電王戦FINAL

38 

Loading....

Loading....

Loading....

Loading....

Loading....

全文

(1)

電王戦

FINAL

木村 満晃

数理科学研究科 博士課程1年

2015年5月8日

(2)

電王戦とは

プロ棋士とコンピュータによる将棋 年より開催 ドワンゴが主催

第 回以降は 番勝負 団体戦 で行われている

過去の結果

第 回 ● 米長邦雄永世棋聖 ボンクラーズ ○

第 回 ● プロ棋士 コンピュータ ○ ※ 持将棋

第 回 ● プロ棋士 コンピュータ ○

今年 月に「電王戦 」が開催された

(3)

電王戦とは

プロ棋士とコンピュータによる将棋.

年より開催 ドワンゴが主催

第 回以降は 番勝負 団体戦 で行われている

過去の結果

第 回 ● 米長邦雄永世棋聖 ボンクラーズ ○

第 回 ● プロ棋士 コンピュータ ○ ※ 持将棋

第 回 ● プロ棋士 コンピュータ ○

今年 月に「電王戦 」が開催された

(4)

電王戦とは

プロ棋士とコンピュータによる将棋.

2012年より開催. ドワンゴが主催.

第 回以降は 番勝負 団体戦 で行われている

過去の結果

第 回 ● 米長邦雄永世棋聖 ボンクラーズ ○

第 回 ● プロ棋士 コンピュータ ○ ※ 持将棋

第 回 ● プロ棋士 コンピュータ ○

今年 月に「電王戦 」が開催された

(5)

電王戦とは

プロ棋士とコンピュータによる将棋.

2012年より開催. ドワンゴが主催.

第2回以降は5番勝負(団体戦)で行われている.

過去の結果

第 回 ● 米長邦雄永世棋聖 ボンクラーズ ○

第 回 ● プロ棋士 コンピュータ ○ ※ 持将棋

第 回 ● プロ棋士 コンピュータ ○

今年 月に「電王戦 」が開催された

(6)

電王戦とは

プロ棋士とコンピュータによる将棋.

2012年より開催. ドワンゴが主催.

第2回以降は5番勝負(団体戦)で行われている.

過去の結果

第1回(2012)● 米長邦雄永世棋聖 ボンクラーズ ○

第2回(2013)● プロ棋士 1-3 コンピュータ ○(※1持将棋)

第3回(2014)● プロ棋士 1-4 コンピュータ ○

今年 月に「電王戦 」が開催された

(7)

電王戦とは

プロ棋士とコンピュータによる将棋.

2012年より開催. ドワンゴが主催.

第2回以降は5番勝負(団体戦)で行われている.

過去の結果

第1回(2012)● 米長邦雄永世棋聖 ボンクラーズ ○

第2回(2013)● プロ棋士 1-3 コンピュータ ○(※1持将棋)

第3回(2014)● プロ棋士 1-4 コンピュータ ○

今年3-4月に「電王戦FINAL」が開催された.

(8)

背景

コンピュータの処理技術の向上

例 第 回電王戦第 局 三浦弘行八段 将棋

情報教育棟の 台の コア を

利用

秒間に 億手を読む

機械学習の導入( の登場)

「人工知能の実験場」

人間 コンピュータ…ルールを模索しながらの開催 使用電

源 貸し出しの有無

(9)

背景

コンピュータの処理技術の向上

例 第 回電王戦第 局 三浦弘行八段 将棋

情報教育棟の 台の コア を

利用

秒間に 億手を読む

機械学習の導入( の登場)

「人工知能の実験場」

人間 コンピュータ…ルールを模索しながらの開催 使用電

源 貸し出しの有無

(10)

背景

コンピュータの処理技術の向上

▶ 例: 第2回電王戦第5局 三浦弘行八段vs GPS将棋

▶ 情報教育棟の667台のiMac (Intel Core i5 2.5GHz 4コア) を 利用

▶ 1秒間に2.7億手を読む

機械学習の導入( の登場)

「人工知能の実験場」

人間 コンピュータ…ルールを模索しながらの開催 使用電

源 貸し出しの有無

(11)

背景

コンピュータの処理技術の向上

▶ 例: 第2回電王戦第5局 三浦弘行八段vs GPS将棋

▶ 情報教育棟の667台のiMac (Intel Core i5 2.5GHz 4コア) を 利用

▶ 1秒間に2.7億手を読む

機械学習の導入(Bonanzaの登場)

「人工知能の実験場」

人間 コンピュータ…ルールを模索しながらの開催 使用電

源 貸し出しの有無

(12)

背景

コンピュータの処理技術の向上

▶ 例: 第2回電王戦第5局 三浦弘行八段vs GPS将棋

▶ 情報教育棟の667台のiMac (Intel Core i5 2.5GHz 4コア) を 利用

▶ 1秒間に2.7億手を読む

機械学習の導入(Bonanzaの登場)

「人工知能の実験場」

人間 コンピュータ…ルールを模索しながらの開催 使用電

源 貸し出しの有無

(13)

背景

コンピュータの処理技術の向上

▶ 例: 第2回電王戦第5局 三浦弘行八段vs GPS将棋

▶ 情報教育棟の667台のiMac (Intel Core i5 2.5GHz 4コア) を 利用

▶ 1秒間に2.7億手を読む

機械学習の導入(Bonanzaの登場)

「人工知能の実験場」

人間vsコンピュータ…ルールを模索しながらの開催(使用電

源, 貸し出しの有無)

(14)

電王戦

FINAL

結果

第 局 ○ 斎藤慎太郎五段 ●

第 局 ○ 永瀬拓矢六段 ●

第 局 ● 稲葉陽七段 やねうら王 ○

第 局 ● 村山慈明七段 ○

第 局 ○ 阿久津主税八段 ●

プロ棋士が初の勝ち越し

対コンピュータ特有の事象が起き話題に

(15)

電王戦

FINAL

結果

第1局 ○ 斎藤慎太郎五段 vs Apery ●

第2局 ○ 永瀬拓矢六段vs Selene ●

第3局 ● 稲葉陽七段 vs やねうら王 ○

第4局 ● 村山慈明七段vs ponanza ○

第5局 ○ 阿久津主税八段 vs AWAKE ●

プロ棋士が初の勝ち越し

対コンピュータ特有の事象が起き話題に

(16)

電王戦

FINAL

結果

第1局 ○ 斎藤慎太郎五段 vs Apery ●

第2局 ○ 永瀬拓矢六段vs Selene ●

第3局 ● 稲葉陽七段 vs やねうら王 ○

第4局 ● 村山慈明七段vs ponanza ○

第5局 ○ 阿久津主税八段 vs AWAKE ●

プロ棋士が初の勝ち越し

対コンピュータ特有の事象が起き話題に

(17)

電王戦

FINAL

結果

第1局 ○ 斎藤慎太郎五段 vs Apery ●

第2局 ○ 永瀬拓矢六段vs Selene ●

第3局 ● 稲葉陽七段 vs やねうら王 ○

第4局 ● 村山慈明七段vs ponanza ○

第5局 ○ 阿久津主税八段 vs AWAKE ●

プロ棋士が初の勝ち越し

対コンピュータ特有の事象が起き話題に

(18)
(19)
(20)
(21)
(22)

コンピュータチェス

将棋=“chess like game”

年に世界チャンピオンの に対しコン ピュータが初の勝利

翌 年にはコンピュータが勝ち

越す

※ はコンピュータチェスの思

考を応用して開発された

(23)

コンピュータチェス

将棋=“chess like game”

1996年に世界チャンピオンのGarry

Kimovich Kasparovに対しコン

ピュータが初の勝利.

翌 年にはコンピュータが勝ち

越す

※ はコンピュータチェスの思

考を応用して開発された

(24)

コンピュータチェス

将棋=“chess like game”

1996年に世界チャンピオンのGarry

Kimovich Kasparovに対しコン

ピュータが初の勝利.

翌1997年にはコンピュータが勝ち

越す.

※ はコンピュータチェスの思

考を応用して開発された

(25)

コンピュータチェス

将棋=“chess like game”

1996年に世界チャンピオンのGarry

Kimovich Kasparovに対しコン

ピュータが初の勝利.

翌1997年にはコンピュータが勝ち

越す.

※ Bonanzaはコンピュータチェスの思

考を応用して開発された.

(26)

コンピュータチェス

将棋=“chess like game”

1996年に世界チャンピオンのGarry

Kimovich Kasparovに対しコン

ピュータが初の勝利.

翌1997年にはコンピュータが勝ち

越す.

※ Bonanzaはコンピュータチェスの思

考を応用して開発された.

(27)

電聖戦

電聖戦…コンピュータ囲碁

今年 月に第 回電聖戦が行われた

コンピュータにハンデを与えて 置碁 対局

コンピュータ囲碁が苦戦する理由

探索空間 手から最終局面までの手順数 が大きい

盤面 探索空間

チェス ∼

将棋 ∼

囲碁 ∼

評価関数 形勢を判定する基準 が作りにくい

解決策→ モンテカルロ碁

(28)

電聖戦

電聖戦…コンピュータ囲碁

今年 月に第 回電聖戦が行われた

コンピュータにハンデを与えて 置碁 対局

コンピュータ囲碁が苦戦する理由

探索空間 手から最終局面までの手順数 が大きい

盤面 探索空間

チェス ∼

将棋 ∼

囲碁 ∼

評価関数 形勢を判定する基準 が作りにくい

解決策→ モンテカルロ碁

(29)

電聖戦

電聖戦…コンピュータ囲碁

今年3月に第3回電聖戦が行われた.

コンピュータにハンデを与えて 置碁 対局

コンピュータ囲碁が苦戦する理由

探索空間 手から最終局面までの手順数 が大きい

盤面 探索空間

チェス ∼

将棋 ∼

囲碁 ∼

評価関数 形勢を判定する基準 が作りにくい

解決策→ モンテカルロ碁

(30)

電聖戦

電聖戦…コンピュータ囲碁

今年3月に第3回電聖戦が行われた.

コンピュータにハンデを与えて(置碁)対局.

コンピュータ囲碁が苦戦する理由

探索空間 手から最終局面までの手順数 が大きい

盤面 探索空間

チェス ∼

将棋 ∼

囲碁 ∼

評価関数 形勢を判定する基準 が作りにくい

解決策→ モンテカルロ碁

(31)

電聖戦

電聖戦…コンピュータ囲碁

今年3月に第3回電聖戦が行われた.

コンピュータにハンデを与えて(置碁)対局.

コンピュータ囲碁が苦戦する理由

探索空間 手から最終局面までの手順数 が大きい

盤面 探索空間

チェス ∼

将棋 ∼

囲碁 ∼

評価関数 形勢を判定する基準 が作りにくい

解決策→ モンテカルロ碁

(32)

電聖戦

電聖戦…コンピュータ囲碁

今年3月に第3回電聖戦が行われた.

コンピュータにハンデを与えて(置碁)対局.

コンピュータ囲碁が苦戦する理由

探索空間(1手から最終局面までの手順数)が大きい

盤面 探索空間

チェス ∼

将棋 ∼

囲碁 ∼

評価関数 形勢を判定する基準 が作りにくい

解決策→ モンテカルロ碁

(33)

電聖戦

電聖戦…コンピュータ囲碁

今年3月に第3回電聖戦が行われた.

コンピュータにハンデを与えて(置碁)対局.

コンピュータ囲碁が苦戦する理由

探索空間(1手から最終局面までの手順数)が大きい

盤面 探索空間

チェス 8×8 105010120

将棋 9×9 1071∼10220

囲碁 19×19 10171∼10360

評価関数 形勢を判定する基準 が作りにくい

解決策→ モンテカルロ碁

(34)

電聖戦

電聖戦…コンピュータ囲碁

今年3月に第3回電聖戦が行われた.

コンピュータにハンデを与えて(置碁)対局.

コンピュータ囲碁が苦戦する理由

探索空間(1手から最終局面までの手順数)が大きい

盤面 探索空間

チェス 8×8 105010120

将棋 9×9 1071∼10220

囲碁 19×19 10171∼10360

評価関数(形勢を判定する基準)が作りにくい

解決策→ モンテカルロ碁

(35)

電聖戦

電聖戦…コンピュータ囲碁

今年3月に第3回電聖戦が行われた.

コンピュータにハンデを与えて(置碁)対局.

コンピュータ囲碁が苦戦する理由

探索空間(1手から最終局面までの手順数)が大きい

盤面 探索空間

チェス 8×8 105010120

将棋 9×9 1071∼10220

囲碁 19×19 10171∼10360

評価関数(形勢を判定する基準)が作りにくい

解決策→“モンテカルロ碁”

(36)

おわりに

数年後は電聖戦が盛り上がる?

計算数学 でコンピュータ囲碁や コンピュータ将棋を扱ってみては

参考

モンテカルロ木探索とは何か?

「コンピュータ将棋」『フリー百科 事典 ウィキペディア日本語版』

年 月 日 木

( )

(37)

おわりに

数年後は電聖戦が盛り上がる?

計算数学IIでコンピュータ囲碁や

コンピュータ将棋を扱ってみては?

参考

モンテカルロ木探索とは何か?

http://ameblo.jp/evezoo/entry-10175289834.html

「コンピュータ将棋」『フリー百科 事典 ウィキペディア日本語版』

2015年5月7日 (木) 01:33 UTC

(http://ja.wikipedia.org/)

(38)

おわりに

数年後は電聖戦が盛り上がる?

計算数学IIでコンピュータ囲碁や

コンピュータ将棋を扱ってみては?

参考

モンテカルロ木探索とは何か?

http://ameblo.jp/evezoo/entry-10175289834.html

「コンピュータ将棋」『フリー百科 事典 ウィキペディア日本語版』

2015年5月7日 (木) 01:33 UTC

(http://ja.wikipedia.org/)

Updating...

参照

Updating...

関連した話題 :