高校数学でマスターする現代制御とディジタル制御 訂正一覧

Loading....

Loading....

Loading....

Loading....

Loading....

全文

(1)

本書に関して貴重なご意見・ご指摘を頂きました柴田浩先生(大阪府立大学名誉教授)に深く 感謝いたします。

ここでは、数式の一部に latex の書式を使用しています。

■■■ここより下、初版第

2

刷重版より反映済み■■■

◎p.37, 式(1.116)の右辺, 「 =0 」→「=¥bf{O}」

◎p.56, 式(2.20)の右辺第2項, 「b(u(t)-u(t-T))」→「b(u(t)+u(t-T))」 ◎p.76, プログラム2-3の1行目, 「n, dを計算」→「b, aを計算」

◎p.113, 3.6.4項の上1行目, 「確かめてほしい。」→「確かめてほしい。Mat@Scilabの場 合、14行目を Gz.dt=T; に置き換える。」

◎p.17, 式(1.67)の上1行目, 「 =[ 」の“ = “と” [ “の間に「¥frac{1}{p1-p2} 」を挿入 ◎p.17, 式(1.67), 「 =[ 」の“ = “と” [ “の間に「¥frac{1}{p1-p2} 」を挿入

・p.18, 上1行目,「x(t)=O 」→「x(t)→O 」

・p.18, 上4行目,「ラプラス変換して 、」→「ラプラス変換してx(0)=Oとおいて、 」 ・p.28, 下3行目,「大きければ¥hat x(t)を小さく 」→「小さければ¥hat x(t)を大きく 」 ・p.28, 下2行目,「小さければ¥hat x(t)を大きく 」→「大きければ¥hat x(t)を小さく 」 ◎p.28, 図1.9, 信号線(矢印線)の上の文字「e 」→削除

◎p.38,下6行目, 「(1) 制御対象に制御器を含ませる」→「(1) 制御対象に積分器を含ませ る」

・p.39, 式(1.118)の下2行目, 「式(4.8), 」→「式(4.9), 」

・p.66, 例題2.9の「周波数特性がずれないことを示そう。」→「周波数特性(伝達関数のゲ

インと位相)がずれないことを示そう。」

・p.67, 例題2.10の「周波数特性がずれないことを示そう。」→「周波数特性(伝達関数の ゲインと位相)がずれないことを示そう。」

・p.89, 式(3.23)の下2行目, 「J, m, l の正確な値」→「J, D, m, l の正確な値」

・p.124, 式(4.25)の下1行目, 「逆行列という。」→「逆行列といい、bとは無関係にAの要 素だけで決まる。」

・p.128, 式(4.36)の下1行目, 「λを固有値、xを固有ベクトルという」→「λをAの固有値、 xをλに対する固有ベクトルという」

・p.129, 式(4.39)の下1行目, 「(λ I-A)のλ」→「(λ I-A)の各要素のλ」

・p.129, 式(4.39)の下3行目, 「(λ I-A)^{-1}の最高次数」→「(λ I-A)^{-1}の各要素の最高 次数」

・p.145, 式(4.75)の下3〜4行目, 「0の両辺にx^T Q xを足して」→「0が成り立っている ので」

・p.145, 式(4.75)の下8行目, 「=Oとなるので、¥dot x」→「=Oとなるので、u(∞)=Oの ときにy(∞)=Oとなるから¥dot x」

(2)

がすべて負よりA^{-1}が存在する。」

◎p.155, 上9行目, z1=の式の右辺の分子のjと分母のj→削除

◎p.166, 式(5.12)の上1行目, 「これらと式(5.8)の」→「これらと式(5.7)の」

■■■ここより下、初版第

2

刷より反映済み■■■

・p.17, 式(1.67)右辺の1行2列要素の「 - p2 」→「 p2 」

・p.20, 式(1.78)の上の行の「D1=0のとき」→「D1=0またはD2=0のとき」

・p.35, 上1行目の「極-1と零点-1と」→「極1と零点1と」

Updating...

参照

Updating...

関連した話題 :