[補助資料] CV 草薙邦広のページ 草薙 2013 CELES 補助資料

Loading....

Loading....

Loading....

Loading....

Loading....

全文

(1)

第二言語

け 明示的

び暗示的文法知識

学習者ビ ーフ 関係:大学生を対象 した予備的調査

草薙邦広 名古屋大学大学院

中部地区英語教育学会富山研究大会 口頭発表補助資料

2013/6/30

要旨

本研究 ,第二言語学習者 持 ,言語学習 関わ ビ ーフ 実際 文法パフォーマン

関係を探

索的 探 た

あ 。こ ま ,学習者ビ ーフ 第二言語学習 重要 側面 し 認識さ ,豊富

先行研究 あ

,具体的 言語運用能力

関係を調査した

多く い。特 ,言語運用

中核を担う さ

文法知識

び文法 運用能力

焦点を当 ,文法パフォーマン

ビ ーフ

関係を調査した研究 僅

あ 。

そこ ,ま 本研究 明示的

び暗示的知識 区別を観点 取 入

。明示的

び暗示的知識

,そ 二

知識 関係性 こそ議論 余地 残

,明示的知識 典型的

演繹的 形式指

導 結果得

,言語運用

け 補助的 役割を担う さ

。一方 暗示的知識 ,帰納的 ,意味

重心 言語運用 結果 し 得

,自然 流暢 言語運用 直接的 貢献

考え

い 。また,

学習者ビ ーフ

,分析的 言語学習,

び経験的 言語学習 関

。こ

う ,明示的・暗示的知識 習得 ,分析的・経験的 学習者ビ ーフ 関係性 解明 ,外国

語教育環境

け 教室指導,自己調整学習,及び留学 効果等 研究 基盤

可能性 あ う。

本研究 ,日本 大学 通う英語学習者 32 名を対象 ,以下

5 種類 データを集 た:1. 暗示的

知識 パフォーマン

時間制限

文法性判断課題 成績 ,2. 明示的知識 パフォーマン

時間

制限 し 文法性判断課題 成績 ,3. 学習者 背景情報 年齢,学習歴,4 技能 自己評定値 ,4.

分析的学習ビ ーフ 質問紙 ,5. 経験的学習ビ ーフ 質問紙 。各変数

け 相関分析 ,ク

ター

分析 結果

,明示的知識 分析的学習ビ ーフ,暗示的知識 経験的 学習ビ ーフ 関係 あ こ

示唆さ た 図 1 。

図 1. 明示的知識・暗示的知識・分析的ビ ーフ・経験的ビ ーフ,四変数 散布図行列

明明

0.2 0.6 1.0

0.09

0.39

3.8 4.2 4.6 5.0

0

.6

5

0

.7

5

0

.8

5

-0.38

0

.2

0

.6

1

.0

暗明

-0.10

0.24

分分

2

.5

3

.0

3

.5

4

.0

0.22

0.65 0.75 0.85

3

.8

4

.2

4

.6

5

.0

2.5 3.0 3.5 4.0

(2)

引用文献

ラorg, S. (2003). Teacher cognition in grammar teaching: A literature review. Language Awareness, 12, 96–108.

ラowels, M. (2011). Measuring implicit and explicit linguistic knowledge: What can heritage language learners contribute? Studies in Second Language Acquisition, 33, 247–271.

Ellis, R. (2005). Measuring implicit and explicit knowledge of a second language. Studies in Second Language Acquisition, 27, 141–172.

Ellis, R. (2009). Implicit and explicit knowledge, learning and instruction. In R. Ellis, S. Loewen, リ. Elder, R. Erlam and J. Philip. (2009). Implicit and Explicit Knowledge in Second Language Learning, Testing, and Teaching (3–26). Multilingual Matters Ltd.

Grotjahn, R. (1991). The research programme: Subjective theories. Studies in Second Language Acquisition, 13, 187–214.

Gutiにrrez, X. (2013). The construct validity of grammaticality judgment tests as measures of implicit and explicit knowledge. Studies in Second Language Acqusition, 1–27. doi:10.1017/S0272263113000041

Kalaja, P., & ラarcelos, A. M. F. (2003). Introduction. In P. Kalaja & M. F. ラarcelos (Eds.), ラeliefs about SLA: New research approaches. Dordrecht: Kluwer.

草薙邦広 (2013) 時間制限を用いた文法性判断課題—基礎的検討 時間制限 設定方法 い — 外国 語教育メデ 学会 LET 関西支部メソドロ ー研究部会 2012 年度報告論集 46-67.

Kusanagi, K., & Yamashita, J. (2013). Influences of linguistic factors on the acquisition of explicit and implicit knowledge: Focusing on agreement type and morphosyntactic regularity in English plural morpheme. ARELE, 24, 205–220.

Loewen, S., Li, S., Fei, F., Thompson, A., Nakatsukasa, K., Ahn, S., & リhen, X. (2009). Second language learners' beliefs about grammar instruction and error correction. The Modern Language Journal,

93, 91–104.

Mori, Y. (1999). Epistemological beliefs and language learning beliefs: What do language learners believe about their learning? Language Learning, 49, 377–415.

Nagai, A. (2012). Metalinguistic Ability and Foreign Language Proficiency. MA thesis, Keio University. Philip, J. (2009). Pathways to proficiency: Learning experiences and attainment in implicit and explicit

knowledge of English as a second language. In R. Ellis, S. Loewen, リ. Elder, R. Erlam and J. Philip.(2009). Implicit and Explicit Knowledge in Second Language Learning, Testing, and Teaching (pp. 167-194). Multilingual Matters Ltd.

Sasaki, M. (1996). Second language proficiency, foreign language aptitude, and intelligence: Quantitative and qualitative analyses. New York: Lang.

Updating...

参照

Updating...

関連した話題 :