[投影資料] CV 草薙邦広のページ 草薙LET2013

56 

Loading....

Loading....

Loading....

Loading....

Loading....

全文

(1)
(2)

本日 資料を ウンロード

https://sites.google.com/site/kusanagikuni/home/cv

(3)
(4)
(5)

一定 知識 持

そ そ

形容詞 連鎖

産出 少

多様性 殆

(6)
(7)
(8)

学習者 文法知識

明示的知識

暗示的知識

(9)

文法知識

下位

(10)

し し

実際 文法 パフ ーマン

(11)

文法習得

様々 観点

フラ ン/ ンラ ン

産出/理解

言語現象 レベル

形態素

語彙

統語

意味

(12)

On-line

Off-line Reception Production

Morphological

Lexical

Semantic

Syntactic (phrasal)

(13)
(14)

(15)

主 文法習得研究

形態素習得研究

産出,形態素, フラ ン

従来 生成文法 基

プロー

産出・理解,統語 句構造 , フラ ン

処理可能性理論

産出,句構造的, フラ ン

学習者 ーパ

記述的研究

産出,句構造的・慣習的

ロ ー ョン

, フラ ン

ンラ ン文処理研究

(16)

し し…

し し

周辺的

いわ

,意味的,

慣習的 文法現象

(17)

意味的制約

習得

語彙 意味的特性

文法現象

句構造的制約

影響 少

屈折

形態統語レベル 影響 少

し し

慣習的

,項目学習的

文脈

談話的 依存性 少

想定

関連要因

母語 影響

無意識的・確率論的・パ ーン形成的学習

(18)

英語

名詞前位形容詞 順序

名詞前位形容詞 複数名詞 先行

場合,形

容詞

意味的 テ リー

順序 制約

Martin, 1969; Wulff, 2003; Kemmermer, 2000, Kemmerer, Tranel, Zdanczyk, 2009)

Semantic

Class [VALUE] [SIZE] [DIMMENTION] [PHYS.PROP] [COLOR]

(19)

a.

A nice

[VALUE]

small

[SIZE]

cup

b.

??

A small

[SIZE]

nice

[VALUE]

cup

(20)

L1

関連研究

制約 逸脱 不自然 表現

フラ ン 判断課題

成績 大

影響

e.g.,

Danks & Glucksberg, 1971; Danks & Schwenk, 1974

自己ペー 読 課題 読解時間 影響

Kennnison, 2010

(21)

L2

関連研究

他言語 比べ英語

研究 少 い

Androutsopoulou,

レspañol

-

レchevarrはa

, and

Prにvost

(2008)

→デ ペ ン語・ フラ ン・受容

Long, Inagaki, and Ortega (1998)

→デ日本語・ ン

ラ ン・産出 リ ャ ト 効果

Kusanagi (2013)

→デ

Binominals

名詞

順序・ ンラ ン・受容

Kusanagi (to appear)

→英語名詞前位形容詞

(22)

Kusanagi (2013)

日本語

母語

英語学習者

等位接続

名詞句 名詞 順序

処理

英語

高度

意味的・音韻的・慣習的

規則

等位接続名詞句

名詞 順序 選好

性 存在

Man and woman / woman and man

選好

順序 逆順

提示

フレー 性判断

(23)

Kusanagi (to appear)

日本語

母語

高熟達度英語学習者

形容詞 順序 関

制約 知識

フラ ン・

ンラ ン両方

検討

フラ ン

紙面

順序 選択課題

非常 高

正答率

ンラ ン

自己ペー 読 課題

読解時間 比較

(24)
(25)
(26)
(27)

本研究 検討事項

日本語

母語

英語学習者 作文

形容詞 前位

名詞句表現

Adj + Adj +N

産出傾向

産出量 多様性

高頻度表現

母語話者

比較

意味的 テ リー

見 場合,学習者

パ ーン 表現

産出

パ ーン毎 集計

(28)

対象

学習者 ーパ

NICE

(Nagoya Interlanguage Corpus of English, ver. 2.0.1;

杉浦

, 2008)

– 日本語を母語 英語学習者 大学生,大学院生 343名 デー

– 一時間 ッ ラ テ ン 辞書 し

– トピッ 11種

– 同規模・同条件 母語話者 ーパ 付属

ICNALE (The International Corpus Network of Asian

Learners of ENGLISH, ver. 2.0; Ishikawa, 2013)

– 10 国 大学生,2,600名 デー

– 付加情報 豊富 ,中間言語対照分析 非常 適し い

– トピッ 2種類 限定

– 母語話者 デー 付属

(29)

手順

1

全体的 産出傾向

1.

品詞情報を利用し 表現 抽出

1. GoTagger, LEXICON-BROWN-AND-WSJ

2. NICE-NNS, NICE-NS, ICNALE-JPN, ICNALE-NS

3.

抽出条件:品詞指定

形容詞

+

形容詞

+

名詞

2. 4

種 デー 毎

type, token, TTR, GI

算出

(30)

手順

2

形容詞 順序

パ ーン分析

1.

意味的 テ リー

先行形容詞 後行形容

連鎖パ ーン 分析

NICE-NNS vs

NICE-NS

2.

意味的 テ リー 付与

著者 研究協力者 言語学を専門

大学院生

判断

30% type

形容詞

け 意味的 テ リー付与

単純一致度

89%

意味的 テ リー

– 定型表現,限定詞・数量詞,主観,大小,所属,年齢・新旧,目 的,色,材料

(31)
(32)
(33)

0 2 4 6 8 10 12 14 16 18

L2 L1 L2 L1 NICE ICNALE

Total Words n Adj + Adj + N

Token Type TTR GI

NICE L2 117,229 342 355 186 0.524 9.872

L1 114,559 200 289 271 0.938 15.941

ICNALE L2 90,333 400 132 67 0.508 5.832

L1 45,121 200 181 176 0.972 13.082

0.0 0.2 0.4 0.6 0.8 1.0 1.2

L2 L1 L2 L1 NICE ICNALE

(34)

124 junior high school

8 senior high school 8 junior high schools 6 many Japanese people 5 other foreign languages

4 Japanese educational system 3 many good points

3 many elementary school 3 limited natural resources 2 sad criminal news

5 junior high school 3 senior high school 3 good old days 2 whole new world

2 traditional Japanese society 2 senior high schools

2 public elementary schools 2 past few years

2 past few decades 2 other mental illness

NICE L2 NICE L1

(35)

産出傾向

そ そ

学習者 母語話者

産出 多様性

ーパ 間 差

し し

トピッ 依存的 定型表現

非常 多用

制約 順守 基

自由 産出

いう

,親密

既知表現 多用 回避 ?

学習者

ラ テ ン

全体的 一般的

(36)
(37)

デー

要約手段

パ ーン 可視化

対応

2

種類

テ リ ルデー

先行形容

テ リー・後行形容詞

テ リー

連続

的デー

頻度

三次元デー

縦軸 先行形容詞 種類 ,横軸 後行形容詞

種類 ,座標

色 頻度

(38)
(39)
(40)
(41)
(42)
(43)
(44)

パ ーン 分析

形容詞 順序 パ ーン

L1 L2

類似

し い

L2

所属 関

順序 誤

事例

Japanese traditional sports

Japanese professional baseball (player)

Japanese famous baseball (player)

Japanese

誤用 殆

所属 関

単一 書 手

(45)
(46)

知識 有無

逸脱 非常 多

いえ

,熟達度

母語

影響

調査

産出自体 少

自由英作文

調査

限界

今後,口頭 誘出

口頭模倣課題

予定

し し

Adj+Adj+N

産出

多様性

,母語

話者 圧倒的 差

同時 口頭 受容

高いパフ ーマン

示 為,

知識自体 有

,産出

母語話者

同等 利用 可能

いう

可能性 否定

EFL

為, ンプット 不足

し い

(47)

定型表現 全体処理

定型表現

処理

句 ,順序 制約 関

知識 諮

全体

処理

,誤用

,学習者 ーパ

プロ

ト 量的

分析

, 学習者 認知的 側面

定型

表現

区別

しい

句産出 全体処理 関

今後 ー入力記録

テム

産出単位 分析

文法習得 研究

(48)

母語 影響

意味的転移

Jiang, 2000

二言語心的辞書モデ

Kroll

今後,

中間言語対照分析

他言語

母語

学習者 デー

比較

圏 関し

ICNALE

し し,

各個別言語

言語的記述 比較的豊富

,理論的基盤

形成

知見 乏

しい

心的 言語間 対応

見 為

個人 バ リン

ル産出デー

翻訳課題

,同条件

(49)
(50)

一定 知識 持

考え

そ そ

形容詞 連鎖 産出 少

多様性 殆

(51)

今後,

基礎的調査

基盤

・ ー入力記録

テム

分析

・口頭模倣課題

分析

(52)

References

• Androutsopoulou, A., Español-Echevarría, M., & Prévost, P. (2008). On the acquisition of the prenominal placement of evaluative adjectives in L2 Spanish. In Selected proceedings of the 10th Hispanic linguistics symposium.

Somerville, MA: Cascadilla (pp. 1-12).

• Danks, J. H., & Glucksberg, S. (1971). Psychological scaling of adjective orders. Journal of Verbal Learning and Verbal Behavior, 10, 63-67.

• Danks, J. H., & Schwenk, M. A. (1974). Comprehension of prenominal adjective orders. Memory & Cognition, 2, 34-38.

• Jiang, N, (2000). Lexical representation and development in a second language. Applied linguistics, 21, 47-77.

• Kennison, S. (2010). Processing prenominal adjectives during sentence comprehension. Perceptual and Motor Skills, 111, 141–157.

• Kemmerer, D. (2000). Selective impairment of knowledge underlying prenominal adjective order: Evidence for the autonomy of grammatical semantics. Journal of Neurolinguistics, 13, 57-82.

• Kemmerer, D., Tranel, D., & Zdanczyk, C. (2009). Knowledge of the semantic constraints on adjective order can be selectively impaired. Journal of

neurolinguistics, 22, 91-108.

(53)

References

Kusanagi, K. (2013). Second language learners' online processing of

asymmetric formulaic sequences: A preliminary study focusing on

English N and N phrases.

LET Journal of Central Japan

,

24

, 15-24.

Kusanagi, K. (to appear). Measuring Japanese EFL learners implicit

knowledge of semantic constraints: A case of English prenominal

adjective orders.

38

回全国英語教育学会北海道研究大会

.

北星学園大

. [

口頭発表

]

Long, M. H., Inagaki, S., & Ortega, L. (1998). The role of implicit

negative feedback in SLA: Models and recasts in Japanese and

Spanish.

The Modern Language Journal

,

82

, 357-371.

Martin, J. E. (1969). Semantic determinants of preferred adjective

order.

Journal of Verbal Learning and Verbal Behavior

,

8

, 697-704.

Wulff, S. (2003). A multifactorial corpus analysis of adjective order in

English.

International Journal of Corpus Linguistics

,

8

, 245-282.

(54)

Corpora

NICE:

杉浦正利

2008

英語学習者

ロ ー ョン

知識 関

基礎的研究

平成

17

19

年度

科学

研究費補助金

基盤研究

(B)

研究成果報告書

,

課題

番号

17320084

http://sugiura5.gsid.nagoya-u.ac.jp/~sakaue/nice/index.html

ICNALE: Ishikawa, S. (2013). The ICNALE and

sophisticated contrastive interlanguage analysis

of Asian learners of English. In Ishikawa, S. (Ed.),

Learner Corpus Studies in Asia and the World

Vol.1 (Kobe University)

, 91-118.

http://language.sakura.ne.jp/icnale/

(55)
(56)

定型 限定詞・数量 主観 大小 所属 年齢・新旧 目的 材料 合計

定型 6 0 0 0 0 0 0 0 0 6

限定詞・数量 7 3 34 9 5 3 1 0 1 63

主観 8 1 7 1 7 1 1 1 1 28

大小 1 0 1 0 1 1 0 0 0 4

所属 7 2 5 1 2 0 0 0 0 17

年齢・新旧 6 0 1 0 2 2 0 0 0 11

目的 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0

色 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0

材料 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0

Updating...

関連した話題 :