• 検索結果がありません。

財務規程 合併協議会の概要・規約等 上越市ホームページ

N/A
N/A
Protected

Academic year: 2018

シェア "財務規程 合併協議会の概要・規約等 上越市ホームページ"

Copied!
2
0
0

読み込み中.... (全文を見る)

全文

(1)

上越地域合併協議会財務規程 (趣旨)

第1条 この規程は、上越地域合併協議会規約(以下「規約」という。)第15条第2項 の規定に基づき、上越地域合併協議会(以下「協議会」という。)の財務に関し必要な 事項を定めるものとする。

(歳入歳出予算)

第2条 予算は、規約第14条の規定により構成市町村(規約第1条に規定する構成市町 村をいう。以下同じ。)が負担する負担金その他の収入をもってその歳入とし、協議会 の事務に要するすべての経費をもってその歳出とする。

2 協議会の会長(以下「会長」という。)は、毎会計年度予算を調製し、協議会の会議 に諮りその議決を経なければならない。

3 会長は、前項の規定により予算の議決を経たときは、当該予算の写しを速やかに構成 市町村の長に送付しなければならない。

(予算の補正)

第3条 会長は、予算に補正の必要が生じた場合は、これを調製し、協議会の会議に諮り その議決を経なければならない。

2 前項の規定にかかわらず、会長は、協議会の会議を招集する暇がないときは、補正予 算を専決することができる。

3 会長は、前項の規定により補正予算を専決したときは、速やかにこれを協議会を組織 する者に報告しなければならない。

4 会長は、第1項の規定により補正予算の議決を経たとき又は第2項の規定により補正 予算を専決したときは、当該補正予算の写しを速やかに構成市町村の長に送付しなけれ ばならない。

(決算等)

第4条 会長は、毎会計年度終了後に決算を調製し、これを監査に付した後、協議会の会 議の認定に付さなければならない。

2 会長は、前項の規定により決算の認定を経たときは、当該決算の写しを速やかに構成 市町村の長に送付しなければならない。

(予算の執行)

第5条 会長は、協議会の事務局の職員のうちから出納員を任命し、出納その他の会計事 務を行わせるものとする。

(2)

れを行うこととする。

3 出納員は、次に掲げる簿冊を備え、出納の管理を行うものとする。 Ԭ 予算差引簿

ԭ その他必要な簿冊

(準用)

第6条 協議会の財務については、この規程に定めるもののほか、上越市財務規則(昭和 46年上越市規則第35号)を準用する。この場合において、同規則中「市長」とある のは「上越地域合併協議会の会長」と、「助役」又は「部局長」とあるのは「上越地域 合併協議会の事務局の事務局長」と、「課長」とあるのは「上越地域合併協議会の事務 局の事務局次長」と読み替えるものとする。

(その他)

第7条 この規程に定めるもののほか必要な事項は、会長が定める。 附 則

(施行期日)

1 この規程は、平成15年8月20日から施行する。 (予算の調製の特例等)

2 第2条第2項の規定にかかわらず、協議会の設置の日の属する会計年度に限り、同項 の規定により当該会計年度の予算が成立するまでの間、必要な収支につき暫定予算を調 製し、これを執行することができる。

参照

関連したドキュメント

2 前項の規定は、地方自治法(昭和 22 年法律第 67 号)第 252 条の 19 第1項の指定都 市及び同法第 252 条の

(大防法第 18 条の 15、大防法施行規則第 16 条の 8、条例第 6 条の 2、条例規則第 6 条の

(国民保護法第102条第1項に規定する生活関連等施設をいう。以下同じ。)の安

本要領は、新型インフルエンザ等対策特別措置法第 28 条第1項第1号の登録に関する規程(平成 25 年厚生労働省告示第

1  許可申請の許可の適否の審査に当たっては、規則第 11 条に規定する許可基準、同条第

・条例第 37 条・第 62 条において、軽微なものなど規則で定める変更については、届出が不要とされ、その具 体的な要件が規則に定められている(規則第

第2条第1項第3号の2に掲げる物(第3条の規定による改正前の特定化学物質予防規

条第三項第二号の改正規定中 「