2016年度計算数学Ⅰ 最終レポートについて

Loading....

Loading....

Loading....

Loading....

Loading....

全文

(1)

2016 年度計算数学Ⅰ

最終レポートについて

2016/06/23 一井信吾

課題

数学の問題を設定し、ソフトウェアを用いてそれを解く。

● 新作に限る。二重投稿不可。

● 「数学の問題」として何を選ぶかは自由。

○ ただし、数値解析アルゴリズムの実装は対象外とする。数値解析との重複を

避けるため。

● 「ソフトウェアを用いて解く」のは以下のいずれか。

○ 数学ソフトウェアを用い、その機能を活用して解く。

○ スクリプト言語用の数学パッケージ・ライブラリを用い、その機能を活用し て解く。

「数学ソフトウェア」「数学パッケージ・ライブラリ」は広く解釈する。例えば機械学習や、 統計・制御・最適化なども含む。MathLibre に入っているものでも、入っていないものでも よいが、この 4 月以降に初めて触れたものを選ぶのが望ましい。

提出物

レポート本体(PDF ファイル)

● 設定した課題、用いたソフトウェアの説明、解法と結果、今後の展望を含めること ソースコード、スクリーンショットなど(必要に応じて)

提出方法など

Updating...

参照

Updating...

関連した話題 :