IP, PHOSAL 50 SA+, PHOSAL 53 MCT and PHOSAL 75 SA

ドキュメント内 Folie 1 (Page 38-64)

組成:

40% non-GMO

ホスファチジルコリン

,

オーガニックヒマ ワリ種子油

,

オーガニックエタノール

,

天然混合トコフェロール 油と親油性アクティブを

10%

まで可溶

低粘度から中程度の粘度を持った透明の液体 (fluent & pumpable)

水系でリポソームとナノエマルションを形成

2b, 親油性環境におけるリン脂質: PHOSAL 40 IP

2b,

リン脂質を用いた処方

:

界面活性剤系における

Refatting

成分

Shower Gel 2% LIPOID P 45

A Rewopol HW28 Sodium Laureth Sulfate, Disodium Sulfosuccinate, Cocamide DEA

50.00 Combine and Add to B

A Perfume Fragrance 0.60

B PHOSAL 40 IP Lecithin, Helianthus Annuus (Sunflower) Seed Oil, Alcohol

5.00

B Dist. Water Aqua / Water 42.10

B NaCl Sodium Chloride 2.30

C Preservative q.s.

エタノール中の 5% LIPOID P 75

エタノール中の 5% LIPOID P 75-3

2b,

リン脂質を用いた処方

:

水アルコール系における

Refatting

成分

After shave 0.5% LIPOID P 100

A Ethanol Alcohol Denat. 45.00 Combine and

heat 40-50°C

A Glycerol Glycerin 6.00

A Dist. Water Aqua / Water 45.40

A Cremophor RH40 PEG-40 Hydrogenated Castor Oil

1.00

A Allantoin Sodium Chloride 0.10

A LIPOID P 100 Phosphatidylcholine 0.50

B Perfume Fragrance 2.00

2.

なぜ化粧品の処方へ利用するのか

, Part 1?

=>

技術的アプローチ

相転移温度 不飽和 PL (e.g LIPOID P 75) <-20°C

水素添加 PL (e.g LIPOID P 75-3) >+55°C

- リン脂質は水相または油相において分散 可能

- 水への分散を通じてより良い結果があら われる

- リン脂質は適当な凝集体(e.g. リポソー ム)を形成するために相転移温度以上で 加熱しなければならない

2c,

単一乳化剤としてのリン脂質

リゾレシチンのみ

リポソーム様

2c,

リン脂質を用いた処方

:

単一乳化剤として使用

O/W After Shave Balm

0.5% LIPOID S LPC 20-3

A MCT Caprylic/Capric Triglycerides 4.00 Combine and Heat 60°C A Shea Butter Butyrospermum Parkii (Shea)

Butter

0.25

A Ethanol Alcohol Denat. 18.00

A Glycerol Glycerin 4.00

A LIPOID S LPC 20-3 Hydrogenated Lysolecithin 0.50

B Dist. Water Aqua / Water 70.25 Combine and

Add 40°C

B Ketrol CG-SFT Xanthan Gum 0.40

B Allantoin Allantoin 0.10

B Dexpanthenol Panthenol 0.50

C Perfume Fragrace 0.20

2c,

リン脂質を用いた処方

:

単一乳化剤として使用

O/W Sunscreen Spray

2.0% LIPOID S LPC 20-3

A MCT Caprylic/Capric Triglycerides 4.00 Combine and Heat 60-70°C

A 1,3-Butanediol Butylene Glycol 4.00

A Ethanol Alcohol Denat. 10.00

A Eusolex 2292 Ethylhexyl Methoxycinnamate 7.00 A LIPOID S LPC 20-3 Hydrogenated Lysolecithin 2.00

B Dist. Water Aqua / Water 67.40 Combine and

Add 60-70°C

B Ketrol CG-SFT Xanthan Gum 0.10

B Glycerol Glycerin 5.00

2c.

リン脂質を用いた処方

:

単一乳化剤として使用

O/W Cream 25% SLM 2015 (0.5% P 75-3)

A Jojoba Oil Simmondsia Chinensis Seed Oil 6.00 Add to Phase

SLM+B

A MCT Caprylic/Capric Triglycerides 18.00

A Vitamine-E-Acetate Tocopherol Acetate 1.00

SLM SLM 2015 Aqua / water, Caprylic/Capric Triglycerides, Butylene Glycol, Hydrogenated Phosphatidylcholine

25.00

B LIPOID P 75-3 Hydrogenated Lecithin 0.50 Add to SLM 2015

at 40-60°C

B Dist. Water Aqua / Water 40.90

B Ketrol CG-SFT Xanthan Gum 0.10

B Dexpanthenol Panthenol 0.50

C Glycerol Glycerin 3.00 Add at last

C Ethanol Alcohol Denat. 6.00

C Hydrolite-5 Pentylene Glycol 3.00

2c.

リン脂質を用いた処方

:

単一乳化剤として使用

ラメラ構造

2c.

リン脂質を用いた処方

:

単一乳化剤として使用

SLM 2005

SLM 2005

SLM タイプの凍結割断 – SLMの ラメラ構造は細胞間脂質の構造に 似ている

従来の乳化システム – 連続相にお ける滴下; ラメラ構造の欠如

角質細胞

細胞間 脂質

肌の構造

2c,

リン脂質を用いた処方

:

単一乳化剤として使用

古典的乳化剤なし

乳化剤の

wash-out

効果を回避

角質層に似たラメラ構造

肌における

«

修復

»

効果

最高の感触

3.

角質層脂質とデリバリーシステム の相互作用

(here liposomes)

リポソーム

(大豆 PC

角質層

(脂質バリア)

脂質交換

融合

2d.

リン脂質に基づいたデリバリーシステム を用いた処方

- 可溶化、安定化

- アクティブ原料を別途添加可能

親油性アクティブ原料

/ fat-free

システムにおける脂質

: e.g.

Hydrogels

親油性アクティブ原料

/

スプレー化可能なエマルションとして の脂質

親油性アクティブ原料

/

界面活性剤ベースの処方における脂 質

O/W

もしくは

W/O

クリームの冷却段階の間

2d.

デリバリーシステムを用いた処方

: Hydrogel

Q 10-Nano-Spray 2.0% LIPOID S LPC 20-3

A Glycerol Glycerin 18.00 Combine at

50-60°C, neutralize

A Hydrolit-5 Pentylene Glycol 5.00

A EDTA-NA2 Disodium EDTA 0.05

A Dist. Water Water / Aqua 71.30

A Tego Carbomer Carbomer 0.50

A NaOH Sodium Hydroxide 0.10

B Ultrasphere 8041 Glycerin, Water / Aqua, Phosphatidylcholine,

Tocopheryl Acetate, Sodium Ascorbyl Phosphate, Retinyl Palmitate

5.00 Add to A

2d.

デリバリーシステムを用いた処方

:

界面活性剤系

Shower Gel (P 45) 2% LIPOID Cerasome 9041 A Rewopol HW28 Sodium Laureth Sulfate,

Disodium Sulfosuccinate, Cocamide DEA

50.00 Combine and Add to B

A Perfume Fragrance 0.10

B LIPOID P 45 Lecithin 2.00

B Dist. Water Aqua / Water 42.60

B NaCl Sodium Chloride 2.30

C Preservative q.s.

D LIPOID Cerasome 9041

Water / Aqua, Alcohol, Hydrogenated Lecithin, Cholesterol, Ceramide NG,

Ceramide NP, Oleic Acid, Palmitic Acid, Sodium Ascorbate, EDTA

2.00 Add at last

2d.

デリバリーシステムを用いた処方

: Spray-able emulsion

Q 10-Nano-Spray 2.0% LIPOID S LPC 20-3

A Ethanol Alcohol Denat. 7.00 Combine at

60°C, cool down to 40°C

A Dist. Water Aqua / Water 70.90

A Ketrol CG-SFT Xanthan Gum 0.10

B PhytoSolve 4071 Glycerin, Water / Aqua, Ubiquinone, Lecithin,

Caprylic/Capric Triglyceride, Tocopheryl Acetate

20.00 Add to A

3.

デリバリーシステムを用いた処方

:

クリームへの添加

O/W SLM-Cream 5% PhytoSolve 4004

A Jojoba Oil Simmondsia Chinensis Seed Oil 6.00 Add to Phase

SLM+B

A MCT Caprylic/Capric Triglycerides 18.00

A Vitamine-E-Acetate Tocopherol Acetate 1.00

SLM SLM 2015 Aqua / water, Caprylic/Capric Triglycerides, Butylene Glycol, Hydrogenated Phosphatidylcholine

25.00

B LIPOID P 75-3 Hydrogenated Lecithin 0.50 Add to SLM 2015

at 40-60°C

B Dist. Water Aqua / Water 40.90

B Ketrol CG-SFT Xanthan Gum 0.10

B Dexpanthenol Panthenol 0.50

C Glycerol Glycerin 3.00 Add at last

C Ethanol Alcohol Denat. 6.00

C Hydrolite-5 Pentylene Glycol 3.00

D PhytoSolve 4004 Glycerin, Aqua / water, lecithin

Caprylic/Capric Triglycerides, Ubiquinone

1.00 Add during cooling phase

2d

可溶化アクティブ原料のより良い有効性

エマルション基材の凍結割断

デリバリーシステムの良好な粒子

(PhytoSolve

®のように

)

は効率的に化粧 品の処方中へ移行が可能

25% PhytoSolve® を含んだエマルションの凍結割断 The PhytoSolve® 液滴 (赤い矢印) が処方基材中ではっ きりと観察できる

SLM + PL-based Delivery System

をベースにしたクリーム

3.

なぜ化粧品の処方で

PL

を使用するのか

, Part 2?

=>

生体模倣的アプローチ

リン脂質濃度

0-6%

リン脂質濃度

~ 45%

Source:

http://php.med.unsw.edu.au/cellbiology/index.php?title=

2009_Lecture_17

顆粒層

増殖

有棘層

基底層 基底膜

分化

増殖による定期的な 細胞再生

細胞サイクルから の出口

細胞骨格の強化 脂質押出

遅延分化マーカーの発現

角質層 角化

落屑

3.

なぜ化粧品の処方で

PL

を使用するのか

Part 2?

=>

生体模倣的アプローチ

生細胞とは異なり

,

リン脂質は角質層の一部ではないが、

不飽和

PL

:

-

肌へ心地よい感触を提供する

-

肌へ不飽和脂肪酸(リノール酸等)を提供する

-

アクティブ成分の肌への浸透

(

肌を柔らかくする

)

-

短期間の保湿効果

3.

なぜ化粧品の処方で

PL

を使用するのか

, Part 2?

=>

生体模倣的アプローチ

生細胞とは異なり

,

リン脂質は角質層の一部ではないが、

水素添加

PL

は下記を提供する

:

-

肌へ心地よい感触

シルキーな感触

»)

-

肌のラメラ構造

(

角質層の細胞内脂質相に似ている

) -

肌修復効果

-

長期間の保湿効果

3.

なぜ化粧品の処方で

PL

を使用するのか

,

Part 2? =>

生体模倣的アプローチ

リン脂質は天然由来

リン脂質は生分解性で生態学的に健全である

リン脂質は再生可能な原料から製造される

ポートフォリオの全セクションに10年以上 積み重ねた社内における専門知識

ドキュメント内 Folie 1 (Page 38-64)

関連したドキュメント