axsOadp グループ( OADP 情報 MIB )

In document IP8800/S2400 ソフトウェアマニュアル MIBレファレンス Ver.11.5対応 (Page 153-157)

SYNTAX

3   プライベート MIB

3.5   axsOadp グループ( OADP 情報 MIB )

3.5   axsOadp グループ( OADP 情報 MIB )

3.5.1   axsOadpGlobalInfo グループ

(1) 識別子

axsOadp OBJECT IDENTIFIER ::= {axsMib 7}

オブジェクト ID 値  1.3.6.1.4.1.21839.2.2.1.7

axsOadpMIBObjects OBJECT IDENTIFIER ::= {axsOadp 1}

オブジェクト ID 値  1.3.6.1.4.1.21839.2.2.1.7.1

axsOadpGlobalInfo OBJECT IDENTIFIER ::= {axsOadpMIBObjects 1}

オブジェクト ID 値  1.3.6.1.4.1.21839.2.2.1.7.1.1

(2) 実装仕様

axsOadpGlobalInfo グループの実装仕様を次の表に示します。

3-19 axsOadpGlobalInfo

グループの実装仕様 項

オブジェクト識別子 SYNTAX アク セス

実装仕様 実装

有無 1 axsOadpGlobalActive

{axsOadpGlobalInfo 1}

TruthValue R/O OADP機能のactive状態。コンフィグレー

ションコマンドoadp runを設定したかどう かの状態。

run(1)

runを設定していない(2)

2 axsOadpGlobalCdpActive {axsOadpGlobalInfo 2}

TruthValue R/O CDP受信機能のactive状態。

コンフィグレーションコマンドoadp cdp-listenerを設定したかどうかの状態。

cdp-listener(1)

cdp-listenerを設定していない(2)

3 axsOadpGlobalMessageInterval {axsOadpGlobalInfo 3}

INTEGER (5..254)

R/O OADPフレーム送信間隔。コンフィグレー ションコマンドoadp interval-timeで設定し た値(単位:秒)。

4 axsOadpGlobalHoldTime {axsOadpGlobalInfo 4}

INTEGER (10..255)

R/O 本装置が送信したOADPフレームに関し て,隣接装置が保持する時間。コンフィグ レーションコマンドoadp hold-timeで設定 した値(単位:秒)。

5 axsOadpGlobalCacheLastChange {axsOadpGlobalInfo 5}

TimeTicks R/O axsOadpNeighborTable情報が更新されたと きのsysUpTimeの値。

6 axsOadpGlobalName {axsOadpGlobalInfo 6}

DisplayString (SIZE(0..255) )

R/O 本装置の装置識別子。 ●

7 axsOadpGlobalNameType {axsOadpGlobalInfo 7}

INTEGER R/O axsOadpGlobalNameの種類。

other(1)

sysName(2)

serialNumber(3)

MACaddress(4)

3.5 

axsOadpグループ(OADP情報MIB)

3.5.2 axsOadpPortInfo グループ

(1) 識別子

axsOadp OBJECT IDENTIFIER ::= {axsMib 7}

オブジェクト ID 値  1.3.6.1.4.1.21839.2.2.1.7

axsOadpMIBObjects OBJECT IDENTIFIER ::= {axsOadp 1}

オブジェクト ID 値  1.3.6.1.4.1.21839.2.2.1.7.1

axsOadpPortInfo OBJECT IDENTIFIER ::= {axsOadpMIBObjects 2}

オブジェクト ID 値  1.3.6.1.4.1.21839.2.2.1.7.1.2

(2) 実装仕様

axsOadpPortInfo グループの実装仕様を次の表に示します。

3-20 axsOadpPortInfo

グループの実装仕様

3.5.3 axsOadpNeighborInfo グループ

(1) 識別子

axsOadp OBJECT IDENTIFIER ::= {axsMib 7}

オブジェクト ID 値  1.3.6.1.4.1.21839.2.2.1.7

axsOadpMIBObjects OBJECT IDENTIFIER ::= {axsOadp 1}

オブジェクト ID 値  1.3.6.1.4.1.21839.2.2.1.7.1

axsOadpNeighborInfo OBJECT IDENTIFIER ::= {axsOadpMIBObjects 3}

オブジェクト ID 値  1.3.6.1.4.1.21839.2.2.1.7.1.3

(2) 実装仕様

axsOadpNeighborInfo グループの実装仕様を次の表に示します。

項 番

オブジェクト識別子 SYNTAX アク セス

実装仕様 実装

有無 1 axsOadpPortConfigTable

{axsOadpPortInfo 1}

SEQUENCE OF OadpPortCon figEntry

NA OADPポート情報に関するテーブル。 ●

2 axsOadpPortConfigEntry {axsOadpPortConfigTable 1}

OadpPortCon figEntry

NA OADPポート情報に関するエントリ(ポー トごと)。

INDEX { axsOadpPortConfigIfIndex }

3 axsOadpPortConfigIfIndex {axsOadpPortConfigEntry 1}

InterfaceInde x

R/O ポート識別インデックス。ifIndexと同じ。

ifIndexが付与されている物理ポート,チャ

ネルグループが対象。

4 axsOadpPortConfigActive {axsOadpPortConfigEntry 2}

TruthValue R/O 該当ポートに関するactive状態。

enable(1)

disable(2)

3.5 

axsOadpグループ(OADP情報MIB)

3-21 axsOadpNeighborInfo

グループの実装仕様 項

オブジェクト識別子 SYNTAX アク セス

実装仕様 実装

有無 1 axsOadpNeighborTable

{axsOadpNeighborInfo 1}

SEQUENCE OF OadpNeighbo rEntry

NA OADP隣接ノードに関するテーブル。 ●

2 axsOadpNeighborEntry {axsOadpNeighborTable 1}

OadpNeighbo rEntry

NA OADP隣接ノードに関するエントリ(隣接 情報毎)。

INDEX

 { axsOadpIfIndex,   axsOadpTagID,   axsOadpNeighborIndex,   axsOadpNeighborTagID }

3 axsOadpIfIndex

{axsOadpNeighborEntry 1}

InterfaceInde x

R/O 受信インタフェースのifIndex。 ●

4 axsOadpTagID

{axsOadpNeighborEntry 2}

INTEGER (0..4095)

R/O MACフレームに付加されていた IEEE802.1QのタグID(VID)。

5 axsOadpNeighborIndex {axsOadpNeighborEntry 3}

INTEGER R/O 隣接ノードを一意に識別する番号(1~

231-1)。

6 axsOadpNeighborTagID {axsOadpNeighborEntry 4}

INTEGER (0..4095)

R/O 隣接ノードから送信されたOADP PDU内 のTagID TLVに設定された値。CDPの場 合は常に0。

7 axsOadpNeighborVendorType {axsOadpNeighborEntry 5}

INTEGER R/O 隣接ノードを発見するために使ったプロト

コルタイプ。

other(1)

OADP(2)

CDP(3)

8 axsOadpNeighborSNMPAgentAddres sType

{axsOadpNeighborEntry 6}

INTEGER R/O SNMPで情報を取得するためのエージェン

トアドレスの種類。

ipv4(1)

ipv6(20)

other-notSupported(65535)

9 axsOadpNeighborSNMPAgentAddres s

{axsOadpNeighborEntry 7}

DisplayString R/O SNMPで情報を取得するためのエージェン

トアドレスをDisplayString化した情報。ア ドレス情報がない場合

(axsOadpNeighborSNMPAgentAddressType がother-notSupported)はNULL文字。

10 axsOadpNeighborDescr {axsOadpNeighborEntry 8}

DisplayString (SIZE(0..255) )

R/O 隣接ノードのsysDescr相当の文字列。 ●

11 axsOadpNeighborDeviceID {axsOadpNeighborEntry 9}

DisplayString (SIZE(0..255) )

R/O 隣接ノードの装置識別子。OADPでは axsOadpGlobalNameで定義される文字列が 格納される。

12 axsOadpNeighborSlotPort {axsOadpNeighborEntry 10}

DisplayString (SIZE(0..255) )

R/O 隣接ノードの送信インタフェースを一意に 識別する文字列。(NIF番号/ポート番号)

13 axsOadpNeighborIfIndex {axsOadpNeighborEntry 11}

InterfaceInde x

R/O 隣接ノードの送信インタフェースの ifIndex。CDPの場合は常に0。

14 axsOadpNeighborIfSpeed {axsOadpNeighborEntry 12}

Gauge R/O 隣接ノードの送信インタフェースの

ifSpeed。CDPの場合は常に0。

15 axsOadpNeighborDeviceType {axsOadpNeighborEntry 13}

DisplayString (SIZE(0..255) )

R/O 隣接ノードの装置名称。 ●

3.5 

axsOadpグループ(OADP情報MIB)

16 axsOadpNeighborService {axsOadpNeighborEntry 14}

OCTET STRING (SIZE(0..4))

R/O 隣接ノードが提供できる機能(論理和の 値)。

Router(0x01)

Transparent Bridge(0x02)

Source-route Bridge(0x04)

Switch(0x08)

Host(0x10)

IGMP reportをforwardしない(0x20)

Repeater(0x40)

17 axsOadpNeighborVTPMgmtDomain {axsOadpNeighborEntry 15}

DisplayString (SIZE(0..32))

R/O 隣接ノードの送信インタフェースに関連す るVTP Management Domain。

18 axsOadpNeighborNativeVLAN {axsOadpNeighborEntry 16}

INTEGER (0..4095)

R/O 隣接ノードの送信インタフェースに関連す るNative VLAN ID。

19 axsOadpNeighborDuplex {axsOadpNeighborEntry 17}

INTEGER R/O 隣接ノードの送信インタフェースの

Duplex情報。

unknown(1)

HALF(2)

FULL(3)

20 axsOadpNeighborApplianceID {axsOadpNeighborEntry 18}

Gauge (0..255)

R/O 隣接ノードのAppliance ID。 ●

21 axsOadpNeighborVlanID {axsOadpNeighborEntry 19}

Gauge (0..4095)

R/O 隣接ノードのVoIP用のVLAN ID。 ●

22 axsOadpNeighborPowerConsumption {axsOadpNeighborEntry 20}

Gauge R/O 隣接ノードのVoIP消費電力(単位:ミリ

ワット)。

23 axsOadpNeighborMTU {axsOadpNeighborEntry 21}

Gauge R/O 隣接ノードの送信インタフェースのMTU。 ●

24 axsOadpNeighborSysName {axsOadpNeighborEntry 22}

DisplayString (SIZE(0..255) )

R/O 隣接ノードのsysName。 ●

25 axsOadpNeighborSysObjectID {axsOadpNeighborEntry 23}

OBJECT IDENTIFIER

R/O 隣接ノードのsysObjectID。 ●

26 axsOadpNeighborSecondary SNMPAgentAddressType {axsOadpNeighborEntry 24}

INTEGER R/O SNMPで情報を取得するためのエージェン

トセカンダリアドレスの種類。

ipv4(1)

ipv6(20)

other-notSupported(65535)

27 axsOadpNeighborSecondary SNMPAgentAddress {axsOadpNeighborEntry 25}

DisplayString R/O SNMPで情報を取得するためのエージェン

トセカンダリアドレスをDisplayString化し た情報。アドレス情報がない場合

(axsOadpNeighborSecondarySNMPAgentAd dressTypeがother-notSupported)はNULL 文字。

28 axsOadpNeighborPhysLocation {axsOadpNeighborEntry 26}

DisplayString (SIZE(0..255) )

R/O 隣接ノードのsysLocation。 ●

29 axsOadpNeighborCacheLastChange TimeTicks R/O 隣接ノードに関するaxsOadpNeighborEntry ● 項

オブジェクト識別子 SYNTAX アク セス

実装仕様 実装

有無

In document IP8800/S2400 ソフトウェアマニュアル MIBレファレンス Ver.11.5対応 (Page 153-157)