奨学金貸与事業 平成23年度 教育委員会事務点検評価報告書 狭山市公式ウェブサイト

Full text

(1)

※ 単位当た

経費

99

奨学金 就園奨励費補助金等支給事業

77

教育基本法第 条第 項 規定 基 本人 能力 あ わ 経済的理由 っ 修学 困難 対 奨学金を貸与 っ 用 人材を育成

貸与後 貸与者 % 市外 転出就職 い た返還 滞っ い 者 対 滞納通知や 臨戸 回数を増や い 奨学金 返 還 更 督促を図っ いく

経済的理由 修学 困難 者 対 引 奨学金 貸与を行い 教育 機会 得 う支援 いく 返還 滞っ い 者 滞納通知や 臨戸 回数を増や い 奨学金 返還 更 督促を図っ いく

個 別 評 価

必 要 性

効 率 性

前年度 前年度

20,508

4,322

個別計画

等 名称

2,752

人件費

千 人 目

23,069

人を育 文化を創造 ちを

教育委員会 学校教育部 学務課 担当部課

狭山市教育振興基本計画

電話番号

-教育基本法第 条 基 教育 機会均等等を保障 た 昭和 制度化 た 5

市 居住 世帯 子弟 学校長 推薦 高等学校 専修学校 大学等 入学又 在学 者 学費 支出 困難 者

奨学金貸与事業

章 昭和 47 5

そ 他 学識経験者 意見等

35,010

44

49

教育基本法 狭山市奨学金貸与条例

達成率 実績値 達成率 目標値 達成率

実績値

32,512

81

今後 方向性

0.47

0

24,681

22,786

0.30

6,007

3,972

91

5,754

貸与者数

従事職員数

人件費 従事職員数× 均給与

< 段階評価>    :極めて高い  :高い  :普通  :低い  :かなり低い 目標値 根拠 考え方

実施計画 H ~

事業名

手段 最適性 コ ト効率 向 受益者 担 適正化 執行体制 効率化 前年度

度 度

区分

直 接 費

決算額 源 訳

国県支出金 そ 他特定 源 一般 源

39,355

34,086

34,100

20,317

2

単位

26,758

経 費 事務事業 基本事項

度教育委員会事務点検評価

度実施事務事業 評価表

事業費 整理番号

22

0.64

30,688

0

実施期間

総合振興 計画

位置 け 教育 容 充実 次世代教育 充実

教育相談 教育支援体制 充実 ~

0

04-2953 予算額

千 千

1111 線 5656

0

20,317

53

事業区分

実施根拠 千

人 千 事業開始

背景等

事業費計 直接費決算額+人件費

活動目標 達成度 成果 向

位施策へ 献度 市民サ ビ 向

予算計 時 用いた数 値

( )

奨学金貸与者数

81

環境配慮

実績値

184.1%

108.2%

指標名

事務事業 実施状況 成果 活動 容

段 前 度 方向性 対 改善活動

実施形態

人 目標値

目標値 達成率

咁 成 果 指 標 咂 成 果 区分

53

実績値 区分 単位

(

活 動 指 標 咂 実 施 状 況

目標値

91

118.2%

357

経済的困窮者 対 奨学金を貸与 こ 高校 大学等へ 修 学 機会 促進を図 こ

評価 事務事業 評価

効 性

項目 評価理由

経済的困窮者 増加傾向 あ 中 経済的理由 修学 困難 者 対 奨学金を貸与 こ 教育機会 均等を保障 うえ 必要 性 高い

435

対象

432

◆第一次評価 担当課 評価

評価 視点

貸与者一人当た 経費 千 単位コ ト

目的 妥当性 市民ニ へ 対応 市 関与 必要性 市 担 必要性 1

指標名 効率性

指標

必要 事業 あ 事務事業

名称

事務事業 目的 容

対象者 申請 基 書類審査 面接を実施 入学一時金 , 以 及び学資金 額 , 以 を貸与 い 奨学金 返還 無利息 そ 期間 以 あ

前 度方向性評価 目的

直営 全部委託 一部委託 補助・負担 その他

内容の見直し 抜本的見直し 廃止 休止 完了

指定管理

Figure

Updating...

References

Updating...

Download now (1 pages)