ドイツ語の所有冠詞unserとeuerのeの脱落について

全文

(1)

ドイツ語の所有冠詞

unser と euer の e の脱落について

信 國   萌

1. はじめに  ドイツ語の所有冠詞は不定冠詞類に属し,共起する名詞の性・数・格に応 じて格変化する。所有冠詞unser(私たちの)および euer(君たちの)は, 格変化語尾がつくときr の前にある e が脱落しうる。しかし,相澤(2006: 48)には以下のような記述がある。  「euer に変化語尾がつくとき,例えば -er の語尾がつくときに,(中略)真 ん中の-e- を 1 つ省略して eurer となります。(中略)ただし,同じように -er で終わる unser の場合,変化語尾がついても -e- を省略する形(例えば unsrer, unsren)とはせず,規則通り unserer とか unseren という形を取ること の方が多いようです。」

(2)

辞書プロジェクト(Projekt „Digitales Wörterbuch der deutschen Sprache des 20. Jahrhunderts“ : Projekt DWDS)」が公開しているコーパス(以下 DWDS コーパス)を使用する。1 DWDS コーパスの中でも,年代やテキストカテゴリー の配分のバランスが取れたコーパスであるDWDS-Kernkorpus (1900-1999) お よびDWDS-Kernkorpus 21 (2000-2010) を用いて,unser と euer の語形変化 の分布を調査する。2  調査の年代は1981-2010 年の 30 年間とし,unser を含む事例,euer を含 む事例の双方ともに,1 年につき最大 100 例の事例を収集する。3ただし, DWDS-Kernkorpus 21 は未完成のコーパスで,2007-2009 年には参照できる テキストがないため,実際に収集した事例は27 年分である。  収集した事例はまず,格変化語尾がつかないタイプと,格変化語尾がつ くタイプに分けられる。格変化語尾がつく事例はさらに,Duden (2016: 277-278) の記述に従い,以下の 3 タイプに分類される。 ① 語幹部分のe を脱落させない(unserem, euerem など) ② 語幹部分のe を脱落させる(unsrem, eurem など) ③ 格語尾のe を脱落させる(unserm, euerm など) 2.1 unser の格変化語形の分布  所有冠詞unser がどのような語形で現れるか,格変化語尾がつかない場合 も含めた全体的な分布は,表1-1 の通りである。4 その中でさらに unser に格 1 https://www.dwds.de/ 2 DWDS-Kernkorpus は 約 1 億 2 千 万 語 規 模 の,DWDS-Kernkorpus 21 は 約 1 千 5 百万語規模のコーパスである。

3 検索式はunsere with $p=PPOSAT(所有冠詞 unser の変化形を含む文)と,euere with $p=PPOSAT(所有冠詞 euer の変化形を含む文)である。

4 Duden (2016: 277-278) に従い,全ての語形を挙げると以下の通りである。

格変化語尾なし:unser

(3)
(4)

 以下,それぞれの実例を一例ずつ挙げておく。

(1) Unser Hannes hält einfach den Mund. (Riedel, Susanne: Eine Frau aus Amerika, Berlin: Berlin Verlag 2003, S. 188)【格変化語尾なし】

(2) Auch für unsere Zeitschrift. (Sibylle, 1990, Nr. 1)【格変化語尾あり,語幹の e あり】

(3) Trefflich auch, daß... die tiefste Tiefe unsrer Seele mit Nacht bedeckt ist! (Safranski, Rüdiger: Friedrich Schiller, München Wien: Carl Hanser 2004, S. 71)【格変化語尾あり,語幹の e なし】

(4) Es war an unserm letzten Abend am Missouri, (…) (Düffel, John von: Vom Wasser, München: dtv 2006, S. 199)【格変化語尾あり,語尾の e なし】 2.2 euer の格変化語形の分布  所有冠詞euer がどのような語形で現れるか,格変化語尾がつかない場合も 含めた全体的な分布は,表2-1 の通りである。5 その中でも euer に格変化語 尾がつく場合に限り,その分布の割合をまとめると,表2-2 のようになる。 年代 格変化語尾 なし 格変化語尾あり 合計 語幹のe あり 語幹の e なし 語尾の e なし 2010 0 0 3 0 3 2006 19 0 70 0 89 2005 6 0 28 0 34 2004 3 0 12 0 15 2003 5 0 26 0 31 2002 6 0 10 0 16 2001 10 0 32 0 42 5 Duden (2016: 277-278) に従い,全ての語形を挙げると以下の通りである。 格変化語尾なし:euer

(5)

2000 10 0 72 0 82 1999 17 0 63 0 80 1998 9 0 23 0 32 1997 0 0 5 0 5 1996 5 0 17 0 22 1995 0 0 2 0 2 1994 9 0 17 0 26 1993 4 0 5 0 9 1992 1 0 0 0 1 1991 7 1 29 0 37 1990 2 1 6 0 9 1989 1 0 7 0 8 1988 7 0 30 0 37 1987 1 0 5 0 6 1986 1 0 13 0 14 1985 29 0 61 0 90 1984 1 0 2 0 3 1983 15 0 74 0 89 1982 1 0 12 0 13 1981 3 0 8 0 11 合計 172 2 632 0 806 表2-1:euer の語形変化の全体的な分布 語幹のe あり 語幹の e なし 語尾のe なし 合計 2(0.3%) 632(99.7%) 0(0.0%) 634(100.0%) 表2-2:euer に格変化語尾がつく場合の語形変化の分布  それぞれの実例を一例ずつ挙げると,以下の通りである。

(5) »Ich denke, Ewald ist euer Freund?« fragt Rikki unsicher. (Noll, Ingrid: Ladylike, Zürich: Diogenes 2006, S. 278)【格変化語尾なし】

(6)

die Hälfte der Erde; Hanser Verlag 2003, S. 301)【格変化語尾あり,語幹の e なし】

 なお,格変化語尾があり,かつ語尾のe が脱落する事例は見られなかったが, コーパスの検索条件を「euere with $p=PPOSAT(所有冠詞 euer の変化形を 含む文)」ではなく „euerm“, „euern“, „euers“ に変更すると,(8) のような事 例が見られた。格変化語尾のe が脱落するこの 3 語は,unser の場合とは異 なり,euer の語形変化としてタグづけされていないのかもしれない。しかし いずれにせよ,格変化語尾があり,かつ語尾のe が脱落する euer の事例(euerm, euern, euers)は非常に少ない。6

(8) „Aber die Allee gehört nicht zu euerm Hof“, sagte er. (Jentzsch, Kerstin: Ankunft der Pandora, München: Heyne 1997 [1996], S. 29)【格変化語尾あり, 語尾のe なし】 2.3 調査結果のまとめ  2.1 および 2.2 の調査結果から,unser, euer ともに,格変化語尾がつく場合 には,語幹のe が脱落する場合と,脱落しない場合のどちらもありうること, さらに,語幹ではなく語尾のe が脱落する場合もあることが確認された。こ れはDuden (2016: 277-278) で記されている通りである。  また,相澤(2006: 48)が示唆するように,それぞれの冠詞に格変化語 尾がつく場合,unser はもっぱら語幹の e を保つ(unsere, unserem, unseren, unserer, unseres)一方,euer はもっぱら語幹の e を脱落させる(eure, eurem, euren, eurer, eures)という違いがあることも,確認された。

6 1981 年から 2010 年までに,euerm を含む文が 2 例,euern を含む文が 5 例,euers

(7)

 さらに,語幹ではなく語尾のe を脱落させることは,unser と euer のどち らでもあまり行われないということも見て取れた。 3. 初級教科書における所有冠詞の格変化の説明  次に,初学者向けのドイツ語の教科書では,所有冠詞unser, euer の格変化 についてどのように説明されているのかを確認する。7 3.1 日本の教科書における unser, euer の説明  2019 年に日本で新しく発行された,学生向けのドイツ語の教科書 10 冊を 見てみると,unser, euer の格変化語尾の説明の仕方は 3 パターンに分類され る。8 なお,これらは共通して,語幹ではなく語尾の e が脱落する可能性に ついては言及していない。 ①「unser, euer は格変化語尾がつくと e が省略されることがある」と説明 する ②「euer は格変化語尾がつくと e が省略される」と説明する(unser に格変 化語尾がついた場合にe が省略されうることについて言及しない) ③「所有冠詞は不定冠詞ein と同じ語尾変化をする」と説明する(unser, euer

(8)

より適しているといえるだろう。そして,第2 章で確認したように,unser では格変化の規則通り,大抵はe が脱落しない一方,euer では大抵 e が脱落 するという実際の使用例に照らして考えれば,②がより実情に適した説明で あるといえる。  しかし,教科書によって説明が異なることは,学習者が複数の教科書を使 用する場合に混乱をもたらすことはないだろうか。9 また,日本の教科書で は,少なくとも2019 年に発行されたものに関しては,③の説明の仕方が主 流であるようだが,この教え方は多くの学習者に最も適しているといえるだ ろうか。 3.2 ドイツの教科書における unser, euer の説明  ここで,ドイツで比較的最近発行されている,外国語としてのドイツ語 (Deutsch als Fremdsprache: DaF)の教科書 5 冊における,unser と euer の説明 を確認してみると,5 冊中 4 冊で,上記②のパターンの説明がなされている。10

すなわち,unser は mein(私の),dein(君の)など他の所有冠詞と同じよう に格変化語尾がつくものとして扱い,euer は格変化語尾がつくと語幹の e が 脱落すると説明する。残りの1 冊では,そもそも所有冠詞を学ぶ最初の段階 で, euer を取り上げていない。一方,unser に関しては mein, dein などと同じ ような語尾変化をすることが説明されており,その際,語幹のe が脱落する 可能性については言及していない。

(9)

 これは先にも述べた通り,より実情に即した説明の仕方であるといえる。 日本の教科書でも,所有冠詞についてはこのようにeuer の特殊性のみを説明 をすることが,多くの学生に有用であるとは考えられないだろうか。 4. おわりに  本研究ノートでは,格変化語尾がつく際に語幹のe が脱落しうるとされ るunser, euer が,実際にはどのように用いられることが多いのかを,コーパ スを用いて確認した。その結果,unser では基本的に e が脱落しないことが, euer では基本的に e が脱落することが確認された。また,unser, euer の語尾 変化について,日本の教科書では説明の仕方が一様ではないことが確認され た。一方で,ドイツの教科書では,euer のみが,語尾変化があると e が脱落 する特殊な所有冠詞として説明されることが多い可能性が示唆された。ただ し,今回参照したドイツの教科書はわずか5 冊なので,この教え方が現在の ドイツで主流であると決定づけることはできない。また,仮にドイツで主流 であるとしても,それをもとに,この教え方が必ずしも日本の学習者に向け て最も適しているとは言い切れない。  いずれにせよ,日本においては,unser, euer の語形変化で語幹の e を脱落 させるか否かという点において,教科書や,あるいは教師によって,説明の 仕方が異なりうることは,これまであまり意識されていなかったのではない か。学習者は,複数の教師のもとで複数の教科書を使用してドイツ語を勉強 する機会がありうる。教える側の立場として,複数の説明の仕方がありうる ことを意識し,自らが教える際に,どのような説明の仕方が適切であるかを 判断するべきであるように思われる。 参考文献 相澤啓一 (2006)『CD ブック NHK 新ドイツ語入門』東京:NHK 出版. Duden (2016) Die Grammatik: Unentbehrlich für richtiges Deutsch (Bd. 4)(9.,

(10)

参考文献(日本の教科書) 小野寿美子,中川明博 (2019)『アー・ツェット 楽しく学ぶドイツ語』東京: 朝日出版社. 柏木貴久子,Goesch, B. (2019)『アゲンダ 1 アクティブ・ラーニングのドイ ツ語』東京:三修社. 熊谷哲哉 (2019)『ミニマムドイツ語』東京:朝日出版社. 櫻井麻美 (2019)『しくみのわかるドイツ語初級文法』東京:三修社. 清野智昭 (2019)『ドイツ語の広場』東京:同学社. 中村修,中川拓哉,大澤タカコ (2019)『つながるドイツ語みっとりーべ』東京: 朝日出版社. 馬場浩平 (2019)『ローツェ―予習・確認・復習で達成するドイツ語―』東京: 朝日出版社.

藤原三枝子,桂木忍,元河裕子,野村幸宏,Poller, A., Sachse-Toussaint, R. (2019) 『スタート!1―コミュニケーション活動で学ぶドイツ語―』東京:三修社. 矢羽々崇,Wittig, M. (2019)『シュパース ミット ドイチュ』東京:第三書房. Riesner, F., 田中雅敏 (2019)『どんどん話そうドイツ語』東京:郁文堂.

参考文献(ドイツの教科書)

Funk, H., Kuhn, C., Demme, S. (2012) Studio d A1: Deutsch als Fremdsprache. Kurs und Übungsbuch. Cornelsen Verlag.

Habersack, C., Pude, A., Specht, F. (2018) Menschen: Kursbuch A2. Hueber Verlag.

Niebisch, D., Penning-Hiemstra, S., Specht, F., Bovermann, M. (2018) Schritte plus 2. Hueber Verlag.

Rohrmann, L., Michalak, M., Jin, F., Rizou, G., Zbrankova, M. (2011) Prima - A1: Band 1. Cornelsen Verlag.

Updating...

参照

Updating...

関連した話題 :