鉄道サービスについて

23 

Loading....

Loading....

Loading....

Loading....

Loading....

全文

(1)

1

鉄遈サ

―需要 測 評価―

January 27,2012

学習院大学経済学部 沈鉄軍

世界

鉄遈業界

莫大

建設

中長

期的

非常

市場

「1 世紀

的国力

指標

建設

交通需要

政府

鉄遈政策決定

影響

様々

要因

需要

影響

考え

鉄遈サ

準公共

鉄遈サ

利用

源的需要

派生需要

移動

人々

効用

費用以

増加

評価

通サ

運賃

支払い

い地価

昇や高度土地利用

便益

大手私鉄

交通社会資

整備

外部効果

鉄遈輸送

収益

い経営形態

変貌

最後

新興国中国

鉄遈

紹介

定義

原理

交通需要

(2)

2

普 定義 特

交通サ 人 物 場所的 移動 サ 無形 あ

1

交通サ 需要 大半 消費者 目的 需要 源的需要 実現 手段 需要 派生需要 あ そ 交通サ そ 源的需要

動向 依存 右 2

交通企業 固定費用 占 割 高 規模 経済 発生 や い

自然独占 いう結果 あ

C(q +q + ・・・ +q ) C(q )+C(q )+・・・ +C(q )

規模 経済 交通企業 規模 大競 引 起 規模 大 一部 規 模 経済 発生 一方 航空輸送 場 運行 数 稠密 機

や乗務員 効率的 利用 コ 減 う 中

的 生産 行い そ コ 減 場 密度 経済 あ 考え

出 竹 健蔵 交通経済学入門 .77

SRAC 短期 均費用曲線 LRAC 長期 均費用曲線 あ 規模 経

済 LRAC FGH 部 該当 密度 経済 SRAC EG 部 該当 大 生産 コ E G 方向 動 密度 経済 あ

1

述 土 2002 基 2 述 竹 2010 基

E

LRAC

H G

SRAC p

o q

F

(3)

3

F H 方向 動 規模 経済 あ

即時性 即地性

交通サ 提供 時 利用者 利用 わ い い いう 売

陳腐 価値 う 生産 消費 即時性 要求 そ

交通サ 特定 場所 利用 い

市場 失敗

公共 観点 鉄遈サ 共 消費性 排除 能 あ 準公共 あ

. 交通機 需要 数 選択

. ワ 原理

1952 ワ あ OD間 い 遈路 あ そ 遈路 所要時

間 考察 2 原理 出 わ

[第1原理]起終点間 存在 能 経路 う 利用 経路 い 所要時

間 皆等 利用 い 経路 そ い

[第2原理]遈路網中 総走行時間 最 あ

ワ 原理 所要時間 時間価値 乗 時間費用 利用者 所

要時間 時間費用 考え 選択 行う う ワ 原理 張

乗 心地 車 混雑 う 精神的費用 費用 組 込 時間費用 一般 費用 張

. 交通需要 数

交通需要 企業 意思決定 そ 政府 政策決定 影響 3運賃 料金 交通施設投資 実施や助成 い 需要 析 必要 あ

交通需要 測 目的 交通計画 構築 評価 資 あ 交通投資 大規 模 多 そ 経済効果 国民経済 大 影響 え 政府

公共 業 波及効果 持 公的資金 地域活性 用 進

消費者 消費 効用 最大 消費 価格

, 所得 y 所得制約式

p q p q ,≦y

効用 数 最大 最大 条件 整理

Ә Ә

Ә Ә

いう 得

交通需要 一般 様 価格 所得 依存 決 考え , ,

y 式 体的 数型 え 交通需要 数 推定

(4)

4

最 純 数型 次 数 あ 用い あ 種

数型 対数線型 コ 型 呼 使用 多い

対数線型 需要 数 次 う 示

q=a 1 4

対数線型 需要 数 両辺 対数 線型 変換 対数線型

いう称呼 性質 わ

ln q)=A+ ln + ln ln 2

あ A=   体的 数 求 例え 過去

1 式や 2 式 ( ,   ,   ,   ) 推定 あ 対数線型 場

回 析 容易 そ 行う

1 式 い 2 式 需要 数 純 効用 数 出発 いわ 素朴 需要

数 あ 対 交通 場 そ 目的 利用 交通機

要因 需要 影響 及 効用 数 仮定 消費者 嗜好 一般的 形 数 包 い いう あ 体的 需要 数 推定 場 需要 大 影響 及 思わ 変数 加え 考え 必要 あ

ン Q-B いう i j いう 交通結節

点 node 間 交通需要 測 あ ン間 解釈 問

い 交通需要 影響 及 要因 次 7点 指摘 い 両地点 人 ,

両地点 均所得 あ い 再頻値所得 ,

両地点 制度的 産業的 特性 例え 業地 あ 商店街 あ 等 ,

i, j 間 最速 交通機 所要時間 , び k 番目 交通機

対 相対時間

i, j間 最 安価 交通機 費用 ,  びk番目 交通機 対

相対費用

i, j間 最 便数 多い交通機 頻度 , びk番目 交通機

対 相対頻度

i, j間 サ 供給 交通機 数

以 変数 用い Q-B 次 う 定式 い

(H)  (C)  (D)

(H) (C) (D) あ

(5)

5

Q-B 変数 数 多 そ 従 数 多い 全部 1『 いう 数 含 数全体 基 的 対数線型 形式 あ わ 注目

交通需要 影響 及 想定 い 変数 容 あ 経済 価格 所得 依存 い 対 Q-B 人 産業特性 交通 機 数 所要時間 頻度 考慮 い 交通機 ず 所要時間 費用

頻度 最善 相対 い

輸送人数 影響 主 要因 中国 い 次 う 考え方 あ

1 社会政治 経済 文 発展 変

2 一定期間 国家あ い 地区 政策方針 変

3 労働人 移動 変 経済 開発 地方 業 び農 企業 創業 発展

4 人 自然増加

5 人文 民俗 び国家 地区主催 大型団体活動

6 現 鉄遈 在来線 技術改造 新線 建設 客流利用範 大 縮 7 各種交通運輸手段 発展 使い 状況

8 各交通手段旅客輸送運賃 変

9 自然災害 季節 気候変

10 旅行業 発展変

要因 鉄遈旅客輸送 増減変 影響 わ 明 あ 析 い

普 都遈府県 回 析

文 用い う 移動人 一人当 県民所得 相互距離 公式機 公 表 最新 あ 最速所要時間 最安料金 「010 10 1【 日 「010

1「 「重 日 筆者 調 あ 到着駅

出発駅 各県庁所在地駅 設定

全国都遈府県 収 次 回 析 行

被説明変数 府県相互間旅客輸送人員 J び府県相互間旅客輸送人員 全 機 説明変数 人 。出発県) 人 。到着県) 目県 総生産 出発県 県 総生産 到着県 人当 県民所得。1000 )。 出発県) 県民所得。1000 )。 到 着県) 相互距離 遈最速所要時間 遈最安料金 析

(6)

6

投入済 変数 除去 変数

b

投入済 変数 除去 変数 方法

1 最速所要時間

乗逆数, 着県 総

生産, 人 発, 相

互距離, 発 人当

県民所得, 最

速所要時間 乗,

着 人当 県

民所得, 最安料

金, 人 着, 発県 総生産

a

.入力

a. 要求 変数 入力

b. 従属変数 対数JR

要約

b

R R2 乗 調整済 R2 乗

標準偏差推定値 誤差

1 .869a .755 .754 1.26843

a. 測値: (定数) 最速所要時間 乗逆数, 着県 総生産, 人 発, 相

互距離, 発 人当 県民所得, 最速所要時間 乗, 着 人当 県

民所得, 最安料金, 人 着, 発県 総生産

(7)

7

散 析

b

方和 ( 散成 ) 自 度 均 方 F 値 意確率

1 回 8902.880 10 890.288 553.344 .000 a

差 ( 散 析) 2881.581 1791 1.609

計 ( ) 11784.460 1801

a. 測値: (定数) 最速所要時間 乗逆数, 着県 総生産, 人 発, 相互距離, 発 人当 県民所得, 最速

所要時間 乗, 着 人当 県民所得, 最安料金, 人 着, 発県 総生産

b. 従属変数 対数JR

a

標準 い い 数標準 数

t 値 意確率

共線性 統計

B 標準偏差誤差 許容度 VIF

1 (定数) 1.634 .505 3.232 .001

人 発 3.287E-7 .000 .344 10.439 .000 .125 7.969

人 着 3.214E-7 .000 .340 10.254 .000 .124 8.039

発県 総生産 -5.228E-9 .000 -.032 -.843 .399 .096 10.424

着県 総生産 -3.263E-9 .000 -.020 -.529 .597 .095 10.512

発 人当 県民所得 .000 .000 .062 3.050 .002 .336 2.978

着 人当 県民所得 .000 .000 .054 2.650 .008 .326 3.071

相互距離 -.002 .000 -.217 -8.193 .000 .195 5.116

最安料金 -4.651E-5 .000 -.210 -8.401 .000 .218 4.590

最速所要時間 乗 -1.745E-5 .000 -.240 -12.771 .000 .388 2.577

最速所要時間 乗逆数 518.069 56.806 .108 9.120 .000 .975 1.025

(8)

8

共線性 診断

a

次 元

固 値

条件指 数

(定

数) 人

発 人

着 発県 総生産

着県 総生産

発 人当

県民 所得

着 人当

県民 所得

相互 距離

最安 料金

最速所 要時間 乗

最速所要

時間 乗

逆数

1 1 7.375 1.000 .00 .00 .00 .00 .00 .00 .00 .00 .00 .00 .00

2 1.115 2.572 .00 .01 .01 .01 .02 .00 .00 .00 .00 .00 .01

3 1.093 2.597 .00 .01 .00 .01 .00 .00 .00 .00 .01 .01 .38

4 .917 2.836 .00 .00 .00 .01 .00 .00 .00 .00 .00 .01 .58

5 .283 5.102 .00 .00 .00 .01 .01 .00 .00 .03 .04 .00 .03

6 .094 8.850 .00 .00 .00 .04 .04 .00 .00 .02 .10 .74 .01

7 .042 13.291 .00 .16 .18 .11 .14 .00 .00 .32 .50 .03 .00

8 .041 13.355 .00 .42 .39 .29 .26 .00 .00 .00 .00 .00 .00

9 .029 15.994 .00 .32 .34 .14 .14 .00 .01 .61 .29 .20 .00

10 .008 31.050 .00 .02 .02 .18 .18 .45 .44 .00 .00 .00 .00

11 .002 57.296 1.00 .05 .05 .20 .21 .54 .54 .01 .06 .01 .00

a. 従属変数 対数JR

回 式

せS。J 輸送人員)= 1普【」『+」普「8】E 人 。出発県)+」普「1『E 人 到着県 +

-0普00「 相互距離+ -『普【』1E 最安料金+』18普0【重

最速所要時間

共線性 統計 別.+ 固 値 条件指数 示 い 数値 多 共線性 能性 高い 断 変数 排除 最 適 考え 最速所要 時間 乗 逆数, 出発県 人当 県民所得, 相互距離 説明変数 対数JR 被説明変数 回 式 あ

投入済 変数 除去 変数

(9)

9

投入済 変数 除去 変数 方法

1 最速所要時間

乗逆数, 発 人当

県民所得, 相

互距離 a

.入力

a. 要求 変数 入力

b. 従属変数 対数JR

要約

b

R R2 乗 調整済 R2 乗

標準偏差推定値 誤差

1 .660a .436 .435 1.92006

a. 測値: (定数) 最速所要時間 乗逆数, 発 人当 県民所得, 相

互距離

b. 従属変数 対数JR

結果 r 0.436 あ r 0.0660 2乗 値 あ 移動人 43.6%

測 い 説明

散 析

b

方和 ( 散成

) 自 度 均 方 F 値 意確率

1 回 5220.299 3 1740.100 472.004 .000 a

差 ( 散 析) 6764.953 1835 3.687

計 ( ) 11985.252 1838

a. 測値: (定数) 最速所要時間 乗逆数, 発 人当 県民所得, 相互距離

b. 従属変数 対数JR

(10)

10

標準 い い 数 標準 数

t 値

意確率 共線性 統計

B 標準偏差誤差 許容度 VIF

1 (定数) -.665 .324 -2.050 .040

発 人当 県民所得 .002 .000 .318 18.021 .000 .987 1.014

相互距離 -.005 .000 -.511 -28.718 .000 .973 1.028

最速所要時間 乗逆数 628.381 85.638 .130 7.338 .000 .983 1.017

a. 従属変数 対数JR

共線性 診断

a

次元

固 値

条件指数

(定数)

発 人当 県

民所得 相互距離

最速所要時間 乗逆数

1 1 2.800 1.000 .00 .00 .03 .00

2 .990 1.682 .00 .00 .00 .96

3 .201 3.736 .01 .02 .91 .03

4 .010 16.581 .99 .98 .05 .00

a. 従属変数 対数JR

差 統計

a

最 値 最大値

均値 ( ン検

定) 標準偏差偏差 N

測値 -3.8213 15.1921 2.7626 1.68529 1839

差 -6.97083 7.32059 .00000 1.91849 1839

標準 測値 -3.907 7.375 .000 1.000 1839

標準 差 -3.631 3.813 .000 .999 1839

(11)

11 回 式

せS。J 輸送人員)=

-0普0【【』 【「8普」81

最速所要時間

0.005 相互距離 0.002

人当 県民所得 。 出発県)

表 散 析 意確率 普000 いう非常 い確率 回 式 効 性 保証 い 考え 良い あ う

多 共線性

条件指標 最大固 値 対 連続 各固 値 比 方値 あ 1』 大 い条件指標 問 存在 能性 示 」0 大 い条件指標 共線性 大 問 あ 示唆 条件指標 多 共線性 疑う 足 結果 示

い い

普 鉄遈サ

鉄遈サ 利用 源的需要 派生需要 あ 移動

人々 効用 そ 要 費用以 増加 評価 あ

鉄遈 自然環境 荷 少 大 輸送 向 定時性や安全性 優 い

う特 多数 車両 連結 一括運転 連結 車両 多

い 一度 大 旅客や貨物 運送

酸 炭素 輸送 当 排出 少 い交通機 あ 統計的

一 人員 輸送 発生 故 発生率 被害者数 自動車 故 比 極端 少 い

交通経済学 費用 担原則 あ 利用者 担

遈路 公共 類 一般遈路 準公共 類 高速遈路 あ 鉄遈 利用者 運賃 支払 利用 準公共 考え

交通 場所 移動 サ あ 移動中 時間費用 車両 中 快適性 注目

間接的 益者 担

運賃 支払い 利用者 交通サ 効用 交通サ

(12)

12

費用便益 析 業 社会 献 程度 析 手法 あ 5 鉄遈利用者 一般 費用 利用者 限界便益 等 い

)。N) 囲。 )+U 鉄遈利用者均衡

限界便益 鉄遈 利用者数 s( ) 鉄遈利用者1人当 混 雑費用 U 運賃 s( ) 大都市地域 >0 " 0 仮定

鉄遈企業 収支均衡制約 均費用価格形成 あ 企業 総収入 長期 総費 用 等 い

X( ) = 収支均衡制約

X( ) 鉄遈企業 長期 均費用 あ

鉄遈利用者均衡 収支均衡制約

)。N) 囲。 )+ X( )

。 ) 。 )+ X( ) 

。 ) 鉄遈 総費用 あ 式 微 鉄遈 社会的限界

費用 。 )

。 ) 囲。 )  X( )  。 )+  ( ) 

。 )+  ( )  鉄遈混雑 限界外部費用 あ

公共 業 評価

鉄遈整備 業 効果 業効果 施設効果 存在 費用便益 析 施設効果 対象

費用便益比 B景(

業 実施 場 便益 業 実施 い場 便益 総費用

費用便益比 1普0 以 あ 投資効果 あ 便益

直接便益

利用者便益 総移動コ 金 置 換え 所要時間 所要経費 ェ利用者数 差

供給者便益 鉄遈 業者 収益 増 経済波及効果 総生産 増加

総費用 費 建設費 用地 費 維持改良費 再投資費 整備新 線長崎 利用者便益計算野

[ 特急 長崎市 ン~福岡市 ン 業務目的 例] 利用者便益 算出

長崎市 ン⇔福岡市 ン 業務目的 場

(13)

13

需要 与N図し 約『,」『0人景日 与N図しoつ図 約『,1」0人景日 一般 費用 差 1,】】」

利用者便益 0普』ェ。需要 。与N図し) 需要 。与N図しoつ図))ェ一般 費用 差 0普』ェ 『,」『0。人景日) 『,1」0。人景日) ェ1,】】」

】,』08,【』』 景日 約 「】 億 景

環境改善等便益

環境改善等便益 う 特 注目 い 地球環境改善便益 (4「 排出 計 測 金 換算 考え方 あ

鉄遈整備 業 (4「排出 削減効果 貨幣換算 原 設定 考え方

被害費用 基 対策費用 基 排出 引市場価

格 基 等 あ

鉄遈会社 運営

大手私鉄 周辺宅地や 客施設 開発 交通社会資 整備 外部効果

部 鉄遈輸送 収益 い経営形態 変貌 次 東

武鉄遈決算報告書 筆者 作成 あ

鉄遈会社 兼業 鉄遈 維持 いう日 型私鉄経営 確立 い

少子高齢 進 あ 需要 鉄遈 大 輸送手段 あ

規模 経済 果 利点 発揮 い

(14)

14 出 決算報告書 筆者 作成

出 決算報告書 筆者 作成 0

10000 20000 30000 40000 50000 60000

営業利益

連結

そ 他 流通

動産

運輸

百万

0 200 400 600 800 1000 1200

東京 周辺街区開発

開発

業資金調遉方法

省C 補助金 預 金

(15)

15 』普中国鉄遈 情

政策根

中国鉄遈省 時速」00 以 高速鉄遈 高鉄 定義 い 「00 以 C H和諧 車種 使用 列車 動車組 呼 い 時速1【0~「00 列車 準高速 長距離列車 特快 び 時速1「0~1【0 快速 時速1「0以 快 時速80 以 通列車 呼 い

中国 高速鉄遈網 整備 計画 建設費用 担 経営 渡 中央人民政府 主 行わ い 「00【 中長期鉄遈網計画 決定 旅客専用線建設 対 大 投資 行わ 鉄遈建設 算 増大 い 旅客専用線 建設 政府 出資 運営会社 資金 銀行融資 社債発行 わ 世界金融危機対策

「008 決 需 大 公共投資策 大 需十項措施 高

速鉄遈 建設 中国鉄遈部 務 発表 中国鉄遈省 債

高速鉄遈建設 格 「008 債 8【8『億元 約10 『「 【

兆 鉄遈部

債 急増 「00重 1兆」0」『億元 約1』 【『兆 「010 1兆8重18億元 約「「 】0兆 「011 重 積債務 「兆「」00億元 約「】兆 総資 産 占 債比率 』重普【0% 遉 い

鉄遈固定資産投資

中国鉄遈固定資産投資 基 建設 更新及び改造 含 8『「【普』「 億 前 1」81普「』 億 増え 1重普【財増加

中国鉄遈固定資産投資 单 野億元

指標

「010 完成

前 比 み%

十一 】

完成 十 8

比み%

計 8『「【普』「 1重普【 「『」0重普重8 」8】普』

基 建設 】0】『普』重 1】普8 1重】8】普0重 』「重普1

更新及び改造 「8』普『」 1「普』 1「0重普0】 」『普8

車両購入 10【【普』0 」』普』 」」1」普8「 「』0普8

6 元 7

(16)

16 出 中国鉄遈省 公表資料

中国政府 批 意見 相次 わ 莫大 鉄遈投資 行う理 鉄遈

優 い 次 う 特 持 い あ

鉄遈 輸送力向 広域 労働市場 一体 長期的 経

済的生産性や競 力 高

建設 用 創出 鉄鋼やセ ン 建設資 需要 生 出 気波及効果 あ

都市 健全 発展 都市 進 現象 抑え 資源 自給 持続 能 開発 進

高速鉄遈網整備 中国 高速鉄遈技術 進歩

高速鉄遈 鉄遈技術 電気 機械 人間管理 多 わ 非常 高度 技術 高度 結 あ そ うえ 長期間 試行運

行 必要 あ 高速鉄遈 国力競い い あ う

旅客輸送

中国鉄遈旅客輸送人数 1【】【0重 万人 前 1』1』8 万人増え 重普重財増加

中 国営鉄遈 輸送人数 1【『】【1 万人 前 重普」財増加 公営鉄遈 輸送 人数 1「11 万人 前 マ 1普重財 私鉄 輸送人数 『】】 万人 前

中国鉄遈固定資産投資総

(17)

17

1」普8財増加 中国鉄遈旅客輸送 8】【「普18 億 人 重

前 88」普「重 億 人 増え 11普「財増加 国営鉄遈 輸送 8】「』普】「 億 人

前 11普」財増加 公営鉄遈輸送 」0普1』 億 人 マ 重普1財 私鉄 輸送 【普」1 億 人 前 11普重財増加

中国鉄遈旅客輸送

指標

「010 完 成

前 比み%

十一 完成

十 比 み%

旅客輸送人数 万人 1【】【0重 重普重 】「】』】重 」』普重

国営鉄遈 万人 1【『】【1 重普」

公営鉄遈 万人 1「11 -1普重

私鉄 万人 『】】 1」普8

旅客輸送 億 人 8】【「普18 11普「 」8「』8普10 『』普』

国営鉄遈 億 人 8】「』普】「 11普」

公営鉄遈 億 人 」0普1』 -重普1

私鉄 億 人 【普」1 11普重

出 中国鉄遈省 公表資料

出 中国鉄遈省 公表資料

(18)

18 出 中国鉄遈省 公表資料

労働効率

「010 中国鉄遈省従 者数 「11普」【 万人 前 比 0普重8 万人減少 運 輸業従 者数 1』0普『1 万人 前 比 」普「【 万人減少 職員数 「1「普」1 万人 前

比0普】』 万人減少 運輸業職員数 1『重普8【 万人 前 比『普重』 万人減少

中国鉄遈旅客輸送

(19)

19 出 い 中国鉄遈省 公表資料

中国鉄遈省従

者数

従 者数

運輸業従 者数

中 国 鉄 遈 省 職 員

職員

(20)

20 技術 入

国産技術 開発 中華之星 等 国産車両 様々 原因 改良 停

国務院 鉄遈部 中国国外 技術移転 自国 高速鉄遈 業 発展

狙い あ 高度 技術 入 ョンや ン ン 意識

極 希薄 あ あ 高速鉄遈 運営管理 習得 間 わ

相次 発生

「011 】 温 市 高速鉄遈列車 衝突 脱線 故 起 死者『0 人 傷 者 「00 人 超え 大惨

展望

高速鉄遈 業 巨 債 衝突 故 者 利 い 様々 問 抱え 大規模 鉄遈建設投資 需 大や成長維持 柱 政府 方針 簡 変 え い あ う 過度 ン 抑え 現時点 落 着い い う 見

いう 大型 再開 あ う 用 進 陸部経済 活性

鉄遈 輸送能力 資源 効利用 観点 高速鉄遈 中国

無 い存在 あ う

参考資料

竹 健蔵 「008 交通経済学入門 斐 山 弘隆 竹 健蔵 「00「 交通経済学 斐

竹 健蔵 「00【 都市交通 ワ 経済 析 斐

竹 健蔵 根元敏則 山 弘隆 「010 交通市場 社会資 経済学 斐 土 坂 昇 「00「 交通経済学 東洋経済新報社

福 潤也 「00【 交通基盤施設整備 需要 測 社会的 信 国際交通安全

学会誌 l

佐賀県 「00』 九 新 線長崎 武雄温泉~諫 間 費用対効果 い し図図U野景景与与与普U三ごさ普囲ぐざぐ普せざ普OU景与ごけ景

東 大学東 研究セン 需要 測手法 」 し図図U野景景囲図三ごU普RぐNS普OU景

(21)

21

相原健太 「010 崎縦貫高速鉄遈 研究 慶應義塾大学環境情報学部 浜市公共 業評価審査委員会 「00【 再評価 交通 浜市高速鉄遈 線 日 ~中山間建設 業 し図図U野景景与与与普止N図と普とoずoしぐRぐ普せざ普OU景さ三oS図景与ごせ止oRご普し図Rせ 人民網日 語 「010 中国 鉄遈―急速発展 世界 牽引

し図図U野景景OぐUぐSご囲ご普止三N普止S景重18景「010景0「景11景1『『囲1』『【【重普し図R

中 彩香 中国鉄遈部 特 成立経緯 組織構造 経営 課 調査研究 セン 副主任研究員 し図図U野景景与与与普N図ごO普o三普OU景

王曙 「011 王曙 中国産業論 中国政府 高速鉄遈建設 や い

う一 ワ 拓殖大学教授

し図図U野景景Sご与囲普囲ごぐ三止しNSぐ普Sご普OU景正N囲U普止ざN単と=「011貢正=100』貢さ=止oせつRSぎ100』ぎ01「普囲し図Rせ 王曙 「011 王曙 中国産業論 中国高速鉄遈 借金 う見

拓殖大学教授

し図図U野景景Sご与囲普囲ごぐ三止しNSぐ普Sご普OU景正N囲U普止ざN単と=「011貢正=110】貢さ=止oせつRSぎ110】ぎ00重普囲し図Rせ 国土交通省 し図図U野景景与与与普RせN図普ざo普OU景図ご図つ正o景

人 民 网 し図図U野景景さNSぐS止ご普UごoUせご普止oR普止S景,B景1【1「重8」重普し図Rせ

大和総研 し図図U野景景与与与普正N三普止o普OU景囲oつずごS景ぐ囲Nぐ景ぐ囲NぐSぎNS囲Nざし図景1110「』普し図Rせ 0.3BR.(0S 34< し図図U野景景ずNSけ三N止ず囲So与普止oR景ぐ三止しN不ご囲景』1【重8重8『普し図Rせ

百科

し図図U野景景Oぐ普与NずNUご正Nぐ普o三ざ景与NずN景財道」財8」財A1財道」財8「財A『財道」財8」財B」財道」財8」財重A財道」財8」財B(財 道」財8「財B8

中国语文献

铁路客 ,朱殿萍 主编,西 交通大学出 社,「00重 1「 第 1 。

移動人

出所 貨物 旅客地域流動調査 成「0 度, 1000 人 国土交通省 総 政策局 情報安全 調査課 企画調査第

し図図U野景景与与与普RせN図普ざo普OU景ず-図oつずごN景三とつつ正oつ-止しoつ囲ぐ景三とつつ正oつ-止しoつ囲ぐ普し図Rせ 「010普10普1】

一人当 県民所得

出所 成 1重 度県民経済計算 A 成1「 基準計数, 1000 府

し図図U野景景与与与普ご囲三N普止ぐo普ざo普OU景OU景囲Sぐ景ずごSRNS景し1重景RぐNS普し図Rせ 「010普10普1】 相互距離

(22)

22 1 都遈府県庁 置 成 「1 『 1 日現在

「 距離計算 回転楕 体 ,RS80 測地線長 算出 い 」 ずR

し図図U野景景与与与普ざ囲N普ざo普OU景040:J>4-4景ずごS止しo景ずごS止しoずぐS「普し図Rせ 「010普10普1】 最速所要時間 最安料金

「010普10普 1【普0【野00~「010普1「普「重普0【野00 し図図U野景景与与与普Sぐ不N図NRご普止o普OU景

到着駅 各県庁所在地駅 出発駅 各県庁所在地駅

県庁所在地一覧表

都遈府県 所在都市 都遈府県

所在都市

都遈府県

所在都市

海遈

地方

中部地方

中国地方

海遈

新潟県

新潟

青森県

青森

富山県

富山

島根県

松江

岩手県

盛岡

金沢

岡山県

岡山

宮城県

広島県

広島

山梨県

山形県

山形

四国地方

福島県

福島

岐阜県

岐阜

島県

東地方

静岡県

静岡

高松

茨城県

水戸

愛知県

愛媛県

松山

栃木県

宇都宮

畿地方

高知県

高知

群馬県

前橋

沖縄地方

埼玉県

滋賀県

大津

福岡県

福岡

千葉県

千葉

京都府

京都

佐賀県

佐賀

東京都

新宿

大阪府

大阪

長崎県

長崎

神奈

兵庫県

神戸

(23)

23

和歌山県

和歌山

宮崎県

宮崎

鹿児島県

鹿児島

沖縄県

那覇

最後

学習院大学経済学部福地純一郎

指摘

経済学部 『

尚信

Updating...

参照

Updating...

関連した話題 :