大学等との連携事業 平成23年度 教育委員会事務点検評価報告書 狭山市公式ウェブサイト

Full text

(1)

04 - 2953

環境配慮

実施形態

参加者 対 近距離 移動 際 自動車 使用を え う 呼び け い

( )

事務事業 目的 容

経 費

人件費

個 別 評 価

必 要 性

効 率 性

連携大学数

前 年 度

東京家政大学 連絡協議会を設置 連携を図 他 大学や高校 含 公開講 情報を

市 掲載 ポ タ やチ い 公民館図書館集会所等 置い 周知を図

狭山 ニ コ ュニテ カレッ 授業 一部を市 外 大学 委託

容 見直

前 方向性評価

前 年 度

目的 妥当性

市民ニ 対応

市 関与 必要性

市 担 必要性

活動目標 達成

成果 向

位施策 献

市民サ ビ 向

1,156

1,494

市 外 大学 公開講 市民 周知 狭山 ニ コ ュニ

テ カレッ 一部委託等を通 具体的 連携を図 連携

一層 進を図 いく必要 あ

評価

事務事業 評価

有 効 性

項目 評価理由

大学等 連携 大学等 有 学習資源 活用を図 こ 生涯学習

機会や場 充を通 生涯学習 進 大 く寄与 あ

◆第一次評価 担当課 評価

評価 視点

2

成 果 指 標

成 果 区分

3

実績値

区分 単位

(

活 動 指 標

実 施 状 況

実績値

活動 容

段前 方向性 対

改善活動

5,265

事業開始 背景等

生涯学習 対 市民 関心 高 呼応 い こ 学ぶこ 環境を整

備 市 大学等 連携 学習機会 場 充を図 こ あ

連携大学あ 経費

指標名

単位コ ト

効率性 指標

事業費計直接費決算額+人件費

目的

対象

連携学校法人数 指標名

事務事業 実施状況 成果

市 大学等 連携を図 生涯学習 機会や場を 充

3

目標値 達成率

1,755

従事職員数

人件費従事職員数× 均給与

他特定 源

一般 源

校 千

3

生涯学習 機会や場 充

生涯学習 進

生涯学習 振興

千 - 1111 線 5673

2

2,477

2,023

1,978

実施期間

総合振興 計画

位置 け

事業区分 実施根

3,468

0.27

1,439

0.22

0.22

1,445

1,010

3,287

単位

事務事業 基本事項

教育委員会事務点検評価

実施事務事業

評価表

事業費

整理番号

3

事務事業

名称

1,445

予算額 区分

直 接 費

決算額

1,010

1,445

1,010

目標値 人 達成率

目標値

75.0%

4

4

75.0%

2,988

3

達成率 実績値 達成率

連携方策等 い 検討を行

※ 単位当

経費

2,788

2,788

章 成 17

千 源

国県支出金

個別計画等 名称

千 千

他学識経験者 意見等

4

目標値 実績値

50.0%

生涯学習部 社会教育課

担当部課

生涯学習基本計画 目

大学等

連携事業

電 番号

4

大学等 公開講 い ポ タ 掲示や 掲載

留 い 大学等 生涯学習 進 一定 役割を果 こ 求

一層 連携を図 いく必要 あ

< 段階評価>    :極めて高い  :高い  :普通  :低い  :かなり低い

目標値 根 考え方

市 学校法人数 市外

契約学校法人数 1

1 2

大学 短期大学 高校

社会教育法

実施計画 H22~24

事業名

5 人を育 文化を創造 を

大学 連携事業 講 委託 いう部分 限定 い 新 連携 容連携方法を検討 時期 来

い い 市 大学 複数校存在 いう 大 資源 あ 協力 活用を図 あ う

大学側 ット あ 事業 あ わ 数値目標 達成率 % 連携 在 方

い 当 大学 十分 検討を進 必要 あ う

手段 最適性

コ ト効率 向

受益者 担 適正化

執行体制 効率化

前 年 度

今後

方向性 既存 連携 い 充を図 新 連携方策 確立を図 生涯学習 機会や場 充実を図

いく

直営 全部委託 一部委託 補助・負担 その他

内容の見直し 抜本的見直し 廃止 休止 完了

指定管理

Figure

Updating...

References

Updating...

Download now (1 pages)