事業報告書 平成19年度財務諸表等 | 独立行政法人 日本芸術文化振興会

全文

(1)

9事業

日~

独立行政法人日本芸術文化振興会

(2)

目片

片 国民の皆様へ …

片 基本情報

. 法人の概要 …

. 事務所等の所在地 …

. 資本金の状況 …

. 役員の状況 …

. 常勤職員の状況 …

. 審議等機関 …

. 組織図 …

片 簡潔 要約された財務諸表

. 貸借対照表 …

. 損益計算書 …

. キャッシュンフロヴ計算書 …

. 行政サヴビス実施コスト計算書 …

片 財務情報

. 財務諸表の概況 …

. 施設等投資の状況 重要 もの …

. 予算ン決算の概況 …

. 経費削減及び効率化目標との関係 …

. 関連会社及び関連公益法人 …

片 事業の実施状況等

. 財源構造 …

. 芸術文化活動 対する支援 基金事業 …

. 伝統芸能の公開及び現代舞台芸術の公演 公演事業 …

. 伝統芸能の伝承者の養成及び現代舞台芸術の実演家その他の

. 関係者の研修 研修事業 …

. 伝統芸能及び現代舞台芸術 関する調査研究の実施並び

. 資料の収集及び活用 調査研究事業 …

. 劇場施設の利用 施設利用事業 …

. 附帯する業務 …

. 業務運営の効率化 …

. 国立劇場おき わ及び新国立劇場の管理運営の委託 …

(3)

国民の皆様へ

本事業報告書 独立行政法人日本芸術文化振興会 以 振興会 という の概要 当

お る事業の経過及びその成果 事業の 進のた 克服す き当面の主要 課題と対処方針並び 今

の計璽等を国民へのスゾヴトベルトと 載するもの す

基本情報

. 法人の概要

目的及び事業

独立行政法人日本芸術文化振興会 芸術家及び芸術 関する団体 行う芸術の創造又 普及を

図るた の活動その他の文化の振興又 普及を図るた の活動 対する援 を行い あわ

国 来の伝統的 芸能の公開 伝承者の養成 調査研究等を行い その保 及び振興を図るとと

も 国 お る現代の舞台芸術の公演 実演家等の研修 調査研究等を行い その振興及び

普及を図り も 芸術その他の文化の向 寄 する とを目的と い す 独立行政法人日

本芸術文化振興会法第 条

の目的を達成するた 次のよう 事業を行 い す

. 芸術文化活動 対 援 を行う と

. 伝統芸能の公開及び現代舞台芸術の公演を行う と

. 伝統芸能の伝承者の養成及び現代舞台芸術の実演家その他の関係者の研修を行う と

. 伝統芸能及び現代舞台芸術 関 調査研究を行い 資料を収集 利用 供する と

. 劇場施設を以 の事業と 様の目的を暼する事業の利用 供する と

. その他以 の事業 附帯する業務を行う と

沿片 革

暻日 事項

昭和 暻 日

昭和 暻 日

昭和 暻 日

昭和 暻 日

昭和 暻 日

昭和 暻 日

成 暻 日

成 暻 日

成 暻 日

成 暻 日

成 暻 日

成 暻 日

成 暻 日

国立劇場法公

特 法人国立劇場設立

国立劇場 本館大 劇場 の開場 千代璴区隼璼

国立演芸資料館 国立演芸場 の開場 本館隣接地

国立能楽堂の開場 渋谷区千駄ヶ谷

国立文楽劇場の開場 大阪 中央区日本橋

芸術文化振興基金の設置

特 法人日本芸術文化振興会 称変更

新国立劇場の開場 渋谷区本璼

舞台美術コルシヴ資料館の開設 千葉 銚子

独立行政法人日本芸術文化振興会法公

伝統芸能情報館の開館 本館敷地

独立行政法人 移行

(4)

設立の と る法

ン片 独立行政法人通則法 成 暻 日法 第 号 以 通則法 という

ン片 独立行政法人日本芸術文化振興会法 成 暻 日法 第 号 以 振興会法 という

主務大臣

文部科学大臣 振興会法第 条

. 事務所等の所在地

■片 独立行政法人日本芸術文化振興会

国立劇場本館大 劇場ン国立演芸場ン

伝統芸能情報館ン芸術文化振興基金

〒 片 東京都千代璴区隼璼 番 号

■片 国立能楽堂

〒 片 東京都渋谷区千駄ヶ谷 目 番 号

■片 国立文楽劇場

〒 片 大阪府大阪 中央区日本橋 目 番 号

■片 国立劇場おき わ

〒 片 沖縄 浦添 勢理 目 番 号

■片 新国立劇場

〒 片 東京都渋谷区本璼 目 番 号

■片 舞台美術コルシヴ

〒 片 千葉 銚子 豊 台 目 番地

. 資本金の状況

振興会の資本金 成 暻曒現在 百万 と おり れ 振興会法第

(5)

. 役員の状況

役員の定数 振興会法第 条 より 理事長 事 理事 以 とされ おり 理

事長及び理事の任期 事 と い す た 理事長及び 事 文部科学大臣

任命 理事 理事長 任命 す

役員 覧 成 暻曒現在

役職 氏 就任 暻日 担当 主 経

理事長 津璴和明

H . .

H . . ―

. 片 屋現サルトモヴ 入社

H . 片 サルトモヴ株 取締役 社長

H . 片 サルトモヴ株 相談役

H . 片 関西経済 会会計 事

理片事 崎谷康文

H . .

H . .

総務部経理部基金部

新国立劇場部

. 片 文部省採用

H . 片 文部省生涯学習局長

H . 片 国家公務員共済組 連 会常務理事

H . 片 衆議院調査局文部科学調査 長

理片事 織璴紘 H . .

芸能部 営業部 舞台

術部 調査養成部

演芸場部 能楽堂部

. 片 国立劇場採用

H . 片 国立劇場調査養成部長

H . 片 国立劇場芸能部長

理片事 水 豊

H . .

H . . 文楽劇場部

. 片 文部省採用

H . 片 文化庁文化部長

H . 片 総理府侍従

H . 片 新居浜工業高等専門学校長

片事 正晴

H . .

H . . ―

. 片 文化学園文化出 局業務部

H . 片 文化学園文化出 局業務部 部長

H . 片 文化学園文化出 局制作業務部部長

H . 片 文化学園経理本部経理部部長ン参

H . 片 文化学園経理本部次長

片事 峯岸芳

H . .

H . . ―

. 片 査法人中央会計事務所入所

. 片 峯岸公 会計士事務所代表 現在

※片 氏 のある役員 特 法人等整理 理化計璽 H . . 議決定 公務員制 改革大綱 H . .

議決定 基 き公表するもの す

※ 就任 暻日 欄の 片 片 再任された 暻日 す

. 常勤職員の状況

成 暻曒現在の常勤職員数 人 す 前 曒比 人減

た常勤職員の 均 齢 す 国等 らの出向者 人 民間 らの出向者 人 す

. 審議等機関

理事長の諮問機関と 評議員会 置 れ 振興会の業務の運営 関する重要事項を審議 す

振興会法第 条 評議員会 文部科学大臣の を 理事長 任命する 以 の学

(6)

評議員 覧 成 暻曒現在

氏 現職

海老澤片敏

璴島片 志

倉片 もと

國 片正明

藤片祥子

芝片 祐靖

高 片秀爾

徳丸片 彦

中曪片芝翫

西 片扇藏

西 片善文

曪片 萬

馬場片 あき子

水落片 潔

曪山片 德 郎

森片 ゆみ

森西片真弓

山 片静夗

鷲璴片清

国立音楽大学 誉教授

東京大学 誉教授 東京芸術劇場 誉館長

国立民族学博物館 誉教授 総 研究大学院大学 誉教授

財団法人教職員生涯福祉財団会長

日本女子大学学長ン理事長 日本女子大学 誉教授

楽演奏家 日本芸術院会員 国立音楽大学招聘教授

美術評論家 大原美術館館長 財団法人西洋美術振興財団理事長

お茶の水女子大学 誉教授

歌舞伎俳優 日本芸術院会員 社団法人日本俳優協会 会長 社団法人伝統歌舞伎保 会 会長

舞踊家 社団法人日本舞踊協会常任理事

日本郵政株式会社取締役兼代表執行役社長

狂言師 日本芸術院会員 社団法人日本芸能実演家団体協議会会長

歌人 日本芸術院会員

演劇評論家 桜美林大学 誉教授

公 会計士

作家 文化審議会委員

立命館大学産業社会学部教授 雑 方芸能 編集代表

゠ッコ゜スト 文芸評論家

(7)

. 組織図

成 暻 日現在

総務部 総務課

情報 進課

経理部 計璽課

経理課

契約課

施設課

基金部 調査課

芸術活動 成課

地域文化 成課

新国立劇場部 管理課

国立劇場芸能部 企璽課

文芸課

第 制作課

評議員会 第 制作課

舞台 督課

理事長

理 事

国立劇場営業部 伝課

営業課

片 事 スォットコルシヴ

劇場課

国立劇場舞台 術部 舞台課

術課

国立劇場調査養成部 調査資料課

芸能調査役 タグシャ情報課

養成課

国立演芸場部 演芸課

営業課

国立能楽堂部 事業 進課

企璽制作課

営業課

国立文楽劇場部 事業 進課

企璽制作課

営業課

(8)

簡潔

要約された財務諸表

片 簡潔 要約された財務諸表 及び 片 財務情報 お る計数 それ れ四捨 入 よ

り単位曑満を処理 おり すの 計 おい 致 い場 あり す た 経 比較 お

る 成 の計数 成 暻 特 法人 ら独立行政法人へ移行 たた 暻 ら

暻 の 暻の実績と い す

. 貸借対照表 財務諸表へのモルェ

単位:百万

資産の部 金 債の部 金

流動資産

現金ン預金

暼価証券

その他

固定資産

暼形固定資産

投資暼価証券等

その他

流動 債

曑払金

その他

固定 債

資産見返 債

引当金

職給付引当金

その他

債 計

純資産の部 金

資本金

政府出資金

資本 余金

資本 余金

民間出えん金

利益 余金

純資産 計

資産 計 債ン純資産 計

●片 貸借対照表の科目

現金ン預金:現金 預金

暼価証券: 以 満期の到来する暼価証券

暼形固定資産:土地 建物 構築物 機械装置 工 器 備品 長期 わた 使用又 利用す

る暼形の固定資産

投資暼価証券等:投資目的 保暼する暼価証券 以 期限の到来 い預金

その他 固定資産:暼形固定資産 投資暼価証券等以外の長期資産 ソフトゞゟ゚ 電 加入権

の無形固定資産 敷金ン保証金等 当

資産見返 債:運営費交付金又 寄附金 より運営費交付金等の交付の目的等 従い償却資産を取

(9)

引当金:将来の特定の費用又 損失を当期の費用又 損失と 見越 計 するもの 職給付

引当金 当

政府出資金:国 らの出資金 あり 独立行政法人の財産的基礎を構成

資本 余金:国 ら交付された施設費や寄附金 を財源と 取得 た資産 独立行政法人の財

産的基礎を構成するもの 損益外減価償却累計 等を 除 表示 いる

民間出えん金:運用益を 国の芸術文化活動 対 成する芸術文化振興基金を造成する目的

民間 ら出えんされた資金

利益 余金:業務 関連 生 た 余金の累計

. 損益計算書 財務諸表へのモルェ

単位:百万

事項 金

経常費用

業務費用

人件費

減価償却費

その他

般管理費

人件費

減価償却費

その他

財務費用

その他

経常収益

運営費交付金収益等

自己収入等

その他

臨時損益

その他調整

当期総利益

●片 損益計算書の科目

業務費用:業務 要 た費用

人件費:給 賞 法定福利費等 職員等 要する経費

減価償却費:業務 要する固定資産の取得原価をその耐用 数 わた 費用と 配 する経費

財務費用:利息の支払 要する費用

運営費交付金収益等:国 らの運営費交付金のう 当期の収益と 識 た収益

自己収入等:劇場入場料 基金運用収入 託事業収入 の収益

臨時損益:固定資産の売却損益 貸倒引当金戻入益等 当

(10)

. キャッシュンフロヴ計算書 財務諸表へのモルェ

単位:百万

事項 金

片 業務活動 よるキャッシュンフロヴ

人件費支出

運営費交付金収入

自己収入等

その他収入ン支出

片 投資活動 よるキャッシュンフロヴ △

片 財務活動 よるキャッシュンフロヴ △

片 資金増加 =

片 資金期首 高

片 資金期曒 高 =

●片 キャッシュンフロヴ計算書の科目

業務活動 よるキャッシュンフロヴ:通常の業務の実施 係る資金の状態を表 サヴビスの提供

等 よる収入 原曩料 商品又 サヴビスの購入 よる支出 人件費支出等 当

投資活動 よるキャッシュンフロヴ:将来 向 た運営基 の確立のた 行われる投資活動 係

る資金の状態を表 固定資産や暼価証券の取得ン売却等 よる収入ン支出 当

財務活動 よるキャッシュンフロヴ:モヴス契約 係る債務の返済 よる支出 民間出えん金の

入 よる収入 当

. 行政サヴビス実施コスト計算書 財務諸表へのモルェ

単位:百万

事項 金

片 業務費用

損益計算書 の費用

除 自己収入等 △

その他の行政サヴビス実施コスト

片 損益外減価償却等相当

片 引当外賞 見積

片 引当外 職給付増加見積 △

片 機会費用

片 除 法人税等及び国庫納付 △

片 行政サヴビス実施コスト

●片 行政サヴビス実施コスト計算書の科目

業務費用:行政サヴビスのコストのう 法人の損益計算書 計 される費用

その他の行政サヴビス実施コスト:法人の損益計算書 計 され い 行政サヴビスの実施 費

(11)

損益外減価償却等相当 :償却資産のう その減価 対応す き収益の獲得 予定され いもの

と 特定された資産の減価償却費相当 損益計算書 計 い い 累計 貸

借対照表 載され いる

引当外賞 見積 :財源措置 運営費交付金 より行われる と 明ら 場 の賞 引当金見積

損益計算書 計 い い 仮 引き当 た場 計 た あろう賞 引当金

見積 を貸借対照表 注 いる

引当外 職給付増加見積 :財源措置 運営費交付金 より行われる と 明ら 場 の 職給

付引当金増加見積 損益計算書 計 い い 仮 引き当 た場 計 た

あろう 職給付引当金見積 を貸借対照表 注 いる

機会費用:国又 地方公共団体の財産を無償又 減 された使用料 より 借 た場 の本来 担

(12)

財務情報

. 財務諸表の概況

経常費用 経常収益 当期総損益 資産 債 利益 余金 又 繰越 損金 キャッシュンフ

ロヴ の主要 財務タヴシの経 比較ン 析

ン片 経常費用

成 の経常費用 百万 と 前 比 百万 増 . %増 と い

す れ 新国立劇場公演等事業の保 修 費 前 比 百万 増 . %増 と

た とと 基金 成事業の芸術創造普及活動 成費 前 比 百万 増 . %増 と

た と 主 要因 す

ン片 経常収益

成 の経常収益 百万 と 前 比 百万 減 . %減 と い

す れ 事業収入の劇場入場料 前 比 百万 減 . %減 と た とと 運営

費交付金収益 前 比 百万 増 . %増 と た と 主 要因 す

ン片 当期総利益

経常損益の状況及び臨時損失と 固定資産除却損 百万 臨時利益と 投資暼価証

券売却益等 百万 民税 百万 目的積立金取崩 百万 を計 た結果 成

の当期総利益 百万 と 前 比 百万 減 . %減 と い す

ン片 資片 産

成 曒現在の資産 計 百万 と 前 曒比 百万 減 . %減

と い す れ 減価償却等 より建物 対前 曒比 百万 減 . %減 と

た と 主 要因 す

ン片 片 債

成 曒現在の 債 計 百万 と 前 曒比 百万 増 . %増 と

い す れ 資産見返運営費交付金 前 曒比 百万 増 . %増 と た

と 曑払金 前 曒比 百万 増 . %増 と た と 独立行政法人会計基準第

第 項 よる曑使用 の振暶 より運営費交付金債務 前 曒比 百万 減 皆減 と

た と 主 要因 す

ン片 業務活動 よるキャッシュンフロヴ

成 の業務活動 よるキャッシュンフロヴ 百万 と 前 比 百万 減

. %減 と い す れ 劇場入場料等収入 前 比 百万 減 . %減

と た とと 運営費交付金収入 前 比 百万 減 . %減 と た と 主 要

因 す

ン片 投資活動 よるキャッシュンフロヴ

成 の投資活動 よるキャッシュンフロヴ △ 百万 と 前 比△ 百万

減 . %減 と い す れ 前 行 た新規定期預金等 百万 見 う

投資 今 た とと 投資暼価証券の売却 よる収入のう 百万 を再投資

た と 主 要因 す

ン片 財務活動 よるキャッシュンフロヴ

成 の財務活動 よるキャッシュンフロヴ △ 百万 と 前 比△ 百万 増

. %増 と い す れ モヴス債務の返済 前 比 百万 増 . %増

(13)

主 財務タヴシの経 比較片 片 片 片 片 片 片 片 片 片 片 片 片 片 片 片 片 片 片 片 片 片 単位:百万

区片

経常費用

経常収益

当期総利益

資産

利益 余金

業務活動 よるキ シ ・フロ △

投資活動 よるキ シ ・フロ △ △ △ △ △

財務活動 よるキ シ ・フロ △ △ △ △ △

資金期曒 高

コエベルト事業損益の経 比較ン 析

ン片 区 経理 よるコエベルト情報

基金区 の事業損益 △ 百万 と 前 比 百万 減 . %減 と い す

れ 基金 成事業の芸術創造普及活動 成費 前 比 百万 増 . %増 と た

と 主 要因 す

国立劇場区 の事業損益 百万 と 前 比 百万 減 . %減 と い す

れ 事業収入の劇場入場料 前 比 百万 減 . %減 と た と 主 要因 す

新国立劇場区 の事業損益 △ 百万 と 前 比 百万 減 . %減 と

い す れ 新国立劇場公演等事業の保 修 費 前 比 百万 増 . %増

と た と 主 要因 す

事業損益の経 比較 区 経理 よるコエベルト情報 片 片 片 片 片 片 片 片 片 単位:百万

区片

基金区 △

国立劇場区 △

新国立劇場区 △

片 計 △

ン片 事業区 よるコエベルト情報

基金事業 前 の区 経理 よるコエベルト情報の基金区 と 致 すの 明を省略

す コエベルト総資産の経 比較ン 析 おい も

公演事業の事業損益 △ 百万 と 前 比△ 百万 増 . %増 と い

す れ 劇場入場料等の運営費交付金対象外の事業収入 前 比 百万 減 . %減

と た と 主 要因 す

研修事業の事業損益 △ 百万 と 前 比△ 百万 増 . %増 と い す

調査研究事業の事業損益 △ 百万 と 前 比△ 百万 減 . %減 と い す

施設利用事業の事業損益 百万 と 前 比 百万 減 . %減 と い す

れ 劇場使用料等の運営費交付金対象外の事業収入 前 比 百万 減 . %減 と

た と 主 要因 す

法人共通 る事業損益 百万 と 前 比 百万 増 . %増 と い

す れ 独立行政法人会計基準第 第 項 よる運営費交付金債務の曑使用 の振暶等

(14)

事業損益の経 比較 事業区 よるコエベルト情報 片 片 片 片 片 片 片 片 片 単位:百万

区片

基金事業 △

公演事業 △ △ △ △ △

研修事業 △ △ △ △

調査研究事業 △ △ △ △ △

施設利用事業

法人共通

片 計 △

コエベルト総資産の経 比較ン 析

ン片 区 経理 よるコエベルト情報

基金区 の総資産 百万 と 前 曒比 百万 減 . %減 と い す

れ 投資暼価証券等の運用 る曑収収益 前 曒比 百万 減 . %減 と

た と 主 要因 す

国立劇場区 の総資産 百万 と 前 曒比 百万 減 . %減 と い

す れ 減価償却等 より建物 前 曒比 百万 減 . %減 と た と 主

要因 す

新国立劇場区 の総資産 百万 と 前 曒比 百万 減 . %減 と

い す れ 減価償却 より建物 前 曒比 百万 減 . %減 と た と

主 要因 す

総資産の経 比較 区 経理 よるコエベルト情報 片 片 片 片 片 片 片 片 片 片 単位:百万

区片

基金区

国立劇場区

新国立劇場区

片 計

ン片 事業区 よるコエベルト情報

公演事業の総資産 百万 と 前 曒比 百万 減 . %減 と い す

れ 減価償却等 より建物 前 曒比 百万 減 . %減 と た と 主 要

因 す

研修事業の総資産 百万 と 前 曒比 百万 減 . %減 と い す

れ 減価償却等 より建物 前 曒比 百万 減 . %減 と た と 主 要因 す

調査研究事業の総資産 百万 と 前 曒比 百万 減 . %減 と い

す れ 減価償却等 より工 器 備品 前 曒比 百万 減 . %減 と た

と 主 要因 す

施設利用事業の総資産 百万 と 前 曒比 百万 減 . %減 と い

す れ 減価償却等 より建物 前 曒比 百万 減 . %減 と た と

主 要因 す

法人共通 る総資産 百万 と 前 曒比 百万 減 . %減 と

い す れ 土地の各事業区 への案 方法の見直 より前 曒比 百万 減 . %

(15)

総資産の経 比較 事業区 よるコエベルト情報 片 片 片 片 片 片 片 片 片 片 単位:百万

区片

基金事業

公演事業

研修事業

調査研究事業

施設利用事業

法人共通

片 計

積立金の状況 目的積立金の申請 取崩 容等

基金 成事業積立金取崩 百万 中期計璽の 余金の使途 おい 定 た 成事業の充

実 充 るた 成 暻 日付 主務大臣 ら承 を た 百万 のう 曑

使用 あ た 百万 い 取り崩 たもの す

成 中期目標の期間の暷 の事業 あるた 利益処 おい 当期総利益

百万 通則法第 条第 項の規定 よる処理 行わ 積立金と 整理 た 目的積立

金 曑使用と いる 百万 積立金へ振り暶える とと り す

の結果 成 の利益処 お る積立金 百万 と り す

行政サヴビス実施コスト計算書の経 比較ン 析

成 の行政サヴビス実施コスト 百万 と 前 比 百万 減 . %減

と い す れ 政府出資又 地方公共団体出資等の機会費用 前 比 百万 減

. %減 と た とと 新国立劇場公演等事業費 基金 成事業費等の業務費用 前 比

百万 増 . %増 と た と 主 要因 す

行政サヴビス実施コスト計算書の経 比較片 片 片 片 片 片 片 片 片 片 片 片 片 片 片 単位:百万

区片

業務費用

う 損益計算書 の費用

う 自己収入 △ △ △ △ △

損益外減価償却等相当

損益外減損損失相当 ― ― ― ―

引当外賞 見積 ― ― ― ―

引当外 職給付増加見積 △ △ △ △

機会費用

除法人税等及び国庫納付 △ △ △ △ △

行政サヴビス実施コスト

注 の損益外減価償却等相当 当 事業 おい 固定資産の 類の見直

(16)

. 施設等投資の状況 重要 もの

当 中 完成 た主要施設等

国立劇場おき わの敷地購入 ㎡ 取得原価 百万

成 曒現在 劇場用地 ㎡のう ㎡を取得済み 成 引き

き 割購入予定

当 中の施設等の新設ン 充等

当あり ん

当 処 た施設等

(17)

. 予算ン決算の概況

単位:百万

区片

予算 決算 予算 決算 予算 決算 予算 決算

収片入

運営費交付金

雑収入

施設整備費補 金

公演事業収入

公演 託事業収入

基金運用収入

寄附金収入

その他の収入

支片出

般管理費

事業費

施設整備費

公演事業費

公演 託事業費

基金 成事業費

単位:百万

区片

予算 決算 差 理璵

収片入

運営費交付金

雑収入

施設整備費補 金

公演事業収入

公演 託事業収入

基金運用収入

寄附金収入

その他の収入 ―

暼価証券売却益 よる事業外収入の増

託事業の増

前 成金の減 ン要望の取り 係る戻入 及び過 成金の

交付決定取消 係る返還 よる増

支片出

般管理費

事業費

雑損失

施設整備費

公演事業費

公演 託事業費

基金 成事業費

職手当 新国立劇場事業費 施設整備事業費 等の増

新国立劇場舞台照明機器整備等 よる増

(18)

. 経費削減及び効率化目標との関係

振興会 おい 般管理費を 成 予算を基準と 中期目標期間中 成 ら

成 %以 の効率化を図る とを目標と い す

た 事業費 い も 中期目標期間中 毎事業 き %以 の効率化を図る とを目

標と い す

ン片 般管理費

以 の数式 より効率化の達成状況を計 い す

成 の 般管理費予算

当 の 般管理費決算

増減比率: 町

単位:百万 %

基準 ―

金 ―

増減比率 ― △ % △ % △ % △ %

ン片 事業費

以 の数式 より効率化の達成状況を計 い す

当 事業費予算 職手当を除く -当 特 要因予算 -次 債務繰越

前 債務繰越 町 .

当 事業費決算 職手当を除く -当 特 要因決算

増減比率: 町

単位:百万 %

基準

増減比率 △ % △ % △ % △ % △ %

. 関連会社及び関連公益法人

当する関連会社 あり ん

振興会の業務の 部 た 振興会 関連する事業を行う公益法人 振興会 出えん 人事 資金

術 取引等の関係を通 財務及び事業運営の方針決定 対 重要 影響を える と き

る た 振興会との取引を通 公的 資金 供給され おり 振興会の財務情報と 重要

関係を暼する公益法人 以 の 法人 あり す

ン片 財団法人国立劇場おき わ運営財団

ン片 財団法人新国立劇場運営財団

ン片 財団法人清栄会

(19)

事業の実施状況等

●片 財源構造

成 の経常収益 百万 その 訳 運営費交付金収益 百万 収

益の . % 事業収入 百万 . % 託事業収入 百万 . % 財産利用収

入 百万 . % 資産見返 債戻入 百万 . % 財務収益 百万 . %

雑益 百万 . % と い す

. 芸術文化活動 対する支援 基金事業

財務タヴシ及び業務実績報告書と関連付 た事業 明

基金事業 芸術文化振興基金の運用 よ 得た財源等 よる芸術その他の文化活動 対する

資金の提供等の支援を行う とを目的と い す

事業の財源 基金運用収入 よる事業収入 百万 運営費交付金収益 百万

返還金及び精算金 よる雑益 百万 と い す

事業 要する費用 芸術その他の文化活動 対する 成費及び人件費等 ら る業務費ほ

百万 す

事業の実施状況

●片 芸術文化振興基金

す の国民 芸術文化 親 み

自らの手 新 い文化を創造するた

の環境の醸成とその基 の強化を

図る観点 ら 芸術文化振興基金

成元 曒 創設され た 芸

術文化振興基金 その運用益 よ

り 芸術家及び芸術 関する団体

行う芸術活動又 普及を図るた の

活動その他の文化の振興又 普及を

図るた の活動 対 援 をする

もの す

成金の交付対象活動 毎 公

募され 理事長の諮問機関 ある芸術文化振興基金運営委員会 よる審査を経 決定され す

成 芸術創造普及活動 対 件 百万 地域文化振興活動 対

件 百万 文化振興普及団体活動 対 件 百万 の 成金を交付 た 計

件 百万 す お れら 成 暻 日以降 成金交付 確定 減

等 あ たものを 映さ おり 財務諸表 計 た計数と 致 い ん

た 成 暻 成 成活動の募集を行い 芸術文化振興基金運営委員会及び

の部会 の専門委員会 おい 計 回の審議を実施 芸術創造普及活動 応募 件

対 件 百万 地域文化振興活動 応募 件 対 件 百万 文

化振興普及団体活動 応募 件 対 件 百万 の 成金の交付 定を行い た

計 応募 件 定 件 百万 す た 映璽の製作活動第 回募集 を

除き す

(20)

●片 舞台芸術振興事業

国 らの運営費交付金 より 芸術 関す

る団体 行う 国の舞台芸術の水準向

資する優れた公演活動 対 も 毎 公募

審査を行い 舞台芸術振興事業 成金を

交付 い す

成 音楽 件 百万

舞踊 件 百万 演劇

件 百万 の 成金を交付 た 計

件 百万 す

た 成 暻 成 成

活動の募集を行い 芸術文化振興基金と 様

審議を行 た結果 音楽 件 百万

応募 件 舞踊 件 百万

応募 件 演劇 件 百万 応

募 件 の 成金の交付 定を行い た

計 応募 件 定 件 百万

●片 成対象活動の実施状況の調査等

成対象活動 対 引き き外部暼

識者 よる公演等調査 職員 よる会計調査

及び公演等調査を 件実施 た 会計

調査 件 公演等調査 件

た 広報 芸術文化振興基金 .

の 行 基金 成事業 関するスメシの作

成ン配 成 成対象活動募集

明会の開催 東京 回 大阪 回 等 より

事業の周知等を図り た

. 伝統芸能の公開及び現代舞台芸術の公演 公演事業

財務タヴシ及び業務実績報告書と関連付 た事業 明

公演事業 国立劇場 新国立劇場を設置 国 来の伝統的 芸能の公開及び 国 お

る現代の舞台芸術の公演を行う とを目的と い す

事業の財源 運営費交付金収益 百万 劇場入場料等 よる事業収入 百万

外部団体等 ら事業の委託を る と よる 託事業収入 百万 資産見返 債戻入

百万 利息収入等 よる財務収益 百万 入場券販売 係る手数料等 よる雑益

百万 と い す

事業 要する費用 公演を実施するた の出演費ン舞台費等の公演費 営業経費等の附帯事業

費等 及び人件費や施設維持管理費等 ら る業務費ほ 百万 す

お 公演費ン附帯事業費等の公演を実施するた の直接的 経費 劇場入場料等の自己収入

より う とと い す た 組踊等沖縄伝統芸能の公演の実施 い 国立劇場おき わの

運営委託費 現代舞台芸術の公演の実施 い 新国立劇場の運営委託費 充 られ い す

芸術文化振興基金 成金の 移

1古幹幹0 1古イ幸幸

1古平イイ 1古年拠拠 1古ィイ年

幹拠拡 幹平平

幸拡ィ 幸拡拡

幸イ拡

1イ 1幸 1幹 1拠 1拡

成 金 百 万 )

交 付 件 数 件

舞台芸術振興事業 成金の 移

ィ幸年

ィィ1 イ拡平 イ拡ィ イ拡イ

拠1 幹年

拠年 拠拠

100

1イ 1幸 1幹 1拠 1拡

成 金 百 万 )

(21)

事業の実施状況

●片 伝統芸能の公開

伝統芸能の公開 い と

伝承の の姿 る

く広く 各種の伝統芸能の演出や

法を尊重 ら その維持と保

を心 行 い す

歌舞伎や文楽の 演 おい

を主と その代表的 演目

い 初演当時の作品の構想を今

日の制作状況 あわ 筋を通 た

通 狂言 の 演 い す

歌舞伎 優れた作品 長く 演

の途絶えた作品を復活 人気狂言

おい も途絶え ある演出や場

面を復活するととも 俳優自身

芸域を広 られるよう 清新 意欲

的 配役を行い 演目の 充

い す た 文楽 芸の伝承の観点 ら 中堅や 手の抜擢を図 い す

成 国立劇場本館大 劇場ン国立演芸場ン国立能楽堂ン国立文楽劇場 おい

公演 回 国立劇場おき わ おい 公演 回の主催公演を実施 た

歌舞伎公演 義外夗狂言の 作 摂

ゅう

の通 演 暻 や 以 前の顔見

世狂言 璼曪

芝 居 正 暻

いの ょう

の復活通 演 公演を行い た 文楽公演 璴玉男 周

忌追善 公演を 暻本館 劇場 暻文楽劇場 催す 公演を行い た そのほ 新た

企璽と の 邦楽へのい い 暻邦楽公演ン本館 劇場 題性のある 木久扇親子ジ

ノャ襲 暻定席公演ン演芸場 を行い 能楽堂 おい 入 た 席 幕

装置 より 公演 日本語ン英語の スャルヅャ よる 幕表示を実施 た 計 公演

の総入場者数 人 た

昨 引き き 山梨 立 民文化ビヴャ 暻 ン神奈 立青少 コルシヴ 暻 歌舞

伎鑑賞教 を開催するととも 能楽鑑賞教 の出張公演を千葉 朊戸 実施 た 暻

た 暻 国立劇場おき わと石垣 民会館 沖縄 初 の歌舞伎鑑賞教 を開催

暻 文化庁との共催 より 日本伝統芸能 舞踊と邦楽 中国公演 を 京 ン海淀劇院 開

催 た

成 主催公演実施状況 伝統芸能の公開

区片 公演数 回数 日数 入場者数 入場率

歌舞伎公演 公演 回 日 人 . %

文楽公演 公演 回 日 人 . %

舞踊ン邦楽ン 楽ン声明ン民俗芸能ン

特別企璽公演

公演 回 日 人 . %

大衆芸能公演 公演 回 日 人 . %

能楽公演 公演 回 日 人 . %

組踊等沖縄伝統芸能 公演 回 日 人 . %

青少 等鑑賞教 公演 回 日 人 . %

片片計 公演 回 日 人 . %

伝統芸能の公開 お る入場者数の 移

ィ拡.拡 イイ.1 ィ拡.拡

イ1.年 イ1.ィ

幸幹.幹不 幹イ.拠不

幸幹.0不 幸拡.平不

幸幹.1不

0 10 平0 年0 ィ0 イ0 幸0

1イ 1幸 1幹 1拠 1拡 万人

ィ0不 イ0不 幸0不 幹0不 拠0不 拡0不

(22)

●片 現代舞台芸術の公演

現代舞台芸術の公演 い 国際的 比肩 うる高い水準のアヒメ トヤ゠ 現代舞踊 演

劇を自主制作 より 演 い す

演 あた 新作と再演のトメルス ヤドヴトモヴの充実 国 外の振付家 よる創作ト

ヤ゠の 演 国 創作された演劇作品の再評価 るととも 広く 外の芸術家やスシッ

フ 芸術団体等との交流 い す

成 新国立劇場アヒメ劇場 e a H e 中劇場 lay H e 劇場 e

おい 公演 回の主催公演を実施 た

成 暻 開幕 た シヴゲル 新国立劇場開場 周 を 念 アヒメ

シルビ゜ギヴ 暻公演 アモグヂャの新作トヤ゠ 牧阿 美の椿姫 暻公演 念

フゟスゾ゛トャ公演 本 特別公演と アヒメ ゚゜ヴジ 暻公演 を 演 た そのほ

テレァメゼスキヴ前芸術 督の集大成ンアヒメ らの騎士 山璴耕筰作曲のアヒメ 黒船-

夜明 間の 作を再演する ジルス 作展 栗山前芸術 督の暷終作 ありマヴグルンア

ッヴャの超大作 氷屋来たる 新た 企璽と のアヒメィャベル 新国立劇場ア

ヒメントヤ゠ ッュヴ゜ボヴ アヒメドヤスンイメ を 演 た 計 公演の総入場者

数 人 た

た 関西 期会との共催 より

地域招聘公演ンアヒメ ヂェソス島

の゚モ゚チヅ 暻新国立劇場中劇

場 を 演 たほ 日中共 制作

公演 周曪-花 嵐のたとえもあ

るさヴ の中国公演 新国立劇場ト

ヤ゠団 よる初の海外公演 暻

ワシルトル . .ンォヅタ゛コルシ

ヴ 新国立劇場 唱団の外部出演

公演 制作 た作品の全国各地

お る 演 演劇 公演 を

行い た

成 主催公演実施状況 現代舞台芸術の公演

区片 公演数 回数 日数 入場者数 入場率

アヒメ公演 公演 回 日 人 . %

トヤ゠公演 公演 回 日 人 . %

現代舞踊公演 公演 回 日 人 . %

演劇公演 公演 回 日 人 . %

その他公演 公演 回 日 人 . %

鑑賞教 等公演 公演 回 日 人 . %

片片計 公演 回 日 人 . %

現代舞台芸術の公演 お る入場者数の 移

1幹.幹 1幹.拡

平0.拠 平1.1

1拠.イ

幹拠.年不 幹拡.幹不

幹拡.0不

幹拠.幸不

幹ィ.拡不

0 イ 10 1イ 平0 平イ

1イ 1幸 1幹 1拠 1拡 万人

幸0不 幹0不 拠0不 拡0不

(23)

. 伝統芸能の伝承者の養成及び現代舞台芸術の実演家その他の関係者の研修 研修事業

財務タヴシ及び業務実績報告書と関連付 た事業 明

研修事業 伝統芸能の伝承者の養成及び現代舞台芸術の実演家その他の関係者の研修を行う

とを目的と い す

事業の財源 運営費交付金収益 百万 研修公演の入場料等 よる事業収入 百万

資産見返 債戻入 百万 奨励費の返還金等 よる雑益 百万 と い す

事業 要する費用 養成研修 係る経費 及び人件費や施設維持管理費等 ら る業務費

百万 す

お 組踊の伝承者の養成の実施 い 国立劇場おき わの運営委託費 現代舞台芸術の

実演家等の研修の実施 い 新国立劇場の運営委託費 充 られ い す

事業の実施状況

●片 伝統芸能の伝承者の養成

国の文化的財産 ある歌舞伎 文楽 能楽等の伝統芸能を保 振興するた の伝承者の養成

振興会の目的の と 国立劇場設立の当初 ら れ 取り組み 必要 応 以 の各コ

ヴスの養成を行 い す

ン片 歌 舞 伎:歌舞伎俳優 歌舞伎音楽 竹本 鳴物 長唄

ン片 大衆芸能:寄席囃子 外神楽

ン片 能片 片 楽: 役 ワキ方 囃子方 狂言方

ン片 文片 片 楽: 業 大夗 味線 人形遣い

ン片 組片 片 踊:立方 地方

研修期間 歌舞伎ン大衆芸

能ン組踊 間 能楽

間 文楽 間と おり

成 歌舞伎俳優第

期生 ン長唄第 期生

ン外神楽第 期生

ン文楽第 期生 の

次 鳴物第 期生 ン

組踊第 期生 の

次 能楽第 期生 の

次の養成研修を実施 た

鳴物第 期生と組踊第 期生

研修を修了 伝承者と

の第 歩を踏み出 た 組

踊養成研修 成 事業を開始 ら初 の研修修了と り す

た 成 開講 向 竹本研修第 期生ン鳴物研修第 期生ン能楽研修第 期生ン

組踊研修第 期生の募集を行い た

のほ 研修修了生を中心 現 伝統芸能の各 活躍 いる伝承者 より既成者研

修 表会を実施する 芸の 層の向 を目的と た研修を実施 能楽 おい 研修機

会の 大と伝承者間の交流を 進するた 引き き 研究課程 を開講 た

ン片 歌舞伎俳優既成者研修 表会 回 歌舞伎会ン稚魚の会 公演 方歌舞伎会

ン片 歌舞伎音楽既成者研修 表会 回 音の会

伝承者の現況 成 暻現在

区片 修了生 伝承者 割

歌舞伎俳優 ~第 期 人 人 %

歌舞伎音楽ン竹本 ~第 期 人 人 %

歌舞伎音楽ン鳴物 ~第 期 人 人 %

歌舞伎音楽ン長唄 ~第 期 人 人 %

大衆芸能ン寄席囃子 ~第 期 人 人 %

大衆芸能ン外神楽 ~第 期 人 人 %

能楽 役 ~第 期 人 人 %

文楽 ~第 期 人 人 %

組踊 第 期 人 人 %

(24)

ン片 能楽既成者研修 表会 回 手能京都公演ン大阪公演ン東京公演

ン片 文楽既成者研修 表会 回 文楽 手会 義外夗 親 会 回

●片 現代舞台芸術の実演家その他の関係者の研修

新国立劇場 おい ハロフゟッシミヂャ アヒメ歌手 トヤ゠ジルサヴ 演劇俳優を育成する

た の研修を行 い す 研修期間 アヒメン演劇 間 トヤ゠ 間と おり

成 アヒメ研修第 期生ン第 期生ン第 期生 各 トヤ゠研修第 期生

の 次 演劇研修第 期生 ン第 期生 ン第 期生 の研修をそれ れ

実施 た アヒメ研修第 期生と演劇研修第 期生 研修を修了 ハロの歌手ン演劇俳優と

の第 歩を踏み出 た 演劇研修 成 事業を開始 ら初 の研修修

了と り す

た アヒメ研修第 期生ントヤ゠研修第 期生ン演劇研修第 期生の募集を行い た

研修課程 おい 以 のとおり研修 表会等を行い た 加え 実演の経験を積 ととも

アヒメン演劇等の普及 資するた 新国立劇場ロビヴコルサヴトや 重大学ヤェスャヴコル

サヴト 演劇研修修了公演の引越 公演 福岡 大 城 等 世界 . . ファヴメヘ お る

朗 劇の 演 を行い た

ン片 アヒメ研修:研修公演 フ゛イロの結婚 暻 モサ゜シャ 回 暻ン 暻

ン片 トヤ゠研修: 次 表会 暻 公開ヤッスル 暻

ン片 演劇研修:修了公演 モデヴサャンャヴヘ 暻 試演会 回 暻ン 暻

. 伝統芸能及び現代舞台芸術 関する調査研究の実施並び 資料の収集及び活用 調査研究事業

財務タヴシ及び業務実績報告書と関連付 た事業 明

調査研究事業 伝統芸能及び現代舞台芸術 関する調査研究 資料の収集ン活用を行う とを

目的と い す

事業の財源 運営費交付金収益 百万 資産見返 債戻入 百万 と い す

事業 要する費用 芸能 録の作成 資料の収集ン活用 係る経費 及び人件費や施設維持管

理費等 ら る業務費ほ 百万 す

お 組踊 関する調査研究 資料の収集ン活用の実施 い 国立劇場おき わの運営委託

費 現代舞台芸術 関する調査研究 資料の収集ン活用の実施 い 新国立劇場の運営委託

費 充 られ い す

事業の実施状況

伝統芸能の保 及び振興の 環と その正 い姿 よる公開を行うた 演出ン演 等 資

する各種の調査研究を行い その成果を 演資料集と 刊行するととも 録璽ン録音ン写真等

よる公演 録の作成 近代歌舞伎 表 の編纂 文献の復刻等を行 い す

成 実施 た調査研究の主 成果 以 のとおり す

ン片 演資料集の刊行 歌舞伎 文楽 組踊 計 冊

ン片 玉男藝 の刊行 文楽公演 演資料集の増刊

ン片 近代歌舞伎 表 屋篇 第 巻の刊行

ン片 日本の伝統芸能講 音楽 の刊行

ン片 H H 国立能楽堂調査研究 の刊行

ン片 大衆芸能 関する意識調査 報告書の作成

(25)

ン片 沖縄芸能史 表 第 集の刊行

ン片 日本洋舞史 表 の刊行

資料の収集及び活用 い 自主公演 関する視聴覚資料を 各種芸能資料を収集ン

整理 図書閲覧 視聴 資料展示 おい 閲覧 利用 公開を行うほ 図書ン資料ン

公演 録写真ン公演情報等のタヴシパヴス化を進 ゜ルシヴヅット等 よる提供を行 い す

成 伝統芸能情報館資料展示 を改修 国立劇場本館の資料展示スヒヴスを集約

た 以 のとおり 資料展示を行うととも 新国立劇場ロビヴ展示や 現代演劇フスシヴ

展 等の巡回展示 会場 を実施 た

資料展示の実施状況

区片 企璽数 来場者数

伝統芸能情報館資料展示 企璽 人

演芸場資料展示 企璽 人

能楽堂資料展示 企璽 人

文楽劇場資料展示 企璽 人

国立劇場おき わ資料展示 企璽 人

舞台美術コルシヴ資料展示 企璽 人

図書ン資料の所蔵ン収集状況 成 暻曒現在

区 伝統芸能情報館 能楽堂 文楽劇場 国立劇場おき わ 新国立劇場

図書 冊 冊 冊 冊 冊

資料 点 点 点 点 点

. 劇場施設の利用 施設利用事業

財務タヴシ及び業務実績報告書と関連付 た事業 明

施設利用事業 劇場施設を伝統芸能の保 振興又 現代舞台芸術の振興普及等を目的とする事

業の利用 供する とを目的と い す

事業の財源 運営費交付金収益 百万 劇場使用料等 よる事業収入 百万

資産見返 債戻入 百万 と い す

事業 要する費用 舞台運営 係る経費 及び人件費や施設維持管理費等 ら る業務費ほ

百万 す

お 国立劇場おき わの施設利用の実施 い 国立劇場おき わの運営委託費 新国立

劇場の施設利用の実施 い 新国立劇場の運営委託費 充 られ い す

事業の実施状況

振興会 劇場施設を自主公演や舞台機構整備等 必要 日を除き 伝統芸能の保 振興 現

代舞台芸術の振興普及等を目的とする事業 対 利用 供 い す

利用 際 劇場案 や舞台機構等のスシッフの提供 舞台進行 照明タギ゜ル 音響タギ

゜ル等の 術協力も行 い す

(26)

劇場別の貸 状況等

区片 貸 日数 利用率 劇場稼働率 延 貸 日数

本館大劇場 日 % % 日

本館 劇場 日 % % 日

演芸場 日 % % 日

能楽堂 日 % % 日

文楽劇場 日 % % 日

文楽劇場 ビヴャ 日 % % 日

国立劇場おき わ大劇場 日 % % 日

国立劇場おき わ 劇場 日 % % 日

新国立劇場アヒメ劇場 日 % % 日

新国立劇場中劇場 日 % % 日

新国立劇場 劇場 日 % % 日

片計 日 % % 日

※片利用率 自主使用日等を除いた貸 能日 対する貸 日数の割

※片延 貸 日数 日 件以 貸 た場 を含 日数

※片劇場稼働率 保 日等を除いた使用 能日 対する自主ン貸 の 計の使用日数の割

別貸 日数

本 館 ・ 演 芸 場 ・ 能 楽 堂 ・ 文 楽 劇 場

そ の 他 幹 平

能 楽 1 幹 拡

演 芸

1 1 幹 邦 楽

1 1 平 日 本 舞 踊 片 平 イ 幹

演 劇 片 ィ 拡

国 立 劇 場 お き わ

そ の 他 年 幹

民 謡 片 1 民 俗 芸 能 片 幹

音 楽 片 年

舞 踊 片 ィ 拡

演 劇 片 イ

組 踊 片 1 イ

新 国 立 劇 場 そ の 他

平 幹

プ ュ ヴ グ ィ ャ

年 ィ

演 劇 片 幹 幹

現 代 舞 踊 片 1 幹 ト ヤ ゠

ィ ィ ア ヒ メ

(27)

. 附帯する業務

●片 教育普及事業

伝統芸能サロル 公演 録鑑賞会 能楽鑑賞講 現代舞台芸術入門講 V 現代舞台芸術鑑

賞会 の各種講 等を実施 講 回 伝統芸能及び現代舞台芸術 対する理解の 進

た 参加者 計 人 開催時 実施 た゚ルォヴト調査 % 暼意義 あ

たと回答 た た 公演 容 応 演目 対する理解 進を図るた の鑑賞講 ハヤ

講 アヒメトヴェ シ゚シヴトヴェ等を適宜実施するととも ロビヴ展示等を実施 た

教育現場 お る伝統芸能等の教曩と 収集 た資料等を活用 たタグシャ 術 よる舞台

芸術教曩を作成 文化タグシャメ゜ノメモヴビヴヘヒヴグを通 中学校等教育機関を

広く 般 配信 た 成 以 のコルゾルゼを作成 容の多様化と充実

た 文化タグシャメ゜ノメモヴビヴヘヒヴグへの゚ェコス数 件 た

ン片 舞台芸術教曩 能楽編その

ン片 舞台芸術教曩 民俗芸能編その

ン片 舞台芸術教曩 歌舞伎事

●片 広報活動

振興会 日本芸術文化振興会ッュヴス 国立劇場 華風 国立劇場おき わ スゾヴ

グテヴト 新国立劇場 の広報 や 報等を作成 劇場利用者や関係機関 配 するととも

ビヴヘヒヴグを通 公演情報 スォット 売情報 貸 劇場情報 事業全般 わたる各

種情報の提供を行い た た 各種ベヴャブイグルを定期的 配信 た

●片 交流事業

日本伝統芸能 舞踊と邦楽 中国公演 文化庁共催 国立劇場おき わ゜ルチンシ゜派遣公

演 琉球舞踊~美ら島の息吹~ 外務省在外公館文化事業 新国立劇場トヤ゠団ワシルトル公演

日中共 ハログゟェト演劇公演 周曪-花 嵐のたとえもあるさ- 国立劇場おき わ企璽公演

゜ルチの芸能~舞踊劇ィシィモ~ の交流公演を実施するととも 日独青少 指 者コプ

ヂヴ 芸術 無形文化遺産保護のた の集団研修 海外の芸術団体等の施設見学ン訪問 舞台

術専門家の研修 入れ 伝統芸能及び現代舞台芸術を通 た相互理解 た

●片 劇場利用者等へのサヴビス

劇場利用者等 対 快適 観劇環境及びサヴビスを提供 満足 の向 を図るた 以 の

と 取り組み た

ン片 本館大劇場空調設備改修 本館ン演芸場周 案 朋整備 文楽劇場冷暖 装置更新 新国立

劇場アヒメ劇場ン中劇場の大型遮音扉補修工事 新国立劇場 周 念装飾 の環境整備や

本館及び新国立劇場 お る託児サヴビスの提供 ゜ボビルイ゜チン 幕表示の積極的 活用

英文解 書の作成 様々 利用者を想定 たサヴビスの充実 た

ン片 国立劇場さくら り ゚ヴゼシャワヴ の開催 より 普段観劇 訪れ い多

くの方々を含 親 みやすく開 れた劇場を広く゚ヌヴャ た

ン片 独自の゜ルシヴヅットスォット販売シスゾヘを構築 成 暻よりサヴビスを開始

ン片 観劇者のた の会員組織を設 公演情報の定期的 提供 行販売や割引販売 の特

より 顧 の獲得 た 成 暻曒現在 お る会員数 計 前 暻曒 比

人増の 人と い す

ビヴヘヒヴグ゚ェコス件数

国立劇場H 新国立劇場H

(28)

ン片 鑑賞団体や ン中

学校 その他希望者

延 人 対

公演 容の事

前解 施設見学の

入れ トッェスゾ

ヴグゼ゚ヴの実施 より 公演 容や劇場運営 対する理解の 進 た た 文

楽劇場 おい 展示 明 積極的 ピメルゾ゛゚を活用 い す 録人数 人

ン片 解 書の作成 能楽堂の 席 幕装置 幕表示の積極的 活用 ゜ボビルイ゜チサヴビ

スの提供 より 演目 容の理解 進等 た

ン片 ビヴヘヒヴグ及び各劇場施設 設置 た 意見箱 や 各種゚ルォヴト調査の実施 より

広く劇場利用者等の要望ン 情を聞き サヴビスの向 た

. 業務運営の効率化

●片 業務運営の効率化等の取組み

ン片 知的財産活用 進本部 を設置 振興会 保暼する公演 録等の知的財産の暼効活用を図

るた の検討を開始 た

ン片 独自の゜ルシヴヅットスォット販売シスゾヘの 入 より 電 予約 付時間外のスォット販

売の実現 ヅット決済や自動 券機 入 よる予約 能期限の延長 ゜ルシヴヅット会員 録

よる購入手 きの簡素化 利便性 向 た

ン片 独立行政法人整理 理化計璽 従い 意契約見直 計璽 を作成ン公表 第 期中

期計璽 掲 た

ン片 警備業務 電気供給 損害保険等 い 契約より ~ 間の複数 契約を 入

ン片 夏季の軽装勤務奨励 ェヴャビゲ 照明器 への人感コルサヴの設置等の省゠ヅ ガプの 別

の徹底 エャヴハゞゟ゚の活用等 よるヒヴドヤス化 た た 本館の廃棄物処

理 い 様書を見直 別を徹底 た と 般廃棄物の減 化を図り た

●片 事業評価の実施及び職員の意識改善等

ン片 事業の実施 当た との公演専門委員会や事業委員会等を設 外部専門家等 ら

の意見を積極的 取り入れ い す た 事業の実施結果 い 自己点検評価を実施する

ととも 外部暼識者 よる評価を行い 評価結果をビヴヘヒヴグ等 おい 公表 い す

ン片 独立行政法人と の使命を果たすた 様々 職員研修を実施 職員の意識改善と能力向

い す

ン片 より効率的 業務運営を図るた 新国立劇場運営財団との相互人事交流を行い た

. 国立劇場おき わ及び新国立劇場の管理運営の委託

組踊等沖縄伝統芸能の保 及び振興 係る劇場施設の管理運営 い 沖縄の芸能及び文化

の独自性とその伝統を活 地方自治体等地元の協力を得るた 財団法人国立劇場おき わ運

営財団 委託 行 い す 成 の委託費の実績: 百万

た 現代舞台芸術の振興及び普及 係る劇場施設の管理運営 い 芸術家 芸術団体等

会員数の 訳 成 暻曒現在

あ くら会 文楽劇場 の会

国立劇場おき わ

の会

ェメノング゚トヤ

人 人 人 人

※片 あ くら会 主 本館ン演芸場ン能楽堂の公演を対象と た会員組織 ェメノン

(29)

の創意 工夗を取り入れるととも 民間等の協力を得るた 財団法人新国立劇場運営財団 委

託 行 い す 成 の委託費の実績: 百万

お 層効果的 効率的 業務運営を行うた 以 の取組みを行 い す

ン片 国立劇場おき わ 自己収入を確保 託 た業務をより効果的 実施 いくた

成 暻 財団法人国立劇場おき わ運営財団 特定公益増進法人の 定を 国立劇

場おき わ 賛 会員制 を設 た

ン片 新国立劇場 財団 お る外部委託の見直 を行い 般競 入曔を 大 経費の効率

(30)

課題と取組み

独立行政法人日本芸術文化振興会 国 お る芸術文化振興の中 的 点と 国民の多

様 関心を常 踏 え ら活動を展開 も 芸術その他の文化の向 寄 する と 求 ら

れ い す た 成 第 期中期目標期間の暷終 当たる と ら 中期目標期

間終了時の法人の組織 業務全般の見直 行われるととも 国 おい 独立行政法人整理 理

化計璽 策定され た

れらを踏 え 振興会 おい 以 の諸課題 い 検討を進 事業の 層の充実 取り

組ん いり す

●片 サヴビス等の向

芸術文化活動 対する支援 い 成 らを目途 文化庁の 成事業と振興会の

成事業を統 ン 元化する とと より効果的 成を行う とを目標と 成 中

検討を行い 所要の措置を講 す

公演事業及び劇場利用事業 い 主催公演の利用計璽の早期決定 るととも 各種

事業 い 効率良く日程を組 劇場の使用効率の向 を図り 来場者の増加を図る観点

ら貸 日数を増や 劇場全体の公演回数の増加 す た 歌舞伎鑑賞教 公演 い

出演者及び演目の早期決定と企璽の充実 効果的 伝ン営業活動 より集 の向 を図り

す 新国立劇場の演劇部門 い も集 の改善を図り す

伝統芸能伝承者の養成 い 毎 の各 の実情等を踏 え 断の見直 を行うととも

現代舞台芸術の実演家研修 い 成果の検証とその結果 基 き 研修 ン規模 い

断の見直 を行い す た 研修生の募集 い 優秀 人曩確保のた 学校関係へ

の周知を ビヴヘヒヴグや新聞ン雑 等の活用 お 層の工夗 す 組踊養成

研修 演劇研修 成 初の修了生を り出 た と ら 他の も含 修了 の

活動状況 い も把握 す

公演 録映像 い 鑑賞会等を開催するととも 必要 著作権処理を行 た 劇場

映や゜ルシヴヅット配信 販売等の 層の暼効活用 い 検討を進 す

国立劇場 おい 独自の゜ルシヴヅットンスォット販売 い 今 シスゾヘ運用 際

利用者 らの要望等を収集 シスゾヘの検証を行い さら 手 きの簡素化ン迅 化 利便性

の向 を図り す

●片 業務運営の効率化等

公演事業収入を中心と た自己収入の確保のた 引き き人員配置の見直 を進 営業力の

強化 専門性の確保 企璽ン 析機能の強化等を図り す 公演事業 おい 独自の゜ルシヴ

ヅットスォット販売シスゾヘの本格稼働 より 販路の 大と収入の増加を図り す た 会員

組織のサヴビスの充実 劇場施設の利用 進 寄附金 協賛金等の外部資金の 入 い も 力

より 定的 法人運営を目指 す

独立行政法人整理 理化計璽 等を踏 え 国立劇場等の管理運営業務 係る外部委託の 大

や給 水準の適正化 意契約の見直 の取組みを進 業務の効率化と人件費を含 た経費

の節減 す た 引き き 熱水 の節減 組織機構のあり方の検討 の取組みを進

Updating...

参照

Updating...

Scan and read on 1LIB APP