十八世紀イギリス小説におけるパラテクストの検討 : フィクション論的観点から

全文

(1)

(1)

 

  最 初 の ゴ シ ッ ク ・ ロ マ ン ス と し て 知 ら れ る ホ レ ス ・ ウ ォ ル ポ ー ル ﹃ オ ト ラ ン ト の 城 ﹄ の 初 版 は 、 一 七 六 四 年 の ク リ ス マ ス ・ イ ヴ に 出 版 さ れ た 。 初 版 の タ イ ト ル ・ ペ ー ジ ︵ 図 1︶ に は ﹁ M D CC LX V ﹂ 一 七 六 五 ︶ と 記 さ れ て い る が 、 実 際 の 出 版 日 は 前 年 一 七 六 四 年 の 一 二 月 二 四 日 で あ っ た (2)。 よ く 知 ら れ て い る よ う に 、 こ の 初 版 は 、 イ ン グ ラ ン ド 北 部 の カ ト リ ッ ク の 旧 家 の 書 庫 か ら 見 つ か っ た オ ヌ フ リ オ ・ ム ラ ル ト な る イ タ リ ア 人 に よ る テ ク ス ト ︵ そ れ は 一 五 二 九 年 に ナ ポ リ で 黒 体 文 字 で 印 刷 、 出 版 さ れ た も の で あ る ︶ を 、 ウ ィ リ ア ム ・ マ ー シ ャ ル な る 人 物 が 翻 訳 し た も の 、 と い う 体 裁 で 出 版 さ れ た 。   ﹃ オ ト ラ ン ト の 城 ﹄ が そ の 最 初 の 事 例 で は な い が 、 こ の よ う な 仕 掛 け が フ ィ ク シ ョ ン を 語 る う え で の 定 番 と な っ た こ と は 、 た と え ば エ ー コ の ﹃ 薔 薇 の 名 前 ﹄ ︵ 一 九 八 〇 ︶ の よ う な 現 代 小 説 を み て も よ く わ か る 。﹃ 薔 薇 の 名 前 ﹄ の 物 語 の 中 心 を な す 、 十 四 世 紀 に 北 イ タ リ ア の と あ る ベ ネ デ ィ ク ト 会 の 修 道 院 で 起 こ っ た 殺 人 事 件 は 、 師 で あ る バ ス カ ヴ ィ ル の ウ ィ リ ア ム と と も に そ れ を 実 際 に 見 聞 き し た メ ル ク の ア ド ソ の 手 記 と し て 語 ら れ て い る 。 晩 年 の ア ド ソ が ラ テ ン 語 で 認 め た こ の 手 記 は 、 十 七 世 紀 に ベ ネ デ ィ ク ト 会 修 道 士 ジ ャ ン ・ マ ビ ヨ ン に よ り 発 見 、 復 元 さ れ る 。 そ れ が さ ら に ﹃ J・ マ ビ ヨ ン 師 の 版 に 基 づ き フ ラ ン ス 語 に 訳 出 せ る メ ル ク の ア ド ソ ン 師 の 手 記 ﹄ と し て 一 八 四 二 年 に パ リ で 翻 訳 、 出 版 さ れ た も の を 、 序 文 の 語 り 手 で あ る ﹁ 私 ﹂ が 一 九 六 八 年 に 発 見 し 、 イ タ リ ア 語 に 翻 訳 し て 出 版 し た の が 同 書 で あ る 、 と い う 体 裁 に な っ て い る の で あ る (3)。 特 筆 す べ き は 、 テ ク ス ト の 出 自 を め ぐ る こ の よ う な 経 緯 を 記 し た 序 文 に 、﹁ 手 記 だ 、 当 然 の こ と な が ら ﹂ (4)と い う タ イ ト ル が 付 さ れ て い る こ と で あ る 。 こ の タ イ ト ル に よ っ て エ ー コ は 、﹃ 薔 薇 の 名 前 ﹄ が 真 正 の 手 記 で あ る と い う こ と を 強 調 し て い る の で は な く 、 手 記 な い し は 手 稿 の 発 見 と い う 文 学 史 的 形 式 へ 眴 せ を し て い る の で あ る 。 現 代 の 読 者 が こ の よ う な エ ー コ の 眴 せ に 気 が つ き 、﹁ 当 然 の こ と な が ら ﹂ と い う 言 葉 に 同 意 す る こ と が で き る の は 、 手 記 の 発 見 ・ 出 版 と い う 形 式 が 、 フ ィ ク シ ョ ン を 語 る 装 置 と し て お な じ み の も の と な っ て い る か ら で あ る (5)。   し か し 両 者 の 語 り の 構 造 が ま っ た く 相 同 で あ る と い い き る こ と も で き な い 。 両 者 の 最 大 の 違 い は 、﹃ 薔 薇 の 名 前 ﹄ に は 実 際 の 著 者 で あ る ウ ン ベ ル ト ・ エ ー コ の 名 が 記 さ れ て い る の に た い し て 、﹃ オ ト ラ ン ト の 城 ﹄ の 初 版 に は 、 著 者 で あ る ウ ォ ル ポ ー ル の 名 は 記 さ れ て い な か っ た と い う 点 で あ る 。 ム ラ ル ト + マ ー シ ャ ル 名 義 で 出 版 さ れ た ﹃ オ ト ラ ン ト の 城 ﹄ は 、 少 な く と も 現 代 の 読 者 に と っ 図 1 『オトラントの城』初版(1764)のタイトルページと「訳者」序

(2)

て は 偽 書 に 近 い も の と 感 じ ら れ る 。 そ れ に た い し て 、 実 際 の 著 者 で あ る エ ー コ の 名 前 が 記 さ れ て い る ﹃ 薔 薇 の 名 前 ﹄ は 、 ︵ の ち に み る よ う に 考 慮 す る べ き 点 は あ る に せ よ ︶ か ろ う じ て 偽 書 の よ う な 非 合 法 性 を 免 れ て い る よ う に 思 わ れ る 。   こ れ ら は す べ て 、 小 説 と し て の 両 作 品 の 内 容 、 つ ま り 本 文 に か か わ る 問 題 で は な く 、 物 語 論 ︵ ナ ラ ト ロ ジ ー ︶ の 諸 概 念 を 定 式 化 し た こ と で 知 ら れ る ジ ェ ラ ー ル ・ ジ ュ ネ ッ ト の い う ﹁ パ ラ テ ク ス ト ﹂ ︹ par ate xte に か か わ る 問 題 で あ る 。 ジ ュ ネ ッ ト は 、 表 紙 や タ イ ト ル ペ ー ジ に 記 さ れ た 書 名 や 著 者 名 、 あ る い は 序 文 と い っ た 、 書 籍 を 構 成 す る 本 文 以 外 の テ ク ス ト を ﹁ パ ラ テ ク ス ト ﹂ と 呼 び 、 著 書 ﹃ ス イ ユ ﹄ ︵ 一 九 八 七 ︶ の 考 察 の 対 象 と し た 。 ジ ュ ネ ッ ト が ル ジ ュ ン ヌ ﹃ 自 伝 契 約 ﹄ に 言 及 し な が ら 強 調 す る よ う に 、 パ ラ テ ク ス ト は わ れ わ れ の 作 品 本 体 の 解 釈 を 誘 導 す る 働 き を も っ て い る 。 ジ ュ ネ ッ ト 自 身 の こ と ば を 借 り れ ば 、 わ れ わ れ は ﹁ ユ リ シ ー ズ ﹂ と い う タ イ ト ル が な け れ ば ﹃ ユ リ シ ー ズ ﹄ を ど う 読 ん で い い の か わ か ら な い の で あ る (6)。 書 名 の ﹁ ス イ ユ ﹂ ︹ seu il ︺ と は 敷 居 の 意 で あ り 、 ジ ュ ネ ッ ト は 本 文 を 囲 っ て い る こ れ ら パ ラ テ ク ス ト が 、 読 者 が テ ク ス ト を 解 釈 す る さ い の ﹁ 敷 居 ﹂ と し て 果 た す 役 割 を 分 析 し た の で あ る 。   パ ラ テ ク ス ト が 読 者 の 解 釈 に 指 示 を 与 え て い る こ と は 、 本 章 で と り あ げ た 二 つ の 作 品 を み て も 明 ら か で あ る 。﹃ オ ト ラ ン ト の 城 ﹄ の パ ラ テ ク ス ト が 読 者 に 与 え る 指 示 は 明 快 で あ る 。 そ れ に し た が え ば ﹃ オ ト ラ ン ト の 城 ﹄ の 本 文 は 、 一 五 二 九 年 に ナ ポ リ で 出 版 さ れ た ム ラ ル ト に よ る 十 一 ︱ 十 三 世 紀 に 起 こ っ た 出 来 事 の 記 録 を マ ー シ ャ ル が 英 語 に 翻 訳 し た も の で あ る 。 読 者 は そ の よ う な も の と し て テ ク ス ト を 読 む こ と を 要 求 さ れ て い る の で あ る 。   ﹃ 薔 薇 の 名 前 ﹄ の 場 合 は も う 少 し 事 情 が 複 雑 で あ る 。﹃ 薔 薇 の 名 前 ﹄ の 序 文 は 、﹁ 私 ﹂ を 名 乗 る 人 物 に よ っ て 書 か れ て い る 。 序 文 に 署 名 な ど と く べ つ な 表 示 が な い 以 上 、 ナ イ ー ヴ に 読 め ば 、 こ の ﹁ 私 ﹂ と は 書 籍 全 体 の 表 紙 あ る い は タ イ ト ル ペ ー ジ に 著 者 と し て 名 前 が 表 示 さ れ て い る エ ー コ 自 身 を 指 し て い る と 考 え る べ き か も し れ な い 。 ま た こ の 序 文 の 末 尾 に 記 さ れ た ﹁ 一 九 八 〇 年 一 月 五 日 ﹂ と い う 日 付 も 、﹃ 薔 薇 の 名 前 ﹄ 自 身 の 出 版 時 期 ︵ 一 九 八 〇 年 ︶ と 符 合 す る 。 さ ら に い え ば 同 書 は エ ー コ の 最 初 の 小 説 で あ り 、 出 版 時 点 で は エ ー コ は 中 世 美 学 、 記 号 論 の 研 究 者 だ と 考 え ら れ て い た は ず で あ る 。 し た が っ て 、﹃ 薔 薇 の 名 前 ﹄ の パ ラ テ ク ス ト が 読 者 に 与 え る 指 示 は 、 額 面 上 は 、 テ ク ス ト 本 文 を エ ー コ が 偶 然 に も 発 見 し た メ ル ク の ア ド ソ の 手 記 ︵ を マ ビ ヨ ン が 発 見 ・ 復 元 し 、 ヴ ァ レ が 翻 訳 し た も の ︶ と し て 読 め 、 と い う も の だ と い う こ と に な る だ ろ う 。 し か し 実 際 に は 、﹃ 薔 薇 の 名 前 ﹄ は フ ィ ク シ ョ ン で あ る と い う こ と を 、 あ る い は 発 見 さ れ た 手 稿 と い う 形 式 は む し ろ フ ィ ク シ ョ ン の 世 界 で お な じ み の も の で あ る と い う こ と を 知 っ て い る 現 代 の 読 者 は 、 こ の よ う な 仕 掛 け も フ ィ ク シ ョ ン の 一 部 と し て 解 す る の で あ る 。   ﹃ オ ト ラ ン ト の 城 ﹄ が 出 版 さ れ た 十 八 世 紀 は 、 デ フ ォ ー の ﹃ ロ ビ ン ソ ン ・ ク ル ー ソ ー ﹄ ︵ 一 七 一 九 ︶ 以 降 、 ス ウ ィ フ ト 、 リ チ ャ ー ド ソ ン 、 フ ィ ー ル デ ィ ン グ 、 ス タ ー ン ら が 続 き 、 い わ ゆ る 近 代 小 説 と い う 新 し い ジ ャ ン ル が 誕 生 し つ つ あ っ た 時 代 で あ り 、 こ の 時 代 に お い て は 、 小 説 に か ぎ ら ず 匿 名 出 版 は け っ し て め ず ら し い も の で は な か っ た 。 ウ ォ ル ポ ー ル や 、 の ち に 検 討 す る デ フ ォ ー と い っ た こ の 時 代 の 新 し い 小 説 の 書 き 手 た ち は 、 匿 名 で 出 版 す る こ と を 選 択 す る こ と が で き る と い う 自 由 を 、 フ ィ ク シ ョ ン の 物 語 を 語 る う え で の ひ と つ の 装 置 と し て 利 用 し て い た ふ し が あ る 。 彼 ら は 、 テ ク ス ト の 解 釈 の ﹁ 敷 居 ﹂ た る パ ラ テ ク ス ト を フ ィ ク シ ョ ン の 一 部 と し て 自 由 に 操 る こ と に よ っ て 、 現 代 ま で 続 く こ と に な る 、 フ ィ ク シ ョ ン と し て の 小 説 と わ れ わ れ 読 者 と の 関 係 の 基 礎 を 形 づ く っ た と も い え る 。   本 論 で は 、﹃ オ ト ラ ン ト の 城 ﹄ を は じ め と す る お も に 十 八 世 紀 の イ ギ リ ス 小 説 を 対 象 に 、 そ の パ ラ テ ク ス ト の 検 討 か ら 、 小 説 と い う ジ ャ ン ル 、 フ ィ ク シ ョ ン と い う 文 学 形 式 が ま さ に 台 頭 し つ つ あ っ た こ の 時 代 に お け る 、 フ ィ ク シ ョ ナ リ テ ィ の あ り か た 、 ま た そ こ か ら 逆 照 射 さ れ る 形 で 現 れ て く る 現 代 の フ ィ ク シ ョ ン の あ り か た に つ い て 考 え て み た い 。 、『   ﹃ オ ト ラ ン ト の 城 ﹄ に 話 を 戻 そ う 。 す で に 述 べ た よ う に 、 一 七 六 四 年 十 二 月 に 出 版 さ れ た ﹃ オ ト ラ ン ト の 城 ﹄ 初 版 は 、 ム ラ ル ト に よ る イ タ リ ア 語 テ ク ス ト を マ ー シ ャ ル が 英 訳 し た も の と し て 出 版 さ れ た 。 し か し 、 こ れ も ま た よ く 知 ら れ て い る よ う に 、 翌 年 四 月 一 一 日 に 出 版 さ れ た 第 二 版 で は 、 ウ ォ ル ポ ー ル 自 身 が 姿 を 現 し 、 初 版 の 出 版 事 情 を 次 の よ う に 説 明 し て い る 。       こ の さ さ や か な 作 品 が 大 衆 に こ れ ほ ど 好 意 を も っ て 受 け 入 れ ら れ た か ら に は 、 著 者 と し て も 、 そ の 創 作 の こ と と 次 第 を 明 ら か に し な い わ け に は 参

(3)

ら な い 。 け れ ど も 、 そ の 動 機 を 開 陳 す る に 先 立 っ て 、 ま ず は 読 者 諸 兄 姉 に 、 一 翻 訳 者 の 名 を 騙 っ て 自 作 を 提 供 し た こ と の 赦 し を 乞 う べ き で あ ろ う 。 そ ん な 隠 れ 蓑 を ま と う よ う 駆 り 立 て ら れ た と い う の も 、 ひ と え に 、 お の が 才 能 に つ い て の 気 遅 れ ゆ え 、 ま た 企 て そ の も の の 新 奇 さ ゆ え で あ っ た 、 と い う の が 実 情 。 し た が っ て 、 無 理 か ら ぬ 話 と 見 の が し て 頂 け る の で は な い か と 、 ひ と り 空 し い 希 望 を つ な い で い る 。 著 者 は 成 果 を 、 偏 ら ざ る 大 衆 の 判 断 に ゆ だ ね た の で あ っ た 。 か り に も よ し と 認 め ら れ な か っ た な ら 甘 ん じ て 闇 に ほ う む り 去 る 覚 悟 、 ま た 眼 の 確 か な 面 々 に 、 著 者 は こ れ を 何 ら 恥 じ る こ と な く 認 知 し て よ か ろ う と 申 し 渡 さ れ な け れ ば 、 か か る 些 細 な 事 を 公 言 す る つ も り も な か っ た 。 (7)   ﹃ オ ト ラ ン ト の 城 ﹄ は 、 初 版 は 匿 名 で 出 版 さ れ 、 こ こ に 引 用 し た ウ ォ ル ポ ー ル 自 身 に よ る 第 二 版 へ の 序 文 で も っ て 、 実 際 の 著 者 が 明 ら か に な っ た と 通 常 理 解 さ れ て い る が 、 こ こ に は い く ら か 補 足 が 必 要 で あ る 。   ま ず は 、 初 版 と 第 二 版 ︵ 図 2︶ と を 比 較 し て み よ う 。 タ イ ト ル ・ ペ ー ジ に つ い て い え ば 、 初 版 に あ っ た マ ー シ ャ ル 、 ム ラ ル ト ら の 名 は 削 除 さ れ 、 か わ り に ホ ラ テ ィ ウ ス か ら の 引 用 が 追 加 さ れ て い る (8)。 ま た 、 初 版 の 序 文 は 削 除 さ れ 、 ウ ォ ル ポ ー ル と 近 し か っ た メ ア リ ・ コ ー ク に 献 じ た ソ ネ ッ ト 、 そ し て 先 に そ の 冒 頭 を 引 用 し た 第 二 版 序 が 追 加 さ れ て い る 。 た し か に こ の 序 文 を 読 め ば 、 ウ ォ ル ポ ー ル が み ず か ら の 声 で 読 者 に 語 っ て い る こ と は ま ち が い な い が 、 実 際 に は タ イ ト ル ペ ー ジ に も ウ ォ ル ポ ー ル の 名 は な い し 、 序 文 に も 署 名 は な く 、 ソ ネ ッ ト の 末 尾 に ﹁ H . W . ﹂ の イ ニ シ ャ ル が 記 さ れ て い る の み で あ る 。 当 時 ホ レ ス ・ ウ ォ ル ポ ー ル と い え ば 、 文 筆 家 と し て 、 ま た ゴ シ ッ ク 様 式 の 別 荘 ス ト ロ ベ リ ー ・ ヒ ル を 建 て た 好 事 家 と し て そ の 名 を 知 ら れ て い た か ら 、 イ ニ シ ャ ル の み で 、 あ る い は こ の 版 か ら ﹁ ゴ シ ッ ク 風 の 物 語 ﹂ ︹ A G oth ic S tory と あ ら た め ら れ た サ ブ タ イ ト ル と か ら の 連 想 で 著 者 を 同 定 で き た 読 者 は 多 か っ た と 考 え ら れ る が 、 そ れ で も 形 式 的 に い え ば 、 初 版 が 偽 名 出 版 で あ っ た と す る な ら ば 、 第 二 版 も ま た 、 実 名 と い う よ り は 匿 名 に 近 い 形 で 出 版 さ れ た と い う べ き な の で あ る 。   さ ら に 興 味 深 い の は こ れ に 続 く 版 で あ る 。﹃ オ ト ラ ン ト の 城 ﹄ の 第 三 版 を 称 す る 版 は 、 ロ ン ド ン で 出 版 さ れ た も の だ け で も 、 一 七 六 六 年 に ウ ィ リ ア ム ・ バ ゾ ー よ り 出 版 さ れ た 版 と 、 一 七 六 九 年 に ジ ョ ン ・ マ レ イ よ り 出 版 さ れ た 版 の 少 図 2 『オトラントの城』第 2 版(1765 年)のタイトルページ、ソネット、序文冒頭

(4)

な く と も 二 つ が 存 在 す る が 、 両 者 と も に 、 タ イ ト ル ペ ー ジ に は 著 者 等 の 表 示 は 一 切 な く ︵ こ の 点 は 第 二 版 と 同 じ で あ る ︶ 、 か つ 、 初 版 序 、 ソ ネ ッ ト 、 二 版 序 の す べ て を こ の 順 で 収 録 し て い る の で あ る 。 す な わ ち 、 第 二 版 の 時 点 で い わ ば 失 効 し た は ず の 初 版 序 が 復 活 し 、 内 容 的 に は そ れ と 矛 盾 す る は ず の 第 二 版 序 と 並 置 さ れ て い る の で あ る 。 さ ら に 一 七 八 二 年 に ジ ェ イ ム ズ ・ ド ズ リ ー に よ り 出 版 さ れ た 第 四 版 以 降 で は 、 タ イ ト ル ペ ー ジ に マ ー シ ャ ル 、 ム ラ ル ト ら の 名 前 が 復 活 す る の で あ る ︵ 表 1︶ (9)。 こ れ ら 一 連 の 異 同 は 、 フ ィ ク シ ョ ン と し て の 小 説 と い う 観 点 か ら 考 え る と 大 変 興 味 深 い こ と で あ る 。   フ ィ ク シ ョ ン と い う の は た ん な る 噓 の こ と で は な い 。 噓 に お い て は 受 信 者 が そ の 噓 を 信 じ る こ と が 期 待 さ れ て い る の に た い し て 、 フ ィ ク シ ョ ン の 発 信 者 ︵ す な わ ち 小 説 で あ れ ば そ の 作 者 ︶ は 、 受 信 者 ︵ 読 者 ︶ が そ れ を 信 じ る こ と を け っ し て 期 待 し な い 。 受 信 者 も ま た 、 そ の 内 容 を 事 実 で は な い と 知 り な が ら も 、 そ れ が 事 実 で あ る か の よ う に ふ る ま う の で あ る 。 フ ィ ク シ ョ ン と 噓 を こ の よ う に 対 立 さ せ て 考 え る と す る な ら ば 、﹃ オ ト ラ ン ト の 城 ﹄ の 初 版 序 は 、 少 な く と も テ ク ス ト の 出 自 に か ん し て は 噓 に も っ と も 近 く (10)、 そ れ に た い し て 、 第 三 版 以 降 に お い て 第 二 版 序 と 並 置 さ れ た 初 版 序 は 、 そ の 主 張 す る 内 容 が 事 実 で な い こ と が 明 ら か に な っ て い る と い う 点 で 、 す ぐ れ て フ ィ ク シ ョ ン 的 な の で あ る 。 読 者 の 側 か ら い え ば 、 第 二 版 序 を 読 ん で ム ラ ル ト 著 、 マ ー シ ャ ル 訳 と い う 設 定 を フ ィ ク シ ョ ン 上 の こ と が ら と 理 解 し た う え で 初 版 序 の 内 容 を 再 考 し た 読 者 は 、 実 際 に は そ う で は な い こ と を 知 り つ つ 、 そ れ に 続 く 物 語 が イ ン グ ラ ン ド 北 部 の 旧 家 の 書 斎 か ら 見 つ か っ た 、 中 世 イ タ リ ア で 書 か れ た テ ク ス ト の 翻 訳 と し て 読 む こ と を 要 求 さ れ て い る の だ と 了 解 す る わ け で あ る 。 以 降 の 版 に お け る ム ラ ル ト + マ ー シ ャ ル 名 義 の 表 示 は 、 こ の よ う な フ ィ ク シ ョ ン 的 読 み 方 の 要 請 を さ ら に 補 強 す る も の で あ る 。   こ の よ う に 、 パ ラ テ ク ス ト の な か で も と く に 序 文 に 着 目 す る と 、 第 三 版 以 降 の ﹃ オ ト ラ ン ト の 城 ﹄ の あ り か た は 現 代 に お け る フ ィ ク シ ョ ン の 様 態 に 近 い の だ が 、﹃ 薔 薇 の 名 前 ﹄ と の 比 較 で す で に み た よ う に 、﹃ オ ト ラ ン ト の 城 ﹄ と 現 代 小 説 の 最 大 の 違 い は 、 パ ラ テ ク ス ト の な か で も 著 者 名 の 表 示 に か ん す る 点 で あ る 。﹃ 薔 薇 の 名 前 ﹄ に か ぎ ら ず 現 代 の 小 説 が 真 の 著 者 名 を 明 記 す る こ と な く 出 版 さ れ る こ と は 稀 で あ る し 、 翻 訳 も 含 め ﹃ オ ト ラ ン ト の 城 ﹄ の 現 行 の 版 は 著 者 の 名 と し て ウ ォ ル ポ ー ル の 名 を 表 紙 、 タ イ ト ル ペ ー ジ に 掲 げ て い る 。 十 八 世 紀 表 1 ロンドンで出版された『オトラントの城』の諸版本(1764 ~ 97 年) 第3版 第6版 版序 ル訳

Wenman & Hodgson

のみ記載 y

(5)

に 出 版 さ れ た ﹃ オ ト ラ ン ト の 城 ﹄ の 諸 版 本 が 偽 名 な い し は 匿 名 ︵ に 近 い 形 ︶ で 出 版 さ れ 続 け た の は 、 こ の 時 代 が そ の よ う な 出 版 形 態 に 寛 容 で あ っ た か ら に ほ か な ら な い が (11)、 フ ィ ク シ ョ ン と い う 観 点 か ら 興 味 深 い の は 、 匿 名 や 偽 名 に よ る 出 版 が 、 真 の 著 者 が 判 明 し た あ と も 一 貫 し て 続 け ら れ た と い う 点 で あ る 。 そ れ は た ん に タ イ ト ル ・ ペ ー ジ に ム ラ ル ト ら の 名 が 記 さ れ た 、 あ る い は 誰 の 名 も 記 さ れ な か っ た と い う こ と で は な く 、 そ れ は 書 籍 の 外 部 で も 行 わ れ た の で あ る 。   た と え ば 図 3は 一 七 六 六 年 に バ ゾ ー 刊 の 第 三 版 が 出 版 さ れ た 翌 年 の 出 版 広 告 だ が (12)、 こ こ で は ウ ォ ル ポ ー ル が 実 名 で 出 版 し た ﹃ 英 国 絵 画 逸 話 集 ﹄ ︵ 一 七 六 二 ︶ に は 著 者 と し て の ウ ォ ル ポ ー ル の 名 が 冠 さ れ て い る の に た い し て 、﹃ オ ト ラ ン ト の 城 ﹄ に つ い て は 、 前 年 の 第 二 版 で ウ ォ ル ポ ー ル の 著 作 で あ る こ と が す で に 明 ら か に な っ て い る に も か か わ ら ず 、 著 者 名 は 一 切 記 さ れ て い な い 。 ま た 図 4 の 一 七 九 七 年 ︵ ウ ォ ル ポ ー ル が 没 し た 年 で も あ る ︶ の 出 版 広 告 で は 、 著 者 名 と し て ム ラ ル ト の 名 が 掲 げ ら れ て い る (13)。 第 二 版 で ウ ォ ル ポ ー ル が 真 の 著 者 で あ っ た こ と が 明 ら か に な っ た 以 降 も 、﹃ オ ト ラ ン ト の 城 ﹄ に お い て 匿 名 、 な い し は ム ラ ル ト 、 マ ー シ ャ ル と い う 偽 名 が 使 用 さ れ 続 け た こ と は 、 す で に み た よ う に す ぐ れ て フ ィ ク シ ョ ン 的 だ が 、 こ の よ う に フ ィ ク シ ョ ン 的 な 仕 掛 け は 書 籍 自 体 の 外 に ま で お よ ん で い た の で あ る 。 し か し そ の い っ ぽ う で 、﹃ ロ ン ド ン 書 籍 一 覧 ﹄ ︵ 一 七 七 三 ︶ な ど で は 、 著 者 と し て ウ ォ ル ポ ー ル の 名 が 記 さ れ て い る (14)。 書 籍 内 部 の パ ラ テ ク ス ト に す で に み た よ う な 、 真 実 が そ う で は な い と 知 り つ つ そ う で あ る か の よ う に ふ る ま う と い う き わ め て フ ィ ク シ ョ ン 的 な 身 ぶ り が 、 書 籍 の 外 部 で も 、 つ ま り 社 会 全 体 を 舞 台 と し て 演 じ ら れ て い る の で あ る 。   次 章 で は 時 代 を さ ら に 遡 り 、 偽 名 出 版 の よ り よ く 知 ら れ た 事 例 、 ダ ニ エ ル ・ デ フ ォ ー の ﹃ ロ ビ ン ソ ン ・ ク ル ー ソ ー ﹄ に つ い て 検 討 し て お こ う 。 、『   現 代 の 読 者 が ﹃ ロ ビ ン ソ ン ・ ク ル ー ソ ー ﹄ と ふ だ ん 呼 ん で い る 作 品 が は じ め て 出 版 さ れ た の は 、 一 七 一 九 年 四 月 二 十 五 日 の こ と だ っ た 。 図 5は そ の 初 版 の タ イ ト ル ペ ー ジ と 序 文 の 冒 頭 で あ る (15)。 一 七 行 に わ た る 当 時 の タ イ ト ル を 直 訳 す れ ば 、﹁ 難 破 に よ り 打 ち 上 げ ら れ た が 自 分 以 外 の 乗 組 員 は み な 死 に 絶 え 、 た っ た 一 人 で ア メ リ カ 大 陸 の 沖 合 は 大 河 オ リ ノ コ の 河 口 に 近 い 無 人 島 で 、 二 八 年 間 図 4 ムラルト名義の『オトラントの城』出版広告

(6)

暮 ら し た ヨ ー ク の 船 乗 り 、 ロ ビ ン ソ ン ・ ク ル ー ソ ー の 生 涯 と 、 不 思 議 か つ 驚 く べ き 冒 険 。 海 賊 に つ い に 救 助 さ れ た 不 思 議 な 物 語 も 所 収 ﹂ と で も な る だ ろ う 。 問 題 は 次 の 行 に 書 か れ て い る ﹁ 本 人 著 ﹂ ︹ W ritt en b y H im sel f ︺ と い う 文 句 で あ る 。 す な わ ち 、﹃ ロ ビ ン ソ ン ・ ク ル ー ソ ー ﹄ は 当 初 、 ロ ビ ン ソ ン ・ ク ル ー ソ ー 本 人 の 著 作 と し て 出 版 さ れ た の で あ る 。 さ ら に ﹁ 編 者 ﹂ ︹ Th e E dit or ︺ を 自 称 す る 人 物 に よ る 序 文 が 付 さ れ て お り 、 同 書 は ﹁ 事 実 の 物 語 に ほ か な ら ず 、 そ こ に は 作 り 話 の よ う な も の は ま っ た く み ら れ な い ﹂ (16)と し て い る 。   四 月 に 出 版 さ れ た ﹃ ロ ビ ン ソ ン ・ ク ル ー ソ ー ﹄ は ま た た く 間 に 版 を 重 ね 、 同 年 八 月 に は そ の 続 編 と な る ﹃ ロ ビ ン ソ ン ・ ク ル ー ソ ー の さ ら な る 冒 険 ﹄ が 、 そ の ち ょ う ど 一 年 後 、 一 七 二 〇 年 八 月 に は ﹃ ロ ビ ン ソ ン ・ ク ル ー ソ ー の 生 涯 お よ び 冒 険 中 の 敬 虔 な 省 察 ﹄ が 、 い ず れ も や は り ﹁ 本 人 著 ﹂ と し て 出 版 さ れ た 。   こ の と お り ク ル ー ソ ー 三 部 作 は す べ て ク ル ー ソ ー 本 人 の 手 に な る も の と し て 出 版 さ れ た の だ が 、 真 の 著 者 が デ フ ォ ー で あ る こ と は 、 第 一 作 の 初 版 か ら 半 年 も た た な い う ち に 暴 露 さ れ て し ま っ た 。 チ ャ ー ル ズ ・ ギ ル ド ン の ﹃ ロ ン ド ン の 靴 下 商 、 ダ ︱ ︱ ︱ ・ デ ・ フ ︱ ︱ 氏 の 生 涯 と 、 奇 妙 か つ 驚 く べ き 冒 険 ﹄ が 出 版 さ れ た た め で あ る 。 こ こ ま で の 事 情 は 、 第 二 版 で 作 者 の 正 体 が 明 ら か と な っ た ﹃ オ ト ラ ン ト の 城 ﹄ の ケ ー ス と 似 て い る が 、 両 者 に お け る 匿 名 の 使 用 に は 大 き な 差 異 が 存 在 す る 。﹃ オ ト ラ ン ト の 城 ﹄ に お け る ム ラ ル ト 名 義 の 使 用 は 、 す で に み た よ う に 初 版 序 が 物 語 自 体 の フ ィ ク シ ョ ン 性 を み と め て い る 以 上 ︵ 註 (10) 参 照 ︶ 、 テ ク ス ト の 出 自 に か か わ る 虚 偽 で し か な い ︵ つ ま り テ ク ス ト が ほ ん と う に ム ラ ル ト の 手 に な る も の だ っ た と し て も 、 そ れ は 架 空 の 物 語 で あ る ︶ の に た い し て 、﹃ ロ ビ ン ソ ン ・ ク ル ー ソ ー ﹄ に お け る ク ル ー ソ ー 名 義 の 使 用 は 、 そ こ で 語 ら れ る 物 語 内 容 自 体 の 真 実 性 を 担 保 す る べ く 意 図 さ れ た も の で あ る 。 ク ル ー ソ ー の 物 語 の 矛 盾 や 不 合 理 は 初 版 以 降 た び た び 指 摘 さ れ て い た が 、 デ フ ォ ー が そ れ に た い し て 続 編 の 序 文 の な か で ふ た た び ﹁ 編 者 ﹂ の 名 を 借 り て 反 論 す る に あ た っ て 、 第 一 作 が 好 評 を 博 し た と い う こ と は ﹁ 嫉 妬 深 い 人 た ち は 、 本 書 が 作 り 話 だ と 非 難 し た が り 、 地 理 的 な 誤 り 、 一 貫 性 に 欠 け る 物 語 、 矛 盾 し た 事 実 を 探 し 出 そ う と 手 を 尽 く し た が 、 出 て き た の は 彼 ら の 悪 意 と 無 能 さ ば か り だ っ た ﹂ (17)と い っ た 具 合 に 、 物 語 の 真 実 性 に ま で 言 及 し て い る の も こ の た め で あ る 。 第 三 作 ﹃ 敬 虔 な 省 察 ﹄ に は ク ル ー ソ ー 名 義 の 序 文 が 付 さ れ る が 、 こ こ で も 再 度 、 物 語 の 真 実 性 の 主 張 が く り 返 さ れ て い る 。 図 5 『ロビンソン・クルーソー』初版(1719)のタイトル・ページ、序文

(7)

  デ フ ォ ー = ク ル ー ソ ー に よ る 、 こ う い っ た ロ ビ ン ソ ン ・ ク ル ー ソ ー の 物 語 の 真 実 性 に か ん す る 仕 掛 け 、 主 張 が 当 時 の 人 々 に ど こ ま で 額 面 ど お り に 受 け と め ら れ て い た か は 、 か な ら ず し も 定 か で は な い 。﹃ 歴 史 と 初 期 の イ ギ リ ス 小 説 ﹄ ︵ 一 九 九 七 ︶ の な か で ロ バ ー ト ・ メ イ ヤ ー は 、 ギ ル ド ン に よ る デ フ ォ ー 批 判 や 、 ロ バ ー ト ・ シ ー ル ズ に よ る コ メ ン ト と い っ た 同 時 代 の 傍 証 に 言 及 し な が ら 、﹃ ロ ビ ン ソ ン ・ ク ル ー ソ ー ﹄ が 出 版 当 初 は 事 実 と し て 読 ま れ て い た と 主 張 す る (18)。 こ れ に 対 し て ケ イ ト ・ ラ ヴ マ ン は 、﹃ フ ィ ク シ ョ ン を 読 む 、 一 六 六 〇 ︱ 一 七 四 〇 ︱ ︱ イ ン グ ラ ン ド の 文 学 ・ 政 治 文 化 に お け る 欺 瞞 ﹄ ︵ 二 〇 〇 八 ︶ の な か で 、 メ イ ヤ ー の 研 究 に 一 定 の 評 価 を 与 え な が ら も 、 メ イ ヤ ー は ﹁ こ の 作 品 が 引 き 起 こ し た 混 乱 を 過 大 評 価 ﹂ し て い る と す る (19)。   著 作 全 体 を つ う じ て 、 十 七 世 紀 後 半 か ら 十 八 世 紀 前 半 に か け て の イ ン グ ラ ン ド の 文 化 が ﹁ 懐 疑 的 ﹂ ︹ sk ep tic al ︺ な 読 者 層 を 形 成 し た と 主 張 す る ラ ヴ マ ン と 、 フ ィ ク シ ョ ン の ル ー ツ は 歴 史 叙 述 に あ る と し 、 両 者 の 分 岐 点 を デ フ ォ ー に 求 め よ う と す る メ イ ヤ ー と の あ い だ で 、 事 実 ・ 史 料 の 評 価 に こ の よ う な 差 異 が み ら れ る こ と は な か ば 必 然 的 な こ と か も し れ な い 。 ラ ヴ マ ン に よ れ ば 、 ギ ル ド ン に よ る デ フ ォ ー 批 判 の 核 心 は 、 デ フ ォ ー が 読 者 に た い し て フ ィ ク シ ョ ン を 真 実 と 騙 っ た と い う 点 に は な か っ た ︵ だ か ら こ そ ギ ル ド ン は 、 デ フ ォ ー を 揶 揄 し た 茶 番 の な か で 、 デ フ ォ ー と ロ ビ ン ソ ン の 両 名 を 登 場 さ せ 、 二 人 を 噓 つ き 呼 ば わ り し て い る の だ 、 と ラ ヴ マ ン は い う ︶ 。 に も か か わ ら ず 、 第 三 作 序 文 に よ る デ フ ォ ー の ギ ル ド ン へ の 反 論 も ま た 、 作 品 の 真 実 性 に 軸 足 を 置 い た も の で あ っ た 。 だ か ら と い っ て 、 デ フ ォ ー の こ れ ら 一 連 の 身 ぶ り を 、 デ フ ォ ー が 自 身 の 創 作 を 読 者 に 事 実 と し て 信 じ こ ま せ る こ と を 意 図 し て い た も の と し て 解 す る こ と は で き な い が 、 こ と さ ら に 事 実 で あ る こ と を 強 調 す る こ の 身 ぶ り に 逆 に む し ろ フ ィ ク シ ョ ン 性 を 読 み と ろ う と す る の は 、 む し ろ こ の よ う な 仕 掛 け に な れ き っ て い る 現 代 の 読 者 で あ る と い う メ イ ヤ ー の 主 張 に も 一 理 が あ る 。   ﹃ ロ ビ ン ソ ン ・ ク ル ー ソ ー ﹄ を は じ め と す る 、 事 実 に 基 づ く こ と を 主 張 し て い る デ フ ォ ー 作 品 が 、 デ フ ォ ー の 同 時 代 に お い て ど の よ う に 受 容 さ れ た か と い う こ の 問 題 に は 、 本 稿 で は こ れ 以 上 立 ち い る こ と は で き な い が 、 本 稿 の 興 味 で あ る パ ラ テ ク ス ト の 問 題 に 立 ち 戻 っ て 考 え れ ば 、 デ フ ォ ー の 序 文 が 興 味 深 い の は 、 そ れ が 物 語 内 容 が 事 実 で あ る こ と を 主 張 し て い る 点 で あ る と い う よ り も む し ろ 、 少 な く と も 最 初 の 二 作 に お い て は 、 そ れ が 編 者 名 義 と な っ て い る と い う 点 で あ る 。 次 章 で は こ の 点 も 含 め 、 こ こ ま で み て き た ﹃ オ ト ラ ン ト の 城 ﹄﹃ ロ ビ ン ソ ン ・ ク ル ー ソ ー ﹄ と い っ た 事 例 が こ の 時 代 の フ ィ ク シ ョ ン の あ り よ う に つ い て 、 あ る い は 十 九 世 紀 か ら 現 代 に い た る フ ィ ク シ ョ ン の あ り 方 に つ い て 何 を 示 唆 し て る の か を 考 え て み る こ と に し た い 。   こ れ ま で わ れ わ れ が み て き た よ う に 、﹃ オ ト ラ ン ト の 城 ﹄ で は 、 テ ク ス ト の 出 自 を め ぐ る 、 ム ラ ル ト 著 、 マ ー シ ャ ル 訳 と い う 虚 構 的 な 設 定 が 、 書 籍 の 内 部 の み な ら ず 、 そ の 出 版 広 告 の な か で も 維 持 さ れ て い た 。 そ れ は 、 ウ ォ ル ポ ー ル が 姿 を 現 し た 第 二 版 以 降 の 版 で も 、 こ の 第 二 版 の 序 文 と 同 時 に 初 版 の 序 文 が 掲 載 さ れ て い る 、 つ ま り 真 実 を 明 か し な が ら も 虚 構 的 な 身 ぶ り を 続 け る と い う 点 で 、 す ぐ れ て フ ィ ク シ ョ ン 的 な の で あ っ た 。 一 方 の ﹃ ロ ビ ン ソ ン ・ ク ル ー ソ ー ﹄ に し て も 、 初 版 が 出 版 さ れ た 年 の う ち に ギ ル ド ン の 著 作 が 出 版 さ れ 、 ク ル ー ソ ー 本 人 執 筆 と い う 設 定 は 架 空 の も の で あ り 、 実 際 の 著 者 は デ フ ォ ー で あ る こ と が 明 ら か に な っ た に も か か わ ら ず 、 デ フ ォ ー は 第 二 作 の 編 者 序 や 第 三 作 の ク ル ー ソ ー 名 義 の 序 文 に よ り 、 テ ク ス ト が 語 る 内 容 の 事 実 性 を 主 張 し 続 け た の で あ っ た 。﹃ オ ト ラ ン ト の 城 ﹄ の 場 合 と 同 様 、 こ の 設 定 は 新 聞 広 告 の う え で も 維 持 さ れ 続 け た 。   こ の よ う な パ ラ テ ク ス ト な い し は テ ク ス ト 外 部 で の ﹁ ふ り ﹂ が 終 わ り を 迎 え る の は 、 じ つ は か な り あ と に な っ て か ら の こ と で あ っ た 。 筆 者 が 確 認 で き た か ぎ り で は 、﹃ オ ト ラ ン ト の 城 ﹄ の 著 者 と し て タ イ ト ル ペ ー ジ あ る い は 新 聞 広 告 に ホ レ ス ・ ウ ォ ル ポ ー ル の 名 が 現 れ る の は 、 ウ ォ ル ポ ー ル 自 身 の 没 後 さ ら に 十 九 世 紀 に 入 っ て か ら の こ と で あ る 。 た と え ば 一 八 〇 八 年 に は 、﹃ オ ト ラ ン ト の 城 ﹄ と ク ラ ラ ・ リ ー ヴ の ﹃ イ ギ リ ス の 老 男 爵 ﹄ ︵ 初 版 、 一 七 七 七 ︶ と の 合 本 が 出 版 さ れ る が (20)、 こ の タ イ ト ル ・ ペ ー ジ に は ウ ォ ル ポ ー ル の 名 が 記 さ れ て い る 。 単 独 で 出 版 さ れ た も の と し て は 、 一 八 一 一 年 に エ ジ ン バ ラ で 出 版 さ れ た 版 に お い て も 、 や は り 著 者 名 と し て ウ ォ ル ポ ー ル の 名 が 明 示 さ れ て い る (21)。 こ れ ら に 共 通 し て い る の は 、 前 者 で あ れ ば 著 者 の 略 歴 を 記 し た 序 文 ︹ B iog rap hic al Pre fac e ︺ 後 者 の 場 合 は 批 評 的 な 序 文 ︹ Cri tica l In tro du ctio n ︺ と 、 ど ち ら も 第 三 者 に よ る 序 文 が 付 加 さ れ て お り 、 現 代 に お い て ﹃ オ ト ラ ン ト の 城 ﹄ が た と え ば オ ッ ク ス フ ォ ー ド ・ ワ ー ル ド ・ ク ラ シ ッ ク ス な ど の 叢 書 に 収 め ら れ る さ い の 形 式 に 大

(8)

変 近 い 。 い っ ぽ う の ﹃ ロ ビ ン ソ ン ・ ク ル ー ソ ー ﹄ に つ い て い え ば 、 こ れ ら よ り も う 少 し 早 い 一 七 八 一 年 の 段 階 で 、 著 者 名 を 明 記 し た 版 が 出 版 さ れ て い る (22)。 こ れ ら の 著 作 の 初 め て の 刊 行 後 ︵ あ る い は 著 者 ら の 没 後 ︶ 数 十 年 経 っ て か ら の 出 版 事 情 に か ん し て は 、 詳 細 な 調 査 の 余 地 が い ま だ 残 さ れ て い る が 、 現 代 の 読 者 か ら み れ ば 、 匿 名 、 偽 名 と い っ た 逸 脱 的 な 形 式 で 最 初 出 版 さ れ た こ れ ら の 作 品 が わ れ わ れ 現 代 の 読 者 に な じ み の あ る 形 式 に 収 ま っ た と い う 感 は 禁 じ え な い 。 こ れ ら 二 つ の 書 物 が た ど っ た 道 筋 が 、 最 初 ︵ 現 代 か ら み れ ば ︶ 逸 脱 的 な 形 で ス タ ー ト し た フ ィ ク シ ョ ン が 、 フ ィ ク シ ョ ン 的 な ﹁ 設 定 ﹂ が 本 文 の 枠 に 収 め ら れ て い る と い う 現 代 的 な 形 式 に 収 ま る ま で の 過 程 と 重 な っ て い る と 考 え て も 、 さ ほ ど の 無 理 は な い よ う に 思 わ れ る 。   こ の 地 点 か ら 翻 っ て 、﹃ ロ ビ ン ソ ン ・ ク ル ー ソ ー ﹄ に お け る ︿ 編 者 に よ る 序 文 ﹀ と い う 形 式 の こ と も も う 一 度 こ こ で 考 え て お こ う 。 第 一 作 に 付 さ れ た 序 文 が 主 張 し て い る の は 、 物 語 の 事 実 性 だ け で は な い 。 序 文 は 次 の よ う に 始 ま っ て い る 。       平 凡 な 人 間 が 世 界 で く り 広 げ た 冒 険 の 物 語 が 一 般 に 読 ま れ る 価 値 を 持 ち 、 ま た 出 版 さ れ て 評 判 を 得 る こ と が あ る と す れ ば 、 本 書 こ そ そ う だ 、 と こ の 記 録 の 編 者 は 考 え る 。       こ の 人 物 が 生 涯 で 体 験 し た 驚 異 の 数 々 は 、 ︵ 編 者 が 思 う に ︶ い ま 世 の 中 に 出 回 っ て い る 類 書 の す べ て を 凌 ぐ も の だ 。 ひ と り の 人 間 が 生 涯 で こ れ だ け の 変 転 を 味 わ う こ と は め っ た に な い 。 (23)   こ こ で 主 張 さ れ て い る の は 、 本 書 の 価 値 、 こ の 序 文 の 名 義 上 の 発 信 者 で あ る ﹁ 編 者 ﹂ の 視 線 で い え ば 、 本 書 を 世 に 問 う 意 義 で あ る 。 す な わ ち 、 あ る 個 人 が 自 身 の 体 験 を 書 き 留 め た 手 記 を 、 何 の た め に 世 に 出 す の か と い う こ と が 、 そ れ を 世 に 出 す ﹁ 編 者 ﹂ 自 身 の 言 葉 に よ り こ こ で 説 明 さ れ て い る の で あ る 。 こ の 点 に お い て こ の 序 文 ︱ ︱ も ち ろ ん 架 空 の 序 文 な の だ が ︱ ︱ は 、 本 文 が 読 者 に 供 さ れ る 枠 組 み を 提 供 す る こ と に よ っ て 、 ジ ュ ネ ッ ト が い う ﹁ 敷 居 ﹂ と し て の パ ラ テ ク ス ト と し て 、 テ ク ス ト と 読 者 の イ ン タ ー フ ェ イ ス の 役 割 を 果 た し て い る の で あ る ︵ 図 6︶ そ の よ う に し て 考 え る と 、 タ イ ト ル ペ ー ジ の ﹁ 本 人 著 ﹂ の 一 節 も 、﹁ W ritte n b y Himself ﹂ と 三 人 称 で 書 か れ て い る こ と も 納 得 が い く だ ろ う 。 ま た 序 文 冒 頭 の 、 こ の 本 の 著 者 が ﹁ 平 凡 な 人 間 ﹂ ︹ priv ate m an ︺ で あ る こ と を 示 し た 一 文 は と く に 示 唆 的 で あ る 。 こ の 本 の ︵ 名 目 上 の ︶ 語 り 手 で あ る ク ル ー ソ ー が 、 た と え ば デ フ ォ ー の よ う な 職 業 的 著 述 家 で は な い ﹁ 一 私 人 ﹂ で あ る こ と を 指 し て い る わ け だ が 、 こ の こ と が 序 文 の 必 要 性 を 裏 づ け る 要 素 ︵ こ の 場 合 に は 実 際 に は 、 偽 の 序 文 を つ け る こ と の 口 実 ︶ と な っ て い る の で あ る 。   こ の 時 代 に 序 文 と と も に 出 版 さ れ た 小 説 は ﹃ ロ ビ ン ソ ン ・ ク ル ー ソ ー ﹄ に か ぎ ら な い 。﹃ ロ ビ ン ソ ン ・ ク ル ー ソ ー ﹄ や 、 書 簡 体 に よ る リ チ ャ ー ド ソ ン の ﹃ パ ミ ラ ﹄ ︵ 一 七 四 〇 ︶ 、﹃ ク ラ リ ッ サ ﹄ ︵ 一 七 四 七 ︱ 八 ︶ の よ う に 、 物 語 の 事 実 性 と そ の 出 版 の 意 義 を 主 張 す る 序 文 か ら 、 逆 に み ず か ら そ れ が フ ィ ク シ ョ ン で あ る こ と を 認 め る ス モ レ ッ ト の ﹃ ロ デ リ ッ ク ・ ラ ン ダ ム の 冒 険 ﹄ ︵ 一 七 四 八 ︶ の 序 文 に い た る ま で 、 十 八 世 紀 の イ ギ リ ス 小 説 に は さ ま ざ ま な 種 類 の 序 文 が み ら れ る の で あ る 。 フ ィ ー ル デ ィ ン グ の ﹃ ト ム ・ ジ ョ ウ ン ズ ﹄ ︵ 一 七 四 九 ︶ は 序 文 こ そ な い が 、 本 文 に 作 者 の 声 を も っ た 語 り 手 が 登 場 し み ず か ら の 創 作 観 を 語 る う え に 、 第 一 巻 の 巻 頭 に は 、 か つ て の 学 友 で も あ り フ ィ ー ル デ ィ ン グ の パ ト ロ ン で も あ っ た ジ ョ ー ジ ・ リ ト ル ト ン へ の 献 辞 も 付 さ れ て お り 、﹃ ロ デ リ ッ ク ・ ラ ン ダ ム ﹄ 同 様 、 そ の 虚 構 性 が 明 示 さ れ て い る 。   こ れ ら を 、 現 代 に お け る フ ィ ク シ ョ ン の あ り 方 と 比 較 す る こ と は 大 変 興 味 深 い 。 フ ィ ク シ ョ ン の 一 ジ ャ ン ル と し て の 小 説 が 制 度 と し て 定 着 し て い る 現 代 に お い て は 、 小 説 に 序 文 が 付 さ れ て い る こ と 自 体 が め ず ら し い 。 た と え そ の 本 文 が 手 記 の 体 裁 を と っ て い た か ら と い っ て 、 序 文 を か な ら ず し も 必 要 と す る 訳 で は な い 。 本 論 の 冒 頭 で 言 及 し た ﹃ 薔 薇 の 名 前 ﹄ の よ う な 例 は も ち ろ ん あ る が 、 こ れ は あ く ま で も 古 典 的 な 形 式 の パ ス テ ィ ー シ ュ で あ っ て 、 現 代 に お い て は 本 文 を 開 い た 一 ペ ー ジ 目 か ら 手 記 が 図 6 『ロビンソン・クルーソー』における序文と本文の関係

(9)

始 ま っ て い て も 何 ら 不 思 議 で は な い の で あ る 。   こ の こ と は 次 の よ う な 可 能 性 を 示 唆 し て い る よ う に 思 わ れ る 。 そ れ は 、 小 説 あ る い は そ の 他 の 書 籍 が 一 般 に 普 及 す る さ な か に あ っ た デ フ ォ ー の 時 代 に お い て は 、 そ の 書 籍 を 誰 が 、 何 の た め に 世 に 問 う の か と い う こ と を 述 べ る 序 文 = 口 実 の 必 要 性 が 、 現 代 に 比 し て 相 対 的 に 大 き か っ た の で は な い か と い う こ と で あ る 。 手 記 の 体 裁 を と る 小 説 に 限 定 し て 考 え て も 、 現 代 に お い て は 、 主 人 公 = 語 り 手 の 体 験 か ら 、 手 記 の 執 筆 、 出 版 に い た る ま で の プ ロ セ ス は 、 そ れ が パ ラ テ ク ス ト な ど に よ っ て 明 示 的 に 説 明 さ れ な い と い う 意 味 で 不 可 視 化 さ れ て お り 、 い わ ば ブ ラ ッ ク ボ ッ ク ス と な っ て い る 。 わ れ わ れ 読 者 は 、 そ れ が 小 説 で あ る 以 上 、 そ の 手 記 は 語 り 手 に よ っ て 語 ら れ た も の で あ る と い う 設 定 を フ ィ ク シ ョ ン 的 な 身 ぶ り と し て 受 け 入 れ な が ら 、 そ れ が ど う し て わ れ わ れ 読 者 に 供 さ れ る こ と に な っ た か を あ え て 問 う こ と は し な い の で あ る 。 フ ィ ク シ ョ ン の 受 容 に お い て 、 読 者 ︵ 受 容 者 ︶ が そ の 内 容 の 真 偽 を あ え て 問 わ な い こ と は 、 コ ウ ル リ ッ ジ の 言 葉 を 借 り て ﹁ 不 信 の 停 止 ﹂ と 呼 ば れ る が 、 現 代 の 小 説 に お い て は 、 物 語 の 内 容 だ け で は な く 、 そ の 前 の 段 階 、 す な わ ち 物 語 が わ れ わ れ 読 者 の 手 許 に 届 く ま で の プ ロ セ ス に つ い て も 不 信 の 停 止 が 起 こ っ て い る の で あ る 。   さ ら に こ の こ と を 、 語 り の 形 式 の 問 題 と あ わ せ て 考 え て お こ う 。 先 に 名 前 を 挙 げ た 小 説 の な か で い え ば 、 三 人 称 で 書 か れ た ﹃ ト ム ・ ジ ョ ウ ン ズ ﹄ に 対 し て 、 手 記 や 書 簡 と い う 形 式 を と る ﹃ ロ ビ ン ソ ン ・ ク ル ー ソ ー ﹄﹃ パ ミ ラ ﹄﹃ ク ラ リ ッ サ ﹄ は 一 人 称 で 書 か れ て い る 。 同 じ 一 人 称 で も 、 す べ て の で き ご と を 事 後 的 に 語 る 手 記 、 回 想 録 と い っ た 形 式 と 、 起 こ っ た 出 来 事 を 逐 一 語 っ て い く 書 簡 体 形 式 と で は 、 時 間 の 扱 い に は 違 い が あ る が 、 ど ち ら も 語 り 手 が 語 っ て い る 時 間 が 明 示 さ れ て い る と い う 点 、 ま た 語 り 手 が ﹁ 書 く ﹂ こ と に よ っ て 語 り を 行 っ て い る 点 で は 共 通 し て い る 。 し か し こ れ ら に 対 し て 、 現 代 の 小 説 に お け る 一 人 称 の 語 り は こ の よ う な わ か り や す い 事 例 ば か り で 成 り た っ て い る わ け で は な い 。 た と え ば カ ミ ュ の ﹃ 異 邦 人 ﹄ ︵ 一 九 四 二 ︶ は 、 物 語 内 容 の 生 起 と と も に 語 り の 時 点 が ず れ て い く と い う 点 で は 日 記 形 式 な ど に 近 い が 、 語 り の 時 点 を 明 示 す る よ う な 標 識 や 、 日 記 と い う 形 式 そ れ 自 身 の よ う に そ れ が ﹁ 書 か れ た ﹂ 物 語 で あ る こ と を 示 す 標 識 も な い 。 あ る い は 、 も っ と 極 端 な 事 例 を 挙 げ る な ら ば 、 カ ー ヴ ァ ー の ﹁ ぼ く が 電 話 を か け て い る 場 所 ﹂ ︵ 一 九 八 二 ︶ で は 、 語 り 手 で あ る ︿ 僕 ﹀ が フ ラ ン ク ・ マ ー テ ィ ン ア ル コ ー ル 療 養 所 で 過 ご し た 、 あ る 年 の 十 二 月 三 十 日 か ら 年 越 し を は さ ん で の 三 日 間 の 様 子 が 語 ら れ る が 、 そ こ で の で き ご と は 、 ︵ 回 想 を の ぞ い て ︶ さ な が ら 実 況 中 継 の よ う に す べ て 現 在 形 で 語 ら れ て い る 。 こ の 現 在 時 制 の 使 用 を 文 字 ど お り に 受 け と め る な ら ば 、 語 り 手 の ︿ 僕 ﹀ は た と え ば 療 養 所 で 知 り あ っ た J P こ と ジ ョ ー ・ ペ ニ ー と 会 話 を し な が ら 、 あ る い は 療 養 所 の 食 堂 で 食 事 を し な が ら 、 今 ま さ に 見 聞 き し て い る こ と を 同 時 に 語 っ て い る こ と に な る (24)。 こ れ は も ち ろ ん 原 理 的 に 不 可 能 な こ と だ が 、 こ の よ う な 不 可 能 な 語 り 、 あ る い は ﹃ 異 邦 人 ﹄ の よ う な 不 可 解 な 語 り に お い て は 、 語 り 手 は ど の よ う に し て 物 語 を 語 っ て い る の か 、 と い う 物 語 状 況 に か ん す る 問 い は 、 問 わ れ え ぬ 問 い な の で あ っ て 、 そ れ は 物 語 内 容 と 同 じ く や は り ﹁ 不 信 の 停 止 ﹂ の 対 象 な の で あ る 。 前 段 で 触 れ た 、 物 語 が 読 者 の 手 許 に 届 く ま で の 過 程 の 不 可 視 化 が 、 一 人 称 の 物 語 に お け る 、 語 り 手 = 登 場 人 物 に よ る 体 験 の 言 語 化 ↓ テ ク ス ト ↓ 書 籍 ↓ 読 者 に よ る 受 容 と い う 経 路 ︵ 図 7︶ に お い て テ ク ス ト が 出 版 さ れ る 以 降 の 部 分 が ブ ラ ッ ク ボ ッ ク ス に な っ て い る 状 態 で あ る と 考 え る な ら ば 、 こ の よ う な 不 可 能 な い し は 不 可 解 な 物 語 の 形 式 の 存 在 が 示 す の は 、 体 験 の 言 語 化 の 部 分 が ブ ラ ッ ク ボ ッ ク ス に な っ た も の と 考 え る こ と が で き る だ ろ う 。 フ ィ ク シ ョ ン の 伝 達 経 路 に お け る こ の よ う な ブ ラ ッ ク ボ ッ ク ス の 存 在 は 、 フ ィ ク シ ョ ン と い う 言 説 形 式 を 特 徴 づ け る 徴 候 の ひ と つ だ と い え る だ ろ う 。   本 稿 で は こ こ ま で 、 十 八 世 紀 イ ギ リ ス 小 説 の な か で も お も に ﹃ オ ト ラ ン ト の 城 ﹄﹃ ロ ビ ン ソ ン ・ ク ル ー ソ ー ﹄ の 二 作 の パ ラ テ ク ス ト に 見 ら れ る フ ィ ク シ ョ ン 的 な 仕 掛 け を 手 掛 か り に 、 十 八 世 紀 か ら 十 九 世 紀 に か け て の 文 学 的 ジ ャ ン ル と し て の フ ィ ク シ ョ ン の 成 立 過 程 を 追 い 、 さ ら に そ こ か ら 逆 照 射 さ れ る 形 で 明 図 7 フィクションの伝達経路

(10)

ら か と な る 、 現 代 に お け る フ ィ ク シ ョ ン の あ り 方 を 考 察 し て き た 。 本 稿 を 締 め く く る に あ た っ て 、 こ こ ま で の 議 論 の 向 こ う 側 に あ る 、 ど の よ う に フ ィ ク シ ョ ン を 論 じ る か と い う 点 に つ い て 、 今 後 の 展 望 も 含 め い く ら か の 補 足 を し 、 結 語 に か え た い 。   物 語 の 人 称 の 問 題 に は 前 章 で も 少 し だ け 触 れ た が 、 一 人 称 物 語 と 三 人 称 物 語 の あ い だ に フ ィ ク シ ョ ン 論 的 な 大 き な 断 絶 を 見 い だ し た の が 、 ケ ー テ ・ ハ ン ブ ル ガ ー の ﹃ 文 学 の 論 理 ﹄ ︵ 初 版 、 一 九 五 七 ︶ で あ っ た 。 ハ ン ブ ル ガ ー は 真 正 の フ ィ ク シ ョ ン を 三 人 称 の 物 語 に 限 定 す る 。 な ぜ な ら ば ハ ン ブ ル ガ ー に と っ て 、 フ ィ ク シ ョ ン を 決 定 づ け る 特 徴 と は 、 内 的 経 過 の 動 詞 ︵﹁ 考 え る ﹂﹁ 信 じ る ﹂﹁ 期 待 す る ﹂ ⋮ ⋮ ︶ や 体 験 話 法 ︵ 自 由 間 接 話 法 ︶ の 使 用 に よ っ て 、 語 る 主 体 の ﹁ 私 ﹂ −原 点 が 、 虚 構 的 主 体 の ﹁ 私 ﹂ −原 点 に 移 動 す る こ と で あ り 、 こ れ は 三 人 称 の 物 語 の み に み ら れ る 徴 候 だ か ら で あ る (25)。 フ ィ ク シ ョ ン の 本 質 規 定 を 言 語 的 徴 候 に み い だ そ う と す る ア プ ロ ー チ は 、 い っ て み れ ば テ ク ス ト 論 的 な ア プ ロ ー チ で あ っ て 、 そ の 意 味 に お い て 、 フ ィ ク シ ョ ン の 伝 達 経 路 に お け る ﹁ ブ ラ ッ ク ボ ッ ク ス ﹂ に そ れ を み い だ そ う と す る 、 本 稿 に お け る 筆 者 の プ ラ グ マ テ ィ ッ ク な ア プ ロ ー チ と は 一 見 位 相 が ず れ て い る よ う に み え る か も し れ な い が 、 ハ ン ブ ル ガ ー が 指 摘 す る 一 人 称 物 語 と 三 人 称 物 語 の 断 絶 が 、 本 稿 で み て き た よ う な 黎 明 期 の フ ィ ク シ ョ ン と も あ る 程 度 の 対 応 関 係 を も っ て い る こ と は 示 唆 的 で あ る 。 た と え ば 、 そ れ 自 身 が 事 実 の 記 録 で あ る こ と を 主 張 し た と い う 意 味 で フ ィ ク シ ョ ン と い う よ り は む し ろ ﹁ 噓 ﹂ に 近 い ﹃ ロ ビ ン ソ ン ・ ク ル ー ソ ー ﹄ と 、 本 文 の な か に 作 者 の 声 を も つ 語 り 手 が 現 れ フ ィ ク シ ョ ン で あ る こ と を み ず か ら 認 め て し ま う ﹃ ト ム ・ ジ ョ ウ ン ズ ﹄ と は 、 そ の 中 間 に 位 置 す る 現 代 の フ ィ ク シ ョ ン を は さ み 対 称 的 な 両 極 に あ る が 、 こ れ ら が そ れ ぞ れ 一 人 称 、 三 人 称 で 書 か れ て い る こ と は 象 徴 的 で あ る (26)。   十 八 世 紀 に お け る 一 人 称 形 式 が 手 記 や 書 簡 体 と い っ た い わ ば 純 粋 な 一 人 称 形 式 で 、 語 り 手 に よ る 物 語 行 為 、 そ の 物 語 状 況 が 明 示 さ れ な い 不 透 明 な 一 人 称 は 後 代 の 発 明 で あ る の と 同 様 、 こ の 時 代 の 三 人 称 も ま た 、 そ の お お く は 全 知 の 視 点 に よ っ て 語 ら れ る 素 朴 な 三 人 称 で あ り ︵ こ れ を ジ ュ ネ ッ ト が ︿ 焦 点 化 ゼ ロ ﹀ と 読 ん だ こ と は 示 唆 的 で あ る ︶ 、 そ こ で は 語 り の 原 点 は お お む ね 語 る 主 体 に お か れ て い る と 考 え ら れ る 。 ハ ン ブ ル ガ ー が 指 摘 す る よ う な ﹁ 私 ﹂ −原 点 の 移 動 を と も な う 三 人 称 の 語 り が 登 場 す る に は 、 語 り 手 が 前 景 か ら 後 退 し 、 そ の か わ り に 視 点 人 物 が 設 定 さ れ な く て は い け な か っ た 。 上 述 の 諸 関 係 を 作 業 仮 説 と す る な ら ば 、 純 粋 な 一 人 称 小 説 か ら 不 透 明 な 一 人 称 小 説 が 誕 生 す る 文 学 史 的 過 程 と 、 と き と し て 作 者 の 声 で 物 語 を 語 る 素 朴 な 三 人 称 小 説 か ら 、 物 語 世 界 内 に 視 点 を 定 め た 三 人 称 小 説 が 派 生 ・ 分 化 す る 過 程 と を た ど る こ と は 、 文 学 理 論 、 フ ィ ク シ ョ ン 論 の 今 後 の 興 味 深 い 課 題 と な る だ ろ う 。 (1)  本 論 文 の 内 容 は 、 二 〇 一 三 年 度 お よ び 二 〇 一 四 年 度 京 都 造 形 芸 術 大 学 特 別 制 作 研 究 費 に よ り 筆 者 が 行 っ た 英 国 図 書 館 ︵ Th e B riti sh L ib ra ry 、 ロ ン ド ン ︶ で の 調 査 に も と づ い て い る 。 こ の 調 査 を 可 能 に し て く れ た 大 学 お よ び 関 係 各 位 に こ の 場 を 借 り て 感 謝 申 し あ げ る 。 (2)  こ の 日 ウ ォ ル ポ ー ル は 、 友 人 ジ ョ ー ジ ・ モ ン タ ギ ュ ー に 、 手 紙 と と も に ﹁ 今 日 純 潔 ︹ m aid en he ad を 亡 く し た ば か り の ﹃ オ ト ラ ン ト の 城 ﹄﹂ を 同 送 し て い る ︵ W . S . L ew is an d R alp h S . B ro w n, Jr, (ed s.), Horace W alpole ’s Corr espondence with Geor ge Montagu , v ol. II. ︵ N ew H av en : Y ale U niv ers ity P res s, 1 94 1 ︶ p. 1 45 . ︶。 ま た 、 た と え ば ロ イ ズ ・ イ ヴ ニ ン グ ・ ポ ス ト 紙 ︵ 一 二 月 一 九 ︱ 二 一 日 号 ︶ に 掲 載 さ れ た 出 版 広 告 に も 、﹁ 月 曜 発 売 ﹂︵ 新 聞 の 発 行 日 か ら み て 翌 月 曜 日 が ち ょ う ど 二 四 日 に あ た る ︶ と あ る ︵ Lloyd ’s Evening Post , 1 9-2 1 D ec em be r, 1 76 4. ︶ (3)  ウ ン ベ ル ト ・ エ ー コ ﹃ 薔 薇 の 名 前 ﹄ 河 島 英 昭 訳 ︵ 東 京 創 元 社 、 一 九 九 十 年 ︶ 一 三 頁 。 な お 、 仏 訳 の 訳 者 と さ れ て い る ヴ ァ レ な る 修 道 院 長 に つ い て は 未 詳 だ が 、 マ ビ ヨ ン は 実 在 の 人 物 で あ る ︵ 一 六 三 二 ︱ 一 七 〇 七 ︶。 マ ビ ヨ ン は ベ ネ デ ィ ク ト 会 修 道 士 と し て 、 聖 ベ ル ナ ー ル ︵ ク レ ル ボ ー の ベ ル ナ ー ル 、 一 〇 九 〇 ︱ 一 一 五 三 ︶ な ど の テ ク ス ト の 校 訂 に あ た っ た 人 物 で あ る か ら 、 マ ビ ヨ ン が そ の 生 涯 の な か で 現 代 で は 未 詳 の 修 道 士 の 手 記 の 復 元 を 行 っ て い た と し て も 、 な ん ら 不 思 議 は な い の で あ る 。 (4)  同 書 、 一 一 頁 。 原 文 で は ﹁ N atu ral m en te, un m an osc ritt o. ﹂ 。﹁ m an osc ritt o ﹂ に は 手 稿 の 意 も 。︿ 私 ﹀ が 発 見 し た の が 印 刷 さ れ た 版 で あ る か ら ﹁ 手 記 ﹂ と 訳 出 さ れ て い る の だ と 考 え ら れ る が 、 原 文 は ︿ 私 ﹀ が 入 手 し た 版 の み な ら ず ア ド ソ に よ る 最 初 の 手 稿 か ら 連 な る テ ク ス ト の 連 鎖 に 言 及 し て い る の だ と 解 釈 す る こ と も で き る だ ろ う 。 (5)  エ ー コ の ﹃ 薔 薇 の 名 前 ﹄、 あ る い は 本 稿 で も の ち に 触 れ る デ フ ォ ー ﹃ ロ ビ ン ソ

(11)

ン ・ ク ル ー ソ ー ﹄ の よ う に 、 テ ク ス ト 本 体 が 手 記 で あ る こ と を そ の 序 文 が 主 張 し て い る 作 品 と し て は 、 ポ ー の ﹃ ナ ン タ ケ ッ ト 島 出 身 の ア ー サ ー ・ ゴ ー ド ン ・ ピ ム の 物 語 ﹄ が 思 い 浮 か ぶ が 、 エ ー コ 自 身 、 こ の 作 品 の 語 り の 構 造 に つ い て 分 析 を 行 っ て い る ︵ U m be rto E co , S ix W alk s in th e Fic tio na l W oo ds . ︵ C am bri dg e, M ass .: H arv ard U niv ers ity P res s, 1 99 4 ︶ pp . 1 7-2 0. ︶ ピ ム ﹄ は 最 初 そ の 一 部 が ﹃ サ ザ ン ・ リ タ ラ リ ー ・ メ ッ セ ン ジ ャ ー ﹄ 誌 に ポ ー 名 義 で 掲 載 さ れ た が ︵ 一 八 三 七 年 ︶、 翌 年 全 編 が 単 行 本 と し て 刊 行 さ れ た さ い に は 、 ピ ム 名 義 の 序 文 が 付 さ れ 、 そ こ で な ぜ 冒 頭 部 分 が ポ ー 名 義 で 出 版 さ れ た の か が 説 明 さ れ て い る 。 (6)  G éra rd G en ette , Seuils . ︵ Pa ris : S eu il, 19 87 p. 8 . 言 及 さ れ て い る ル ジ ュ ン ヌ の テ ク ス ト は 、 Ph ilip pe L eje un e, Le Pacte autobiographique . ︵ Pa ris : S eu il, 19 75 p. 45 . (7)  H ora ce W alp ole , N ick G ro om (e d.) , Th e C ast le of Ot ra nt o. ︵ O xfo rd : O xfo rd U niv ers ity P res s, 20 14 p. 9. 文 は 、 ウ ォ ル ポ ー ル ﹃ オ ト ラ ン ト の 城 ﹄ 井 出 弘 之 訳 、 ゴ シ ッ ク 叢 書 27︵ 国 書 刊 行 会 、 一 九 八 三 年 ︶ 五 頁 に よ る 。 (8)  た だ し お そ ら く は 意 図 的 な 改 変 が 加 え ら れ て い る ︵ W alp ole , o p. cit ., p p. 11 3-11 4. ︶ (9)  英 国 図 書 館 に 収 蔵 さ れ て い る 諸 版 の う ち 、 ロ ン ド ン で 出 版 さ れ た 版 の み を 記 載 し た 。 表 に み る と お り 、 一 七 六 九 年 の マ レ イ 版 第 三 版 以 降 、 一 七 八 二 年 の ド ズ リ ー 版 第 四 版 ま で の あ い だ ︵ 一 三 年 間 ︶ の 版 は 英 国 図 書 館 に は 収 蔵 さ れ て い な い の だ が 、 他 の 図 書 館 の 目 録 を み て も 同 様 で あ る 。 (10)  テ ク ス ト の 出 自 に か ん し て は ﹁ 噓 ﹂ だ が 、 そ の 内 容 に つ い て は 、 序 文 の 語 り 手 で あ る ﹁ 訳 者 ﹂ マ ー シ ャ ル は 、﹁ 作 中 の 仕 掛 け 絡 繰 り は 創 作 で あ り ︹ th e m ac hin ery is in ve nti on︺、 登 場 人 物 の 名 前 は 架 空 の も の で あ る が 、 し か し 私 は 、 物 語 の 基 礎 的 下 地 は 真 実 に 基 ず く も の で あ る と 信 じ な い 訳 に は い か な い ﹂ と 述 べ て い る ︵ W alp ole , op. cit ., p . 8 . 訳 文 は 、 ウ ォ ル ポ ー ル 前 掲 書   八 頁 に よ る ︶。 事 実 を も と と し て い る こ と の 例 証 と し て 挙 げ ら れ て い る の は 、 オ ト ラ ン ト 城 の 描 写 が 写 実 的 で あ る こ と だ か ら ︵ オ ト ラ ン ト 城 は イ タ リ ア 、 プ ー リ ア 州 に 実 在 す る ︶、 マ ー シ ャ ル は 物 語 の 内 容 に つ い て は フ ィ ク シ ョ ン で あ る こ と を 認 め て い る と 考 え て よ い だ ろ う 。 (11)  十 八 世 紀 な い し は そ の 前 後 の 時 代 に お い て 匿 名 出 版 が 遍 在 的 で あ っ た こ と は 、 一 八 八 二 年 に 出 版 が 始 ま っ た 四 巻 本 の ﹃ 英 国 匿 名 ・ 偽 名 文 献 事 典 ﹄ ︵ Sa m ue l H alk ett a nd R ev . J oh n L ain g, A Dictionary of the Anonymous and Pse udony mous Lit erat ur e of Gr eat B ri tai n. ︵ Ed in bu rg h: W illi am P ate rso n, 18 82 -88 が 、 索 引 を の ぞ い て も 二 八 〇 〇 ペ ー ジ を 超 え る 大 部 で あ っ た こ と か ら も う か が え る 。 ジ ョ ン ・ マ ラ ン に い わ せ れ ば 、﹁ 今 日 英 文 学 と さ れ て い る も の の 相 当 の 部 分 は 、︹ ⋮ ⋮ ︺ も と は と い え ば 著 者 の 名 前 な し に 出 版 さ れ た も の か ら 成 り た っ て い る ﹂ の で あ る ︵ Jo hn M ull an , Anonymity: A Secr et History of English Literatur e. ︵ Lo nd on : F ab er a nd F ab er, 20 07 p. 4 . ︶。 (12) 

London Evening Post

, 1 1 J uly , 1 76 7. (13)  Observer , 8 Ja nu ary , 1 79 7. (14)  TT he Lo nd on C ata log ue of Bo ok s in All La ng ua ge s, Ar ts an d Sc ien ce s, Th at H av e Been Printed in Gr

eat Britain, since the Y

ear M.DCC. ︵ Lo nd on , 1 77 3 ︶ . (15)  [D an iel D efo e, ] The Life and Strange Surprizing Adventur es of Robinson Crusoe, of

York, Mariner etc

. ︵ Lo nd on : W . T ay lor , 1 91 9 ︶ . (16)  D an iel D efo e, T ho m as K ey m er (ed .), Robinson Crusoe . ︵ O xfo rd : O xfo rd U niv ers ity Pre ss, 20 07 p. 3 . (17)  [D an ie l D ef oe , ] The Farther Adventur es of Robinson Crusoe, etc ., 2n d. ed . ︵ Lo nd on : W . T ay lo r, 17 19 p. ii. 文 は 、 デ フ ォ ー ﹃ ロ ビ ン ソ ン ・ ク ル ー ソ ー ﹄ 武 田 将 明 訳 ︵ 河 出 文 庫 、 二 〇 一 一 年 ︶ 四 四 三 頁 に よ る 。 (18)  R ob ert M ay er, History and the Early English Novel: Matters of Fact from Bacon to Defoe. ︵ C am bri dg e: C am bri dg e U niv ers ity P res s, 1 99 7 ︶ p. 1 82 . メ イ ヤ ー が 言 及 し て い る シ ー ル ズ の コ メ ン ト は 、 シ ー ル ズ が 同 時 代 の 俳 優 シ オ フ ィ ラ ス ・ シ バ ー の 名 義 で 書 い た と 目 さ れ る 、﹃ 詩 人 伝 ﹄ に み ら れ る ﹁﹃ ロ ビ ン ソ ン ・ ク ル ー ソ ー ﹄ は 大 部 分 の 読 者 に は 、 出 版 後 し ば ら く は 真 実 の 物 語 と 考 え ら れ て い た ﹂ と す る も の ︵ Th eo ph ilu s C ibb er, The Li ve s of the poe ts of Gr eat B ri tai n and Ir eland. ︵ Lo nd on , 1 75 3 ︶ vo l. i v, p . 3 22 . ︶. (19)  K ate L ov em an , R ea din g Fic tio ns, 16 60 -1 74 0: D ec ep tio n in En gli sh Lit era ry an d Political Cultur e. ︵ A lde rsh ot: A sh ga te P ub lis hin g, 2 00 8 ︶ p. 1 43 . (20)  C lar a R ee ve an d H ora ce W alp ole , The Old English Bar on an d the Castle of Otranto . ︵ Lo nd on : J. W alk er, etc ., 1 80 8 ︶ . (21)  H ora ce W alp ole , The Cas tle of Otranto . ︵ Ed in bu rg h: J. B all an ty ne an d C o., etc .,

(12)

18 11 ︶. (22)  D an iel D efo e, The Li fe and A dventur es of Robinson Crusoe , 2 v ols . ︵ Lo nd on : H arr iso n a nd C o., 17 81 ︶. 最 初 の 二 作 を 収 め た 二 巻 本 。 編 者 に よ る も の と さ れ た 序 文 も デ フ ォ ー 名 義 に な っ て い る 。 (23)  D efo e, Robinson Crusoe , p . 3 . 訳 文 は 、 デ フ ォ ー   掲 書   七 頁 に よ る 。 (24)  語 り が 行 わ れ て い る ﹁ 時 ﹂ の 問 題 に か ん し て の 詳 細 は 、 拙 論 ﹁ 物 語 に お け る ︿ 時 間 ﹀ を め ぐ っ て ﹂﹃ G EN ES IS 第 17号 ︵ 京 都 造 形 芸 術 大 学 、 二 〇 一 三 年 ︶ を 参 照 さ れ た い 。 (25)  ケ ー テ ・ ハ ン ブ ル ガ ー ﹃ 文 学 の 論 理 ﹄ 植 和 田 光 晴 訳 ︵ 松 籟 社 、 一 九 八 六 年 ︶ 六 六 ︱ 六 七 頁 。 な お 邦 訳 は 原 著 第 三 版 ︵ 一 九 八 〇 年 ︶ に よ る 。 (26)  こ れ に は も ち ろ ん 例 外 も お お く あ る 。 本 稿 で そ の 名 を 挙 げ た も の で い え ば ﹃ ロ デ リ ッ ク ・ ラ ン ダ ム の 冒 険 ﹄ が そ れ に あ た る 。

(13)

   This paper aims at reexamining the development of the novel in the eighteenth century England, through an analysis of paratextual information given on title pages, prefaces and so on.

   It is quite well-known that Horace Walpole’s The

Castle of Otranto (1764), often quoted as the first gothic

novel, was first published under the guise that it is a translation by a William Marshall of the original Italian text written by an Onuphrio Muralto. In the second edition, the names of these two were removed from the book and Walpole in his preface revealed that the actual author was he and explained why he had published the first edition pseudonymously. Interestingly, however, the names of Marshall and Muralto reappeard on the title pages of the third editions (there are two actually) and remained there until Walpole’s name replaced them in the 1810s. Advertisements on the newspaper for these editions also bore the names of Marshall and Muralto. This process roughly overlaps the development of the novel as a fictional form.

   Defoe’s Robinson Crusoe (1719) is another example of pseudonymously published 18th century novels; its title page argued the text was written by Crusoe himself. In the same year Charles Gildon published The Life and Strange

Surprizing Adventures of D ─── De F ── and disclosed

that Defoe was the actual author. Defoe’s counteraction was to defend the factualness of the original book in the prefaces attached to the second and the third books of Robinson Crusoe (i.e. Farther Adventures and Serious

Reflections). In this case, the pseudonymous use of the

narrator’s names implies that the narrated contents are factual.

   From the examinations of the roles prefaces played in these cases of pseudonymous publication, this paper derives the following observations: 1) the requirements for prefaces for novels, which explained (though fictionally) how texts have come to be published, were much stronger in the days when the social conventions surrounding fiction were about to be established; 2) in addition to the lack of prefaces, the use of more complex

narrative methods make opaque how readers come to read someone’s stories. This opaqueness is one of the key features that mark works of fiction.

A Paratextual Study on the Eighteenth Century English Novels:

From a Fictional Point of View

図 6 『ロビンソン・クルーソー』における序文と本文の関係

図 6

『ロビンソン・クルーソー』における序文と本文の関係 p.8

参照

Updating...

関連した話題 :

Scan and read on 1LIB APP