Adobe Illustrator・Adobe Photoshop を使用したポスターデザイン -

全文

(1)

Adobe Illustrator・Adobe Photoshop

を使用したポスターデザイン

- コンピュータゲームを題材とした講演会のポスター制作を例に -

学術情報部情報政策課 技術補佐員 山田 斗志希 総合情報基盤センター 講師 遠山 和大

本稿では,筆者(山田)が制作した講演会のポスターについて,制作に使用したソフトウェア をどのように使用したのか,これについて制作過程を交えて具体的に解説する。

1.

はじめに

本稿では,筆者が制作した講演会のポスターに ついて,制作過程を紹介するとともに,Adobe

illustrator

Adobe Photoshop

( 以 下

illustrator」

「Photoshop」と略記)の基本的な 使い方を解説する。

なお,新規作成の仕方や

[選択ツール ]などの初

歩的なツールについての説明は省略する。また,

主にマウスで操作することを前提にした解説とす る。

2.

概要

2-1.

講演会の概要

本講演会の講師は,現在,大阪電気通信大学特 任准教授である長瀧寛之氏[1]である。長瀧氏には,

ご自身の実践,すなわちコンピュータゲームを具 体例とする情報教育の実践についてご講演いただ いた。

2-2.

ポスター制作の概要

次にポスター制作の順序を示す。

a.

要素の設定

b.

コンセプト

c.

イラスト

d.

レイアウト

e.

フォント

f.

カラー

g.

ブラッシュアップ

次章から,この順序に沿って解説を行う。

3.

ポスター制作

3-1.

要素の設定

要素とは,講演者の名前・日時・場所などのテ キスト,また,ポスターの雰囲気を左右するイラ スト・写真などのことである。このうち前者はほ ぼ決まっていたが,後者は決まっていなかったた め,筆者(山田)が用意した。

3-2.

コンセプト

長瀧氏は,「コンピュータゲームの具体例から情 報科学の原理を紐解く授業の実践や,情報教育の 学習トピックを体験的に学ぶ

ICT

教材の開発など を行ってきた。[2] このことから,本講演では,コ ンピュータゲームを具体例に,「情報教育の学習ト ピック」をわかりやすく,かつ楽しく・面白く伝 える意図があると考えられる。それならば,その 意図をなるべく正確に,かつ一瞬で伝えるポスタ ーを制作したい。このように考え,ポスターを見 た者が,講演会に対して「楽しそう」「面白そう」

といった好意的な印象を持ちうるポスターを目指 すことにした。

3-3.

イラスト

(1)ドット絵を採用した理由

ドット絵は,例えば

1983

年に任天堂が発売した 家庭用ビデオゲーム機であるファミリーコンピュ ータなど,ハードウェアのスペックやカセットの 容量の制約などを考慮して制作されたコンピュー タゲームに顕著である。このことは,「コンピュー タの仕組みや理論を理解する『情報の科学』[3] 密接に関連すると考えられるため,本講演会を象 徴するものになると判断した。

(2)

(2)準備

本項から,

Photoshop

を使用したドット絵の制作 について述べる。なお,

Photoshop

のバージョンは

21.0.2

Photoshop 2020)である。

今回はドット(ピクセル)をひとつずつ打って 描くことにした。

まず,

[新規ドキュメント ]ダイアログボックス

からピクセル数が

24×24

のカンバスを作成した。

16×16

から96×96のカンバスを試みたが,このカ ンバスに至った。理由としては,次の

3

つが挙げ られる。

・防具(鎧や兜など)を着ており,かつ剣と防具 を持っている勇者を描きたい。

・なるべくピクセル数を少なくしたい。

・防具,剣,盾それぞれの形がわかるようにした い。

16×16

のカンバスの場合,防具などの形がわか

るようにドットを打つことが難しく,今回は断念 した。つまり,現在の筆者にとって,なるべくピ クセル数を少なくし,防具などの形がわかるよう にドットを打つには,

24×24

のカンバスが最適だ ったということである。

次に,

[表示 ]メニューをクリックし, [表示・非

表示

]

の中から[グリッド

]

をクリックする。すると,

格子が表示される。マスの数ついては,

[環境設定 ]

ダイアログボックスから

[

ガイド・グリッド・スラ イス

]

をクリックし,表示された各項目から調整す ることができる。

以上により,カンバスは次のようになる。

1

このカンバスは背景として扱われるため,この

ままドット絵を描くと,のちにドット絵と背景を 切り離す手間が生じてしまう。したがって,レイ ヤーを追加することを忘れないように注意してい ただきたい。

(3)ドット絵を描く

ドット絵を描く際に使用した主なツールは次の

2

つである。

[鉛筆ツール]

[スポイトツール]

前者はドットを打つ際に,後者は画像からカラ ーをサンプリングする際に使用した。カラーの選 択方法については,

[スポイトツール ]の他, [スウ

ォッチ]パネルや[カラーピッカー]ダイアログボ ックスを使用する方法などがあるが,はじめのう ちは,あまり気にしなくても特に問題はないだろ う。

ひとつずつドットを打った結果が図

2

である。

2

(4)書き出しの際の注意

上述の手順で描いたドット絵をそのまま書き出 すと,24×24ピクセルのファイルとして書き出さ れる。しかし,これではあまりに小さいため,使 えない。そこで,書き出しの際,例えば,

400×400

ピクセルと指定し,拡大することになる。ただし,

おそらくデフォルトでは,画質は「バイキュービ ック法 – 滑らか(拡大)[4] に基づくため,元の ドット絵とは異なるものが書き出される場合があ る(図

3)

(3)

3

「なぜ?」と思われる方もいるかもしれないが,

そもそも

Photoshop

が画像を編集するソフトウェ アであることを考慮すると,このことは理解しや すくなる。つまり,拡大・縮小して書き出した時 に,画像が不自然に見えないように(画質が落ち ないように),自動的にピクセルが追加されたり間 引きされたりしているのである[5]。ひとことで言え ば,補間である。この補間方法の

1

つが,上述の バイキュービック法である。このように,諸機能 について知ることは,

Photoshop

を使用する際に起 こりうる想像外の事象に余裕を持って対応するこ とに繋がるだろう。

なお,図

3

の事象を回避するには,画質を「ニ アレストネイバー法(ハードな輪郭)[6] に変更す れば良い。画質変更の仕方の一例としては,

[Web

用に保存]ダイアログボックスから変更するもの がある。

3-4.

レイアウト

(1)グリッド・ガイド

ここからは,ポスター制作に移る。なお,以降 はillustrator 2020(

24.0.2)を使用している。

まずは,ポスターのレイアウトを考える。

まず,アートボードのサイズを決める。今回は,

総合情報基盤センター入り口付近や会場入り口付 近に置く立て看板,また,

A4

サイズの配布物とし て印刷される予定だったため,

A0

サイズとした。

(看板のサイズをA0だと思っていたが,実際はA1 であった。)このサイズを設定し,新規作成する。

次に,要素を配置する範囲を決める。今回は,

アートボードよりひとまわり小さい大きさとし,

その範囲を[長方形ツール

]を使用した長方形で表

した(図

4

4

長方形の外側は余白である。これは,看板の枠 を考慮したためである。

長方形に基づいて,グリッドを設定・表示した。

これにより,グリッドを基準に,要素の色々な配 置を容易に試すことができる。手順は次のとおり である。

①長方形をクリック。

②[オブジェクト]メニューをクリックし,[パス]

→[グリッドに分割]または[段組設定]をクリッ ク。

③[グリッドに分割]または[段組設定]ダイアロ グボックスから行・列の段数を設定。

すると,例えば,図

5

のように長方形が分割さ れる。

そして,ガイドに変換する。手順は次のとおり である。

①分割された全ての長方形を選択。

②[表示]メニューをクリックし,[ガイド]→[ガ イドを作成]をクリック。

(4)

ガイドに変換後,グリッドのカラーが変わるは ずである。環境設定でカラーを変更していなけれ ば,おそらくデフォルトのカラーであるシアンに 変わる。ガイドに変換されたことを確認した後,

ガイドのあるレイヤーをロックする。

5

(2)要素の配置

グリッドを基準に,タイトル・講演者名・場所・

日時・参加費・備考などを様ざまに配置し,完成 形のイメージを形成する。例えば,図

6

のように である。

6

いずれは要素が追加されると予想し,全体的に 余白を広めに設けている。

この段階は,ドラッグ&ドロップを繰り返す単純 な作業の段階であり,特筆する使い方は無いと思 っている。しかし,単純な作業にこそショートカ ットキーを使用することで,制作時間を短縮する ことができる。そこで,使用した主なショートカ ットキーを表

1

に示す。はじめはショートカット キーを覚えることが面倒に思うかもしれないが,

覚えた後は,ツールの切り替えのたびにマウスを 動かす方が面倒になるだろう。

1

(3)強弱

強弱とは,フォントサイズの大小のことである。

要素の重要度に応じてフォントを大きくしたり小 さくしたりする。以下に図示するものは,テキス トを追加し,フォントサイズを変更した状態であ る。なお,ガイドを非表示にする。:

(5)

7

3-5.

フォント

今回採用するフォントを考える。

まずはタイトルからである。フォントは「明朝」

「ゴシック」など様ざまに分類される。今回はド ット絵の形に合うフォントを

Adobe font

[7] を使 用して探した。そして,ドット絵の形状を考慮し,

視覚デザイン研究所

(VDL)

が提供している

VDL

ギガG

M

」を選択した。このフォントは,

判読可能な程度に崩した角のある独特の形状が印 象的である。このため,他の文言のフォントにつ いては,ポスター全体の統一性を考慮し,この印 象になるべく近いフォントを探した。最終的には,

角のあるフォント(例えば「ヒラギノ角ゴ

STD W8

)を採用し,備考や主催には丸みを帯びた

A-OTF

じゅん

Pro101

」を採用することで,

硬質ながらもいくらか柔らかさを感じられるよう に工夫した。

フォントの変更のみだが,それだけでも版面の 印象が大きく変わることが分かるだろう。一例と して,タイトルに「

VDL

ギガG

M

」を適用する 前と適用した後を示す(図

8

8

(上:適用前,下:適用後)

3-6.

カラー

カラーの選択方法については,表示欄を縦横に 長く伸ばした[カラースペクトル

]を使用した。ま

た,[カラーピッカー

]ダイアログボックスも使用

し,赤系統の色を選択した。このようにカラーの 選択方法は1つではない。筆者の場合は,カラー が決まっている場合は,数値の操作により目的の カラーを作り,そうでない場合は,[カラースペク トル

]により着色を試す。着色後を図 9

に示す。

9

3-7.

ブラッシュアップ

この段階では,字間やフォントサイズを微調整 したり,装飾を施したりなど,全体的な印象をよ

(6)

り良くするための作業に入る。例えば,日時の「〜」

を「▶︎」に変えたり,タイトルをオリジナルの枠 で囲ったりする。また,未来に意識を向けている ような雰囲気を作るために,ドット絵の剣先に光 輪を付け加えた(図

11

。他には,要素間の境界 を明白にするため,「道先案内人」などの見出しを

薄い灰色の枠で囲った(図

12

。このようなブラ ッシュアップを行い,最後に,要素の配置をグリ ッドに沿うように揃えた。場合によっては

[定規]

を表示し,ミリ単位で揃えた。こうして完成した ポスターが図

10

である。

図10

図11

[フレアツール]を使用し,光輪を作成。

12

[長方形ツール]を使用し,見出しを囲った。

ここでは,勇者の剣先の光輪を作成するために 使用した[フレアツール

]について述べる。明るさ

や光線の数などの調整は,[フレアツール

]をダブ

ルクリックすることで表示される [フレアツール オプション]ダイアログボックスから行うことが できる(図

13

図13

また,

[オブジェクトを再配色 ]ダイアログボッ

クスから,配色も調整することができる(図14)

図14

このツールに限らず,他のツールのオプション も,ダブルクリックで表示することができる。

4.

おわりに

本稿では,実際に看板やチラシとして使用され たポスターの制作過程を例に,いくつかのソフト ウェアのうち,Illustrator

Photoshop

を使用 したポスターデザインについて解説した。これら のソフトウェアは,アマチュアからプロまで幅広

(7)

く使用されるものであり,当然ながら,本稿で示 したツールや機能以外にも多くのものが搭載され ている。したがって,より高度なことにチャレン ジする可能性は常に開かれている。あとは,作り 手の気持ち次第である。

[1] http://www.nagataki.com/main/, (2020年2月15日閲覧)

[2] 講演会のポスターから引用。ポスターは,富山大学公式ウェブ

サイトに掲載されている。なお,引用文は,長瀧氏によるもの。

https://www.u-toyama.ac.jp/outline/event/index.html#event_2001 30 2020212日閲覧)

[3] 同上。

[4] 築城厚三『Photoshop CC 試験対策』, 株式会社オデッセイ ミュニケーションズ,2017年,p52-53.

[5] 同上。

[6] 同上。

[7] 総数15,000以上のフォントの中から,フォントを選択すること

ができる。なお,Creative Cloud サブスクリプションに付属。

Updating...

参照

Updating...

関連した話題 :