眼科手技を模擬した眼科手術シミュレータの開発 ~網膜硝子体手術用眼球モデルの開発と計測システムの統合に成功~

 0  0  5  2018-01-18 13:59:18 Report infringing document
眼科手技 模擬 眼科手術 網膜硝子体手術用眼球 開発 ュ ータ 計測 開発 統合 成功~ 古屋大学大学院工学研究科 研究科長:新美 智秀 新井 史人 あ い ふ ひ 教授 丸山 央峰 や ひさ 准教授 益田 泰輔 い け 特任准教 授 小俣 誠二 い 特任助教 研究 ープ 東京大学大学院医学系研究科 相原 一 あい こ 教授 研究 ープ 東京大学大学院工学系研究科 光石 衛 い 教授 研究 ープ 共 研究 人間そ く 眼科手術 ュ ータ こ 度 開発 近 医学教育 効率化や難手術 効果的訓練 精巧 手術 ュ ータ 強く求 い 実際 人間 眼球や頭部 可動性 十 忠実 再現 存在 い 一部 網膜硝子体手術 難手術 言わ い 拘 適 模擬眼 球 開発さ 術者 手技評価 行う センサ 開発さ い 本研究 記 課題 踏 え 二 網膜硝子体手術 手技 模擬 一 変形表示機 能 搭載 こ 全く新 い眼科手術手 ュ ータ 開発 こ 成功 こ 従来 行うこ 出来 手技 模擬 評価 行う 共 一連 手術 ーニン 行うこ 可能 こ 研究成果 以 展示致 日時 8月 8日 称 場所 内閣府 ImPACT 公開 ン ~イ ニッ ュー 8 月 31 日~ 9 月 1 日 イノベー ョン ノイ 拓く新産業革命~ ン 2017 東京 10 月 12~15 日 第 71 回日本臨床眼科学会 10 月 28~29 日 第 26 回日本コン ュータ外科学会大会 12 月 1~ 3 日 第 56 回日本網膜硝子体学会総会 こ 研究 行わ 成 27 度 始 内閣府 東京大学 本郷キ ン ッ サイ 東京国際 ImPACT プ ーラ 古屋大学 東京国際 ーラ 支援 イン 倫理審査 世界 認 不要 駆 球 設置可能 人間 網膜硝子体手術 構築 搭載 手術 眼科手術 境界膜剝 術 ュ ニュ 一連 手術動作 行う 眼底網膜部 変形表示機能 搭載 く ョン手術 可能 眼 可能 鉗子や針 過剰 押込 若手医師 早期習熟 貢献 タ 開発 検知 可能 期待 研究背景 内容 手術手 早期 体得 忠実 再現さ 身 以 医療行 言わ い 特 タ 開発 ュ 手 修得 促進 ュ 眼科手術 ュ ュ チュ タ 手 タ 販さ 手術 言わ 販さ タ 統合 い バ い 拘 適 ュ タ チッ 製 硬 構築 面 薄膜 剥 剥 ュ ニン 眼球構造 全く異 い チ 実 ニュ い ョン手術 注 2 ニュ い い 模 頭部 可動 い 物 あ 瞼 開い 面 方向 変え 実 眼球 い等 ほ 眼 い 最悪 場合 失明 ニュ 後者 網膜 可能性 あ 機会 乏 い 現状 ョン手術 要求さ 毛細血管 注射 特 い 手術 あ 前者 眼底硝子体 網膜 最表層 方法 無 卵殻膜やバ 規 治療機器 バ 術 数種 眼 目指 存 若手医師 習熟 問題 材料 作 手術 眼科手術模擬 特 現 人間 開発さ 々 い 手術 適 剝 手術 手術 言わ 本研究 対 い 生体 い ュ 次 様 課題 解決 万 一 網膜 強い力 境界膜 い 多く 治療行 ュ 手術 あ 様 い 手術 後者 ニッ 開発さ 多く 場合 熟練医 執刀 前者 精巧 手術 開発 ン 可能 手術 役立 生体計測 基 模擬眼球 開発さ 人間 頭部 忠実 再現 網膜硝子体手術 柔 期待さ 剝 術 注 1 や 境界膜 い 眼科手術 調整 網膜 対 精密人体 模擬可能 眼球 い 中 い 面表面 プ 課題 あ 用い 評価 向 共通プ ッ フ い 術者 手 評価 行う い ワ 機会 乏 い手 人間 眼球や頭部 可動性 十 忠実 再現 現 重要 医学教育 効率化 称 網膜硝子体手術 い ン や ニッ 実 チ 安全性 高 様々 手術 模擬 組織 特性 再現 科手術 教育 い プ バ 医療行 タ さ 未経験者 処置 タ 活発 開発さ 当研究 可能 治療 タ 開発 望 化 理解 ュ 挙 チ 従来 V 再現性 乏 く 後者 空間 再現 手術 同様 水中 ョン手術 問題 程 い 可能 眼球 曲面 あ 眼底構造中 術 要 い 前者 高い再現性 有 多く 時間 必要 あ 剥 様 高 術 利用さ い 非常 薄く い 新 問題 あ 開発 行い 以 毛細血管 模倣 流路 構築 困 Electro Mechanical Systems:微 用い あ 電気機械 代表さ 微細 プ Micro E 工 術 有 眼底毛細血管 構築 行い 一方 販 眼科手術 手 評価 科医 ュ タ 手 評価 熟練医 判断等 網膜へ 負荷 本研究 図 示 対 減 再現 人間 同様 頭部形状 有 い 伴い 眼 手術 注 3 応 転写法 注 4 び水 術 用い 生体 さ 開発 剥 弾性 塗 ンタ 注7 ン 変形表示機能 示 う 実 注 6 ョン 偏 ョン中 模擬網膜 印 さ 変形 世界 駆 計測可能 以 今後 開瞼器 眼 可 瞼 開口や 気泡除去 粘 定量的評価 一連 手術 可能 4 方向 偏 近赤外 LED 撮影可能 偏 手術 現 搭載さ 機能 ュ 販さ い 本研究 変形量や応力 定量的 タ 統合 目指 タ 用い ニン 搭載さ 可能 ン 機能 一 ュ タ 算出 今後 眼科手術 調整 ュ 表示 構築 行い 手 模擬 評価 行う 共 ュ 縫合糸 用い 眼 検出 構築 本研究 開発 眼科手術 変形 感知 表示 相差変化 手術評価用 評価 術 流路 曲面 沿 入 注射針 用い 眼球 偏 変形 偏 タ 工 設置 眼 洗浄等 行え さ ュ 微細 易 眼科手術 伴う一連 動作 模擬 眼科手術 網膜部 透過 い タ 組込 い 可能 動作 模擬網膜 印 い 眼科手術 ュ 鉗子等 網膜部 押 付 変換 可能 あ 可能 弾性 術 用い 搭載 偏 模擬 開発 以 眼科手術 網膜硝子体手術模擬 ンフュ ョン手術 練習 能 設置 化 化学架橋水和 く似 疑似 中 う 注 5 機構 ョン手術 主体 ニュ 調整 固定 出来 特 図 観 傾斜 反発力 増 模擬眼球 搭載さ 眼科手 模擬眼球 眼 最大 物理的 機械的特性 変更 ン 二 比例 ニュ 記 タ 組込 状態 眼球眼 ニ 一方 後者 形 入 く 眼 剝 疑似 出来 変形表示機能 統合 自然 復元力 実現 実 積層条件 変更 変更 び一 機構 前者 薄膜 積層化 行う い タ 開発 横 向 回 境界膜 眼球 開発 様 状況 ュ く 首 可動 本回転機構 搭載 い 眼科手術 開発 眼球 容易 回転 さ 多く 眼 変形表示機能 開発 統合 行い う 頭部形状 可能 あ 要望 多く寄 二種類 網膜硝子体手術用眼球 察 行う 計測 大 く 客観性 乏 い状況 あ 定量的 評価 可能 本研究 手 当研究 従来 行う 行う 出来 可能 緑 手術 可能 眼球 開発 行う予定 府 ImPACT 公開 ン チ活動 行い 眼科系学会 第 回日本臨床眼科学会 び第 や フ 等 展示 回日本網膜硝子体学会総会 剥 模擬体験 可能 展示 行う予定 図 図 眼科手術シ ュ ーションシス の概要 左 眼科手術シ ュ ータの外観と模擬眼球 右 現在搭載可能な手術モ と計測シス 内境界膜剝離術のモ 模擬手術風景 右 構想 左 と内境界膜の剝離の様子 左 と 成果 意義 世界 駆 硝子体手術 一 あ 境界膜剝 術や ニュ ョン 手 模 擬 可能 眼科 微鏡 有 既存 眼科医局や ッ 有 企業等 即 手術練習 可能 開瞼器や ン ンフュ 実 ョン 注8 ニュ 手術 同様 用い 可能 あ 粘弾性 ンタ 一連 手術動作 練習 可能 用語説明 注 1 境界膜 剝 基底膜 あ 術:黄斑 剥 引 起 注 2 孔 原因 一 手術 黄斑 ニュ 治療 押 当 :眼 注射針や 注 6 式 ンフュ ョン 併用 注 8 洗浄 行う 方法 一 水表面 薄膜 浮 視力 眼 網膜中心静脈閉塞 構築 物質 状態 基材 空 可能 ILM 鉗子等 挿入 液体 挿入口 注入 術中 眼球形状 装置 ン :眼底観察 行う ン 本 ュ タ 他 眼底観察用 ン 可能 ニュ 眼球 柔 金属製挿入 針 閉塞 高 子 ッ ワ 薄膜 均質 転写 注5 ンタ 黄斑 孔 開 手術 親水性高 子 共有結合 注 4 水 転写法:薄膜 基材 転写 注 7 置 ョン手術:網膜 中心静脈 血栓 注 3 化学架橋水和 保持や眼 網膜 中心 い 眼底網膜 最表層 疾患 症 Central RetinalVein Occlusion 気側 孔 考え ニュ 組 合わさ い 鉗子や 眼球 強膜 白目 操作性 留置
Author
Document relate
Tags

新型シリコン光センサを用いた ヒト用小型Pet装置の開発に成功!~乳がんやアルツハイマー病などの早期診断の可能性~

申請の手引きPdf 平成27年度 函館市住宅用太陽光発電システム設置費補助事業【終了しました】 函館市

「電子政府情報セキュリティ相互運用支援技術の開発- Challenge Pki 2002 プロジェクト-」

第5章 「初めての正社員勤務先」を離職した理由と相談相手 調査シリーズNo164「若年者の離職状況と離職後のキャリア形成(若年者の能力開発と職場への定着に関する調査)」|労働政策研究・研修機構(Jilpt)

眼科手技を模擬した眼科手術シミュレータの開発..

Free

Feedback