂 症 ト 云 フ可 キ モ ノ ニ 非 ズ シテ,猶 ホ 通 常 位 ト見 ル 可 キ モ ノ ナ リ ト ス. 次 ニ横 行 結 腸 下 垂 度 ト分 娩 トノ 關 係 ヲ 觀 察 ス ル ニ,既 往 分 娩 患 者 總 數 ニ 於 テ ハ 特 ニ 認 ム ベ キ 變 化 無 キ モ, 2囘 以 上 分 娩 ノ 患 者 ニ於 テ ハ 下 垂 度 ヲ 増 強 ス ル 傾 向 ア ル ヲ認 メ タ リ. 最 後 ニ余 ハ結 腸 肝 彎 曲 部 竝 ニ脾 彎 曲 部 ヲ檢 シ,先 ヅ 其 ノ 形 態 ヲ 分 類 シ テ3型 ニ分 チ タ ル ニ 共 ニ第2型 即 チ2連 銃 形 ヲ 呈 セ ル モ ノ最 モ 多 數 ニ シ テ何 レモ73.0-74.7%ヲ 占 メ タ リ.乃 チ余 ハ 彎 曲 部 ノ形 態 ト シテ ハ 本 型 ヲ以 テ 最 モ 普 通 ナ ル 形 トナ ス ベ シ. 而 シテ コ ノ 兩 彎 曲 部 ノ形 態 ト便 秘 トノ關 係 ヲ 觀 察 セ シ ニ 兩 者 間 ニ 特 別 ノ關 係 ヲ 認 ム ル コ ト能 ハザ リキ.由 是 觀 之,余 ノ 分 類 ニ ヨル 通 常 彎 曲3型 ハ 何 レモ 便 秘 ト直 接 關 係 無 ク,該 部 ニ 異 常 屈 曲 ヲ生 ゼ シ時 初 メ テ 便 秘 ヲ 惹 起 ス ル モ ノ ナ リ. 尚 ホ此 兩 彎 曲 部 ノ 位 置 ヲ臍 位 ヲ 標 準 ト シ テ 測 定 セ シ ニ,肝 彎 曲 部 ハ最 高 臍 上12横 指 徑,最 低 臍 上5横 指 徑 ニ 在 リテ 就 中 臍 上10乃 至7横 指 徑 ノ 高 サ ニ ア ル モ ノ大 多 數 ナ リ.脾 彎 曲 部 ハ 最 高 臍 上16横 指 徑,最 低 臍 上6横 指 徑 ノ 高 サ ニ位 シ,就 中 臍 上12乃 至9横 指 徑 ノ 高 サ ニ 在 ル モ ノ大 多 數 ナ リ キ.而 シ テ 余 ノ 檢 査 總 數300例 中,兩 彎 曲 部 ノ位 置 異 常 ト認 ム 可 キ モ ノ 即 チ兩 者 同 高 ノ モ ノ及 ビ肝 彎 曲 部 ガ 却 ツ テ 脾 彎 曲 部 ヨ リモ 高 位 ヲ 占 ム ル モ ノ66例 ヲ認 メ タ リ.此66 例 ト便 秘 トノ關 係 ヲ觀 察 セ シ ニ,其 ノ 間 何 等 特 別 ノ關 係 ヲ認 ム ル コ ト能 ハ ザ リ キ.即 チ脾 彎 曲 部 ノ下 垂 ハ 便 秘 ト直 接 關 係 無 キ モ ノ ト云 フ ベ シ. 次 ニ 以 上 ノ66例 ヲ 除 外 セ ル モ ノ 即 チ 脾 彎 曲 部 ガ肝 彎 曲 部 ヨ リモ 高 位 ヲ 占 ム ル 正 常 型234例 ニ就 キ テ 夫 々其 ノ 高 サ ノ 差 ヲ 測 定 セ シ ニ , 2横 指 徑 差 ノ モ ノ 最 モ 多 數 ニ シテ, 1横 指 徑 差 ノ モ ノ之 ニ 亞 ギ, 3横 指 徑 差 ノ モ ノ 第3位 ヲ 占 メ,ソ レ以 上 ノ差 ヲ有 ス ル モ ノ ハ 遙 ニ 尠 カ リ キ.而 シ テ其 ノ 差 最 モ 大 ナ リ シ モ ノ ハ8横 指 徑 差 ヲ有 ス ル モ ノ ナ リキ .

第5章 

余 ハ本 研 究 ニ於 テ比 較 的 消 化 器 管 ニ器 質 的疾 患 無 キ婦 人 患 者300名

ヲ選 ビテ其 ノ大 腸 ヲ仰臥

位 ニ於 テ,造 影 劑 注 腸 法 ニ ヨ リ「レ ン トゲ ン」學 的 ニ檢 査 シ,其 ノ中横 行結 腸 竝 ニ結 腸 肝

,脾 兩

彎 曲部 ニ就 キ ヲ次 ノ結 果 ヲ得 タ リ.

(25)

1)横 行 結 腸 ノ形 態 ヲ10種 型 ニ分 類 シ,就 中,右 馬 鐙 形 ヲ 最 モ 多 數 見 タ リ.而 シ テ 複 雜 蹄 係 ヲ 形 成 ス ル モ ノ ハ 比 較 的 ニ左 程 尠 キ モ ノ ニ 非 ズ.又S字 状 結 腸 及 ビ 下行 結 腸 異 常 ニ長 キ トキ ニ 横 行 結 腸 ハ 往 々 却 ツ テ甚 ダ シ ク 短 縮 ス ル コ ト ア リ. 2)横 行 結 腸 ハ 高 年 ニ ナ ル ニ從 ヒ テ 複 雜 ナ ル 蹄 係 ヲ形 成 ス ル 傾 向 ア リ. 3)横 行 結 腸 形 態 ト身 長 ト ノ 間 ニ特 殊 ノ 關 係 ア ル ヲ認 メ ズ. 4)體 重 大 ナ ル モ ノ ニ 於 テ ハ,横 行 結 腸 地 平 脚 ノ下 垂 セ ル 形 即 チU字 形 ヲ 呈 ス ル モ ノ 尠 シ. 5)横 行 結 腸 複 雜 ナ ル 蹄 係 ヲ 形 成 ス ル トキ ハ 便 秘 ニ傾 キ 易 シ. 6)横 行 結 腸 ノ 形 態 ハ 分 娩 囘 數 ヲ 重 ヌ ル ニ 從 ツ テ其 ノ蹄 係 複 雜 ナ ル 形 状 ヲ 呈 ス ル ニ 至 ル. 7)横 行 結 腸 ハ臍 上2横 指 徑 乃 至 臍 高 ノ位 置 ニ 下 垂 ス ル モ ノ 最 モ 多 シ. 8)横 行 結 腸 下 垂 度 ト年 齡 竝 ニ 身 長 トノ 間 ニ特 殊 關 係 ヲ 認 メズ. 9)體 重 輕 キ モ ノ ニ 於 テ 横 行 結 腸 ノ下 垂 度 ヲ 増 加 ス ル 傾 向 ア リ. 10)横 行 結 腸 下 垂 度 ト便 秘 トノ 間 ニ 特 殊 ノ關 係 ヲ認 メ ズ.乃 チ臍 下7横 指 徑 迄 ノ 下 垂 ハ 尚 ホ 横 行 結 腸 下 垂 症 ト云 フ可 キ モ ノ ニ 非 ズ. 11) 2囘 以 上 ノ 分 娩 ヲ經 過 スル トキ ハ 横 行 結 腸 下 垂 度 ヲ増 ス傾 向 ア リ. 12)結 腸 肝 彎 曲 部 竝 ニ 脾 彎 曲 部 ノ 形 態 ヲ3型 ニ 分 類 セル ニ,兩 彎 曲 部 ニ於 テ2連 銃 形 ヲ 呈 ス ル モ ノ 共 ニ 最 モ 多 數 ヲ 占 メ タ リ. 13)肝,脾 兩 彎 曲 部 ノ 通 常 彎 曲3型 ハ何 レ モ 便 秘 ト關 係 ヲ 有 セ ズ. 14)脾 彎 曲 部 ハ肝 彎 曲 部 ヨ リ モ 高 位 ヲ 占 ム ル コ トガ 正 常 ニ シ テ,其 ノ 高 サ ノ 差 ハ1乃 至3横 指 徑 ノ モ ノ 最 モ 多 シ. 15)兩 彎 曲 部 同 高 ノ モ ノ 竝 ニ却 ツ ラ 肝 彎 曲 部 ヨ リモ 脾 彎 曲 部 ガ 低 位 ニ在 ル モ ノ,即 チ脾 彎 曲 部 ガ 下 垂 セ リ ト認 メ ラル ル モ ノ ヲ300例 中66例 認 メタ リ. 16)脾 彎 曲 部 下 垂 ハ 便 秘 ト直 接 關 係 ヲ有 セ ズ. 稿 ヲ終 ル ニ臨 ミ本 研 究 ノ材料 ヲ提 供 セ ラ レ且 又 種 々御 助 言 ニ 預 リシ倉 敷 中央 病 院 長本 多 博 士 ニ深 謝 シ 併 セテ 御 懇 切 ナ ル御 校 閲 ヲ賜 リシ恩 師 柿 沼 教 授 ニ滿 腔 ノ謝 意 ヲ捧 グ.

(26)

消 化器 管 ノ形 態 及 ビ運 動 機 能 ニ關 ス ル研 究(第2報) 2743

主 要 文 獻

(前 篇. S字 状 結 腸 ニ 就 テ.ノ 分 モ含 ム.)

1) Brosch,小 池 ニ ヨ ル.

2)

Concetti, Arch. f. Kinderheilk. Bd, 27, S. 319, 1899.

3)

Gruber, Virch, Arch. Bd. 99, S. 497, 1885. 4) Hanebuth u. Donalies, Med. Kl. Nr. 13, 1930.

5) 弘 好 文;兒 科 雜 誌,第321號, 224頁,昭 和2年. 6) Heller, Munch. med. Wschr. No. 20, S, 1059, 1911. 7) 本 多 稔,倉 敷 中 央 病 院 年 報,第3號, 6頁,昭 和3年 度. 8) 本 多 稔,岡 醫 雜. 第469號, 317頁,昭 和4年. 9) 岩 井 孝 義,實 驗 消 化 器 病 學,第2巻,第2號, 321頁,昭 和2年. 10) 岩 井 孝 義,實 驗 醫 報,第127號, 859頁,大 正14年. 11) 岩 井 誠 四 郎,治 療 及 處 方,第7巻, 第81號, 1754頁,大 正15年. 12) 石 川 信 男,近 畿 婦 人 科 學 會 雜 誌,第6巻,第4號, 1頁,大 正12年. 13) 伊 勢 良 男,齋 藤 大 雅,日 本 内 科 學 會 雜 誌,第6巻, 10頁,大 正7年. 14) 稻 田 宣 雄,實 驗 醫 報, 第119號, 1274頁,大 正13年. 15) 河 石 九 二 夫,グ レ ン ツ ゲ ビ ー ト,第5年,第1號, 11頁,昭 和 6年. 16) Kienbock, Munch. med Wschr. No. 2, S. 68, 1913. 17) 小 池 才 一,十 全 會雜 誌,

第27巻, 199頁,大 正11年. 18) 松 尾 巖.醫 海 時 報. 1721號, 1501頁,昭 和2年. 19) 松 尾 巖,

實 驗 醫 報,第147號, 340頁,昭 和2年. 20) 松 田 恒 夫,日 本 消 化 機 病 學 會 雜 誌,第24巻,第3號, 19頁,大 正14年. 21) 二 神 恭 次,實 驗 消 化 器 病 學,第2巻,第2號, 315頁,昭 和2年. 22)

Obrastzow, Arch. f. Verdauungs-Krankh. Bd. 1, S. 262, 1896. 23) 岡 田 清 三 郎,日 本 消 化 機 病 學 會

雜 誌,第27巻,第4號. 171頁,昭 和3年. 24) 岡 田,角 尾,伊 藤,日 本 内 科 學 會 雜 誌,第9巻, 268頁, 第10巻, 549頁,大 正11年. 25) 岡 田,角 尾,伊 藤,岡 本,田 宮.日 本 消 化 機 病 學 會 雜 誌,第22巻, 第3號, 137頁,大 正12年. 26) 岡 本 勇,實 驗 消 化 器 病 學,第5巻,第5號, 869頁,昭 和5年. 27) Rieder, F. a. d. G. d. R. Bd. 18, S. 85, 1912. 28) 齋 藤 大 雅,日 本 レ ン ー ゲ ン學 會 雜 誌,第3巻, 第3巻, 403頁,大 正15年. 29) 瀬 木 嘉 一,螢 光,第1巻,第1號, 21頁,昭 和2年. 30) 高 梨 貞 夫,日 本 レ ン ト ゲ ン學 會 雜 誌,第3巻,第1號, 132頁,大 正14年.

31)

Sckemmel, Med. Kl. Bd.

22, S. 887, 1926

32)

Vogel, Zeitschr. f. d. ges. Neur. u. Psych. Bd. 141, H. 1/2. 1932.

33)

Wantock, Munch. med. Wschr. Nr. 22, S. 913, 1931.

Updating...

参照

Updating...