これまで病因が不明であった毛孔性紅色粃糠疹5型について、 CARD14遺伝子変異によって引き起こされる自己炎症性皮膚疾患であることを発見

Loading....

Loading....

Loading....

Loading....

Loading....

全文

(1)

成 「8 10 「0 日

古屋大学大学院医学系研究科 研究科長 髙橋 英 皮膚科学 秋山 真志 あ

や さし 教授 大学附属病院 病院長 石黒 直樹 皮膚科 武市 拓也 たけ

いちた や 助教 藤田保健衛生大学病院皮膚科 杉浦 一充 う 責

任著者 前 古屋大学大学院医学系研究科准教授 教授 研究グル プ 毛孔性紅

色粃糠疹 5 型 (AR)14 遺伝子変異 引 起こさ 自己炎症性皮膚疾患 あ

こ 確立し した

毛孔性紅色粃糠疹。piっとriasis rつbra piせaris: PRP) 毛孔性角栓 融合傾向 あ

毛孔周囲性紅斑 掌蹠 過角化 び頭部粃糠疹 特徴 炎症性角化症 一

定義さ 疾患 極め 稀 病気 患者 生涯 渡 皮疹 掻痒や掌蹠

亀裂 疼痛 悩 さ 若 型 常染色体優性遺伝形式 こ あ

近 こ 家族性 PRP 家系 い (AR)14 遺伝子 変異 見 こ 報告さ

した し し PRP 患者 うち い 頻度 患者 (AR)14 遺伝子

変異 持 た う 臨床像 患者 (AR)14 遺伝子変異 関連 あ

明 さ い した

本研究グル プ 様々 病型 PRP患者「「例 全国 積し 網羅的 (AR)14

遺伝子診断 行い した そ 結果 5 型。幼小児期発症 非典型例) 分類さ 」

例 患者 うち 」 例全 (AR)14 遺伝子 変異 定し した 一方 他 病型

「 例 (AR)14 遺伝子 稀 varianっ 持 した さ 詳細 臨床情報 解

析 結果 遺伝子変異 持 いた 5 型 」 例 類似した特徴的 色素斑 多数

した

本研究 PRP 患者 うち 5 型 分類さ 患者 (AR)14 遺伝子 変異 持

い こ 示唆さ した た PRP 5 型 (AR)14 遺伝子変異 引

起こさ 自己炎症性皮膚疾患 あ いう疾患概念 確立し した 今回 発見

PRP 5 型 患者 (AR)14 標的 した抗炎症療法 望 治療薬

得 こ 明 した

本研究成果 科学雑誌 JAMA )ermaっoせogと 。「016 10 19 日付) 掲載さ し

病因

不明

毛孔性紅色粃糠疹

5

(AR)14

遺伝子変異

起こさ

自己炎症性皮膚疾患

(2)

こ 病因 不明 あ 毛孔性紅色粃糠疹5型 い CARD14遺伝子変異

引 起こさ 自己炎症性皮膚疾患 あ こ 発見

ポイン

○様々 病型 毛孔性紅色粃糠疹 22例 患者 う 5型 分類さ 3例全

CARD14遺伝子 変異 同定し し 他 病型 19例 CARD14遺伝子変異

あ せ し

○毛孔性紅色粃糠疹 患者 う 5型 分類さ 患者 CARD14 遺伝子変異

引 起こさ 自己炎症性皮膚疾患 あ こ 示唆さ し

○詳細 臨床情報 解析 結果 遺伝子変異 持 い 毛孔性紅色粃糠疹5型 3例

類似し 特徴的 色素斑 多数 し

.背景

毛孔性紅色粃糠疹(pityriasis rubra pilaris: PRP) 毛孔性角栓 融合傾向 あ 毛孔周

性紅斑 掌蹠 過角化 び頭部粃糠疹 特徴 す 炎症性角化症 定義さ 病気

す 本症 発症機構 い 明 あ せ 児期 40~50歳代 発症 ピ

あ 若年型 成人型 分類さ す 若年型 常染色体優性遺伝形式 こ

あ 近年 こ 家族性PRP家系 い CARD14 (caspase recruitment domain

family member 14)遺伝子 変異 見 こ 報告さ し 家族性PRP患者

生涯 渡 皮疹 掻痒や掌蹠 亀裂 疼痛 悩 さ す 未 効 治療

法 確立さ い せ

CARD14 NFκB 呼 転写因子 活性化し 様々 カイン 誘 し

炎症 引 起こす分子 す CARD14遺伝子 変異 あ 患者 表皮 角化細胞 こ

NFκB 活性 亢進し 炎症 過剰 惹起さ 考え い す( 1) し し

PRP 患者 う く い 頻度 患者 CARD14遺伝子 変異 持

う 臨床像 患者 CARD14遺伝子変異 関連 あ 明 さ

い せ し

(3)

.研究成果

本研究 ル プ 様々 タイプ PRP患者22例 全国 集積し 網羅的 CARD14

遺伝子診断 行い し 全 患者 い 詳細 臨床的特徴 分析し し そ

結果 5型 幼 児期発症 非典型例 分類さ 3例 患者 う 3例全

CARD14遺伝子 変異 同定し し 同定さ 全 変異 こ 報告さ

い CARD14 病原性 イン 近傍 あ し 同定さ 変異 病原性予測

解析 結果 そ 病因 機能的 関連し い こ 示唆さ し 一方 他

病型 2例 稀 variant 持 し さ 詳細 臨床情報 解析

結果 遺伝子変異 持 い 5型 3例 類似し 特徴的 色素斑 多数

.今後 展開

本研究 PRP 患者 う 5型 分類さ 患者 CARD14遺伝子 変異

持 い こ 示唆さ し PRP 5型 CARD14 遺伝子変異

引 起こさ 自己炎症性皮膚疾患 あ いう疾患概念 確立し し 今回 発見

PRP 5型 患者 CARD14 標的 し 抗炎症療法 望 治療薬

得 こ 明 し

2

.用語説明

自己炎症性皮膚疾患:

自然免疫関連遺伝子 変異 原因 し 発熱 発疹 関節炎 消化器症状 伴う 炎

症 主病態 す 疾患概念 近年 炎症性角化症 一部も 皮膚 炎症 主体 し 時

し 全身炎症 来す 自己炎症性皮膚疾患 いう新しい疾患概念 し 括 う

.発表雑誌

Takuya Takeichi, Kazumitsu Sugiura, Toshifumi Nomura, Taiko Sakamoto, Yasushi Ogawa, Naoki Oiso, Yuko Futei, Aki Fujisaki, Akiko Koizumi, Yumi Aoyama, Kimiko Nakajima, Yutaka Hatano, Kei Hayashi, Akemi Ishida-Yamamoto, Sakuhei Fujiwara, Shigetoshi Sano, Keiji Iwatsuki, Akira Kawada, Yasushi Suga, Hiroshi Shimizu, John A. McGrath, Masashi Akiyama. Pityriasis rubra pilaris type V as an auto inflammatory

(4)

English ver.

Updating...

参照

Updating...

関連した話題 :