平成25年度当初予算編成方針【概要】

Full text

(1)

引 続 復旧・復興を最優先 歩みをさ 加速

新・市総合計画後期基本計画の着実 推進

将来 わた 持続可能 行財政運営の確立

成平5

度予算編成方針の概要

 国の状況

  気ンンン復興需要 海外経済状況 改善 伴い 気回復へ 期待 ら 世界 気 振れ 等 モケク あり 収益や所得 動向等 注意 必要

財政ンンン歳出 税収を 回る状態 恒常的 持続 長期債務残高 増加 る 財政状況 大 く悪化 た 中期財政フヤヴム 定 られた歳出 大枠を遵 日本再生戦略 を踏 え 予算 大幅 組 え より 成長 財政健全化を両立

 県の状況 復興計画 基 く一日 早い復興ン再生 実現 人口減少や高齢化問 へ 対応 た 必要 事業 重点的 予算配分

○本市財政 見通 一般財源 確保 引 続 厳 い状況 ある 復旧ン復興事業 推進を 社会保障関係経費 増加 る 多 財政需要 見込 れる ら 大幅 財源不足 直面 財 政調整基金を取り崩 対応せ るを得 い状況

○ 成平5 度予算 厳 い財政状況 あ 復旧ン復興を 優先 取り組 新ン市総 合計画後期基本計画 掲 る ち くりを着実 進 ら 将来 わたり持続可能 行財政運営を目指 市民福祉 増進 将来世代へ 責任を同時 果た 収支 均衡を図るた 新ン市総合計画後 期基本計画 掲 た財政目標 基金保有 市債残高 達成を図る 重要 ある 認識

復旧ン復興へ 取組 財政 健全化を両立 せる を基本 編成

  度間の見通し 立った通 予算として編成  要求基準

義務的経費 人件費 扶 費 公債費 ※実施計画事業を除く ン所要

経常的経費 経常的 事務事業 執行 要 る経費や施設管理 要 る経費等

ン枠配分方式 維持補修費 い 平4 度当初予算計 そ 他 経費 い 成平4 度 当初予算計 ら3%削減 た 合計 を要求 限 一般財源ベヴケ

政策的経費 新ン市総合計画実施計画事業 係る経費 ン復興事業 い 所要 る

ン ち くり事業 い 枠配分方式 実施計画 事業 一般財源 を基準 通建 設事業 うち 補 事業 い 基準 ら10%削減 た 単独事業 い 基準 ら平0%削 減 た 通建設事業以外 経費 基準 積算 た を 部等 合計 た を要求 限 一 般財源ベヴケ

臨時的経費 新ン市総合計画実施計画 位置 い投資的経費及び指定事業 要 る経費 ン所要

   国・県の状況

   予算編成の基本的考え方

   予算編成の骨子 Point

~復興の槌音 響 渡

市民 ふ さと・いわ の 復興・再生を実感~

 各部の主体的 取組を推進

市民サヴビケ 現場 ある各部等 時代 即 た行政課 や多様化ン複雑化 る市民ニヴゲを 的確 捉えた事業 再構築 取り組 自主的ン 主体的 事業 重点ン選別化を積極的 推進

 事業の選択と集中を推進

真 必要 市民ニヴゲ 応えるた 既存事 業 い 積極的 事業効果 検証を行い ゼ ュベヴケ 視点 立ち ら 事業 選択 集中 を推進 限られた財源 適投資を追求

 復旧・復興の推進と財政の健全化を両立

復旧ン復興を着実 推進 るた 国県等 特定財源を積極的 活用 るほ 財政目標 留意 基金原資 取崩 や退職手当債 活用 あらゆる方策を講 財源 確保

新ン市総合計画後期基本計画 掲 る定員目標 達成 向 職員数 適正化 る 行財 政 簡素ン効率化や経費 節減ン合理化を図り ら 財政 健全化を推進

 復旧・復興を最優先

復旧ン復興へ 取組を 優先 市民 全ン 心を 大限 確保 震災前 増 活力 満 ち溢れた 世界 誇る復興再生モデャ る持続可能 ち いわ を創るた 市復興事業計画 基

Figure

Updating...

References

Updating...

Download now (1 pages)