paper watari slides 最近の更新履歴 中部地区英語教育学会 岐阜地区 paper watari slides

31 

Loading....

Loading....

Loading....

Loading....

Loading....

全文

(1)

第42回中部地区英語教育学会 2012年7月1日 自由研究発表③

教育文法の構成原理に

関する理論的考察

亘理 陽一

(2)

発表の概要

0. 本発表の目的

1. 背景

2. 概念の整理

3. 文法指導・文法教材の原理

4. 知識の表象・組織の分析

(3)

0. 本発表の目的

(4)

1. 背景

1-1. 教育内容構成論の不在

森住(2010):英語教育学を「英語教育の目的・ 目標・方法を研究する学問分野」と定義

「目標とは目的を達するために教えるべき内容や 取り上げる活動」「大別すると,言語材料(知 識),言語活動(技能),言語観(観点)の3 つ」(森住 2010: 4)

(5)

1. 背景

1-2. 教育内容と教材の区別

これまで教育(方法)学は両者を区別することで展開

教育内容:科学的概念の構造や,それを構成する 事実の何をどのような順序で教えるか

教材:個々の科学的概念を習得させるうえに必要 とされる材料(事実,文章,直観教具など)

(6)

1. 背景

1-2. 教育内容と教材の区別

例.「現在進行相」の教育内容構成・教材構成

「BEの変化形+動詞のing」の形であり,

活動がすでに始まっていて,終わりに向 かって進行しているが,まだ終わってはい ないということを意味する」

(7)

1. 背景

1-2. 教育内容と教材の区別

例.「現在進行相」の教育内容構成・教材構成

a) The bus is stopping.

b) He is reading a paper now.

c) He is tapping his pen on the table. 

d) He is living in Shizuoka.

a) → b) → c) → d)

(8)

1. 背景

1-2. 教育内容と教材の区別

例.「現在進行相」の教育内容構成・教材構成

a)について:An excerpt from Mr. Watari s diary: … I m very disappointed now. I

participated in our class relay. We { won / were winning } the race, but then I hurt my leg! Finally, Mr. Fukuta s team { won / was winning } the race. I will never forget this experience.

(9)

1. 背景

1-3. 区別しないことの問題点

(特に)「言語材料」が所与のものとされて しまう危険性がある

ある授業で上手くいった要因,あるいは上手 くいかなかった要因を,教育内容(構成)に 帰すべきか,教材に帰すべきかが分からない ままになりかねない

(10)

2. 概念の整理

2-1. 教育文法とその研究目的

対象を学校教育の一環としての英語教育にお ける文法教育に限定

教育文法:指導・評価のために(教師・学 習者向けに)編集された構造や規則の体系

文法:「特定の語用論的制約によって決定 される有意味な構造とパターンの体系」

構造・パターンなしに用例を列挙

(11)

2. 概念の整理

2-1. 教育文法とその研究目的

Swan (1994)の「教育的言語規則」の設計基 準やその相互連関を具体的に明らかにしよう とする教育文法研究を意図

言語学的側面:学習者によって内面化され 言語運用の基礎となる文法の内容はどのよ うなものであるべきか

(12)

2. 概念の整理

2-2. 文法指導の位置づけ

理論的・実証的研究の蓄積は膨大な量にのぼ る;学習に何らかの有効性を持つことは多く の研究によって支持されているが,文法指導 の占める位置については依然として様々な立 場が存在

(13)

2. 概念の整理

2-2. 文法指導の位置づけ

文法指導:(A) インプットとして文法を導入

(B) 文法説明

(C) 習った文法をアウトプットとして表出

(D) 表出したアウトプットに対しエラー修正

(14)

2. 概念の整理

2-3.

明示的/暗示的指導・学習

明示的学習:インプットに規則性の有無を見 出そうとし,規則性を捉えられる概念・規則 を考え出そうとする意識的なインプット処理

暗示的学習:そのような意図なしに無意識的 に生じるインプット処理

(15)

2. 概念の整理

2-3.

明示的/暗示的指導・学習

明示的指導と暗示的指導の違い:学習者がイ ンプットの背後にある諸規則に関する情報を 直接的・間接的に受け取るか否か

学習者が受け取る明示的説明の質の違いに よって結果のばらつきを生んでいる可能性 はないだろうか

(16)

2. 概念の整理

2-3.

明示的/暗示的指導・学習

本研究は,明示的に教えるのか暗示的に教え るのかという選択には立ち入らないし,その 是非を論じようとするものでもない

(17)

3. 文法指導・文法教材の原理

3-1. 方法論的選択肢

Ellis (2002b):明示的記述・データ・操作的 活動という観点から整理

既存の教材/何らかの指導上の仮説に基づ く教育内容・教材の効果の検証や比較を分 析的に行うことが可能;教材群が持つべき 多様性を測る指標にもなり得る

(18)
(19)

3. 文法指導・文法教材の原理

3-2.

学習スタイルのパラメータ

Tomlinson (2011):教材開発において考慮す べき「原理」16

概ねそうであることが望ましい当為論のリ スト;教育内容の問題と教材の技術的な問 題が区別されていない

教育文法の表象・組織様式への示唆;視覚 的・聴覚的・運動感覚的、研究的・経験

(20)

3. 文法指導・文法教材の原理

3-3. 教育内容の配列

Batstone and Ellis (2009):「効果的な文法 指導は,第二言語習得の過程を補うものでな ければならない」;認知的,情報処理的枠組 みの研究の知見に基づく3原理

「旧から新へ」(Given-to-New)

「気づき」(Awareness)

(21)

4. 知識の表象・組織の分析

4-1. 枠組み

Engeström (1994):知識の質を整理

表象のされ方:記号的・言語的,視覚的・ 画像的,身体的・感覚-運動的

組織のされ方:事実として,定義・分類と して,手続き的記述として,システムモデル として

(22)

4. 知識の表象・組織の分析

4-1. 枠組み

文法教育の内容: 例.「現在進行相」

事実としての知識: 個々の例文・用例

定義・分類としての知識: 文法範疇,一般 的特徴(意味論的定義),抽象的イメージ

手続き的記述としての知識: 配置・移動・変 形等の手順則

(23)

4. 知識の表象・組織の分析

4-2. Murphy (2004)

U1A

U1B

U1A

U1C

U3A

U3A

U3A

U3B

U4

U4A

(24)

4. 知識の表象・組織の分析

4-3. 石黒 (2006)

P1

P1 P1

P1

P1

P2

P2

P2 P2

P3

P3

(25)

4. 知識の表象・組織の分析

4-4. 大西・マクベイ (2011)

導入

導入 導入

導入

導入

A

A

B

B

B

C

C

C

D

(26)

5. 示唆と課題

文法教育の内容構成理論の構築を目的とし

て,学習者が受け取る明示的説明の質を分析 的に捉える枠組みの一つとしてEngeström (1994)を採用し,いくつかの文法解説書の知 識の表象され方と組織され方を検討

Ellis (2002b)の枠組みでは「与えられる」以 上の分類はされない明示的記述に関して,

(27)

5. 示唆と課題

研究課題

明示的知識の内容構成の最適パターン

最適な内容構成や表象の可能性に関す

る文法概念ごとの違い

明示的な文法知識は,非線形の質的転換を 伴うものと想定すべき

知識をどう豊富化するか

(28)

5. 示唆と課題

実践的示唆

よい学習には,両次元においてその質の柔軟 な移動が欠かせない

ある教材に不足している表象・組織を補う

例.大西・マクベイ(2011)身体的・感 覚-運動的表象の補足が必要

(29)

5. 示唆と課題

実践的・理論的課題

発見法的なアプローチ,どのような事実とし ての知識と問いを通じて,どのような定義・ システムモデルを形成するか

事実としての知識=例文の精選と積み上げ

(30)

参考文献

(配布資料に記載し忘れたもの)

Ellis, R. (2002a) Place of Grammar

Instruction in L2 Curriculum. In Hinkel & Fotos (eds.). pp. 17-34.

Ellis, R. (2002b) Methodological Options in Grammar Teaching Materials. In Hinkel & Fotos (eds.). pp. 155-179.

(31)

教育文法の構成原理に

関する理論的考察

目的:英語教育研究における教育内容構成の 理論を構築することを目指して,文法教育の 内容をどのように記述・構成・提示するのか について原理的な考察を行なうこと

学習者が受け取る明示的説明の質を分析的に 捉える枠組みの一つとしてEngeström

Updating...

参照

Updating...

関連した話題 :