中学校社会体験チャレンジ事業 平成24年度 教育委員会事務点検評価報告書 狭山市公式ウェブサイト

Full text

(1)

2 5

◆第一

評価

担当課

評価

そ 特定 源

一般 源

人件費 直

学校 家庭 地域社会 連携 生 正 い勤労観や職業観 社会性を身 け せ た 社会体験

事業を実施す

決算 ~

効 性 必

312

85

644

評価 視点

120,800

629

評価

単位当た

経費

様々 事業所 社会体験活動や人々 触 合い 社会性や自立

心 正 い勤労観や職業観を育成す 効果的 あ 実施す こ

実用性 高い

9

前年度

0.07

事務事業

評価

効率性

指標

目的 妥当性

市民ニ 対応

市 関与す 必要性

市 担す 必要性

1,087

事業開始

背景等 事業区分

子 達を 巻く環境 変化す 中 勤労観や職業観 未熟 や社会性 如等 ニ トやフ リ タ 早期離婚者 増加す 問 い こ た 子 達 正 い職業観や勤労観

社会性を身 け せ こ 急務 い

個別計画

名称

114,000

44

総合振興 計画

位置 け

1,026

対象

事務事業

目的

施策

全中学校 目的

事務事業

名称

-章

節 実施期間

教育 容 充実

実施根拠

実績値

10

10

10

度 活動 容

段 前 度 方向性 対 す 改善活動

環境配慮

前 度方向性評価

進路 キャリア教育 一環 行わ 体験活動 勤労観 職業観 形成 自己 可能性や適性 理 解 学 こ 意義 理解 学習意欲 向 等を い す 地域 事業所 い 事前事後学習

加え 事前訪問を く 日間 体験を 校 人 行 た

学識経験者

意見等

3

目標値 根拠 考え方

必要度 高い事業 考え 事をす こ 職業 事す こ 対す 意識 経験 少 い生 多様 職業

を示 働くこ 意味や意義を理解 体験 せ た 地域 様々 事業所 団体 個人 連携 協力 求 各学校や教員をサポ トす 体制を用意す 必要 あ 考え

た 農業体験宿泊学習 実施校 少 い 学校 保護者 十分 打ち合わせ等 必要 い < 段階評価>    :極めて高い  :高い  :普通  :低い  :かなり低い

9

10

参加生 一人あた

均参加日数 全参加延 日数/参加生

3

4

100.0%

4

3

現行 容 工夫 改善を加え す 全中学校 校 実施す

教職員 各事業書 連携調整を図 事業所 協力 得 経費 最 限 効率的 実施す こ た 今後 多く 事

業所 協力を得 い たい

100.0%

3

3

133.3%

133.3%

目標値

中学校社会体験

チャレン 事業

実施校数

今後

方向性

前年度 個

手段 最適性

コ ト効率 向 益者 担 適正化

執行体制 効率化 効

事業費計 直接費決算 +人件費 経

事職員数

10

チャレン 事業実施校数

全中学校 実施す こ 直接的 効果 中学校 生 を

地域社会 け入 こ 学校 地域 連携 深 開 た学校 く 寄与す こ た

項目

443

397

350

350

350

教育委員会 学校教育部 教育指 課

- 1111 線 5652 04

区分

度教育委員会事務点検評価

度実施事務事業

評価表

事業費

整理番号

16

事務事業

基本事項

度 単位

250

92

千 千

398

9

評価理由

単位コ ト 実施 校当た 経費

106,000

活動目標 達成度

成果 向

位施策 献度 市民サ ビ 向

前年度

人 予算

338

国県支出金

0.07

430

45

0.07

実績値 目標値

90.0%

千 人件費 事職員数× 均給与

指標名

実施形態

区分 指標名 区分 単位

各事業所 生 赴くこ 活動先 環境配慮を学び 学校 活用 を 入

) (

事務事業

実施状況

成果

(

活 動

咂 実 施

90.0%

10

達成率

目標値 達成率

人を育 文化を創造す ちを

学校教育 充実

9

中学校社会体験チャレン

事業

担当部課

電話番号

度 成 13

2953

630

1,060

咁 成

咂 成

達成率

目標値 実績値

達成率 実績値 中学校社会体験

チャレン 事業 参加率

直営 全部委託 一部委託 補助・負担 その他

内容の見直し 抜本的見直し 廃止 休止 完了

指定管理

Figure

Updating...

References

Updating...

Download now (1 pages)