2017年6月1日号11ページ 情報ファイル(お知らせ) 広報上越 上越市ホームページ

Full text

(1)

知 っ て お き た い あ れ こ れ 満 載 の 掲 示 板

(元日を除く)

2017 6・1 広報

11

問合せ…高齢者支援課(☎025-526-5111、内線1154)

登録・問合せ…市民課(☎025-526-5111、内線1309)へ 問合せ…共生まちづくり課人権・同和対策室(☎025-526-5111、内線1442)

介護保険高額介護サービス費の自己負担限度額が8月から一部変更

本人通知制度への登録を

部落差別のないまちづくりを進めます

 同一月に利用する介護保険サービスの自己負担額が一定額を超 えたときに支給される「高額介護サービス費」の自己負担限度額 が、8月の利用分から下表のとおり一部変更になります。  自己負担限度額が変更となるのは、同一世帯に市民税を課税さ れている人がいる場合で、月額が37,200円から44,400円となります。  ただし、利用者負担割合が1割の人(単身世帯の場合で年金収 入と年金収入以外の合計所得が280万円未満の人)のみの世帯は、 平成32年7月までの間に限り、年間の自己負担限度額が446,400 円となります。

8月1日以降の高額介護サービス費の自己負担限度額区分

区  分 自己負担限度額(月額)現在 8月1日以降

同一世帯に課税所得145万円以上の

65歳以上の人がいる場合 (世帯)※144,400円 変更なし 同一世帯に市民税を課税されている

人がいる場合 (世帯)※137,200円 (世帯)※144,400円 市民税非課税世帯など (世帯)※124,600円 変更なし

年金収入額80万円以下の人など (個人)※215,000円 変更なし

※1 同一世帯で介護保険サービスを利用した人全員の負担の合 計の上限額

※2 介護保険サービスを利用した本人の負担の上限額

 身元調査などを目的とした住民票の写しや戸籍謄抄本などの不 正請求、不正取得は個人の権利を侵害する行為です。市では不正 請求などを防ぐため、本人以外の第三者に証明書などを交付した ときに登録した人へ通知する制度を設けていますので、希望され る人は登録してください。

 部落差別解消推進法(部落差別の解消の推進に関する法律)が 昨年12月に施行されました。この法律では、部落差別の解消を 重要な課題とし差別のない社会を実現するため、市などが相談体 制の充実や教育、啓発に努めることを求めています。部落差別は 差別する側の偏見や誤った理解に原因があり、差別の解消には私 たち一人一人が正しい認識を持ち、差別を許さない感覚を磨くこ とが大切です。

 市では法律に基づき、「あらゆる差別のない市民の笑顔があふ れるまち」の実現に向け、昨年度策定した第4次人権総合計画に おける人権施策の取組を計画的に進めます。

ど 

 

)、

簿

65

65

 

簿

 

Figure

Updating...

References

Updating...

Download now (1 pages)