情報科学 教材プリント・ファイル ユマニテク看護助産専門学校 情報科学

Loading....

Loading....

Loading....

Loading....

Loading....

全文

(1)

iPad Excel 基礎 長押しでできる操作 セルを長押しすると、「カット、コピー、クリア、フィル、折り返し」ができる フィルの練習 1.文字や数字のフィル操作 「あああ」を右や下へフィルを使って複写する 「 123 」を右や下へフィルを使って複写する 「月曜日」、「1月」、「子(干支)」 「 1   2   3  …」の順番号 「 5   10   15  …」の等差数列 移動させたいセルを選択→長押し→移動 移動したい行や列を選択→長押し→移動 COUNTIF(範囲,検索条件) COUNTIFは範囲の中で、検索条件と等しいセルの 個数を数える関数で、単純集計に使う 例では、範囲が B2 ~ B6 の間で、 検索条件が A9 と等しいセルの数を数える セル B9 へ B2~B6 の間で、 A9 と等しいセルの数を 数える計算式を入れる 答えは、3 セルB10へ B2~B6 の間で、A10と等しいセルの数を 数える計算式を入れる 答えは、2

(2)

構成比率の計算 =(数えた個数) / (全体の個数) フィルを使った計算式のコピー そのままフィルを使うと、分母がずれてしまう 分母を絶対指定をすれば解決する COUNTIFもフィルを使えば計算式もコピーできるが、同様に範囲がずれてしまう 絶対指定を使えば、計算式を入力しなくても、計算式のフィルが使える 本日の課題 右の問題の様に文字や数字を入力後 度数と構成比率を計算 度数計算 B8~9、 C8~C10 構成比率 B12~B13、C12~C14 A16に学籍番号、名前を入力 保存提出 学籍番号(半角) 名前

Updating...

参照

Updating...

関連した話題 :