債権譲渡契約書テンプレートの無料 債権譲渡契約書の書き方・例文・文例 書式・様式・フォーマット 雛形(ひな形)・見本 テンプレート(無料)01 [文書]テンプレートの無料

10 

Loading....

Loading....

Loading....

Loading....

Loading....

全文

(1)

債権譲渡契約書

 ○○○○(以下「甲」という)と、○○○○(以下「乙」という)は、次のとおり債権譲渡契 約(以下「本契約」という)を締結した。

(目的)

第1条 甲は、乙に対して、下記債権を第2条以下の約定で代金○○○万円で譲渡する。 2 乙は甲に対して前項代金を平成○○年○○月○○日までに甲が指定する銀行口座に振り

込みにより支払う。

 甲が、◯◯県◯◯市◯◯町◯丁目◯番◯号 株式会社◯◯◯◯ 代表取締役◯◯◯◯(以 下「丙」という)に対して有する、平成○○年○○月○○日付売買契約にもとづいて、同年◯ ◯月◯◯日引渡し済みの商品◯◯◯◯売掛代金債権○○○万円(支払期日:平成○○年○○ 月○○日)。

(対抗要件)

第2条 甲は、本契約締結後◯日以内に、確定日付ある証書をもって、丙に対して債権譲渡の 通知をするか、丙の承諾を得なければならない。

(担保責任)

第3条 甲は、丙から甲に対抗し得べき事由のないことを保証する。 2 甲は、本契約の売買代金の限度において丙の資力を担保する。

(約定解除)

第4条 乙は、甲が第2条の対抗要件を期限内に具備しない場合、および丙が第2条の通知ま でに甲に対して対抗し得た事由をもって乙に対抗してきた場合には、何ら催告を要せずた だちに本契約を解除できる。

(合意管轄)

第5条 本契約に関して紛争が生じた場合には、乙の住所地を管轄する裁判所を第一審の専 属的合意管轄裁判所とする。

(2)

通を保有する。

平成   年   月   日

甲  住所

氏名

乙  住所

Updating...

参照

Updating...

関連した話題 :