⇒ Download Documents & Software 元祖おたく魂 LT R6 0.21 Manual

23  43 

Loading....

Loading....

Loading....

Loading....

Loading....

全文

(1)

LT

✉✉ ✉✉

R6

Manual(試作版)

For all IC-R6 lovers

Version 0.21

2016/04/10

(2)

目 次

1 まえがき 1

2 LT-R6 の概要 2

2.1 LT-R6 の特徴 . . . 2

2.1.1 マルチプラットホーム . . . 2

2.1.2 ICFファイル対応. . . 2

2.1.3 データの編集機能. . . 2

2.1.4 CI-Vインターフェイスを通 じたIC-R6との通信機能 . 2 2.1.5 編集機能と通信機能の連携 . 2 2.2 LT-R6 のインストールと起動 . . . 3

2.3 LT-R6 の起動オプション . . . 3

2.4 LT-R6 の終了 . . . 3

3 画面表示 4 3.1 画面の構成 . . . 4

3.1.1 タイトルバー . . . 4

3.1.2 MENUバー . . . 4

3.1.3 主画面 . . . 4

3.1.4 ファン ク ション キ ー 設 定 バー(暫定). . . 5

3.1.5 ステータスバー . . . 5

3.2 主画面 . . . 5

3.2.1 バンクチャネル編集タブ . . 5

3.2.2 バンクチャネル詳細タブ . . 6

3.2.3 メモリーチャネル編集タブ . 6 3.2.4 プログラムスキャン設定タブ 7 3.2.5 オートメモリーライトチャ ネルタブ. . . 7

3.2.6 共通設定タブ . . . 7

3.2.7 情報タブ. . . 7

3.2.8 無効周波数表示 . . . 7

4 メニュー 8 4.1 ファイル(FILE)メニュー . . . 8

4.2 編集(EDIT)メニュー . . . 8

4.3 表示(DISP)メニュー. . . 8

4.4 CI-V&IC-R6メニュー . . . 9

4.5 その他(HELP)メニュー . . . 11

5 LT-R6 の操作 11 5.1 Drag & Drop . . . 11

5.1.1 外部アプリとのDrag & Drop 11 5.1.2 バンクチャネルへのDrop . 12 5.2 Copy & Paste . . . 12

5.3 CI-V . . . 12

5.3.1 CI-Vを通じたIC-R6 のモ ニター . . . 12

5.3.2 CI-Vを通じたIC-R6 の操 作(制御) . . . 12

5.3.3 IC-R6のメモリーのダウン ロード . . . 13

5.3.4 編集データのIC-R6へのア ップロード機能 . . . 13

5.3.5 CI-V関連のエラーに関する 処理 . . . 13

5.3.6 IC-R6のメモリーデータと の照合(verify) . . . 13

5.4 ファンクションキーの設定について (暫定) . . . 13

A LT-R6 のインストールと実行 A-1

A.1 JAVAの実行環境 . . . .A-1 A.2 jSSC通信ライブラリー . . . .A-1 A.3 LT-R6のインストール (Windows) A-2 A.3.1 LT-R6 . . . .A-2 A.3.2 jSSC通信ライブラリー. . .A-2 A.3.3 LT-R6 の起動 . . . .A-2 A.3.4 起動オプション . . . .A-2 A.4 LT-R6のインストール (Mac OS X) A-2 A.4.1 JAVA . . . .A-2 A.4.2 LT-R6 . . . .A-2 A.4.3 jSSC . . . .A-3 A.4.4 起動オプション . . . .A-3 A.4.5 制限事項. . . .A-3 A.5 LT-R6のインストール (Linux) . .A-4 A.5.1 JAVA . . . .A-4 A.5.2 LT-R6 . . . .A-4 A.5.3 jSSC . . . .A-4 A.5.4 起動オプション . . . .A-4

B IC-R6 のスキャン機能について B-1

B.1 スキャン機能の全体像 . . . B-1

B.2 VFOスキャン . . . B-1 B.3 メモリースキャン . . . B-1 B.4 メモリーチャネル . . . B-1

C ICFファイルのフォーマット C-1

(3)

1

まえがき

LT-R6 は ICOMのIC-R6 のためのメモリー

データ編集、モニター、制御ソフトです。LT-R6

はWindows、Mac OS X、Linux(開発中)で動 かすことが出来ます。

メモリーデータ編集機能はICOMのクローニ

ングソフトCS-R6相当の機能を持っており、

CS-R6が扱う.icfファイルを読み書きする事ができる

とともに、Drag & Dropなど幾つかの編集機能を

を追加しています。またCI-V通信を使ってIC-R6

のメモリーデータを読み書きすることもできます。

さらにCI-V通信の副産物としてIC-R6 のリ

アルタイムモニター、制御機能を追加しています。

IC-R6は少ないスイッチ類に機能が押し込めら

れ操作が結構面倒です。そこで主な使い方は22あ

るバンク毎に目的を決め、それに見合った周波数 を登録しておき、必要に応じてバンク内をスキャ

ンさせる事だと思います。残念ながらCS-R6はこ

のような使い方に見合うバンクチャネルの編集機 能が弱く、買ってはみたものの使い勝手に納得で

きません。例えばバンク数22の制限を超えられ

る、つまりバンク単位で内容を簡単に入れ替えら れる編集機能が欲しいと感じました。そこで、そ んな使い方に見合うようなバンクチャネルの編集 を持ったソフト作成に挑戦する事としました。

プログラムの名前は当初編集機能のみだったた め「ICF–Editor」としていましたがその後、思い

ついた機能を追加していった結果、CI-Vインター

フェースを通じたIC-R6 と直接通信、IC-R6をモ

ニターし制御する機能等も組み込み、もはやエディ

タの範疇を越える仕様となったため名前をLT-R6

(Light Tool for the IC-R6 )に変更しました。

その後個人的に興味があったMac OS X版や

Linux版にも挑戦しました。

作者の使い方はエアバンドに限られているの で、IC-R6 を使いこなすという意味では機能的に 不十分な所もあるかもしれません。また個人での デバッグには限界があるので要望や質問、バグレ

ポートは大歓迎です。下のコンタクト欄か、LT-R6

のHELP⇒ Aboutに記載のメールアドレスまで お送り下さい。また、ソフトの現状(アップデー ト履歴)はダウンロードページか配布フォルダ内 のChangelog.txtをご覧下さい。

< 動作条件 >

LT-R6 はJAVA8 の実行環境がインストール されたWindowsPC、Mac OS X、Linux等で動き

ます。

またCI-Vを通じてIC-R6 と通信を行う場合

は別途jSSC通信ライブラリーが必要です。この

jSSCは次のプラットホームで動きます(詳しくは

jSSCのドキュメントを参照してください)1

OS CPU

Windows x86, x86-64

Mac OS X x86, x86-64, PPC, PPC64 Linux x86, x86-64, ARM

Solaris x86, x86-64

表 1: jSSC2.8がサポートするプラットホーム

さらにCI-V通信にUSB–シリアル変換ケーブ

ルを使う場合は、OSにそれに対応したドライバー

がインストールされ、シリアル通信ポートが使え

る状態にある必要がありますので2、変換ケーブル

メーカーのホームページ等で確認してください3

LT-R6は手持ちのネットブック(ATOM N280, 1.66GHz)やRaspberry Pi2でも負荷数%程度(ア クティブモニター実施時)で軽く動きます。

< 謝 辞 >

本 プ ロ グ ラ ム を 作 成 に 当 た り .icf ファ イ ル の 内 部 構 造 に つ い て モ リ ク マ ノ ー ト

1

新しく発売されたRaspberry Pi 3は64bitのARMプ

ロセッサを使っているため、現バージョンのjSSCが動作す

る保証はありません。

2

OSによってCOMnnや/dev/tty.usbserialxxxみたいな 名前になっている筈です

3

筆者の自作した秋月電子の変換モジュール(FTDI社の

チップを使用)を使ったケーブルでは、WindowsやLinux

(raspbian)にはドライバーはインストール済みでしたがMac OS X10.7ではドライバーを新たにインストールする必要が

(4)

( http://www2.tokai.or.jp/mrnkmzu/ ) を参考にさせて頂きました。有用なデータを公開 されたモリクマノートの作者に感謝します。

また Mac OS X 版の作成に当たっては、 「serapyh の日記」の 2010 年 6 月 22, 24 日

の情報が大いに参考になりました。さらに

de-veloper.apple.comに加えてstackoverflow.comや

moomoohk.GitHub.ioの情報が有用でした。この 場を借りて感謝します。

< 制限事項 >

LT-R6 は善良な作者が個人的趣味で作成した

もので、勉強を兼ねてJAVA及びそのグラフィッ

クライブラリーであるSwingで記述しています。

LT-R6の著作権は作者に帰属します。無線愛好者

はLT-R6を無料で自由に使う事が出来ますが、作 者はLT-R6 の動作について何ら保証するもので はなく、LT-R6を使う事によって生じる如何なる 不具合・損害も補償しないので、その旨ご理解の うえ利用をお願いします。

LT-R6は作者の手持ちプラットフォームである 32ビット版Windows7、Windows10(ATOM)、

Raspberry Pi2上のLinux (Raspbian)、及びMac OS X 10.7 Lionでテストしています。

LT-R6はJAVAが実行できる環境があればプ ラットフォームに依存せず動作する筈ですが、こ れは動作を保証するものではありません。

< コンタクト >

バグや要望など作者への連絡は、次のメールア

ドレスにお願いします。なお、(at)や(dot)は

それぞれ@や . に置き換えてください。

   icfeditor(at)yahoo(dot)co(dot)jp

2

LT-R6

の概要

2.1

LT-R6

の特徴

IC-R6は、ICOM IC-R6用クローニングプロ グラム(CS-R6)が保存する設定データ(.icfファ イル)を編集するためのプログラムとして開発し、 その後機能を拡張しました。

IC-R6の特徴は以下の通りです。

2.1.1 マルチプラットホーム

LT-R6 はJAVAで記述しており、JAVA-VM

がサポートされていて、また作者が動作確認出来 る次の3種のプラットホームで動作させることが 出来ます。

• Windows • Mac OS X • Linux

2.1.2 ICFファイル対応

• ICFファイルの読み書きが可能

• フレーム(画面)にICFファイルをDropす

ることでそのファイルを読み込む

• 任意のICFファイルの内容と編集中のデータ

とを比較(照合)する機能

2.1.3 データの編集機能

• メモリーチャネルからバンクチャネルへの

Drag & Drop

• ExcelやNotePad等の外部アプリとの間で相 互にDrag & Drop

2.1.4 CI-Vインターフェイスを通じたIC-R6 との通信機能

• IC-R6 のCI-Vトランシーブ機能がONの場 合にIC-R6が勝手に「つぶやく」受信周波数 や受信モードを表示する機能(パッシブモニ ター機能)。

• IC-R6をモニター(リアルタイム表示)する のに、IC-R6に問い合わせコマンドを送りレ スポンス(応答)を表示するアクティブモニ ター機能。

• パッシブモニターした周波数を記録し、サマ

リーを表示する機能。

• ファンクションキー(F1∼F12)を押す事で

IC-R6に対応する制御コマンド(周波数や受 信モード)を送る機能。

2.1.5 編集機能と通信機能の連携

• IC-R6がつぶやいた(パッシブモニターした)

周波数について、それと一致するメモリーデー タ(チャネル番号とメモリーネーム)を併せ て表示

• パッシブモニターした周波数と一致するメモ

(5)

• 編集画面に表示されているメモリーチャネル・ バンクチャネルをダブルクリックすることで、

IC-R6をその受信周波数に合わせる機能⇒航

空機の追跡が楽!!

• IC-R6からメモリーをダウンロード4

して編 集機能へ取り込む機能。

• 編集中のデータとIC-R6のメモリー内容を比

較する照合機能(ベリファイ機能)。

2.2

LT-R6

のインストールと起動

LT-R6 のプラットホーム毎のインストール及

び起動方法は付録Aを参照してください。

2.3

LT-R6

の起動オプション

LT-R6には、次の起動オプションがあります。

-A アクティブモニターモード(CI-V起動

時にアクティブモニターをONとしま

す)

-JP 日本語モード(可能な範囲で日本語の

メッセージを表示します)

-P comport CI-Vの通信ポート名を指定すること

で、CI-Vを起動するときポート名を選

ぶ必要が無くなります(comportには、

例えば「 COM4 」等のポート名を半角

文字で指定します)。

-FK ファンクションキーの編集画面を表示

します。この機能は「表示メニュー」で も変更できます。

-F ffff,mm -Fの後に周波数(単位はMHz)と受

信モード(AM ,FM,WFMの何れか)を

コンマで区切って書く(複数可能)こ とで、ファンクションキーに値を設定

できます。値はF1からF12まで順に設

定されます。 -F の後には一切スペー

スは入れないでください。

-L lnf Look & Feel(ウィンドウのスタイル) を設定します。これを指定しない場合 はプラットフォーム毎の規定値がデフォ ルトとして使われます。作者の環境で はLook & Feelには表2の選択が可能 でした(がうまく機能しないものもあ

りました)。選択は例えば ‘-LMetal’

のように記述しますが、JAVA-VMに

実装されていない場合は無視されます。 各々がどう見えるかはネットで調べて ください。

-Verbose より多くのメッセージを出すようにし ます。どんなメッセージを出すかは適 宜見直していきます。

4

クローニングという言葉は個人的にピンと来ないので本

説明の中では使い慣れた(IC-R6を対象とした)アップロー

ド・ダウンロードを使います。

lnf名 Win Mac Linux

Metal ○ ○ ○

Nymbus ○ ○ ○

CDE/Motif ○ ○ ○

Windows ○ — —

Windows Classic ○ — —

Mac OS X — ○ —

GTK+ — — ○

表2: 選択出来るLook & Feelの例

WindowsやLinuxの場合、起動オプションは コマンドラインのパラメータとしてプログラムに 渡します。これを変更したい場合は起動スクリプ ト内のコマンドラインをテキストエディタで編集 します。

set LTR6OPT=-JP #Windowsの場合

例えば、COM4ポートを指定する場合、次の

ようにします。

set LTR6OPT=-JP -PCOM4

ファンクションキーの設定は、例えば次のよう にします。

set LTR6OPT=-JP -FK -F119.1,AM,,,119.4,AM

この場合、F1とF3に値が設定され、F2はク

リアーされます。

具体的には、配布フォルダに含まれる「 コマ

ンドラインでのCOMポートの指定法.txt 」を参

照ください。

なお、Mac OS Xの場合起動オプションの設 定はテキストファイルを編集することで行います。

具体的には付録A.4.4項を参照してください。

2.4

LT-R6

の終了

WindowsやLinuxの場合LT-R6 は「ファイ

ル」メニューの中の「終了」を選ぶかˆQを押す

か、画面右上のクローズボックス(x )をクリッ

クする事で終了できます。

OS Xの場合、アプリケーションメニューの

「Quit」を選ぶかcommand-Qを押す事で終了で

(6)

そのとき編集中のデータが残っている場合は保 存を促すダイアログが立ち上がります(読み込み 専用モードの場合を除く)。

3

画面表示

以下Windows版のLT-R6 を例に説明します。 他のプラットホームは、各々に応じて適宜読み替 えてください。

LT-R6が立上がると、次のようなフレーム(画

面)が表示されます(幾つかの欄にはデモ的な目 的で値を初期設定していますが、特段の意味はあ りません)。

図 1: 立ち上げ時の画面例

このフレーム内にICFファイルをドロップする

ことで、そのファイルを読み込むことが出来ます。

ファイルをドロップしたとき、保存されていな い編集中のデータがある場合は次のようなポップ アップが立上がり、データを書き出すかどうか照 会します。

3.1

画面の構成

フレームは図2のようにタイトルバー、メニ

ューバー、主画面切り替えタブ、主画面(窓)、及 び下部に表示されるファンクションキー編集バー

(オプション)、CI-Vのステータスバーで構成さ

れます。

図2: 画面の構成

3.1.1 タイトルバー

タイトルバーの角括弧の中には編集中のファイ ル名が表示されます。もし、読み込み専用モード でファイルを読み込んでいる場合は角括弧の右側

に‘r/o’と表示されます。また、その右に‘*’が

表示されている場合は編集中のデータが保存され ていない事を表します。

3.1.2 MENUバー

LT-R6 にはタイトルバーの下にメニューバー

があり、図3のように5つのメインメニューがあ

ります。個々のメニューの詳細は、第4節で説明

します。

図3: メニューバー

なお、Mac OS Xの場合、メニューは個々のウ

インドウではなく画面の上の方に、そのアプリが 選択されている場合に表示されます。

3.1.3 主画面

主画面は、7つのタブで表示内容を切り替える

ことが出来ます。各々が別の機能を持っています。

各タブで表示される画面については3.2項で説明

(7)

3.1.4 ファンクションキー設定バー(暫定)

画面は次のようになっており、F1∼F12の各

ファンクションキーに設定する周波数を直接編集 できます(受信モードは編集できません)。また、 現在の所undoやDrag & Dropには対応していま せん。保存機能もありません。これらは今後の課 題と考えています。

図4: ファンクションキー設定バー

ファンクションキーの設定は、受信モードの設

定を含めて2.3項のコマンドラインオプションか

らも行えますので、固定的に割り当てるならコマ ンドラインオプションをお使いください。なお、

F10はSwingが特別な処理に使っている様で、押

しても機能しませんので、F10を押したい場合は

CI-V& IC-R6メニューのF1. . .F12サブメニュー

の中から選択してください。

3.1.5 ステータスバー

ステータスバーには通信ポート名の他、メッ セージやモニター内容、各種進捗状況をそのとき の状況に応じて表示します。次の例はアクティブ モニター時のものです。

図 5: ステータスバー(アクティブモニター時)

3.2

主画面

主画面の各タブで表示される副画面について 説明します。

3.2.1 バンクチャネル編集タブ

この画面ではバンクチャネル及びメモリーチャ

ネルのチャネル単位(単数或いは複数)の編集機能

を提供します。

画面は左右2つの表が表示されていますが、左 がバンクチャネル表、右がメモリーチャネル表で あり、それぞれ簡略に(一部の項目を)表示して います。

図6: バンクチャネル編集

左側のバンクチャネル表は、左側のタブで表示 するバンクを切り替えることが出来ます。また表 の下にあるラジオボタンで上書きモードと挿入・ 繰上モードを切り替えることが出来ます。挿入・ 繰上モードでは、選択したバンクチャネルを消去

(DEL)したとき、同じバンク内のそれ以下のチャ

ネルが繰り上がります。また挿入時に下方にオー バーフローが起きる場合は確認のダイアログを表 示します。

右側のメモリーチャネル表は左側のタブで100

チャネル毎に表示を選択できるほか、ALLのタブ

を選ぶと全1300チャネルを纏めて表示します5

表の下にあるラジオボタンでは表示フィルタを選 べます。表示フィルタは、バンクにマップされてい

ない(未バンク、Free)、バンクにマップ済み(バ

ンク済、Used)、周波数が設定されている(全デー

タ、Valid)、全1300チャネル(全チャネル、All) から選べます。なお、バンクにマップされていな いチャネルのデータは青文字で表示します。

バンクチャネルおよびメモリーチャネルは行

(チャネル)単位のDrag & Dropが出来ます。

バンクチャネルは仮想的なチャネルで、0∼

1299のメモリーチャネルにバンク名のタグを付け

た(マッピングした)ものを、バンク名の順に並べ て表示させているだけです。すなわちバンクチャ ネルはメモリーチャネルの見せ方を変えているだ けです。

従って、1つのメモリーチャネルを複数のバン クチャネルにマッピングすることができません。ま たメモリーチャネルと対応しない独立したバンク チャネルを作ることもできません。もしバンクに

5各タブで表示される範囲を便宜的に「チャネルグループ」

(8)

マッピングされたメモリーチャネルを消せば、対 応するバンクチャネルも同時に消えてしまいます。

編集操作は基本的にDrag & Dropで行いま

すが、ドラッグ元(Source)とドロップ先

(Desti-nation)にそれぞれバンクチャネル(BANK)、メ

モリーチャネル(MEM)、外部アプリ(EXT)を

選べますので、操作には7通りのパターンがあり

ます。

MEM⇒ BANK メモリーチャネルをバンクチャ

ネルにマッピングする最も基本的な操作です。 そのメモリーチャネルがすでにマッピング済 みの場合は、そのマッピングはキャンセルさ れ、対応するバンクチャネルも消去されます。 マッピングの結果、すでにマッピング済みの バンクチャネルが上書きされる場合も既存の マッピングはキャンセルされます。

BANK⇒ BANK バンクチャネルの内容を別の

バンクチャネルにコピーします。ただしバン クチャネルは、データの元となるメモリーチャ ネルをマッピングしたものなので、先ずチャ ネルグループ内の最も番号の小さい空きメモ リーチャネルに新たにデータを割り当て、そ れをバンクチャネルにマッピングします。

EXT⇒ BANK 外部アプリからのデータを、チ

ャネルグループ内の最も番号の小さい空きメ モリーチャネルに新たにデータを割り当て、 それをバンクチャネルにマッピングします。

MEM⇒ MEM メモリーチャネルの内容を、別

のメモリーチャネルにコピーします。ただしバ ンクの割り当てはコピーされません。コピー 先のチャネルにすでにデータがある場合は上 書きはされず、チャネルグループ内の最も番 号の小さい空きチャネルにコピーされます。

BANK⇒ MEM バンクチャネルの内容をメモ

リーチャネルにコピーします。コピー先のチャ ネルにすでにデータがある場合は上書きはさ れず、チャネルグループ内の最も番号の小さ い空きチャネルにコピーされます。

EXT⇒ MEM 外部アプリからのデータをメモ

リーチャネルにコピーします。コピー先のチャ ネルにすでにデータがある場合は上書きはさ れず、チャネルグループ内の最も番号の小さ い空きチャネルにコピーされます。

BANK・MEM⇒ EXT データを外部アプリに エクスポートします。

このほか、選択したバンクチャネルやメモリー

チャネルをDELキーで消去することも出来ます。

3.2.2 バンクチャネル詳細タブ

バンクチャネルの内容一覧です。左のタブでバ ンクを切り替えます。バンクに名前を付けるとタ ブはバンク名表示になります。

この画面は表示のみで編集は出来ません(行単

位のDragは可能)。

図7: バンクチャネル詳細

3.2.3 メモリーチャネル編集タブ

メモリーチャネルの編集画面です。左のタブで チャネルグループを選ぶ事ができます(チャネル

グループは100チャネル毎に分かれていますが、

ALLを選ぶと全1300チャネルが1つのグループ

です)。バンクチャネルにマッピングされていない メモリーは青文字、マッピングされているのもの は黒文字で表示しています。

この画面は、バンクチャネル(Bnk#)以外の

列の編集及び行単位のDrag & Dropが可能です。

(9)

行を選んでDELキーを押すか、または 周波数 欄に0を入力すると、そのチャネルは消去されま す。もしそのチャネルがバンクにマッピングされ ている場合は、同時にそのバンクチャネルも消去 されるので注意して下さい。

例えば、メモリーチャネル1がバンクA01に

マッピングされているとき、メモリーチャネル1 を消去しようとすると次のような確認を要求され ます。

複数のチャネルを選択し、DELを押すことで、

纏めて消去することも可能です。

3.2.4 プログラムスキャン設定タブ

プログラムスキャン、プログラムスキャンリン ク、プログラムスキャンリンク名の設定を行いま

す。低い方の周波数(LowF)に0を入力すると、

その行の設定は消去されます。

 PL0∼PL9はプログラムスキャンリンクを

表します。下段でPL0∼PL9にそれぞれ名前(プ

ログラムスキャンリンク名)を設定することがで

きます。 この画面のテーブルは編集及びDragが

可能です。

図9: プログラムスキャン設定

3.2.5 オートメモリーライトチャネルタブ

オートライトメモリーチャネルの表示を行いま す。周波数順にソートして表示、又は従来の順番 の表示が切り替え可能です。

この画面は表示のみで編集は出来ません(Drag

は可能)。

図10: オートメモリーライトチャネル

3.2.6 共通設定タブ

各種共通設定項目、バンク名称、バンクリンク スキャン、コメントの設定がを行えます。各種共 通設定項目のうちデフォルト(初期値)には*印 を付けています。

図11: 共通設定

スキャンの設定はわかりにくいので、Bの「

IC-R6 項のスキャン機能について」を参考にしてく

ださい。

3.2.7 情報タブ

LT-R6のコンソール画面であり、パッシブ/ア

クティブモニターの結果やCI-Vのメッセージを

表示するほか、ユーザの指示に従って統計情報や、

編集内容とファイルやIC-R6との比較の結果等を

文字情報で表示します。

3.2.8 無効周波数表示

(10)

す)。メモリーチャネルやバンクチャネルでこの無

効周波数を指定した場合は、LT-R6は周波数を赤

色で表示します。

図12: 無効周波数表示

なお、LT-R6 は無効周波数を赤色表示します が、それ以外に特別な処理は行っていません(扱 いは他のと周波数と同じです)。

4

メニュー

メニューバーには、次のように5つのメインメ ニューがあります。以下、順次各メニューの内容 を説明します。

4.1

ファイル

(FILE)

メニュー

図13: ファイルメニュー

お決まりのメニューです。ファイルを「読み込 み専用」で開くと「上書き保存」が出来なくなり

ます。これは誤ってCtrl-Sで上書きしてしまうの

を防ぐ為です。読み込み専用でファイルを開いた

場合は、タイトルのファイル名の横に「r/o」と表

示します。

「ファイルとの照合」では、指定したファイル の内容と編集中の内容とを比較します。比較した 結果は情報タブに表示されます。

図 14: 読み込み専用モード

4.2

編集

(EDIT)

メニュー

図15: 編集メニュー

お決まりのメニューです。表示ではコピーや貼 り付けがイネーブルになっていませんが、キーボー ド操作からはメモリーチャネルやバンクチャネル

に対するコピー(Ctrl-C)、貼り付け(Ctrl-V)の

機能を使うことが出来ます。またオートライトメ モリーチャネルからのコピーもできます。

4.3

表示

(DISP)

メニュー

図16: 表示メニュー

パッシブモニター周波数の表示/更新/消去、 周波数順のメモリチャネル・バンクチャネル一覧 表示、及びオートライトメモリーチャネルを周波 数順にソートするかどうかを指定できます。

「パッシブモニターした周波数を表示・記録」

機能をONにすると、パッシブモニターした(

IC-R6 がつぶやいた)周波数を記録します。記録は

編集中のメモリー内容とは別に保持されるので、

(11)

更になっても消去されません。モニターの記録を 消去したければ、「モニター記録の消去」を行って 下さい。

記録した周波数は「モニター記録の要約」で情 報タブに次のように回数とともに表示されます。 この場合、編集中のデータに一致するものがあれ ば、そのチャネル番号とメモリーネームを併せて 表示します。

===== [[ Summary of Monitoring ]] ===== 119.100000 MHz - 404 [114: TT-AP1 ]... 119.400000 MHz - 305 [121: TT-APR ]... 120.800000 MHz - 227 [110: TT-DE2 ]... ===== [[ End of Summary ]] =====

パッシブモニターした周波数は編集中の画面で

次のように黄色のバックグラウンドで表示(

High-lighting)するので、どのチャネルが使われている か判ります。

図17: ハイライト表示

表示の更新は、使っているJAVAライブラリー

(Swing)の関係でリアルタイムにはならない事も

あるので、最新の情報に更新したい場合は適宜

Re-freshしてください。また、メモリーチャネル/バ ンクチャネルを編集した場合も、検索用の内部テー

ブルを更新するためにRefreshしてください。

「周波数順のメモリーチャネル一覧」は、結果 が情報タブに例えば次のように表示されます。

118.025000 MHz [904 (C04) TWR1 ]... 118.100000 MHz [104 (A04) TT-TW1 ]... 118.200000 MHz [007 (B07) AA-TW1 ]... 118.225000 MHz [102 (A02) TT-GN1 ]...

すなわち周波数の後にメモリー番号、バンク チャネル、メモリーネームの組が登録されている だけ表示されます。

「周波数順のバンクチャネル一覧」は、結果が 情報タブに次のように表示されます。

121.500000 MHz [A16: TT-AP3 ]... 121.600000 MHz [B05: AA-RA1 ]... 121.625000 MHz [H01: TT-N ]... 121.650000 MHz [B00: AA-CL1 ]...

すなわち周波数の後にバンクチャネル、メモ リーネームの組が登録されているだけ表示されま す。

「ファンクションキー設定を表示」は、ファン

クションキー設定バー表示のON/OFFを切り替

えます。

4.4

CI-V&IC-R6

メニュー

CI-V通信によるIC-R6 との連携を制御しま

す。jSSCライブラリーが正しくインストールされ

ていない場合は、このメニューはdisableとなり選

択出来ません。

図18: CI-V&IC-R6メニュー

「CI-Vを起動」すると、最初に次のような通

信ポート選択画面が表示されますので、CI-Vで使

うポートを指定して下さい。モニターがスタート します。

或いは「CI-Vポートの選択」か起動オプショ

ンで予めポート指定することもでき、その場合は この選択画面は表示さず直接スタートします。

図19: CI-Vポートの選択

「高速モード」のチェックを入れておくとアッ

プロード/ダウンロード時に38.4Kbpsで通信しま

す。チェックがないと通常の9600bpsになります。

メニューではパッシブモニターとアクティブモ ニターが選択できます。「アクティブモニター」を

ONにすると、IC-R6 が接続されている場合には

(12)

波数、受信モード、Sメータ値がほぼリアルタイ

ムに表示されます(IC-R6との間の通信が正常に

行われている場合)。

図 20: ステータスバー(アクティブモニター時)

パッシブモニターの場合は次のような表示にな ります。

図21: ステータスバー(パッシブモニター時)

即ち、周波数と同時に該当するメモリーチャ ネルの番号とメモリーネームを併せて表示します (編集中のデータがある場合)。ただし、メモリー チャネルの番号とメモリーネームはモニターをス タートした時点のものです。なお、データが更新 されないまま10秒ほど経過すると色を薄くする ようにしています。

図22: ステータスバー(10秒経過後)

「F1. . .F12」サブメニューは次のようになって

おり、F1∼F12キーを押すのと同じ効果がありま

す。ただしF10キーは反応せず(JAVAで横取り

されているため)このサブメニューでしか選べま せん。

図23: ファンクションキーサブメニュー

「PC<<R6」メニューでIC-R6 のメモリーを ダウンロードし、編集機能に渡すことができます。 ダウンロード中は、進行状況を次のように表示し ます。

図24: ステータスバー(ダウンロード時)

ダウンロードが正常に終了し、編集機能にデー タが渡されると同時にモニター機能に戻ります。  高速モードではエラーとなる場合は、通常の

スピード(High Speed CI-Vのチェックマークを

外す)を選択して下さい。通常のスピードではダ ウンロードに1分20秒程度かかります。 なお、

エラーとなった場合は一旦ダウンロードをOFFに

し、再度挑戦してして下さい。

「 IC-R6との比較 」メニューはIC-R6 のメ モリーをダウンロードし、編集中の内容と比較し ます。ダウンロード中は進捗を次のように表示し ます。

図25: ステータスバー(照合時)

照合の結果検出された相違は情報 タブにテキ スト形式で表示します。編集中の内容は変更され ません。

「PC>>R6」メニューで編集中のデータを

IC-R6にアップロードします。アップロードを選択す

ると先ず次のダイアログで確認します。

図 26: アップロード確認

進捗状況は次のようにステータスバーに表示 します。

図27: ステータスバー(アップロード時)

アップロードが正常に終了した場合は、次の

メッセージを表示し、電源のOFF-ONを促します

【注意】アップロード機能は転送失敗時のメモリー

のクリアーを避けるためDisableの状態で公開し

(13)

図 28: アップロード正常終了

4.5

その他

(HELP)

メニュー

VerboseMessagesをONにするとメッセージを

多く表示するようになります(-Verboseオプショ

ンと同じ動作です)。

図29: その他メニュー

「LT-R6 について」を選択すると次のような

画面を表示視します。下の方にLT-R6 がそのと

き動作してるJAVAについての情報が表示されま

すので、通信ライブラリーのチェックに使って下 さい。

5

LT-R6

の操作

5.1

Drag & Drop

LT-R6は、表の複数の行を選んでDragし、目

的とする場所に(可能な場合は)Dropすることが

出来ます。行の選択は、次のように行います。

[1行を選ぶ] · · · その行でクリックする。

[連続する複数行を選ぶ] · · · 最初の行でクリック

し、マウスボタンを押したまま最終行ま でドラッグする。或いは、最初の行でク

リックした後、最後の行をShiftキーを押

しながらクリックする。

[連続しない複数行を選ぶ] · · · Ctrlキーを押しな

がら、選択する行それぞれをクリックする。

選択した行はハイライトして表示されます。選

択された行はDrag & Dropすることが出来ます。

LT-R6は、Dropされるデータをチェックし、有効

な場合のみDropを受け付けます。複数行をDrop

する場合は、全ての行が有効である必要がありま す。

Swingの特性上1行のDrag & Dropでも選択 とドラッグで各1回、計2回のクリックを必要と し、表計算ソフトの同じ操作と比べると若干もど かしいかもしれません。

5.1.1 外部アプリとのDrag & Drop

LT-R6 は 、テ キ ス ト エ ディタ( メ モ 帳 、

Notepad等)やExcel等の外部アプリとデータ交

換が出来ます。このときデータはtsv(タブ分離)

形式で渡され、Excel等にそのままDropするこ

とができます。逆に、外部アプリからLT-R6 へ

Drag & Drop することも出来ます。LT-R6 は、

Dropされるデータをチェックし、有効な場合の

みDropを受け付けます。複数行をDropする場

合は、全ての行が有効である必要があります。

これを応用し、例えばExcelでチャネルのグ

ループを複数管理しておき、目的に応じて組み合 わせてIC-R6 に設定するような使い方が出来ま す。

【注意】一般的なアプリではDrag & DropはMove

(移動)の動作となりますが、LT-R6はバグ等で誤

(14)

にしています。しかし、外部アプリの動作はLT-R6

から変更できないので、外部アプリからLT-R6

へDropした場合はMoveの動作となり、元の

データが消えてしまいます。これを避けるために はCtrlキーを押しながらDrag & Dropしてくだ さい。

5.1.2 バンクチャネルへのDrop

バンクチャネルはメモリーチャネルに別の名 前を付けたものです(これをマッピングと言いま す)。当然、あるメモリーチャネルの値(周波数 など)を変えると、マッピングされたバンクチャ ネルの値も変わることになります。このことは、

IC-R6の取扱説明書のP28の図が参考になるかも

しれません。

バンクチャネルの設定は、メモリーチャネルを バンクチャネルにマッピングする作業になります。

LT-R6ではバンクチャネル編集窓でメモリーチャ

ネルからバンクチャネルへDrag & Dropすること

で、この作業を行います。

外部アプリからバンクチャネルにDropする場

合、対応するメモリーチャネルが存在しないので、

単純にはうまく行きません。LT-R6ではこれを解

決するために、空いているメモリーチャネルに値 を書き込み、それをバンクチャネルにマッピングす るようにしています。値を書き込むメモリーチャ ネルは、バンクチャネル編集窓でメモリーチャネ ル(右)側の選択されているタブのなかの番号の 最も小さい空きチャネルを選びます。もし空きが ないとエラーとします。

なお、LT-R6 内部からのDropか外部アプリ

からのDropかは、プログラミング上は判断でき

ません。LT-R6 ではDropした内容をチェックし、 該当するメモリーチャネルが存在する場合に内部

からのDropと判断しています。これは便宜的な

処理なので、期待したのとは別の結果になるかも しれません。

5.2

Copy & Paste

LT-R6 にはCopy & Paste機能があり、(メ ニューは有効になっていませんが)キーボードの

Ctrl-CやCtrl-Vを使って外部アプリとの間、或い

はメモリーチャネルやバンクチャネルの間でCopy

& Pasteができます。オートライトメモリーチャ

ネルはCopyのみできます。

Copy & PasteはDrag & Dropのように機能

します。

5.3

CI-V

5.3.1 CI-Vを通じたIC-R6 のモニター

LT-R6 は2つのモニター機能を有します。ア クティブモニター機能とパッシブモニター機能で

す。アクティブモニター機能は積極的にIC-R6に

コマンドを送りレスポンスを取得する機能で、パッ

シブモニター機能はトランシーブ機能がONのと

きにIC-R6 がつぶやく(ブロードキャストする)

内容を取り込む機能です。LT-R6ではアクティブ

モニター機能にはパッシブモニター相当の機能を 含みます。

アクティブモニター機能 IC-R6 にコマンドを送

り、返ってくる応答を解析表示します。IC-R6

から取得する情報は受信周波数、受信モード、

Sメータ値です。

パッシブモニター機能 トランシーブ機能が ON

の場合、IC-R6は何かイベントがあると勝手

に(CI-V上で)つぶやきます。つぶやく情報

は周波数と受信モードで、つぶやきの契機と なるイベントは、(経験的に)ユーザの操作や スキャン時に信号を受信した時などです。

LT-R6 は、このつぶやきを解析表示します。

つぶやいた周波数と同じ周波数がLT-R6 で

編集中のメモリーチャネルに存在する場合は そのメモリーチャネル番号とメモリーネーム を併せて表示します。また、編集画面のその メモリーチャネルをハイライト表示(バック グラウンドを黄色で表示)します。

さらに、モニターした周波数とモニターした 回数を周波数順に整理して情報タブに表示す る機能を設けました。表示メニューのほか、

Ctrl-Fでも実行する事が出来ます。

5.3.2 CI-Vを通じたIC-R6 の操作(制御)

CI-VがONのとき、メモりーチャネル、バン

(15)

受信モード)をIC-R6 に設定する事ができます。

ただし、受信モードがAutoの場合は受信モード

の設定は行いません。

IC-R6 がスキャン中にこの操作を行うと、ス キャンは止まります。再びスキャンを再開したく てもLT-R6 から制御できないので、IC-R6 を操 作してスキャンを再開してください。

5.3.3 IC-R6 のメモリーのダウンロード

「CI-V& R6」メニューの「 PC<<R6」サブメ ニューで実行します。高速モードでエラーが起き

る場合は「High Speed CI-V」のチェックマークを

外して通常の速度で再挑戦して下さい。

なお、IC-R6がデータを送り始めた場合は、途

中で止まりません(止め方が分かりません)。途 中でエラーになった場合でも最後まで待って下さ い(高速モードで20秒、通常のスピードで1分 20秒ほどかかります)。

5.3.4 編集データのIC-R6 へのアップロード 機能

アップロード機能も実装していますが、作者以 外の環境での動作は保障できません。もしバック アップ・リカバリー手段を持たない方が実行し途

中でエラーとなった場合、IC-R6 のメモリーは全

クリヤーされ手作業では容易に回復が困難な状況 に陥ります。

そのため公開版ではアップロード機能を

Dis-ableにしています。もし別途リカバリ手段をお持

ちの場合など全クリアーされても問題ない場合は 個別に相談に応じますので「まえがき」のページの

コンタクト欄、或いはLT-R6 でHELP→About

に記載のメールアドレスまで遠慮無く連絡をくだ さい。

5.3.5 CI-V関連のエラーに関する処理

IC-R6 は、自分が送出するデータを自ら監視

しており、何かエラーを発見すると5個のJAM

コード(0xFC)を送出します。LT-R6 は、JAM

コードを受けて、直前の受信メッセージを取り消 すようにしました(これで周波数等の化けがかな り少なくなる筈です)。

また、メモリーのダウンロードでは、通信異常 で強制終了するほかは、チェックサムエラーの検 出処理を行っていますが、チェックサムエラーで 強制終了するようにはしていません。最終的に全 データを受信できたかどうかで判断しています。

5.3.6 IC-R6 のメモリーデータとの照合(ver-ify)

IC-R6のメモリーデータと編集中の内容を照合 します。LT-R6は先ずIC-R6からメモリーデータ をダウンロードし、次に編集中の内容と比較しま す(このとき編集中の内容は一切変更しません)。

IC-R6 のメモリーデータには作業領域が含ま れているらしく、何も操作していなくてもダウン ロードする度に内容の一部が変わります。また消 去したチャネルのデータの残骸も内部に残ってい ますが、無効な状態になっており、これを比較し ても意味がありません。

従ってLT-R6は編集項目毎の比較を行います。 つまり編集項目以外のデータが変わっていても検

知しません。またLT-R6は内部で設定内容を整合

させている部分があるため、変更したと思ってい ない設定内容の変更が検知されることがあるかも しれません。

いずれにしても、新しく解析できた内容は順次

LT-R6 に組み込んでいきます。

5.4

ファンクションキーの設定について(暫

定)

CI-VがONのときファンクションキー(F1∼

F12)を押すかサブメニューから選ぶことで、キー

に設定された周波数設定コマンドと受信モード設

定コマンドを送ってIC-R6 を制御する事が出来ま

す(JAVAで特別な設定がされているF10キーは

除きます)。

ファンクションキーに値を設定するには2つの

方法があります。直接編集する方法と、コマンド ラインオプションです。直接編集では周波数のみ 編集できます。コマンドラインオプションは「概 要」を参照してください。

ファンクションキーの値の設定では今のところ、

(16)

なお、IC-R6 がスキャン中にこの操作を行う と、スキャンは止まります。再びスキャンを再開

したくてもLT-R6から制御できないので、IC-R6

(17)

< 付録 >

A

LT-R6

のインストールと実行

LT-R6の実行にはLT-R6のほか次のソフトウ ェアが必要になります。

1. JAVA8の実行環境(JRE)· · ·LT-R6 はJAVA

で記述しておりJAVAのclassを纏めた.jar形

式のファイルとして配布します。従ってこれを

実行するために別途JAVAの実行環境(JRE)

が必要です。

2. jSSC通信ライブラリー· · ·バージョン0.20以 降のLT-R6でシリアル(CI-V)通信を行うた

めにはjSSC通信ライブラリーが必要です。

このほかCI-V通信にOPC-478等のUSB-シリ

アル変換ケーブルを使う場合は、OSにそのケー

ブルに対応したドライバーがインストールされて いる必要があります。

とくにICOMのOPC-478はWindowsのドラ

イバーしか提供されていないため、Windows以外

のプラットフォームには使えません。Windows以

外のプラットフォームを使う場合は変換ケーブル に使ってあるチップ及びプラットフォームに対応 したドライバーが入手可能な物を選ぶ必要があり ます6

【注意】配布するLT-R6のファイル名はバージョ ンアップに伴い変わりますので以下に書いた名前 はマニュアル作成当時のものです。実際には最新 のものをお使いください。

A.1

JAVA

の実行環境

LT-R6の実行にはJAVAの実行環境(JRE)が

必要です。お使いのPCにJAVAの実行環境(JRE)

がインストールされていない場合は、そのプラッ

トフォームに適合する最新のJAVA(現在JAVA8)

をインストールして下さい。

なお、プラットホームによっては32bit版か64

ビット版かを選択する必要があると思いますが、 適合するならどちらでも構いません。

JAVAは例えば次のサイトにあります。

6筆者は

FTDI社のFT232RLを使った秋月電子の製品を

使っており、3つのプラットフォームに対応できています

https://java.com/ja/download/

A.2

jSSC

通信ライブラリー

CI-Vを通じてIC-R6と通信を行うには別途通

信ライブラリーが必要です。LT-R6 0.20以降はフ

リーの通信ライブラリーであるjSSCライブラリー

を使います。

jSSCは、対応している全てのOSやCPU用

のモジュールを1つに纏めてあるので、ユーザに

選択肢は無く、単に最新のバージョン(現時点で

2.8.0)をダウンロードするだけで済みます。

jSSCは、例えば次のURLからダウンロード

出来ます。

https://github.com/scream3r/

java-simple-serial-connector/releases

ダウンロード後zipファイルを解凍し、中にあ

る jssc.jar ファイルをJAVAのクラスパス(class

path)の通っているディレクトリの何れかに格納

します。プラットフォーム毎の場所は例えば次の ようになります。

・Windows → · · ·Y=jreY=libY=extY= ・Linux → · · · /jre/lib/ext/ ・OS X → /Library/Java/Extensions/

【注意】jSSCライブラリーはJAVAのクラスパス

の通ったディレクトリ中に置いておく必要があり ます。LT-R6 は立ち上げ時にjSSCが見つからな

いと次のポップアップで警告するとともに、CI-V

メニューをディスエーブル(disable)にします。

JAVAをバージョンアップしてCI-Vが動作しな

くなった場合はjSSCライブラリーの場所をチェッ

クしてみてください。

LT-R6 が使っているJAVAのバージョン及び

在処は「その他」⇒「LT-R6について」で表示され

るポップアップの下の方に次のように表示します。

もしjSSCが正しい場所に置かれている場合は

OSの種別とjSSCのバージョンも併せて表示し

(18)

A.3

LT-R6

のインストール

(Windows)

A.3.1 LT-R6

LT-R6は、zip形式のファイルとして配布しま す。このファイルをダブルクリックする等で解凍 してLT-R6のプログラムを含むフォルダをそのま ま取り出し、任意の場所に置いて下さい。

その中のLT-R6.batファイルをダブルクリック

すると起動出来ます(JAVAが正しくインストー

ルされていることが前提です)。

A.3.2 jSSC通信ライブラリー

ダウンロード後zipファイルを解凍し、中にあ

るjssc.jarファイルをJRE下の次のディレクトリ

(フォルダ)に格納します。

· · ·Y=jreY=libY=extY=

使っているJREの場所は「その他」→「LT-R6

について」で表示されるダイアログの下の方に絶 対パスで表示されています。

A.3.3 LT-R6 の起動

LT-R6 は、次の何れかの方法で起動すること が出来ます

• LT-R6のフォルダにある LT-R6.bat ファイ ルをダブルクリックする。

• LT-R6.batのショートカットを作成してデス クトップなど任意の場所に置き、それをダブ ルクリックする。

• 前項のショートカットに.icf ファイルをド

ロップする(この機能はWindowsのみ確認

済み)。

何れの場合も先ず.batコマンドを実行するた

めのDOS窓が立ち上がり、splash(写真)が表示

された後、LT-R6 が立ち上がります。

DOS窓はLT-R6 が終了するまで表示された ままですが、任意の時点で右上のクローズボック

ス(x )をクリックすることで強制的に閉じる事

もできます。DOS窓を閉じてもLT-R6 の実行に

何の影響もありません。

A.3.4 起動オプション

起動オプションを設定するにはLT-R6.batファ

イルをテキストエディタで編集してください。具 体的には次のシェル変数の何れかを編集します。

set LTR6 OPT=-JP -A

set LTR6 FK=-FK -F119.1,AM,...

Windowsのシェル変数の書式はLinuxと似た ようで違う部分がありますので注意してください。

• Windowsのシェル変数はsetコマンドで設定 します。

• Windowsでは ‘=’ の右側にスペースがあっ ても引用符‘"’で括りません。

• Windowsのシェル変数を引用する場合は、シ

ェル変数の両側を ‘%’で括ります。

A.4

LT-R6

のインストール

(Mac OS X)

A.4.1 JAVA

OS Xは単にJREをインストールしたたけで

は必要なパスが通らずダブルクリックで起動でき ません(OS XのJREはAppletをサポートする

のが目的のようです)。サイズは大きくなりますが

JDK(JAVA Development Kit、実行用JREを含

んでいる)をインストールするか、或いは自分の

.bash profile を編集してJREにパスを通すか、又

はパスの通っているディレクトリからJREへのリ

ンクを張る等してください。

パスの通し方、リンクの張り方はネットで検索 すると出てきます。

A.4.2 LT-R6

LT-R6-0.21-10Apr2016-osx.dmg.zipファイルを

ダウンロードし、ダブルクリックしてください。フ ァイルが解凍され LT-R6-0.21-10Apr2016-osx.dmg

が作成されます。LT-R6-0.21-10Apr2016-osx.dmg

(19)

さらにディスクイメージをダブルクリックする と中身が表示されます。

開いたら中身のLT-R6-0.21.appフォルダを取

り出し起動ディスクのアプリケーション(

/Appli-cation )フォルダの中に入れてください(拡張子

.app は表示されないかもしれません)。

うまく行けば .icf ファイルがシステムに認識

されるようになります。 .icf ファイルは次のよ

うなアイコンで表示される筈です。

うまく認識されない場合は再起動してみてく ださい。

アプリケーションフォルダに入れたLT-R6-0.21

をダブルクリックすればLT-R6 は起動できます。

必要に応じて LT-R6-0.21 をDockに入れるかエ

イリアスを作り好きな場所において起動してくだ さい。

OS XではアプリケーションをBundleという

形で実装します。Bundleの正体は実行に必要な

ファイル類やフォルダを納めたフォルダですが、

Finderによってアプリケーションのように表示さ

れています。LT-R6 もBundleです。

【注意】OS X 10.8 で導入されたGatekeeperで怪 しいソフトとして実行をブロックされるという情

報があります。じっさい10.7上でも警告が出て本

当に実行するか確認を求められます。

環境がないので検証出来ませんが、Gatekeeper

の設定変更、或いはCTRLキーを押しながらク

リックし実行する等で回避できるようです。もし

ブロックされた場合はお試しください。

A.4.3 jSSC

jSSCライブラリのjarファイルjssc.jar は起動

ディスクのライブラリ→Java→Extentionsフォ

ルダに入れてください。絶対パスは次の通り。

/Library/Java/Extensions/

ここにはJAVAのクラスパスが通っているの

で一旦セットすればJAVAのバージョンアップに

よって場所を変える必要はありません。

A.4.4 起動オプション

OS Xでは起動オプションはファイル化しまし

た。アプリケーションフォルダに入れたLT-R6を

開き(コントロール+クリックで表れるメニュー から「パッケージの内容を表示」を選択)、その 中のContentsフォルダ にあるltr6Option.txtファ イルをテキストエディタで編集してください。

オプションは1行に1つずつ、左右に余分なス

ペースを入れずに記入してください。なお ‘#’で

始まる行や空白行はコメントとして無視されます。

A.4.5 制限事項

現在の所、OS X版では以下の制限事項があり

ます。解決法は研究中です。

1. アイコン、DocKやエイリアスに対するICF

ファイルのDropやダブルクリックには対応

していません。 起動はしますが同時にファイ ルを読み込む機能は実装出来ていません。

2. LT-R6のフレーム(窓)に対するファイルの

DropはDrop先にあるコンポーネントによっ

て機能しない場合があります。

3. Macがスリープ状態になった場合、復帰後に

LT-R6 がハングアップすることがあります。

スリープさせる場合はその前にCI-VをOFF

にしてください。もしLT-R6がハングアップ

した場合はOS Xのアクティビティモニター

を使って強制終了してください。

4. LT-R6はMac OS X 10.7 Lionでテストして います。それ以外のバージョンでの動作は検

証できていません。とくにOS X 10.6以前で

(20)

5. Macintosh独自のアプリケーションメニュー は次のようになります。すなわち「ファイル」

→「終了」と、「その他」→「LT-R6 につい

て」はアプリケーションメニュー「LT-R6」に

移ります。

A.5

LT-R6

のインストール

(Linux)

元々Linux自体にはファイル種別を拡張子で表 すような流儀はありません。ただ、アプリケーショ ンによってはファイル名の末尾を拡張子的に扱っ

ているものもあり、たとえばC言語で書いたソー

スファイルは.cを付けるのが一般的ですが、これ

はコンパイラの仕様です。

しかしGUI環境では例えばOS X のように

GUIに合わせてダブルクリックで動作するような

何らかの「味付け」が成されている可能性が考え

られます。またLinuxのディストリビューション

やGUI環境にはいくつかの種類がありますが、作

者はその違いを理解していません。

従って以下は作者の使っている環境(

Rasp-berry Pi2 ModelB + Raspbian)上での例を説明 します。他の環境でお使いの場合は適宜その環境 に合わせてください。

A.5.1 JAVA

JAVAはお使いの環境に合うものをダウンロー

ドし、インストールしてください。

A.5.2 LT-R6

LT-R6-0.21-10Apr2016-linux.tar.gzファイルを ダウンロードし、ダブルクリック等で解凍して

ください。ファイルが解凍されると

LT-R6-0.21-10Apr2016-linuxフォルダが作成されます。このフ ォルダを任意の場所に置いてください。

フォルダの中にあるLT-R6.shファイルをダブ

ルクリックすることでLT-R6を起動出来ます。も

し LT-R6.sh ファイルに実行許可が設定されてい

ない場合は実行を許可してください。コマンドで

設定する場合は次のようにします( $はコマンド

プロンプトです)。

$ chmod +x LT-R6.sh

A.5.3 jSSC

jSSCライブラリの jarファイル jssc.jar は

JAVAのclasspathが通っている場所に置く必要

があります。ここでは代表的な2通りの方法を紹

介します。

[方法1] · · ·/jre/lib/ext フォルダ中に置く

これまでにも紹介してきた方法です。 jssc.jar

はJRE中のlib→extフォルダに入れてください。

JREの在処はLT-R6を起動しメニュー「その他」 →「LT-R6 について」で表示されるダイアログ の下の方に表示しています。

. . ./jre/lib/ext/

この場合、JAVAをバージョンアップした場合

は、 jssc.jarファイルを新しいJREに移す必要が あります。

[方法2]LT-R6 のフォルダ中に置く

LT-R6 のフォルダ中に置きます(JAVA の

classpathを通しています)。この方法だとJAVA

をバージョンアップしても大丈夫ですが、LT-R6

をバージョンアップした場合はjssc.jarファイルを

新しいフォルダに移すことになります。

A.5.4 起動オプション

起動オプションを設定するにはLT-R6.shファ

イルをテキストエディタで編集してください。具 体的には次のシェル変数の何れかを編集します。

LTR6 OPT="-JP -A"

LTR6 FK="-FK -F119.1,AM,..."

(21)

• Linuxのシェル変数の設定では、Windowsの

ように頭に‘set’は付けずいきなりシェル変

数名を書きます。

• Linuxでは‘=’の右側にスペースがある場合、

そこで切られないよう全体を引用符‘"’で括

ります。

• シェル変数を引用する場合、シェル変数を

‘{ }’で括りの頭に‘$’を付けます。もしシェ

ル変数を他の文字と連結する必要がない場合

(22)

B

IC-R6

のスキャン機能について

B.1

スキャン機能の全体像

IC-R6 のスキャン機能は複雑で初めての人に はマニュアルを読んでも容易には理解できません が、全体像は以下のようになっています。

主スキャン (プライオリティスキャン)副スキャン メモリーチャネル指定

メモリースキャン OFF

OFF

VFO メモリーチャネル指定 メモリースキャン

OFF

VFOスキャン メモリーチャネル指定 メモリースキャン

表B.1: IC-R6のスキャン機能

IC-R6のスキャンは主スキャン7

と副スキャン (プライオリティスキャン)で構成され、副スキャ ンは5秒毎に主スキャンに割り込んで行われます。

副スキャン(プライオリティスキャン)は主ス

キャンがVFO(手回し)またはVFOスキャン時

のみ行うことができ、副スキャンはメモリー指定 またはメモリースキャンを行うことができます。

副スキャンにVFOを指定できないことが ポイン

トです。

実際にはこれに加えて、BEEP機能やオート

メモリーライト機能をオプションで選択出来るよ

うになっています。(IC-R6は、数少ないボタンや

つまみにこれらの機能を盛り込んでいるため複雑 な操作を要求されます)

B.2

VFO

スキャン

VFOスキャンは次の4種(全37)の中から選

べます。

• 全周波数(ALL)

• バンド指定(BAND)

• プログラムスキャン(PROG 0∼24)

• プログラムリンクスキャン(P-LINK 0∼9)

バンド指定(BAND)スキャンを選ぶ場合は別

途バンドの選択が必要です。

7

主スキャンは副スキャンに対する言葉として使っていま すのでスキャンしない場合やダイヤル手回しスキャンも含み ます

• BC(1M)バンド

• 5Mバンド

• 50Mバンド

• FM放送(76M)バンド

• AIR(118M)バンド

• 144Mバンド

• 300Mバンド

• 430Mバンド

• 800Mバンド

• 1200Mバンド

B.3

メモリースキャン

メモリースキャンは次の4種(全25)の中から

選ぶ事が出来ます。

• 全メモリーチャネル(M-ALL)

• 全バンク(B-ALL)

• バンク指定(BANK A∼Y)

• バンクリンク(B-LINK)

バンク指定ではA∼Yの中の1つのバンクを

選びます。バンクリンクスキャンでは、バンクリ

ンクスキャンがONになっているバンクのみ(複

数可)がスキャン対象となります。

B.4

メモリーチャネル

メモリーチャネルは0∼1299と思われがちで

すが、スキャンで指定るメモリーチャネルには実

は次のようにプログラムスキャンの設定項目(50)

やオートライトメモリーチャネル(200)もこれに

含まれますので、全部で1550あります。

• メモリーチャネル(0∼1299)

• プログラムスキャンの周波数設定(00A/00B

∼24A/24B)

• オートライトメモリーチャネル (AW000∼

AW199)

プログラムスキャンの周波数設定は、数字がプ

ログラムスキャンの番号、Aが下限周波数、Bが

(23)

C

ICF

ファイルのフォーマット

ICFファイルの構造について説明します。

C.1

ICF

ファイルの構造

CS-R6が読み書きするICFファイルはテキス トファイルであり、テキストエディタで中身を見

ることができます。ICFファイルは次のような構

造をしています。

ヘッダー部 データ部

ファイルの中には、1行目を除き任意の場所

(行)に ‘#’で始まるコメント行を挿入すること

ができます8

C.1.1 ヘッダー部の構造

CS-R6が書き出すICFファイルのヘッダーは

4行ですが次に示す最初の1行が重要(たぶん識

別子)で、これが欠けるとCS-R6 で読み込みエ

ラーとなります(この数字はモデルの番号を表し

ているようです)。

32500001

CS-R6 は第2∼4行に次のコメントを出力し ます。

#Comment= #MapRev=1 #EtcData=0003

最初の #Comment= の右にはデータ部の中に

あるコメントと同じものが追加されます。3,4行目

の意味はよくわかりません。

C.1.2 データ部の構造

データ部は1766行あります。各行は16進文字

38文字より構成され次のような構造です。

AAAALLaabbccddeeffgghhiijjkkllmmnnoopp

8

コメント行を挿入できるという意味は、そのファイルを

CS-R6 で読み込み可能(読んでもエラーにならず正常に読

み込める)という意味です

AAAAが最初のデータ(この例では aa)が格納

されるアドレスです。 LL はデータのバイト長で

‘10’(10進数に直すと16)に固定されています。

aa...ppがデータで2文字で1バイトを表し、32

文字(16バイト分)あります。

データ部をデコードすると、データは全部で 0x6e60バイト(28256バイト)になります。アッ

プロード/ダウンロードではこのデータを丸ごと、

別途定められた手順に従ってIC-R6 との間で転送

Updating...

参照

Updating...

関連した話題 :