project 4a1a 最近の更新履歴 中部地区英語教育学会 岐阜地区 project 4a1a

Loading....

Loading....

Loading....

Loading....

Loading....

全文

(1)

1

第42回中部地 英語教育学会 岐阜大会 2012 6月30日

課題 研究プ

英語教育研究法

過去

現在

未来

実証研究

質的

髙木 亜希子 atakagi@ephs.aoyama.ac.jp

青山学院大学

.質的 タ 質的研究

1.1用語 整理

質的 タ

数字 言葉 文字データ が用いら てい 。

質的研究

解釈 研究者 立 位置 問題 質的 タ 用い い 研究

解釈 解釈的 (interpretive) び批 的 (critical) 視点 立 現象 深 詳

細 理解 い 複雑 状況や変化 移 いゆ 現象 意味 理解 い 林,2008 目的 明確 質的 方法論 選択 質的 タ 用い 研究

1.2 質的 タ 用い 研究

質的 タ 含 21 論文 析 以下 う 類

質的 タ 扱 い 全体 8.6% い

量的 タ 質的 タ 混合型 8 全 解釈 含

 混合型 解釈2 い理由

実証主義 視点 立 い 思わ 量的研究 補助 質的

タ 用い い 自由記述式 ン タ 抜粋 記述 い

follow-up ンタビュ 内容 記述 い 統計処理 発

話 析 補助 発話 タ 記載 い

全 量的 タ 主 質的 タ 補助 位置 け

質的 タ 13 全 解釈2 いえ い

 全 解釈 い理由

研究者 立 位置や理論的枠組 明確 い 方法論 問題 あ

質的 タ 以下 使用 い

最 多 :記述式 ン ンタビュ

他:発話 談話 授業観察 指 案

.質的研究 論文構成 論文 問題点

2.1 質的研究論文 構成要素

特 解釈 場合 解釈 当 箇所 あ

1.

(2)

2

3. 研究課題 ェ研究仮 解釈 場合使用 い

4. 研究方法

タ収集法 手 析方法 倫理的配慮

5. 結果

析後 整理 タ タ 記述 生 タ 抜粋

6. 考察

研究課題 対 回答 理論的考察

7. 教育的示唆

8. 今後 課題

7,8 終わ 目 記述 い

2.2 構成要素 基 い 論文記述 問題点

 先行研究 不十 あ

先行研究 不十 場合 質的研究 質的 タ 用い 用い 明

 研究課題 先行研究 関連性 い

先行研究 不十 課題設定 い 先行研究 基 い 課題 い

研究課題 質的研究 用い い い 解釈

場合 何 発見 予測 あ 方向性 示 課題

研究仮 使用 い

 方法論 適 書 い い 特 タ 析方法 不明確

研究対象者 研究協力者 解釈 場合 被験者 不可 実施期間 タ

収集 方法 い い書 い 析方法 手 示 い い 複数あ

ンタビュ や授業観察 録音や録画 伴う場合 特 倫理的配慮 研

究参加者 承諾や守秘義務 行 う 記述 望 い 全論文中

記述 い 1点 あ

※不思議 論文: タ 析手 寧 書 い 結局 方法 用い

方法 析方法 あ 良 い 析 論文

 結果 タ 生 タ 記載 い い

析方法 明示 1 タ 記載 い い う 解釈 い

研究者 解釈 妥当 者 辿 い 極端 論文 場

合 解釈 要約 け

 結果 整理 い い

結果 析 生 タ 整理 記述 適当 抜粋 記

述 載 い け 論文 複数あ 析方法 記述 い い 関連

 結果 厚い記述 い い

中部地 学会紀要 ペ 制限 厳 い 厳 い 者 研究 プ セ 辿

う 十 記述 い い場合 研究者 主観的 解釈 論文 者 研究

結果 研究 応用 い

 研究課題 対 回答 理論的考察 い

研究結果 書い け 研究課題 回答 思 い 理論的考察 い論文

(3)

3

.良質 質的研究論文 書 ポ ン

☑十 先行研究 行 い

対象 研究領域 質的研究 い場合 量的研究 含 先行研究 概観 質

的研究 行う必然性 者 示

☑先行研究 研究課題 関連 い

先行研究 照 合わ 研究課題 設定 研究者 う 立 位置

研究 行 い 示 結果 解釈 際 役立

☑方法論 適 書 い

研究対象者 研究期間 研究手 明記 タ収集方法 析方法 け詳

明 ンタビュ や対象者 特定 や い場合 特 倫理的配慮

い 行 示 記述

☑結果 タ 記載 い

研究者 結果 解釈 妥当 者 辿 う 解釈 1 タ 生

タ 抜粋 記述 1 タ 引用 結果 提示 方法論 示

析手 踏 タ 基 い 解釈 い 者 示

☑結果 適 析手 基 い 整理 い

方法論 析方法 記述 手 踏 整理 結果 提示

☑結果 厚い記述 い

者 研究 プ セ 辿 う け厚い記述 心 け 厚い記述

研究対象 状況や語 寧 伝わ 者 研究 プ セ

以下 7 タ プ 薄い記述 い う 気 け

参考:7 タ プ 薄い記述 佐藤,2008,p.6

書感想型

主観的 印象や感想 中心 私的 ッセ 近い報告書や論文

都合主義引用型

自 主張 都合 い証言 断 恣意的 引用 記述 目立

ワ 偏重型

何 ワ 的 用語 い 概念 中心 板 記述 報告書や論文

要因関連図型

複数 要因間 関 示 提示 い 根拠 資料

や タ ほ 示 い い

偏重型

関 記述 豊富 全体 貫 明確 如 い 報告書

や論文 引用過多型

生 資料 近い 十 解 加え 延々 引用

自己主張型

著者 体験談や主観的体験 全面 出 肝心 研究対象 姿 見え い報告

(4)

4

☑研究課題 回答 理論的考察 あ

結果 書い け 研究課題 答え 思わ 研究課題 対 回答 記述

理論的考察 行う

.今後 課題 展望

 質的研究用語 理解 深

質的研究 用い 基本的 用語 ン ュ ョン ンバ チ ッ ン フ

プ 理解 い 論文 執筆や査 い 基本的 質的

研究用語集 作成 用語 理解 進

 質的研究方法 理解 深

質的研究 方法 い 学ぶ場 少 い 学 場 増や 必要 あ 特 質的研

究初心者 初級者 親 ン 作成 学び 場 設定 ワ ョ

ップやML 活用

 質的研究 精通 い 論文査 者 増や

論文審査 場合 審査 観点 量的研究 質的研究 共通 目 異 目

あ 質的研究 精通 い い査 者 量的研究 枠組 眼鏡 査

う 適 検査 い 量的研究 質的研究論文 審査 観点 示 チ ッ

開発 行う必要 あ

.参考文献

佐藤郁哉(2008). 質的 タ 析法 新曜社

Updating...

参照

Updating...

関連した話題 :