サポート MIB トラップ

ドキュメント内 IP8800/S2400 ソフトウェアマニュアル MIBレファレンス Ver.11.5対応 (Page 195-200)

SYNTAX

4   サポート MIB トラップ

4. 

サポートMIBトラップ

4.1  サポートトラップおよび発行契機

サポートトラップおよび発行契機を次の表に示します。

coldStart トラップ以外のトラップは,装置の起動時から coldStart トラップの発行契機までの間は送信しま

せん。また, coldStart トラップの発行契機前に各トラップの発行契機が発生しても,あとから coldStart ト ラップと同時に各トラップの送信はしません。

4-1 サポートトラップおよび発行契機

トラップの種類 意味 発行契機 実装

有無

1 coldStart 再初期化システム内

のオブジェクトが変 更される可能性があ る

次に示す1~4の契機で発行します。

1. 装置を起動したとき。

2. コンフィグレーション変更によってVLANのIPアドレスを追 加,削除,変更したとき。

3. copyコマンドによってランニングコンフィグレーションを変

更したとき。

4. set clockコマンドで時間を変更したとき。

2,3,4は,コンフィグレーションコマンドsnmp-server trapsで unlimited_coldstart_trapパラメータを設定した場合にだけ発行し ます。

2 warmStart 再初期化システム内

のオブジェクトが変 更されない

システム内のオブジェクトを変更しない再初期化をしたとき

(SNMPのコンフィグレーションが変わったときだけ)。

3 linkDown 回線障害検出 インタフェースの動作状態がACTIVE(通信可能状態)から

DISABLE(通信不可状態)に変化したとき。

4 linkUp 回線障害回復 インタフェースの動作状態がDISABLE(通信不可状態)から

ACTIVE(通信可能状態)に変化したとき。

5 authenticationFai lure

確認エラー 不正なコミュニティからSNMPパケットを受信したとき(認証 エラー発生時)。

6 egpNeighborLos

s EGPプロトコルでネ イバルータとのリン クが切れた

- ×

7 risingAlarm 上方閾値を超えた RMONのアラームの上方閾値を超えたとき。 ●

8 fallingAlarm 下方閾値を下回った RMONのアラームの下方閾値を下回ったとき。 ●

9 dot1agCfmFault Alarm

他MEPとの障害検 出

Continuity Check(CC)によって障害を検出したとき。 ●

10 ax2430sSystem MsgTrap

システムメッセージ 出力

システムメッセージを出力したとき。 ●

11 ax2430sTempera tureTrap

温度状態の遷移 本装置の監視している温度が,正常,注意,異常の各状態に遷 移したとき。

12 ax2430sAxrpStat eTransitionTrap

Ring Protocolのリン グ状態の遷移

Ring Protocolのリング状態(障害監視,復旧監視)が各状態間で

遷移したとき。

13 ax2430sAxrpMul tiFaultDetectionS tartTrap

Ring Protocolの多重 障害監視開始

Ring Protocolの多重障害監視を開始したとき。 ●

4. 

サポートMIBトラップ

15 ax2430sGsrpStat

eTransitionTrap GSRPのVLANグ ループ状態の遷移通 知

GSRPのVLANグループの状態(マスタ,バックアップ,バッ クアップ(マスタ待ち),バックアップ(隣接不明),バック アップ(固定))が,各状態間で遷移したとき。ただし,バック アップ-バックアップ(マスタ待ち)間の遷移を除く。

16 ax2430sL2ldLin kDown

L2ループ検知により 回線が通信不可状態 へ遷移

L2ループ検知によりインタフェースの動作状態がACTIVE(通 信可能状態)からDISABLE(通信不可状態)に変化したとき。

17 ax2430sL2ldLin

kUp L2ループ検知の自動 復旧機能により回線 が通信可能状態へ遷 移

L2ループ検知の自動復旧機能によりインタフェースの動作状態

がDISABLE(通信不可状態)からACTIVE(通信可能状態)に

変化したとき。

18 ax2430sL2ldLoo pDetection

L2ループを検知 L2ループを検知したとき。

L2ループの状態が継続している場合,60秒ごとに通知します。

19 ax2430sAirFanSt opTrap

ファンが故障した。 ファンの故障を検出した場合。 ●

20 ax2430sPowerSu pplyFailureTrap

電源が故障した。 実装された電源のうちひとつでも異常が発生した場合。

装置から電源を抜いた場合。

21 ax2430sLoginSu ccessTrap

装置利用者がログイ ンに成功した。

console,telnet,ftpによるログインに成功した場合。 ●

22 ax2430sLoginFai lureTrap

装置利用者のログイ ンが失敗した。

console,telnet,ftpによるログインで,認証に失敗したごとに 送信する。

リモートアクセス制限による切断や,"login:"または"Password:"

プロンプト表示状態でのタイムアウトや強制切断時には送信 しない("login:"プロンプト表示状態でのEnterキーだけの入力 も送信しない)。

23 ax2430sLogoutT rap

装置利用者がログア ウトした。

console,telnet,ftpによるログアウトが成功した場合。 ●

24 ax2430sMemory UsageTrap

使用可能なメモリが 少なくなった。

使用可能なメモリが下限値を下回った場合。 ●

25 axsOadpNeighbo rCachelastChang eTrap

OADP隣接ノードに 関する情報が更新さ れた。

OADP隣接ノードに関する情報が更新された場合。 ●

26 ax2430sFrameEr rorReceiveTrap

フレーム受信エラー が発生

フレーム受信エラーが発生した場合。本エラー検出に関する設 定は,コンフィグレーションコマンドframe-error-noticeで行う ことができます。

27 ax2430sFrameEr rorSendTrap

フレーム送信エラー が発生

フレーム送信エラーが発生した場合。本エラー検出に関する設 定は,コンフィグレーションコマンドframe-error-noticeで行う ことができます。

28 ax2430sBroadcas tStormDetectTra p

ストーム検出 ブロードキャストストームの発生を検出した場合(ポートは

inactivateしません)。本エラー検出に関する設定は,コンフィグ

レーションコマンドstorm-controlで行うことができます。

29 ax2430sMulticas tStormDetectTra p

ストーム検出 マルチキャストストームの発生を検出した場合(ポートは

inactivateしません)。本エラー検出に関する設定は,コンフィグ

レーションコマンドstorm-controlで行うことができます。

30 ax2430sUnicastS tormDetectTrap

ストーム検出 ユニキャストストームの発生を検出した場合(ポートは

inactivateしません)。本エラー検出に関する設定は,コンフィグ

レーションコマンドstorm-controlで行うことができます。

31 ax2430sBroadcas tStormPortInacti vateTrap

ストーム検出による ポートinactivate

ブロードキャストストームの発生を検出し,ポートをinactivate した場合。本エラー検出に関する設定は,コンフィグレーショ ンコマンドstorm-controlで行うことができます。

● 項

トラップの種類 意味 発行契機 実装

有無

4. 

サポートMIBトラップ

(凡例)

●:本装置でサポート(応答)するトラップを示しています。

×:本装置でサポート(応答)しないトラップを示しています。

-:該当しません。

32 ax2430sMulticas tStormPortInacti vateTrap

ストーム検出による ポートinactivate

マルチキャストストームの発生を検出し,ポートをinactivateし た場合。本エラー検出に関する設定は,コンフィグレーション コマンドstorm-controlで行うことができます。

33 ax2430sUnicastS tormPortInactivat eTrap

ストーム検出による ポートinactivate

ユニキャストストームの発生を検出し,ポートをinactivateした 場合。本エラー検出に関する設定は,コンフィグレーションコ マンドstorm-controlで行うことができます。

34 ax2430sBroadcas tStormRecoverTr ap

ストーム終結 ブロードキャストストームの終結を検出した場合。本エラー検 出に関する設定は,コンフィグレーションコマンドstorm-control で行うことができます。

35 ax2430sMulticas tStormRecoverTr ap

ストーム終結 マルチキャストストームの終結を検出した場合。本エラー検出 に関する設定は,コンフィグレーションコマンドstorm-control で行うことができます。

36 ax2430sUnicastS tormRecoverTra p

ストーム終結 ユニキャストストームの終結を検出した場合。本エラー検出に 関する設定は,コンフィグレーションコマンドstorm-controlで 行うことができます。

37 ax2430sEfmoam UdldPortInactiva teTrap

片方向リンク障害検 出によるポート inactivate

片方向リンク障害を検出し,ポートをinactivateした場合。本エ ラー検出に関する設定は,コンフィグレーションコマンド efmoam activeで行うことができます。

38 ax2430sEfmoam LoopDetectPortI nactivateTrap

ループ検出による ポートinactivate

ループ状態を検出し,ポートをinactivateした場合。本エラー検 出に関する設定は,コンフィグレーションコマンドefmoam

activeで行うことができます。

39 ax2430sUlrChan geSecondary

アップリンク・リダ ンダントによってセ カンダリポートがア クティブポートに遷 移

アップリンク・リダンダントによってセカンダリポートがアク ティブポートになったときに発行します。

40 ax2430sUlrChan gePrimary

アップリンク・リダ ンダントによってプ ライマリポートがア クティブポートに遷 移

アップリンク・リダンダントによってプライマリポートがアク ティブポートになったときに発行します。

41 ax2430sUlrActiv ePortDown

アクティブポートが なくなった

アクティブポートがなくなったときに発行します。 ● 項

トラップの種類 意味 発行契機 実装

有無

4. 

サポートMIBトラップ

4.2  サポートトラップ -PDU 内パラメータ

サポートトラップ -PDU 内パラメータについて,SNMPv1 の場合を「表 4-2 サポートトラップ -PDU 内パ ラメータ一覧(SNMPv1 の場合) 」に,SNMPv2C/SNMPv3 の場合を「表 4-3 サポートトラップ -PDU 内パ ラメータ一覧(SNMPv2C/SNMPv3 の場合) 」に示します。

4-2

 サポートトラップ

-PDU

内パラメータ一覧(

SNMPv1

の場合)

項 番

種類 トラップPDUデータ値

enterprise agentaddr generic-trap

specific-trap

time-stamp variable-bindings

1 coldStart 本装置の

sysObjectID 1.3.6.1.4.1.218 39.1.2.6

特定のIP アドレス

0 0 sysUpTime

の値

なし

2 warmStart 本装置の

sysObjectID 1.3.6.1.4.1.218 39.1.2.6

特定のIP アドレス

1 0 sysUpTime

の値

なし

3 linkDown 本装置の

sysObjectID 1.3.6.1.4.1.218 39.1.2.6

特定のIP アドレス

2 0 sysUpTime

の値

ifIndex

ただし,コンフィグ レーションコマンド のsnmp-server traps で

link_trap_bind_info のパラメータに privateを設定した場 合は,以下のMIB になります。

ifIndex ifDescr ifType

4 linkUp 本装置の

sysObjectID 1.3.6.1.4.1.218 39.1.2.6

特定のIP アドレス

3 0 sysUpTime

の値

ifIndex

ただし,コンフィグ レーションコマンド のsnmp-server traps で

link_trap_bind_info のパラメータに privateを設定した場 合は,以下のMIB になります。

ifIndex ifDescr ifType 5 authentication Failure 本装置の

sysObjectID 1.3.6.1.4.1.218 39.1.2.6

特定のIP アドレス

4 0 sysUpTime

の値

なし

6 risingAlarm rmonのオブ

ジェクトID 1.3.6.1.2.1.16

特定のIP アドレス

6 1 sysUpTime

の値

alarmIndex alarmVariable alarmSampleType alarmValue

alarmRisingThreshold

ドキュメント内 IP8800/S2400 ソフトウェアマニュアル MIBレファレンス Ver.11.5対応 (Page 195-200)