整理番号31~40 平成27年度 教育委員会事務事業点検評価報告書 狭山市公式ウェブサイト

10 

Full text

(1)

成27

度教育委員会

業点検評価。

成26

度実施

業)評価表

31

対象

予定

単位:% 実績

予定

単位:回 実績

予定

単位:人 実績

予定

単位:人 実績

予定

実績

整理番号 担当部課

見直し実績

必要性

有効性

効率性

方向性

学力向上 心 教育 徳教育 を推進す ため 専門的 見地 研究を深め そ 成果を広め こ が必要 あ また 学校教育 社会教育 連携を深め こ 児童生徒 体験 場を広 社会教育を推進す ため 必要 こ あ

研究委員 各学校等 教職員 現場 要請を直接反映した研究 そ 成果 各学校等 有効 活 すこ が

各学校等 教職員 研究委員を委嘱し そ 学校等 研究授業等を行い 一般 教員 公開す 研究がそ まま成果発表 つ が また 指 者 し 市 各学 校 管理職等 依頼し お 講師料等 発生し い い

つ 委員会構成 つい 続し 各委員会 適宜必要性 高い課題を研究主題 し 調査研究を進め いく

研究発表会参加者 満足度 90%以上

学校教育や社会教育 今日的 課題 関す 研究を進め そ 成果 普及 活用を通し 学校教育 充実を図

国語学力向上 算数・数学学力向上 学社融合 心 教育 つ 研究委員会 おい 授業研究 資料検討 研究発表会 調査研究を行う

直営

成果指標

活動指標

効率性

11,006

区分

550 90

市 公立小中学校教職員 社会教育関係職員

務 業目的

務 業 容

実施形態

トータルコスト

千 成果指標

高い

方向性 第一次

現行 お

改善 効率化 容

方向性 第 次 調査研究 業

業区分 実施計画 業 施策体系 教職員 資質 向上

必要性 非常 高い 有効性 高い

524440 524442

46

10,909 120 150

学校教育部 教育センタ

活動指標

活動指標

活動指標

成23 度 成24 度 成25 度 成26 度 成27 度 活動指標 委員会開催数 授業研究会を含

活動指標 委員会参加人数 授業研究会を含 活動指標 研究発表会参加人数

96 40

(2)

成27

度教育委員会

業点検評価。

成26

度実施

業)評価表

32

対象

予定

単位:人 実績

予定

単位:人 実績

予定

単位: 実績

予定

単位: 実績

予定

実績

学校教育部 教育指 課

整理番号 担当部課

見直し実績

必要性

有効性

効率性

方向性

学校評議員制度 学校運営 関し保護者や地域住民等 意向を把握・反映し さ 協力をえ こ 学校運営 状況等を周知す 学校 し 説明責任を果たす いう目的 必要性 極め 高い

各校 均 人 評議員 委嘱があ 学校運営 関し 様々 立場 人 意見を聞く こ よ 学校運営 活性化 繋が

評議員会へ 出席回数 予定人数よ 減ったが 各小中学校 回以上 評議員会 開催があ 成果指標 達成率 約 %を達成し 充分 成果をあ た

法 則っ 続 必要性があ

学校評議員会へ 延べ出席人数 小中学校 5校 合計

保護者や地域 意見等を学校運営 反映させ 地域や住民 信頼 応えた 開 た学 校 く よ 一層 推進を図 ます

各小中学校 5~ 人 学校評議員を委嘱し 回以上評議員会を開催す 授業や学校行 参観を行い 学校評議員 意見を聴 学校運営 反映させ ます

直営

成果指標

活動指標

495 175 200

効率性

876 1,055 887

191 191

高い

方向性 第一次

現行 お

改善 効率化 容

方向性 第 次 学校評議員制度運営 業

業区分 実施計画 業 施策体系 学校関係者評価 積極的 公開

区分

必要性 非常 高い 有効性 高い

876 1,055 887

189 480

339 468

175

成27 度 活動指標 学校評議員 人数 小中学校 5校 合計

活動指標 活動指標

175

576 486

438 175

480

務 業 容

実施形態

成23 度 成24 度 成25 度 成26 度

524430

トータルコスト

524461

成果指標

活動指標

活動指標

活動指標

全小中学校

(3)

成27

度教育委員会

業点検評価。

成26

度実施

業)評価表

33

対象

予定

単位:% 実績

予定

単位:棟 実績

予定

単位:棟 実績

予定

単位: 実績

予定

実績

524510

トータルコスト

524511

成果指標

活動指標

活動指標

活動指標

計画対象小学校

務 業目的

務 業 容

実施形態

成23 度 成24 度 成25 度 成26 度 成27 度 活動指標 校舎等 耐震補強設計 延実施棟数

活動指標 校舎等 耐震補強工 延実施棟数 活動指標

57

82.45 87.71

87.71 54

94.73

57

50 54

98.25

94.73 98.25

56

50 54

56 56

295,097 325,015 146,258

小学校校舎等耐震補強 業

業区分 実施計画 業 施策体系 安全・安心 教育環境 確保

区分

必要性 非常 高い 有効性 非常 高い 高い

方向性 第一次

現行 お

改善 効率化 容

方向性 第 次

50 47

効率性

381,026 228,197 146,960

54 56

校舎等 総棟数 57棟 対す 耐震性を確保し い 棟数 割合

小学校 校舎等を耐震補強す こ よ 安全・安心 教育環境を確保します

昭和5 度以前 建築さ た校舎等 つい 耐震診断を行い 耐震補強工 を実施す 併せ 必要 改修工 を行います

直営

成果指標

活動指標

82.45 50

必要性

有効性

効率性

方向性

児童が 日 大半を過 す学習・生活 場 あ ,また災害時 地域住民 避難所 あ こ 本 業 必要性 非常 高い

児童 安全・安心 教育環境を確保す こ が また災害時 避難所 確保 図 こ 本 業 有効性 高い

棟 山王小・水富小 体育館耐震工 山王小学校校舎東棟 耐震補強 入間川小 学校体育館 非構造部材耐震補強工 設計を予定通 実施す 併せ 体育館

トイレ改修工 同時 行うこ よ 予算を効率的 執行した

安全・安心 教育環境を確保す ため また 災害時 避難場所を確保す ため 昭和 5 度以前 建築物 耐震指標 あ Is値が基準以下 対し 非構造部材 耐 震化 成 7 度中 工 を完了させ

生涯学習部 教育総務課

整理番号 担当部課

見直し実績

(4)

成27

度教育委員会

業点検評価。

成26

度実施

業)評価表

34

対象

予定

単位:% 実績

予定

単位:棟 実績

予定

単位:棟 実績

予定

単位: 実績

予定

実績

整理番号 担当部課

見直し実績

必要性

有効性

効率性

方向性

生徒が 日 大半を過 す学習・生活 場 あ また災害時 地域住民 避難所 あ こ 本 業 必要性 非常 高い

生徒 安全・安心 教育環境を確保す こ が また災害時 避難所 確保 図 こ 本 業 有効性 高い

堀兼中武 場及び中央中・入間野中 非構造部材 耐震設計を予定通 実施す 堀兼中体育館 棟 耐震工 併せ 体育館 トイレ改修工 を同時 行うこ よ

予算を効率的 執行した

安全・安心 教育環境を確保す ため また 災害時 避難場所を確保す ため 昭和 5 度以前 建築物 耐震指標 あ Is値が基準以下 対し 非構造部材 耐 震化 成 7 度中 工 を完了させ

33

115,789

効率性

128,580 8,841 58,617

校舎等 総棟数 棟 対す 耐震性を確保し い 棟数 割合 。東中・入間中を除く 7棟 割合

中学校 校舎等を耐震補強す こ よ 安全・安心 教育環境を確保します

昭和5 度以前 建築さ た校舎等 つい 耐震診断を行い 耐震補強工 を実施す 併せ 必要 改修工 を行います

直営

方向性 第 次

68.75 34 34 33

成果指標

活動指標

安全・安心 教育環境 確保

区分

必要性 非常 高い 有効性 非常 高い 高い

方向性 第一次

現行 お

改善 効率化 容

95,319 58,579

34 35

36 36

35 36 37

34 35

75.00 72.91(94.59) 75(97.3)

36 37

68.75 70.83

70.83 35

524510

72.91

計画対象中学校

務 業目的

務 業 容

実施形態

トータルコスト

524513

成果指標

活動指標

活動指標

活動指標

業区分

生涯学習部 教育総務課

成23 度 成24 度 成25 度 成26 度 成27 度 活動指標 校舎等 耐震補強設計 延実施棟数

活動指標 校舎等 耐震補強工 延実施棟数 活動指標

中学校校舎等耐震補強 業

(5)

成27

度教育委員会

業点検評価。

成26

度実施

業)評価表

35

対象

予定

単位:時間 実績

予定

単位:回 実績

予定

単位: 実績

予定

単位: 実績

予定

実績

整理番号 担当部課

見直し実績

必要性

有効性

効率性

方向性

ICTを活用した教育を推進す ため 教職員 校務 能率を上 務負担を軽減す 上 そ 基盤 ネットワ ク環境 整備 不 クセスを防 個人情 報等 流出防 ネットセキュリテ を高め ため 本 業 必要 あ

インタ ネット 活用を進め 児童生徒へ 指 効果を高め 教職員 業務遂行を助 け ため 本 業 有効性 高い

児童生徒 学習能率を高め I(T活用能力を適 育 こ が 教職員 業務遂行 効率化を図 こ が

成 7 度 現行 校務システム 課題等を整理し 成 度 新システム 移 行す

パソコンを活用した授業実施時間 学級あた 均利用時間 時間以上 教育情報ネットワ ク 続的 安定運用 ネット環境 構築を図 ます

教育情報ネットワ クシステム 以下 本システム 狭山市教育ネットワ ク イ ンタ ネット環境整備及び学校管理運営システム 機能を提供す 本システム よ

各学校 インタ ネット及び施設予約・備品管理機能が利用可能 不 クセスを防い います

一部委託

成果指標

活動指標

効率性

17,708

区分

20

市 公立小中学校教職員 児童生徒

務 業目的

務 業 容

実施形態

トータルコスト

千 成果指標

高い

方向性 第一次

現行 お

改善 効率化 容

方向性 第 次 教育情報ネットワ ク運用 業

業区分 実施計画 業 施策体系 快適 教育環境 確保

必要性 非常 高い 有効性 高い

524520 524521

75

17,664

学校教育部 教育センタ

活動指標

活動指標

活動指標

成23 度 成24 度 成25 度 成26 度 成27 度 活動指標 巡回支援回数 5校 各 回

活動指標 活動指標

(6)

成27

度教育委員会

業点検評価。

成26

度実施

業)評価表

36

対象

予定

単位:% 実績

予定

単位:件 実績

予定

単位:件 実績

予定

単位: 実績

予定

実績

生涯学習部 教育総務課

整理番号 担当部課

見直し実績

3

必要性

有効性

効率性

方向性

施設 老朽化が進 機能的 劣化 生 い 中 快適 安全・安心 教育環境を確保す 上 校舎等 改修 必要性 高い

施設・設備 老朽化 対し 計画的 改修工 を実施す こ 快適 安全・安心 教育環境を確保す うえ そ 有効性 高い

間を通し計画を実施す あた 老朽化 よ 突発的 緊急性を要す 故障 発生 す ため 計画通 進 部分 進ま い部分が発生し い

施設 長期使用を前提 引 続 計画的 改修工 を実施し 行く 改修 計画 対す 実施率

小学校施設 つい 必要 改修を行 い 教育環境 改善を図 ます

老朽化した校舎や体育館等 改修を 計画的 実施します

直営

成果指標

活動指標

100 1

2

効率性

100,399 34,158 40,886

普通

方向性 第一次

現行 お

改善 効率化 容

方向性 第 次 小学校校舎等改修 業

業区分 実施計画 業 施策体系 快適 教育環境 確保

区分

必要性 非常 高い 有効性 非常 高い

93,822 32,382 49,025

6 2

2 2

6 2

100

100 100

0

成27 度 活動指標 校舎等 屋上防水等 改修件数

活動指標 校舎等 設備等改修件数 活動指標

0

100 100

100 0

100

務 業 容

実施形態

成23 度 成24 度 成25 度 成26 度

524520

トータルコスト

524522

成果指標

活動指標

活動指標

活動指標

計画対象小学校

(7)

成27

度教育委員会

業点検評価。

成26

度実施

業)評価表

37

対象

予定

単位:% 実績

予定

単位:件 実績

予定

単位:件 実績

予定

単位: 実績

予定

実績

524520

トータルコスト

524526

成果指標

活動指標

活動指標

活動指標

計画対象中学校

務 業目的

務 業 容

実施形態

成23 度 成24 度 成25 度 成26 度 成27 度 活動指標 校舎等 屋上防水等 改修件数

活動指標 校舎等 設備等改修件数 活動指標

0

100 100

100 1

100

0

2 3

100

100 100

0

2 3

3 3

43,686 52,987 34,638

中学校校舎等改修 業

業区分 実施計画 業 施策体系 快適 教育環境 確保

区分

必要性 非常 高い 有効性 非常 高い 普通

方向性 第一次

現行 お

改善 効率化 容

方向性 第 次

1

効率性

36,442 58,943 35,499

1 0

改修 計画 対す 実施率

中学校施設 つい 必要 改修を行 い 教育環境 改善を図 ます

老朽化した校舎や体育館等 改修を 計画的 実施します

直営

成果指標

活動指標

100 1

必要性

有効性

効率性

方向性

施設 老朽化が進 機能的 劣化 生 い 中 快適 安全・安心 教育環境を確保す うえ 校舎等 改修 必要性 高い

施設・設備 老朽化 対し 計画的 改修工 を実施す こ 快適 安全・安心 教育環境を確保す うえ そ 有効性 高い

間を通し計画を実施す あた 老朽化 よ 突発的 緊急性を要す 故障 発生 す ため 計画通 進 部分 進ま い部分が発生し い

施設 長期使用を前提 引 続 計画的 改修工 を実施し 行く

生涯学習部 教育総務課

整理番号 担当部課

(8)

成27

度教育委員会

業点検評価。

成26

度実施

業)評価表

38

対象

予定

単位:% 実績

予定

単位:校 実績

予定

単位:校 実績

予定

単位: 実績

予定

実績

生涯学習部 教育総務課

成23 度 成24 度 成25 度 成26 度 成27 度 活動指標 校舎 空調設備設計 実施校数

活動指標 校舎 空調設備改修工 実施校数 活動指標

小学校校舎空調設備改修 業

実施計画 業 施策体系

トータルコスト

524523

成果指標

活動指標

活動指標

活動指標

業区分

66 80

80 2

524520

93.33

計画対象小学校

務 業目的

務 業 容

実施形態

100

93.33 100

1 0

2 1 0

2 2

2 1

1 1

413,767 226,196

快適 教育環境 確保

区分

必要性 非常 高い 有効性 非常 高い 高い

方向性 第一次

現行 お

改善 効率化 容

方向性 第 次

66 2 2 2

成果指標

活動指標

効率性

509,782 431,544 253,903

冷暖房設備が設置済 小学校 割合

小学校校舎 冷房化を計画的 進め 快適 教育環境を確保します

老朽化及び冷房化し い い小学校 空調設備 改修を進めます

直営

近 夏季期間 高温化や暑さ 対す 社会生活様式 変化 よ 冷房装置が無い状 態 児童 授業 対す 集中力 下や熱中症 発生等が懸念さ こうした点 空 調設備を改修し 快適 教育環境を確保す こ 必要性 高い

冷暖房設備 設置 よ 夏季期間 適 室温管理を行 うこ が可能 快適 教育環境を確保す うえ 本 業 有効 あ

御狩場小学校 工 を予定通 実施す 共 改修 あたっ 利用形態 含めた中 ランニングコスト 縮減及び利便性 向上を さ イニシャル・ランニング コスト削減 図った

老朽化が進 冷暖房設備 施設 つい 快適 学習環境 確保 ため 計画的 改 修を 続し 実施し 行く

2

466,996

整理番号 担当部課

見直し実績

必要性

有効性

効率性

(9)

成27

度教育委員会

業点検評価。

成26

度実施

業)評価表

39

対象

予定

単位:% 実績

予定

単位:校 実績

予定

単位:校 実績

予定

単位: 実績

予定

実績

生涯学習部 教育総務課

整理番号 担当部課

見直し実績

0

必要性

有効性

効率性

方向性

近 夏季期間 高温化や暑さ 対す 社会生活様式 変化 よ 冷房装置が無い状 態 生徒 授業 対す 集中力 下や熱中症 発生等が懸念さ お こうした 点 空調設備を改修し 快適 教育環境を確保す こ 必要性 高い

冷暖房設備 設置 よ 夏季期間 適 室温管理を行 うこ が可能 快適 教育環境を確保す うえ 本 業 有効 あ

入間野中 校 工 入間川中学校 冷暖房 設計を効率性 省エネ性 を考慮した し予定通 実施した 防衛省 補助金を受け 業を実施し ト タル イニシャ ル・ランニング コスト削減 視野 入 た設計 した

冷房設備が設置さ い い学校へ 設置 老朽化が進 冷暖房設備 施設 つい 快適 学習環境 確保 ため 計画的 改修を 続し 実施し 行く

冷暖房設備が設置済 中学校 割合

中学校校舎 冷房化を計画的 すすめ 快適 教育環境を確保します

老朽化及び冷房化し い い中学校 空調設備 改修を進めます

直営

成果指標

活動指標

0 0 0 0

効率性

12,802 284,195

0 1

高い

方向性 第一次

現行 お

改善 効率化 容

方向性 第 次 中学校校舎空調設備改修 業

業区分 実施計画 業 施策体系 快適 教育環境 確保

区分

必要性 非常 高い 有効性 非常 高い

11,589 278,533

2 0

1 1 1

0 0

50

50 50

1

成27 度 活動指標 校舎 空調設備設計 実施校数

活動指標 校舎 空調設備改修工 実施校数 活動指標

1

50 50

50 0

50

務 業 容

実施形態

成23 度 成24 度 成25 度 成26 度

524520

トータルコスト

524529

成果指標

活動指標

活動指標

活動指標

計画対象中学校

(10)

成27

度教育委員会

業点検評価。

成26

度実施

業)評価表

40

対象

予定

単位:% 実績

予定

単位:千 実績

予定

単位:千 実績

予定

単位:千 実績

予定

実績

担当部課 学校教育部 学務課 整理番号

見直し実績

必要性

有効性

効率性

方向性

幼稚園 施設や設備 計画的 改修 快適 教育環境 確保 ため 必要 業 あ

計画通 園舎 施設・整備 改修を行っ い ため 教育環境 充実 有効 業 あ

統合す 園舎を中心 外壁改修工 や 装工 を実施し 快適 教育環境 費用対効 果が目 見え 業 あ

幼稚園統廃合 伴い よ 快適 教育環境 確保を図 べく 計画的 改修を行っ い く

園舎 施設・設備 当該 度 予定し い 改修件数 対す 実施件数 割合

成 7 度 市立幼稚園 統廃合 備え 幼稚園園舎 空調設備を改修しま す

市立幼稚園 教育環境 改善を図 ため 園舎 空調設備 改修や そ 伴う設備 工 等を実施します

直営

成果指標

活動指標

167 4,230 4,305

効率性

1,663 21,834 127,014

1,210

2,770 16,554

普通

方向性 第一次

完 了

改善 効率化 容

方向性 第 次 幼稚園改修 業

業区分 実施計画 業 施策体系 安全・安心 教育環境 確保

区分

必要性 非常 高い 有効性 非常 高い

1,663 20,686 126,550

9,375 2,426 2,322 118,584 100

100 100

17,702

成27 度 活動指標 園舎 施設・設備 除湿温度保持工 費

活動指標 園舎 施設・設備 除湿温度保持工 伴う監理委託料 活動指標 園舎 施設・設備 除湿温度保持工 伴う改修工 費

110,814

100 100

167 2,770

100

務 業 容

実施形態

成23 度 成24 度 成25 度 成26 度

524510

トータルコスト

524513

成果指標

活動指標

活動指標

活動指標

市立幼稚園

Figure

Updating...

References

Updating...

Download now (10 pages)