平成20年度教育関連施策・事業の点検評価結果

13 

Full text

(1)

Ⅲ 平 成 2 1 年 度 教 育 関 係 施 策 ・ 事 業 の 点 検 評 価 結 果

第 3 次 狭 山 市 総 合 振 興 計 画 中 期 基 本 計 画 ( 以 下 「 中 期 基 本 計 画 」 と い う 。) に 掲 げ た 教 育 関 係 施 策 の 平 成 2 1 年 度 末 に お け る 進 捗 状 況 と と り く み 目 標 の 評 価 、 並 び に 平 成 2 1 年 度 教 育 行 政 重 点 施 策 に 掲 げ た 事 業 の う ち 主 な も の の 平 成 2 1 年 度 末 に お け る 進 捗 状 況 と 評 価 は 、 次 の と お り で す 。

な お 、 枠 で 囲 っ て あ る 中 期 基 本 計 画 の と り く み 目 標 の 評 価 の 具 体 的 内 容 、 及 び ★ 印 の 付 い て い る 教 育 行 政 重 点 施 策 の 主 な 事 業 の 評 価 の 具 体 的 内 容 に つ い て は 、 別 添 の 「 点 検 評 価 表 」 を 参 照 し て く だ さ い 。 と り く み 目 標 の 整 理 番 号 は L 1 ∼ L 8 、 ★ 印 の 主 な 事 業 の 整 理 番 号 は 、 1 ∼ 3 3 で す 。

1 生 涯 学 習 の 振 興 ( 1 ) 生 涯 学 習 の 推 進

ア 生 涯 学 習 の 情 報 環 境 の 充 実

教 育 に 関 す る 情 報 を 広 く 市 民 に 提 供 す る た め 、 教 育 委 員 会 ホ ー ム ペ ー ジ や 広 報 紙 を 活 用 す る と と も に 、 教 育 要 覧 を 作 成 し た 。

ま た 、 生 涯 学 習 団 体 の 情 報 を 掲 載 し た 冊 子 「 さ や ま 学 び の 仲 間 た ち ( 平 成 2 1 年 度 版 )」 を 作 成 し 、 公 民 館 等 の 公 共 施 設 で 、 市 民 が 自 由 に 閲 覧 で き る よ う に し た 。

[ 重 点 施 策 へ の 位 置 づ け 事 業 ]

* 教 育 委 員 会 ホ ー ム ペ ー ジ の 充 実 と 教 育 要 覧 の 作 成 ★ 生 涯 学 習 情 報 発 信 事 業 ( 整 理 番 号 1 )

⇒ 必 要 性 : 4 、 有 効 性 : 4 、 効 率 性 : 3 今 後 : 継 続

イ 生 涯 学 習 の 機 会 や 場 の 拡 充 《 社 会 教 育 課 》

埼 玉 県 が 開 催 県 と な っ て 行 わ れ た 全 国 生 涯 学 習 フ ェ ス テ ィ バ ル 「 ま な び ピ ア 埼 玉 2 0 0 9 」 に 「 さ や ま 大 茶 会 」 な ど の 事 業 で 参 加 し た 。

中 期 基 本 計 画 に お け る 「 と り く み 目 標 」( 整 理 番 号 L − 1 ) 生 涯 学 習 基 本 計 画 重 点 プ ロ ジ ェ ク ト の 実 施 率

現 状 値 ( 平 成 1 7 年 度 )

目 標 値 ( 平 成 2 2 年 度 ) 1 0 0 % 平 成 2 1 年 度 末 の 達 成 状 況 3 9% ( 達 成 状 況 と そ の 評 価 )

(2)

ま た 、 狭 山 シ ニ ア ・ コ ミ ュ ニ テ ィ ・ カ レ ッ ジ 事 業 は 、 N P O 法 人 狭 山 市 の 高 齢 社 会 を 考 え る 会 に 委 託 し 、 8 学 科 1 5 コ ー ス ( 1 5 ク ラ ス ) を 開 設 、 3 0 7 名 が 受 講 し 2 9 7 名 が 修 了 し た 。

[ 重 点 施 策 へ の 位 置 づ け 事 業 ]

★ 狭 山 シ ニ ア ・ コ ミ ュ ニ テ ィ ・ カ レ ッ ジ 事 業 ( 整 理 番 号 2 )

⇒ 必 要 性 : 5 、 有 効 性 : 4 、 効 率 性 : 4 今 後 : 内 容 の 見 直 し ★ 大 学 等 と の 連 携 事 業 ( 整 理 番 号 3 )

⇒ 必 要 性 : 4 、 有 効 性 : 4 、 効 率 性 : 3 今 後 : 継 続

《 公 民 館 》

地 域 に お け る 生 涯 学 習 の 拠 点 と し て 、 地 域 の 課 題 や 環 境 、 人 権 、 高 齢 化 、 少 子 化 な ど の 現 代 的 課 題 を テ ー マ と し た 事 業 に 取 り 組 む と と も に 、 公 民 館 で 学 習 し た 成 果 を い か に 地 域 で 活 か す か を テ ー マ に 公 民 館 セ ミ ナ ー を 開 催 し た 。

ま た 、 狭 山 台 公 民 館 の 屋 上 防 水 工 事 及 び 外 壁 改 修 工 事 を 実 施 す る な ど 、 公 民 館 施 設 の 改 修 を 計 画 的 に 進 め た 。

[ 重 点 施 策 へ の 位 置 づ け 事 業 ] ★ 公 民 館 主 催 事 業 ( 整 理 番 号 4 )

⇒ 必 要 性 : 4 、 有 効 性 : 3 、 効 率 性 : 3 今 後 : 内 容 の 見 直 し ★ 公 民 館 運 営 事 業 ( 整 理 番 号 5 )

⇒ 必 要 性 : 4 、 有 効 性 : 4 、 効 率 性 : 4 今 後 : 内 容 の 見 直 し ★ 公 民 館 講 座 等 運 営 事 業 ( 整 理 番 号 6 )

⇒ 必 要 性 : 4 、 有 効 性 : 4 、 効 率 性 : 4 今 後 : 継 続 * 団 塊 の 世 代 を 対 象 と し た 講 座 の 開 催

* 地 域 の 教 育 施 設 と 連 携 し た 公 民 館 事 業 の 推 進 * 地 域 に お け る 伝 統 文 化 の 継 承 と 促 進

* 公 民 館 の 耐 震 化 の 推 進 * 公 民 館 備 品 の 充 実

★ 公 民 館 改 修 整 備 事 業 ( 整 理 番 号 7 )

⇒ 必 要 性 : 5 、 有 効 性 : 5 、 効 率 性 : 4 今 後 : 継 続

《 図 書 館 》

市 民 の 多 様 な ニ ー ズ に 対 応 で き る 魅 力 あ る 図 書 館 を 目 指 す た め 、 図 書 貸 出 冊 数 の 見 直 し 、 視 聴 覚 資 料 の 予 約 サ ー ビ ス 、 狭 山 台 図 書 館 の 祝 日 開 館 を 実 施 し た ほ か 、 図 書 資 料 や レ フ ァ レ ン ス サ ー ビ ス の 充 実 を 図 っ た 。

ま た 、 学 校 へ の 出 前 事 業 等 に よ り 、 児 童 生 徒 に 図 書 館 の 利 用 案 内 や 読 書 の 楽 し さ を 啓 発 し た 。 さ ら に 、 図 書 館 ボ ラ ン テ ィ ア の 育 成 を 推 進 し た 。

[ 重 点 施 策 へ の 位 置 づ け 事 業 ]

(3)

⇒ 必 要 性 : 4 、 有 効 性 : 4 、 効 率 性 : 4 今 後 : 継 続 ・ 利 用 者 サ ー ビ ス の 充 実

* レ フ ァ レ ン ス サ ー ビ ス の 推 進 * 祝 日 開 館 の 実 施

* 「 子 ど も 読 書 活 動 推 進 計 画 」 策 定 に 向 け て の 取 組 * 公 共 図 書 館 と 学 校 図 書 館 と の 連 携 協 力

* 図 書 館 ボ ラ ン テ ィ ア 活 動 の 推 進 * 蔵 書 管 理 の 充 実

《 博 物 館 》

企 画 展 示 に つ い て は 、 狭 山 市 の 独 自 性 を 活 か す な ど し て 、 年 3 回 の 展 示 を 行 っ た 。 ま た 、「 も の づ く り 」 に 視 点 を 置 い た 体 験 学 習 の 充 実 を 図 る こ と が で き た 。 近 隣 の 博 物 館 に は 見 ら れ な い 講 座 と い う こ と で 、 受 講 者 か ら は 評 価 さ れ た 。 さ ら に 、 学 校 教 育 と の 連 携 を 密 に し な が ら 、 小 中 学 生 が 楽 し め る 企 画 展 や 体 験 学 習 を 開 催 す る な ど し て 、 博 学 連 携 の よ り 一 層 の 推 進 に 取 り 組 む と と も に 、 博 物 館 ボ ラ ン テ ィ ア の 活 用 を 図 っ た 。

[ 重 点 施 策 へ の 位 置 づ け 事 業 ]

★ 博 物 館 管 理 運 営 事 業 ( 整 理 番 号 9 )

⇒ 必 要 性 : 4 、 有 効 性 : 4 、 効 率 性 : 4 今 後 : 内 容 の 見 直 し ★ 博 物 館 企 画 展 事 業 ( 整 理 番 号 1 0 )

⇒ 必 要 性 : 4 、 有 効 性 : 4 、 効 率 性 : 4 今 後 : 継 続 * 常 設 展 示 ・ 企 画 展 示 の 充 実

* 郷 土 資 料 の 収 集 と 調 査 研 究 * 学 習 機 会 の 拡 充

* 博 学 連 携 の た め の 体 制 づ く り と 取 り 組 み * 博 物 館 ボ ラ ン テ ィ ア 活 動 の 充 実

ウ 生 涯 学 習 の 成 果 の 評 価 と 活 用

平 成 1 9 年 4 月 に 開 設 し た 「 学 校 支 援 ボ ラ ン テ ィ ア セ ン タ ー 」 で は 、 小 学 校 1 7 校 、 中 学 校 9 校 に ボ ラ ン テ ィ ア 2 4 2 名 を 派 遣 し 、 学 校 の 授 業 等 へ の 支 援 を 行 っ た 。

[ 重 点 施 策 へ の 位 置 づ け 事 業 ]

★ 学 校 支 援 ボ ラ ン テ ィ ア セ ン タ ー 事 業 ( 整 理 番 号 1 1 ) ⇒ 必 要 性 : 5 、 有 効 性 : 4 、 効 率 性 : 4 今 後 : 継 続 * 生 涯 学 習 ボ ラ ン テ ィ ア の 資 質 向 上 と 育 成

(4)

( 2 ) ス ポ ー ツ ・ レ ク リ エ ー シ ョ ン 活 動 の 促 進

ア ス ポ ー ツ ・ レ ク リ エ ー シ ョ ン 活 動 の 機 会 の 拡 充

様 々 な ス ポ ー ツ 教 室 等 を 開 催 し 、市 民 が ス ポ ー ツ に 接 す る 機 会 の 拡 充 を 図 っ た 。ま た 、生 涯 ス ポ ー ツ の 振 興 を 支 え る ス ポ ー ツ ボ ラ ン テ ィ ア の 登 録 と 派 遣 を 促 進 し 、 ス ポ ー ツ ・ レ ク リ エ ー シ ョ ン 活 動 の よ り 一 層 の 充 実 を 図 っ た 。 [ 重 点 施 策 へ の 位 置 づ け 事 業 ]

★ ス ポ ー ツ 教 室 等 開 催 事 業 ( 整 理 番 号 1 2 )

⇒ 必 要 性 : 4 、 有 効 性 : 4 、 効 率 性 : 4 今 後 : 継 続 ★ ス ポ ー ツ ボ ラ ン テ ィ ア 制 度 運 営 事 業 ( 整 理 番 号 1 3 )

⇒ 必 要 性 : 4 、 有 効 性 : 3 、 効 率 性 : 3 今 後 : 継 続

イ ス ポ ー ツ ・ レ ク リ エ ー シ ョ ン 団 体 の 活 動 の 促 進

体 育 協 会 を は じ め と す る 各 種 ス ポ ー ツ ・ レ ク リ エ ー シ ョ ン 団 体 に 対 し て 、 補 助 金 を 交 付 す る な ど し て 、 団 体 活 動 の 活 性 化 を 図 っ た 。

[ 重 点 施 策 へ の 位 置 づ け 事 業 ]

★ ス ポ ー ツ ・ レ ク リ エ ー シ ョ ン 団 体 の 育 成 ・ 支 援 事 業 ( 整 理 番 号 1 4 ) ⇒ 必 要 性 : 4 、 有 効 性 : 4 、 効 率 性 : 4 今 後 : 継 続

ウ ス ポ ー ツ ・ レ ク リ エ ー シ ョ ン 施 設 の 整 備 と 有 効 活 用 の 促 進

地 域 ス ポ ー ツ 施 設 の 運 営 に つ い て 、 指 定 管 理 者 制 度 を 導 入 し 、 施 設 の 効 率 的 な 運 営 と 利 用 者 サ ー ビ ス の 向 上 を 図 っ た 。

[ 重 点 施 策 へ の 位 置 づ け 事 業 ]

★ 市 民 総 合 体 育 館 管 理 運 営 事 業 ( 整 理 番 号 1 5 )

⇒ 必 要 性 : 4 、 有 効 性 : 5 、 効 率 性 : 5 今 後 : 継 続 中 期 基 本 計 画 に お け る 「 と り く み 目 標 」( 整 理 番 号 L − 2 )

ス ポ ー ツ 施 設 を 利 用 し た 人 数

現 状 値 ( 平 成 1 7 年 度 ) 5 7 9 , 5 2 8 人 / 年 目 標 値 ( 平 成 2 2 年 度 ) 6 2 2 , 0 0 0 人 / 年 平 成2 1年 度 末 の 達 成 状 況 8 1 3 , 1 0 9人 / 年 ( 達 成 状 況 と そ の 評 価 )

(5)

★ 武 道 館 管 理 運 営 事 業 ( 整 理 番 号 1 6 )

⇒ 必 要 性 : 4 、 有 効 性 : 4 、 効 率 性 : 2 今 後 : 継 続 * ス ポ ー ツ ・ レ ク リ エ ー シ ョ ン 施 設 の 整 備 の 検 討

* ス ポ ー ツ ・ レ ク リ エ ー シ ョ ン 施 設 の 有 効 活 用

エ 企 業 や 大 学 と の 連 携 の 促 進

市 内 の 企 業 や 大 学 等 が 所 有 す る 体 育 施 設 と 人 材 を 活 用 す る た め 、 企 業 及 び 学 校 と の 連 携 方 策 に つ い て 検 討 し た 。

[ 重 点 施 策 へ の 位 置 づ け 事 業 ] * 民 間 施 設 等 の 活 用

オ ス ポ ー ツ 振 興 基 本 計 画 の 策 定

市 民 の ス ポ ー ツ 振 興 の た め の 取 組 み の 方 向 性 と こ れ を 具 現 化 す る た め の 施 策 を 明 ら か に し 、 そ の 推 進 を 通 じ て 、 生 涯 に わ た り ス ポ ー ツ に 親 し む こ と の で き る 豊 か な ス ポ ー ツ ラ イ フ の 実 現 を 目 指 し 、 狭 山 市 ス ポ ー ツ 振 興 基 本 計 画 を 策 定 し た 。

[ 重 点 施 策 へ の 位 置 づ け 事 業 ] * ス ポ ー ツ 振 興 基 本 計 画 の 策 定

2 次 世 代 教 育 の 充 実 ( 1 ) 教 育 内 容 の 充 実

ア 特 色 あ る 学 校 づ く り の 推 進

知 ・ 徳 ・ 体 の バ ラ ン ス の と れ た 、 た く ま し く 心 豊 か な 児 童 生 徒 を 育 て る た め 、 基 礎 基 本 の 定 着 の 徹 底 、 規 律 あ る 態 度 の 育 成 、 体 力 向 上 等 へ の 取 り 組 み を 、 計 画 的 か つ 継 続 的 に 推 進 し た 。

ま た 、 次 世 代 を 担 う 児 童 生 徒 を 、 創 造 性 に 富 み 、 た く ま し く 心 豊 か に 育 て 中 期 基 本 計 画 に お け る 「 と り く み 目 標 」( 整 理 番 号 L − 3 )

各 学 校 に お け る 非 常 勤 講 師 な ど の 配 置 人 数 現 状 値 ( 平 成 1 7 年 度 ) 6 4 人 目 標 値 ( 平 成 2 2 年 度 ) 7 2 人 平 成 21年 度 末 の 達 成 状 況 75人 ( 達 成 状 況 と そ の 評 価 )

(6)

る と と も に 、 自 ら 学 び 、 自 ら 考 え る 能 力 な ど 、 自 主 性 ・ 主 体 性 を も っ た 「 生 き る 力 」 の 育 成 に 努 め た 。 さ ら に 、 わ く わ く 非 常 勤 講 師 、 ア シ ス タ ン ト テ ィ ー チ ャ ー 等 の 配 置 や 、 S S V C の 活 用 に よ り 、 よ り 一 層 の 教 育 内 容 の 充 実 を 図 っ た 。

ま た 、 小 中 連 携 教 育 、 キ ャ リ ア 教 育 、 環 境 教 育 、 食 育 指 導 、 読 書 活 動 等 に も 力 を 注 い だ 。

[ 重 点 施 策 へ の 位 置 づ け 事 業 ]

★ 外 国 語 早 期 教 育 推 進 事 業 ( 整 理 番 号 1 7 )

⇒ 必 要 性 : 5 、 有 効 性 : 4 、 効 率 性 : 5 今 後 : 継 続 ★ 中 学 校 社 会 体 験 チ ャ レ ン ジ 事 業 ( 整 理 番 号 1 8 )

⇒ 必 要 性 : 4 、 有 効 性 : 4 、 効 率 性 : 4 今 後 : 継 続 ★ 非 常 勤 講 師 配 置 事 業 ( 整 理 番 号 1 9 )

⇒ 必 要 性 : 4 、 有 効 性 : 4 、 効 率 性 : 4 今 後 : 継 続 * 道 徳 教 育 の 推 進

* 「 安 全 ・ 安 心 」 の 教 育 の 推 進

* 小 ・ 中 学 校 連 携 教 育 モ デ ル 校 の 研 究 推 進 * 読 書 活 動 の 充 実

* 環 境 教 育 の 推 進 * 体 験 活 動 の 充 実

* 体 験 的 な 国 際 理 解 教 育 の 推 進 * 英 語 活 動 英 語 教 育 の 充 実

* 「 家 族 の 在 り 方 」 を 意 識 し た 学 校 と 家 庭 と の 連 携 * 食 に 関 す る 指 導 の 充 実

* 食 物 ア レ ル ギ ー 対 応 食 の 配 食

* 学 校 と 連 携 し た 地 球 温 暖 化 対 策 事 業 * 文 化 ス ポ ー ツ 活 動 支 援 事 業

イ 特 別 支 援 教 育 の 充 実

特 別 に 支 援 を 必 要 と す る 児 童 生 徒 や 障 害 の あ る 児 童 生 徒 に 介 助 員 を 配 置 し た り 、 非 常 勤 講 師 を 派 遣 す る な ど 、 一 人 ひ と り の 教 育 的 ニ ー ズ に 応 じ て 、 き め 細 か い 支 援 を 行 っ た 。

[ 重 点 施 策 へ の 位 置 づ け 事 業 ]

* 特 別 な 教 育 的 ニ ー ズ に 応 じ た 適 切 な 教 育 の 推 進

ウ 幼 児 教 育 の 充 実

(7)

★ 幼 稚 園 教 育 充 実 事 業 ( 整 理 番 号 2 0 )

⇒ 必 要 性 : 4 、 有 効 性 : 4 、 効 率 性 : 4 今 後 : 継 続

エ 教 職 員 の 資 質 の 向 上

教 職 員 の 資 質 や 能 力 の 向 上 を 図 る た め 、 教 科 に 関 す る 研 修 会 、 教 育 相 談 研 修 会 、特 別 支 援 教 育 研 修 会 、I C T の 有 効 活 用 を 図 る た め の 情 報 教 育 研 修 会 、 英 語 教 育 ( 英 語 活 動 ) 研 修 会 な ど を 実 施 し た 。

[ 重 点 施 策 へ の 位 置 づ け 事 業 ] * 研 修 事 業 の 充 実

* 調 査 研 究 の 充 実

オ 教 育 相 談 ・ 教 育 支 援 体 制 の 充 実

不 登 校 、 い じ め 、 非 行 な ど で 悩 む 児 童 生 徒 や 保 護 者 へ の 対 応 の た め 、 各 中 学 校 区 に 、 さ や ま っ 子 相 談 員 及 び さ や ま っ 子 相 談 支 援 員 を 配 置 し 、 教 育 相 談 体 制 の 充 実 を 図 っ た 。

ま た 、 奨 学 金 制 度 に つ い て 、 必 要 な 時 期 に 制 度 を 利 用 で き る よ う 、 事 務 手 続 き を 改 め 、 大 学 等 へ の 就 学 支 援 の 充 実 を 図 っ た 。

さ ら に 、 私 立 幼 稚 園 の 就 園 助 成 を 通 じ て 、 保 護 者 の 経 済 的 負 担 の 軽 減 を 図 っ た 。

[ 重 点 施 策 へ の 位 置 づ け 事 業 ]

★ 教 育 相 談 事 業 ( い じ め ・ 不 登 校 対 策 事 業 )( 整 理 番 号 2 1 ) ⇒ 必 要 性 : 5 、 有 効 性 : 4 、 効 率 性 : 4 今 後 : 継 続 ★ 奨 学 金 貸 与 事 業 ( 整 理 番 号 2 2 )

⇒ 必 要 性 : 5 、 有 効 性 : 4 、 効 率 性 : 4 今 後 : 継 続 ★ 私 立 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 事 業 ( 整 理 番 号 2 3 )

(8)

( 2 ) 教 育 環 境 の 充 実

ア 安 全 な 教 育 環 境 の 確 保

経 年 劣 化 の み ら れ る 小・中 学 校 の プ ー ル 本 体 の 塗 装 塗 替 え と 濾 過 装 置 の 改 修 を 行 い 、 教 育 環 境 の 整 備 を 図 っ た 。

イ 教 育 施 設 の 充 実

児 童 生 徒 の 安 全 確 保 と 教 育 環 境 の 充 実 を 図 る た め 、 体 育 館 屋 根 や 消 防 用 設 備 の 改 修 等 を 計 画 的 に 実 施 し た 。 ま た 、 校 舎 の 耐 震 性 を 確 保 す る た め 、 西 中 学 校 、 入 間 川 中 学 校 の 耐 震 補 強 工 事 を 実 施 し た 。 さ ら に 、 快 適 な 教 育 環 境 を 確 保 す る た め 、 南 小 学 校 及 び 狭 山 台 南 小 学 校 の 除 湿 温 度 保 持 ( 冷 暖 房 ) 工 事 を 実 施 し た 。

ま た 、 第 一 学 校 給 食 セ ン タ ー 更 新 事 業 を P F I 事 業 と し て 推 進 し 、 平 成 2 1 年 9 月 よ り 小 学 校 1 0 校 、 中 学 校 5 校 を 対 象 に 給 食 の 提 供 を 行 う と と も に 、第 一 学 校 給 食 セ ン タ ー 敷 地 の 財 産 処 分 に 向 け 、解 体 設 計 を 実 施 し た 。

中 期 基 本 計 画 に お け る 「 と り く み 目 標 」( 整 理 番 号 L − 4 ) ○ 校 舎 な ど の 耐 震 化 率

現 状 値 ( 平 成 1 7 年 度 ) 4 7 . 7 % 目 標 値 ( 平 成 2 2 年 度 ) 7 1 . 7 % 平 成 21年 度 末 の 達 成 状 況 6 1 . 6 % ( 達 成 状 況 と そ の 評 価 )

校 舎 の 耐 震 補 強 は 、 国 の 「 安 全 ・ 安 心 な 学 校 づ く り 交 付 金 」 を 活 用 し 、 予 定 ど お り の 進 捗 が 図 ら れ た 。 平 成 2 4 年 度 に は 完 了 す る 計 画 で あ る 。 平 成 2 3 年 度 か ら 体 育 館 の 耐 震 補 強 に 着 手 し 、 平 成 2 7 年 度 に 完 了 す る 計 画 で あ る 。

○ 空 調 設 備 の 改 修 率

現 状 値 ( 平 成 1 7 年 度 ) 2 9 . 6 % 目 標 値 ( 平 成 2 2 年 度 ) 5 5 . 6 % 平 成 2 1 年 度 末 の 達 成 状 況 5 1 . 9 % ( 達 成 状 況 と そ の 評 価 )

(9)

[ 重 点 施 策 へ の 位 置 づ け 事 業 ]

★ 校 舎 耐 震 補 強 事 業 ( 整 理 番 号 2 4 )

⇒ 必 要 性 : 5 、 有 効 性 : 4 、 効 率 性 : 4 今 後 : 継 続 ★ 校 舎 空 調 設 備 改 修 事 業 ( 整 理 番 号 2 5 )

⇒ 必 要 性 : 5 、 有 効 性 : 4 、 効 率 性 : 3 今 後 : 継 続 ★ 校 舎 等 改 修 事 業 ( 整 理 番 号 2 6 )

⇒ 必 要 性 : 5 、 有 効 性 : 4 、 効 率 性 : 4 今 後 : 継 続 ★ 学 校 給 食 施 設 更 新 事 業 ( 整 理 番 号 2 7 )

⇒ 必 要 性 : 5 、 有 効 性 : 5 、 効 率 性 : 4 今 後 : 完 了 * 教 育 情 報 ネ ッ ト ワ ー ク 整 備 事 業 の 推 進

* 幼 稚 園 施 設 の 耐 震 化 の 推 進

ウ 学 校 等 の 規 模 の 適 正 化

「 狭 山 市 立 小・中 学 校 の 規 模 と 配 置 の 適 正 化 に 関 す る 基 本 方 針 」に 沿 っ て 、 狭 山 台 地 区 及 び 入 曽 地 区 に 各 児 童 の 保 護 者 の 代 表 、 自 治 会 長 、 小 学 校 校 長 等 で 組 織 す る 統 廃 合 協 議 会 を 設 置 し 検 討 協 議 を 行 っ た 。

狭 山 台 地 区 で は 、 平 成 2 2 年 4 月 に 新 設 し た 「 狭 山 台 小 学 校 」 の 環 境 整 備 及 び 開 設 準 備 に つ い て 、協 議 会 で の 協 議 を 経 て 進 め た 。ま た 、入 曽 地 区 で は 、 協 議 会 の 合 意 を 基 に 、 統 廃 合 計 画 に 関 す る 提 言 を 受 け 、 市 と し て の 統 廃 合 計 画 を 策 定 す る と と も に 、 学 校 設 置 条 例 を 改 正 し た 。

[ 重 点 施 策 へ の 位 置 づ け 事 業 ]

★ 学 校 統 廃 合 事 業 ( 整 理 番 号 2 8 )

(10)

( 3 ) 地 域 に 根 ざ し た 教 育 の 推 進

ア 地 域 に 開 か れ た 学 校 づ く り の 推 進

学 校 評 議 員 制 度 や 地 域 と の 交 流 事 業 を 通 じ て 、 地 域 と の 関 わ り を 深 め 、 地 域 に 開 か れ た 学 校 づ く り を 進 め た 。ま た 、学 校 公 開 日(「 さ や ま っ 子 教 育 の 日 」) や 学 校 評 議 員 制 度 の 充 実 に よ り 、 学 校 が 中 心 と な っ た 地 域 コ ミ ュ ニ テ ィ ー の 活 性 化 を 図 る と と も に 、 外 部 評 価 を 実 施 し た 。

さ ら に 、 学 校 ホ ー ム ペ ー ジ の 公 開 内 容 を 毎 月 定 期 的 に 更 新 す る な ど 、 公 開 内 容 の 充 実 を 図 っ た 。

[ 重 点 施 策 へ の 位 置 づ け 事 業 ] * 学 校 の 公 開 と 評 価

* 学 校 ホ ー ム ペ ー ジ の 公 開 * 学 校 応 援 団 推 進 組 織 の 充 実

イ 家 庭 や 地 域 の 教 育 力 の 向 上

家 庭 に お け る 教 育 力 の 向 上 を 図 る た め 、幼 稚 園 の 保 護 者 会 や 小 ・ 中 学 校 の P T A に 家 庭 教 育 学 級 の 実 施 を 委 託 し た 。ま た 、新 入 学 児 童 の 保 護 者 を 対 象 に 、就 学 時 健 康 診 断 等 の 機 会 を 活 用 し て 、す こ や か 子 育 て 講 座 を 開 催 す る と と も に 、 P T A 連 合 会 と の 共 催 で 家 庭 教 育 合 同 研 修 会 を 開 催 し た 。

[ 重 点 施 策 へ の 位 置 づ け 事 業 ]

★ 家 庭 教 育 支 援 事 業 ( 整 理 番 号 2 9 )

⇒ 必 要 性 : 5 、 有 効 性 : 4 、 効 率 性 : 4 今 後 : 継 続 * あ い さ つ 運 動 の 推 進

* 食 育 の 普 及 啓 発

中 期 基 本 計 画 に お け る 「 と り く み 目 標 」( 整 理 番 号 L − 5 ) 学 校 の 教 育 活 動 に 対 す る 保 護 者 ・ 地 域 住 民 の 協 力 者 数 現 状 値 ( 平 成 1 7 年 度 ) 小 中 学 校 5 , 3 0 7 人 / 年 目 標 値 ( 平 成 2 2 年 度 ) 小 中 学 校 8 , 0 0 0 人 / 年 平 成 21年 度 末 の 達 成 状 況 小 中 学 校 3 , 2 2 8人 / 年 ( 達 成 状 況 と そ の 評 価 )

平 成 2 1 年 度 で は 、 小 中 学 校 に お い て 3 , 2 2 8 人 の ボ ラ ン テ ィ ア の 協 力 が え ら れ 、 目 標 の 4 0 . 4 % と な っ て い る 。

(11)

* 家 庭 ・ 学 校 ・ 地 域 と 連 携 し た 事 業 の 推 進 * 子 育 て 支 援 事 業 の 推 進

* 家 庭 の 課 題 ( 悩 み ) 解 決 支 援

( 4 ) 青 少 年 の 健 全 育 成 ア 健 全 育 成 活 動 の 充 実

放 課 後 や 週 末 に 、 ス ポ ー ツ や 文 化 活 動 を は じ め 、 地 域 の 大 人 と 子 ど も と の 交 流 を 通 じ て 、 子 ど も の 健 全 育 成 を 図 る た め 、 地 域 子 ど も 教 室 を 1 1 箇 所 で 実 施 し た 。

[ 重 点 施 策 へ の 位 置 づ け 事 業 ]

★ 地 域 子 ど も 教 室 推 進 事 業 ( 整 理 番 号 3 0 )

⇒ 必 要 性 : 5 、 有 効 性 : 4 、 効 率 性 : 4 今 後 : 継 続 * 子 ど も の 居 場 所 づ く り へ の 支 援 協 力

3 人 権 尊 重 と 平 和 意 識 の 高 揚 ( 1 ) 人 権 尊 重 意 識 の 高 揚

ア 啓 発 活 動 の 推 進

市 長 部 局 と の 共 催 に よ り 、 人 権 問 題 講 演 会 を 開 催 し 、 市 民 の 人 権 尊 重 意 識 の 高 揚 を 図 っ た 。

[ 重 点 施 策 へ の 位 置 づ け 事 業 ] * 人 権 問 題 講 演 会 の 開 催

イ 人 権 教 育 の 推 進

小 中 学 校 に お い て 、 同 和 問 題 を は じ め と す る 人 権 問 題 に 対 す る 児 童 生 徒 の 理 解 を 深 め る た め 、 あ ら ゆ る 教 育 活 動 の な か で 、 人 権 感 覚 を 養 う 人 権 教 育 を

中 期 基 本 計 画 に お け る 「 と り く み 目 標 」( 整 理 番 号 L − 6 ) 人 権 講 座 な ど へ の 参 加 者 数

現 状 値 ( 平 成 1 7 年 度 ) 3 , 2 8 6 人 / 年 目 標 値 ( 平 成 2 2 年 度 ) 3 , 8 5 0 人 / 年 平 成 21年 度 末 の 達 成 状 況 3 , 4 1 3 人/ 年 ( 達 成 状 況 と そ の 評 価 )

(12)

推 進 し た 。

ま た 、 公 民 館 等 に お い て 、 人 権 に 関 す る 講 座 を 開 催 す る と と も に 、 P T A に 対 し て 、 人 権 教 育 学 級 の 開 催 を 委 託 す る な ど し て 、 様 々 な 人 権 問 題 に 対 す る 理 解 の 醸 成 を 図 っ た 。

さ ら に 、 富 士 見 集 会 所 に お い て は 、 人 権 教 育 の 拠 点 施 設 と し て 、 人 権 教 育 に 関 す る 各 種 事 業 を 実 施 し た 。

[ 重 点 施 策 へ の 位 置 づ け 事 業 ] * 人 権 を 尊 重 す る 教 育 の 推 進 * 学 校 同 和 教 育 の 推 進

★ 人 権 教 育 推 進 事 業 ( 整 理 番 号 3 1 )

⇒ 必 要 性 : 5 、 有 効 性 : 5 、 効 率 性 : 4 今 後 : 継 続 * 社 会 教 育 に お け る 人 権 教 育 の 推 進

* 人 権 教 育 指 導 者 養 成 事 業 の 充 実

* 富 士 見 集 会 所 に お け る 施 設 管 理 と 人 権 教 育 事 業 の 充 実

( 2 ) 平 和 意 識 の 高 揚

ア 平 和 意 識 の 高 揚

平 和 に 対 す る 市 民 の 意 識 の 高 揚 を 図 る た め 、平 和 祈 念 講 演 会 や 平 和 教 育 講 演 会 を 開 催 し た 。

[ 重 点 施 策 へ の 位 置 づ け 事 業 ] * 平 和 祈 念 講 演 会 等 の 開 催

中 期 基 本 計 画 に お け る 「 と り く み 目 標 」( 整 理 番 号 L − 7 ) 平 和 意 識 高 揚 の 事 業 件 数

現 状 値 ( 平 成 1 7 年 度 ) 3 件 / 年 目 標 値 ( 平 成 2 2 年 度 ) 8 件 / 年 平 成 21年 度 末 の 達 成 状 況 7件 / 年 ( 達 成 状 況 と そ の 評 価 )

(13)

4 文 化 の 振 興 と 国 際 交 流 の 推 進 ( 1 ) 創 造 性 豊 か な 文 化 の 振 興

ア 文 化 活 動 の 促 進

市 民 に よ る 地 域 文 化 の 振 興 を 図 る た め 、 公 民 館 等 に お い て 、 市 民 文 化 祭 を は じ め と す る 様 々 な 文 化 事 業 を 実 施 す る と と も に 、 文 化 団 体 の 事 業 実 施 を 支 援 し た 。

[ 重 点 施 策 へ の 位 置 づ け 事 業 ]

★ 文 化 活 動 支 援 事 業 ( 整 理 番 号 3 2 )

⇒ 必 要 性 : 4 、 有 効 性 : 4 、 効 率 性 : 3 今 後 : 内 容 の 見 直 し

イ 文 化 財 の 保 存 ・ 継 承 と 公 開

貴 重 な 文 化 財 を 後 世 に 継 承 す る た め 、 文 化 財 の 保 存 管 理 に 取 り 組 む と と も に 、 新 た な 指 定 の 候 補 と な る 文 化 財 の 調 査 研 究 を 行 っ た 。

民 俗 芸 能 に つ い て は 、 継 承 に 取 り 組 む 団 体 の 活 動 を 支 援 し た 。 ま た 、 発 掘 調 査 に よ り 出 土 し た 埋 蔵 文 化 財 を 整 理 保 存 し て 、 公 開 に 努 め る と と も に 、 埋 蔵 文 化 財 調 査 報 告 書 を 作 成 し た 。

[ 重 点 施 策 へ の 位 置 づ け 事 業 ]

★ 指 定 文 化 財 管 理 事 業 ( 整 理 番 号 3 3 )

⇒ 必 要 性 : 4 、 有 効 性 : 4 、 効 率 性 : 4 今 後 : 継 続 * 市 指 定 文 化 財 の 保 存 管 理 と 新 指 定 文 化 財 の 調 査

* 埋 蔵 文 化 財 の 調 査 ・ 整 理 ・ 保 存 ・ 公 開 * 民 俗 芸 能 伝 承 事 業 の 促 進

中 期 基 本 計 画 に お け る 「 と り く み 目 標 」( 整 理 番 号 L − 8 ) 文 化 活 動 の 促 進 に 係 る 事 業 件 数

現 状 値 ( 平 成 1 7 年 度 ) 1 8 8 件 / 年 目 標 値 ( 平 成 2 2 年 度 ) 2 4 8 件 / 年 平 成 2 1 年 度 末 の 達 成 状 況 2 1 7件 / 年 ( 達 成 状 況 と そ の 評 価 )

Figure

Updating...

References

Updating...

Download now (13 pages)