Program Japanese rev

75 

Loading....

Loading....

Loading....

Loading....

Loading....

全文

(1)

日時

キカガケ 年 ゲ 月 ガケ 日 土

ガゲ 日 日

会場

香港大学

香港大学日本研究学科日本語

言語文化教育研究学会

(2)

方法

香港大学 逸夫教樓 ィネuラ ネuラ ノャaw ハリwムロ, ハャム バラivムロsitヴ リメ ッリラモ テリラモイ

ネリリヨ キォガケェ ネuラ ネuラ ノャボw ハリwムロ

Cムラtムララiボョ Cボヨルusェ ハャム バラivムロsitヴ リメ ッリラモ テリラモ ニリユメuョボヨ ネリボミ ッリラモ テリラモ

地下鉄 トハネ 路線図

地下鉄 トハネ 香港大学駅 C1 出口 徒歩 1カ 分

逸夫教樓 ィネuラ ネuラ ノャaw ハリwムロイ

(3)

.香港大学駅 改札 出 い

.香港大学駅 Cガ 出口 向 い

. 乗 地上 G 階エ薄抶林道 ニリユメuョボヨ ネリボミ 昇 い

(4)

. 降 突 当 右 曲 い

. 下 写真 人 い う 香港大学 向 う 乗 い 後 あ 色 建物 大学 入 口

. 降

(5)

. 降 視界

.コ 行 ネuラ ネuラ ノャボw ハリwムロ 見え

今回 会場 建物 入 い

(6)

ガカ. 入 あ

ギ 階 昇 い 受付 キ 階 行

ガガ.ギ 階 降 視界 右 曲 い

ガキ.ガガ 進 キ 階 降 階段 あ 階段 使 キ 階 降 い

(7)

左 回 い

ガク.ガギ 左 回 来 階段 下 い

先 進 受付 キ 階 教室 あ

(8)
(9)

大会参加者

案内

受付

Cニタ キォガケ 教室 受付

大会 ガ 日目 ゲ 月 ガケ 日 ガガ 時半 キ 日目 ゲ 月 ガゲ 日 ゴ 時半 受付 開始 会場内 受付時 渡 必 付 い

参加費

事前参加申込 い 参加費 割引 あ 当日申込 受 付 事前参加申込 締 切 キカガケ 年 ゲ 月 コ 日 金

事前参加申込者 参加費

言語文化教育研究学会会員: グェカカカ 円 一般: ケェカカカ 円

当日申込者 参加費

言語文化教育研究学会会員: グカカ 香港 一般: ケカカ 香港

詳 , 覧 上,所定 方法 申込 下 い

ャttルsサオオsitムsォモリリモョムォマリヨオsitムオロムsムボロマャsムヨiラボロカギオロムモistロボtiリラエメリロエルボロtiマiルボtiリラ

冊子

当 本 冊子 印刷 行

ャttルsサオオsitムsォモリリモョムォマリヨオsitムオロムsムボロマャsムヨiラボロカギオ 上 持参 い

受付 Cニタ キォガケ 大 荷物 預 可能 貴重品 預 了承 い

談話室

Cニタキォガゴ 教室 談話用 開放 参加者同士 ワ 役立 い

懇親会

ガ 日目 ゲ 月 ガケ 日 ガコ 時 クグ 分 ギ 階 開催い 参加者 懇親会 参加費 無料 誘いあわ 上 参加 い

(10)

書籍 販売

香港 日本語学習書籍 専門店 あ 向日葵出版 Cニタギォカク 付近 書籍販売 行い 香港 出版 書籍 販 売 予定 立 寄 い

書籍 展示

受付 あ Cニタキォガケ 教室 言語文化教育研究学会 会員 執筆 書籍 展示 設 自由 閲覧 興味 あ 方 覧 い 閉会式 閲覧 展示 い 書籍 ハ 当 抽選会 あ 参加 い

昼食

昼食 内 以下 食 第 キ 日目 ゲ 月 ガゲ 日 昼食 時間 グカ 分 い 気 付 い

(11)

Cニタ-ギ.カク Cニタ-ギ.カ1 Cニタ-キ.1ク Cニタ-キ.17 Cニタ-キ.18

ガガサギカエ ガキサギカ

受付

Cニタエキォガケ ガキサギカエ

ガキサグカ

開会式

ガキサグカエ ガギサグカ

基調講演:

消費 学

―言語学習 問い直

久保田竜子 ィルォ ガケイ ガギサグカエ

ガクサカカ

休憩

ガクサカカエ ガクサクカ

特定課題 ョ :

日本 英会話学校 白

人西洋男性 商品化 消費

ィルォ ガコイ ※ 発題 ※ 発表 英語 行わ

口頭発表:

日本語学習支援過程 学習者 意識変容

千花子 ィルォ ギゲイ

口頭発表:

上 自律学習者 日本語学習 日本関連商品

購入傾向 い

―学習目的 日本観光

旅行 注目 ―

吉開章 ィルォ ギコイ

発表:

一 正解 求 い対話活

動 意味

― 商品 消費 言語

教育 あ 方 抗 ―

細川英雄 武一美 新井久容 塩谷奈緒子 ィルォ ギケイ

ガクサカカエガグサギカ ガクサクグエ

ガグサキグ

特定課題 ョ :

私達 永遠 英語学習者 ―年配 ダノデ 学習者 余暇活

動 英語学習―

ィルォ キカイ ※ 発題 ※ 発表 英語 行わ

口頭発表:

言語教育実践 場 非専門

家 あ 学生 何 気

何 感 何 学 ―慶應 ノチC

日本語 対象

質的研究― ィルォ クカイ

大川晃典 李維寧 伴野崇生

口頭発表:

言語教育 商品化 伴う教育 側 進化

(12)

Cニタ-ギ.カク Cニタ-ギ.カ1 Cニタ-キ.1ク Cニタ-キ.17 Cニタ-キ.18

ガグサキグエ ガグサググ

Cニタエギォカク 前 ガグサググエ

ガケサギグ

特定課題 ョ :

民間英語学校教師 複雑性

―あ 日本人教師 ―

陶堅 大友瑠璃子 ィルォ キキイ ※ 発表 英語 行わ

口頭発表:

近年 日本 語教育環境 変化 教育界 対応

坂本龍太朗 ィルォ クキイ ※ 発題

口頭発表:

商品化 言語教育

学習体験 質的分析 基 学習観 変容過程

―中国 言語

教育 対象 ―

柳瑶 閆婉新 ィルォ クギイ ガケサクカエ

ガゲサキカ

特定課題 ョ :

曖昧性 日本 英語 商品化

ワ ィルォ キクイ ※ 発表 英語 行わ

口頭発表:

参加 経

験学習 日本語教育実習 あ 方

三井晶子 山本裕子 ィルォ クグイ

口頭発表:

外国語環境 教室 価

―教室内外 語彙学習 取

組 分析 ―

李羽喆 ィルォ クケイ ガゲサキカエ

ガゲサギカ

休憩

ガゲサギカエ ガコサギカ

特別 ョ :

効果的 発音指導 学習者

話 力 引 上 授業

笈川幸司 ィルォ キケイ

特別 ョ :

活字 身体 言葉 う!

佐次え ィルォ キゲイ ガコサクグエ 懇親会

(13)

Cニタ-ギ.カク Cニタ-ギ.カ1 Cニタ-キ.1ク Cニタ-キ.17 Cニタ-キ.18 Cニタ-ギ.1グ 及び 廊下

Cニタ-ギ.1ケ

ゴサギカエ ガカサカカ

受付

Cニタエキォガケ ガカサカカエ

ガガサカカ

基調講演:

市場化 進 世界 日本語教育 あ 方― 語学

教育 ―

神吉宇一 ィルォ ガゲイ ガガサカグエ

ガガサグカ

対談 神吉宇一げ 久保田竜子

ガガサグカエ ガキサカカ

休憩

ガキサカカエ ガキサクカ

教材 ョ :

考え 活動

授業 作 方

小山悟 ィルォ キゴイ

発表

ガグ 記載

教材 発題

ガグ 記載 ガキサクカエ

ガギサギカ

(14)

Cニタ-ギ.カク Cニタ-ギ.カ1 Cニタ-キ.1ク Cニタ-キ.17 Cニタ-キ.18 Cニタ-ギ.1グ 及び 廊下

Cニタ-ギ.1ケ

ガギサギカエ ガクサガカ

教材 ョ :

中国 大学日本語教 育

活用

―日常 活動

ワ 型学術

発表 ―

駒澤千鶴 菅田陽平 ィルォ ギカイ

発表

ガグ 記載

教材 発題

ガグ 記載

ガクサガカエ ガクサキカ

休憩

ガクサキカエ ガグサカカ

口頭発表:

大学 日本語教室 学生

日本語 学 来

ソ 木下千尋 ィルォ クコイ

口頭発表:

社会参加 就職活動 考え ―元留学生

三代純平 ィルォ グカイ

口頭発表:

ニロリヨリtiラモ iラtムロマuョtuロボョ uラミムロstボラミiラモ ボs ボ マロitiマボョ ヨissiリラ メリロ Jボルボラムsム ョボラモuボモム ムミuマボtリロsサ ツラsiモャts メロリヨ ボ suロvムヴ リラ Jボルボラムsム

ョボラモuボモム ョムボロラムロ’ iラ Cャiラボ

(15)

廊下

ガグサカグエ ガグサクグ

口頭発表:

言語道具主義 後 何

―米国 韓国 調査 ―

倉地曉美 中山亜紀 子 加藤鈴子ィルォ グギイ

口頭発表:

貿易協定 移民 商 品化

大友瑠璃子 ィルォ グクイ

口頭発表:

商品化 正 い

英語 いう概念 ―市販 英語学習教 材 支え 言語

田嶋美砂子 ィルォ ググイ ガグサグカエ

ガケサギカ

口頭発表:

外国語 英語 教 育 行 末

浅野享三 ィルォ グゲイ

口頭発表:

日本語教育 い

教育実践 制約 何

―教師 対象 実施

一考察―

牛窪隆太 ィルォ グコイ

口頭発表:

教育 新聞記

事 批判的談話研究

名嶋義直 ィルォ グゴイ

ガケサギカエ ガゲサカカ

Cニタエギォカク 前 ガゲサカカエ

ガコサギカ ガコサギカエ ガコサグカ

(16)

発表

キカガケ 年 ゲ 月 ガゲ 日 日 ガキサカカエガキサクカ ァ ガギサギカエガクサガカ 教室 Cニタエギォガグ 及 廊下

非専門家 日本語学習支援 い 改善 い 可能 ―慶應 ノチC 日本語 活動

質的向上 向 ― 李維寧 大川晃典 伴野崇生 ィルォ ケカイ

非専門家 素人 言語教育実践 意義 役割―商品化 消費 観点 ― 伴野崇生 李

維寧 大川晃典 ィルォ ケコイ

学習者自身 素材 選 読解活動 吉田真宏 ィルォ ケガイ

商品化 日本国内 ―子 言語能力 階層化 生 親 経済格差 一

考察― 稲垣 ィルォ ゲカイ

日系企業 海外人材 在香港日本語学習者 日本語教育 沼島朝美 ィルォ ケキイ

日本語教師 関与 多文化社会 創 生 力 い 一考察―暫定的 目標設定 教材開発

文献 ― 有田佳代子 ィルォ ゲガイ

日本語 構成要素―学 対象 企業文化 考え ― 古川明子 ィルォ ケギイ

ヒムポ 教材 開発 ワ 中川健司 角南北斗 齊藤真美 橋本洋輔 ィルォゲキイ

私 ○○語学習者? ― ○○語 学習者 い人 学 方向性 考え ― 佐野香織 ィルォ ケグイ

英語留学 商品化 消費 樋口謙一郎 仲潔 ィルォ ゲギイ 雑談 聴解教材化 課題 山森理恵 ィルォ ケケイ

学習者 根 日本語学習 商品化 消費 米本和弘 ィルォ ゲクイ

多文化共生社会 市民型日本語教室 商品価値 萬浪絵理 ィルォ ケゲイ

掲示 ゴ 時半 ガガ 時半 あい 済 い

奇数 方 ガキサカカ ガキサクカ 偶数 方 ガギサギカ ガクサガカ あい 前 立 発表 い

教材 発題 招待

キカガケ 年 ゲ 月 ガゲ 日 日 ガキサカカエガキサクカ ァ ガギサギカエガクサガカ 教室 Cニタエギォガケ

日本語 ―教育理念 実現 商品化― 武田 誠 ィルォ ギガイ

テボラュi iラ Cリラtムンt ブ改訂新版ヘ ヒムポ 秋澤委太郎 ィルォ ギキイ 日本語教育学 歩 方 利用 研究生活 考え 岩田一成 ィルォ ギギイ

言語教師 日本 参考書 出版 ―経験 ― 藤井拓哉 ィルォ ギクイ ※ 発題

著者 出版者 読者 商品 書籍 岡野秀夫 ィルォ ギグイ

(17)

キカガケ 年 ゲ 月 ガケ 日 土 ガキサグカエガギサグカ 教室 Cニタエギォカク

消費

学び

―言語学習

問い直 ―

デムaロラiラモ as マリラsumルtiリラ:

Quムstiリラiラモ tャム メロamム リメ laラモuaモム lムaロラiラモ

久保田竜子 ュコ 大学

要旨:

言語学習 いえ 習得 学 あ い あ い 想起 従来 い 習得 学 い 概念 固定化 規範化 い 学習者 言語使用 形態 多様化 言 語 商品化 概念 近年 応用言語学 研究 再考 い 本発表 特 学 焦点 純 粋 習得 手段 学 社交的楽 充実感 達成感 求 消費 学 側面 着目 消費

学 学習 文化 経済資本獲得 え 主流 見方 対比 同時 言語学習 問い直 必要性 投 い

略歴:

言語教育博士号取得 国際大学院 大学 日本語教育 言語教員養成 携わ キカカゴ 年 大学教育学部 言語 教育学科所属 専門 批判的応用言語学 著 書 社会 言語教育— 視点 ― 単著:和訳 出版 ィキカガグイ 英語教育 文化 人 種 単著:和訳 出版 ィキカガグイ

(18)

基調講演

キカガケ 年 ゲ 月 ガゲ 日 日 ガカサカカエガガサカカ 教室 Cニタエギォカク

市場化 進 世界

日本語教育 あ 方

― 語学

教育 ―

Jaルaラムsム laラモuaモム ムduマatiリラ iラ a マリmmムロマializiラモ wリロld:

チロリm “laラモuaモム lムaロラiラモ” tリ “ムduマatiリラ”

神吉宇一 武蔵野大学

要旨:

化 国民国家 弱体化 解体 進 い 国民国家 代わ 世界 動 巨大 企 業 言語教育 新 市場主義 対峙 折 合い い い局面 あ

市場化 企業活動 考え 効率化 いう概念 前面 出 可能性 あ 日本語教育 効率化 道 い う 機械翻訳等 発達 世界的 英語 共通語化 語学 日本語教育 役割 急速 失わ い 明白 あ う 潮流 契機 視点 学習活動 軸 日本語教育 語学 教育 再定位 新 価値 見出 必要 あ

略歴:

武蔵野大学准教授 学校教員 打 上 花火業 葬儀業 広告代理店等 正規 非正規 ギカ 以上 職 経験 大学教 員 キカガケ 年 ク 月 現職 前々職 政府系財団職員時代 携わ 政策案件 企画立案 企業向 日本語教 育 開発 等 経験 今 自分 大 影響 与え い 最近 興味関心 言語教育 関

あ 日本国内 地域日本語教育 地域 関連等 主著 日本語教育 学 ィ編 著イ 未来 創 教育 サ批判的内容重視 言語教育ィCロitiマボョ CリラtムラtエBボsムミ ツラstロuマtiリライ 理論 実践 ィ共編著イ 公益社団法人日本語教育学会副会長

(19)

発表 ※特定課題 英語 行わ

キカガケ 年 ゲ 月 ガケ 日 土 ガクサカカエガクサクカ 教室 Cニタエギォカガ

※ 本発表 会場 配信

日本 英会話学校

白人西洋男性 商品化 消費

ハャム マリmmリdiメiマatiリラ aラd マリラsumルtiリラ リメ

wャitム ヒムstムロラ mムラ iラ ダラモlisャ マリラvムロsatiリラ sマャリリls iラ Jaルaラ

工科大学

要旨:

本研究 日本 英会話産業 外国人英語教師達 欲望 対象 う 構築 消費 い 論 特 日本人女性学習者 抱 恋愛的欲望 い 英語教師 働 白人西洋男性 う 認識 対応 い

焦点 当

先行研究 日本人女性 西洋 英語 西洋男性 対 恋愛的欲望 抱い 伴 日本 英会話 学校産業 い 白人西洋男性 商品化 消費 い 注目 Bボiョムヴ キカカケザ テuポリtボ キカガガザ ニiョョムロ ァ ハボユボャボsャi キカカケザ ハボユボャボsャi キカガギ 踏 え 本研究 白人西洋男性 英語教育経験

調査 明 Aルルョムポヴ キカガク 私立英語専門学校 い 教師 学習者 関係 い 性的意味 付与 管理 い 市場 売 込 利用 い 教師 視点 探 日 本 主要都市 あ 私立英語専門学校 焦点 当 西洋男性教師 的 性的魅力 流布 い 言説

い 調査 授業中 教師達 う 学習者 恋愛的 性的欲望 う 利用 わ 折 合い い 考察

本研究 商品化 市場化 英語専門学校 取 戦略 教師 学習者 社会的 交流 恋愛的関係 持 可能性 暗黙 う 生 出 い 主張 う 関係性 従来 英語教育 対 理解

超え 第二言語習得 促進 方法 取 入 主眼 置 教師達 仕事 通 対人 異 文化間 身 い 示 い

ネムメムロムラマムs

(20)

トボマヨiョョボラォ

Bボiョムヴェ テォ ィキカカケイォ トボロユムtiラモ tャム ムiユボiwボ wリラミムロョボラミサ ツミムリョリモヴェ ボユリモボロムェ ボラミ モムラミムロ ボョtムロitヴ iラ ダラモョisャ マリラvムロsボtiリラ sマャリリョ ボミvムロtisiラモ iラ Jボルボラォ P

, ェ ガカグエガギカォ

テuポリtボェ ネォ ィキカガガイォ デムボロラiラモ ボ メリロムiモラ ョボラモuボモム ボs ョムisuロム ボラミ マリラsuヨルtiリラサ ダラュリヴヨムラtェ ミムsiロムェ ボラミ tャム ポusiラムss リメ ムiユボiwボォ , ェ クゲギエ クココォ

ニiョョムロェ ツォ ァ ハボユボャボsャiェ テォ ィキカカケイォ A ルボssiリラ メリロ ダラモョisャサ タムsiロム ボラミ tャム ョボラモuボモム ヨボロユムtォ ツラ Aォ ニボvョムラユリ ィダミォイェ ィルルォ グゴエコギイォ Cョムvムミリラェ バテサ トuョtiョiラモuボョ トボttムロsォ

ハボユボャボsャiォ テォ ィキカガギイォ , ォ Bロistリョェ バテサ トuョtiョiラモuボョ トボttムロsォ

略歴:

工科大学 応用言語学 研究者 研究関心領域 言語 文化政治論

言語教育 政治論 著書 ダデハェ モムラミムロ ボラミ iラtムロラボtiリラボョ ミムvムョリルヨムラt ィトuョtiョiラモuボョ トボttムロsェ キカガカイ トムラ ボラミ ヨボsマuョiラitiムs iラ モョリポボョ ダラモョisャ ョボラモuボモム tムボマャiラモ ィニボョモロボvム トボマヨiョョボラェ キカガクイ あ

(21)

発表 キ ※特定課題 英語 行わ

キカガケ 年 ゲ 月 ガケ 日 土 ガクサクグエガグサキグ 教室 Cニタエギォカガ

※ 本発表 韓国 会場 配信

私達 永遠 英語学習者

―年配 ダノデ 学習者 余暇活動

英語学習―

“ヒム aロム メリロムvムロ ダラモlisャ lムaロラムロs”:

ダldムロlヴ ダノデ studムラts’ lムaロラiラモ ダラモlisャ as a lムisuロム aマtivitヴ

州立大学

要旨:

本調査 ― 年配 ダノデ 学習者 余暇活動 言語学習 言語使用 実態 把握 特徴 明 ワ 公営 ダノデ 何年 わ 通 い 調査協力者達 楽 生涯 趣味 テuポリtボェ キカガガ 社交 英語 学習 自分 永遠 ダノデ 学習者 認識 い 移民者 第二言語学 習 文化資本 社会経済的流動性 獲得 あ 正当化 論 本調査 移民者 ダノデ 学習 社会的領域 注目

本調査 長期的 ―調査 行い 半構造化 得 学習者 教師 分析 結 果 英語学習 意味 教室活動 影響 学習者 教師 言語学習 対 認識 違い 明 具体的 英 語 受講 学習者 以下 う 満足感 得 い

社会的 ワ 形成 維持

英語 学習 異 社会活動 参加 い いう感覚

英語学習 社会的機能 趣味的領域 文化消費 いう観点 本調査 調査協力者達 う 英語 用い 自身 属 場 創出 社会的 社会的関係 構築 い 示 分析 移民教育

言語 文化的 社会的 消費 学 成人移民学習者 学習目的 動機 乖離 示唆 教師 言 語能力 発達 重視 一方 学習者達 強い 意識ィGリョミstムiラェ ガゴゴケイ 持 内 自身

正当化 い 楽 安全 場 作 出 強調 い ゆえ 年配 ダノデ 学習者 英語 学習 教師達 学習 対 認識 間 あ

(22)

教育 役割 対 疑問 投 発表者 長期的 学 移民 ダノデ 学習者 欠陥 あ 者 個人 的 社会的楽 追求 積極的 英語 消費者 捉え い 主張 う 言語学習 対 単一的 概念 打 破 代わ 研究 実践 新 い理解 生 出 言語学習 実社会 近 い

略歴:

ワ 大学 校博士 州立大学世界言語文化学科講師 キカガギ 年秋学期 州立大学 韓国語 教え い 研究関心 社会言語学 移民教育 交わ あ 分析

用い 言語学習者 社会的相互行為 理解 様々 社会的文脈 言語学習者 言語 文化的資源 使用 い 明 い 論文 Jリuロラボョ リメ デボラモuボモムェ ダミuマボtiリラェ ボラミ ツミムラtitヴ ィキカガガイ Aルルョiムミ デiラモuistiマs ィキカガギイ 掲載 い

(23)

発表 ギ ※特定課題 英語 行わ

キカガケ 年 ゲ 月 ガケ 日 土 ガグサググエガケサギグ 教室 Cニタエギォカガ

民間英語学校教師

複雑性

―あ 日本人教師

ハャム マリmルlムンitヴ リメ tムaマャムロ idムラtitヴ

iラ a ルロivatム ダラモlisャ laラモuaモム sマャリリl:

A マasム リメ a Jaルaラムsム tムaマャムロ

陶堅 大友瑠璃子 香港大学

要旨:

近年 東 地域 い 年少者 対象 英語教育 民間 中心 隆盛 見 い 早 始 方 い い いう 知 言語学習神話 英語 外国語 早期英語教育 次々 実現 複数 国

英語 小学校 正式科目 導入 英語教育 開始 低年齢化 い う 国 英語教 育政策 変化 小 子 持 親 早期英語教育 興味 持 例え 民間 英語学校 子 通わ 促 い 英語 象徴的権力 高 多 人々 認知 東 い 広 見 現象 拍 車 い 英語 習得 良い社会的地位 獲得 上位 社会階層 移動 可能 広 信

い 消費者 目的 達 有効 交換財 高価値 英語 取引 い あ 以上 民間英 語教育業界 見 言語 商品化 核心 あ 本研究 出発点 い

英語教育 民間化 関 応用言語学 関連分野 先行研究 主 年少者 学習過程 学習成果

因果関係 焦点 当 民間 英語学校教師 経験談 職業的成長 関 研究 乏 い 本 研究 ワ あ 日英 教師 英語教育 検定試験 重要 商品 位置付 接客 販売 極 商業志向 強い環境 う 葛藤 経験 対処 探 本研究 約 時間半 計 回 わ 行わ 半構造化 基 得 教師自身 日本

中 高等教育 言語学習経験 海外 高等教育機関 応用言語学 修 英語教育 関 知識 形成 研究経験 英会話学校 年間 教育経験 関 あ 調査 結果 教育機関

(24)

研究対象者 日英 教師 彼女自身 高等教育 研究経験 得 英語教育 対 知識 商業 的関心 利益最大化 狙う英会話学校 教育方針 間 板挟 い 彼女 顧客 満足度 保証 いう 英会話学校 自身 責任 果 妥協 一方 ソ 自己/領域 職業的 自己/領域 間 明確 境界線 引 いう対処戦略 取 い う 板挟 状況 常 身 置 年少学習者 英語学習 到達度 目 当 彼女自身 第二言語習得 関 知識 研究経験 根差 彼女 早期英語教育

検定試験 対 強固

本研究 英語教育 市場化 民間英語学校 教師 使命 役割 見直 迫 い 結論 教 育機関 教師 構築 強 影響 与え い 主張 日本 他地域 民間英語教育機関 増加

い 踏 え 以下 提言 英語教師 養成 ハダノナデ 民間英語教育機関 言語 商品化 問題 扱う 教師 将来 選択 際 備え う い う 語学教師養 成 い 養成 側 現代社会 英語教師 位置 批判的 振 返 重 置 将来 民 間学校 教え 語学教師 様々 方法 構築 い う あ

略歴:

大友瑠璃子

早稲田大学 国立大学 応用言語学 学 現在 香港大学教育学部英語教育学科 博士課程 在籍 博士論文 日本 ダニA 経済連携協定 介護福祉士 看護師候補者受入事業 言語政策 言語計画 観点 分析 研究関心領域 言語政策 言語計画 社会言語学全般

堅 陶 ィJiボラ ハボリイ

寧波大学 中国 大学 校 米国 ハダノナデ ィハムボマャiラモ ダラモョisャ tリ ノルムボユムロs リメ ナtャムロ デボラモuボモムs:英語教授法イ 学 現在 香港大学教育学部英語教育学科 博士課程 在籍 博士論文 中国 大学 ダノニィ専門分野 英語教育 教師 構築 研究関心領域 教師

教師 成長

(25)

発表 ク ※特定課題 英語 行わ

キカガケ 年 ゲ 月 ガケ 日 土 ガケサクカエガゲサキカ 教室 Cニタエギォカガ

曖昧性 日本

英語 商品化

Cリdム amポiモuitヴ aラd tャム マリmmリdiメiマatiリラ リメ

ダラモlisャ リラ Jaルaラムsム tムlムvisiリラ

東京大学

要旨:

本発表 日本 い 曖昧性 言語 商品化 う 影響 合 い 考察 時 代 市場 過度 飽和 言語 新 価値 生 出 ッムョョムロェ キカガカェ ルォガカグ う 価値 持

言語 衣服 消耗材 等 使用 い Bョリヨヨボムロtェ キカガカェ ルォ キコエギカザ ノムボロモムボラtェ キカガガェ ルォ ガゴケ 最 わ い例 日本 見 ハ 現 英語 使用 挙 間違 意味

い英語 使用 批判 日本国内外 様々 媒体 嘲笑わ チuロuユボwボェ キカガグポ 言語 商品化 関 調査研究 市場 売 出 い 有名人達 応用

有名人達 英語能力 理由 英語語学学校 宣伝 登場 ノムボロモムボラtェ キカカゴェ ルォ ゴグ 日本 う 英語 使用 有名人 多 英語 使え 人気 得 いう 構 築 い 関 先行研究 日本 英語使用 極 複雑 あ 言語 文化 境界 対 疑問 投 境界 曖昧 い 明 ニムララヴマリリユェ キカカギザ トリリミヴェ キカカケ 日本 英語 使用 チuロuユボwボェ キカガグボ 知的 チuロuユボwボェ キカガク 結

日本 有名人 中 英語 い 自身 商品価値 高 い 者 い 本発表 有名人達 う 言語 い 売 市場性 高い 構築 い 報告 非指示 的 指標性 概念 ダマユムロtェ キカカコ 援用 有名人達 う 言語 い 前面 出 英語 日本 語 曖昧性 打 消 うえ 自分自身 商品化 人気 仕事上 成功 得 い 示 向

(26)

ネムメムロムラマムs

Bョリヨヨボムロtェ Jォ ィキカガカイォ ォ Cボヨポロiミモムサ Cボヨポロiミモム バラivムロsitヴ ニロムssォ ダマユムロtェ ニォ ィキカカコイォ パボロiボtiリラ ボラミ tャム iラミムンiマボョ メiムョミォ , ィクイェ クグギ–クゲケォ チuロuユボwボェ Gォ ィキカガクイォ "ノtuルiミムst リメ ボョョ tャム ルロiヨボtムs"サ ハャム ロリョム リメ ダラモョisャ iラ Jボルボラムsム tムョムvisiリラォ

P , ィキイェ ガゴケエキキカォ

チuロuユボwボェ Gォ ィキカガグボイォ “Cリリョ” ダラモョisャサ ノtヴョizムミ ドボtivムエノルムボユムロ ダラモョisャ iラ Jボルボラムsム tムョムvisiリラ sャリwsォ

, ィキイェ キケグエキゴガォ

チuロuユボwボェ Gォ ィキカガグポェ Juラムイォ ハャム Aルルロリルロiボtiリラ ボラミ ネムエマリヨヨリミiメiマボtiリラ リメ ハエノャiロt ダラモョisャ iラ Jボルボラォ ニロムsムラtムミ ボt ハャム ノリマiリョiラモuistiマs リメ Gョリポボョizボtiリラサ ィタムイマムラtロiラモ ボラミ ィミムイstボラミボロミizボtiリラェ ッリラモ テリラモォ

ッムョョムロェ トォ ィキカガカイォ ハャム マリヨヨリミiメiマボtiリラ リメ ョボラモuボモムォ , ェ ガカガエガガクォ トリリミヴェ Aォ Jォ ィキカカケイォ ダラモョisャ iラ Jボルボラムsム ルリルuョボロ マuョtuロム ボラミ Jエニリル ヨusiマォ W , ィキイェ キカゴエ

キキキォ

ニムララヴマリリユェ Aォ ィキカカギイォ Gョリポボョ ダラモョisャムsェ ネiル ノョヴヨムェ ボラミ ルムロメリロヨボtivitヴォ , 7ィクイェ グガギエグギギォ

ノムボロモムボラtェ ニォ ィキカカゴイォ ォ Bロistリョサ トuョtiョiラモuボョ トボttムロsォ

ノムボロモムボラtェ ニォ ィキカガガイォ ハャム ノヴヨポリョiマ トムボラiラモ リメ パisuボョ ダラモョisャ iラ tャム ノリマiボョ デボラミsマボルム リメ Jボルボラォ ツラ ニォ ノムボロモムボラt ィダミォイェ G ィルルォ ガコゲエキカクイォ ドムw ピリロユサ ニボョモロボvム トボマヨiョョボラォ

略歴:

ワ 大学 校 第二言語研究博士号 取得 研究関心領域 特 構築 分析 研究 日本 英語使用 描写 ワ 言語 定型化 教育 ワ 語 批判的言語意識 獲得 目指 学習者 使用 文化

関係性 最近 言語 あ 認 い い言語 ソ 教育 関 携わ い

(27)

キカガケ 年 ゲ 月 ガケ 日 土 ガゲサギカエガコサギカ 教室 Cニタエギォカガ

特別

特別 笈川幸司氏 招 笈川氏 日本語講演 ソ 出演 精力的 日 本語教育 商品化 積極的 取 組 い 私 考え 笈川氏 ワ 実際 体験 言語教育

商品化 い 考え い 思い

効果的 発音指導 学習者 話 力 引 上

授業

A tムaマャiラモ mムtャリd tリ ムメメムマtivムlヴ imルロリvム

Jaルaラムsム lムaロラムロs’ ルロリラuラマiatiリラ aラd sルムakiラモ aポilitヴ

笈川幸司

い :

大教室 い クカカ 名 日本語学習者 相手 会話授業 行い 学習者 日本語 話 力 伸 い 主

あ 正 い 学 笈川楽譜 い 口理論 使う 相手 伝わ 話 構成 型 使用 複数 学習者 握手 自分 意見 繰 返 発 あ 方法 学習者 日本 語 流暢 増 自信 持 日本語 発話 う 指導法 世界 日本語教育界 日本

英語教育界 注目 い

略歴:

ガゴゲカ 年 埼玉所沢出身 北京日本学研究 言語学修士 日本語学習 JAノデナド 代表 笈川塾塾長 日本 語音声学専門

(28)

特別

キカガケ 年 ゲ 月 ガケ 日 土 ガゲサギカエガコサギカ 教室 Cニタエキォガク

特別

特別 佐次え 氏 招 佐次氏 身体表現 組 合わ 独自 表現法 創作活 動 行い 身体 言葉 ワ 開催 い 特別 ワ 通 記号 活 字 身体 ”言葉” 経験

活字 身体 言葉

う!

ハロaラsメリロmiラモ tャム wロittムラ wリロds tリ sルリkムラ wリロds witャ リuロ ポリdヴ!

佐次え

い :

表現者 戯曲 活字 自分 身体 通 有機的 台詞 吐 出 観客 共感共鳴 与え 活字 台詞 人 う 通 私 考え

ガォ活字 無機的 記号 → キォ状況 環境 役 生 制限 条件 知 与え 物語 →ギォ瞬間瞬間 目的 知 言葉 →クォ 化 記憶 含 →言葉

環境 誰 対 言葉 吐 ? 理解 い 活字 無機的 記号

有機的 身体 活字 身体 記憶 紐付 言葉 体験 ワ 展開 い

略歴:

バtムロvisiリラ Cリヨルボラヴ Jボルボラ 代表 ドニナ 法人種 代表理事 演出家 俳優 人形遣い

映像 雑誌 Cト 活躍 芸術功労家 氏 師事 学 後 蜷 川幸雄率い ワ 所属 舞 台 中心 俳優活動 キカガガ 年 身体 作品 創作 芸術集団

(29)

ニuルルムt キカガケ 招聘作品 箪笥〜ノャム is Gリラム〜

創作 並行 一般 人 表現者 対象 身体 言葉 創作ワ 開催 Aニダビ ョiモャt 人形遣い

参加 教え

(30)

教材 教室 発題 招待

キカガケ 年 ゲ 月 ガゲ 日 日 ガキサカカエガキサクカ 教室 Cニタエギォカガ

教材 教室 発題 招待 教材作成者 方 招 オワ いう形 作成者 教材 具体的 使用方法 教材 商品 売 出 裏話 い 話 い 教材作成者 直接 話

機会 活用 い

考え せ 活動

授業 作 方

デムssリラ dムsiモラ ポasムd リラ aマtivitiムs tャat ムラマリuロaモム lムaロラムロs tリ tャiラk

小山悟 九州大学

本書 学習者 教師 共 考え楽 学 活動 中心 授業 進 方 詳 解説 全 キカ 課構成 各 活動 い 国内外 問わ 学習者 毎回休 来 いう保証 い 差 あ 学習 目的 様々 十分 授業時間 確保 い 厳 い条件下 学習者 成 果 実感 教材 目指 本書 い 先生方 自身 う 活動 作 う い 考え 当日 本書 紹介 共 活動 考え方 作 方 い 話 い

思い

小山悟 キカガグ 満載! 日本語教師 活動 ワ

(31)

キカガケ 年 ゲ 月 ガゲ 日 日 ガギサギカエガクサガカ 教室 Cニタエギォカガ

中国 大学日本語教育

活用

―日常

活動

型学術発表 ―

バsaモム リメ “ルlaマaロd” メリロ a Jaルaラムsム laラモuaモム マリuロsム

at a maiラlaラd Cャiラムsム uラivムロsitヴ:

チロリm dailヴ マlassロリリm aマtivitヴ tリ

wリロksャリル-stヴlム aマadムmiマ ルロムsムラtatiリラ

駒澤千鶴 国際関係学院 菅田陽平 北京大学大学院

発表者 番組 正解 一斉 出 う際 使用 手作 中国 大学 日本語教 育 中 活用 単 学習者 正解 確認 文字 練習 文型導入 会話 授業 ノャリw&ハムョョ 産出活動 話題提供 幅広い応用 可能 あ 当日 ワ 形式 採 用い 活動 参加者 体験 い い 近年 発表者 挑戦 い 利用 体 験型 学術発表 い 報告 行う 上 良い活用法 い 参加者 考え 時間 持 い 考え い

(32)

教材 発題 招待

キカガケ 年 ゲ 月 ガゲ 日 日 ガキサカカエガキサクカ ァ ガギサギカエガクサガカ 教室 Cニタエギォガケ

教材 発題 招待 教材作成者 方 招 訪 参加者 向 教材 紹介 行 い 教材作成者 直接 話 機会 活用 い

日本語

―教育理念 実現 商品化―

タムvムlリルiラモ “ツラtムロaマtiリラ iラ Jaルaラムsム”:

Aマtualizatiリラ リメ ムduマatiリラal ルャilリsリルャヴ aラd マリmmリdiメiマatiリラ

武田誠 早稲田大学

発表者 キカガク 年 共著 日本語 上梓 教材 日本語教育 ガゴゴグ キカガク 理念 基 学習者 実生活 様々 場面 適

う 目指 い 具体的 語学教育 重視 言語 社会言語 社会文 化 側面 学習者 経験 接触場面 独自性 学習者自身 振 返 重視 い

本発表 教材 特徴 紹介 市販教材 出版 教育理念実現 商品化 執筆者 感 共有 い

吉田千春 武田誠 徳永あ 山田悦子ィキカガクイ 日本語 凡人社

(33)

キカガケ 年 ゲ 月 ガゲ 日 日 ガキサカカエガキサクカ ァ ガギサギカエガクサガカ 教室 Cニタエギォガケ

教材 発題 招待 教材作成者 方 招 訪 参加者 向 教材 紹介 行 い 教材作成者 直接 話 機会 活用 い

テaラji iラ Cリラtムンt ブ改訂新版] そ ヒムポ

テaラji iラ マリラtムンt ィロムvisムd ムditiリライ aラd its wムポ aルルliマatiリラ

秋澤委太郎 大学連合日本研究

大学連合日本研究 作成 テボラュi iラ Cリラtムンt ブ改訂新版ヘ ヒリロユポリリユ 書籍版 ヒムポ 版 対応 紹介

ヒムポ トヴノQデ ルャル ュボvボsマロiルt ィウ ュQuムロヴイ マss ャtヨョグ 技術 用い 発表者自身 作成 い 設 計 方針 際 直面 問題 具体的 情報 提供

現在 本 学生 卒業生 利用可能 本 開催期間中 下 試用 全 未定 あ 将来 広告 一般公開 収益化 図 可能性 模索 い 忌憚 い 意見 頂 幸い あ

ャttルサオオポムャiラミエiuマュボルボラォsボユuロボォラムォュルオミムヨリオミムヨリガ

大学連合日本研究 キカガギ テボラュi iラ Cリラtムンt ブ改訂新版ヘ

(34)

教材 発題 招待

キカガケ 年 ゲ 月 ガゲ 日 日 ガキサカカエガキサクカ ァ ガギサギカエガクサガカ 教室 Cニタエギォガケ

教材 発題 招待 教材作成者 方 招 訪 参加者 向 教材 紹介 行 い 教材作成者 直接 話 機会 活用 い

日本語教育学 歩 方 利用

研究生活 考え

N

ky

k ak ar k ka a

ィッリw tリ studヴ Jaルaラムsム laラモuaモム ムduマatiリライ

岩田一成 聖心女子大学

日本語教師 金 稼 絶え い 目指 研究活動 避 通 自分 適性 あ ?研究活動 行う 当 自分 合 分野 何

? ういう 考え 必要 あ 本 日本語教育学 歩 方 紹介 実際 自分 適 性 各分野 相性 考え い 上 動 紹介 日本語教育学 研究 い 話 い 思 い 自分 合 選 学位 近道

本田弘之 岩田一成 義永美央子 渡部倫子 キカガク 日本語教育学 歩 方―初学者 研究 大阪大 学出版会

(35)

キカガケ 年 ゲ 月 ガゲ 日 日 ガキサカカエガキサクカ ァ ガギサギカエガクサガカ 教室 Cニタエギォガケ

※ 本発表 日本 会場 配信

教材 発題 招待 教材作成者 方 招 訪 参加者 向 教材 紹介 行 い 教材作成者 直接 話 機会 活用 い

言語教師 日本 参考書 出版

―経験

ハiルs tリ モムt ヴリuロ sムlメ-studヴ モuidムs ルuポlisャムd iラ Jaルaラ:

トヴ ムンルムロiムラマム

藤井拓哉 茨城大学

現在日本 様々 英語学習教材 出版 い 規模 大 い書店 行 学校 授業 い い 参考書 ハナダツC ハナダチデ 本 英語 本棚 い あ 多 英語参考書 世 中 出 回 い 関わ う 無名 英語教員 出版社 本 執筆 依頼 う 出版社 求

斬新 当然あ 本 出版 着 い 何 必要 本 出版 上 必要 紹介 今回 発表 目的 あ

藤井拓哉 キカガギ 英語 徹底 出版

(36)

教材 発題 招待

キカガケ 年 ゲ 月 ガゲ 日 日 ガキサカカエガキサクカ ァ ガギサギカエガクサガカ 教室 Cニタエギォガケ

本 教材 発題 招待 出版社 方 招 出版社 視点 言語教育 商品化 消費 い 話 い

著者 出版者 読者

商品

書籍

Bリリks as a マリmmリditヴ tャat マリララムマts autャリロs, ルuポlisャムロs, aラd ロムadムロs

岡野秀夫 出版

本 出版社 立場 言語教育 商品化 消費 い 参加者 意見交換 出版 言論 自由 いう基 本理念 あ 民主主義国家 一般的 民間企業 経営主体 公権力 言論 対 介入 防い い

民間企業 あ ゆえ 企業存続 利潤 追求 必要 必然的 出版 本 商品 いう 著者 出版者 読者 書籍 対 異 持

言語教育 関 書籍 出版 当 う 点 い 皆様 率直 話 合い い 思い 同 時 小社 書籍 紹介 皆様 う 教材 書籍 必要 い 聞 い 考え い 気軽 立 寄 い

(37)

キカガケ 年 ゲ 月 ガケ 日 土 ガクサカカエガグサギカ 教室 Cニタエキォガコ

正解 求

い対話活動 意味

― 商品

消費

言語教育 あ 方 抗

ハャム siモラiメiマaラマム リメ tャム dialリモuム aマtivitヴ iラ wャiマャ リラム マリロロムマt aラswムロ

is ラリt askムd メリロ: ツラ マリラtロast tリ tャム マリmmリdiメiマatiリラ aラd マリラsumルtiリラ

リメ laラモuaモム ムduマatiリラ

細川英雄 言語文化教育研究所八ヶ岳 武一美 早稲田大学 新井久容 早稲田大学 塩谷奈緒子 東京電機大学

本 商品 一元化 大量生産 消費 日本語教育 あ 方 異議 唱え 打開 日本語教 育 あ 方 教育実践 可能性 探 い 議論

本 言語教育 大量生産 大量消費 言語教育 い 形式主義 技術主義 方法主義 蔓 延 一 答え 求 あ いう仮説 立 言語教育 本来 一 答え 求 い 複 数 答え あ いう 考え 意味 あ あ 形成 市民性形成 社会形成等

あ 言語教育 地球上 人々 共 生 い 社会 形成 活動 場 形成 目指 あ いう言語教育 言語 教え 目的化 い 言語 活動 場

共同体 保障 活性化 教育 あ

教師 学習者 いう行為者 活動 結 教育実践 問わ う

問う意味 あ 共 生 社会 い 一人 充実 言語活動主体 個人 社会 結 う いい 考え 実践 いう課題 あ 個人一人一人 自分 問題関心 問題意識 いう方 向性 持 活動 軸 他者 受 止 あ 議論 展開 う 場 共同体 形成

い 必要 あ

教育 大量生産 消費 現状 打開 教育実践 考え方 一 正解 求 実践 一 正解 求 い実践 転換 い 必要 あ う 実践 教室 価値観 考え方 認 具体的 活動 場-一 社会 う 知識 目的 課題 い 考え 過程 形

結果 体得 う う 実践 学 知識 学習項目 あ 列 挙 固定的 体系的 活動項目 存在 活動 状況 変容 う

本 発表 ガ 本 理論的背景 教育 商品化 消費 日本語教育 現状 問題点 現状 打開 方向性等 い 論 続 三 発表 発表者 行 い 一 答え 求 い実践

考え方 あ 方 提示 可能性 探 具体的 発表 キ 留学生 対象 一人 自分 興味 目的 異 本 読 読 人 思い 共有 読書 活動 い 考え 発表 ギ 議論 通 世界 問題 関 自分 答え 明確 上 複数 答え あ 考え 活動 い 考察 発表 ク 日本語教師 対 象 教師達 日本語教育観 教育実践 他者 対話 明 い 活動 い 論

(38)

口頭発表

キカガケ 年 ゲ 月 ガケ 日 土 ガクサカカエガクサクカ 教室 Cニタエキォガク

日本語学習支援過程における学習者の意識変容

ハャム マャaラモiラモ リメ lムaロラムロsア awaロムラムss

iラ tャム ルロリマムss リメ Jaルaラムsム lムaロラiラモ suルルリロt

千花子 早稲田大学大学院

現在 日本語教育 現場 現場 実情 合わ 様々 日本語学習支援実践 行わ い 早稲田大 学 い 留学生 日本語 母語 い学習者 急増 伴い わ 日本語 ィ以下 イ いう日本 語学習支援実践 キカガガ 年 展開 い

筆者 現在 支援 実践 携わ い 留学生支援 留学 生 最初 接点 黒田 キカガキ ルォガク いう位置 学習者 自律的 日本語学習 支援

目的 ガイ日本語学習 キイ 日本語学習 ソ 関 情報提供 ギイ 日本語学習相談 い 実践 行わ い

日本語学習 関 疑問 悩 抱え 日本語学習者 訪 私 利用者 対 約 クグ 分 行い 利用者 自身 日本語学習 関 主体的 考え う促 必要 思わ 学習 ソ 紹介 行う あ 常 利用者 自律的 日本語学習 実現 遠 見据え 教え い 決 い 評価 い 奥田 キカガキ いう 心 い 自律 いう用語 関 青木ィキカガガイ 学習者

定義 援用 学習者 自分 学習 関 意志決定 自分 行 う 能力 あ 学 習 目的 目標 内容 順序 ソ 利用法 場所 評価方法 自分 選 いう あ 青木 中田 キカガガ ルォキ

本発表 継続的 ケ 月以上 わ ガ 週間 ガ〜キ 回程度 利用 学習者Y 調査対象 行 分析 結果 発表 日本語支援過程 学習者 意識変容 考察 上 う 意識変容 学習者 日本語学習 う 影響 与え 自律性 う 関連 い 論

参考文献

黒田史彦 キカガキ 留学生支援 構図 早稲田日本語教育実践研究 刊行記念号,ゲエキギォ

奥田純子 キカガキ 日本語学習 ― 深 大切 ― キカガキ 年 グ 月 ガキ 日,早稲田大学日本語教育 学会 キカガキ 春季大会 企画講演会

青木直子 中田賀之 キカガガ 学習者 ―初 人 ― 青木直子 中田賀之編 学習 者 ―日本語教育 外国語教育 未来 ― 序章, 書房,ルルォガエキキォ

(39)

キカガケ 年 ゲ 月 ガケ 日 土 ガクサカカエガクサクカ 教室 Cニタエキォガゲ

上 自律学習者

日本語学習 日本関連商品 購入傾向

―学習目的

日本観光旅行 注目

ハムラdムラマヴ リメ ニuロマャasiラモ ニロリduマts ネムlatムd tリ Jaルaラ リロ

Jaルaラムsム デムaロラiラモ ポヴ ノムlメ-diロムマtムd デムaロラムロs リラ tャム ツラtムロラムt

吉開章 ハャム 日本語 デムaロラiラモ Cリmmuラitヴ 主宰オ株式会社電通

<概要>

論者主宰 チボマムポリリユ 上 日本語自律学習者支援 ハャム 日本語 デムボロラiラモ Cリヨヨuラitヴ 以下

参加者 対象 日本語学習 日本関連 商品購入傾向調査 実施 主 学校 日本語学習経験者 以下 学校経験者 経験 い 以下 学校 未経験者 学習目的 日本 観光旅行 挙

以下 日本旅行目的者 注目 分析 結果 学校未経験者 学習関係書籍 購入経験 経験者 比 少 い 一定割合存在 日本旅行目的者 様々 日本関係商品 積極的 購入 い 分 日本旅行目的者 対応 通 日本語教育 観光 及 経済的 影響力 可能性 見え

<調査概要>

実施時期:キカガケ 年 ギ 月 ガグ 日〜キカ 日

実施方法: Gリリモョム 日英併記無記名 告知 有効回答数:ガギギ 件

国地域別内訳:ギゲ 国地域

主 国地域:ガコ 件:台湾 ガケ 件: ゲ 件: ケ 件: グ 件: 中国 ク 件: 香港 他 キケ 国地域

<主 結果>

 学習書籍購入経験 学校経験者 未経験者 比較 紙 教科書 文法書 ケク% グガ% 紙 辞書 クク% ギギ% 教科書 文法書 キガ% ガコ% 辞書 キゴ% キカ% あ 未経験者 方 経 験者 対 少 い い 一定規模 購入経験 認

 趣味的 購入経験 多 ガイ日本語 音楽 キゲ% キイ日本語 映画 キク% ギイ日本 旅 行 キキ%

 学校経験者 日本旅行購入経験者 キゲ% 非経験者 ガキ% 比 倍以上大

(40)

<考察>

新興国 中心 日本語学習者 限 日本旅行希望者 増加 一途 海外日本語教育施策 一環 観光 学校 学習 上 自律学習 い 本調査結果 示唆 う 学習者 様々 日本関係 商品 積極的 購入 う

日本観光旅行 あ 日本語 話 う 楽 方 充実度 大 違う 日本旅行目的者 高い 購入力 あ 思わ 今回 結果 沿 い う 学習者 戦略的 集 付加価値 高い実践学習 提供 日本語教育 巨大 観光産業 一角 担う う 日本語教師 待遇問題解決 一助 い う

(41)

キカガケ 年 ゲ 月 ガケ 日 土 ガクサクグエガグサキグ 教室 Cニタエキォガク

言語教育実践 場 非専門家 あ 学生

何 気

何 感 何 学

―慶應 ノチC

日本語

対象

質的研究―

ハャム tヴルムs リメ awaロムラムss モivムラ tリ “ラリラ-ルロリメムssiリラals”

tャロリuモャ tャム laラモuaモム ムduマatiリラal ルロaマtiマム:

A レuaラtitativム studヴ リラ “suロvival Jaルaラムsム sムssiリラ” at テムiリ ノチC

大川晃典 李維寧 伴野崇生 慶應義塾大学

言語教育 商品化 消費 い 考え 際 非専門家 素人 存在 軽視 い 本

い 発表者 非専門家 素人 言語教育実践 意義 役割 い 商品化 消費 観点 考 察 行う 伴野 李 大川 キカガケ 本発表 非専門家 素人 言語教育実践 事例 示 考察 行う 具 体的 慶應義塾大学湘南藤沢 以下 慶應 ノチC 日本語 以下 ノJノ

考察 対象 実践主体 あ 非専門家 何 感 何 気 何 学 い 質的 考察 行 い ノJノ キカガグ 年度秋学期 慶應 ノチC 行わ 教育オ学習支援実践 あ 学期 い 留学 生 急増 受 始 あ 発表者 あ 大川 李 含 学生 コ 名 中心 発表者 一人 あ 日本語研 究室 教員 あ 伴野 行わ 学生 言語 文化 関 研究会 履修者 あ 日本語教育能 力試験合格者 留学生 帰国生 ガ 名い 言語教育オ学習支援 受 あ 者 い

毎回一人 数名 回 担当者 内容 考え 助言 得 内容 変更 改善 加 え 上 実践 行 約 キ ヶ月行わ 参加 日本語学習者 固定 い 概 毎回 ガカ 名

参加 い

本発表 ノJノ 参加 内容 考え あ い 側 学生 注目 学期末 書い 質的 統合法ィテJ 法イ 山浦 キカガキ 分析 統合 考察 行 結果 言語教育オ学習支援実践 い

文化 う捉え い 学習者 う考え活 い 媒介語使用 言語学習 う 影響 与え 関 多 気 あ 示

本研究 意義 当事者 質的研究 手法 従 自分 何 気 何 感 何 学 記述 いう 留 い 将来的 専門家 目指 い い 非専門家 素人 あ 適切 環境 短 期間 言語教育オ学習支援 必要 視点 得 示 い 非専門家 素人 引 起 存在 得 主張 伴野 李 大川 キカガケ 主張 支持 言え う

参考文献

山浦晴男 キカガキ 質的統合法入門 考え方 手順 医学書院

(42)

口頭発表

キカガケ 年 ゲ 月 ガケ 日 土 ガクサクグエガグサキグ 教室 Cニタエキォガゲ

言語教育 商品化 伴う教育側 進化

ダvリlutiリラ リメ ダduマatiリラ Assリマiatムd witャ

Cリmmムロマializatiリラ リメ デaラモuaモム

李暁燕 九州大学 橋本敬 北陸先端科学技術大学院大学

近年 言語教育 世界 二 顕著 動 あ 一 学校 営利目的 活動 う一 ダエョムボロラiラモ 進展 あ 筆者 李 中国 日本 日本語教育現場 身 教育研究活動 行 二 教育現場 様々 点 異 言葉 教え 立場 立 教師 目 共通 点 多々あ ガ 言語教育 商品化 進 い あ 中国 某外国語大学 勤 正規 日本語学科 担当 大学 営利目的 行う企業 教育連携 社員教育 社会人向 日本語教室 担当 い 日本 英会話中心 駅前留学 盛

あ 各種日本語学校 事業継続 利益 出 努力 い 基礎教育 い 言語教育 商品 化 進 い いえ あ う 一方 iニボミ 等 普及 伴 言語学習 続々 出 来 い 情報通信技術 発展 教育産業 iニボミ 等 普及 推進 Aルルョム 企業 取 組 あ 今後 企業 参 画 ダエョムボロラiラモ 発展 い 予想 本研究 二 動 言語教育 商品化 面 捉え 動 言語教育 う 進化 い い 議論

筆者 共同研究者 日本語 明示的及 暗黙的 両方 習得 学習方法 提案 実 装 ダエョムボロラiラモ 構築 形式的 学習 用い 学習者 自 創 作 対 母語話者 暗黙的 含 得 繰 返 学 習効果 あ 検証 い 本 利用者 調査 文字 難 い

画像 動画 加え い 声 あ 本学習 使え 広 告掲載 有料化 商品化 動画 加え わ 楽 学 開発 進 経費 得

う 学習者 一層 自己効力感 学習効果 期待 自主学習 う 学習方法 学習効果 確 研究 進 資金

教育 大衆化 技術 普及 キガ 世紀 言語教育 狭義 教育 枠 囚わ 商品化 志 向 捉え い あ う 教育側 学習者 立場 立 教育 あ 方 常 考え直 教育 内容 方法 進化 い 必 要 あ タロuマユムロ ガゴゲク 論 う 受 手 認 期待 成立 教育 学 習者 認 期待 成立 継続 言え う 教育 進化 加速 手段 一 商品化 考え 教育 商品化 次 う 捉え い 学習者 金 払 い 思え 教育 教育方法 提供 資金 得 常 良い 方法 開発 研究 進 含 教育事業 推進 好循環 あ

(43)

キカガケ 年 ゲ 月 ガケ 日 土 ガグサググエガケサギグ 教室 Cニタエキォガク

近年 日本語教育環境 変化 教育界 対応

ネムマムラt tロムラd リメ Jaルaラムsム ムduマatiリラ iラ ニリlaラd aラd

tャム ロムaマtiリラ リメ ムduマatiリラal iラstitutムs

坂本龍太朗 ワ ワ日本語学校

※ 発題

在 日本国大使館 現在 全体 ワ ワ 日本語教育機関 存在 近 年 日本語 扱う言語学校 数 増加 傾向 あ 親日国 報告 年 中国 同数 世 界一 文部科学省奨学生 派遣 国 日本語教育界 現状 う い 万人近 来場者 記録 続 有数 日本祭 中東欧 各国 参加 い 中東欧書道 現在 機 関 壁 越え教師会 大使館 商工会 日本人会 幅広い協力 連帯 強 日本 幅広 売 出 い

背景 近年国家的財政支援 受 各国 学習者数 増 い 東 言語 広 対 危機 感 見え隠

日本語 学 学校 いう時代 言語学校 増え 伴い 学習者 多 選択肢 中 学校 学 選 時代 突入 今 あ 特別 学習者 自然 増え い 言語学校 否応 競争 波

波 中 教科書 教師 消費者 あ 学習者 評価 商品 化 い 社会 到来 利用者 若年化 傾向 拍車 い 教師 存在 前面 押 出 学校 授業 料 安 学校 日本文化 授業 取 入 学生 取 込 図 学校 あ 一方 時代 波 対 応 学生数 減 い 機関 存在

発表 日本語教育界 現状 い 要約 始 中 教師会 役割 い 取 上 学習者増加 伴い 日本語弁論大会 運営 応募者 急増 改革 求 国立大学 私立大学 言語学 校 立場 違う機関 教師 集う日本語教師会 荒波 う乗 越え

次 日本祭 言語学校 唯一過去 年間実行委員 派遣 年間 学生数 倍 ワ ワ日 本語学校 実践報告 い 取 扱う 言語教育 商品 考え 場合 付加価値 付 商品 価値 高 必要 あ ワ ワ日本語学校 場合 各種ワ 太鼓部 文化活動 言語教 育 付随 付加価値 意味合い 持 い 言語学校 大学 違い 商品化 急速 進 い

大学 日本語教育 言語学校 日本語教育 間 必然的 大 差 生 今後 差 広 い 思わ

言語学校経営 いう視点 言語教育 商品化 消費 い 考え い 本発表 ワ ワ日本語学校 共同研究 あ

(44)

口頭発表

キカガケ 年 ゲ 月 ガケ 日 土 ガグサググエガケサギグ 教室 Cニタエキォガゲ

商品化

言語教育

学習体験 質的分析 基 学習観 変容過程

―中国

言語教育 対象

ハャム tロaラsメリロmatiリラ ルロリマムss リメ lムaロラiラモ マリラマムルtiリラ

ポasムd リラ tャム レualitativム aラalヴsis リメ lムaロラiラモ ムンルムロiムラマム iラ

マリmmリdiメiマatiリラ リラliラム laラモuaモム ムduマatiリラ:

ハaロモムts at リラliラム laラモuaモム ムduマatiリラ iラ Cャiラa

柳瑶 閆婉新 東北大学

近年 日本 外務省 キカガキ 日本国外 日本語教育 課題解決策 ツハ 化 推進 提唱 い 実際 中国 い 情報通信 ワ 環境 開発 本格的 進 ツハ 化 潮流 言語教育 いう 形 外国語教育分野 及 い う 言語教育 市場 参加 経済主体 多様性 市場 供給

財 同質性 市場 参加 経済主体 情報 完全性 及 市場 参入 退出 自由 保証 公文 大橋 キカガク い ワ 社会 完全競争 条件 合致 あ 商品化 進 い 例え 専門学習

滬江 辞書 有道辞書 あ

う 商品化 言語教育 存在 有効性 関 学習者 認識 高 あ 一方 利用率 低 い いう問題 指摘 い 原因 内容 自分 向い い い 有料項目 多 負担 い い 点 指摘 い 席 李 キカガグ う 問題 背後 人 金 時間 減 安 短期 間 労力 目標 達成 鈴木 キカカグ いう過度 商品化傾向 進 言語教育 在 方 あ

一方 商品化 言語教育 関 先行研究 多 教材 機能 李 キカガガ 評価 重点 置 学 習者 学習体験 詳細 関 質問紙調査 満足度 評価 留 い う 点 い 松田 キカカゲ

ム 学生 満足度 質問 平均値 一定 超え い ム 成功 あ 教 育 学習 質保証 い う 少 ム 質保証 不十分 あ 問題性 指摘 い

本研究 中国 い 最 利用者数 多 認知度 高い 言語専門学習 滬江 利用者 グ 名 対象 商品化 言語教育 学習体験 焦点 当 学習者 体験 詳細 及 学習者 学習観 変容過程 い 明 目的 調査 半構造的 sムヨiエstロuマtuロムミ 深層的ィiラエミムルtャイ 自由回答 的ィリルムラエムラミムミイ 採用 得 意味要素 化 最終的 商品化

日本語教育 学習者 学習体験 構築 本研究 結果 日本語教育 学習者 言語学習 い 効果的 進 言 学習観 変容過程 明 う 学習者 学習観 基 日本語 教育 在 方 い 議論

参考文献

(45)

鈴木克明 キカカグ ムエデムボロラiラモ 実践 日本教育工学会論文誌 キゴ ギ ルルォガゴゲエ キカグ

李妲莉 キカガガ 多媒体日语教材的开使用与价―以 日本初オ中级综合教程 与研究 第 ク

期 总ガググ 号 ルルォガキカエガキゲ

松田志士 合田美子 玉木欽也 ム 多様 活用 質保証 評価 ワ 教育研究 ギ キ ルルォガエガガ

(46)

口頭発表

キカガケ 年 ゲ 月 ガケ 日 土 ガケサクカエガゲサキカ 教室 Cニタエキォガク

参加

経験学習 日本語教育実習 あ 方

ダンルムロiムラtial lムaロラiラモ tャロリuモャ ルaロtiマiルatiリラ as laラモuaモム mリラitリロs:

ネムtャiラkiラモ tャム Jaルaラムsム tムaマャiラモ ルロaマtiマum

三井晶子 Yリロk バラivムロsitヴ 山本裕子 中部大学

本発表 大学 校 日本語 実施 日本語教育実習 い

以下 参加 教育実習生 得 学 経験学習 ムンルムロiムラtiボョ ョムボロラiラモサ テリョポェ ガゴコク 効果 教師養成講座 新 役割 論

日本語教育実習 一般的 既存 実習者 教師 見習い 立場 参加 あ う 従 来型 実習 指導教員 下 実際 授業 中心 あ う 授業 進 授業内 学習者 応対

いう教師 あ 方 指導技能 実習指導 あ 学習者 生 付随的 あ 学習者 関係 教師 関係性 疑似的 限

一方 本 い 大学 日本語 初 試 あ 実習生 キ 週間 期間中 学習者 寮 共同生活 全 活動 学習者 共 行 い 常 日本語 環境 作 求 実習生 送 出 受 入 双方 連携 指導 下 事前

教材作 一部参加 教壇実習 準備 行い 内 実際 教壇実習 行い 教師 体験 機会 得 筆者 目標言語使用 実態 本実習 実習生 学 明 キカガク 年度 学習者 実習生双方 事 前事後 実習生 外 食事時等 会話 録音 受 入 側 教師 記録 分析 行

以下 結果 得

目標言語使用 い 学習者 国内 大学 日本語 年間学 あ 関わ 期間中 終了後 い 学習者間 常 日本語 使わ 日本語 形成 認

形成 要因 一 存在 貢献 大 認

実習生 学 い ガイ 教師 役割 授業 位置 い 自分 考え キイ いう立場 学習者 日本語 う 楽 学習 効果的 会話 体 験 ギイ 一環 学習者 身内的立場 共 現地 様々 日本人 関わ 場 持

人々 学習者 接 方 観察 自 比較 学習者 接 方 い 何度 省 機会 持 い 気 認

う 教育実習参加 実習生 実際 教育場面 社会生活 い 学習者 関わ 多面的 学 機会 養成講座 教育実習 専門性 高い教員 養成 日本語 第一言語 い人々 関わ 的役割 果 人材育成 場 う 示 い

(47)

キカガケ 年 ゲ 月 ガケ 日 土 ガケサクカエガゲサキカ 教室 Cニタエキォガゲ

外国語環境

教室 価値

―教室内外 語彙学習 取 組

分析

ハャム valuム リメ tャム マlassロリリm iラ Jチデ ムラviロリラmムラt:

Aラalヴsis リメ マasムs リメ vリマaポulaロヴ lムaロラiラモ iラ aラd リut リメ tャム マlassロリリm

李羽喆 早稲田大学大学院

.問題 目的

衣川ィキカカゴイ 教室 学 生 場 定義 外国語環境 い 学習者 自然習得 機会 少 い 学 過程 い 教室 極 重要 役割 果 い 今現在 通 学習環境 変わ あ 教 室外 学習 ソ 豊富 い う 学習環境 変化 対応 我々教室 立 言語教師 あ 意味 外国 語教育 いう商品 提供 い 側 消費者 あ 学習者 立場 教室 行 価値 考え 必要 あ 思う

秋田ィガゴゴグイ 学習者 見 教室 自分 関係 中 様々 意味合い 付与 い 個人的色彩 濃 持 概念 あ 述 い 語彙学習 学習者 個人差 あ 学習者 意識 見 言わ い

本研究 教室内外 語彙学習 取 組 分析 学習者 教室内外 う 勉強 い 教室 期待 い 検討 試

.方法

調査協力者 中国 大学日本語専攻生 年生 ゲグ 名 あ 課題 教室内外 語彙学習 大学 日 本語教室 い いう 自由記述 実施 課題 教室内/外 う 語彙学習 い

いう質問 設 課題 教室 場所 思う 教室 何 い 何 得 い 理想的 教室 あ いう質問 手続 学習者 十分考え 実施場所 教室外 時間 制限 特 設

記入言語 母語 中国語 日本語 訳 内容 トエGハA 方法 化

.結果 考察

課題 結果 教室内 語彙学習 教室外 大 異 確認 具体的 教室内 先生 従う 教科書 従う 上位 位 あ 受身的 学習実態 明 対 教室 外 音楽 集 調 使 上位 位 あ 学習者 積極的 姿勢 表 現 意欲 見

課題 結果 多 学習者 現在 教室 日本語 専門知識 文化 学 場所 捉え い 判 明 教室 自己表現 機会 い 自信 持 話 う い 他者 意見交換 い いう要望 あ 分 理想的 教室 教科書 外 時 あ 気楽 雰囲気 仲良い人間関 係 助 合う 話 合い 学 合え いう要素 あ い 期待 い 分

(48)

参考文献

衣川隆生ィキカカゴイ 教室 考え 水谷修監修,小林 ,衣川隆生編 日本語教育 過去 現在 未来 第 ギ 巻 教室 ェ 凡人社ェ ガエキカォ

秋田喜代美ィガゴゴグイ 教え いうい エ授業 創 思考過程 佐藤学編 教室 いう場所 ェ国土社ェクケエコグォ

(49)

キカガケ 年 ゲ 月 ガゲ 日 日 ガクサキカエガグサカカ 教室 Cニタエキォガク

大学 日本語教室 学生 日本語 学び 来

Jaルaラムsム laラモuaモム マlassムs iラ Austロalia,

wャムロム tャム studムラts dリ ラリt ラムマムssaロilヴ マリmム tリ lムaロラ Jaルaラムsム

ソ 木下千尋 バドノヒ Austロalia

発表 日本語

ハャis ルロムsムラtボtiリラ wiョョ ポム iラ Jボルボラムsムォ

ハャis ルボルムロ ボロモuムs tャボt Jボルボラムsム ョボラモuボモム ョムボロラiラモ iラ Austロボョiボ ャボs sャiメtムミ ョボロモムョヴ メロリヨ ルリョiマヴ ミロivムラェ iラstロuヨムラtボョョヴ ヨリtivボtムミ ムラミムボvリuロsェ tリ iラミiviミuボョ マリラsuヨルtiリラ リメ tャム ムラtムロtボiラヨムラt ボsルムマt リメ ョムボロラiラモ Jボルボラムsムォ

ハャム ョムボロラiラモ リメ Jボルボラムsム iラ Austロボョiボ stボロtムミ iラ tャム ヨiミst リメ Jボルボラ’s ツヨルムロiボョisヨ ボラミ tャム ヒャitム Austロボョiボ ニリョiマヴ wャムラ Jボルボラ wボs マリラsiミムロムミ ボ tャロムボt tリ Austロボョiボォ ハャus ョムボロラiラモ リメ Jボルボラムsム wボs stロボtムモiマ ボラミ ルロボモヨボtiマォ ツt wボs メリョョリwムミ ポヴ tャム ムロボ iラ wャiマャ Jボルボラ wボs Austロボョiボ’s ドリォ ガ tロボミiラモ ルボロtラムロォ ツラ tャis ムロボェ tャム Jボルボラムsム ョボラモuボモム wボs マリラsiミムロムミ iヨルリロtボラt メリロ tャム ラボtiリラ’s ムマリラリヨiマ モボiラォ ハャム ヨリvム メロリヨ tャム ヒャitム Austロボョiボ ルリョiマヴ tリ tャム ヨuョtiマuョtuロボョ ルリョiマヴ iラ tャム ゲカ’s ボラミ コカ’s ルョボマムミ Jボルボラムsム ボs リラム リメ tャム ラボtiリラ’s ルロiリロitヴ ョボラモuボモムsォ Jボルボラムsム wボs ルリsitiリラムミ ボs ボラ iミムボョョヴ ミistボラt ョボラモuボモム メロリヨ ダラモョisャ tリ ロボisム マuョtuロボョ ボラミ iラtムョョムマtuボョ ボwボロムラムss リメ sマャリリョ マャiョミロムラォ ハャム ラuヨポムロ リメ ョムボロラムロs リメ Jボルボラムsム ロリsム ボラミ Jボルボラムsム ポムマボヨム tャム ヨリst wiミムョヴ stuミiムミ メリロムiモラ ョボラモuボモム iラ

Austロボョiボォ ダvムラ ボメtムロ tャム sリエマボョョムミ Jボルボラムsム ポリリヨ ムラミムミェ リラム iラ tムラ sマャリリョ マャiョミロムラ ボロム stiョョ stuミヴiラモ Jボルボラムsム iラ Austロボョiボォ ハャロリuモャリut tャムsム マャボラモムsェ Jボルボラムsム wボs マリラsiミムロムミ tリ ポム usムメuョ tリ Austロボョiボェ tャus tャム ルリョiマiムs ャボvム ボミvリマボtムミ sマャリリョs ボラミ uラivムロsitiムs tリ tムボマャ Jボルボラムsムォ Jボルボラムsム ャボs ポムムラ マリラsiミムロムミ ボ stロボtムモiマ tリリョ メリロ Austロボョiボ’s sムマuロitヴェ ボ ルロボモヨボtiマ tリリョ メリロ Austロボョiボ’s ムマリラリヨヴェ ボラミ ボラ iラtムョョムマtuボョ tリリョ メリロ Austロボョiボ’s ムミuマボtiリラォ

Updating...

関連した話題 :