[発表資料] CV 草薙邦広のページ 草薙山下JASELE2012発表資料

Loading....

Loading....

Loading....

Loading....

Loading....

全文

(1)

複数形の明⽰的及び暗⽰的知識の習得 おけ

数の一致の種類と形態統語的規則性の影響:

時間制限を操作した文法性判断課題を用いて

草薙邦広 名古屋大学大学院

山下淳子 名古屋大学

全国英語教育学会愛知研究大会

愛知学院大学

2ごさ2こ8こ5

本研究

⽇本語を⺟語 す 英語学習者

複数形 明⽰的/暗⽰的知識 習得

言語的要因 影響

を受け

文法性判断課題

時間制限

操作を用

い 調査

文法知識 ⼆分論

学習

知識・習得

知識

宣言的知識-⼿続 的知識

明⽰的-暗⽰的知識

ば2

ー ン

不均⼀

⾃ 化・処理 質的変化

明⽰的/暗⽰的知識

研究者

様々 定義、⽴場 あ 、コ

ン ンサ

第⼆言語習得

け 明⽰的/暗⽰的知識

様々 理論や主張 基 く複合的

概念 どlliイ, 2ごご5た 2ごごそ

明⽰的/暗⽰的知識 特徴

弁別的基準

明⽰的知識

暗⽰的知識

意識的 直感的

宣言的 ⼿続 的

分析的 分析的 い

言語的 報告 言語的 報告 い

実際 言語使用 貢献し い 実際 言語使用 貢献す

安定し い い 安定し い

明⽰的/暗⽰的知識 操作化

本研究

(2)

明⽰的/暗⽰的知識 操作化

明⽰的知識

時間制限 し 時間制限あ暗⽰的知識

利用可能 時間 無制限 限定的

意識 表 ⽅ 規則 感覚

意識 焦点 言語形式 意味 言語 使用す 使用し い

Ellis (2005) 著者 ⼀部抜粋

文法性判断

段階 デル

どlliイ, 2ごご4た

ばoらwらn, 2ごごそ

時間制限 し

時間制限 あ

習得困難性

暗⽰的的知識 し 習得し く文法項目

•仮定法、冠詞、3単現、埋 込 疑問文…

習得しやすい文法項目

•進⾏形、助 詞…

どlliイ, 2ごご6

し し、項目間 比較

言語的要因 典型性、

規則性、卓⽴性等

直接的影響を⾒ くい

項目を絞

う 要因 明⽰的/暗⽰的知

識 習得 影響し い

英語 複数形 習得

ば2形態素習得研究 産出

ばuk anよ Sれiィai が2ごごそき

–形態素習得 順序 ⺟語 影響?

ば2 ンラ ン処理 理解

のianるが2ごご4き, のianるが2ごご7き

–⾃己ペー 読 課題 複数形 誤 気 い

–形態統語的鈍感

のianる, らt al.が2ごささき

–数 ⼀致 け ⺟語 影響?

–形態統語的適合性仮説 Moィpれoloるical でonるィuらncオ

複数形 習得 関す 言語的要因

数 ⼀致 種類

形態的統語的規則性

数 ⼀致 種類

処理可能性理論

Piらnらmann, 2ごご5

名詞句内 ⼀致 句⼿順

–Somらみplめoり tれら mらnみplめ

名詞句外 主語 詞 ⼀致 S⼿順

–Tれら mらnみplめ plaオみplめ baイらball

処理可能性 暗⽰的知識 習得 影響す

主語 詞 ⼀致 ⽅ 発達 遅い どlliイ, 2ごご6た

(3)

形態的統語的規則性

規則形vイ不規則形

caィよ - caィよイ

woman – womらn

⺟語話者 学習者 屈折処理・語彙表象 質

的 差 Ullman, 2ごご5た でlaれイらn, らt al.

2ごさご

学習者 不規則形 処理

認知負

⽇本語を⺟語 す 英語学習者

け 複

数形 明⽰的/暗⽰的知識 習得

数 ⼀致 種類、形態統語的規則性

う 影響し い

被験者

⽇本語を⺟語 す 英語学習者26名

大学/大学院生

3人を外 値 し 分析

除外

Mean SD Max Min

年齢 23.94 0.68 25 23

TOEIC 813.75 78.88 915 600

学習 歴 年 11.23 0.34 17 10

1年程度

1年未満

も しく 無し

英語 圏 留学 歴 44% 66%

刺激文

数 ⼀致 種類 名詞句内×名詞句外

形態統語的規則性 規則形×不規則形

計2×2 4条件、各36文+

ラーを72文

⼀人 被験者 計2さ6文を判断す

刺激文 提⽰

実験 2回、⽇を置い ⾏

平均ぞ2.4

文中 使用す 語 難易度、有性名詞 数、

⼀致す 語間 距離を統制

刺激 文法性×時間制限 有無×受け 課題

順序

ウン ー ラン

(4)

名詞句内 ⼀致・規則形

[

NP

Many

[pl]

{students

[pl]

/*student

[sg]

}]

gave up the mathematics class.

名詞句内 ⼀致・不規則

[

NP

Some

[pl]

of the {

children

[pl]

/*child

[sg]

}]

played baseball in the yard.

名詞句外 ⼀致・規則形

[

NP

The {boys

[pl]

/*boy

[sg]

}]

sing

[pl]

a song very well.

名詞句外 ⼀致・不規則形

[

NP

The {

women

[pl]

/*woman

[sg]

}]

insist

[pl]

that he is not guilty.

課題

時間制限 し文法性判断課題

•第⼀著者 ロ ラ ン 言語HSPがvらィ. 3.2き 開発 •Pで上 提⽰ 文 文法性を判断しボ ン 押下

反応

+ +

He is a docter.

He is a docter.

100ms.

50ms.

(5)

課題

時間制限

文法性判断課題

刺激文毎 設定

時間制限

無反応

場合、次 試⾏ 移⾏

無反応 誤答

し 計算す

時間制限 設定

様々 設定⽅法

⺟語話者 反応時間 さ.2倍等

本研究 設定

予備実験

⺟語話者がN=さ8き 学習者

がN=さごき 反応時間 分布を確認

各刺激

⺟語話者 平均反応時間 さ標準偏差

を加算し 時間

を設定

–さ.2倍式 やや⻑い –順位相関ぞr= .そ2さ

–等倍 問題点が3→3.6、し し7イらc→8.4き –⺟語話者 反応時間 反映 い

時間制限 設定

分析

文法性判断課題 成績

け 時間制限 有

無 実験項目 持 言語的要因 交互作用を

分析

元配置被験者内分散分析

時間制限×数 ⼀致×規則性 2×2×2

(6)

結果

3

要因 交互作用 有意

F

(

1, 22)=11.11,

p < .001,

η

p2

= .334

時間制限及び言語的要因 交互作用 あ

以降 時間制限 し/あ

2

×

2

う 言語的要因 影

響し い

分析

時間制限 し

明⽰的知識

数 ⼀致 規則性 交

互作用

有意

F

(1, 22) = 22.50,

p

< .01,

η

p2

= .506

時間制限あ

暗⽰的知識

規則性 単純主効果

有意

F

(1, 22) = 34.41,

p

< .01

,

η

p2

= .610

議論

明⽰的知識:⼆

言語的要因 交互作用

名詞句内

け 規則形名詞 数 ⼀致

成績

低い

し し、

最 習得 容易

予測

時間制限 あ 課題

成績 低い

今後追⾏研究

詳細 調査 必要

議論

暗⽰的知識:形態統語的規則性 影響

不規則形 場合、⼀致 逸脱をし

⾒逃

しやすい

不規則 形式ほ 暗⽰的知識 し 習得

困難

(7)

本研究 、

時間制限を操作し 文法性判断

課題

を用い

明⽰的/暗⽰

的知識 習得

け 言語的要因 影響

調査し 実証的研究

複数形 明⽰的知識 、数 ⼀致 種類 形態統語的規

則性

要因 影響

⼀⽅、暗⽰的知識

形態統語的規則性 影響

明⽰的知識

暗⽰的知識

形態統語的規則性 数 ⼀致 種類

展望

他項目、他要因 研究

熟達度 異

被験者

追⾏

⺟語 影響 調査

他⼿法

結果 比較

名詞句内・規則形 ⼀致 更

検討

• Clahsen, F., Neubauer, K., Sato, M., & Silva, R. (2010). Morphological structure in native and nonnative language processing. Language Learning, 60, 21-43.

• Ellis, R. (2005). Measuring implicit and explicit knowledge in second language acquisition: A psychometric study. Studies in Second Language Acquisition, 27, 141-171.

• Ellis, R. (2006). Modeling learning difficulty and second language proficiency:The differential contributions of implicit and explicit knowledge. Applied Linguistics, 27, 431-463.

• Ellis, R. (2008). Investigating grammatical difficulty in second language learning: Implications for second language acquisition research and language testing. International Journal of Applied Linguistics, 18, 4-22.

• Ellis, R., Loewen, S., Elder, C., Erlam, R., & Philip, J. (2009). Implicit and Explicit Knowledge in Second Language Learning, Testing, and Teaching (SLA). Bristol, UK: Multilingual Matters Ltd.

• Jiang, N. (2004). Morphological insensitivity in second language processing.

Applied Psycholinguistics, 25, 603-634.

• Jiang, N. (2007). Selective integration of L2 knowledge in adult second

language learning. Language Learning, 57, 1-31.

• Jiang, N., Novokshanova, E., Masuda, K., Wang, X. (2011). Morphological

congruency and the acquisition of L2 morphemes. Language Learning, 61,

940-967.

• Loewen, S. (2009). Grammaticality judgment tests and the measurement of

implicit knowledge.In R. Ellis, S. Loewen, C. Elder, R. Erlam and J. Philip.

(2009). Implicit and Explicit Knowledge in Second Language Learning,

Testing, and Teaching (SLA) (pp. 66-94). Multilingual Matters Ltd.

• Luk, P. Z. and Shirai, Y. (2009). Is the acquisition order of grammatical

morphemes impervious to L1 knowledge? Evidence from the acquisition of

plural -s, articles, and possessive ’s. Language Learning, 59, 721–754

• Ullman, M. (2005). A cognitive neuroscience perspective on second

language acquisition: The declarative/procedural model. In C. Sanz (Ed.),

Mind and context in adult second language acquisition: Methods, theory and practice(pp. 141–178). Washington, DC: Georgetown University Press.

名古屋大学大学院

草薙邦広

(8)

Updating...

参照

Updating...

関連した話題 :