• 検索結果がありません。

若手科学者アジア会議

N/A
N/A
Protected

Academic year: 2018

シェア "若手科学者アジア会議"

Copied!
2
0
0

読み込み中.... (全文を見る)

全文

(1)

若手科学者 会議

○主 催 日本学術会議若手 ミ 委員会

○日 時 26 2 14()10:0018:00

○場 所 日本学術会議6-A(1)(2)会議室

○開催趣旨

ン ネッ 情報 術 恩恵 地球規模 情報交換 盛 行わ す す人 多い 存在感 増すこ 必至 あ こ う 状況 鑑 地域 未来 創造/想像す 若手科学者 会 議 国 い 開催す こ 同地域 一員 し 国

責務 一 あ 文 的 経済的 多様 地域 こ 未来 い 貢献 役割 果たす 使命 い 各国 代表す 科学者 一堂 会し 議論 対話す 機会 企画し催すこ 国際的 ッ

いう観点 も必須 あ 考え

同会合 目的 地域 Global Young Academy GYA メンバ 招聘

し 世界 け 地域 学術的課題 共 し 将来 展望 討議す こ あ 若手科学者 国際的 連携 う す同会合 意義 GYA も 了 さ そ 開催情報や 果 GYA ネッ ワ 介し 発信さ

こ い

○次 第

10:00 開会挨拶

駒井 章治

日本学術会議特任連携会員 奈良先端科学 術大学院大学バ サ ン 研究科准教授

10:15 学術講演1

Infrastructure for transition to knowledge-based economy in Kazakhstan Kassymkhan Kapparov

(2)

Representative of the National Agency for Technology Development of Kazakhstan in the United States of America,Kazakhstan

11:00 学術講演2

三体力―― く 新しい核力 話 Three Nucleon Forces: Story of old but new nuclear forces

関 仁子

日本学術会議特任連携会員 東 大学大学院理学研究科准教授

14:00 学術講演3

Advance in Light Microendoscopy Wibool Piyawattanametha

Director of Advanced Biosensors Laboratory, the faculty of medicine, Chulalongkorn University, Thailand

14:45 参加者全員 ョン

1:キャ ッ 及び生活 研究 ン 2:若手 ミ 未来

3:科学 術政策

4:学際的 研究活動 ?

16:00

16:30 ョン結果発表

17:30 会議総括

問合せ先 E-mail:s252@scj.go.jp

日本学術会議事務局 担当:井須

参照

関連したドキュメント

2)摂津市障害者地域自立支援協議会代表者会議 年 3回 3)各支援学校主催会議や進路支援等 年 6回

2)摂津市障害者地域自立支援協議会代表者会議 年 1回 3)各支援学校主催会議や進路支援等 年 5回

日数 ワクチン名 製造販売業者 ロット番号 接種回数 基礎疾患等 症状名(PT名).

社会学文献講読・文献研究(英) A・B 社会心理学文献講義/研究(英) A・B 文化人類学・民俗学文献講義/研究(英)

Urine metabolomics analysis for biomarker discovery and detection of jaundice syndrome in patients with liver disease. Wang X,

グループワークに入る前に、グループワークをうまく進めるためのポイントについ