教授法1 English Teaching Methodology 2016

0
2
10
1 year ago
Preview
Full text
教授法 1 英語教育方法論3( 5/6 )人文学部 英語英米文化学科 3 年 成岡 優 Grammar-Translation Method (文法・訳読法) Direct Method (直接教授法) Oral Approach (オーラル・アプローチ) Total Physical Response (TPR )Grammar-Translation Method (文法・訳読法) 英語を日本語に翻訳し、意味把握の手がかりとする指導法。 ヨーロッパでは、古くからギリシャ語やラテン語の指導法として 用いられてきた。 大人数に対して行う教授法として効率が良いという側面を持って いるため、日本の英語教育の主流になってきた。 19 世紀末頃からこの方法は批判されるようになってきたが、今 でも続いている。 Grammar-Translation Method (文法・訳読法) Merit] ① 大人数のクラスにおいて指導がしやすい。 ② 英語がどのくらい理解できたか測るのに便利な手段である。 ③ 英語の構造を理解させるのに便利である。 Grammar-Translation Method (文法・訳読法) 課題〕 ① 英語の音声訓練が軽視され、無視されやすい。 ② 日本語への置き換え作業や翻訳することが目的化してしまう。 ③ 不自然な訳文を生み出す可能性がある。 ④ 内容把握が行われていない危険性が生じる。 ⑤ リスニングやスピーキング能力の育成に結び付かない。 Direct Method (直接教授法) 話しことばを優先的に学習の対象とする教授法。 母語を介さないで目標言語の音声指導を重視する。 当該外国語のみを用いて授業を行うべきというものである。 Direct Method (直接教授法) 課題〕 ① 学習段階が進むにつれて、母語の使用を禁じることにより、理解 に 時間がかかりすぎてしまう。 ② 学習者によっては誤解や理解不能を持ち越したまま学習が継続さ れ てしまう。 Oral Approach オーラル・アプローチ) 模倣記憶練習」などによって、発音や表現を口頭練習により定 着させようとするのが特徴。 この指導法の前提となっている理論は次の 5 点に集約される。 ①言語は構造体を成し、科学的に分析・記述できる。 ②言語の本質は音声である。 ③言語には型 (pattern) が存在し、異言語間の相違は対立 (contrast) を形成する。 ④言語は習慣形成によって獲得される。 ⑤言語はそれを母語として話す人々のものである。 Oral Approach オーラル・アプローチ) 課題〕 ① 言語習得は模倣と記憶だけに依存した反復練習で十分か。 ② 意識せず機械的に口頭で言えることが、言語を習得したことにな る のか。 ③ 文法的に正確な文を作る能力が、コミュニケーション力の必要十 分 条件となるか。 ④ 誤りが生じないように周到に行われる練習は、コミュニケーショ ン Total Physical Response (TPR )1973 年代初期に提案された指導法。 指導においては命令や指示に対して全身で反応するように求め る。 この指導法が役立つのは入門期の学習者だけかもしれない。ま た、実社会でのニーズとどう結びつくのか」などの批判もある。

RECENT ACTIVITIES

Tags

教授法2 English Teaching Methodology 第二言語習得1 English Teaching Methodology 音読 English Teaching Methodology 第二言語習得2 English Teaching Methodology 学習者要因 English Teaching Methodology 第二言語習得3 English Teaching Methodology The Methodology Of Taskbased Teaching 外国語教育研究(紀要)第1号〜第10号|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部 Lesson 12 2016年度「教育の方法と技術(初等)」 Et122S Lesson 07 2016年度「教育の方法と技術(初等)」 Lesson 04 2016年度「教育の方法と技術(初等)」 Et040Sho
Show more