平成24年度当初予算編成方針【概要】 gaiyou

Full text

(1)

成平4

度予算編成方針の概要

 国の状況

  気ンンン引 続 持ち直 いる ゾンポ 緩や いる 先行 持ち直 傾向 続く 期待 れる 原子力災害 影響や海外 気 振れ モケク 在 タ フヤ 影響や 用情勢 悪化懸念 依然残 いる

財政ンンン毎年度巨額 財政赤 を計 公的債務残高 増加 24年度概算要求 当た 8 策定 た中期財政フヤヴムを前提 ムダ い 根絶や不要不急 事務事業 徹底的 見直 より確保 た財源を用い 必要性や効果 より高い政策 重点配分 る い た 省庁を超えた大胆 予算 組 えを行う

 県の状況

歳入 震災及び原子力災害 より県税収入 大幅 減少 歳出 再生ン復興 向 た更 る財政 需要 加え 扶 費や公債費 義務的経費 大幅 増加 る ら あらゆる方策を講 財源を確 保 る や 国 対 十分 財政措置を強く働 る ゼュベヴケ ら事業 必要性 優先 度を検証 事業 廃 ン統合を図る

未 大災害 ら 復旧ン復興 向 た歩 を加速 るた 施策 全力を挙 取り組 必要 あ る

一方 震災 影響 伴い 市税収入 大幅 減少 る より 一般財源 確保 大変厳 い状況 ある中 社会保障関係経費 増加 るほ 公債費 高い水準 推移 る

れら 状況を踏 え ゼュベヴケ 視点 立ち 行財政 簡素ン効率化や経費 節減ン合理化 る より 将来 わたり持続可能 行財政 営を目指 市民福祉 増進 将来世代へ 責任を同時 果 た 収支 均衡を図る

 復旧・復興を最優先

◇復旧ン復興へ 取組を 優先 世界 誇る復興再生モタャ る持続可能 ち いわ を創 るた 施策を推進 る

 財政の健全化を推進

◇基金原資 取崩 実施や 休資産 処分 推進 より 自主財源 確保 る

◇行財政改革 効果額を償還財源 る行政改革推進債や 人件費削減 効果額を償還財源 る退職手 当債を活用 る

◇新ン市総合計画後期基本計画 掲 る定員目標 達成 向 職員数 適 化 る

 事業の選択と集中を推進

◇真 必要 市民ニヴゲ たえるた 既 事業 い 積極的 事業効果 検証を行い 事業 選択 中を推進 限られた財源 適投資を追求 る

 各部の主体的 取組を推進

◇市民サヴビケ 現場 ある各部等 市民ニヴゲを的確 捉え ゼュベヴケ 視点 立 た自主的ン主体 的 事業 重点ン選別化を推進 る

  度間の見通し 立った通 予算として編成  要求基準

義務的経費 人件費 扶 費 公債費 ※実施計画事業を除く ン所要額 る

経常的経費 経常的 事務事業 執行 要 る経費や施設管理 要 る経費等

ン枠配分方式 23年度当初予算計 額 ら3%削減 た額を要求 限 る 一般財源ベヴケ 政策的経費 新ン市総合計画実施計画事業 係る経費

ン復興事業 い 所要額 る

ン ち くり事業 い 枠配分方式 実施計画 事業 一般財源額を基準額 通建 設事業 うち 補 事業 い 基準額 ら10%削減 た額 単独事業 い 基準額 ら20%削 減 た額 通建設事業以外 経費 基準額 積算 た額を 部等 合計 た額を要求 限 る 一般財源ベヴケ

臨時的経費 新ン市総合計画実施計画 位置 い投資的経費及び指定事業 要 る経費 ン所要額 る

   国・県の状況

   予算編成の基本的考え方

Figure

Updating...

References

Updating...

Download now (1 pages)